hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> hanaさん あり..
by hairhana at 03:18
そうですnigi nig..
by hana at 01:28
> hanaさん コメ..
by hairhana at 15:33
素敵な美容院ですねー ..
by hana at 01:39
素敵な美容院ですねー ..
by hana at 01:39
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1330)
(1326)
(1325)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

タグ:美容室 ( 1330 ) タグの人気記事
釣った魚に餌をやらない

a0037910_10242302.jpg


「釣った魚に餌はやらない」


親しい仲になったあとは、相手の機嫌をとる必要はないということわざ。



「男の人って釣った魚に餌をやらない人多いよね〜」


女性相手のこの仕事をしているとよく聞く言葉です。


調べてみると、驚くべきは既婚男性の8割が「餌をやってる」と思っていることです。これは女性の感じるところの割合とはかなりギャップがあるのではないでしょうか?


特に男性は自分が頑張って稼いだお金で「食費」を払ったり、「生活費」を出していていると「餌(食費)をやってる」と思ってしまうのではないでしょうか?


しかし、この場合の「餌」(なんか言い方が汚くてごめんなさい)は単なる「食料」ではなく、「喜び」とか「幸せ」なんですね。


「いや、けっこう、美味しいもの食べさせてるし」


そう思ってる男性は、いずれ、女性が自立したり、自分が定年を迎えた時遅かれ早かれ「さよなら」を言われるので相手に渡すお金を貯金しておくといいでしょう(笑)


僕は「釣った魚に餌をやらない」というこの言葉には我が国の「国民性」が見て取られるように思えます。


よく、結婚を「ゴールイン!」と表現しますよね。


例えば、「受験」


志望校に受かるために学校で勉強した後にまた塾で勉強して「勉強漬け」になります。


当然、やりたいことや遊びたいこともできません。


周りがみんなライバルで「これだけやったらいい」みたいな「ノルマ」や日々の達成感も無く、どれだけ頑張っても不安は尽きません。


お正月まで塾に行って、修学旅行から帰って来たら解散場所にお母さんが塾のバッグを持って待ち構えてて、そのまま塾に直行。もう、地獄です。


そうやって頑張って合格して見事「ゴールイン!」。


楽しいキャンパスライフが待っています。


サークルに、飲み会、恋に遊びに大忙し。


「勉強?」なんですかそれ?


最近だと、中学受験で小学生時代の大半を塾と学校の勉強漬けで過ごした子供が中学に入って燃え尽きたって話を聞くのは珍しくありません。


もちろん、目的はその入った学校でより高等な教育を受けるのが目的なので、ちゃんと勉強して偉くなった人だっています。


それでも、「サークルの不祥事」とか「いつの間にか学校辞めてた」って輩はゴールインしたら燃え尽きてしまうんでしょう。


そういう環境で育つと当然、恋愛でも「告って付き合うまでは一生懸命だけど、付き合い始めたらなんか急に態度が変わった」とか、「結婚したら話さなくなった」とかになるのは火を見るより明らかかもしれませんね。


まあ、これは女性にも言えることかも知れませんけどね。


「高学歴、高収入、高身長」を狙って射止めてお互いがゴールインしたとたん失速・・・・_| ̄|○ ガクッ


というのも、よくよく相手を見て考えればわかることかもしれません。


人生は終わりのないマラソンみたいなもので、ゴールだと思ってる場所は実はただの通過点で、その後の人生がある限り常に、準備と努力と愛情を持って生きていかなければいけません。つか、そうじゃないと面白くありません。


いくつになっても「成長」は出来ます。筋力、体力、脳力、能力、と「力」がつくもの全て使って鍛えれば強く成長します。


奥さん、恋人、友達、仲間、そして自分に対しても手を抜かず


「釣った魚に餌を与えてお互い大きく育てる」


というのが一番いいかもですね。


a0037910_11155135.jpg





[PR]
by hairhana | 2018-02-19 11:16 | hanaのひとりごと | Comments(0)
お店愛
a0037910_09295658.jpg
おはようございます!トモです。

昨日は「いいお店はトイレがキレイ」って話をしましたが、やはり、「いいお店」は「スタッフがいい♡」だと思います。

どんなに内装がオシャレで、今時のメニューでインスタ映えしても、スタッフの対応が悪いと全てが残念になっちゃいますね。

店員さんが笑顔なだけで、お店が明るく見えます。

自分のことを覚えてくれてると嬉しくなります。

最近はコンビニもカフェも無人化する傾向にあると言います。

Starbucksも無人店舗を試験的に作るそうです。

以前、僕が足を骨折して歩けなかったので「電動カート」を利用していた時があって、恵比寿ガーデンプレイスに行った時、お店に入ってる間、充電させてくれませんかと聞いたところ、三越は受付の人が上司らしき人に電話して、散々待たせた末に「ダメです」と断られました。

その後反対側のStarbucksに行って同じことを頼んだところ、1人の男性店員さんが二つ返事で「いいですよ。」と笑顔で言ってくれて、さらに、僕が充電させてもらってるコンセントのある席に「Reserved」の札を置いてくれました。

僕は感激しました。店長でもない、一スタッフさんが自分の判断でそれが出来る。

「なんていい店なんだ!」

無人の店の価値は「商品」だけで、それはお店の価値ではありません。壁に自販機が並んでいて、それを買って自分で飲む。

テーブルが汚れてても誰も拭いてくれない。床にこぼしてもそのまま。トラブルがあっても「下記の電話番号にご連絡ください」のシールが貼ってあるだけ。

もちろん、イレギュラーな要求は通らないし、対処もしてくれない。それは最早「サービス業」では無いのかもしれませんね。

そういう目で見てると自然とその店の「志」がわかるようになります。


残念なのは、その多くの店が「儲け主義」や「自己満足」だったりします。


見分け方の一つとして「店主の顔が見える」ですね。


なん店舗か持ってる場合は全てに出てるとなると「分身の術」使うしかないのでしょうがないですが、やたらテレビとかCMに出てるのに「お店で見たことな~い!」って店はダメな場合多いですね。


逆に「いいお店」はスタッフからして違います。一番わかるのは「お店愛♡」があります。


スタッフがそのお店が大好きで、そこで働いてることに「誇り」を持っています。


自分たちの商品、サービス、やってることに誇りを持っています。


尋ねると嬉しそうに話してくれます。


僕も、ミヨちゃんも、ミサキくんも、Hanaのサービスの「意味」を話させたら多分、何時間でも話せると思います(笑)


そして、そのスタッフを育ててくれるのが、そう、みなさんです。


「いいお店」とは「いいスタッフ」とそして「いいお客さん」がいて初めて出来るものなんですね。そして、それを繋げるのは「愛」なんだよな〜♡


[PR]
by hairhana | 2018-02-16 18:41 | hanaのひとりごと | Comments(0)
トイレはお店の宝石箱やぁ〜〜!!
a0037910_10263002.jpg
こんにちは!トモです。

休みの日にいろんなお店に出かけます。

お店は「ヒントの宝石箱」です。

内装、サービス、接客、商品とそのお店ならではの特徴があって、とても勉強になります。

その中のひとつに「トイレ」があります。

「いいお店」はトイレにこだわっています。キレイなのはもちろんのこと、「居心地の良さ」があります。

時々、トイレに入って便座に腰掛けると「ヒヤッ!!」と冷たさに驚いてしまうことがあります。

路面店や雑居ビルの窓際にトイレのある店だと温度は外と変わりません。当然便座も冷えっ冷えです。

最近では男性も座って用を足す人も増えてきて、便座が冷たいと楽しい食事も断ち切れて、流すときにはもう何に我慢してるかわからなくなってしまいます。

今や便座ウォーマーやウォシュレットはトイレの必需品と言っても過言では無いのでしょうか。つか、着けない理由が見当たりません。

後、トイレが汚れてるのはホントいただけません。

飲食店とかは不特定多数の人が利用するので中には汚したまま出る人もいるでしょう。それでも、スタッフの人も利用していれば汚れているのはわかるし、キレイにすることだって出来ます。

「さぼったリング」とかあるともう論外ですね。

以前、僕が勤めていた時の同僚の「山本くん」はトイレ掃除の時、便座を外して見えないところもキレイに拭いてました。それを見てから僕も掃除をするときは便座を外して見えないところまで掃除するようになりました。

話は戻して、恵比寿のお店はさすがクォリティが高く、それぞれのトイレに個性があります。

僕は必ずトイレに入って写真を撮ります。そして、ヒントがあればそれを真似ようと思っています。

トイレは来店するお客様の全て使うことはありませんが、入って出るまで「心地いい場所」と思ってもらえると嬉しく思います。

そして、Hanaのトイレは日々進化するのです。

もちろん、美容技術もね(笑)

おしまい
a0037910_10263019.jpg




[PR]
by hairhana | 2018-02-15 12:44 | Hanaのヒミチュ | Comments(0)
Happy Valentine♡
a0037910_16422395.jpg
こんにちは!トモです。

今日はバレンタインデー♡です。

義理でも人情でも同情でも「女性から何かをいただける」というのは無条件に嬉しいもんです。

最近は「義理チョコ廃止論」とか出ていて、義理チョコが減少傾向にあるみたいです。

でも、一度膨らんだシェアはそこに関わっている人がいる限り、なかなか小さくできません。

なので、最近は「自分チョコ」が流行ってる(流行ってる?誘導してんじゃないの?)らしく、女の子が自分が自分に買うというなんかよくわかんないことになってるそうです。

まあ、期間限定のチョコも合ったり「インスタ映え」するチョコとかもあるので、チョコ好きな女子には味のわかんない男子にあげるくらいなら、美味しいチョコを自分のために買ったほうがコスパはいいんでしょうねえ。

でも、まあ、「女の子が男の子に告白できる日」と銘打ってはじまったバレンタインデー。いつの間にか夫婦やカップル、そして、会社の同僚や友達に「日頃の感謝の意を込めて・・」とまあ、拡大解釈でターゲットが広まってます。

でも「自分チョコ」に関しては何も伝えることもなく、本来の趣旨から大きく離れ、ただ「チョコを食べる日」になってるけど、美味しいならいいですかね?

写真はミヨちゃんにもらった「バレンタイン和菓子」。

中はチョコ餡でとっても美味しい。さすが!ミヨちゃん。






[PR]
by hairhana | 2018-02-15 01:33 | hanaのひとりごと | Comments(0)
何やってんだ?
a0037910_14055843.jpg
何故に、商業施設のトイレ(大)に入ってる人はのんびり屋さんなんだろう?

中でフルコースのランチでも食べてんのかなあ?

ウ◯コが10トントラックくらい出続けてんのかなあ?

いや、もしかしたら、中で倒れてるのかもしれない。

声をかけるべきか?

悩んでるうちにこっちのお腹が警報を鳴らし始める。

こんなとこで人生の大惨事か?噂になって恵比寿を歩けなくなったらどうしよう。

「あっ!アトレで、、ぷっ!クスクス(笑)」

イヤだ〜〜!

ドアが開いた時、スポーツ新聞持ったオヤジが出て来た瞬間、僕は殺意を隠せなかった。(;_;)

[PR]
by hairhana | 2018-02-13 14:05 | hanaのひとりごと | Comments(0)
図書館のススメ
a0037910_18013394.jpg
こんにちは!トモです!

本、読んでますか?

最近は「電子書籍」とか流行っていて紙の本を読むことが少なくなってますが、やはり「本」は楽しいです。

最近はニュースや情報は概ね「キャプション(見出し)」で判断することが多く、SNS等はその短いキャプションやタグで自分の今を伝えています。

でも、キャプションだけではそのことの真意や核心に触れることはなかなかできません。スポーツ新聞などは語尾に「!?」とかつけたりしてますから、額面通りとはいきません。

テレビも民放はもとより、国営放送でも偏った伝え方をすることもあります。

本は情報に「肉付け」をしてくれます。

そのことについて情報を集め、検証して、多くの労力と時間を費やしたことを教えてくれます。

ただ、その都度、本を買っていたら部屋の中はあっという間に本だらけになってしまいます。

さらに、購入するとなるとそれなりにお金がかかります。

なので僕は「図書館」を利用します。

図書館は家には到底入りきらない数の量の本があって、常に新しい本も入ってきます。

さらに便利なのはその図書館の蔵書の中になくても、同じ地域の図書館にある本であれば「予約」をして自分が行きやすい図書館に持ってきてくれます。

もちろん、返却も、その地域の図書館であればどこでも返却OKです。(事前に調べてね)

読みきれなくても「延長」ができます。

そして、何よりも嬉しいのは「無料」ということです。

僕はHanaの近くの臨川小学校に隣接する「臨川みんなの図書館」によく行きます。
a0037910_10162742.jpg

朝9時からやってるので、仕事が始まる前の小一時間くらい図書館で過ごします。

ここのいいところは「明るい」ことです。

窓際の席は日が当たり、寒いこの時期でもポカポカです。
a0037910_10162722.jpg
ちょっと眠たくなっちゃいますけどね(笑)(-_-)zzz

読みきれない本は「貸出」をしてもらいます。

今はセルフレジ形式になっていて、図書館カードがあればバーコードを読み取って借りることができます。
a0037910_10162764.jpg

その時に出てくるレシートを保管しておくことをオススメします。

取っておくと、自分が読んだ本がわかります。

読みきれなかった本、もう一度借りたい本とかには印をつけておくといいでしょう。

僕は100均でフォトアルバムのフォルダを買ってそこに保存しています。

けっこう借りて振り返ると「達成感」を感じます。

a0037910_18032679.jpg
東京オリンピックの費用が、なんと!3兆円を超えたそうです。「コンパクト五輪」ってどこに行ったんでしょうねえ?

その利権は一部の人に、そのツケは僕達国民全員に。さらに東京都も出すので、僕達都民はさらにツケが回ってきます。

だからと言って開会式に呼ばれることもなく、「どれか好きな競技を観せてやる!」とも言われず、競技やってる時間帯は仕事だし、結局、テレビでダイジェストを見るって、なんか意味あんの?と思ってしまいます。

だからと言って「泣き寝入り」するのもしゃくに障るので図書館を最大限に利用して元を取ろうじゃないですか(笑)

そして、読んだ本の知識を仕事に、生活に、そして人生に活かせられれば危ないコインを買うより確実に人生を豊かにしてくれます。

お金やコインは盗まれたり流出するけど、知識は誰にも盗むことは出来ませんからね。

おしまい。

[PR]
by hairhana | 2018-02-12 18:41 | オススメ | Comments(0)
日本の味を守っているのは
a0037910_05321412.jpg
銀座の喫茶店の老舗「らんぶる」に行ったら外国人観光客のグループが2組来ていて美味しそうに珈琲を飲んでいた。

お店の人に聞いたらネットで紹介されていて、欧米で日本の喫茶店がブームなんだそうだ。

「日本初上陸!」という言葉にのせられて粉と水と安価な生クリームのパンケーキやタコス、浅煎りで雑味たっぷりの素人(バイト)の淹れたコーヒーに日本人が行列する中、外国人が本物を求めている。

日本の質の高い食文化を支えているのはグルメを自称している日本人ではなくて外国人なのかも知れないね。

[PR]
by hairhana | 2018-02-11 05:40 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
一番腕の良いヘアメイク
a0037910_10162633.jpg
長くヘアを担当させて頂いてるお客様が先日結婚式を挙げられました。

晴天の明治神宮。

白無垢がとてもキレイで、旦那さんも和装が似合っていてカタログから飛び出たような美しさでした。

娘を見守る新婦のお母様の笑顔がとてもステキで、思わず僕が涙しちゃいました。

僕も多くのお客様や友人の結婚式のヘアメイクをやらせてもらいましたが、花嫁さんがキレイなのは残念ながら僕の腕がいいからではなく「幸せな笑顔」だからです。

笑顔に勝るメイクは無い

これは僕の持論ですが、一番腕の良いヘアメイクは新婦を笑顔にしてる新郎その人だったんですね。

これからも末永くその笑顔の輝きが続きますように。


[PR]
by hairhana | 2018-02-09 10:18 | メイクのお話 | Comments(0)
ダメな日の過ごし方。
a0037910_10122016.jpg
おはようございます!トモです。

「ダメな日」っていうのがありまして、「なんか上手くいかない日」って言うんですかねえ?いや、些細なことなんですよ。

「信号にやたらひっかかる」とか、「忘れ物をする」とか、「間が悪い」とか意図してない「ひっかかり」があったりします。

よくよく均してみると意外とそんな日は稀ではなかったりもします。

これはまさに「天気」みたいなものですね。

調べてみると、東京の年間の「降水日数」ってのがあって平均115日なんだそうです。なんと年間の30%は雨なんですね。

ちなみにトップは石川県の165日(45%)なんと!僕の故郷の広島県は一番少なくて91日(25%)!晴れの多い土地柄なんですね。(知らなかった)

「雨の日」は「いつもどおり」とはいきません。傘を持たなくてはいけなかったり、足元も滑りやすいし、電車やバスだって遅れたりします。洗濯だってできないし、ディズニーランドもちょっと残念ですね。

そんなとき、「無理する」とあまりいいことがありません。焦れば焦るほど泥沼にハマっていきます。それがさらに悪い結果を生み出したりします。

そんなとき僕は「流れに任す」ことにします。当たり前ですが、信号が赤になれば止まるります。そして、いつもよりスピードを落として走ります。

新しいことも始めません。今やってることを振り返ったり、精査したりします。一番いいのは「掃除」や「片付け」をします。

そうすると頭の中も整理されるので、新しいことをやるときスムーズにいきます。

そして「気持いいこと」をします。お風呂にゆっくり浸かったり、ちょっとお散歩をしたり、本を読んだり、マッサージに行ったり。

みなさんで言うと「Hanaでアロマヘッドスパをする」なんて最高にいいかもですよ(笑)

そう思うと、「東京オリンピック」。エンブレム問題や国立競技場始め、競技場問題、お金の問題となんか「うまくいかないオンパレード」ですね。

それでいて「潤うのは一部の人」で「ツケを払うのが都民と国民」。残り2年。暗雲が晴れてくれるといいんですけどねえ。

おしまい



[PR]
by hairhana | 2018-02-08 11:08 | hanaのひとりごと | Comments(0)
お金の使い方
a0037910_06410012.jpg

おはようございます!最近、代官山の蔦屋書店で朝活してるトモです。

「◯◯コイン」と何かと世の中、お金のことで騒いでますね〜。

メディアでは「それでも仮想通貨の流れは進んでいく」とか「現金が無くなる」とまるで「アンゴルモアの大王が空から降りてくる!」張りに言ってますね。

そんな流れに逆らうかのようにボクが「現金払い」にこだわるひとつの理由が「計算」です。

ボクはお金を払う時、必ず「小銭から使う」をルールにしています。

小銭から使うメリットのひとつは「お財布が軽くなる」です。

お札で払うと当然「崩す」ですから、お金が細かくなります。「細かいお金(小銭)」が増えると当然、お財布が重くなります。お財布も膨れてカッコ悪いです。

なので、ボクのお財布の小銭入れには1,10,100円はそれぞれ4枚、5,50円は1枚(500は500円玉貯金に回すため増えることがあります(笑))それ以上になることはありません。

そして、もうひとつ、これが最大のメリットで「計算力がつく」です。

脳の中で「計算」をしてるのは「前頭葉」という部分です。前頭葉は計算だけでなく状態や状況を判断する「判断力」や物事を順序立てて効率的に行う「遂行力」でも使われます。

なので、前頭葉が衰えるということは計算ができなくなるだけでなく、物事の判断や遂行する能力ができなくなる、そう、「認知症」になってしまうんですね。

筋力もそうですが、「力」と名のつく「能力」はいくつになっても鍛えることができます。逆に鍛えないとどんどん衰えていきます。入院してベッドでずっと寝ていると筋肉がどんどん衰えて「寝たきり」になり、自分の力では起き上がれなくなるのと同じです。

脳が寝たきりになったら困りますよね?

計算力をつけるためには当然「計算」が必要です。計算のドリルをやってもいいでしょう。でも、それよりも簡単なのが「買い物」です。

買い物をするときにカゴに商品を入れながら計算するのもいいでしょう。でも、「あれ食べよう、これ食べよう、いや、これかな?」って考え、判断しながら計算するのもちょっと大変です。だけど、支払いをするときはお金の計算だけすればいいので簡単です。

お財布の中を見ながら、どういう出し方をするとお釣りが少なくて済むかを計算します。さらに上級者になるとポイントカードも併用してさらにお釣りを少なくします。

計算は必ず「頭の中」でします。スマホの計算機を使ってしまうと脳でなくスマホが計算してるので計算力はつきません。

慣れてくると瞬時に計算も出来ます。お財布の中の小銭のチェックもレジを売ってもらってる間にできます。

これを日々繰り返すのと「便利」に慣れてカードやスマホに頼るのを長い間やると先々どうなるか・・・わかりますよね。

計算力はなにも数字だけではありません。前頭葉が司る判断力や遂行力と合わせると、人生の中で起きる様々なことを考え、比べ、判断し、決定し、行動に移すという大切なことに関わってきます。

脳が寝たきりになってから「ちゃんと運動(計算)しとけば良かった〜!」と後悔しても始まりません。

これから、激動の時代が始まります。自分の頭で考えて、自分で判断し行動する能力が必要になります。

すべてを失ってからテレビに文句を言っても始まりませんよ。

みなさんがスポーツジムに通って汗を流し、ヒーヒー言いながら走ったり身体を動かしてるのは身体を衰えさせないためですよね?

スマホが普及して「便利」にはなったけど、昔は電話番号や漢字を頭で覚えてたのに、ものの見事に覚えてなかったりします。このままでは恐ろしく「脳力」が衰えていくんじゃないかと不安になります。

もちろん、ボクだって大きな買い物とかはカードで買ったり、電車やバスはpasumoを使います。

でも、普段のお買い物するときくらい「便利」からちょっと離れて脳を鍛えてあげてもいいんじゃないでしょうかねえ。






[PR]
by hairhana | 2018-02-05 10:26 | hanaのひとりごと | Comments(0)