人気ブログランキング |

hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
プレゼント
オススメ Link
最新のコメント
ぼこちゃん へへ〜、バ..
by hairhana at 10:59
> HANAっ子さん ..
by hairhana at 18:06
今回はアヤコちゃんは一緒..
by HANAっ子 at 12:27
> 懐かしくて懐かしくて..
by hairhana at 13:53
今からはや40年前、私も..
by 懐かしくて懐かしくて at 21:54
ブログパーツ
検索
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1520)
(1514)
(1513)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

えびす駄菓子バー
a0037910_1048202.jpg
恵比寿の「駄菓子バー」に行ってきました。
店構えはレトロそのもの。中にはいると昭和初期の雰囲気を再現した内装。
カレーやサラダなどのメニューもあるけど(ハムカツがオススメ)なんといってもつまみのメインは「駄菓子」。
駄菓子は店内の至る所に置いてあってなんと「食べ放題」。ぶっちゃけ、酒だけ頼んでつまみは全て駄菓子にすればかなり安上がり。
お馴染み「よっちゃん食品」のお菓子を始めドンパッチもどき、ラムネ、キャベツ太郎、きなこ棒・・・
極めつけはカップのヨーグルト。「さじ」で食べるんだけど、当たりが出たらもう一個。
子供の頃けっこう好きでモリモリ食べていた。へらですくえないと最後は舌をつっこんで舐めてた(貧乏性なので)あの、当時は珍しいクリーミーな食感、舌の残るザラつき。
今ではとても食えたものではない。お隣のToshiYoroizukaのカスタードクリームに飼い慣らされてしまった軟弱な舌が拒絶する。(でも「貧乏性」なので食べた。)

a0037910_10592783.jpg
子供の頃はなけなしの金で買ってたので一つ選ぶのにかなりの時間をかけた。
さらに「くじ」だったので真剣に「当てに」いった。当たったときの高揚感がたまらなかったね。
大人になると「箱買い」できるけどあれは邪道だね。
ここでは当たりが出ようがはずれようがいくらでも食べられる。へそ曲がりの僕にはちょっと淋しい気もする。
また、駄菓子は喉が渇くのでお酒が進む。商売としてはおいしいね。


恵比寿にお立ち寄りの際は声をかけてね。
一緒に行きましょう。

〜「えびす駄菓子バー」〜
六本木店もあるんだってさ
# by hairhana | 2005-02-19 11:01 | ニコニコ日記 | Comments(6)
Ray。今月のHanaの音楽
a0037910_7252352.jpg

映画「Ray」
先頃亡くなった伝説の盲目アーティスト。マイケルやスティービーなどのモータウンサウンドより前にソウルやR&Bの先駆けとして多くの人のハートを掴んだ偉大な歌手。
ゴスペル(黒人霊歌)を流行のサウンドにしたり、女性コーラスとのデュオなど常に新しいサウンドを追い求めていた。アーティストとは本来、こういう人のことを言うのだろう。

映画の詳細は公式ホームページを観るか実際に劇場に足を運んで欲しい。
通常は主人公の成長や葛藤を描くのだが、彼のスタンスは終始変わらない。変わったのはヘロインを止めたくらい。
それよりも、彼を通じて出会った周りの人たちが変わっていく。裏切り、差別、憧れ、嫉妬と、映画を観てる僕たちも彼に関わることで何かが変わっていくんだろうね。

【今月のHanaの音楽】

a0037910_7494480.jpgHanaでは映画にちなんでレイ・チャールズの音楽をベースに彼に関連のある音楽を今月は流しています。
盟友クインシー・ジョーンズをはじめ、先日発売された「ジーニアス・ラヴ ~永遠の愛」のグラミー賞を受賞したノラー・ジョーンズとのデュエット曲や懐かしの名曲等々・・・。

僕は個人的に
★思わずカウントを取りたくなる「Hit the Road Jack」、
★かけ声に答えたくなる「What'd I Say」、
★あまりメジャーじゃないけど「なんとな〜く好きな人」や「なんとな〜く一緒にいられる友達と」なんとな〜く一緒に歌うと気持ちよさそうな「Baby Its Cold Outside」がオススメです。
他にも名作や意外な曲もあるので
Hanaに聞きに来てちょんまげ。(手ぶらでね)

そういえば、外国人歌手が日本のヒット曲をカバーするのが流行ってた時期にレイも「愛しのエリー」を歌ったけど、やめて欲しいね、なんか・・

〜「Ray Charles公式」〜
# by hairhana | 2005-02-18 08:16 | hanaの映画 | Comments(2)
あなたは生き残る地震(自信)がありますか?
a0037910_16561229.jpg

関東に住んでる人は今朝(2/16,5時前)にほとんどの人が飛び起きたに違いない。(一部、バレンタインが終わって疲れ果てたケーキ屋さんの従業員が約一名気づかなかったらしい)
自分はと言えば、地震が起きるほんの数十秒前に自然に目が覚めた。(野生の勘か)
ユッサユッサと揺れた。テレビを付けたら震度4だとか言ってた。
その間どうしていたかというと、「何にもせずに揺れに任せてぼ〜っとしていた。」
多分多くの人がそうだったと思うんだな。

すさまじい自身の経験がないから「やがて収まる」と高をくくっているところがある。
しかし、阪神淡路しかり、新潟中越しかり、震災は突然来るのだ。
普段から地震の時は火を消してマンションなどはドアを開けて、机の下や柱のあるトイレなどに隠れる。と知識はあるのだが結局ボォ〜ッとしてしまう。
これが大地震だと確実に命を落としてるのかもしれないと思った。

よしんば助かったとしても避難しなければいけないときに「それから」持ち出すモノを吟味していたのではさらに二次災害に巻き込まれてしまう。せめて外に出てもいい格好で普段から有事の時に持ち出すモノをまとめておくのは必要なのだと思った。

「備えあれば憂いなし」。サバイバルは運だけではないと思った。

〜「生存術教書 How To Survive サバイバル技術」〜
なにひとつやってませんでした\(__ ) ハンセィ
# by hairhana | 2005-02-16 18:04 | ニコニコ日記 | Comments(4)
使用前、使用後
a0037910_11321576.jpg
a0037910_11323373.jpg
ハナの爪切りに病院に行ってついでにカットもしてもらいました。
「こざっぱりお願いします」
と頼んだらまるでクマのぬいぐるみのようにコロコロして帰ってきました。
ま、これもいいか。
しかし、ピンクのリボン、似合わないね〜
実は僕もついでに美容室に髪の毛を切りに行きました。
「こざっぱりお願いします」
と言った結果は・・・

シャンプーはナナの方が100倍うまいです。
# by hairhana | 2005-02-16 11:36 | 今日のハナ | Comments(7)
今日のハナ
a0037910_10465929.jpg

日だまりの中で▼o-ェ-o▼。o
# by hairhana | 2005-02-15 10:46 | 今日のハナ | Comments(0)
バレンタイン・タルト・ショコラ
a0037910_23124441.jpg

お隣のToshiYoroizukaのスタッフの女の子から頂いた。
鎧塚さんのケーキは芸術ダネε=( ̄。 ̄ )
下のタルト生地のサクサク感とビターなチョコレート。
口溶けのいいクリームにクランチな食感のチョコチップ。
添えてある苺が酸味を加えて口の中をさっぱりさせてくれる。
お腹がびっくりした。
# by hairhana | 2005-02-14 23:12 | ニコニコ日記 | Comments(0)
「髪からはじまる物語」三部作
a0037910_1142267.jpg

プロデューサー [producer]という仕事はどういう仕事か知ってる?
映画や舞台、そしてテレビとかで良く聞くね。
名前も「監督」はけっこう知っていてもプロデューサーはあまり知られてないね。
映画でも「黒澤監督作品!」とかポスターや広告にでかでかと載っている。レンタルビデオでも「監督別」のコーナーはあっても「プロデューサー別」ってのは聞いたこと無いね。

プロデューサーという仕事は。「作品の企画から完成までの一切を統轄する制作責任者。」とある。
要するに監督は誰で、役者は誰で、撮影はどこでやっていくらお金をかけてどう広告するとか作品の全てを仕切る重要なお仕事。
だから、「一番偉い人」。なのだ。<(`^´)>エッヘン。

監督が「雪のシーンで風は吹き下ろす感じで通行人が何人くらいでバックにはう荒波がザッパァ〜〜ン!なんて、そんもってあ〜してこ〜して・・」というイメージを全て手配し具現化する。
それだけではない。スタッフのお弁当、宿、天気が悪かったら中止なのか晴れるのを待つのか、中止なら次はいつ撮るのか、スケジュールの配分、ギャラや追加分の資金は?等々、上げればもっと細かいことをその場その場で判断しなくてはいけない。
監督はいい作品を創るため時間とお金を使いたがる。
スポンサーは予算の範囲内でと言う。
「偉い人」は「大変な人」なのだ。

桜木 光(サクラギ ヒカル)さんというCMプロデューサーがいる。彼は原田知世の「ブレンディ」やクレイジーケンバンドの「カフェプレッソ」その他、僕たちがテレビで頻繁に見る有名なCMを多数手がけてる人。
彼が今度、あの大ヒット映画「世界の中心出会いを叫ぶ」の柴咲コウさんと行定勲監督のショートフィルム、「髪からはじまる物語」三部作をプロデュースした。
女性の「髪」をモチーフにした「復習劇」、「あこがれ」、「懺悔」の三作。
「サロンスタイル」というシャンプーを買うと「鑑賞券」が付いていてそのホームページにアクセスしてIDを入れると無料で見ることが出来る。
僕の大好きな俳優の津田寛治さんも出演している。
シャンプーを買って鑑賞券だけ取ってシャンプーはお隣さんにでもあげてください。
ちなみに「イ〜〜ネッ!CKB(クレイジーケンバンド)プロモDVD」で紹介した作品も彼がやってます。

ちなみに桜木光さんは全身NIKEに身を包み時間があれば代官山のジムに通うナイスガイです。若い頃ケンカして山の中に連れて行かれて埋められたことのあるという貴重な体験の持ち主です。僕はこの人を題材にした作品を創った方が遙かに面白いと思うんだけどね。

奥さんの舞(MAI)さんも同じCMプロデューサーで、タイヤのミシュランとか、これまたすごい人で、さらにモデル並みにきれいな人です。

二人ともHanaにしょっちゅう出没するので、たまたま居合わせたら映画の話やCMの裏話、そして「埋められたこと」など、聞くと快く話してくれるので来てちょんまげ。
# by hairhana | 2005-02-14 11:02 | オススメ
おサルのサルサだほいさっさ♪
a0037910_13355699.jpg六本木のベルファーレであったサルサのイベント「SALSA LIBRE en velfarre」に行ってきた。
「へ〜、トモさんサルサやるんだぁ〜?」
などと野暮なこと言っちゃいけません。
「やりません。いや、出来ません。」
でも、行ってきました。

サルサのなんたるかはググって調べてちょんまげ。
「埋め尽くす」まではいかないけれどもかなりの人で、いっぱいでした。サルサ人口って結構いるんだね。
「サルサ考察」は後に書くのでじっくり見てください。
感想は「女の子がキレイに見える」。って感じ。
サルサは男性が女性を引き立てる踊りなので自然と女性に目がいく。当然、女の子も少しばかり露出度の高い服を着ているからなおのこと。
ステップから、ターン、そしてスピンと華麗に踊る姿は女の子ならうっとりとするんじゃないかな。

a0037910_12574436.gif僕?僕はと言えば当然サルサどころか、踊りと言えば誰も見てないところで頭に浮かぶ音楽をベースに魂のまま踊る、別名「トモダンス」(Dance of TOMO)か、子供の頃に踊った盆踊りが関の山。
サルサの基本の「左・右・左・休・右・左・右・休・・・」の4拍子に合わせ足を動かす程度。周りから見たらほぼ「サル踊り」。
早々に切り上げ退散しました。
いつかは出来るようになりたいね。

※ここから先はサルサに興味がある人だけ見てね。
【サルサ考察】(あくまでも僕の主観なので怒らないでね)

基本のステップは足を「左・右・左・休・右・左・右・休・・・」と8カウントで運ぶ。それを前後左右に振り分けてバリエーションをつける。
そして、サルサの醍醐味とでも言いましょうかペアダンス。これは体と体を密着させて踊ったり、女の子がクルクル回ったりと、セクシーで華やかなステップ。
ある意味、このためにやってるようなもんですな。
イベントやパーティーともなるといろんな相手と入れ替わり立ち替わりパートナーチェンジが出来る。ある意味ウハウハだね。

しかし、下心だけではそうそう上手くはならないようで、こと、サルサのペアダンスに関しては息を合わせて踊るというよりも、男性がリードして、女性がそれに答えるというスタイルなので、男性がある程度テクニックをもっていないとお話にならない。
逆に女性は初心者でも男性が上手くリードしてくれると自分まで上手くなったような気がするみたいです。
だから、男はもう大変。基本ステップが出来るくらいじゃ相手も出来ませんわ。踊りに行っても彼女は自分より上手な人と楽しく踊って自分はグラス片手に眺めてるだけ・・。
だからよこしな気持ちで始めた人は半年も持たないそうです。
ある程度踊れるようになるまでは男はそういった試練を乗り越えなければいけないみたい。

女の子はけっこうスタイルも良く性格的にオープンな女性が多いみたい。手を握られて「きゃー!」って言ってるようじゃあ踊りにならないしね。
男性は僕が観るだけだけど「おとなしそうな真面目タイプ」が多い。「情熱の踊り」とは正反対なイメージがある。
女の子には「は〜い!」と満面の笑みで微笑みかける。男が挨拶すると目が凍る。
サルサの男にとっては自分以外の男は全てライバルなんだろうね。
サルサの光と影を見たような気がする。
もっとフレンドリーでオープンな方が広まると思うけどな〜

てねわけで「トモダンス」を習いたい人は月謝5万でどう?手取り足取り髪の毛取り教えます、
# by hairhana | 2005-02-12 14:45 | ニコニコ日記 | Comments(2)
舌磨き専用ブラシプレゼント!
a0037910_10193635.jpg

以前、口臭予防してますか?で、紹介した「TUNG BRUSH」(舌磨き用ブラシ)を輸入元からサンプルをいくつかもらった。「パッケージ不良」(パッケージに分からないくらいの汚れが付いてるとか、角が折れてるとか、商品には全く問題無いのだが返品になるそうだ)のもので、けっこう沢山もらった。

詳しいことは「口臭予防してますか?」を見てもらえれば、ほとんどが人の口臭予防の間違いに気づくと思う。
僕も使い始めて以来、歯磨き粉やリ○テリンなどは怖くて使えない。
冗談抜きでみなさん一度考えてみた方がいいと思うよ。
モノもそんなに高い訳じゃないからね。

てなわけで、この「TUNG BRUSH」(舌磨き用ブラシ)(税込み¥893)を
Hanaに来た人にプレゼント!(あるだけね)
口臭は自分が思ってる以上に周りに気づかれてるモノ。エチケットとして定番だね。
もうすぐバレンタイン。本命の彼に告白して

「このチョコおいしぃ〜〜!!」
「じゃあ私は?」
(^.^)チュッ!
(TξT)`````クサッ!
iiiilllll_ハ ̄|○llllliiiii

ってことにならないようにね。
# by hairhana | 2005-02-11 10:19 | <<Hana News>> | Comments(0)
ドラえもん、最終回。
a0037910_21282825.jpg始まりがあれば終わりがある。
のび太の部屋の机の引き出しから出てきたネコ型ロボットがお別れをします。
商業的には終わらせられないんだろうが終わりは大切だね。全てにおいて。
「そして、今日もまた彼の旅はつづく・・・」というような中途半端な終わり方は一番納得できない。

何か事があるとすぐに他力本願ののび太を今の子供たちはどう思ってみてるのだろう。
二十歳過ぎていっぱしの大人になった男の子が仕事や恋愛に失敗して「ドラえもんがいてくれたらなぁ〜」などと口に出して行ってること自体が現実逃避ではないか。
これだけ長くやって2回しか終わらせてない。
ちゃんとドラえもんから卒業させてやらないと、いつまで経っても甘えん坊〜♪(わかる人にはわかるギャグ)になってしまうではないか。

a0037910_21393588.jpgドラえもんに叱責されながらも机の引き出しを開いては思い出すほとほと情けない終わりと「一人で出来るモン!」とガンバル終わり方。
どちらもすっぱりしてないが、まあ、こんなもんだろうね。アンデルセン童話の「人魚姫」や「マッチ売りの少女」のようなやるせない終わり方があってもいいと思うのだが、原作者が死んでしまった今、ドラえもんを終わらせることが出来るのは誰なんだろうか?

ちなみに僕は「オバケのQ太郎」を読破し、未だ最終回を持っているが、Qちゃんの最終回は・・・

〜「ドキドキ最終回ランド」〜
へ〜そうだったの。ふぅ〜ん
# by hairhana | 2005-02-10 21:49 | hanaの本 | Comments(4)