hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
プレゼント
オススメ Link
最新のコメント
> HANAっ子さん ..
by hairhana at 18:06
今回はアヤコちゃんは一緒..
by HANAっ子 at 12:27
> 懐かしくて懐かしくて..
by hairhana at 13:53
by 懐かしくて懐かしくて at 21:54
> hanaさん あり..
by hairhana at 03:18
ブログパーツ
検索
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1461)
(1456)
(1455)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2018年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
いい湯だな♨〜光明泉(中目黒)〜
a0037910_16002981.jpg
こんにちは、トモです。

ミサキくんとふたり、なんかスッキリした顔してるでしょ?

ふたりで新宿の歌舞伎町で・・・

なんてことはなくて、中目黒にある「光明泉」という銭湯に仕事が終わって行ってきました。

けっこう昔からある銭湯で今のオーナーさんで三代目だそうです。

4年前にリノベーションをしてリニューアルオープンしました。

とてもキレイで清潔です。

銭湯としては小ぶりで湯船が2つ、水風呂が1つ、サウナが1つあります。

3階の「露天風呂」(天井が抜けて外の空気が入る)は週替りで男女入れ替えになります。(金曜日スタート)
a0037910_16152892.png
週末ということもあってか、「え?こんなに来んの?」ってくらい人がいます。それも若い人が多いです。

話を聞いたら、テレビや雑誌で紹介されて週末は混むようになったんだそうです。

それでも回転は早く、ストレスを感じることはありません。

ここの流行ってる理由として「泉質にこだわってる」ことで、ひとるは「炭酸泉」。もうひとつは「ラジウム温泉」になります。

たいていに銭湯は熱めで42〜45度くらいのお湯でせいぜい「ボコボコ」や「水圧のマッサージ」が多いんだけど、高濃度炭酸泉の温度は38度。

最初、ちょっとぬるめかな〜と思ってたら、だんだん体の中から温まってきて最後はポカポカになります。
a0037910_16152865.png
人工ラジウム温泉は関節痛やリューマチ、肩こり、気管支炎に効くそうです。

小さいながらもこういった「効果」に特化したことで、お客さんが増えたんだと思います。

さらに「サウナ」は他だと¥700くらい取られるんだけど、なんと!¥200!!

それも、バスタオルと洗体タオル付き(レンタル)これなら手ぶらで行けるよね。

この日も暑かったんだけど、外がなんだか涼しく感じました。

まだまだ暑い日が続くけど、シャワーじゃなかなか疲れが取れないから、大きな湯船に足を伸ばして入ってリラックスしてポッカポカになったら最高のリフレッシュになりますね。

あ、そうそう、入浴後の「水分補給」は忘れずにね。
a0037910_16003086.jpg

光明泉(こうめいせん)
東京都目黒区上目黒1丁目6−1
営業時間:午後3時〜午前1時
03-3463-9793


[PR]
by hairhana | 2018-08-31 16:31 | オススメ | Comments(0)
好きな道
a0037910_19032068.jpg
トモです。

こんな道がけっこう好きです♡

なんか「大地を踏みしめて歩いてる」感じがします。

東京はどこに行っても舗装してあるので「水たまり」がありません。

よく「オシャレ長靴」を履いてる人を見かけますが、「暑いんだろうなぁ〜。ムレてんだろうなあ〜」と心配になります。

でも、この道なら機能が十分に発揮できるのではないでしょうか。

そんなことをいろいろ考えながら日々過ごしています。

おしまい

[PR]
by hairhana | 2018-08-29 19:32 | hanaのひとりごと | Comments(0)
天国
a0037910_13330774.jpg
昨日までとは打って変わって今日は風が涼しくて気持ちいいです。

調子こいて外でタイ料理を食べました。滝のような汗をかきました。(−_−;)

なのでやっぱりアイスコーヒーなのです。

恵比寿の「ヴェルデ」のアイスコーヒーは美味しいのです。

まさに天国なのです。

[PR]
by hairhana | 2018-08-28 13:32 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
とっさのリアクション
a0037910_07374327.jpg
お早うございます!トモです。

昨日は急な「雷雨」でビックリしましたね〜。

もし、女の子とデートしていて、急に昨日みたいな雷が

「ゴロゴロ・・ドン!!

って鳴った時、

「キャァ〜〜!!!!」

って言って耳を塞いでも可愛いんだけど、とっさに「おへそを隠す」とかやられちゃうと

「惚れてまうやろぉ〜〜!!」

くらいにフォーリンラブ♡しちゃうと思います。(もちろん僕の主観です(笑))

「計算され尽くした動作やしぐさ」よりも「とっさのリアクション」に心動かされるもんなんです。

いざという時のために練習しておいても損はないかもね。(あ、「変なやつ」と思われても責任持てません)

ちなみに「雷がなったらおへそを隠す」というのは雷が「高いところに落ちる」という特性上おへそを隠す動作をするとしゃがむ格好になり、姿勢を低くさせるためなんだそうです。

おしまい

[PR]
by hairhana | 2018-08-28 07:46 | hanaのひとりごと | Comments(0)
Gender-lessなトイレ
a0037910_12445619.jpg

こんにちは、トモです。いいウ◯コしてますか?


「食べる」のも大事ですが「出す」のも同じくらい大切です。


便秘には「キウイ」がいいそうで、さらに食べるときにスプーンでひとさじすくって穴を開け、そこにオリーブオイルを垂らして食べるといいそうです。


そうすると毎朝気持よく「トイレ」を使えますね。


Hanaのトイレは「Gender-less」です。まあ、1つしかないので当然そうなるんですけどね。(笑)


a0037910_12445625.jpg

夏に台湾に行った時、僕が泊まったホテルのあるまちが「西門(シーメン)」という街で日本で言うところの渋谷みたいな街で若者がたくさん集まります。


写真を見てもなんだか109の前みたいでしょ?


この街はファッションもさることながら「ジェンダーレス(男女の差別をなくそう)」に関しは渋谷のそれを上回るくらい進んでいます。


西門のランドマーク的建物で「西門紅樓(シーメンホンロウ)」があります。日本の台湾統治下の時日本人建築家が設計した建物です。台湾で最も古い建物です。


その「西門紅樓」の周りは「ゲイタウン」と呼ばれ、それだけでなくLGBTの人たちが利用するBarやお店がたくさんあります。


a0037910_12445546.jpg
この「西門紅樓」の建物はショップだけでなく映画、演劇の上映、コンサート、イベントと様々な形で催し物があります。

その中の「トイレ」は男女でわけてはいなくて「All Gender Restroom」と書いてあり、男女問わずだれでも利用できます。

なので、僕がトイレで用を足して出てくると手洗い場所の隣に女性が手を洗って僕を見る目が

「あんた・・・そうなの?」

的な眼差しだっだので

「そうじゃあ〜りませんよ♡残念ながら」

と目で返しておきました。
a0037910_12445534.jpg
これから、こういった「Gender-less」な場所や施設が増えてくると思います。これを

「誰でも使えるんだろ?」

と、短絡的に捉えるのではなく特に男性は一度立ち止まってよ〜く考えて欲しい。

最近ではトイレというと座って用を足す「洋式便器」が主流になりました。

元々、男性は用を足すときは「立ったまま」やります。洋式だと便器に当たったり、はねて便座に付いたりします。

立ったままの方がチャックを降ろすだけで簡単で、わざわざズボンを降ろすのなんて「めんどくせえ」と思うかもしれません。

でも、もし男性でも自分が「大」の用を足すとき座ろうとしたらそこに他人のオシッコの跡があったら座れるだろうか?もし、クリーナーで拭くとしても嫌じゃないだろうか?

女性はその何倍も気持ち悪いのです。

実は、どの家でも男女が存在する限りそのトイレはGender-lessになります。夫婦でもそうです「親しき中にもなんとやら」です。

一人暮らしで彼女も来なくて「自分専用」のトイレがあれば別ですが自分以外の誰かが利用するとき「キレイに使う」ことが大切だと僕は思います。それは最低限のマナーであり「お・も・い・や・り」だと思います。

気をつけることは簡単です。

・座って用を足す

・便座を汚したら拭く

・便座を上げっぱなしにしない

・トイレットペーパーが無くなったら替える

要は「使った形跡を残さない」ってことです。

自分が入った時、その方が気持ちいいでしょ?

もちろん、Hanaのトイレは僕たちがいつもキレイにしてますから(特にミヨちゃん)、安心して使ってくださいね。

あ、トイレットペーパーは三角に折らなくても大丈夫ですよ。(笑)




[PR]
by hairhana | 2018-08-27 16:03 | Hanaのヒミチュ | Comments(0)
インスタよりも・・・
a0037910_11150852.jpg
こんにちは!トモです。

ちょっと涼しくなったからホッとしてたらまた暑くなっちゃいましたね。

施設の冷房との寒暖差でなんかおかしくなっちゃいそうですね。気をつけましょうね。
a0037910_11150782.jpg

そんな中でもHanaのテラスのハイビスカスとタイタンビカスは元気に花を咲かせてます。

名前どおり「花ざかり」です。

赤のハイビスカスは今年も元気に真紅の花びらを開いてくれました。
a0037910_11150844.jpg
入口横の「八重のハイビスカス」は夏らしく黄色でこれまた華やかに咲き誇ってくれます。

暑いのは嫌だけど、こうして花が咲くと季節があって良かったなあとつくづく思います。

どれだけ良いカメラで、どれだけテクニックを駆使して写真に納めるよりも自分の目で見るほうが何十倍もキレイです。

よく、子供さんの運動会をずっとカメラやビデオのファイダー越しに見てるよりもいいのと一緒ですね。

今、スマホで「インスタ映する写真」を撮るためにいろんなアプリやフィルターやテクニックがあるけど、「見たまんま」だけど、やっぱり「肉眼」てすごいなあと改めて思います。

来年も咲いてくれるのでしっかり目に焼き付けておきましょう。
a0037910_11150860.jpg


[PR]
by hairhana | 2018-08-25 11:24 | Hanaの花 | Comments(0)
100歳目指して
a0037910_10295778.jpg
こんにちは、トモです。

昨日、常連のお客様がお母さんと一緒に来てくださいました。

御年「99歳!!」すごい!

足が少し悪いけど掴まりながら歩けるし、耳が遠いと言われたけど、普通にお話ができる。

山口県で生まれて21歳で結婚し、ご主人は京城府(現在のソウル)の総統府で働いていてご主人が中国に仕事で行ってる時に終戦を迎え、娘二人を連れて日本を目指します。

近所に住む軍曹の家族と一緒に舟に乗るため釜山行きの汽車に乗ります。その途中で荷物は全て没収。

ようやく船に乗るもお妾さんに「あんたは帰れば家があってお金もあるんだからお金をよこせ!」と脅され無一文に。

当時は女性や女の子は船に乗ってると襲われたり蹂躙されたりするので丸坊主にして男性を装ってたそうです。

船の中で亡くなる人もいて、夜中に遺体を海に捨てる「ドボ〜〜ン、ドボ〜〜ン!」という音が忘れられないそうです。

日本に着いても憲兵に財産全て没収されるそうでしたが、着物に縫い付けたお金でなんとか家に帰ったそうです。

その当時のことは、最近のことより鮮明に覚えてるそうです。

僕の他界した叔父もフィリピンでの野戦やシベリア抑留で命からがら生き延びてその話を何度も何度も聞かされました。

「もう、生きててもしょうがないから死にたい」

とおばあちゃんは言いました。

「やめてよ!おかあさん、来てくれなかったらこの店潰れちゃうよ〜!つかね、食欲無くても一口でいいんですよ。味見するだけでもいいんだから。その料理を作ってくれた人、おかあさんが着てる服を作る人、売る人、それを運ぶ人、おかあさんが生きてるだけですごくたくさんの人が幸せになってんだから、後、20年は頑張ってくんなきゃねっ」

と言うと

「20年は無理だけど、もうちょっと頑張ろうかな」

と言ってくれました。とりあえず来年の100歳だね。

そう言ってる僕ら添加物で育った世代はここまで頑張れるんだろうか?

いつまでも元気で、そして美しくいてね。




[PR]
by hairhana | 2018-08-20 13:59 | 大好きな人 | Comments(0)
絵(自分)と額縁(ファッション)
a0037910_11295508.jpg
おはようございます!トモです。

先日、「Hanaの鏡の枠はタイの工房で買った大きな絵の額縁」という話をしました。

皆さんで言うところの「額縁」は「洋服(ファッションん)」と「ヘアファッション」です。

なのでどちらもデザインを選ぶときは「絵(自分)を引き立てるデザイン」でないといけません。

即ち「額縁が主役」になってはいけないのです。

唯一、額縁(ファッション)が目立っていいのは「ファッションショー」だけです。

これはファッションを売るのが目的なのでモデルさんはキレイですがファッションの方が先を行かなければいけません。

極端に言うとこんな感じでもOKってことです。(笑)
a0037910_11295563.jpg
「・・・・。」でしょ?

よく「芸能人の〇〇みたいにしてください!」ってありますよね?

そのデザインは〇〇さんを引き立てるためのデザインなので、同じデザインのヘアスタイルやファッションをしても「〇〇っぽい」止まりで似合うかどうかは別問題です。(もちろん、その人に似てる人ならOKだと思います。)

もちろん、その人をリスペクトしてヘア、洋服、メイク、小物まで揃えるくらいの徹底ぶりだと「っぽい」を超えたまとまったファッションになると思います。

なのでにわかに「芸能人の〇〇の来る店」でまるで量産型のプレタポルテのような同じ色、同じデザインでかつらを被せるようなヘアデザインはやるほうがルーティーンな作業だから楽なのですが、ちょっともったいない気がします。

絵(自分)を引き立てる額縁(ヘアデザイン)にするには、先ず自分を知ってもらうことが大切だと思います。

どんなライフスタイルで、どんなワードローブを持っていて、どんな気分か、等など。

だからHanaは最初のカウンセリングに少し多めに時間をいただいてます。

自分の好みやイメージを伝えづらくでもちゃんと聞き出しますから、「なんとな〜く」でいいので話してみてくださいね。

おしまい。

[PR]
by hairhana | 2018-08-17 13:52 | ヘアのお話 | Comments(0)
Hanaの鏡
a0037910_10200272.jpg
おはようございます!トモです。

昨日はお休みで外食しようとしたらどこ行っても「お盆休み」でふられっ放しで、チェーン店みたいな店しかやってなくて、結局自炊しました。(TдT)

写真はHanaのセット面の「鏡」です。

周りは木彫の枠でちょっと変わってるでしょ?

実はこれ、タイで買ってきたんですが、鏡ではなく、「大きな絵の額縁」なんです。

額縁やこういった木彫の飾りを作る工房があって、そこで寸法を伝えて作ってもらいました。

なので、よく見ると若干、柄やデザインが異なります。今度来た時見てみてくださいね。

鏡は「日本製」です。鏡の命は「光の反射率」です。これはデザインとは違い「技術のレベル」でやはり鏡は日本のものがいい。それと、輸入する際に割れては元も子もないですからね。(笑)

さらに、普段はテーブルがあるので見えませんが、実はこの鏡、足元まである大きな鏡なんです。

テーブルをどけるとほら
a0037910_10200292.jpg
全身が写るほど大きな鏡なんです。

時々、お客さんの希望でトータルコーディネートのアドバイスをするときに使います。

なぜ、テーブルで塞いでるかというと、よく美容室で「足元まで写る鏡」ってありますよね?あれって落ち着かなく無いですか?

人は足元が写っていると無意識に緊張します。ましてやスカートを履く女性ならなおのことです。ひざ掛けをしたところで一緒です。なので敢えてのテーブルにしました。

ちなみに「鏡と鏡の間の幅」も考えていて、「隣の人が映らない距離」にしてあります。

Hanaのセット面は「リゾートホテルのドレッサー」のイメージで「その人のためだけの鏡」なので、お隣の人が映ってしまうと「大部屋」みたいで落ち着きませんからね〜(笑)

そんな思いを込めたHanaの鏡でした。

おしまい。


[PR]
by hairhana | 2018-08-15 16:45 | <<Hana News>> | Comments(0)
アイロン
a0037910_07533582.jpg
おはようございます!トモです。

「考え事」してますか?

生きてると日々、悩み事や、考え事、いろいろあります。

「あ〜でもない、こ〜でもない、どれから先に、でもあれだから・・・ブツブツ・・・」

と、まあ、子供の頃は単細胞で、思い立ったことから片っ端にスタートしてたけど、大人になるとこんな僕でも脳みそに多少のシワが寄って、そのシワの溝にいろんな選択肢が引っかかってあ〜でもない、こ〜でもないと悩んでしまいます。

「頭の中を整理する方法」人それぞれで、色いろあると思います。

僕の場合はその中のひとつに「アイロンがけ」があります。

アイロンがけは僕の場合「袖」から始めます。「手順」を守りながら積み木を積み重ねるように丁寧にやります。

このとき、雑念が入るとてきめんシワが寄って汚くなります。

イライラしてるときでもシャツの1〜2枚アイロンがけすると冷静になれます。

んでもって、終わった頃には考えもあらかたまとまって、シャツも何枚かキレイに仕上がってます。

クールダウンは「ハンカチ」です。(笑)

最近わかったのは「いいシャツはシワがよりにくい」ってこと。

そこそこする値段のシャツは丁寧に干すとそれなりに着られる程度でアイロンも簡単です。

先日、試しにファストファッションの某メーカーのシャツを買ったのですが、洗って干すとまるでちりめんのようにシワがよってそのままでは到底着れなくてアイロンがけもスプレーヤーしないと伸びなかったりします。

よく「ファストファッションはワンシーズン着たら捨てる」とか言う人がいますが、まさに「安物買いの銭失い」とはこのことです。

冷静に頭の中を整理するためのアイロンがけがイライラの原因になると本末転倒ですからね〜(笑)

おしまい

a0037910_07533622.jpg


[PR]
by hairhana | 2018-08-15 01:09 | hanaのひとりごと | Comments(0)