hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> hanaさん あり..
by hairhana at 03:18
そうですnigi nig..
by hana at 01:28
> hanaさん コメ..
by hairhana at 15:33
素敵な美容院ですねー ..
by hana at 01:39
素敵な美容院ですねー ..
by hana at 01:39
ブログパーツ
検索
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1371)
(1367)
(1366)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2018年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧
働いてもいいんじゃない?

a0037910_16230943.jpg

小学4年生の頃、友達の間では「自分の好きなレコードをステレオでテープに録って交換する」というのが流行っていました。


当時、我が家にあった音響機器は母親の持っている「てんとう虫」のレコードプレーヤーのみでした。


a0037910_12181952.jpg

みんな「オレのステレオ!」と言ってるが正確に言うと「オレの親父のステレオ」でした。


当然、小学生のボクはそんなことはつゆ知らず母親に


「みんな持っててオレだけ持って無いから買うてぇ~~!」


と母親に懇願します。

a0037910_12240735.jpg

「そんなもん、のおても(無くても)死なんでしょ?」


が母親の口癖だったが、その時ばかりは何故か折れませんでした。


「死ぬよ!みんな交換しとるんじゃけえ。ボクだけ仲間はずれなんよ!(TдT)」


みんながテープを交換してる姿を離れて見てる自分を思い出したら涙が出てきた。


すると母親が部屋の奥に行って通帳を持ってきてボクの目の前に開いて見せて


「お母さんがなんぼ(いくら)お給料もろうとるか知っとる?あんたにはお父さんがおらんけえ、それでも不自由させんようになるべく欲しいもんとか買ってあげようと、お母さん一生懸命頑張ってきたんよ。それでもね、買えんもんは買えんのよ!うちにはお金が無いんよ!」


と泣きながら話してくれました。


ボクが5歳の頃、両親が離婚して母親の実家に住んでいました。


子どもの自分には親がいくら貰ってて生活にいくらかかるか全くわからず、お小遣いなどは親の気分次第で変わるものくらいにしか思ってませんでした。



さすがに「これはマズイことを言ってしまった。」と思い、それ以上のワガママは言えませんでした。


それでも欲しいものは欲しいわけで、特に子供同士の「みんな持ってる」は最強なわけで、だからと言ってステレオなんか自分のお小遣いで買える金額ではありません。


そこで思いついたのが「アルバイト」でした。

a0037910_13122451.jpg

祖父に頼み込んで自分家で取っていた新聞屋さんにお願いして新聞配達のアルバイトをさせてもらうことにしました。


自転車を持ってなかったので集配所まで歩いて行ってそこの自転車を借りて配っていました。


5時に起きてそのまま行って新聞に折込のチラシを入れる作業から始まります。


雨の日も風の日も雪の日だって風邪引いてても行かなきゃ行けなかった。初めて「働く厳しさ」を知りました。

a0037910_13162427.jpg

1ヶ月働いて初めてのお給料は嬉しかった。そのお金で分割で自転車を買いました。そして残ったお金で母親にハンカチを買いました。


渡した時、母親が泣いたかどうかは思い出せなかったけど喜んでくれたのは覚えています。


当然、周りの友達はアルバイトなんかしてなくて、急に回りが子どもに(自分も子どもなんだが)見えてきて、結局ステレオを買ったのは中学生になってから(もちろんバイトのお金で)でした。(山水のダブルカセットデッキ付きのやつでした。)




先日、ミサキくんのブローモデルになってくれた高校3年生の女の子が来てくれた。


その子は


「本当は卒業したら就職するつもりだったんですけど、推薦で大学に行けることになって大学に行くことになったんです(笑)」


と話してくれた。もちろん塾にも行ってない。1,2年製のとき頑張ったそうです。


今は友達と卒業旅行に行くためにアルバイトをしてるそうです。


(これはさすがに・・・(笑))

a0037910_13253358.jpg

でも、その学校が「アルバイト禁止」の学校なので、見つからないように家から1時間半も離れたところに通ってるそうです。


その子の家の事情はわかりませんが、ボクと似た境遇なんでしょう。




子どものアルバイトを禁じてる学校がほとんどです。


なぜ、アルバイトをしてはいけないんでしょうか?


「子どもに大金を持たせてはいけない」

a0037910_12344659.jpg

親からもらった小遣いならいいんでしょうか?


「遅い時間まで働いて夜遅く外を出歩いてると危ない。」


夜に小学生が塾の帰りでウロウロしてますよ。塾なら危なくないんですかね?


お金が無い家の子はどうすればいいんでしょうか?


その子のように友達と卒業旅行に行きたい場合、禁止してる学校が出してくれるんでしょうか?


部費やそれにかかるお金を出してくれるんでしょうか?

a0037910_13321087.jpg


ボクもそうでしたが一生懸命働いて得たお金をそうそうムダなものに使ったりしませんよ。少なくとも親のすねをかじってる子どもよりお金に対する価値観はシビアですよ。


そして、なによりも社会の底辺を体験することが出来ますから。


いつか大学を出て就職してアルバイトの人たちを「使う立場」になった時、「使われる立場」を経験した人とそうでない人とでは絶対に「差」が出ます。


そして、アルバイトはエンドユーザーに一番近い場所にいます。そこでの経験が新しいビジネスやサービスを生み出したり、イノベーションを起こしたりできるんだと思います。

a0037910_16131998.jpg


学費、部費、遊興費、生活費、小遣いそして塾とか全部払える親ばかりじゃ無いと思うのですよ。


子どもって「ダメ!ダメ!」って大人が言ってるとどうするか知ってますか?「嘘」をつくんですよ。


そして嘘をつき始めると嘘を上塗りしていかなくてはいけなくなるのでそれが大きくなった時、取り返しの付かないことになったりするんですよ。

a0037910_16162227.jpg


「働く」という行為は「人を喜ばせる」行為です。尊いことだとボクは思います。


子どもが信じられないなら登録制や申告制にしてもいいじゃないですか。源泉だって出るし、バイト先に確認だって取れるじゃないですか。


仮に親がお金持ちで子どもが働かなくてもいい環境にあったとしても「働く」経験はさせてあげればいいじゃないですか。決してムダにはならないと思うんですけどねえ。


[PR]
by hairhana | 2018-01-31 16:26 | hanaのひとりごと | Comments(0)
幸せは掛け算
a0037910_09203746.jpeg

「幸せ」っていうのは、掛け算で、どれだけ贅沢な暮らしをしていても、



0を掛けると0になり、ー(マイナス)を掛けると不幸になる。



それは往々にして「人間関係」によるものが多い気がします。



人間関係が上手く行ってないと、毎日が憂鬱ですし、それが職場だと仕事に行きたくなくなったり、せっかく積み重ねたキャリアがあるのに辞めちゃったりします。



友人、恋愛、家族でも、上手く行ってないとため息の出る回数が増えます。



「いや!幸せ(プラス)なんだ!」



と自分に言い聞かせ、高い買い物や贅沢をしてみたりしても、後には虚しさだけが残ります。



なので、いい人間関係さえあれば、借金や犯罪(マイナス)犯さない限り概ね幸せだと言えると僕は思います。



なので、「もっと!もっと!」と頑張る前に、マイナスを無くし、0をちょっと頑張って1にする努力をすると、意外と簡単に幸せになるんじゃないかなあ?



どう思います?(笑)




[PR]
by hairhana | 2018-01-27 09:28 | hanaのひとりごと | Comments(0)
〜みさきの日常〜「サウナサイコ〜!!」
突然ですが、皆さんは自分の身体が疲れてるなぁ〜と感じ始めた時、どんなことをして解消されてますか??

好きな運動して汗をかいたり、マッサージしてもらいに行ったり等


様々な解消方がありますよね^^



そんな中でも 僕が一押しのオススメの疲労解消法がります!


それは……銭湯にもある 遠赤外線サウナです!



 
一般のサウナと遠赤外線サウナの違いとは!?!?


  


特徴は…①長くいても息苦しくならない!
(汗が出る感覚はドロドロよりサラッとした気持ちの良い出方でしたよ^^)

    ②身体の内部に赤外線効果で温熱が伝わりやすい!
(従来は表皮加熱のみで温熱が内部まで伝わりにくい…)

    ③低温(55℃〜60℃)のため肌に負担が少ない!
(一般のサウナが70℃〜110℃のため乾燥スピードが著しく早い…)


よく見る一般のサウナ 
a0037910_18125273.jpg
明らかに息苦しそうですよね…




体内の老廃物を出してスッキリしたいけど…


ただ、熱くて長くいられなかったり、逆にサウナから出たら脱水症になったりとか…返って我慢してスッキリしてるかも???みたいな事ないですか???


そ~んな悩みの方こそ 遠赤外線サウナです!

a0037910_18140877.jpg
熱くなさそうでしょ???


お時間あるときは、是非行ってスッキリしましょう!







[PR]
by hairhana | 2018-01-22 18:16 | ミサキのひとりごと | Comments(0)
ゆっくり来てね
a0037910_15512633.jpg
こんにちは!トモです。

いや〜〜雪☃ですね〜〜❅

「不要不急の外出は控えてください!」

と八王子の映像ばかり(23区よりも標高が高い)映してるテレビが判を押したように同じセリフを繰り返してる中、

学校帰りの子どもたちは楽しそうで、積もった雪を片手に「プチ雪合戦」を楽しんでいます。
a0037910_15512622.jpg
Hanaの店先も少し白くなってきました。

竹に雪が積もって思いっきりしなっています。

東北出身のミヨちゃんに言わせると

「この程度、雪が降ってるうちに入りませんよハハ(笑)」

だそうです。

それでも、雪に慣れてない東京の人は決して大股で歩かず、一歩一歩踏みしめて転ばないように気をつけてくださいね。

また、ご予約頂いてるみなさん、遅れてもかまいませんのでゆっくり安全に来てください。

それでも、Hanaは・・・
a0037910_15512695.jpg



[PR]
by hairhana | 2018-01-22 16:07 | hanaのひとりごと | Comments(0)
手作りの笑顔
a0037910_09271133.jpg
キッズたちに大人気の「コットンキャンディメーカー」(わた菓子機)。

髪の毛切った後にクルクルやるのが楽しみで来てくれてるキッズもいるよ。

「自分で作る」って楽しいよね。

甘ぁ〜い香りにつつまれて帰りはみんな笑顔(^O^)

[PR]
by hairhana | 2018-01-20 15:59 | <<Hana News>> | Comments(0)
今も昔も
a0037910_12005735.jpg
「今どきの若いもんは」

「時代が違う」

「マニュアル世代」

「教育のAI化」

とか言うけど、「真理」はそんなに変わりませんね。

[PR]
by hairhana | 2018-01-19 12:03 | hanaのひとりごと | Comments(0)
初!韓国1人旅!!
アンニョンハセヨ!ミサキハムニダ!!

昨年の12月、美容師としてはクソ忙しい真っ最中に韓国一人旅をしてきました!

最初に韓国に訪れたのが、

通称 眠らない街と言われてる。
↓    ↓
弘大(ホンデ)


a0037910_20084123.jpg



この街に来てる子やお店の店員も10代~20代が多く若い子たちの活気が溢れていて

何だか日本でいう原宿といっていうような所でで古着、雑貨類が盛んな名所だと思います。^^

毎年3月~11月の毎週土曜日のお昼には弘益公園では「弘大 フリーマーケット」が開催されてます!!個人で作られたユニークなアイテムが出店されてるとか!!


その後には…

東大門と南大門に向かいました!



Q1, そもそも…東と南の門が違うだけで、そんな変わるの??!


簡潔にいうと…


・東大門は

日中~明け方まで営業している店が多く「不夜城」とも呼ばれていて

24時間営業している大型モールや百貨店が数多くあり、特に夜になると人が賑やかになり活気あふれる場所が東大門です!

a0037910_20084161.jpg




・南大門は

とにかく安く食材や日用品が手に入るのと小さい屋台が多くあり、

結論!安さ重視で、ご飯を済ませるのであれば南大門ですね!


a0037910_20084157.jpg




それから…

もう一つ訪れたのは僕がソウルの中でも一番オシャレだと思う 新沙洞・カロスキル!!!


a0037910_20084170.jpg



ここは、日本の青山や代官山に似て所々にカフェや喫茶店が多くあり、並木通りもお洒落で大人の雰因気が味わえちゃうような場所だと思います!^^




本当に今回1人で行ってみて現地の人達と韓国語で喋れたらもっと楽しいんだろうなと感じれて、また行きたいと思えました!^^


最後に…

12月中のソウルは 平均ですが最高気温3℃ 最低気温-5℃。 風が冷たいので最低限
手袋 マフラー マスクは、していきましょう。お肌を少しでも出してると冷気が入り込んで
「さむぅぃいいいい!!!」ってなりますので…ぜったああい!防寒具は、しっかりしてくださいね!!あと、多くの店内は韓国語が話せなくても英語が通じますの安心してくだい!


韓国(ソウル)へ行くときは、僕が現地で使っていた旅の本をお貸ししますので、僕に言ってくださいね!^^







[PR]
by hairhana | 2018-01-18 20:11 | ミサキのひとりごと | Comments(0)
I Love You♡
a0037910_10214054.jpg
おはようございます。トモです。

今日はちょっとだけ暖かい東京です。

お客様からヘアカットの後、「写真を撮って欲しい」とのリクエストが多いので店内にフォトスポットを作ってみました。

今回は2月14日のValentineDayにちなんで、ブラックボードに世界の国の

「I Love You♡」

で♡型を作ってみました。

どうぞご利用くださいね♡もちろん、

シャッターは僕たちが押しますからネ(笑)





[PR]
by hairhana | 2018-01-18 10:27 | <<Hana News>> | Comments(0)
助かる準備、助ける準備
a0037910_16234407.jpg

23年前の今日、阪神淡路大震災がありました。

兵庫に住む叔母は直接ではありませんが、避難場所で風邪を引き、肺炎にかかり他界しました。

今朝も様々なメディアで報道されてますが、

「この日を忘れないように」

というテーマで誰もが「防災意識の再確認」を考えたと思います。

「身を守る」ことは何よりも大切なことです。

それともうひとつ、「自分が無事だった場合、なにをするか。」ということも考えておくといいかもしれません。

そこに知識がないと善意で物資を送っても無駄になったり、逆に迷惑になったりすることもあります。

ボランティアも「ただ行くだけ」だと現地の方の足を引っ張ることになったりもします。

せっかくの善意が無駄になると「もういいや、や〜めた!」となるのはもったいないですね。

後、「どうしていいかわからない」、「誰かがやるでしょ?」もちょっともったいないですね。

小さくても「行動を起こす」ことが大切なんだと僕は思います。

a0037910_16275692.jpg

Hanaのお隣のケーキ屋さん「Toshi Yoroizuka」のシェフ、鎧塚俊彦さん(トシさん)は、当時、まさに神戸で働いていました。

朝、6時前、激しい揺れで目が覚めたトシさんは今までにない異常な揺れで「これはただごとではない」と思い、着替えて職場に向かいます。

向かう途中で建物が倒れたり、人が怪我をしてたりして、その惨憺たる現状に驚いたそうです。

職場までの道のりに瓦礫に挟まってる人を助けたり、手を貸したりして、なんとか職場に辿り着いたそうです。

当時、トシさんが勤めていたホテルのレストランは無事で、それから、あるだけの小麦粉を使ってパンを焼いて不眠不休で近くの病院に届けたそうです。

トシさんが言うには、当時、自治体の命令系統もはっきりしてなくて、誰が責任者で、誰が指示をだすのか全くわからず、結局、トシさんが仕切って食料の配布をしたそうです。

結局、待ってても何も始まらない、自分から動く。僕はこの行動力を見習いたいといつも思っています。

そして、助かる準備も必要ですが、助ける準備も大切だと。

有事の時こそ、それぞれが自分のできる事をして支えあう。そんな準備を観直すいい機会だと僕は思います。

a0037910_16271114.jpg





[PR]
by hairhana | 2018-01-17 16:30 | 大好きな人 | Comments(0)
「出会いがな〜〜い!」
a0037910_15310430.jpg

「出会いがな〜〜い!」

と言うセリフをよく聞きます。

学生時代に比べ大人になって、特に就職するとそうそう人と出会う機会は少なくなりますね。

配属された部署が同性ばかりだったり、既婚者ばかりだったり。

さらに学生時代は上と言ってもせいぜい2〜3年程度ですが、会社だと10年以上キャリアの差があると、同世代の人が心許なく映ってしまいます。

多くの人が出会いを求めているのは、どれだけトラブルがあっても出会い系アプリが、無くならないのを見ればわかります。

ちょっと前は「街コン」など「〇〇合コン」と名のつくイベントが人気で結局、主催者が儲かって参加した人も提供した店も惨たんたる結果だったのは廃れた今だからわかることです。

他にも「飲み会」や「お見合いパーティー」、「紹介」とど定番な出会いもありますが、今ひとついい結果が出ないのには共通な理由があります。

それは「他人任せ」だからです。

「じゃあ、どうすりゃいいの?」

となるのですが、意外と簡単です。

「苦手なことをやってみる」ことです。

例えば、運動が苦手な人がフットサルを始めるとします。当然、リフティングはおろかドリブルも出来ないわけですから、「できる人に教わらなくては」いけません。

できる人はできない人には喜んで教えてくれます。それも手取り足取り。

「わからなかったらいつでも聞いて♡」

と、連絡先も向こうから教えてくれます。

教えてくれる人は基本優しいです。

優しい人は嫌いですか?

ね。

これは何もスポーツだけではありません。

行った事のない場所や店に行って道を聞いたり、その街のオススメの場所を尋ねると、いろんな人が優しく教えてくれます。

例えそれが恋愛に繋がらなくても、話しかけるコミニケーション能力が自然とつきます。


「はじめてのおつかい」の子供みたいに頑張りましょう(笑)


そして、気に入った店や気に入った人と出会えばお礼がてら2度目に行けばOKでしよ?

行きつけの店や仲のいい友達と会うのは気も楽ですけど、それだけじゃあ今までと何も変わらない。

人の数だけ出会いがあって、実は出会ってないのではなくて、「関わってない」だけかも知れませんね。 

もちろん、出かける前にHanaでキレイにしてからね♡


おしまい

[PR]
by hairhana | 2018-01-16 13:57 | hanaのひとりごと | Comments(0)