人気ブログランキング |

hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
プレゼント
オススメ Link
最新のコメント
ぼこちゃん へへ〜、バ..
by hairhana at 10:59
> HANAっ子さん ..
by hairhana at 18:06
今回はアヤコちゃんは一緒..
by HANAっ子 at 12:27
> 懐かしくて懐かしくて..
by hairhana at 13:53
今からはや40年前、私も..
by 懐かしくて懐かしくて at 21:54
ブログパーツ
検索
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1616)
(1610)
(1609)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2014年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
やさしいひかり☆
a0037910_13390531.jpg
Hanaは「あかり」にこだわっています。
たいてい、美容室は壁が白でまばゆいくらいの青い傾向との光が降り注ぎ、昼間のような店内に無機質な空間。

昔、「お客様が絵で、サロンはキャンパス。だから無機質な方がお客様が映える」と言われたことがありますが、それは、そのお客様を見る「第三者」の目線であればそうかも知れません。

キャンパスと違ってお客様は生きています。
仕事や学校や家事や育児の忙しい合間を縫ってサロンに来てくれます。
仕事帰りに来た人は、疲れて、足が棒のようになってしまってたりします。

a0037910_13390645.jpg
蛍光灯の「青い光」は勉強や作業をしたりするの適してるそうです。
でも、美容室に来てまで仕事をする人はそうそういません。
どちらかと言うとリラックスしてくつろぎに来る人のほうがほとんどです。

「青い光」は脳が昼間と勘違いするそうです。
なので、夜寝る前にテレビやパソコンの青い光をずっと見てると脳が勘違いを起こして眠くならないことがよくあるそうです。

a0037910_13390528.jpg
「白熱灯」は太陽光に似せた「直流電流方式」と呼ばれて「交流電流方式」の蛍光灯と比べて眼精疲労、集中力、集中・快適性、ストレスのすべての面において、直流白熱灯が優れているそうです。
人間は太陽光の連続した光に身体が慣れているので、一般の蛍光灯ではチカチカしたちらつきを感じ取って、視覚神経の補正機能が働き、体全体の疲労の原因となって、目だけでなく、身体まで疲れてしまうそうです。

だから蛍光灯の灯りで勉強をするよりも、裸電球の白熱灯の灯りで勉強をした方が集中力も上がり勉強もはかどるんですね。

a0037910_13390575.jpg
カットだと約1時間。
パーマやカラーだと2時間。
みなさんが美容室で過ごす間、雑誌を読んだり、僕たちとお話をしたり、温かい飲み物を飲みながらくつろいだりされます。
その時に、なるべく優しい灯りでくつろいでもらえればいいなあ。


a0037910_13390600.jpg
Hanaの照明のひとつひとつに「顔」があります。
ランプシェードもいろいろで、同じ電球でも光の放ち方が違います。
主に東南アジアの手作りのランプがメインになります。

それらが優しく光を灯して、みなさんを暖かくお迎えします。
どうぞ
「ねむたくなったら、ねてください」
a0037910_13390516.jpg
恵比寿 美容室 ヘアーハナ
中西トモミチ

by hairhana | 2014-03-06 16:04 | <<Hana News>> | Comments(0)
ファジーな時間
a0037910_08511357.jpg
僕の家の時計は「ゼンマイ式」です。
一度巻けば1週間ちょっと動いています。

ふと、見るとあらぬ時間で止まっているので、ネジを巻いてやります。
時間は針を指でクルクル回して合わせます。
「4分」ほど早めにします。「5分」だと頭の中で「5分の時差」が想像できるので4分にしています。

朝は早起きで、出勤もかなり余裕を持ってするので、時間に追われることはありませんから、「チラッ」と見る程度でいい感じです。

「カチ♪カチ♪カチ♪」

とリズミカルに時を刻む音がBGM代わりに生活をしています。
1時間毎に

「ボーン!♪」

とチャイムが鳴るのですが、最初は「ビクッ!」としていましたが、今はその音すら心地よく感じます。

Hanaではお店に「時計」がありません。
「リゾートホテル」がテーマなので、時間に追われて欲しくないのであえて設置してないのです。
そして、僕たちスタッフも時計はしてません。
大切な人とお話するとき、時計を見るのは失礼だと思うからです。

携帯電話を持つようになって、腕時計をしなくなりました。
デジタルな時計は寸分違わず正確な時間を僕たちに教えてくれます。
「10時」と言えば誰の携帯も10時を表示しています。
そこに「ゆとり」はありません。

せめて家の中くらいは「アナログ」でいたいのです。
「時は金なり」と一分一秒もとても大切です。
でも、僕は4分と時計の止まった時間をちょっとだけ楽しんでいます。

今日は火曜日でお休みですが、お休みにしか出来ないことがてんこ盛りで、朝からバタバタしています。
家に変えるのは日が暮れてからでしょう。
それでも、帰ると、この時計が優しく時を刻んで「ファジーな時間」で僕を包み込んでくれます。

おしまい

恵比寿 美容室 ヘアーハナ
中西トモミチ

by hairhana | 2014-03-04 09:07 | hanaのひとりごと | Comments(0)
はっぴーまいばーすでー
a0037910_1429272.jpg



こんにちは!こんばんは!おはようございます!みよです^^

ともさんのブログの方でもありがたくも紹介いただいたのですが、先日2月28日に誕生日を迎えました!!
正式には29日生まれなので次は3年後なんですが、今年はその日がないので28日です♡


当日は日中は通常営業のお仕事をしたのですが、夜にはお誕生日会を開いていただきました。


すき焼きパーティーです♡
企画をしてくださったともさん、あやちゃん、美由紀さん、吉原さん本当にありがとうございました!!!!


そのほか、今回もたくさんのお客様にもお祝いしていただいて、お花やプレゼントをわざわざ購入してお店にまで届けてくださってこの何日間は驚きの連続でした♡

本当にみなさんありがとうございました!!


多分人生で一番お祝いをしていただけた年なんじゃないかと思います。




去年の誕生日から1年。また、たくさんの人と出会ってたくさんの経験をしました。



お仕事では自分を頼って来てくださるお客様がいてくださることへの喜びをさらに実感することが多い年でした。


プライベートではこの歳にして大切にしていきたいと呼べるかけがえのない友人に出会うこともできました。



よく女性は歳を重ねると「いやいやもう私なんて歳だから・・・」と言う方が多いですよね。
もちろん若い人の方が色んな意味で【出来ること】が多いと思います。


例えば、肌の質感やハリで化粧のノリも違ってくるし、着る洋服の幅も広いです。スポーツだってばんばん出来ちゃうし、若い!!ってだけで全てがカバー出来る事が多いですよね。


お客様の中でも「○○のような髪型や雰囲気はどうですか?」と問いかけると「私がそんな○○な感じのものなんてもう似合わないわよ」と言う方がいらっしゃいます。


でもまったくそんなことはありません!!!!
むしろ、そこを引き出すことが私の仕事であって喜びでもあるんです♡



実際にその感じに仕上げると、ちょっと照れながらもとっても嬉しそうにしてくださいます^^



それ!!!!!そこなんですよ!!!!!!



みなさん「わたしなんてもう・・・・」


って言ってはみるもののやっぱりいつまでも素敵でいたい♡って言うのが本音だと思うんです。



今回の自分の誕生日のお祝いを友人がしてくれた時に話しをしてくれた素敵な内容があります。


オードリーヘップバーンのお話・・・

ある日、歳を取った彼女がテレビに出た時にファンの人たちから「出て欲しくなかった」みたいなことを言われたらしく、でもそんなファンの人たちにヘップバーンは、

「確かに私の顔には歳を重ねてシワが増えたかもしれないけれど、それでも私はこのシワの数だけ優しさを知りました。だから若い頃の自分より、今の自分の顔のほうがずっと好きです。」


と言ったそうです。



素敵ではあるけれど、こんなこと自分に自信のある人にしか言えない台詞。

なんて思う人もいるでしょう。


だけど、私はこのことを聞いて純粋に素敵なことだな♡って思いました。


歳を重ねることにマイナス要因を向けるのではなく、むしろそのことを堂々と言えることって良いなって^^
いつでもお気に入りの自分でいられること。おばあちゃんになったときの自分が好きでいられること。

そんな風な生き方をしていきたいなと思いました。



今年で私は30歳になりました。

ハナにきて丸5年。
ちょっとは大人の女性になれたかな^^??



「みよちゃん素敵ね♡」


って感じてもらえるように、自分自身でも言えるように、これからもたくさんの経験をしていきたいです☆


今年1年もそんな私をよろしくお願いします^^


a0037910_14291265.jpg

by hairhana | 2014-03-03 14:29 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(2)
「一人前」になるには・・・
a0037910_12044260.jpg
よく、お客さんに
「美容師さんて、どのくらいで『一人前』になれるの?」
って聞かれます。

答えないわけにもいかないので

「頭の中に描いたデザインを思い通りに作ることが出来たくらいですかねえ?」

と曖昧な答えになってしまいます。
何故かと言うと、僕自身がまだ「成長」してる実感があるからです。

故郷、広島で6年間美容師をやって「そこそこデキる」と自分で思い、
「けっこう、いい線いってるな、オレ」
と思った僕が東京に出てきて、自分レベルの「いい線」の美容師さんが掃いて捨てるほどいることにショックを受けました。

なので、初心に戻ってがむしゃらに頑張りました。
それでも、もっとすごい人はたくさんいるわけで、
今はインターネットで日本中の美容師さんの情報が入ってきて、チェーン店や原宿の有名美容室なんかよりももっと勉強や研究している地方の美容師さんもいます。
それも、僕より年上で引退して悠々自適な生活を送ってもいいような美容師さんが、日々、研究を重ね、新しい技術や薬剤を生み出してたりします。
それに比べると僕なんか「まだまだ」で、勉強させていただいてる立場です。

デザインも毎年流行は変わるし、日々新しいデザインにトライしていると、「立ち止まって」いると、あっと言う間に追い越され、取り残されてしまいます。

もしかしたら「一人前」という言葉は「落とし穴」で、そう思ってしまうことで成長は止まり、大きく後退してしまうのかもしれませんね。

ミヨちゃんも成長して、指名のお客様も増えました。
僕もうかうかしてられません。
キャリアにあぐらをかいて取り残されないよう頑張ります。「一人前」を目指して・・。

「いばる男の人って、要するにまだ一流でないってことなのよ。」
〜オードリー・ヘップバーン〜

だから、美容師はやめられません。

恵比寿 美容室 ヘアーハナ
中西トモミチ



by hairhana | 2014-03-03 12:22 | ヘアのお話 | Comments(0)
漂流しないために
a0037910_14523475.jpg

3月になりました。
受験も終わり、学校も終わり、新しいステップに心がワクワクしてる新卒者のみなさんも多いことだと思います。

特に社会人になる人は、20年近く守られてきた「学校」というモラトリアム(さなぎ)からソテに出て「勝負」をしなければいけません。
今まではお金を払って授業を受けてきた、言わば「お客さん」の立場から、お金を頂く側になるわけですから、立場は180度変わります。

この春から、美容師さんになる人もたくさんいると思います。
子供の頃から憧れてた人、
おしゃれに目覚めてから「カッコイイな〜」と思った人、
自分の腕一本で勝負したい人、
「美容師」って仕事は誰もが「夢」を抱いて選ぶ仕事だと僕は思います。
誰一人として、「強制されて」とか「いつの間にかなっちゃった」って仕事ではありません。

それでも、いざ働いていると「???」って思うことがあります。
自分の思い描いていた「美容師像」となんか違う。
もっと楽しくて、オシャレで、カッコイイ仕事なんじゃないの?

実際やってみると、やらされる仕事は日がな一日、床を掃いたり、片付けたり、タオルやロッドを洗ったり。
気が付くとあっと言う間に一日が終わります。

仕事が終わって、遅い時間から練習を始め、先輩に怒られたりため息をつかれたり。
学校では「ちょっとデキるやつ」と周りから一目置かれていたのになんで?
それがプロとアマの違いです。

仕事は楽しいのに、職場の「人間関係」に苦しむ人もいます。
大きな店だと「派閥」やら「いじめ」とかもあります。
先輩から理不尽なことを言われたりもします。

働いてる美容室が使ってるシャンプーがひどいと「手荒れ」に悩みます。
手がカサカサになり、「ゾウの手」みたいになって「横」でなく「縦」に切れます。
毎日毎日、寝る前にハンドクリームを塗って手袋をして寝て、また次の日にカサカサになる。
まるで、賽の河原に石を積み上げて鬼に壊される亡者のように。

就職して3ヶ月が経つ頃、「辞めたく」なったりします。

「自分に合ってないんじゃないか?」
「このままでいいのだろうか?」
「こんなはずじゃなかったのに・・」
「このままじゃ倒れちゃう!(もう何度か倒れたけど)」

いろいろ悩んで辞めてしまうことがあります。
もちろん、劣悪な職場環境だったり、くだらないイジメだったり、全く練習もさせてくれなかったり、する店もあるので、「我慢」や「根性」だけでは乗り切れない場合もあります。

僕がお願いしたいのは、そうして辞めた後に「美容師以外」の仕事を選ぶ人がいます。
もちろん、美容師という仕事に絶望して、他にやりたいことが見つかった人で、もう二度と美容の世界に戻らない決心をした人はいいのですが、「ワンクッション」置いて「リハビリ」のつもりで美容から離れるのはやめたほうがいいと思います。

どの仕事であれ、辛いことはたくさんあります。
上記の「理不尽」なことも、他の業界だってあります。もしかしたら、もっとひどいかもしれません。
よく、Hanaでも面接に来てくれる人の中に

「一度辞めて、他の仕事をやったんだけど、やっぱり美容が好きだなあと思ったので、また美容師を始めたいんです!」

と言う人がいますが、おおむね、そういう人は美容師として「大成」しない場合が多いです。
一度「逃げて」しまうと逃げる癖がつきます。
同じように辛いと逃げてしまいます。
まるで行き場を失って漂流しているように・・・・

もし、今働いているサロンが辛くて、壊れそうになって、辞めてもかまいませんから「美容師」からは離れないでいてみてください。
「本当に好き」というのはそういうことです。
そして、逃げなかった自分を誇りに思える時が必ず来ます。
そんな人にヘアデザインを任せられるお客さんはきっと幸せですよ。

僕はずっとその幸せの側にいます。

自分で逃げてしまうと「助けてぇ〜〜!」と叫んでも誰も助けてくれません。
a0037910_14523431.jpg
恵比寿 美容室 ヘアーハナ
中西トモミチ

by hairhana | 2014-03-02 18:12 | ヘアのお話 | Comments(0)
今日もおめでとう♡
a0037910_11004699.jpg
2月29日の誕生日のミヨちゃんは、うるう年以外の年では誕生日が来ません。
なので、今年は無し!
と、いうわけには、本人ではなく、周りの人がそうさせてくれません。
なので、2月28日と3月1日にまたがってお祝いがあります。

今日(3月1日)は仲の良いお友達とホームパーティーの予定だそうで、
僕たちは前日の28日をいただきました。
身内だけの極々ささやかなお祝いでした。

a0037910_11004645.jpg
「何食べたい?」
の質問に二つ返事で

「すき焼き!」

のリクエストだったので、すき焼きパーティーになりました。
もちろん、調理は僕(トモ)がやらせていただきました。

a0037910_11004681.jpg
プレゼントは、なぜか、みんなしめしあわせたかのように「健康グッズ」。
トモは「快眠枕」
文子は「低周波治療器」
美由紀さんは「入浴剤」
吉原くんは「バスウォッシュ」

疲れて家に帰って、入浴剤を入れたお風呂に入って→ステキな香りのバスウォッシュで体を洗い、→低周波治療器でマッサージして→快眠枕でぐっすり眠る。
「黄金ライン」が出来上がりました。

今朝、聞いたら
「いつもは背中が痛くて起きられないんですけど、今朝は楽でした〜♡」
うん、良かった。

お客様からステキなお花のプレゼントもありました。

a0037910_11004608.jpg
ケーキは広尾の「こぬれ」さんで美味しいケーキを頂いて、「おみやげ」にこれまた絶品のプリンをお持ち帰りいただきました。

みんな、口々に
「美味しかったね〜♡」
「楽しかったね〜♡」
と楽しい時間が過ごせました。

誕生日って、「祝ってもらう喜び」もありますが、それ以上に「祝う喜び」もあるんだな〜と、改めて感じました。

ミヨちゃん、「今日も」おめでとう。

嬉しそうでしょ?
a0037910_11004680.jpg
恵比寿 美容室 ヘアーハナ
中西トモミチ

by hairhana | 2014-03-01 11:45 | 大好きな人 | Comments(0)
砂の国の思い出
a0037910_08061370.jpg
中東(サウジアラビア)に旅行に行った。
情勢が不安定なので、あるエリアに連れて行かれ、ここなら大丈夫だからと自由行動。
最初は友達といろいろ回る。見たことのない食べ物やおみやげ品がいっぱいで楽しい。
セクシーなダンスのショーに見とれてると仲間とはぐれる。
バスの場所は知ってるから、ま、いいやと一人で歩いていると、20代のころ付き合っていた彼女とばったり遭遇。全然変わってない。

向こうも驚いてたけど、なんか自然に話ができて、ちょっとホッとした。
「結婚してんの?」
と聞こうとしたが愚問なのでやめた。
しばらくとりとめのない話をしながら歩いていたら「ゴーカートのりば」があって、乗ることにした。砂漠の小さな砂が落ちてるコースは決していいとは言えないが、そのおかげでドリフトとができて楽しかった。

あまりに楽しくて時間を忘れていたら、ふと
「あれ?集合時間って何時だっけ?」
と思って急に不安になる。
彼女も「知らない」と言う。
足早にバスに向かって走ると、もうバスがいない。彼女のバスもいない。
完璧取り残された。

慌ててiPhoneを・・と思ったらバスの中!やべえ!
彼女に携帯を借りる。未だにガラケーだった。

自分の番号にかけてみる。友達が気づいてくれればいいのだが・・
でも、画面には見知らぬ電話番号。そうだ、オレがかけてるけど、オレの電話じゃない。
案の定、出ない。
頭の中で友達の携番を思い出すも、最初から覚えてない。
「090・・・・・う〜〜〜ん・・・・」
店にかけるも休み。そりゃそうだ。
空で言えるのは自分の番号と、家の番号だけ。しょぼいなオレ。

「だいじょうぶだよ。後で合流すれば。とりあえず、野宿は嫌だからホテルとろうよ。」

彼女の台詞は頼もしくでもちょっとドッキリ。
腹くくってとりあえず、歩いていたら「パンダショー」をやっていた。
そう言えば空港にでかでかとパンダの絵が描いてあったなあ。
中国も頑張ってんね〜。

そう言いながら頭の中では仲間と連絡取ることばかり考えていた。
だって宿泊先のホテルの名前も知らないのだから。

ふと、見ると、彼女がアラブ人にナンパされていた。
確かに彼女は中東系の美人顔で日焼けすればさらに「それっぽい」」からモテるんだろう。
急に嫉妬心がわいて、何十年ぶりにタバコを吸った。
ついでにその吸い殻をまつげの長いアラブ人に投げつけ

「てめえら、いい加減にしろよ!ゴルァあああ!広島県民なめんじゃねえ!こちとら原爆から立ち上がったんじゃぁあああ!」(オレじゃないけど)

と言ったら驚いてすごすご去っていった。
ホッとしながら
「やつらがまつげが長いのは砂が目に入らないようにするためだからかなあ?そしたら黄砂がバンバン飛んでる中国人もその被害にあってるオレら日本人もいずれまつげ長い星人になんのかなあ?」
と考えていた。

彼女が
「まあ、いいじゃない、そんなに怒んなくても〜」
と言うから
「おまえさ〜、昔から脳天気だよな〜。す〜ぐ、誰にでもニコニコして、連れ去られて売られたらどうすんだよっ!」
と言うと
「そっちこそ、心配し過ぎじゃない?わたし、トモさんの子どもじゃないんだからっ!」
と言い返された。昔から口喧嘩ではかなわない。

しょうがねえ。上野に行きゃあ見られるけど、中東でパンダでも見ていくか〜。
と腹をくくって入場料を払って入ると、そこは入り口とは全く正反対でショボイ小屋で真ん中に繋がれてるラクダに白と黒のペイントをしてあるだけだった。

「な・・なんじゃこりゃぁあああ!???」

と言いながら目が覚めた。
ちゃんと、「なんじゃこりゃぁあああ!??」と自分の声がした。

みなさん、せめて家族や親しい友人の携番くらいは覚えましょう。

「今日の夢」

by hairhana | 2014-03-01 08:07 | 旅日記 | Comments(0)