人気ブログランキング |

hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
プレゼント
オススメ Link
最新のコメント
> 鈴木様 コメントあ..
by hairhana at 18:56
この子を引き取った鈴木と..
by 鈴木 at 04:39
ぼこちゃん へへ〜、バ..
by hairhana at 10:59
> HANAっ子さん ..
by hairhana at 18:06
今回はアヤコちゃんは一緒..
by HANAっ子 at 12:27
ブログパーツ
検索
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1673)
(1667)
(1665)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2014年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧
19年前の今日
19年前の今日_a0037910_10233826.jpg
晴れた気持ちのいい朝でした。
その日は確か火曜日で僕たち美容師はお休み。
僕は当時勤めていた美容室のサッカーチームの朝練のため板橋のグラウンドまで行って、戻ってきて、
ちょうど、2日前に、友達が遊びに来て酔っ払ってベランダ側の窓ガラスを割ってしまい、午前中に修理が来るので9時位に新宿の家に戻ってシャワーを浴び、サッパリしたところで、修理業者さんが来てくれてガラスをはめ込んでくれていました。

ベランダの窓から差し込む日差しはその季節には暖かで気持よく、

「いや〜、今日は気持ちいいっすね~」

なんてのんきな会話をしながらも、なにげにTVをつけると

「バタバタバタ・・・・」

とテレビからヘリコプターの音がして、

「こちら、神戸上空です。あちこちで煙が上がっています!」

と神戸の様子を映し出していました。
テロップには「神戸で大地震!」と出ていて、次いで「死者十数名!」と出ていました。

「ありゃりゃ、神戸大変なことになってますね〜」

なんて軽い気持ちで話していたら、あれよあれよと言う間に死者の数が増えて、被害の報道もとんでもない数になってきました。
その頃には、窓ガラスの修理も終わって業者さんが帰る頃には

「な・・なんか、と・・とんでもないことになってますね・・」

に変わっていました。
業者さんを見送ってすぐさま兵庫の叔父の家に電話するもつながらず、
広島の親戚に電話してもやはり、兵庫とはつながらないと言われる。
結局、その日は一日中テレビを見て心配するしかありませんでした。

しかし、途中で新宿に買い物に行くも街はいつもどおり賑わっていて、時折家電量販店の前に置いてあるテレビで地震を映しているのを道行く人が足を止めて見てはまた立ち去っていく、まさに「対岸の火事」のようでした。

結局死者は6,434名、行方不明者 : 3名、負傷者 : 43,792名という大きな数字になり、
僕の叔母は避難していた先で風邪をこじらせてしまい、肺炎でなくなりました。
平時なら病院で手当してもらって助かったのかもしれませんが、あのパニックのさなかの出来事なので、同じように、普段ならなんでもない病気や怪我で命を落とした人も多かったのだと思います。

また、直接、被災で亡くなられてなくても、財産や家族を失い、失望して自ら命を落とした人も多いと聞きます。
そして、復興に関わった数多くのボランティアの人や義援金を寄付した人たち。

地震で揺れた時間はものの十数分。
テレビ番組で言うと1コーナ程度の時間が人の運命を大きく変えてしまう。
あの東北の地震の時、遠く離れた東京でも、スーパーや小売店では物が無くなり、、いつもではありえない金額で日用品が売られ、
それらを我先に買い求める人がいたり、おかしくなった人もたくさんいました。
「震災婚」と呼ばれ、慌てて結婚したカップルもいますが、その後猛スピードで離婚したカップルも多かったとか。

同じくして、「便乗商法」や「よくわからない義援金」、政治家ですら、「復興財源」と称して、意味のないものに使い、自分たちの至福を肥やしてしまいます。

大切なのは、なにかあった「その後」の行動。
不安になり、不便になり、平時なら譲り合えるものも奪い合い、求め合ってしまう。


19年前の今日、阪神淡路大震災が起こりました。
仮設住宅も無くなって、街も綺麗になりましたが、まだまだ苦しんでいるひともいます。
先だっての東北の地震は未だ原発事故は収束せず、それでも政治家は原発を作り、海外にも売ろうとしています。

僕たちは、そこからなにかを学ばなくてはいけないと思います。
そのためには避難袋や食料などの「準備」ももちろん必要ですが、なによりも「心の準備」が必要だと僕は思います。
それは自分だけでなく、周りの人にも手を差し伸べ、あらゆる自体を想定して、「自分ができること」をやるシュミレーションをするべきだと思います。

ひとりひとりの力は小さくても、集まれば、シェルターに避難して、安全な場所で偉そうに言っている人たちの何十倍も役に立つと思いますから。

震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、これから起こるかもしれない大きな災害に自分が少しでも役に立てればと心から思います。



by hairhana | 2014-01-17 14:48 | hanaのひとりごと | Comments(0)
花を買ったら・・
花を買ったら・・_a0037910_11374986.jpg
みなさんのお部屋に花瓶はいくつありますか?

一人暮らしだと意外と『持ってない』ひとも多かったりします。
実家ぐらしの人なら『仏壇』にお花が飾ってあるくらいかもしれません。

花を見て気持ちが悪くなったり、怒ったりする人はいません。(中には苦手な香りの花もあると思いますが)
昔からお祝いごとには花が欠かせません。
お葬式にを飾りますが、あれは「ヨーロッパの習慣」だそうで、元々、菊は天皇家の紋にも使われる高貴な花で、葉や茎が枯れても花は長持ちするとてもいいお花です。

花はいつも『幸せの隣』にあります。

僕はお部屋に『花を飾る』ことをおすすめします。
『華道』の経験なんてなくったっていいんです。
逆にそうなるとお金がかかりますから。

仕事帰りや休みの日に、『近所の花屋』に足を運んで『今の季節の花』を一輪買うだけいいんです。
たいてい100円〜200円で買えますから。
ペットボトルのジュースを買うのとあまり変わりません。
お花はたいてい1週間くらい保ちますから週に一回としても月に1000円もかかりませんから。

花瓶も最初は『空き瓶』でもなんでもいいんです。
花瓶じゃなくても水が張れればコップや器だっていいんです。
先ずは『花を飾る』ことが大事なんです。

『花瓶』から始めると『花瓶に合わせた花』を買うので、欲張ってちょっと大きめの花瓶を買ってしまうとお花の量も増えて大変になり、長続きしません。
一月は「あり合わせ」の花瓶にしてください(紙コップでもいいです)

あくまでも最初は『お花を買う』ことから初めてください。
そうすると、そのうち「こんな花瓶が欲しいな〜」と思うようになりますから。
最初はやはり「一輪挿し」がオススメですね。

一輪挿しなら、育てた花をチョンと切って生けても可愛いですね。
花を買ったら・・_a0037910_11380085.jpg

そして、それを1年続けてみてください。
すると、いつの間にか「花の名前」を覚えます。
そして、「季節」を感じることができるようになります。

それから「花を知る」ことを覚え、実はクリスマスの「ポインセチア」は寒さに弱いことや葉を赤くするためにはけっこう大変だってことがわかります。
さらに、そのお花の「花言葉」も覚えちゃったりするともっと楽しいです。

そこまでくると、今度は「お花をプレゼント」するようになります。
「花言葉」を添えると、「メッセージ」にもなります。
いくつかの花を組み合わせるとまるで「謎解き」のように楽しめます。
そして、その花をプレゼントされた人がまた、お花をお部屋に飾るきっかけにもなるかも知れません。

慣れてくると「鉢植え」も楽しいですよ。
「切り花」もいいですけど、鉢植えは「育てる」楽しみがあります。
花が終わって、1年経った時、また花をつけてくれると、とっても嬉しくなります。
水をやりすぎてもいけないし、あげなさすぎてもダメ。
難しいお花もありますが、人と違って花は「文句を言いません」から。
その代わり、よ〜く、見て(観察)あげないとね。

忙しい一日が終わって、部屋に帰ってきた時、かわいいお花が

「おかえり。今日も頑張ったね」

と小さい花びらを広げて待っててくれたら、ちょっと幸せを感じませんか?
花を買ったら・・_a0037910_11380093.jpg

恵比寿 美容室 ヘアーハナ

by hairhana | 2014-01-16 11:45 | オススメ | Comments(0)
「ブス」にならないために
「ブス」にならないために_a0037910_06395005.jpg
僕たち美容師は、日々、訪れる人を「キレイに」「もっとキレイに」します。
お手伝いできるのは、主に「首から上」の部分です。
みんな自分の「コンプレックス」を探すのが上手です。
特別な秤でも持っているのでしょうか、「自分より」を見つけるのが上手で、その都度コンプレックスの引き出しに詰め込んでいきます。

とりあえず」、テレビで紹介している美容法や雑誌やCMで大々的に売り出してる化粧品を試します。
とりあえず、塗りたくって、さらに、洋服からアクセサリー、靴やバッグの武器(アイテム)でコンプレックスと戦います
他人から見ると

「あんた、十分キレイだよ〜」

と言われても、他にもキレイな人がたくさんいます。
ともすれば「若さ」というどんな高級ブティックにも売っていない最強のアイテムと戦うには「若い子」が持っていない「高級ブランド」で対向するしかなかったりします。

ぶっちゃけ、バッグがすごくても、みんな褒めてるのはバッグなのに。
指輪もあまりたくさんつけすぎると、そのキラキラした石の隙間から見えるしわくちゃな手の方が目立ったりしますね。

なにごとも「バランス」が大切ってことですね。
僕は、カラーも、パーマも、カットも、「その人ありき」で提案しています。

いくら流行ってるからといって、「オークル系」の「乾燥肌」の人にピンクなどのパステルカラーのカラーリングはすすめません。
逆に、透き通るような白い肌の「ブルー系」の人に、いくら「明るくしたい」と言われても「茶褐色」や「黄色」のカラーをしてしまうと、ただのヤンキーか傷んだ髪の毛にしか見えませんからおすすめしません。

パーマだって、カットだって、同じことです。
「全部任せろ!」
とは言いませんから、しっかり相談してみてください。(Hanaでは無料ですから)


知ってる人も多いと思いますが、宝塚の舞台裏に貼ってあるという「ブスの25箇条」というのがあるそうです。
ここにあるのは全て「見かけ」や「容姿」のことではありませんが、このことと「反対」のことを実行すると、自然と「表情」や「態度」、そして「立ち居振る舞い」に現れますから、結果、「見かけ」や「容姿」が良くなるわけですね。

いくら、僕たちが、カットやパーマ、そしてカラーやメイクで「首から上」をキレイにしても、高級ブランドを持っていても、これが守れないとやはり「ブス」になってしまうかもしれません。

とはいえ、時々忘れたり、ネガティブな気持ちになったりしますから、その辺は大目に見て、時折チェックするくらいでいいんじゃないでしょうか。

それらが出来れば、もしかしたら僕たちの仕事はいらなくなっちゃうかもしれませんけど、まあ、「さらに磨きをかける」という意味で、どうか、利用してやってくださいね。

今日は、東京でも雪が降るかもって言ってましたから、みなさん、暖かくしてお出かけして、時間ができたらHanaに立ち寄ってください。
暖かい部屋で暖かいゆず茶紅茶をご用意してお待ちしております。


「ブスの25箇条」
1. 笑顔がない

2. お礼を言わない

3. おいしいと言わない

4. 精気がない

5. 自信がない

6. グチをこぼす

7. 希望や信念がない

8. いつも周囲が悪いと思っている

9. 自分がブスであることを知らない

10. 声が小さくいじけている

11. 何でもないことにキズつく

12. 他人にシットする

13. 目が輝いていない

14. いつも口がへの字の形をしている

15. 責任転嫁がうまい

16. 他人をうらむ

17. 悲観的に物事を考える

18. 問題意識を持っていない

19. 他人につくさない

20. 他人を信じない

21. 人生においても仕事においても意欲がない

22. 謙虚さがなくゴウマンである

23. 人のアドバイスや忠告を受け入れない

24. 自分が最も正しいと信じている

25. 存在自体が周囲を暗くする


あなたはいくつ守れてますか?

by hairhana | 2014-01-15 09:08 | ヘアのお話 | Comments(0)
「じょうだんじゃねえ!」(成人式)
「じょうだんじゃねえ!」(成人式)_a0037910_09192469.jpg
お隣韓国は19歳、中国では18歳で選挙権、飲酒、喫煙可。

メキシコのベラルクス州では逆さ吊りにされて13回まわされるそうです。
「じょうだんじゃねえ!」(成人式)_a0037910_09243184.jpg
テレビでも有名な「バヌアツ共和国」では高さ30メートルの塔から足首に木のツルを巻いてバンジージャンプをします。
当然、けが人続出です。

「じょうだんじゃねえ!」(成人式)_a0037910_09274253.jpg
マサイ族は14,5歳でサバンナに狩りに出かけてライオンを仕留めると成人と認められるそうです。

「じょうだんじゃねえ!」(成人式)_a0037910_09310323.jpg
他にも
「熊を一人で倒して、巨大な爪を持ち帰る」(ネイティブアメリカン)
「牛糞を身体に塗って10頭の牛の背中を飛び歩く」(エチオピア)
「長さ3cmの虫を手袋に縫いこんでそれを手にはめて踊り明かす」(ブラジル)
「素手でサメを捕まえる」(パプアニューギニア)
「歯を削る」(バリ)

(NEVERまとめより)
大人になるって大変ですね。(笑)

TVをつけると今年の成人たちは「ゆとり世代」と言われています。
インタビューもその「ゆとりっぷり」を紹介するエピソードを並べて「打ち込まない」、「やる気が無い」、「夢がない」若者たちを写しだしてます。

「じょうだんじゃねえ!」

とかく大人は自分たちの「枠」にはめようとします。
自分たちの手のひらから外に出られると困るからです。
理解不能が怖いんです。
月を見て「うさぎの餅つき」に見えないと落ち着かないんです。

テレビも、自分たちが求める「画」を撮りたいので、誘導的な質問をするし、編集で自分たちが求める画だけを放送します。
それを観て、

「あ〜今の若い奴らはダメだな〜」

なんて、大人が思ったりしますが、もっとダメな大人なんてウジャウジャいますから。
逆に、未来のことを考えてる若い子もウジャウジャいます。

「オレら、ゆとり世代だから、ま、こんなもんでいいんじゃねぇ?」

なんて思わず、ガッツリ大人を追い越してやってくださいね。
僕ら大人も、負けないようにまだまだガッツリ頑張りますから。

環境問題やエネルギー問題等、ダメな大人が残した「負の課題」が山積みですが、
日本の、いや、世界の未来は君たちにかかっているから、「ダメだ〜」なんて思わず頑張ってください。
仮に、「今までダメ」でも、これからが「本番」ですから。
だって、みなさんには、大人が持ってない「時間」という名の「チャンス」がたくさんあるんだから。

成人のみなさん、おめでとうございます。

ようこそ!大人へ!



by hairhana | 2014-01-13 13:18 | hanaのひとりごと | Comments(0)
「Boy`s be desire!」少年よ!欲を抱け!

「Boy`s be  desire!」少年よ!欲を抱け!_a0037910_05210558.jpg

ミヨちゃんに

「今、なにが一番欲しい?」

と年末に聞いたら

ホットカーペットですかねえ〜」

と答えが返ってきて、結局、ミヨちゃんはお正月に帰省して実家の近くで格安でゲットしてきたらしい。

「今度は?」

と聞いたら

ブルーレイHDDレコーダーですかねぇ〜」


ミヨちゃんの家にはいわゆる「録画機」が無い。
本人はみたいドラマはパソコンで見たりするそうなので、一向に不自由は感じないのだが、大好きなアーティストのブルーレイを見ることが出来ない。
なので、ここは、やっぱり、一発買っておくか!と一念発起して、あれじゃない、これじゃないとメーカーと機種を調べて悩み中。
そんな姿をみてたら、僕も欲しくなり、一緒に、あ〜じゃない、こ〜じゃないと探し中。
目下、東芝のREGZAかパナソニックのDIGAの戦い。

そんな中、小学5年生の男の子がキッズカットに来た。
ミヨちゃんがかっちょよく、チョキチョキしてる間に、僕が

「ねえ、ねえ、クリスマスプレゼント、なにもらった〜?」

と聞くと、彼は

「いえ、なにももらってません・・。」

と答えが返ってきた。
ま・・まずいこと、聞いちゃったかな?もしかして、彼の家は母子家庭で、お母さんが女手ひとつで育てていて、クリスマスは、ケーキをひとつ買っても二人じゃ食べきれないので、奮発してお寿司を頼んで「クリスマス寿司」にして、それを食べて、プレゼントは学校で使う文房具で、しょうがないから、欲しい「ステレオ」は新聞配達のアルバイトで買って・・・・ってオレじゃん。(「別れた女」参照http://hairhana.exblog.jp/17293309/

「え?そ・・そうなの?サンタさん来なかったの?忙しかったのかなあ?」

とやんわりごまかしたつもりだったんだけど、

「いえ、別に欲しいものがないんです。」

と答えが返ってきた。

「へ?全然?」

「はい、だから、去年も一昨年も誕生日ももらってません!」

う〜ん・・・この子は神様なのか?
気を取り直して、

「ゲームとかは?ほら、スマホとかさあ〜」

「スマホは欲しいですけど、お母さんが絶対ダメだって言うんで。ゲームは前に買ってもらったんですけど、お兄ちゃんがいて、お兄ちゃんのゲームが壊れて、お兄ちゃんが「貸して」って言うから貸した、なんかおにいちゃんのになっちゃって・・・・

ええ子やぁ〜〜なんてええ子なんやぁ〜〜〜!( TДT)

かくして「欲のない子供」の出来上がり。
まあ確かに小学5年生でスマホはちょっとハードル高いかもね。

「スマホはゲームもインターネットも出来て便利だけど、悪い大人が、わからないように君の情報を抜き出して、一生かかっても払えないくらいのお金を払え!って脅してきたり、カワイイ女の子と出会ってラブラブぅ〜♡と思ってたら、実は話してたのは髭の生えたオッサンで、その後、これまら自分じゃ払えないくらいのお金を払え!って脅したりすることがあるから、最悪、脅されても自分でお金を払える年になるまでスマホは持たない方がいいかもよ。」

とフォローしておいた。
オレらも「ステレオが欲しい」って言ったって、結局「みんなもってるステレオ」はお父さんの(家の)だからねえ。

僕の子供の頃は「欲しいものだらけ」だったけどなあ。
もちろん、親が「ダメ!」ってものも多かったけど、それでも「欲しい!}はくすぶってて

「いつか、買ってやる!」

と欲望は「夢」に変わってましたけどねえ。
身近なものから、夢の様な大きなものまで。
とうてい親には頼めないもの(エロ本とか)なんかも
頭の中は「欲しい」でいっぱいでしたよ。
だから、こうして店も持てたんだと思います。

「無欲な子どもたち」が大人になると、仕事も「そこそこ」で、国政なんかも関心がなく、
「ほどほど」で生きていくと、確実に日本は沈没するな。

とその子が来るまで、ミヨちゃんと「東芝だろ!?」、「いやパナソニックも捨てがたいです!」と欲望まみれの会話を繰り広げていた、自分たちがちょっと恥ずかしい、外の風が冷たく吹きすさぶある日の出来事でした・・・。

「少年よ!欲を抱け!」


by hairhana | 2014-01-12 05:30 | hanaのひとりごと | Comments(0)
2014年太極拳教室始めます
2014年太極拳教室始めます_a0037910_17431956.jpg
年末、年始と、美味しいものはたくさん食べましたか?
そして、いっぱいゴロゴロしましたか?

もう、殆どの人が仕事が始まっていて、「正月ボケ」を徐々に戻すなんて、悠長なことは言ってられず、いきなり「トップギア」で働いてる人が多いと思います。
週末、Hanaに訪れる人はみんなお疲れ気味。

身体、なまってませんか?

動かしましょう!
でも、いきなりトップギアで運動すると、確実、怪我したり、どこか傷めてしまいます。
こんな時はゆっくり動いて体幹を刺激して、身体の中から温めるといいですよ。

2014年、明日(1・12日曜日)から「やさしいHanaの太極拳教室」始めます。

初めての人でも、簡単にできます。
足腰や膝が悪い人も椅子に座ったままで大丈夫です。

1,身体の硬さや、関節のきしみを取って、体幹をリラックスさせる運動
2,気功
3,太極拳
4,使い方(護身術)

までを丁寧に教えます。
こんな方におすすめです。

  • 内蔵の調子が悪い人(特に消化器系)
  • 冷え性の人
  • 激しい運動が苦手な人
  • 疲れがとれない人
  • なかなか寝付けない人
  • 肩こりや疲労がある人
  • 運動を始めたいがあまり得意でない人
  • ヨガをやってみたけど、身体が硬くてついてけなかった人
  • やりたいときだけ、思いついたときにだけやりたい人

2014年太極拳教室始めます_a0037910_17433158.jpg
まあ気軽に来てくださいよ。
朝の小一時間、ちょっと身体を動かすだけで脳も活性化して、一日が快適に過ごせますから。
むずかしいことは一切やらないから意外と簡単ですよ。
来たり、来なかったりでも大丈夫です。仕事じゃありませんから。

太極拳はスポーツジムとかでやるような「力を使う運動」ではありません。
重いモノ(バーベルなど)を待ち上げる運動は筋肉を破壊して新しく強い筋肉をつくるやりかたです。
それだと、ケガもしやすく疲れが溜まってしまいます。
また表層筋(身体の表面の筋肉)を鍛えるので一見「マッチョ」になるけど、やめてしまうとあっと言う間に“脂肪”に変わってしまいます。

太極拳では主に深層筋(インナーマッスル)を使います。
マッチョにはなりませんが、しなやかで引き締まった身体になります。
この筋肉は生活の中で使う筋肉なので、歩きながらや立ち止まっているときでも鍛えることが出来ます。
なので衰えることがありません。

太極拳は特に内臓も鍛えることが出来ます。
「え?胃とか心臓をどうやって鍛えるの?」
って思うでしょ?
太極拳では「」を鍛錬します。気を遣うことで血液の流れをよくします。
傷でも病気でも身体を治してくれるのは血です。
血液が様々な栄養素を身体に運んでくれて僕たちの身体を元気にしてくれます。

肩こりや疲労、様々な疲れは全て血行障害によるモノです。
気を鍛錬することで体中の血流が正常に流れてくれるようになります。
人は元々健康なのが普通です。
薬や機械に頼らず自分の自浄能力を高めることで本来の健康体に戻すことができます。

どれだけキレイにメイクをして、すてきにカットしてかわいくパーマをかけても健康でなければ全てが台無しです。
表面的な美しさは僕たちがなんとでも出来るのですが、内側はみなさんひとりひとりがキレイにするしかないんです。
そのお手伝いの一環として“太極拳教室”を始めました。

入会金も参加費用も一切いただいていません。
来たいときだけ来てくれても大丈夫です。
遅刻、早退も自由です。
もちろん、シャンプーや商品を売りつけたり、
「ついでに髪の毛切ってけ!」
みたいな勧誘は一切ありません(笑)

太極拳は財産です。
今の自分の身体を大切にしてあげていれば必ず、10年、20年後、そしてもっと先の自分まで支えてくれます。


日曜日の朝9時から始めます。
どうぞ気軽にお越しください。ね(^_-)-☆                     トモ

Hanaで太極拳】→★★★
Hana太極拳教室
場所:hair Hana
毎週日曜日 朝9:00~1時間くらい。
参加費:無料
お問い合わせ 03−3446−5331
持ってくるもの:動きやすい服装(着てきてもOK。)おやつは200円まで(バナナは含みません)
2014年太極拳教室始めます_a0037910_17431986.jpg

by hairhana | 2014-01-11 18:14 | <<Hana News>> | Comments(2)
だからっ!!乾かさずに寝ちゃダメっ!!って言ったでしょっ!!
だからっ!!乾かさずに寝ちゃダメっ!!って言ったでしょっ!!_a0037910_10234661.jpeg

年明け早々忙しい。
ひっきりなりに鳴る電話、書類や伝票の山。

「明日にしよう!」

ってめどが立たない。残業突入。
飲んで帰る気もしない。

「なんでこんなに人がいんの?」

正月、あれだけスカスカだった電車もいつものすし詰め状態。
やっと自分の駅に降りて改札抜けるとタクシー乗り場は長蛇の列。
それを横目で自転車置き場に行って自転車漕いで帰宅。

荷物を放り投げて服はベッドの上にポイポイ!
ルームウエアに着替えてソファーに座ってTVをつける。
見たかったドラマはぜ〜んぶ終わって興味のないスポーツ番組がやってる。

スマホでメッセージチェックして帰り道、コンビニで買ってきたサラダとパスタをお腹にぶち込む。
お腹いっぱいになると、まぶたが重くなる・・・やばい・・メイク落とさ・・なきゃ・・顔・・が・・

「ふん!!」

なにかの番組で「メイクしたまま寝るのは雑巾を顔において寝るのと一緒!」と覚えてたので、残りカスの体力に火を点けて洗面所へ。
やばい、今日はシャンプーしなきゃ。
昨日、洗ってないもんね。いくら冬で乾燥してて、デートも無いからって、これじゃあ女子力マイナス200%よね(・ω<)テヘペロ

かくしてシャワータイム。

上がってサッパリんこ。
部屋の時計を見ると

「ゲゲゲのげっ!!」


既に明日。いや、今日。もう5時間後には起きて準備するバタバタタイム。
つか、なにやってんの?私。

さあ、寝よ、寝よ。・・・・・・・

ちょっと待ってちょんまげぷりん。
髪の毛乾かしてナイチンゲール。

髪の毛は濡れていると表面のキューティクルが開いています。
そのまま布団やマクラにこすりつけると傷んで枝毛の原因になります。
さらに、頭皮が濡れていると、そこに空気中の雑菌が付着してそれが頭皮の熱で繁殖して、朝には頭皮は雑菌だらけ。ウジャウジャ。
その雑菌が死んで酸化すると

「くっさぁ〜〜い( TДT)」

臭いがします。半乾きの雑巾を干さずに放って置いたあれと一緒です。
さらに、市販のシャンプーで洗うと、恐ろしいほどの洗浄力で頭皮のタンパク質が溶けて、必要な皮脂まで奪ってしまい、それを補おうと毛穴から大量の皮脂が出てきて、雑菌に覆いかぶさり「雑菌のハウス栽培」が始まります。

かくして、寝て起きたら、髪の毛はバサバサ、ギシギシ。頭皮は雑菌ウジャウジャ。
お昼ごろには根本がペッタンコで毛先がパサパサの出来上り〜。となります。

なので、必ず、、シャンプーをしたら「乾かす」のを忘れないように。
そして、出来れば市販のシャンプーは使わないように気をつけてくださいね。
恐ろしいことになりますから。

おしまい

by hairhana | 2014-01-10 12:06 | ヘアのお話 | Comments(0)
髪をとかす心理は?
髪をとかす心理は?_a0037910_08390197.jpg
一般的に、女性が髪の毛を触る心理は「不安を鎮めるため、自分を落ち着かせるため」と言われています。
即答不能な質問をされたり、考えたりするときに無意識に髪の毛を触ることが多いと言います。

これは動物の「毛繕い(グルーミング)」と同じで、動物は赤ちゃんの時に、母親に体を舐めてもらうことで安心感を与えてもらいます。
その名残りで、ストレスを感じると自分で毛繕いをしてリラックスをしようとするそうです。

もちろん、人間は舐めたりしませんが、僕たちの祖先のDNAがそうしてるかも知れませんね。
それでも、子供の頃、頭をナデナデされると嬉しかったりするのもやはり、本能で毛繕いを求めているのかもしれません。

多分、これは、子供でも大人でも同じだと思います。
「髪の毛をとかす」、「髪の毛を触る」、「頭を撫でる」となんとなく気持ちがいいのは大人でもそうで、
さらに、自分でやるのではなく「やってもらう」ともっと気持ちいいと思います。

僕たち美容師は人の髪の毛を触るのが仕事です。
シャンプーが家で自分でやるより、「洗ってもらう」方が気持ちいいのはそのせいでしょう。

大切なポイントは「優しく触る」ことです。
不用意に強く引っ張ったり、「撫でる」ではなく「叩く」だと、気持ちいいどころか不快です。
なので、丁寧に、優しくすることはとても大切です。

Hanaではパーマのロッドを巻くときや、ブローの時に「髪の毛を引っ張る」ことをしません。
全て「ノンテンション」です。
よく、他の美容室でパーマをかける時、「グイグイ」と引っ張って巻かれたり、ブローの時なんて、首に筋肉がヒクヒクいいそうなくらい引っ張られた経験はありませんか?
あれは「痛い」とかだけでなく、髪の毛にもよくないんですよ。
このことはまた別の機会にお話しますね。

キスやハグの愛情表現もいいですが、「髪をとかす」もやってみてください。
とかしてる方も、優しく丁寧にしてるとなんだか気持ちが落ち着いてリラックスしてきます。

ちなみに、「二の腕」にも同じ効果があるみたいです。
ショートカットの人や男性は緊張すると腕をさすったりするのがやはりそれだそうです。
僕たち男性が、女性に二の腕にそっと手を回されて腕を組まれるとメロメロになってしまうのもその心理です。

イライラしたり、ストレスが溜まった時は、自分ででもいいから、優しくブラッシングしてみてくださいね。
けっこう落ち着きますから。


by hairhana | 2014-01-09 09:04 | ヘアのお話 | Comments(0)
無くてもいいかもね。


僕が1日や2日、近況を報告しなかったり、「イイね」を押さなかったり、LINEのレスポンスが遅れても、困る人や不幸になる人は誰もいないだろうから、大切な人といっしょにいるときは、スマホ忘れてもいいかもね。
by hairhana | 2014-01-08 18:29 | hanaのひとりごと | Comments(0)
泣いてもいいんだよ。
泣いてもいいんだよ。_a0037910_11123317.jpg
子供は、とかく泣きます。
2〜3歳くらいまでよく泣きます。

「悲しいから」ではなくて「不安だから」泣きます。
「悪気」があって泣く子供はひとりもいません。

昔過ぎて忘れてますが、僕たちもみんなだれもが、子供の頃は泣きました。
どんなに強いプロレスラーや、偉い政治家や総理大臣だって子供の頃は泣きました。(と思います。)

初めて行った場所や、知らない人に囲まれると不安で不安でしょうがありません。
大人だってそうなのに、子供ならなおのことです。

「大丈夫だよ〜」

と百万回行ってもダメです。なので、泣くのは「しょうがない」のです。

Hanaにカットしに来てくれたキッズたちにも泣く子はたくさんいます。
「病院」で注射されて、痛い思いした子供は、また痛い思いをするかもしれないと泣きます。

「ここは病院(びょういん)じゃないよ〜『よ』が大っきい方だから、注射は無いよ〜」

と言ってもその違いはわかりません。
なので、泣いちゃいます。

「すいません、すいません」

とお母さんは『すいません』を連発しますが、いいんですよ。ここ(Hana)では。
お母さんは、子供の目を見て笑っていてあげてください。
そっちの方が安心しますから。

お母さんは、『他のお客さん』に「迷惑」だと思って気遣ってくださるのですが、
Hanaのお客さんを、そんじょそこらのお客さんと一緒にしないでくださいね。
迷惑がったり、嫌な顔をするお客さんはひとりもいません。

一緒に笑ってくれたり、気遣ってくれます。
なぜかと言うと、みなさん、「相手の立場や状況を理解しようとする心の余裕」がある人ばかりだからです。
お世辞ではなく、オープンして、この方、一度も煙たい顔をする人は本当にひとりもいません。
僕は、それを誇りに思います。

巷では、電車や飛行機などの乗り物で赤ちゃんやベビーカーに対する論争が繰り広げられていますが、ちょっと悲しい気持ちになります。
もちろん、中には、レストランとかで、子供がソファーに土足で上がったり、駆けまわったりしてるのを注意しないお母さんもいます。
でも、僕の知る限りでは、それはほんの一部の人で、ほとんどのお母さんは周りに気遣っています。

「お互い様」という言葉はこんな時のためにあるのではないでしょうか?
日本では「人に迷惑をかけるな」と教えられますが、
インドでは
「お前は人に迷惑かけて生きているのだから、人のことも許してあげなさい。」

と教えられるそうです。

どっちがいいわけではなく、どちらの精神も持ちあわせるのが一番いいと思います。


なので、お母さん、安心して一緒に来てください。

僕たちも全力で、安心してもらえるように頑張りますから。


だって、赤ちゃんだって、大事な未来のHanaのお客様ですから。


泣いてもいいんだよ。_a0037910_11123318.jpg
恵比寿 美容室 ヘアーハナ

by hairhana | 2014-01-08 12:30 | hanaのひとりごと | Comments(0)