hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
プレゼント
オススメ Link
最新のコメント
> HANAっ子さん ..
by hairhana at 18:06
今回はアヤコちゃんは一緒..
by HANAっ子 at 12:27
> 懐かしくて懐かしくて..
by hairhana at 13:53
by 懐かしくて懐かしくて at 21:54
> hanaさん あり..
by hairhana at 03:18
ブログパーツ
検索
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1461)
(1456)
(1455)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

カテゴリ:さすらいの食いしん坊( 263 )
玉子を割って見得を切る!
a0037910_12515790.jpg

雑誌かテレビで紹介されたのか、一時メチャメチャ行列できてたので足が遠のいてたんだけどミサキくん連れてったら運良く並ばず座れました。

前と変わったのは外国人のお客が増えて、今は亡き勘三郎さん似の大将が流暢に英語で説明してたこと。

そして、玉子の天ぷらを揚げる時殻を「はいっ!」と放り投げるパフォーマンスが増えたこと。

最後に見得まで切ってくれる大サービス。

もちろん天ぷらも相変わらずの美味しさでした。

玉子天ぷら定食¥1600也

てんぷら「天すけ」
東京都杉並区高円寺北3丁目22−7
  • 03-3223-8505
  • 営業時間:12:00-14:00、18:00-22:00
  • 定休日:日曜日


[PR]
by hairhana | 2018-10-25 13:01 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
サヨナラ!築地!
a0037910_12343584.jpg
おはようございます!トモです。

昨日の土曜日で築地は83年の歴史に幕を下ろしました。

「トモさん、旨い寿司食いに行こうよ」

と、25年くらい前にカメラマンの友人に場内の魚河岸横丁の6号館にある「大和寿司」に行ったのが初めてで、市場の中にも入ったけど、「何を買っていいのか全くわからず、ただただ、その広さにビックリしました。

a0037910_12250431.jpg
以来、一人でも行くようになり、料理好きも相まって「食べに行く」より「買いに行く」場所になりました。

マグロなんかはもう、目の前でさばいて切ってくれるのでこれ以上に新鮮なお刺身はありません。
a0037910_12250330.jpg
市場が終わりそうな時間(12時くらい)や土曜日に行くと売り切りにするために安くしてくれる時があります。

1パック¥1600を2パックでなんと!¥2000にしてもらえたりもします。

AI相手にはこんなことできません。これこそが市場の醍醐味ですね。
a0037910_12250323.jpg
昨日は朝、早起きしてバイクを走らせて6時に築地に到着しました。

さすがに最後の日だけあってテレビ局やらカメラがあちこちで映してました。

そこに混じってスマホで写真撮ってるカップルとかいたけど、ターレーに「邪魔ぁ〜〜!」とか怒られててそれはそれで面白かった。w
a0037910_12343640.jpg
僕は、ミヨちゃんとミサキくんに食べさせるマグロと、自分の家用にウナギとホタテとマグロの中落ちを買いました。

すべての店を観て歩くのは物理的に無理なので、結局、いつもの行きつけの店で買う。

ランチはこれ。
a0037910_12250252.jpg
一番混み合ってたのが外れにある「魚河岸横丁」の食べ物屋さん。

大和寿司や寿司大、やじ満は5日で既にクローズ。

それでも聞いたところによると朝5時半の時点で60人並んでる店もあったそうです。(もう行かないけど)

帰りに寄ると確かにすごい行列。
a0037910_12250303.jpg
つか、その店、豊洲に行くから。

でも、喫茶「愛養」みたいに業態変換する店もある。

家賃が3倍くらいになるので珈琲では採算取れないのとオーナーさんがかつてからやりたかったので観光客相手に「天ぷら屋」に変わるなど、また、当然料金も変わるだろう。

元々、場内で働いてる人が利用してたのが今や外国人観光客でひしめき合っていて、実は、先日、寿司を食べに行ったが握り方が汚く雑だった。豊洲い移っても行くことはないだろう。(鮨文)
a0037910_12250256.jpg
既に、豊洲に移転準備をしたお店の人に

「どう?豊洲は?」

と聞いたところ、「動線」が全く考えてなくて使いづらい。駐車場が少なすぎる。と不安材料がいっぱいあるそうだ。

東京都は「安全宣言」らしいことを知事が言ってたが汚染問題が全てクリアになったかは定かではない。

そこんとこ曖昧にして取り返しの付かないことになった時はだれが責任を取るのだろう?

そして、築地の跡地の再利用も具体的な話は何一つ出ず、宙に浮いたまま。

混雑が収まったころに行ってみようと思うがいつになるやら・・・・

[PR]
by hairhana | 2018-10-07 19:17 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
ホットケーキは「5」の付く日に食べんさい。💗
a0037910_10181799.jpg
おはようございます、トモです。

昨日はカープがセリーグ優勝したけん、今日は「広島弁」で話そうかね。

つか、丸、来年FAじゃけど巨人にだけは行かんといてくれえよ!


僕はね、子供の頃から「ホットケーキ」が好きじゃったんよ。

僕が子供の頃、「おやつ」言うたらじいちゃんがくれる金平糖とか、煎餅とかで、売っとるやつは「駄菓子」なんじゃけど、基本駄菓子は店先で食うて帰るけえ家じゃ食わんけんね。

母親は働きよったけえかろうじてご飯は作ってくれるけどお菓子はほとんど無かったんよ。

友達に家とか行ったら専業主婦のお母さんがフリフリのエプロンとかして手作りクッキーとかケーキとか出してくれて、ちょっと羨ましかったんよね。

ほいでも時々じゃったけど母親が焼いてくれたホットケーキは僕にとってはご馳走じゃったんよ。

ふわふわで、バター塗って、上からシロップかけて。

「フォークとナイフで食べる」いうんがなんかカッコえかったんじゃろうねえ。食べたことも見たこともなかったんじゃけど「フランス料理」いうんはこげな感じで食うんじゃろうねえ??と思うとったんよ。

多分、フライパンで焼いとったけえ、ところどころ焦げとったり、それほどふわふわじゃなかったんじゃろうけど、それでも美味しかったんは日頃仕事と家事でてんてこ舞いじゃった母親が頑張って作ってくれたからなんじゃろうね。

大人んなって、東京出てきたらもう「スイーツ天国」じゃね。ましてやお隣が「Toshi Yoroizuka」ときたらもうたまらんね。

ほいでもやっぱりホットケーキは好きなんよ。

ほいじゃけえ休みの日に食べに行くんよ。

京王線の八幡山の駅の改札出て5秒のところに「ルポーゼすぎ」いう喫茶店があるんよ。

そこのホットケーキはもう絶品!!なんよ。

2枚で¥600なんじゃけど、珈琲とかドリンクと一緒に頼むと、

なんと!

半額の¥300になるんよ。

ほいでね、5日15日25日と「5」のつく日に行ったら、なんと!!

さらに半額の¥150なんよ!!もうわやじゃろ?w

もし行ってみたい日が5の付く日じゃったらええねえ。

僕が食べてきた中のホットケーキで2番の外苑の「香咲(かさ)」に続く3本の指に入る美味しさなんよ。

え?1番?言わんでもわかるじゃろ?もう、食えんけどね。(TдT)
a0037910_10181788.jpg




[PR]
by hairhana | 2018-09-27 12:28 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
朝食は美味しい味噌汁から
a0037910_13390662.jpg
こんにちは!トモです。

ちょっとだけ夜が肌寒くなりましたね。

うだるような暑さに比べて天国だけど、夏が終わったんだと思うとちょっと寂しい気がします。

暑い時は冷たいものばかり飲んでたけど、ちょっと暖かい飲み物や食べ物が欲しくなります。

「味噌汁」もそのひとつですね。

昆布とカツオで出しをとって、具と一緒に煮込んで最後に火を止めて味噌を投入!!

この「味噌」が大事で、やはりスーパーとかで売ってる味噌よりも「味噌屋」さんの味噌の方が数倍美味しい。
a0037910_13390674.jpg
僕はいつも三軒茶屋から茶沢通りを入ったところにある「坂本商店」で味噌を買ってます。

いろんな地方の味噌を扱っていて、「こんなのに使いたい」と店主に話せばアドバイスをもらえます。

僕はいつも赤と白の麦味噌を買ってます。

赤味噌はコクがあって、白味噌はほんのり甘くてホッとします。

それをブレンドしたり、比率を変えたりして楽しんでいます。


美味しいお味噌汁とご飯があれば、漬物だけでも美味しい朝ごはんになります。

ね、美味しそうでしょ?

坂本商店
a0037910_13390654.jpg

[PR]
by hairhana | 2018-09-22 15:25 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
牛一頭買い!!な〜んちゃって

a0037910_12542393.jpg
こんにちは!食いしん坊のトモです。

野菜が大好きなんだけど、「肉」はやっぱりテンションが上りますね〜(笑)

「焼き肉」を食べたい時は、ちょっと距離はあるんだけど月島にある「ろくのぶ」に行きます。

ここは、仕入れから仕込みまでとても丁寧で、「いい肉」を扱っていて出てくる肉はどれを食べても「美味しい〜〜!!」と感動します。

よく、焼肉屋の前を通ると「一頭買い!!」ってデカデカと書いてあるけど、店主のヤクさんに聞くと、

「ろくのぶは一頭買いはしません。毎日、業者さんと連絡を取り合って、その日に入る新鮮で美味しい肉を適正な価格で仕入れています。」

と話してくれました。「一頭買い」のことを聞くとわかりやすく教えてくれました。

なんとなくその響きに「その方がいいんだ」となんとなく思ってしまいます。

そもそも「牛一頭」の大きさは500~700kgです。僕たちが焼き肉を食べに行って食べる量を300〜400gだとするとざっと1000人以上分の肉が取れます。

1日1000人来店する焼肉屋って・・・ある?

そもそも牛一頭入る冷蔵庫がある店ってよほどの大型店でもない限りお店で保存なんてできません。

ってことは、一頭買ってもその肉がお店にあるわけではなく、業者の冷蔵庫で保管してあるものを小出しに持ってきてもらうというものなんだそうです。

さらに、牛一頭と言っても各部位の量は様々で700kgの牛からは
・肉:310kg
・内蔵:150kg
・骨:50kg
・脂肪:70kg
・皮:42kg
が取れるそうです。

さらに肉の部位で言うとタン(舌)で約1〜1.5kg。1人前は100gとすると10人前〜15人前くらいです。

逆にカルビだと60kgなのでなんと「600人前!!」。

タンが無くなるごとに一頭買いなんかしてたらどんだけカルビ余るんだよ的な。

昔は一頭買いすることによって値段が安くなってたのが、真空パックや保存方法がよくなって今はさほど値段も変わらないそうで、「一頭買い」という言葉のイメージだけが先行して

「正味、一頭買ってますよ。」

レベルのもののようです。

逆に本当にそんな買い方をしてたらその店のカルビは新鮮ではなく「古い肉」ってことになるのでちょっとね〜。

以前話した「三元豚」や「四元豚」に加え「一頭買い」もちょっと残念な「引き込みワード」。

せっかく楽しい焼き肉だから美味しいお店で食べましょうね。

「店舗紹介」
ろくのぶ

「Hanaのトモさんに聞いた!」と言ってください。焼き網と水のおかわり自由です!(笑)
050-5590-8519
東京都中央区月島3-17-3


[PR]
by hairhana | 2018-09-07 18:53 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
鳥を知り尽くした店〜築地鳥籐(場内)〜

a0037910_13541168.jpg
こんにちは!トモです。

今日はミサキくんがお休みなので、お昼ご飯はミヨちゃんと「外食」です。

「お昼から晴れますよ☀」

とミヨちゃんが言うのでバイクで築地へ。

って、雨降ってんじゃぁあ〜〜〜ん!

ヾ(・ε・。)ォィォィ
a0037910_13480866.jpg
一直線に場内8番館の「鳥籐(とりとう)」へ。さすが、周りのお寿司屋さんや海鮮丼屋さんは観光客で行列できてましたが、ここはすぐに入れます。

店内は椅子が12脚だけの小さな店。
a0037910_13480898.jpg
お?右の手前から2番めにいる美人さん(顔見えないけど)は・・・?

鳥藤は「場外」にもあって、元々「鶏肉屋さん」の出した店で、鶏肉も場外市場で買うことができます。

「場内」の鳥藤は、ちょっとメニューも豊富で食べるなら断然場内がおすすめです。
a0037910_13480986.jpg
僕(トモ)は「水炊きそば醤油全部入り」¥1300。これは鳥で出した出し汁に醤油で味付けし、煮玉子(甘い)、照り焼き、他にもい〜っぱい鶏肉が入ってます。

ラーメンとも蕎麦とも違い、具のネギもこだわっていて全部甘い。

スープは「旨味」でできていて最後の一口を飲むのがもったいないくらいです。
a0037910_13480808.jpg
それと「ぼんじり煮」。

これまた最高で、食べた瞬間、あまりの美味しさにお椀のまま飲み干してしまいそうになるのをぐっとこらえてちびちび食べます。

壁に「のこったタレでちょっとごはん¥50」と書いてある意味がすぐにわかりました。
a0037910_13480935.jpg
こういうこと。

「追い飯」的な。

ミヨちゃんは定番の「親子丼」。

でも、鳥を知り尽くした職人さんが作る親子丼です。普通なわけない。

鶏肉はジューシーで柔らかく、卵はいい感じの半熟のトロトロです。
a0037910_13480968.jpg
ね、美味しそうでしょ?

このお店も豊洲移転に伴いもうすぐ無くなってしまいます。

ぜひ「あるうちに」お立ち寄りくださいませ。

[PR]
by hairhana | 2018-09-03 17:05 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
天国
a0037910_13330774.jpg
昨日までとは打って変わって今日は風が涼しくて気持ちいいです。

調子こいて外でタイ料理を食べました。滝のような汗をかきました。(−_−;)

なのでやっぱりアイスコーヒーなのです。

恵比寿の「ヴェルデ」のアイスコーヒーは美味しいのです。

まさに天国なのです。

[PR]
by hairhana | 2018-08-28 13:32 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
いつ行くの?今でしょ?
a0037910_10001027.jpg

すったもんだあった築地移転問題も10月に豊洲に移転が決まりました。

なので「築地場内市場」が、見れるのも後1ヶ月ちょっとということになります。
a0037910_10075459.jpg

築地市場は11ある都内の中央卸売市場の中で最も古く1935年(昭和10年)からになり83年に渡って「東京の台所」と呼ばれていました。

当然、歴史に残る物なので語り継がれるでしょうし、自分が生きて生活している時代の文化を体現出来る最後のチャンスなので是非、足を運ばれることをおすすめします。
a0037910_11033400.jpg

「やじ満」は最も古い中華料理屋で観光客よりも場内で働く人が通う店です。

しかし、その味は食通を唸らせるほどのクオリティの高さで名物の「牡蠣ラーメン」を始め人気メニューが盛りだくさんです。
a0037910_11102898.jpg

「ジャンボシューマイ」メインが出てくる前の言わば前菜的な存在。しかし、そのボリュームと濃厚な肉汁の奏でる満足感はに「これを食べに来た!」と言ってしまうほどの美味しさです。

そして、味にうるさいミヨちゃんに「スープまで飲める冷やし中華はここ以外で食べたことない!」
と言わせるくらい美味しいのは殆どの店の冷やし中華のスープはいわゆる「出来合い」のもので、どこで食べても同じ味がするのはそのせいで、やじ満はオリジナルで作ってるので優しくて美味しいのです。
a0037910_12230472.jpg

ふと、周りを見るとお寿司屋さんや海鮮丼の店は長蛇の列。

お寿司屋さんに行くなら早朝6時前に行くことをおすすめします。

お店は「鮨文」がおすすめです。口の中でホロホロっと溶ける煮穴子は絶品です。

9月に入るといよいよラストスパートです。まだそれ程話題になってない今がチャンス!
a0037910_16573424.jpg



[PR]
by hairhana | 2018-08-07 09:59 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
餃子の赤天
a0037910_09593922.jpg
こんにちは!トモです。

くっそ!暑い!です。

高気圧が太平洋側からすっぽり日本を包んでお隣韓国まで伸びている「鯨の尾型」と言われる天気概況で、どこにも逃げ場がない恐ろしい暑さを覚悟しないといけないお天気だそうです。
a0037910_10055295.jpg
こんな暑い日は「冷やし中華!」といきたいとこですが、夏バテも相まみえて「元気の出るものを食べたい!」となるわけです。

でもって

「なに食べる?」

となって思い浮かぶのが

「餃子!」
a0037910_09593847.jpg
これでしょ、やっぱ。

と、いうわけで

「美味しい餃子」

を食べにバイクでひとっ走りしてミサキくんと高円寺の「赤天」に行って来ました。

ここのメニュはシンプルで

「餃子とビール」

これだけっす。

餃子は1皿7ケで注文は2皿からっす。1枚250円。

赤天の美味しいポイント

1,タレ:白味噌、お酢、醤油、ラー油のブレンドでコクがあってメッチャ美味しい。

2,包み:赤天は三角に包むからふわっと軽くて、皮がパリっとして美味しい。

3,焼き:中火に餃子を並べてお水をかけて5分焼いて、水気がなくなったらさらに3分。もちもち、のカリカリの、肉汁じゅわわぁ〜〜♪で美味しい。

4,おやっさん:ここに来る人は多分おやっさんに会いに来てるんだと思う。話し上手で優しくて思いやりのあるおやっさんと話しながら食べる餃子はさらに美味しい。
a0037910_09593827.jpg
天ぷらの「天助」がテレビで有名になってしまって、高円寺に訪れる理由はここだけになってしまったけど、赤天がある限り、ボクは高円寺に何度も行くだろう。

店を早めに閉めて・・・・・(笑)
a0037910_09593938.jpg


[PR]
by hairhana | 2018-07-14 17:31 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
夏はやっぱりアイスで!
a0037910_10313813.jpg
恵比寿の西口の喫茶店「ヴェルデ」で深煎りのブレンドの豆を買ってアイスコーヒーを淹れました。

アイスなので当然、香りがしません。

だけど一度、喉に流し込んで「ゴクン!」と飲み込んだ後、返ってきて鼻に抜ける香りがメチャメチャいい。

深煎りなのでカフェインも少なく、鼻につく酸味もない。

舌に残る雑味もなく「コクとキレ」が絶妙にバランスが取れています。

これぞ、アイスコーヒー!!

気が向いたら淹れるのでお楽しみに♡
a0037910_10334563.jpg

[PR]
by hairhana | 2018-06-09 10:45 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)