人気ブログランキング |

hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
プレゼント
オススメ Link
最新のコメント
ぼこちゃん へへ〜、バ..
by hairhana at 10:59
> HANAっ子さん ..
by hairhana at 18:06
今回はアヤコちゃんは一緒..
by HANAっ子 at 12:27
> 懐かしくて懐かしくて..
by hairhana at 13:53
今からはや40年前、私も..
by 懐かしくて懐かしくて at 21:54
ブログパーツ
検索
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1616)
(1610)
(1609)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

カテゴリ:TOMO`s Kitchen(トモズキッ( 36 )
プリップリ♪美味しい豚バラチャーシュー♡

a0037910_05401413.jpg

お待たせしました!Hanaは今日(1月5日)から営業スタートです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まあ、僕なんかが何食ったとか、何飲んだとか、ましてや何作ったなんか言ったところで面白くもないんだけど、

こんな拙い僕の料理でも楽しみに見てくれてる人もいるということで、今回は定番の「豚バラチャーシュー」やっちゃいます。

とは言え、何度も試行錯誤を繰り返して作ったので、僕なりのこだわりとかもあります。

先ずは「材料」
・豚バラブロック1kg(これを半分に切ります)
・ネギの青いとこ
・酒
・水
・ニンニク
・生姜
・砂糖
・醤油
まあ、こんなところで、特に変わったものは使いません。

豚バラ肉は1kgと多めだけど、小さいとそれだけ鍋に浸すのに水やお酒が多く必要になり、それに伴い、調味料も増えるので肉が多めのほうが経済的だし、まとめて作れるから一挙両得。(500gとかだとあっという間に無くなるよ)

では、早速、作ってみましょう。

1,豚バラブロックをフライパンですべての面に焼き目をつける。
油は必要ありません。熱々に熱したフライパンに脂の面から入れると、脂が出ます。トングでひっくり返して全面焼きます。すると旨味が逃げません。

2,焼いた豚バラ肉を鍋で30分煮る
なるべくピッタリの鍋に焼いた豚バラ肉を入れて、砂糖、青ネギ、ニンニク、生姜、お酒、お水の順に入れます。(鍋がヒタヒタになるまで)
お砂糖とお酒は肉を柔らかくしてくれます。(量は何度かやって自分でベストを見つけてね。基本、お砂糖は少なめ、お酒は多めが僕のベスト。お酒はドバドバ入れます)

3,圧力鍋は使わない
よく、料理のレシピやテレビで「圧力鍋」を使ってるんだけど、確かに短時間で柔らかくなるんだけど、僕はあのスカスカした感じがあまり好きじゃないんですね。「肉っ!!」って弾力ある食感を残したいので、やはり普通の鍋がオススメです(もちろん、ホロホロしたのが好きな人は圧力もいいよ)

4,灰汁(あく)を取る
煮てると肉の灰汁が出るのでこまめに取ってあげましょう。
(最初の10分くらいかな)

5,30分経ったら一度肉を取り出して、ザルでネギ、生姜、ニンニクを取り除く。

6,煮汁を氷水で冷ます
このまま味をつけると油っこくなりすぎるので煮汁をステンレス製のボウルに入れて、それより大きいボウルに氷水を作ってそこに浮かべて冷まします。
すると、脂が表面に白く固まるのでそれを取り除きます。
(一度、作れば、前回のタレを使えばいいので、その煮汁に醤油を入れて放置すれば冷めて油が固まったところで脂を取れば簡単です)

7,油を取り除いた煮汁に醤油を入れて再び煮込みます。
豚バラ肉を再び鍋に入れて、油を取り除いた煮汁を入れ、そこに醤油を入れて30分煮ます。(沸騰させないでね)

8,30分経ったら火を止めてバスタオルで鍋を包みます。
ご存知のとおり、味は冷める時に染み込むので、分厚い鉄鍋ならいいんだけど、通常の鍋ならバスタオルで包んでゆっくり冷まします。

9,常温くらいに冷めたら再度火を入れて温めます。

10,切り分けて、はい、出来上がり〜♪

僕は最近、ユウキ食品の「カオマンガイのタレ」(タイ料理の蒸鶏のソース)がお気に入りです(通販で売ってるよ)
http://www2.youki.co.jp/goods/1120


残ったチャーシューは煮汁と一緒に冷蔵庫に保管。

煮汁はラーメンの「かえし」にも使えるし、チャーハンやパスタの時にかけて炒めると、これまた美味しい。

「中華スープの素」で野菜を煮て、煮汁を加えるとこれまた美味しい。

そのまま食べても美味しいけど、チャーハンに、パスタに、焼きそばに、おにぎりになんでも使えちゃうので、是非、お試しあれ!

ミルキーさん、こんなところで、よろしいでしょうか?(笑)


a0037910_05394939.jpg
#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ
 

by hairhana | 2016-01-05 06:23 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)
料理が上手にならないのは・・
a0037910_11333562.jpg
うちの嫁(アヤコ)は正直いって、それほど料理が上手ではありません。
本人の名誉のために言っておきますが、決して

「じぶん、不器用ですから〜」
a0037910_13094986.jpg
というタイプではありません。
確かにフライパンや調理器具を持った時間はさすがに年の功で僕のほうがはるかに長いのですが、全くというわけではありません。
『人並み』に台所にも立ちますし、人並みにフライパンも握れます。

では、なざ、「上手にならない」のでしょうか?
このブログの読者の方にも、もしかしたら同じような人がいるかも知れません。
前述の「不器用」とは違います。
美容師もそうですが、人は「経験」を重ねると、たいていのことは「ほどほど」に出来るようになります。

いろいろ見ていて、僕はひとつの「結論」に行き着きました。
それは

「レシピを見ながら作る」

からです。
「え?」と思った人も多いと思います。
料理人ならまだしも、「作ったことのない料理」をじゃあどうやって作ればいいの?と

もちろんそうです。
僕自身も作ったことのない料理はなんの情報もなしには作れません。
よく「クックパッド」http://cookpad.com/のお世話にもなっています。

「じゃあ、答えになってないじゃ〜ん!」

と言われそうですが、それが答えです。
例にとって上げてみると、昔、携帯電話が無かった時代に、僕たちは友達や恋人の電話番号を「覚えて」ました。
「語呂合わせ」や「リズム♪」で覚えたり、いつもかけていると覚えています。
僕なんか、未だに10年以上前に他界した母の家の電話番号は未だに覚えてます。
逆に、自分の家のIP電話の番号や、嫁のアヤコの電話番号は「携帯電話」を見ないとわかりません。

そう、料理も同じです。「料理本」や「レシピ」を「見ながら作る」と料理の「手順」を覚えないのです。
また、食べる人の「好み」で調味料も微妙に変えないと「美味しい」は出ません。
中には、嫌いな食材を違う食材に変えたり、加えたりして、「自分の料理」にしないと毎回、毎回、携帯電話に表示される電話番号を見ながら、公衆電話で電話するように、「ぎこちなく」、「手際悪く」手順を踏むようになります。

また、レシピや本には料理の「キモ」となる「さじ加減」や調理器具に合わせた「火加減」は載っていません。
コンロもIHとガス、そして電気だと使い方が全く違います。

なので「同じように」やっても必ずしも「美味しい料理」が出来るとは限らないのです。
また、レシピどおりに作る人の共通点で言うと「味見をしない」のが特徴です。

「だって、そう書いてあったんだもぉ〜ん!」

が口癖(言い訳)になります。
なので、料理が上手になる基本は「レシピを見ながら作らない」です。
初めての場合は、最初に「目を通して」おいて、あたまの中でイメージしながら作って、「思い出せない時だけ」チラ見するといいでしょう。
そうすると、電話番号を覚えるように「身体(脳)が覚えて」くれます。

さらに上達をするコツとしては「最低3回作る」です。
それもわりと短い期間に。(1ヶ月以内が目安かと)
そると、その都度「工夫」していけば、4回めにはかなり完成度の高い料理が出来るでしょう。

とは言え、何事も「基本」が大切ですので、最初から料理教室とか行って食べたこともない料理を習ってくるのではなく、「煮る」、「焼く」、「炒める」、「蒸す」の基本でシンプルな料理から始めるといいでしょう。

僕たち美容師も、一時期「シャギー」の軽いエアー感のあるスタイルが流行った時、そればかり練習して、基本をおろそかにして、ワンレングス等のジオメトリックなキレイなラインを出せない美容師さんが今、うじゃうじゃいます。


ひとつ、ひとつ、基本を覚えて、「自分だけ」のレシピを作るのが上達のコツです。
「お母さんの味」が美味しいのはそれだからでしょう。

ちなみに、本人の名誉のために言っておきますが、「味噌汁」だけは嫁(アヤコ)が作る方が美味しいです。
多分、僕にない「丁寧さ」があるからでしょう。

それでは今日も、「レッツ!クッキング!」

って、オレ、美容師だから。 _l ̄l○lll ガクッ.

がんばれよ!
つか、朝、自分で起きようぜ。
a0037910_19164454.jpg
恵比寿 美容室 ヘアーハナ
中西トモミチ

by hairhana | 2014-02-07 18:12 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)
「これこれ!」なスパゲッティ♪
a0037910_9442545.jpg


「パスタ」ではなく、"スパゲッティ"。
「イタリアンレストラン」じゃなくて、"喫茶店"。
「シェフ」が作るんじゃなくて"マスター"が作る。

そう、昔からある「これこれ」なのは
"スパゲッティ・ナポリタン"

でも、家で作ると、「なんとな〜く違う味」になってしまいます。

そうか!マスターからにじみ出る、「なんだかわらないエキス」が必要なんだな!

ってわけでもない。
そう、コツは"材料"と"作り方"。ただそれだけ。

a0037910_9442681.jpg


【材料】
・パスタ
・ウインナーソーセージ
・タマネギ
・ピーマン
・パプリカ(赤)
・シメジ
・バター
・ニンニク(一片)
・出しの素
・トマトケチャップ
・生クリーム
・粉チーズ

パスタのオススメは「長崎スパゲッチー」(日本のパスタのルーツ)。
このパスタ、「もちもち感」が半端ないです。
http://www.nagasaki-spaghetti.jp/
塩味が付いてるので、必ず「お湯だけ」で茹でてください。(基本5分)

1,お湯を沸かしてる間に材料を揃えます。
タマネギは縦じゃなく横に切った方が食感がいいです。
ピーマンもパプリカも食感を合わせるのに同じ太さで切ります。

2,バターをフライパンに落としニンニクを弱火で炒めます。
僕は「ガーリックバターソース」を使います。(これ、とても便利です)
http://item.rakuten.co.jp/kobukuro/kenko02/

a0037910_9442656.jpg


3,パスタを茹でてる間に材料を炒めます。
その時に「出しの素」を入れます。
僕は「アゴだしスープ」を使います。
http://udon.mu/shop/747

ここで、ワンポイント。
「これこれ」な食感にするため、通常「アルデンテ」(すこし芯が残る)ゆで加減にせず、「ゆる〜い」ゆで加減にするため、ゆであがり時間に火を止めそのまま2〜3分放置します。

4,スパゲッティをザルで湯切りせずに、そのままトングでフライパンに入れます(少しゆで汁が入る)

5,合わせて、トマトケチャップを混ぜ味を見ます。
これだけだと、ケチャップの「酢」が起ってしまいます。

6,生クリームを投入!
これで、味がマイルドになります。

全行程10分もあれば出来るのでけっこう簡単でスピーディーに作れます。
休みの日のお昼ご飯に、ちょっと小腹が空いたときに、ササッと作れて便利です。

そして、食後の珈琲は時間をかけてゆっくり淹れて喫茶店気分を味わいましょう。
今日も、レッツ!スパゲッティ!

a0037910_9442532.jpg

by hairhana | 2013-08-08 10:16 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)
プーパッボンカリーでも作ってみる?
a0037910_10295428.jpg


暑いときはカレー!」

とか思っちゃったりしますね。
簡単!
だからって、レトルトじゃあ、味気ないし、
いつものカレー!
も芸がないし・・・

ここらで一発、タイのプーパッボンカリーでも作ってみますか。

「ちょっと難しそう?」

いえいえ、普通のカレーのように煮込む必要が無いので簡単かつ手早く出来ちゃいます。
もちろん、タイ料理屋さんのように本格的だと手がかかるのでしょうが、今回はTOMO`Sキッチン的に「手抜きプーパッボンカリー」にします。

「材料」(二人分)
パプリカ(赤)
ピーマン
タマネギ
セロリ
ニラ
渡り蟹(ソフトシェルクラブもOK)

「合わせ調味料」(全て大さじ1)
オイスターソース
XO醤(無ければ甜麺醤(てんめんじゃん))
シーズニングソース(無くてもいい)
醤油
砂糖
カレー粉

「その他」
鶏ガラスープ 150cc(顆粒でも可(小さじ1)
ココナッツミルク 100cc
酒 50cc
おろしニンニク 小さじ1
溶き卵 全卵2コ
ナンプラー 大さじ1

(タイの食材とか扱ってるところでシーズニングソースとか売ってます。意外と安いよ)

a0037910_15384830.jpg


1,鍋に油を敷いて渡り蟹を入れて軽く炒めてからニンニク投入

2,蟹の色が赤くなってきたら、野菜(ニラとセロリ以外)を入れて炒めます

3,野菜がしんなりしてきたら、お酒を入れてフタをして中火で3分

4,ココナッツミルク、鶏ガラスープを入れて一煮立ち。

5、合わせ調味料を入れて、最後にナンプラーを入れる
(カレー粉はタイカレーとかの辛口よりもバーモンドカレーとかの甘口の方が僕は好きかも)

これでカレーのベースは出来上がり。
僕は大目に作っておいて、食べるときに、小さな鍋に移して仕上げます。

「仕上げ」

1,ニラとセロリを入れて一煮立ちしたら、溶き卵を加えます。
卵があまり固まらないくらいで皿に盛ると、ちょうど余熱で卵がいい感じになります。

甘くて美味しくて、ついつい「おかわり!」しちゃいます。
キュウリを添えると尚いいです。

ちょっと変わったカレーを楽しみたいときはどうぞ。

タイの調味料は、新宿と大久保の間にある「アジアンスーパー」に行くとたいてい揃います。
店員さんもタイ人。
そこだけ「Thailand」です。
http://www.asia-superstore.com/jp/
住所: 〒169-0072 東京都新宿区大久保1丁目1−11 コントワール新宿
電話:03-3208-9199

by hairhana | 2013-07-22 15:58 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)
暑い時こそ!唐揚げドォ〜〜ン!♪
7月16日(火)〜18日(木)

Hanaは一足お先に【夏休み】を頂きます。
19日(金)11時から平常通り営業します


a0037910_10332522.jpg


あぢぃ!

こう暑くちゃ、もうたまランラン♪

食事も、そうめん、冷やし中華、冷しゃぶ、冷麦と「あっさり」のオンパレード。
でも、そればっかりじゃあ、パワーが出ません。
時には「ガツン!」と一発肉食系で。

「皮付き鶏もも肉唐揚げ丼」などいかがでしょ?

鶏肉は必ず「皮付き」を。
パリパリの食感が食欲をそそります。

僕の場合、
1,鶏肉を叩いて、砂糖、紹興酒(スコッチがおすすめ。すこっちだけね。)、おろし生姜、醤油(ちょっぴり)で一晩寝かせて下味をつけます。

2,一晩おいたら、片栗粉に卵を溶いてあごだしスープの粉末を混ぜてビニール袋でモミモミ♪してさらに30分寝かせます。

3,フライパンに油をしいて、皮の部分を下にして焦げ目がつくまで焼きます。

4,ひっくり返して、フライパンに蓋をします。(この時、ちょっとだけお酒を入れるといいです)

5,日が通ったら蓋を開け、唐揚げを取り出し、油を切っておきます。

6,残ったソースで玉ねぎやナスを炒めます。

7,丼にご飯を入れ、その上にレタス、もしくはサラダ菜(僕はからし菜)を載せ上に玉ねぎ、そして唐揚げを載せます。

8,このままでも十分美味しいんだけど、さっぱり感を出したい人はポン酢かおろしポン酢を軽くかけるといいでしょう。
(所要時間7分)

「パリッ!!ガシュ!ガシュ!モグモグ・・・・♪」

食欲のないときでも、あっという間に完食します。(僕はね)

夏は始まったばかり。
入り口でバテてちゃ夏が終わってしまいます。

いっぱい食べて、レッツ!唐揚げ!

(料理本も見ずに作ったオリジナルなので、美味しくなくても怒らないでね)
by hairhana | 2013-07-08 11:35 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)
欲しかったモノ
a0037910_1432551.jpg


やっと見つけた!

「これ、これ!これですよ!」

肉たたき棒


そのまんま、そのまんまですよ。
“肉たたき”。

いいですよ〜これ。
お肉が柔らかくなります。
今まで包丁の背でトントンやってました。
フォークでプシプシもしました。

ホームセンターやスーパーで探しても無いんですよ〜。
結局“東急ハンズ”でみつけました。
さすが!

なので、ほぼ毎日ポンポンやってますよ。

「柔らかくな〜〜れ〜〜〜♪」

と心で唱えながら。

料理は“下ごしらえ”が大事ですね。
蒸す、焼く、煮るちょっと前に、一手間かけるだけで、幸せ(美味しさ)が違ってきます。
まるで恋愛と一緒ですね。
by hairhana | 2012-09-30 16:48 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)
ソムタムピーラー
a0037910_10494835.jpg


食前のサラダは欠かせません。
体の糖質を下げてくれるし、繊維が入ってると腸にもいい。
よく噛むので、満腹感が得られるから、その後の「デブの素」の炭水化物の摂取量が少なくてすむ。

野菜の種類はホントたくさんあるし、
果物を混ぜれば組み合わせは無限にある。
さらに味付けはドレッシング、調味料、多種多様。
頑張れば毎日違う味を楽しめる。

そして大切なのは「食感」。
「ポリポリ♪」
「サクサク♪」
「シャキシャキ♪」
これってけっこう大切。

サラダを作るとき、使う道具はたいてい「包丁」か「手」かな。
「みじん切り」とかだと食べにくそうだから、「短冊切り」とかが多いのかなあ?
手だとレタスちぎったりね。

我が家に、ちょっと面白い「ピーラー」があります。
その名も「ソムタムピーラー」。

「なんじゃそりゃ?」

の声が聞こえそうですが、タイの代表的な料理「ソムタム」。
これは別名「青パパイヤのサラダ」です。

普通、パパイヤは黄色くて甘くて、どちらかというと「フルーツ」として食べたりしますね。
タイではマンゴーもそうですが、熟れて甘くなる前の「青い」まま食べたりします。
これがまた美味しかったりします。

(右奥が青パパイヤ。左のがソムタムのソース。)
a0037910_10494836.jpg


ソムタムピーラーはいわゆる“細切り”にしてくれる憎い奴。
青パパイヤの皮を剥いて、ソムタムピーラーで「シュシュッ♪」とやれば、あら!不思議!
美味しい青パパイヤサラダで今日はキマリ!!

通販とかでも売ってるし、手に入りやすいので、是非!キッチンアイテムに加えてみて下さい。
by hairhana | 2012-09-27 10:53 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)
秋が来ないなら、食ってやる!!
a0037910_12515535.jpg


誰かが
「雨が秋を運んでくる。」
とか言ってたけど・・・・・・・暑い!!

こねえじゃねえかよっ!秋ぃ〜〜〜!!

やたら暑いので、お腹だけでも秋を感じてやろうと思う。
「アイス」で冷やすのは、もうやめだかんね!

そんなわけで、秋なんで「サンマ」にしました。
折角だから冷凍物ではなく、ちょっと奮発して生の「いいやつ」を買ってきました。
なもんで、1匹は刺身に、後は軽く塩をふって、カフェデュースの千夏さんに頂いたカボスで食べました。

サラダはタイの「青パパイヤ」とキャベツとキュウリをいつものめんつゆでもんで、オクラをのせ、今回は「ソムタム」というタイの代表料理のドレッシングを和えてみました。

サンマはとっても身体にいい食べ物です。
☆必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質
☆貧血防止に効果のある 鉄分、
☆粘膜を丈夫にするビタミンA、
☆また骨や歯の健康に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンDも多く含んでいます。
☆今話題の頭の良くなるとわれている「DHA」には中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果があり、
☆ダイエットにももってこいの万能食材です。

よく、サンマに「大根おろし」を付けますが、あれは、焼き魚のこげ部分の発ガン物質を
分解する酵素(アミラーゼ)が含まれているので実は大切なんですね〜。

「旬のもの」は味も良く、たくさん獲れるのでお値段も安く、お財布にも優しい食材です。
夏野菜には身体を冷やしてくれる効果が、
冬野菜には身体を温めてくれる効果が、

「日本はもうダメだ〜〜」

といろんなところで声が聞こえてきます。
利権に群がる政治家や一部の官僚や天下りの失態のために、多くの人がこの国に失望しています。
でも、それらは全て“人”のしていることで
四季のあるこの国で暮らすことの出来る僕たちに、日本という国の自然はありがたい多くのものを与えてくれていますね。

こんなに美味しくて身体にいいものが食べられる日本が僕は大好きです。

それでは、いただきま〜〜す♪
by hairhana | 2012-09-21 15:18 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)
キャキャキャキャベツ♪
a0037910_1075769.jpg


我が家は、キャベツとトマトとキノコ類は常時ストックしてあります。
ダイエット食材でもあり。栄養食でもあるので、とても重宝します。
特にダイエットには“葉物野菜”と“キノコ”は欠かせません。



キャベツは食物繊維が豊富で、ダイエットをサポートするヘルシー食材として最適です。
そのほかにも毎日食べたい理由があるのです。

特にキャベツは100gあたり23kcalしかなく、ダイエット中には何かと重宝する食材です。
ビタミンCが豊富で、大きめの葉を2~3枚ほど食べるだけで、1日の必要ビタミンCをカバーできるそうです。
よくダイエットしている人で、肌がカサカサになってしまう人がいますが、それはビタミンCが欠乏しておこるそうです。
ビタミンCは、肌のたるみやしわを防いでくれます。

キャベツは他にも、ビタミンA、B1、B2、C、E、K、ナイアシンなど、ほとんどのビタミン類のほか、ミネラル分も多く、カルシウム、リン、鉄、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。

更に、キャベツにはビタミンUも豊富に含まれています。
ビタミンUは、荒れた胃腸を元気にしてくれるます。
胃腸薬に配合され、粘膜修復成分として有名です。
整腸作用があり、胃や腸の粘膜の新陳代謝を活発にさせます。キャベジンなどの胃薬にも使われています。

それからガンの予防にもキャベツは効果があるといわれています。
キャベツはニンニクに次いで2番目に高い評価を得ているそうです。

そんなわけで、今日の朝食のテーマは“キャベツ”でキマリ!

超簡単!!
【キャベツと豚バラ肉のニンニク蒸し】
(材料)3〜4人分
キャベツ:半分
豚バラスライス:300g
ニンニク:3片
塩コショウ
鶏ガラスープ(僕は「味覇(ウェイパァー)」)
酒:適量
水:100cc

1,キャベツを大きく切って軽く水で洗います
2,フライパンにキャベツを敷く
3,キャベツの上に豚バラ肉を敷く
4,ニンニク(スライスでもみじん切りでも)をふりかける。
5,塩コショウ(僕は“クレイジーガーリッく”と沖縄の“ビバーチ”を使います)
6、そしてキャベツを繰り返す。(最後はキャベツでフタ)
7,スープをお湯でといて上からかける。さらにお酒。
8,火を点けて、フタをして7分くらい。キャベツがしんなりしすぎないくらい。
9,できあがり!

キャベツから水分が出るので、スープは後でラーメンやうどんにすると美味!

【キャベツサラダ】
残ったキャベツとキュウリをボールに入れ、めんつゆで揉み込んだ後、水を切って、トマトを加え、ドレッシングで和える。

ビタミンCはキャベツの芯の近くや外側の葉の方に多く含まれているので、芯や表面の葉っぱも捨てずに使うといいですね。

キャベツ豚バラ蒸しはチョォ〜〜〜〜!ご飯が進みます
キャベツはいいけど、ご飯の食べ過ぎには気をつけましょうね。

いただきま〜〜す♪
by hairhana | 2012-09-15 13:01 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)
にぃ〜くを巻き巻き♪
a0037910_10224117.jpg


暑い!

こう暑くちゃ、やってらんねえ!(何を?)
とりあえず、やってらんねえ!って言っとく。

外、人が歩いてません。
時折、歩いてる人も目が“五木ひろし”になってます。
なるべく光を目に入れたくないんでしょう。わかるわかる。

こんなに暑くちゃあ、食欲も減退しちゃいます。
夕食前に、アイスなんか食っちゃうと、もう、お腹になにも入りません。
a0037910_113239.jpg「おうっぷ!」ってなっちゃいます。
それでもお腹は空いてるってなんか変な感じです。

多くの人が「お昼ご飯、何食べる?」で悩んでるんだと思います。
クーラーの効いた涼しい室内にいると、

「あ〜!なんだか暖かいもの食べた〜〜い!」

とかなるんでしょうが、それはそれで、クーラーのせいで、身体がダルダルになって、食欲に立ち向かう気力も無かったりして。

「こんな時こそ辛ぁ〜〜〜い!担々麺!
と思っても、スタートラインに立つ気力も無くなったりして。

a0037910_10224143.jpg


とは言え、なんか食べなくちゃいけないので、
シャキッ!として、パワーの出るもの・・・
と八百屋に行ったら「谷中生姜」が売ってて、さっそく調理。

1,豚バラスライスを広げて塩コショウ、小麦粉を軽く振る

2,谷中生姜をバラして筋や汚れを取り除く(茎の上の巻き葉は取った方がいい)

3,豚バラ肉を巻く(最後にギュッ!ギュッ!と握って固める)

4,とじ目を下にして、最初中火で焼き目を入れるように焼く。

5,中火、弱火で肉に火が通ったら(豚バラスライスなのですぐに火が通ります)出来上がり!
「めんつゆ&大根おろし」で頂きます。

生姜のシャキシャキ感と、身体の中から燃えてくる感じで
夏バテ解消!

今日はこれでキマリ!

a0037910_10224168.jpg

by hairhana | 2012-08-16 11:17 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)