人気ブログランキング |

hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
プレゼント
オススメ Link
最新のコメント
ぼこちゃん へへ〜、バ..
by hairhana at 10:59
> HANAっ子さん ..
by hairhana at 18:06
今回はアヤコちゃんは一緒..
by HANAっ子 at 12:27
> 懐かしくて懐かしくて..
by hairhana at 13:53
今からはや40年前、私も..
by 懐かしくて懐かしくて at 21:54
ブログパーツ
検索
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1625)
(1619)
(1617)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

カテゴリ:hanaの本( 26 )
輪読会
a0037910_09530642.jpg

お早うございます!トモです。


外はずいぶん寒くなりましたねえ。


寒いと、どうしても行動がインドアになってしまいます。


「暖かい部屋で温かい珈琲を飲みながら読書📖。」


これ、最高ですね。


最近、朝、カフェやイートイン出来るパン屋さんとかに行くと、仕事前にサラリーマンとOLさんが数人集まって本を読んで感想を言い合ったりしてる風景を良く見ます。


これは「輪読会」というそうです。


所要時間はおよそ30分。最初の20分で本を読んで、残りの10分でディスカッションをします。


読む量としては個人差はあるけど、だいたい1〜2章の短い範囲です。


輪読会のいいところは一人だと「積読(読まずに積み上げる)」になったり、途中で他の本にフェードアウトしそうになるのが最後まで読むことができます。また、自分だけの解釈や捉え方以外に違う見方の意見とか聞けて視野が広がります。また、疑問に思ったこともお互いが補うことでより内容が理解できます。


Hanaでも最近、この輪読会を始めました。予約の合間に時間が空いてるときや早めにお客さんが引けたときとかにやってます。


やり方は様々だと思いますが、僕たちのやり方を簡単にご紹介します。


1,20分読む:タイマーを入れて読み始め、時間が来て、一番遅い人の章や区切りのいいところまでにして、先に読んだ人は読み返す。


2,何が書いてあるかを要約する。:それぞれの章やセンテンスに区切って「どんなことが書かれていたか。」をみんなに説明します。これは、お客様とお話する際にも、デザインや技術の話し等をわかりやすくお話するのに使えます。


3,印象に残った言葉、文章、を話して、自分がどう思ったかを伝える。それに対してそれぞれが思ったことを話す。


4,身近な事例や自分たちの仕事にフィードバックすることはないか。


等など、話をしてたらあっという間に時間が経ってしまいます。


頭はフル回転。通常の読書よりも体力、精神力、共に使います。


まだ、始めたばかりで手探りなんだけど、しばらく続けてみようと思います。


もし、みなさんで、なにか良いアドバイスがあったら教えて下さいね。


おしまい



by hairhana | 2019-11-15 10:25 | hanaの本 | Comments(0)
あんこが好き♡
a0037910_18592028.jpg
10月の雑誌!!📖第1段。


・CREA Traveler

・天然生活

・ku:nel

・UOMO


今月の「CREA TRAVELLER」は「知られざる世界美術館の旅」。フェルメールを始め多くの名作を求め欧州からアメリカへ。


美術品の美しさもさることながら作品を取り囲む美術館、そして、街並みをまるで自分が旅をしているような美しい写真で綴られています。


「天然生活」は「暮らしに寄り添う台所」。そして、ボクの大好物の企画「あんこが好き」もう、これ以上の本は無い!


Hanaでは「ちょっと手にしない本」を探してご案内しています。


その中には普段、あなたが触れない「出会い」があるかもしれませんよ。

by hairhana | 2019-09-27 19:51 | hanaの本 | Comments(0)
世界の美しい女性たち「THE A TLAS OF BEAUTY」

a0037910_15232162.jpg



おはようございます。トモです。


久しぶりに「いい本(写真集)」に出会った。


ルーマニアのブカレスト在住の女性写真家ミハエル・ノロックさんが、2013年より5年間にわたって60ヶ国以上の国々へ渡航し、5ヶ国語でコミュニケーションをとりながら、あらゆる状況におかれた2000人以上の女性たちの撮影して出版しました。


「The Atlas of Beauty(美の地図)」プロジェクトとしてソーシャルメディアで発信。


女性たちを称賛し、財産や人種、社会的地位に関係なく、美しさがいたるところに存在していることが伝わるポートレートは、世界的に大きな反響を呼んでベストセラーになっている。


Shiraz, Iran (イラン)


a0037910_14310775.jpg



冒頭の言葉の中に


「その女性たちのほとんどが、懸命に働き、奮闘していました。彼女たちは、時に女性として差別に直面することもありましたが、そのような厳しい状況下でも、星のように輝いていたのですーーーー品位と、強さと、美しさを兼ね備えながら。」


とある。


彼女たちは、自分の人生を自分で創り、自分の歩む道を自分で選ぶんだろう。


決して「結婚するなら~、年収〇〇百万で~、大学は〇〇卒で~、出来たら次男で~、それからぁ~・・・。」


とか言ってる女性はその品位と、強さと、美しさを兼ね備えた「ほとんど」の中には存在しないのだろう。


Amazon Rainforest(ブラジル アマゾン)


a0037910_14310797.jpg


そして、こうも話している


「わたしの考える美しさとは、ありのままの自分でいること。自然であり、偽りがないこと。しして、自分の内面をさらけ出すこと。女性が特定の振る舞い方や見た目を求められるプレッシャーがそこかしこに存在する現在。それを実行することは難しくもあります。ある状況下では、ひかえめで可能な限り覆い隠すことが求められるからです。一方、対照的に、色っぽく見せなければならないようなプレッシャーが存在する場合もあります。ですが、最終的にはすべての女性それぞれが、自分をどう見せたいかについて事由に決め、外の世界の圧力を感じずに、なにかにとらわれることなく自身の美しさを探っていくべきです。」


どこかで見たようなファッションを身にまとい、誰かがしてたようなメイキャップを施し、誰かと同じヘアデザインを被る。


そこに本当の「美しさ」は存在するんでしょうか?


Omo Valley, Ethiopia(エチオピア)

a0037910_14310786.jpg



「だって、みんな可愛いって言ってるもん!」


それは、服であり、メイクであり、ヘアデザインのことで、「自分」ではない。


それらが本当に自分を美しく引き立ててくれるんでしょうか?


アイドルの〇〇ちゃん、女優の〇〇さん、みたいなヘアデザインはその「〇〇さん」を可愛く、キレイに見せるためにあるものです。それらを選ぶ限り、逆立ちしてもその人にはかないません。


だけど、自分自身の可愛らしさ、美しさを引き立てるデザインは「〇〇さん」に無い可愛らしさや美しさがあります。


Mawlamyine, Myanmar(ミャンマー)

a0037910_14310776.jpg


ここ10年くらい、デザインは「みんなと一緒」の共感型で安価で大量消費されています。


僕たちの美容業界もクーポンなどで安売りに走ったお店もたくさんあります。


それでも最近は「自分らしさ」を求める人も少なくありません。


群れから離れるときはちょっと勇気が必要です。違う道を歩こうとすると反対されたり止められたりすることがあります。もちろん、心配してのことでしょうが、それ以上に、自分たちと違う価値観や選択肢を認めたくないという不安や恐怖もあると思います。


それでも、えいやっ!と飛び出て歩き始めたら後は自分を信じて歩を進めるだけです。そこには「自由」という群れの中では得られない満足感と、どんなことが起こるんだろう?というワクワクする期待感を手に入れることができます。


Tibetan Plateau, China(中国)

a0037910_14310799.jpg


「赤信号みんなで渡れば怖くない」


けど、車に跳ねられて大怪我をしたり、命を落としたら悔やんでも悔やみきれないですからね。(笑)


この本はHanaに置いてあるので興味があったら是非、手にとって見てみてください。


そこで出会うのは「世界の美女」ではなく、「自分自身の美しさ」だと僕は約束します。だって、僕がキレイにするから。


Tbilisi, Georgia (ジョージア)

a0037910_14355631.jpg




by hairhana | 2018-11-02 14:36 | hanaの本 | Comments(0)
世界の美しい女性たち「THE A TLAS OF BEAUTY」
a0037910_11010456.jpg
おはようございます。トモです。

久しぶりに「いい本(写真集)」に出会った。

ルーマニアのブカレスト在住の女性写真家ミハエル・ノロックさんが、2013年より5年間にわたって60ヶ国以上の国々へ渡航し、5ヶ国語でコミュニケーションをとりながら、あらゆる状況におかれた2000人以上の女性たちの撮影して出版しました。

「The Atlas of Beauty(美の地図)」プロジェクトとしてソーシャルメディアで発信。

女性たちを称賛し、財産や人種、社会的地位に関係なく、美しさがいたるところに存在していることが伝わるポートレートは、世界的に大きな反響を呼んでベストセラーになっている。

Shiraz, Iran (イラン)
a0037910_14310775.jpg

冒頭の言葉の中に

「その女性たちのほとんどが、懸命に働き、奮闘していました。彼女たちは、時に女性として差別に直面することもありましたが、そのような厳しい状況下でも、星のように輝いていたのですーーーー品位と、強さと、美しさを兼ね備えながら。」

とある。

彼女たちは、自分の人生を自分で創り、自分の歩む道を自分で選ぶんだろう。

決して「結婚するなら〜、年収〇〇百万で〜、大学は〇〇卒で〜、出来たら次男で〜、それからぁ〜・・・。」

とか言ってる女性はその品位と、強さと、美しさを兼ね備えた「ほとんど」の中には存在しないのだろう。

Amazon Rainforest (ブラジル アマゾン)
a0037910_14310797.jpg

そして、こうも話している

「わたしの考える美しさとは、ありのままの自分でいること。自然であり、偽りがないこと。しして、自分の内面をさらけ出すこと。女性が特定の振る舞い方や見た目を求められるプレッシャーがそこかしこに存在する現在。それを実行することは難しくもあります。ある状況下では、ひかえめで可能な限り覆い隠すことが求められるからです。一方、対照的に、色っぽく見せなければならないようなプレッシャーが存在する場合もあります。ですが、最終的にはすべての女性それぞれが、自分をどう見せたいかについて事由に決め、外の世界の圧力を感じずに、なにかにとらわれることなく自身の美しさを探っていくべきです。」

どこかで見たようなファッションを身にまとい、誰かがしてたようなメイキャップを施し、誰かと同じヘアデザインを被る。

そこに本当の「美しさ」は存在するんでしょうか?

Omo Valley, Ethiopia (エチオピア)
a0037910_14310786.jpg

「だって、みんな可愛いって言ってるもん!」

それは、服であり、メイクであり、ヘアデザインのことで、「自分」ではない。

それらが本当に自分を美しく引き立ててくれるんでしょうか?

アイドルの〇〇ちゃん、女優の〇〇さん、みたいなヘアデザインはその「〇〇さん」を可愛く、キレイに見せるためにあるものです。それらを選ぶ限り、逆立ちしてもその人にはかないません。

だけど、自分自身の可愛らしさ、美しさを引き立てるデザインは「〇〇さん」に無い可愛らしさや美しさがあります。

Mawlamyine, Myanmar (ミャンマー)
a0037910_14310776.jpg

ここ10年くらい、デザインは「みんなと一緒」の共感型で安価で大量消費されています。

僕たちの美容業界もクーポンなどで安売りに走ったお店もたくさんあります。

それでも最近は「自分らしさ」を求める人も少なくありません。

群れから離れるときはちょっと勇気が必要です。違う道を歩こうとすると反対されたり止められたりすることがあります。もちろん、心配してのことでしょうが、それ以上に、自分たちと違う価値観や選択肢を認めたくないという不安や恐怖もあると思います。

それでも、えいやっ!と飛び出て歩き始めたら後は自分を信じて歩を進めるだけです。そこには「自由」という群れの中では得られない満足感と、どんなことが起こるんだろう?というワクワクする期待感を手に入れることができます。

Tibetan Plateau, China (中国)
a0037910_14310799.jpg

「赤信号みんなで渡れば怖くない」

けど、車に跳ねられて大怪我をしたり、命を落としたら悔やんでも悔やみきれないですからね。(笑)

この本はHanaに置いてあるので興味があったら是非、手にとって見てみてください。

そこで出会うのは「世界の美女」ではなく、「自分自身の美しさ」だと僕は約束します。だって、僕がキレイにするから。

Tbilisi, Georgia (ジョージア)
a0037910_14355631.jpg


by hairhana | 2018-11-02 14:36 | hanaの本 | Comments(0)
「10倍早く本が読める」本
a0037910_10411171.jpg
本を読むための本。

今までの「速読術」とは違う「フォトリーディング」という手法。

これで積読で貯まった本もあっという間に片付くかも。


by hairhana | 2018-03-10 10:44 | hanaの本 | Comments(0)
カーテンコール
a0037910_13334605.jpg

正月に本屋に行ったらこの本を見つけたの買って読んだ。


お隣のトシさんと奥様のなお美さんの本、「カーテンコール」。


若くして胆管がんと戦い、最後まで女優として生きたなお美さんとその側で支え続けたトシさんのお話。

a0037910_13334626.jpg

誰にでも「大切な人」がいて、突然、永遠の別れの危機に直面した時、それぞれが思う気持ちは「悲しい」や「辛い」という単純な言葉では言い表せられないよね。


ある人は、一分でも一秒でも長く一緒にいたいと願い、


ある人は、悔いの残らない生き方をしたいと願い、


ある人は、出来る全てのことを施したいと願い、


何が正解か、それは誰にもわからない。



突然、目の前にその選択を突きつけられ、有無を言わさずカウントダウンが始まる。


この本は、読み手にそれを考えるきっかけを与えてくれます。


まえがきの締めくくりに有る、なお美さんの通夜、告別式で導師を勤めた方丈さまの


「今回、私たちも貴重な経験をさせていただきました。


改めて教えられました。人生にとって大切なのは


どれだけ長く生きたかではなく、どのように生きたかだということを・・」


というお言葉を心に刻みながら読むと、トシさんとなお美さんの寄り添い、支えあい、誰も割って入ることの出来ない信頼関係に羨ましくもこうありたいと心に誓える気持ちになります。

a0037910_13334619.jpg



by hairhana | 2018-01-14 15:23 | hanaの本 | Comments(0)
夕凪の街 桜の国
a0037910_08180294.jpg
母が子供の頃、ちょうど戦争が終わって5〜6年経ったころだと言ってたと思う。

お友達のひとりが体調を崩して休んでそれが何日もだったのでみんなでお見舞いに行こうということになったそうです。

数人で待ち合わせるのにひとりひとり迎えに行ったら、ある友達の家でそこのお母さんに

「原爆の放射能の病気は伝染るけえ行っちゃいけん。」

と言われ、まだ小学生で知識も無かった母たちは、何も言い返せず結局お見舞いには行かなかった。

その数日後、その子が亡くなったことを先生に聞いた。

お見舞いに行けなかったことをずっと後悔してると以前話してくれた。
a0037910_08180228.jpg

クラウドファンディングで映画を作りロングランの大ヒットをした映画「この世界の片隅に」の原作者こうの史代さんの作品で「夕凪の街」桜の国」という本があります。

「この世界の・・」の続きではないのだけど、広島に原爆が落ちた10年後のお話。

内容には触れませんが、是非、ご一読を。
a0037910_08180205.jpg



by hairhana | 2017-08-07 06:58 | hanaの本 | Comments(0)
ぼくのにゃんた
a0037910_10053468.jpg
にゃんたは おでかけも だいすき

ネッコレスになって おかあさんと

クラッシックのコンサートに いったり

ネコタイになって

おとうさんのかいしゃにも いってるみたい

ニャイホンは にんきもの・・・・


「空気の人」や「屋根のベンチ(井の頭公園)」等の作品を作った現代アートのアーティスト、鈴木康広さんの書いた絵本


「ぼくのにゃんた」


を買いました。


読んでると不思議と肩の力が抜けてくる絵本です。


子どもよりも大人に見て欲しいと思って買ってきました。(なんと!サイン本)


猫好きにはタマニャンですが、犬好きにも楽しめる本です。


アロマヘッドスパの後、甘くて美味しいゆず茶でも飲みながら、にゃんたに癒やされてみるニャン。

a0037910_10053404.jpg

by hairhana | 2017-05-25 10:18 | hanaの本 | Comments(0)
経営者には幸せにすべき5人の人がいる。
a0037910_13082197.jpg
こんにちは!トモです。


昨日の寒さとは打って変わ・・・らず、寒いですね〜寒!《《(ゝc_<;)》》ブルッ


こんな日は、「おコタに、みかんに、読書」かな〜。


「美容師」としてのキャリアはそんじょそこらの美容師さんには負けないくらいのキャリアと自信はあるけど、「経営者」としてはまだまだひよっこです。


小さいながらもひとつの城を持つ身としては、自分一人がチョキチョキやってるだけではダメで、一緒に働くミヨちゃんやミサキくんが働きやすく、楽しく過ごせる場所にするのも僕の仕事です。


もちろん、訪れてくれるみなさんにも喜んでもらって元気になって帰ってもらう環境づくりもやんなきゃね。


「尊敬する人は誰ですか?」


と聞かれて


「徳川家康!」

「ナポレポオン!」

「松下幸之助!」

等の歴史上の偉人と呼ばれる人や中には

「親父!」


と答える人も多いのですが、どうも会ったことのない人を崇め奉る感覚は僕には備わってないようで、「親父!」は僕が小さな頃母と離婚して大人になってから会ったものの人生を語り合いアドバイスをもらうほどの時間を共有する間もなくこの世を去りました。

それでも、Hanaのお客さんには普段だとお近づきになることすら出来ないような素晴らしい人もたくさんいて、多くの偉業を成し遂げた人もいて、でも、お子さんと一緒にカットに来てくれる普通の主婦のお客さんにも子育てや、女性の感性や心の機微を会話の中で教わったりします。


全ては相手ではなく、学ぼうとする自分の姿勢にあるのかな、というのが僕の結論です。


話は戻って、美容室を経営するにあたって、僕が勝手に「師」と仰いでる方なのですが、北九州で「BAGZY(バグジー)」という美容室を経営されている「久保華図八さん」という人がいます。


久保さんについては以前の
でも紹介させてもらったので、気になる人は見てみてくださいね。


久保さんはお客さんを大切にしてくれるスタッフを家族のように大切にして、口だけでなく「利他的行動」実践している方です。


なかなかお会いできる機会は少ないんだけど、久保さんの話を聞くだけではダメで、教わったことを実行に移すにはそのくらいのスパンの方がいいのかな〜?と勝手に思ってます。


その久保さんが本を出されました。

経営者がするべきことは、家族、従業員、お客様、取引先、地域の人々という周囲の人を幸せにする経営。


まだまだ僕なんかその足元どころか爪の先に引っかかるくらいですが、Hanaの目指すところと同じなので、せめて久保さんの膝小僧にしがみつけるくらいになるよう、この本を読んで頑張ろうと思います。


この本は経営者だけでなく、リーダーシップを取るべき立場の人、部下や後輩を持つ人、指導し教える立場の人など、様々な立場の人にもおすすめです。


とても読みやすくあっという間に読めてしまいます。ただ、それを実行に移さないとね。


読み終わると、きっと「明日」が楽しみになりますよ。


僕はamazonで配送されるまで待てなくてKindleでダウンロードして即、読みました。(笑)


久保さん、いつもありがとうございます。

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ



by hairhana | 2016-11-25 14:05 | hanaの本 | Comments(0)
大切なことはアリスが教えてくれる♡
a0037910_09563178.jpg
子供の頃、ディズニーや手塚治虫のアニメを見て、いろんな大切なことを学んだ。


簡単なところで「ウソをついてはいけない」とか「友達は大切にしよう」とか。


壮大なところで「夢はいつか叶う」とかね。


おとなになると、いろんな現実が目の前に立ちはだかり、世界も広がるのでやらなきゃいけないことや誘惑がいっぱいで、いつの間にか「できないいいわけ」を考えてる自分がいる。


それがいつの間にか「やらない理由」になって行動さえ起こさなくなって究極の低燃費人間になっちゃってたりするね。


そんなとき、「背中を押してくれる言葉」を聞くと、ちょっとだけだが前に出る。すると、なんか「風」を感じる。そして、自分の力で一歩踏み出した時に「景色」が変わる。


そこには日常に埋もれてた自分と違う自分がいる。


「髪の毛を切る」のも同じかもしれない。


さっきまでの自分と違う自分が目の前にいる。そして、当然、いつもよりキレイだったり、可愛かったりしてる。


「そうだ!誰かに会いに行こう!」


それだけで、人生が大きく変わるかもしれないね。


「アリスと読むシェイクスピア」。


ふしぎの国のアリスの挿絵にシェイクスピアの演劇の名台詞を添えられていて、読むと心のブレーキがちょっとだけはずれる音がする。


いつもと同じ風景、いつもと同じ人達が輝いて見える。


そして、明日が待ち遠しくなる。


「明日をつくる言葉」(角川書店)¥1500


Hanaに置いてあるから読んでみてね〜♡

a0037910_09563151.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ 


by hairhana | 2016-08-10 10:15 | hanaの本 | Comments(0)