hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> hanaさん あり..
by hairhana at 03:18
そうですnigi nig..
by hana at 01:28
> hanaさん コメ..
by hairhana at 15:33
素敵な美容院ですねー ..
by hana at 01:39
素敵な美容院ですねー ..
by hana at 01:39
ブログパーツ
検索
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1370)
(1366)
(1365)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

2018年 01月 31日 ( 1 )
働いてもいいんじゃない?

a0037910_16230943.jpg

小学4年生の頃、友達の間では「自分の好きなレコードをステレオでテープに録って交換する」というのが流行っていました。


当時、我が家にあった音響機器は母親の持っている「てんとう虫」のレコードプレーヤーのみでした。


a0037910_12181952.jpg

みんな「オレのステレオ!」と言ってるが正確に言うと「オレの親父のステレオ」でした。


当然、小学生のボクはそんなことはつゆ知らず母親に


「みんな持っててオレだけ持って無いから買うてぇ~~!」


と母親に懇願します。

a0037910_12240735.jpg

「そんなもん、のおても(無くても)死なんでしょ?」


が母親の口癖だったが、その時ばかりは何故か折れませんでした。


「死ぬよ!みんな交換しとるんじゃけえ。ボクだけ仲間はずれなんよ!(TдT)」


みんながテープを交換してる姿を離れて見てる自分を思い出したら涙が出てきた。


すると母親が部屋の奥に行って通帳を持ってきてボクの目の前に開いて見せて


「お母さんがなんぼ(いくら)お給料もろうとるか知っとる?あんたにはお父さんがおらんけえ、それでも不自由させんようになるべく欲しいもんとか買ってあげようと、お母さん一生懸命頑張ってきたんよ。それでもね、買えんもんは買えんのよ!うちにはお金が無いんよ!」


と泣きながら話してくれました。


ボクが5歳の頃、両親が離婚して母親の実家に住んでいました。


子どもの自分には親がいくら貰ってて生活にいくらかかるか全くわからず、お小遣いなどは親の気分次第で変わるものくらいにしか思ってませんでした。



さすがに「これはマズイことを言ってしまった。」と思い、それ以上のワガママは言えませんでした。


それでも欲しいものは欲しいわけで、特に子供同士の「みんな持ってる」は最強なわけで、だからと言ってステレオなんか自分のお小遣いで買える金額ではありません。


そこで思いついたのが「アルバイト」でした。

a0037910_13122451.jpg

祖父に頼み込んで自分家で取っていた新聞屋さんにお願いして新聞配達のアルバイトをさせてもらうことにしました。


自転車を持ってなかったので集配所まで歩いて行ってそこの自転車を借りて配っていました。


5時に起きてそのまま行って新聞に折込のチラシを入れる作業から始まります。


雨の日も風の日も雪の日だって風邪引いてても行かなきゃ行けなかった。初めて「働く厳しさ」を知りました。

a0037910_13162427.jpg

1ヶ月働いて初めてのお給料は嬉しかった。そのお金で分割で自転車を買いました。そして残ったお金で母親にハンカチを買いました。


渡した時、母親が泣いたかどうかは思い出せなかったけど喜んでくれたのは覚えています。


当然、周りの友達はアルバイトなんかしてなくて、急に回りが子どもに(自分も子どもなんだが)見えてきて、結局ステレオを買ったのは中学生になってから(もちろんバイトのお金で)でした。(山水のダブルカセットデッキ付きのやつでした。)




先日、ミサキくんのブローモデルになってくれた高校3年生の女の子が来てくれた。


その子は


「本当は卒業したら就職するつもりだったんですけど、推薦で大学に行けることになって大学に行くことになったんです(笑)」


と話してくれた。もちろん塾にも行ってない。1,2年製のとき頑張ったそうです。


今は友達と卒業旅行に行くためにアルバイトをしてるそうです。


(これはさすがに・・・(笑))

a0037910_13253358.jpg

でも、その学校が「アルバイト禁止」の学校なので、見つからないように家から1時間半も離れたところに通ってるそうです。


その子の家の事情はわかりませんが、ボクと似た境遇なんでしょう。




子どものアルバイトを禁じてる学校がほとんどです。


なぜ、アルバイトをしてはいけないんでしょうか?


「子どもに大金を持たせてはいけない」

a0037910_12344659.jpg

親からもらった小遣いならいいんでしょうか?


「遅い時間まで働いて夜遅く外を出歩いてると危ない。」


夜に小学生が塾の帰りでウロウロしてますよ。塾なら危なくないんですかね?


お金が無い家の子はどうすればいいんでしょうか?


その子のように友達と卒業旅行に行きたい場合、禁止してる学校が出してくれるんでしょうか?


部費やそれにかかるお金を出してくれるんでしょうか?

a0037910_13321087.jpg


ボクもそうでしたが一生懸命働いて得たお金をそうそうムダなものに使ったりしませんよ。少なくとも親のすねをかじってる子どもよりお金に対する価値観はシビアですよ。


そして、なによりも社会の底辺を体験することが出来ますから。


いつか大学を出て就職してアルバイトの人たちを「使う立場」になった時、「使われる立場」を経験した人とそうでない人とでは絶対に「差」が出ます。


そして、アルバイトはエンドユーザーに一番近い場所にいます。そこでの経験が新しいビジネスやサービスを生み出したり、イノベーションを起こしたりできるんだと思います。

a0037910_16131998.jpg


学費、部費、遊興費、生活費、小遣いそして塾とか全部払える親ばかりじゃ無いと思うのですよ。


子どもって「ダメ!ダメ!」って大人が言ってるとどうするか知ってますか?「嘘」をつくんですよ。


そして嘘をつき始めると嘘を上塗りしていかなくてはいけなくなるのでそれが大きくなった時、取り返しの付かないことになったりするんですよ。

a0037910_16162227.jpg


「働く」という行為は「人を喜ばせる」行為です。尊いことだとボクは思います。


子どもが信じられないなら登録制や申告制にしてもいいじゃないですか。源泉だって出るし、バイト先に確認だって取れるじゃないですか。


仮に親がお金持ちで子どもが働かなくてもいい環境にあったとしても「働く」経験はさせてあげればいいじゃないですか。決してムダにはならないと思うんですけどねえ。


[PR]
by hairhana | 2018-01-31 16:26 | hanaのひとりごと | Comments(0)