人気ブログランキング | 話題のタグを見る

hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
プレゼント
オススメ Link
最新のコメント
> 都わすれさん コメ..
by hairhana at 07:57
初めまして。こちらにて失..
by 都わすれ at 10:35
> 奏海さん こんにち..
by hairhana at 18:02
カラーラック困ってました..
by 奏海 at 14:07
> みおさん 真面目で..
by hairhana at 16:57
ブログパーツ
検索
以前の記事
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(2166)
(2160)
(2156)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

青天の霹靂
青天の霹靂_a0037910_06471788.jpg
青天の霹靂
【意味】予想外のことや事件が突然起こること。

僕の両親は僕が5歳くらいの頃離婚しました。

僕は母に引き取られ、母の実家で暮らすことになりました。

祖父は薬局を営んでおり、その場所は人の賑わう商店街で、近所の人も優しく、「家湯」が無い地域でみんな銭湯を利用していて、友達もみんなそこに集まって自然とコミニケーションを取っていました。

母は「東洋工業(現MAZDA)」で働いて、祖父が出かけるときは代わりに「店番」を頼まれることも多く、いわゆる「看板息子」で近所の人からもお土産をもらったり、とても良くしてもらいました。

祖父も父親代わりに手作りで竹馬を作ってくれたり、散歩に連れて行って木や花の名前を教えてくれたり、時には悪さをして大きなタンスの取手に手足を縛られ折檻されましたが、僕にとっては大好きなおじいちゃんでした。

そんな生活だったので「淋しい」と思うこともなく、父親がいない淋しさというものは一度も感じることがありませんでした。

強いて言うなら、やはり経済面での我慢や諦めがありましたが、それも「いつか大金持ちになってやる!」という夢を僕に抱かせてくれたので、それはそれで生きる原動力になって良かったかもしれません。(まだ叶ってませんけど)

母から離婚の理由を話してくれることは無かったのですが、大人になって自分も人を愛して恋をするような歳になり、たまたま、父の話になって

「で、結局、なんで別れたん?」

とまあ友達同士の世間話的な感覚で聞いたら、物置の奥に仕舞ってあったずっと開けていない机の引き出しから舞い出てくる埃を気にするように話してくれました。

なんとなく思い出したくない話なのは僕にもわかったので「それで?それで?」と掘り下げて聞くこともなく、母の記憶の一部を断片的に見せてもらった感じでした。

13年前、母を亡くし、その数年後、広島にいる父も他界しました。

今になっては、45年前に父と母の間であった出来事を知る人はこの世に誰もいません。

親戚や友人など、その「状況」を知る人はいても、二人の心の傷や葛藤を知る人はいません。

僕は父親に愛されていたんだろうか?

母にとって僕はどんな存在だったんだろうか?

全てが「多分・・・」でしか答えられないものでしかありません。



クリスマスイブの夜。

劇団ひとりさん監督作品の「青天の霹靂」という映画を観ました。

うだつの上がらない売れないマジシャン役の大泉洋さんが、父の浮気で自分をも捨てた母を恨み、ホームレスになって死んでしまった父親を恨み晴天の下で泣き崩れた時に雷に打たれ、タイムスリップをした先にいたのは、若き日の父親と母親で、ひょんなことから父親と組んで浅草でマジックをやるというお話。

そこには、まだ自分が生まれる前の父と母がいて、そして、自分が生まれた経緯やその時の父と母の思いに触れることになります。

「笑いと、たぶん一粒の、涙」

とあるように映画に感情移入して流す涙を一粒ですが、自分の母の思いを感じて心の中で涙しました。

まだご両親や親御さんがご存命の方は是非、両親の恋愛や、出会った時の話、そして、自分が生まれ、育ってきたときの親の思いを改めて聞くのは恥ずかしいとは思いますが、是非、「ひとりの大人として」聞いてみてください。

その話は、どれだけお金を積んでも、どんなに科学が進歩しても、今しか聞くことができない大切な話だからです。

僕の父と母のように離婚したとしても、出会った頃は愛し合って、結ばれて、優しさと愛情の中で生まれてきたはずです。

今の僕には「想像」しかできませんが、父にも母にも愛されていたのはわかります。
ただ僕が二人に対して、いつまでも子どもだったというだけです。

大人になった今なら、二人の気持ちや考えをわかってあげられるような気がします。

普段あ離れて暮らしていて会えない人も、お正月に帰省して、お母さんがおせち料理を作ってくれる後ろ姿も、お父さんが照れくさそうに「おかえり」と言ってくれたりする極々当たり前の光景全てが愛情です。

そして、言える言葉はひとつだけ

「ありがとう」

青天の霹靂_a0037910_06471761.jpg
映画「青天の霹靂」
http://www.seiten-movie.com/index.html


恵比寿 美容室 ヘアーハナ
中西トモミチ

by hairhana | 2014-12-25 07:47 | hanaの映画 | Comments(0)
<< みなさん、お疲れ様でした ☆Merry Merry Xm... >>