hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
プレゼント
オススメ Link
最新のコメント
> HANAっ子さん ..
by hairhana at 18:06
今回はアヤコちゃんは一緒..
by HANAっ子 at 12:27
> 懐かしくて懐かしくて..
by hairhana at 13:53
今からはや40年前、私も..
by 懐かしくて懐かしくて at 21:54
> hanaさん あり..
by hairhana at 03:18
ブログパーツ
検索
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1452)
(1447)
(1446)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

「人手不足」に悩む前に・・・
a0037910_05434864.jpg

こんにちは、トモです。

最近、コンビニに行くと店員さんがお年寄りか外人さんしかいません。

ファーストフード店もほとんど行きませんが、たまにコーヒーを買うとやはり外人さんが多いみたいです。

「人手不足」と世間では騒がれていて「外国人労働者雇用」とかが問題になってますが、そんなに人がいないのでしょうか?

先日の渋谷のハロウィンを見ると若い人のパワーはこんなにあるのかと驚くぐらいいます。

じゃあ「サービス業は人気がない」のか?と言うとStarbucksに行くと日本人スタッフはたくさんいて、外国人スタッフも程よい程度でいます。そこにどんな「違い」があるのでしょうか?

僕は「カッコ良さ」だと思います。

スタバの特徴として
・プロっぽい(オーダーの多様性,コーヒーの知識)
・オシャレ
・コミニケーション能力が高い

僕が一番関心したのは、以前、骨折して電動カートに乗っていた時、休みの日に恵比寿ガーデンプレイスに行ってコーヒーでも飲もうかと思って最初、恵比寿三越に入ってる店に行こうとして受付の人に

「電動カートの充電をさせてもらえますか?」

と尋ねたところ、受付嬢は「ちょっと待って下さい」と多分、上司かなんかに電話して結局「そういうことはしてません」と断られたことがあります。

がっかりして、昔のガーデンタワーに入ってるスタバに行って、ダメ元でたまたまそこにいた若いアルバイトのお兄さんに同じことをお願いしたら、彼は「ちょっと待って下さい」と三越の受付嬢と同じセリフを言ってまた上司に相談するのかと思いきや、充電できるテーブルのひとつに「予約席」の札を置いて

「ここで充電できますけどコードは届きますか?」

と聞いてくれた。僕は感動した。

彼は「自分の裁量」でそれを決め行動に移したんです。それはただひとつ「お客さんを喜ばせる」これが全ての判断基準になってるのだろうと思いました。そして、その権限を与え、スタッフを信頼しているStarbucksに感心しました。(後はコーヒーさえ美味しくなってくれたら無敵なんだけど(笑))

彼はスタバのアルバイトの経験を経て就職して社会人になってもこの「発想」力と「判断力」を持って活躍するだろうことは簡単に想像できます。「スタバでバイトすると就職に有利」と言われているのも頷けます。

残念ながらコンビニやファーストフード店は「作業」です。スタッフは黙々と客のオーダーを聞いてその商品を提供したり、機械的にレジを打ちます。(今はレジで読み取るですね)そこに感動も工夫もありません。

それどころか、コンビニはこの人手不足の解消にAIを導入し「無人」の店舗を作ろうとしています。そうなると人は最早「機械の代わり」でしかありません。そんな仕事に憧れたりやってみたいと思う若者がいるとは思えません。だから「時給で釣る」しかないのです。

僕たち美容師の業界も「人手不足」で頭を抱えている店舗はたくさんあります。今後「外国人雇用」も視野にいれないといけないと言ってる人もいます。もちろん、外国人のスタッフの方が優秀な場合もあります(彼らは母国語と外国語の両方使える時点で僕なんかよりはるかに優秀です)

でも、その前に「できること」があるんじゃないでしょうか?

かつての「カリスマ美容師」みたいに上っ面だけのカッコ良さ(本当にカッコこイイ人もいましたが)じゃなくて「本物のプロ」としてスタイリスト(カットする人)だけでなくアシスタントまで、それぞれが「サービスのプロ」として、自分で「発想」し、「判断」し、「行動」に移す。「責任感」を持ち、その責任を信頼し与えることができる店や仕事こそ、感動を呼び「憧れ」になるのではないかと僕は思います。

仕事が終わって遅くまで残って習得した技術をクーポンで割り引かれ、数をこなし、お昼ごはんも満足に食べられない状況で日々を過ごす時代では無いと僕は思います。

Hanaにはサービスの「マニュアル」や「決め事」はありません。ただひとつ、

「来てくれたお客さんがまた来たいと思ってくれる感動を提供する」

これだけがキーワードとしてあります。そして、それぞれがその場で判断して最良のサービスをして、それを仕事終わりにみんなで話し、お互いが共有します。なので、ミヨちゃん、ミサキくんスタートのサービスがたくさんあります。むしろ最近は僕のほうが教えてもらうことも少なくありません(笑)

サービスは生き物なので、時代だけでなく、季節、日時、天気、気分、個人、とその場その場で変化します。かつてあの大きなハンバーガーチェーン店が「スマイル¥0」とメニューに掲げ話題になりましたが今やその文言があるのかさえ気にならなくなりました。

オマケや割引を餌にお客さんを「釣る」のは最早サービスでもなんでもありません。そんな場所で「働きたい」と思う若い人がいるとは思えません。もし、時給に釣られてもお客さん同様「逃げて」しまいます。

是非、サービスの原点に立ち戻り、「技術とサービスでお客さんを感動させる」ただこれだけで勝負すると街もそして、この国も活気がでて楽しい時代になると思います。

P,S

ちなみに、Hanaの近所の「元サークルKで現ファミマ」の店主のご夫婦と店長の息子さんはメチャメチャコミニケーション能力が高くて、ミヨちゃんは毎朝利用しています。さらに「100円ローソン」の中東系の外国人のアルバイトのお姉さんはとても明るくて子どもに「キョウハナニシテアッソンダ?」とか聞いててとても楽しそうです。

おしまい

[PR]
# by hairhana | 2018-11-20 05:49 | hanaのひとりごと | Comments(0)
クリスマスプレゼント
テスト
[PR]
# by hairhana | 2018-11-19 16:03 | プレゼント | Comments(0)
僕たち、チェッカーズで〜〜す♪
a0037910_17193883.jpg
こんにちは、トモです。

長い時間一緒にいると「似てくる」のはなにも夫婦だけでないのかもね。

ミサキくんとファッションがもろかぶり。(笑)

「僕たち、チェッカーズで〜〜す♪」

的な?

[PR]
# by hairhana | 2018-11-17 17:21 | hanaのひとりごと | Comments(0)
リアルグレーテストショーマン
a0037910_16503813.jpg

こんにちは~トモです。


昔、お祭りとかに「見世物小屋」というのがありました。


文字通り小屋で柱にキック一発で壊れそうな作りです。


入り口脇にのぼりが立っていて「恐怖!!蛇女!!」「呪いの牛女!!」とか手書きのヘタ字が余計に怖さを後押しします。


入り口でお金を払って中に入ります。


40~50人くらい入れるくらいでしょうか。目の前にステージがある薄暗い小屋の中。


「ブ~~~!!!」


始まりの音が鳴ってヒゲのサーカスの「団長」ぽいおじさんが出てきて


「数々の呪いを受けたものたちを御覧ください!」的な前口上をして、


「では、一番バッターは(打つんかい!)蛇に呪われた蛇女!!!」


黒髪ロングの「昔キレイだったろう女性」が出てきて挨拶をします。右手になにかを持ってます。「蛇」です。


それをおもむろに鼻の穴に差し込みます。客席がザワザワします。途中、左手を口に中に入れて引き出すと口から蛇が出てきます。


鼻と口は繋がってるので当たり前っちゃあ当たり前ですが。


「あああああ~~~~!!!(「あ」に濁点が付いてると思ってください。)」


その蛇を頭シッポ、両方持ってまるで銭湯のおじいちゃんがタオルで背中をのゴシゴシするように鼻と口で出し入れをします。


客席は「ポカ~~ン」です。


ひとしきり左右のお客さんにも見せた後蛇はそのままにして、丁寧に一礼して舞台袖に消えていきます。


入れ替わりに「団長」が入ってきて


「次は、牛に呪われた牛女ぁ~~~!!!」


と言うと「小人症」と言うんでしょうか、顔だけ大人で身体は小さくて手足も短い女性が


「モォ~~~~~!!!!!」


バタバタバタ~~~!!と四つん這いで走ってきます。鼻には大きなリングみたいなものをつけて舞台を端から端まで暴走します。


会場は拍手一つありません。子どもだった僕でも「こりゃあかんやつだ!」と思ったのを覚えています。


今なら確実に「労働なんとか局」とかの行政団体や、「差別なんとか」の団体から猛抗議になっただろうと思います。


しかし、昔はこういった障害を抱える人やまともな仕事につけない人も多かったんだと思います。こういった身体的特徴を活かした仕事について生活をしている人もいたんだろうと思います。


ふと思い出したのが最近ヒットした映画の「グレーテストショーマン」。まさにあの世界。


かわいそうだとか差別だとか言う前にその人達が一生懸命頑張ってることに対して正しく評価することが大切なのではと思いました。


先日発覚した厚労省の障害者雇用の水増し事件もそうですが。この国はそういった人たちへの向き合い方が甚だ遅れています。と言うか向き合おうとしてないのかもしれません。


多分、もう見ることは出来ないかもしれないけど、今、見るとあの頃と違った感覚で彼らの「芸?」を受け止めることができるのかもしれない。


しかし、もう少しひねって欲しい。



[PR]
# by hairhana | 2018-11-16 17:51 | hanaのひとりごと | Comments(0)
世界に一つだけの枕(つ∀-)オヤスミー
a0037910_05031902.jpg
こんにちは!トモです。

ミヨちゃんの「10周年記念」のプレゼント第二弾は「オーダーメイド枕」です。

ミヨちゃんは首のヘルニアでいつもぐっすり眠れなかったり、首や肩、背中が痛くなります。

なので、枕はと〜〜っても大切なアイテムなんです。

早速、広尾プラザの2階に入ってる「日本橋西川」さんにGO!
a0037910_05033390.jpg
店長の中村さんが丁寧にヒアリングをしてくれます。

睡眠に関する全ての悩みから部屋の環境まで細かくチェックしてくれます。
a0037910_05033308.jpg
その後は「クイック測定」と言って頭の形を測ってもらいます。

頭の形はホント十人十色で市販の枕で自分にピッタリの枕に出会えることは「運命の人」に出会うよりも難しいかもしれません。

ミヨちゃんの頭の形はこんな感じです。
a0037910_05034049.jpg
西川のオーダーメイド枕は3層構造になっていてベースの上に通気性のいい備長炭のチップがあって、それも上下合わせて14のユニットに別れているので、左右や上下の微妙な調整も思い通り。

実際、ミヨちゃんは右の肩が浮くので左右対称の枕だとどうしても左右どちらかが常に緊張したり圧迫される状態になります。

なので、左右の高さを調節してミヨちゃんにピッタリのベースを作ります。

「備長炭のチップを入れる中村店長」
a0037910_05033375.jpg
次に表層部の素材を選びます。固めから柔らかめまで7種類の素材から選べます。

ここが悩みどころです。

ミヨちゃんは一番やわらかくてモチモチの「エンジェルフロート」を選びました。
a0037910_05034020.jpg
さあ、いよいよご試着、いやご試寝です。

ピッタリになるように細かく調整してもらいます。
a0037910_05033374.jpg
最後までパフとエンジェルフロートで悩みます。

実際に触ってみた感覚と、枕として頭を支える感覚は全く違うものなんだそうです。

さらに下層のバランスも調整してもらいます。
a0037910_05031829.jpg
真剣に寝ながら考えて出来上がりました。「世界に一つだけの枕」です。

西川のオーダーメイド枕のいいところは実際、家に持ち帰って使ってみると「ん?もうちょっと」と思って持って行くと何度でも無料で調整してくれるところです。(中身の交換は有料です)

実際に使った感想は3日目にしてすでに「快適♡」だそうです。

今まで眠りが浅かったのがぐっすり眠れるそうです。

西川さんは眠りについて懇切丁寧に相談に乗ってくれるので是非、Hanaに来た帰りにでも行ってみてください。

Airのマットで横になると数分で落ちそうになります。(笑)

「これで決まり!」
a0037910_05031854.jpg
日本橋西川 広尾プラザ店
渋谷区広尾5丁目6−6
03−6277−4640
開店時間: 10:30 〜19時




[PR]
# by hairhana | 2018-11-15 06:09 | オススメ | Comments(0)
満10歳になりました!!
a0037910_11253938.jpg
ミヨちゃんの「10歳」の誕生日です・・・・。

「サバ読み過ぎだろ」?いえいえ、ほんとに10歳です。Hanaに入って。

初めてHanaに来た時、履歴書の健康欄に「良好♡」と書いてあったのに、ガリガリで疲れきっていたミヨちゃん。

「Hana雰囲気が好き」と言ってくれた一言で採用!

あれよあれよという間に健康に。デニムのスカートが音を立てて裂けるくらいに成長しました。(笑)

お祝いに「テラスで焼き肉」しました。
a0037910_11253888.jpg
二人でやってる時もありました。

大声で言い合いしてケンカしたときもありました。

練習が上手くいかなくて、泣いちゃったときもありました。

彼氏にフラレて慰めたときもありました。

時には韓流に突っ走り、時にはイケメン俳優に突っ走り、時にはアニメや声優さんに突っ走り。
a0037910_11253951.jpg
一度好きになるととことん好きでいる。

何事もハマると猪突猛進。

お客さんと話したことはちゃ〜んと覚えてる。

「向き合う」というより「寄り添う」接客が得意。

嘘がつけない。

涙もろい。

「言いまつがい」の女王。

料理が上手。

裁縫はプロ並み。
a0037910_11253951.jpg
今のHanaはミヨちゃんあってのHanaです。

「ミヨちゃんじゃないと」って言ってくれるお客さんも今ではたくさんいます。

それはミヨちゃんが10年間、アシスタントの頃からず〜〜っと真面目にお客さんに接してきたからでしょう。

プレゼントは、迷いに迷って今、ミヨちゃんに一番必要なもの。

「マットと枕」にしました。

日本橋西川の点で支える「Air」のマット。そして、ミヨちゃんの頭の形、肩の位置、そして素材を全てジャストに作る「オーダー枕」です。

この日は一足早くマットが到着したので、枕のチケットと一緒にプレゼント。

どうですか?この満足そうな顔は(笑)

ミヨちゃん、本当にありがとう。そして、これからもよろしくお願いします。
a0037910_11253998.jpg


[PR]
# by hairhana | 2018-11-14 16:15 | 大好きな人 | Comments(0)
(顔が)ちっちゃくなっちゃった!(with LeeKoさん)
a0037910_11430165.jpg

こんにちは!トモです。

写真の女性は韓国の美容家LeeKoさん(リーコ)です。

アジアを拠点に欧米に至るまで様々なステージで活躍されています。

各国のモデルやセレブのパーソナルビューティーアドバイザーから、自身のブランド「DULEE」等を展開し、多くの女性を笑顔にしています。

LeeKoさんはとにかく「明るい」太陽☀みたいな人です。

縁あってHanaと懇意にしてもらっていて、昨日、ブライダル会場として有名な洋館「ラッセンブリ広尾」で各界のデザイナーを始めビューティーに関わるアーティスト達と2日間に渡ってバサーを開きました。
a0037910_06355808.jpg
今回、Hanaからミサキくんがアシスタントとしてお手伝いをさせてもらいました。

2日目、ミヨちゃんと陣中見舞いに訪れると、なかなかなアシスタント振りで、実は、ミサキくん、Hanaに入ったばかりの時は毎週「日サロ」に通っていて、いわゆる「ガングロ男子」だったのが、Hanaで扱ってる「化粧品の原液」と出会ってから、いきなり「美白男子」に180度シフトチェンジ。

今ではナノセラミドとコラーゲンで驚くくらい透明感のある肌になってます。

僕とミヨちゃんから「ミッコーさん」と名付けられ、誰よりも詳しくお客さんに肌ケアのアドバイスをしています。

(LeeKoさんとミッコーさん)
a0037910_11430113.jpg

ちょうどお客さんが切れたタイミングを見計らってLeeKoさんにこえをかけてお話をしたら、なんと!LeeKoさんのオリジナル「マリンコラーゲン」でフェイシャルマッサージをしてくれました。

顔にミストを振ってかる〜くリンパマッサージをしたら、あれよあれよという間にたるんだほっぺが上がっていきます。
a0037910_11430158.jpg

僕もやってもらったんだけど、半分やってない顔が「疲れて老け込んだおっさん」の顔でビックリしました。

触ると肌がモチモチ!50過ぎのおっさんの肌じゃねえ。

元々、小顔のミヨちゃんの顔がさらに小顔に!!驚きの連続でした。


早速ミヨちゃん、お買い上げ。

LeeKoさんにお願いして、マリンコラーゲンを分けていただいて、Hanaに来てくれるお客さんに試してもらうことにしました。

来た時に「顔上げて!」と言ってもらえればLeeKoさん直伝のフェイシャルマッサージをやりますから気軽に声をかけてくださいね。(一部の忙しい時間帯はできないかもしれないのでご了承ください)

小顔になったみんなでハイ!パチリ!📷
a0037910_11430277.jpg

ミヨちゃんが小顔になってく様子はこちらで御覧ください。ついでにLeeKoさんの「小顔リンパマッサージ」のテクニックも是非!お家でお試し下さいね。

LeeKoさんのHPはこちらです。




[PR]
# by hairhana | 2018-11-08 07:03 | 大好きな人 | Comments(0)
今年も会えたね💗
a0037910_19452277.jpg
こんにちは〜トモです。

今年ももう後2ヶ月を過ぎました。

なんだか寂しいですね〜。(TдT)

でも、嬉しい事もあります。

Hanaのある恵比寿ガーデンプレイスに今年もパペット作家の「OrangeParfait(オレンジパフェ)」さんの個展が開かれます。
a0037910_19452369.jpg
オレンジパフェさんはHanaに飾ってあるハナ(僕が飼ってた看板犬)のパペットを作ってくれた人です。

作家活動だけでなく、洋の東西を問わず、被災地に出向きパペットを操り子どもたちを笑顔にしたり、自作のパペットをプレゼントしたりされてます。
a0037910_19452263.jpg

今回はさらにパワーアップしてたくさんのパペットたちとの共演です。

Hanaに来たついでに、いや、オレンジパフェさんの個展に来たついでにHanaにもお立ち寄りくださいね。

おしまい



[PR]
# by hairhana | 2018-11-06 03:51 | 大好きな人 | Comments(0)
今年もこの時期がやってきた!

a0037910_19455581.jpeg



こんにちは!みよです^^*




ハロウィンも終わって街はチラホラとクリスマス使用にシフトチェンジ!




ってことで、仕事がひと段落した夕方にみんなでガーデンプレイスへお散歩と言うなの休憩に行きましたw






毎年恒例バカラのシャンデリアが飾ってあり、たくさんの人が見に来てましたが、ガーデンプレイスは周りの建物がレンガ調ってこともあってすごく雰囲気があります。




例のドラマのこともあって聖地にもなってるしねw






1年で1番キラキラしてる時なんじゃないでしょうか.+*:+.




a0037910_19461212.jpeg





広場ではクリスマスマーケットも出ていて、ハナのパペットを作っていただいたオレンジパフェさんも出店されています。



a0037910_19462915.jpeg





今年は去年とまた違った雰囲気だったのでぜひみなさん行ってみてください!




リアルで愛らしいパペット達に出逢うことができますよ\(^o^)/






まだクリスマスまでは少し時間がありますが、いろんな所へ行って雰囲気を味わってみてくださいね♡








 












最近みなさんに「髪伸びたねー!!」と言われる私ですが、本人自覚なし!!




早くもっとロングになりたーい(」^o^)」





ではでは。




ばいちゃ★



a0037910_19465329.jpeg



[PR]
# by hairhana | 2018-11-05 19:45 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(0)
世界の美しい女性たち「THE A TLAS OF BEAUTY」

a0037910_15232162.jpg



おはようございます。トモです。


久しぶりに「いい本(写真集)」に出会った。


ルーマニアのブカレスト在住の女性写真家ミハエル・ノロックさんが、2013年より5年間にわたって60ヶ国以上の国々へ渡航し、5ヶ国語でコミュニケーションをとりながら、あらゆる状況におかれた2000人以上の女性たちの撮影して出版しました。


「The Atlas of Beauty(美の地図)」プロジェクトとしてソーシャルメディアで発信。


女性たちを称賛し、財産や人種、社会的地位に関係なく、美しさがいたるところに存在していることが伝わるポートレートは、世界的に大きな反響を呼んでベストセラーになっている。


Shiraz, Iran (イラン)


a0037910_14310775.jpg



冒頭の言葉の中に


「その女性たちのほとんどが、懸命に働き、奮闘していました。彼女たちは、時に女性として差別に直面することもありましたが、そのような厳しい状況下でも、星のように輝いていたのですーーーー品位と、強さと、美しさを兼ね備えながら。」


とある。


彼女たちは、自分の人生を自分で創り、自分の歩む道を自分で選ぶんだろう。


決して「結婚するなら~、年収〇〇百万で~、大学は〇〇卒で~、出来たら次男で~、それからぁ~・・・。」


とか言ってる女性はその品位と、強さと、美しさを兼ね備えた「ほとんど」の中には存在しないのだろう。


Amazon Rainforest(ブラジル アマゾン)


a0037910_14310797.jpg


そして、こうも話している


「わたしの考える美しさとは、ありのままの自分でいること。自然であり、偽りがないこと。しして、自分の内面をさらけ出すこと。女性が特定の振る舞い方や見た目を求められるプレッシャーがそこかしこに存在する現在。それを実行することは難しくもあります。ある状況下では、ひかえめで可能な限り覆い隠すことが求められるからです。一方、対照的に、色っぽく見せなければならないようなプレッシャーが存在する場合もあります。ですが、最終的にはすべての女性それぞれが、自分をどう見せたいかについて事由に決め、外の世界の圧力を感じずに、なにかにとらわれることなく自身の美しさを探っていくべきです。」


どこかで見たようなファッションを身にまとい、誰かがしてたようなメイキャップを施し、誰かと同じヘアデザインを被る。


そこに本当の「美しさ」は存在するんでしょうか?


Omo Valley, Ethiopia(エチオピア)

a0037910_14310786.jpg



「だって、みんな可愛いって言ってるもん!」


それは、服であり、メイクであり、ヘアデザインのことで、「自分」ではない。


それらが本当に自分を美しく引き立ててくれるんでしょうか?


アイドルの〇〇ちゃん、女優の〇〇さん、みたいなヘアデザインはその「〇〇さん」を可愛く、キレイに見せるためにあるものです。それらを選ぶ限り、逆立ちしてもその人にはかないません。


だけど、自分自身の可愛らしさ、美しさを引き立てるデザインは「〇〇さん」に無い可愛らしさや美しさがあります。


Mawlamyine, Myanmar(ミャンマー)

a0037910_14310776.jpg


ここ10年くらい、デザインは「みんなと一緒」の共感型で安価で大量消費されています。


僕たちの美容業界もクーポンなどで安売りに走ったお店もたくさんあります。


それでも最近は「自分らしさ」を求める人も少なくありません。


群れから離れるときはちょっと勇気が必要です。違う道を歩こうとすると反対されたり止められたりすることがあります。もちろん、心配してのことでしょうが、それ以上に、自分たちと違う価値観や選択肢を認めたくないという不安や恐怖もあると思います。


それでも、えいやっ!と飛び出て歩き始めたら後は自分を信じて歩を進めるだけです。そこには「自由」という群れの中では得られない満足感と、どんなことが起こるんだろう?というワクワクする期待感を手に入れることができます。


Tibetan Plateau, China(中国)

a0037910_14310799.jpg


「赤信号みんなで渡れば怖くない」


けど、車に跳ねられて大怪我をしたり、命を落としたら悔やんでも悔やみきれないですからね。(笑)


この本はHanaに置いてあるので興味があったら是非、手にとって見てみてください。


そこで出会うのは「世界の美女」ではなく、「自分自身の美しさ」だと僕は約束します。だって、僕がキレイにするから。


Tbilisi, Georgia (ジョージア)

a0037910_14355631.jpg




[PR]
# by hairhana | 2018-11-02 14:36 | hanaの本 | Comments(0)