hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> hanaさん コメ..
by hairhana at 15:33
素敵な美容院ですねー ..
by hana at 01:39
素敵な美容院ですねー ..
by hana at 01:39
わ!!誤字ですね^^; ..
by hairhana at 17:07
×thinkinng→〇..
by 無名 at 09:53
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1288)
(1284)
(1284)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

不純喫茶?
a0037910_09123920.jpg
おはようございます!珈琲大好き♡なトモです。☕

とりあえず、毎朝、Hanaに来てこのブログを打ち込みながら珈琲を飲んでます。


「素朴な疑問」ってみなさんありませんか?

1,ジーンズとかに着いてるちっちゃいポケットって何入れるためにあるの?

2,どうして洋服のボタンは男女で逆なの?

3,どうしておばあちゃんの耳はそんなに大きいの?

4,どうしておばあちゃんの口はそんなに大きいの?

とか、まあ、人それぞれあると思います。

今だと「ネットでググれば」すぐ解決するんですが、あまりにも素朴すぎて忘れてたりします。


僕にとって「純喫茶」がそのひとつです。

今では「カフェ」と呼ばれる店が多いのですが、僕の子供の頃、珈琲を飲むのは「喫茶店」でした。今みたいに喫煙にうるさくなかったので、たいていの喫茶店ではタバコの煙がモクモクしていした。

なので、喫茶店と言うと「大人の店」のイメージが強く、中には「不良のたまり場」みたいな店もあって、「子供は行っちゃいけません!」なんて言う家も少なくありませんでした。

僕が中学の頃「インベーダーゲーム」が流行って、テーブルをゲーム機に変える喫茶店も多く、時には行列が出来たり時間制だったりしたのを覚えています。

僕の家は母子家庭で、夏休みとか親からお金をもらって近所の喫茶店でお昼ごはんを食べさせてもらってたので、他の子よりも喫茶店の利用頻度は高かったと思います。


そんな思い出深い「喫茶店」ですが、よく看板に「純喫茶」と書いてあるお店を見ます。「純」と書いてあるだけに「純粋な喫茶店」という意味なのだろうと子供心に思ってました。

それと同時に「不純喫茶」もあるんじゃないかと。なんか大人の集う盛り場にひっそりあって、ちょっと暗めでなにやらムフフなエロの匂いのするイメージで、

「いつか大人になったら行ってやる!」

と心に誓った記憶があります。

それでも大人になっても「不純喫茶」の看板と出会うこともなく、それを探す暇も無く、僕のあこがれの「不純喫茶」と巡りあうこと無くこの歳になりました。そしていつの間にかふと湧いた疑問もそのままお蔵入りしてました。


先日、お客さんと何かの会話でその話が出てきて何十年か振りにその「素朴な疑問」が再燃しました。

ネットで調べると以下のとおりでした。

純喫茶(じゅんきっさ)とは、酒類を扱わない、純粋な喫茶店のこと。明治末期に現れた「カフェー」は元々は知識人の社交の場として利用されていました。大正時代頃には時代の流れと共に徐々に大衆化し、現在で言うバーやクラブのように、女給(ホステス)が酒類を出し、接客するという形になっていきましたが、「カフェー」や「喫茶店」と呼ばれていました。一方、酒類を扱わない本来の意味の喫茶店も一般的な存在になっていました。双方を区別するため、前者を「特殊喫茶店」と呼び、後者は本来の喫茶店との意味で「純喫茶」と呼ぶようになったそうです。(Wikipedia参照)

僕の行ってた純喫茶はビール置いてましたけどねっ。

今はもう無いのでしょうが「特殊喫茶」ってのが気になってしょうがない。どんなんだろぉ〜?ムフフ♡今やると流行ったりしてね。

そんなくだらない妄想をしながら飲む朝の珈琲は、格別でもなく、いつもの味だった・・・。

おしまい


 文中の「素朴な疑問」の答え

1,ジーンズの小さいポケット

A:ジーンズが作られた当時懐中時計が流行し、元々は懐中時計を入れるポケットだったのが腕時計が普及してコインを入れるサイズにサイズダウンした名残だそうです。

2,洋服のボタンはどうして男女で逆なの?

A:ある説では、殆どの人が右利きのため、ジャケットの内側に手を入れやすいように洋服の左側が上にくるようになっているというものがあります。昔は剣などの武器は体の左側につけられていました。なるほど。

では、女性の服は?興味深い子育てに関する説があります。右利きの母親は(利き手が自由に動かせるように)子どもを左腕で抱えることが考えられることから、ボタンが左側についていれば母乳を飲ませる際に素早く洋服の前を開けることができるから、というものです。確かに、右手だけで開ける場合は、左にボタンが着いているほうが便利ですね。

3,どうしておばあちゃんの耳はそんなに大きいの?

A:おまえの声をよく聞くためさ。

4,どうしておばあちゃんの口はそんなに大きいの?

A:おまえを食べちゃうためさぁ〜〜〜〜!!ガオォ〜〜〜!!!

お後がよろしいようで・・・

a0037910_10340940.jpg

[PR]
# by hairhana | 2017-10-14 10:06 | hanaのひとりごと | Comments(0)
世界の車窓から風
こんにちは!みよです(^^)


先日に引き続き今日もおすすめのお店を紹介したいと思います。




なんか食べ物のことばかりですね^^;


でも美味しいもの食べるの大好きなんで食べ物ブログが続いてもあたたかい目でみてくださると
う、うれしいですw




あ!でも本業は美容師ですからねww(周知)





さ!!じゃあご紹介!!



ここは先日ご紹介した茶亭羽當のすぐ側にあるのですが、名前は。。。


ビストロフレンチ【コンコンブル



a0037910_16225698.jpg




フランスの郷土料理のお店で、店内は決して綺羅びやかではないのですが、とっても素朴な感じで一緒に行った友達と感じたのは「世界の車窓から」に出てきそう。だと。

つまりヨーロッパとかによくある列車の中のレストランみたいだねって言ってました。




常連さんが多いみたいで女性一人って方も何人かいたのと、海外の方も来ていてこれまた幅広く愛されてる感じでした。





今回は日替わりを頼んだのですが、火曜日の日替わりは「豚肩ロースのパン粉焼き パセリ風味」でした。


その他に、マッシュポテト、ピーマンピラフ、かぼちゃのスープ、パン、コーヒーが付いてます。



a0037910_16234272.jpg




ちょっと出てくるまでに時間がかかるのですが(15分ほど)待ったかいがありました♡



まずは、



a0037910_16241132.jpg


豚肩ロース・・・・・とにかく肉がやわらかくふわっとかおるバジルに醤油?のようなしょっぱみのあるソースがまたすごく合う!!!!うまい!!!!



マッシュポテト・・・・・とにかく裏ごしがはんぱない!!とってもクリーミーでおかわりください!!状態w



ピラフ・・・・このピーマンの苦味がアクセントになってて、ちょっと脂多めの肩ロースもサッパリ
断ち切ってくれる!!


a0037910_16243050.jpg


かぼちゃのスープ・・・・・皮の部分までしっかりスープになってるのでとにかく濃厚!!!!一緒に付いてくるライ麦のパンを付けて食べると無限ループですww




食事が終わりそうになったらウエイターの方がコーヒーいかがですか?と言ってくれます。




決してインスタバエするような彩りではないです。カラフルなわけでも見た目派手なわけでもないし、接客もどちらかと言うとドライな感じですが、気取ってる感じもなく、ちゃんとお客さんの事も気にかけながらの接客だし、料理ひとつひとつが丁寧でとにかく大満足でした!!!



あ、ウエイターの男の子はフランス人?みたいな若い男の子だったんですが、それがまた本場っぽくていいなと思いました♡







これで1100円は安い!!!!







今これを書いてる瞬間も思い出して食べたくなっちゃってますwwww








どうですか??食べたくなったでしょ!!??








私は食べたい!!!!(←何回言うんだ)




渋谷に行ってちょっと時間に余裕のある時に是非足を運んでみてください^^











最後に・・・・




頭いいな〜と思った事。






テーブルにちっさい銀の灰皿がおいてあるんですが、そこにひとことメモが添えてあって、




「周りの人がダメと言ったら【禁煙】です」


a0037910_16245707.jpg


と。





近年は禁煙が当たり前な時代で喫煙者の方は肩身が狭い。。。



なんて言われてますが、正直食事をしてる隣でタバコ吸われてしまうと味も気分も急降下してしまいす。



食べた後にコーヒー飲みながら一服したい気持ちも分かりますが、やっぱりそこは私も禁煙派です!!



でも禁煙です!!!!!



って言ってしまうと喫煙者は来づらい。





そんな時に周りに判断を委ねる。すっごいいい案だと思います。





夜とかならワインとかも飲むし、まあわからないでもないですがでもやっぱりそこで「どうぞ」と言う人は果たしているのか・・・




もし自分が喫煙者だとしても「吸っていいですか?」と聞く勇気はゼロ円ですw





因みに昨日は吸っている人はだれもいませんでした。




今までいろんなお店行ったけどこんな試みしてる所は初めてだったのでちょっと感動しましたm(__)m


委ねられるだけでなくお客さん自身で何がベストなのかを考える。それはお店に対する一つの礼儀だなと思います。



お金払ってるんだから何したって・・・



ではなく節度ある行動で食事も気分もたのしみたいですよね^^







さ!!次はいつ行こうかな〜??


目標は月〜金曜までの日替わりを制覇すること!!!



エイエイオーーー(^O^)★








[PR]
# by hairhana | 2017-10-11 16:21 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(0)
老舗ピザ屋(ダ・ミケーレ)の裏メニュー
a0037910_07204163.jpg
こんにちは〜!トモです。

Hanaのある恵比寿には「美味しいお店」がたくさんあります。

恵比寿駅東口のみずほ銀行恵比寿支店の交差点をガーデンプレイスに向かう坂の途中にある「ダ・ミケーレ」もその中の一つです。

1870年にイタリアのナポリに創業された老舗のピザ屋で、窯、粉、材料、現地の味をそのままに再現された本格的なイタリアンピザ。

メニユーのピザは2種類。トマト・モッツァレッラ・バジル・オイル・チーズの「マルゲリータ」とトマト・ニンニク・オレガノ・オイルの「マリナーラ」。どっちも大満足な味とボリュームです。

実はこの店にはメニューに載ってない「裏メニュー」というのが存在していて、Hanaのお客さんでダ・ミケーレに薪を卸してる燃料屋さんに教えてもらったバジルとモッツァレラチーズとゴーダチーズたっぷりの

「ビアンカ」
a0037910_07204123.jpg

ビアンカは「白いピザ」という意味でトマトを使わないピザです。

トロットロのチーズとニンニクの相性は抜群です。

Hanaの帰り道に、お腹が空いたら

「チーズたっぷりの裏メニューありますか?」

って聞いてみてくださいね。



[PR]
# by hairhana | 2017-10-11 09:06 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
晴れときどき珈琲
こんにちは!今日は体育の日\( 'ω')/
みなさんは3連休いかがおすごしですか??



天気にも恵まれて気温もちょうどよくてお出かけ日和ですね!


3日目くらいになると明日からまたお仕事が始まる〜………ってこともあってゆっくりのんびり過ごしてる方も多いんじゃないでしょうか??



そんなみなさんに今日はオススメなのんびり喫茶店&カフェをご紹介!!




今月号のBRUTUS特別編集って見たことありますか??


a0037910_16152919.jpg


たまたまともさんがお店の雑誌に!と買ってきてふと目を通したら今回はなんと喫茶店特集!!!!


そう、なにが良いってカフェではなく【喫茶店】と言うところ!!!


何年も前からそこにあって、ハンドドリップで入れる美味しい珈琲にお店の定番ナポリタンやサンドイッチ。



私はオシャレなカフェも好きですが、珈琲好きとしてはやっぱり本格的なものを味わいたくてついつい喫茶店に行ってしまいます(*´`)





で、話は戻って今回のBRUTUS、すっごくいい喫茶店がたくさん乗っててびっくりしました!



ここもあそこもいいよね!


あ!ここ気になってたとこ!!



と、いい所おさえてます(´^q^`)





そんな中ペラっとページをめくったら見開きで載ってたところが、ここ最近毎週のようにお邪魔してる渋谷の【茶亭 羽當(ちゃていはとう)】ではないですか!!!



a0037910_16414713.jpg


先月創業30年を迎えたばかりの喫茶店です。




ここは渋谷の駅前にあるのに、そんなものを全然感じないほど店内は落ち着いていて、以外なのは、若い人から常連の年上の方々まで年齢層がすごく幅広くてとにかくファンが多いことにびっくりです。


珈琲は何種類かありますが、個人的には羽當ブレンドがおすすめです!
そらにここはカップもWedgwoodのものを使っていて目でも楽しむことが出来るのがいいですね╰̊╯̊✩°。✯


a0037910_16421992.jpg




そういった意味では新宿にある【但馬珈琲】もオススメですね♡
因みにこっちはネルドリップで入れてくれるのでまた違った味わいになってます!


渋谷に行くことが多いのでついつい休憩がてらに行ってしまう茶亭羽當さん。
みなさんも少しほっとするのにいかがですか?






さて、2つめのオススメはカフェです。



これは代官山にある【MONKEY CAFE D.K.Y.】と言う所で、たまたまバイクで走ってたら見つけたと言われともさんに連れて行ってもらいましたが、ここは店名にもなってる通りギャラリーにもなっていてアーティストさんの作品展示を眺めながらのコーヒータイムでした!



a0037910_17071581.jpg



店内は螺旋階段のように段々になっていて、白を基調とした創りですが、外にはウッドテラスもあり、とっても都会的なカフェになってます。


場所的にも混雑はしていないし、モデルさんやデザイン関係風なオシャレなお客さん、海外の方々が来店されててこれまたいい雰囲気でした。
うるさくなくてすごく落ち着けました\(^o^)/

肝心な珈琲は?と言うと、世田谷にある有名な「堀口珈琲」の豆を使っているのでこれまた飲みやすくてコクがあって美味しかったです!!!


一緒にアフォガードも注文したのですが、バニラアイスも甘すぎずしっかりバニラビーンズが入っていてすごく美味しかったです!!


a0037910_17073190.jpg



最初に紹介した茶亭羽當さんとは真逆の雰囲気ですが、気分によって使い分けるのもいいのかも♡







本を読むのもよし!!


お友達とゆっくり会話を楽しむのもよし!!


ぼーっと一人の時間を楽しむのもよし!!





残りのお休みにちょっと足を伸ばしてゆる〜く過ごすのもいかがでしょうか(*´`)







もっとオススメがあるのですがらそれは追々に……☆




では〜ノシ

[PR]
# by hairhana | 2017-10-09 16:14 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(0)
あかちゃん肌ぺ!
a0037910_14503256.jpg
こんにちは〜トモです。

さすが、体育の日、いい天気ですね〜。

みんな遊びに行ってんのかなあ〜?

い〜な〜、い〜な〜、

今日は暖かいけど、やっぱり風は冷たいね。


風が冷たく感じると同時に肌は乾燥していきます。

肌が乾燥すると、肌にシワがよってきます。

さらにコラーゲンが不足すると肌の弾力が無くなってシワの深さが目立ちます。

そうなるまえにケアをちゃんとしましょうね。

そのためにミサキくんが「POP」を作ってくれました。

「たるんだ、お肌にはコラーゲンを与えて、柔らかい、赤ちゃん肌ぺ!」

「ぺ?」

多分、「赤ちゃん肌へ!」だったのでしょうが・・・ちょっと惜しい。

それでも、コラーゲンの効果は絶大なので、赤ちゃん肌ぺ目指してみましょうね。(笑)




[PR]
# by hairhana | 2017-10-09 15:08 | メイクのお話 | Comments(0)
も〜〜いいよっ!
a0037910_18442571.jpg
お母さんと一緒に来るキッズたち。

「トモさん、遊ぼ!」

と寄ってくる。こいつらはオレを友だちと思ってるらしい。

オレは遊んでやってんだ、遊んでもらってんじゃねえ。

はいはい。わーった。わーったってばよ!

かくれんぼ?よ〜し、隠れろ!見つけてやる。「1〜2〜3〜・・・・9〜10!!も〜い〜〜かい?」「も〜い〜よっ!」って声でわかんじゃねえか。

「どこだ〜〜?どこだ〜〜?あれ?どこだ〜〜?」とりあえあず
、足をドスドス歩くってゴジラか?オレは。

いや〜隠れるの上手くてワカンネ〜。おもしれ〜。遊んでもらってんじゃんオレ。

[PR]
# by hairhana | 2017-10-08 18:46 | 大好きな人 | Comments(0)
男になって孵(かえ)って来い!
a0037910_09271575.jpg
30代でも交際したことがないという女性の数が増えてるらしい。

なにやってんだ?男子。つか男なのか?

せっかくオレらが可愛く、キレイにしてんのに、どこをどうすりゃいいんだ?

つか、漫画か?アニメか?あんなボン!キュッ!ボン!なんて見たことねえぞ。

とりあえず、男子は修学旅行は沖縄とか京都とか、海外とかじゃなくて、みんな強制的に熱海送りだな。

男になって孵(かえ)って来い!


[PR]
# by hairhana | 2017-10-07 09:55 | hanaのひとりごと | Comments(0)
墓場のデニッシュと指??
a0037910_13345685.jpg
こんにちは〜トモです。

なんか急に寒くなったね〜。

朝、起きたら寒!《《(ゝc_<;)》》ブルッって思わず羽毛布団出しちゃった。

なんやかんや言いながらも、もう10月だもんね〜。


10月のハロウィンもなんかいつの間にかイベントとして定着した感じだよね。

以前は当日かせいぜい前の週くらいだったのが、9月末にはフォトスポット作っちゃったもんね。

街もハロウィン色だよね。


昨日、パン屋の「MAISON KAYSER」に行ったらハロウィン仕様のパンがいろいろ出てて面白かった。

ついついのせられて買ったパンが「墓場のデニッシュ」と「指」。

指、マジリアルっす。

レジのお姉さんが

「墓場のデニッシュ1個と、指、1個ですね。」

ってのがなんだかシュールで笑えた。


他にもいろいろあるので、行ってみてみて。

袋もハロウィン仕様で可愛い♡

こんな遊び心って大切だね。

つか、僕らは遊びすぎ・・・・_| ̄|○ ガクッ



[PR]
# by hairhana | 2017-10-06 13:46 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
喫茶店のナポリタン
a0037910_10270407.jpg
喫茶店のナポリタンってなんであんなに美味しいんだろう。

特に高い食材使ってるわけでもなく、パスタもふつ〜のパスタ。

茹で加減もアルデンテじゃない。

具はマッシュルームにベーコンにピーマンに玉ねぎ。

お店によって生クリーム使ったり、

量もガッツリ

大抵小皿でサラダがついてくるね。

自分でも作れんだけど、なんとなく食べたくなる。

そんな人に私はなりたい。

なんちゃって



[PR]
# by hairhana | 2017-10-04 11:18 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
その原液、本物ですか?
a0037910_12271882.jpg
【原液】げんえき

薄めたり加工したりする前の、もとの液。


こんにちは!トモです。いつの間にか10月です。そして、いつの間にか秋です。

汗をかかなくなったのはいいけど今度は「乾燥」と戦う季節になりました。

乾燥には「セラミド」と「ヒアルロン酸」。

特にセラミドは皮膚の細胞の間を埋めてくれる成分で、セラミドが角質層から不足すると肌のバリア機能の低下による水分流出や肌荒れの原因になります。

よく、肌が赤くなってしまうのも、洗浄力の強い洗顔やクレンジング、乾燥によって皮膚のバリア機能が低下したところに、外からの刺激が入って皮膚が戦って炎症を起こしたものです。


「ヤバイ!補給しなきゃ!!」

さて、あなたなら何を選びますか?


化粧品を選ぶ基準は人それぞれ、「有名メーカー」で揃える人もいれば、お友達に教えてもらったり、テレビCMに惹かれたり、なんとなくドラッグストアで買ってみたり。

テレビで

「コラーゲンでみるみるうちにシワが取れてお肌プルップル!!」

「プラセンタで長年のシミが取れて若返り!!」

なんて言われるとちょっと試してみたくなりますね。


最近、よく目にするのが

「原液100%!!」

というキャッチコピー。

実は、Hanaでも化粧品の「原液」を扱っています。これは、いろんな化粧品会社に原液を卸してる工場が作ってる美容液で、いわゆる「原料」なんだけど、薬事法で「原料」という表示は出来ないので「原液」という商品名になっています。

もちろん、原液なので、お値段もそれなりで、1ヶ月分で約5000円。その効果は群を抜いてオススメできますが、今日は宣伝はおいといて(ってこれでいいのか?うん、いいんだよ)

それに対してテレビのCMや通販で紹介されている「原液」は1000円代のものもあったりしてかなり安価。

そりゃあ、同じ原液ならこっちの方がいいよね。うん。そりゃそうだ・・・・って

ちょっと待った!!

同じ原液なのになぜこんなに値段の開きがあるのか?安い方のメーカーに聞くと多分、こう言うだろうね。

「企業努力です!へへ」

ホントのところはどうなのか?って調べてみた。そのカラクリに愕然!!\(◎o◎)/!


Hanaで扱ってる原液のメーカーさんに聞いてみたところ、以下の回答が返ってきた。

「美容液を作る場合、元々例えば「コラーゲン」というものが存在してるわけではなく、目尻のシワや小ジワを取る植物性コラーゲンならダイズ、ほうれい線や首のシワを取るナノコラーゲンならサメから成分を抽出します。本来、そういったものからちゃんと作ってる場合の値段の違いは2つ、ひとつは抽出する原料の質、もうひとつは精製する度合い。精製は細かくすればするほど成分濃度が濃くなり、不純物が少なくなります。」

要するに質のいい原料を使ってるか、ちゃんと精製しているかというところ。

さらにもうひとつ決定的な違いを教えてくれた。

「前にもお話したように薬事法の関係で「原料」とは表記できないので「原液」という言葉を使っていますが、工場などで最初に作られたもの全て「原液」と呼びます。例えば、ある化粧品メーカーが工場に「プラセンタを作ってくれ」と注文し、その仕様の中に「水98%プラセンタ2%」とします。それでつくられたプラセンタ2%の水溶液を混ぜ物をせず、そのまま小分けにして販売すると「100%原液」と言えるんです。」

要するにプールにいっぱいの水の中にプラセンタ1滴落として「プラセンタ配合」の溶液を作ったとして、それをそのまま瓶に詰めて売れば「原液」と言えるってこと。

わかりやすく言うとみんなも飲んだことのある「カルピス」。あの、瓶から出す、濃いカルピスの「原液」を水やソーダで割って飲むと美味しいですね。

でもカルピスって「カルピス」というなの「原料」は存在してなくて原材料は「乳、砂糖、麦芽糖、香料、大豆多糖類」とされていて、そこに独自のカルピス菌を加えて「原液」を作っています。それを水や炭酸で割っている「カルピスウォーター」や「カルピスソーダ」を「カルピスの原液」とは呼びませんよね。(この場合「カルピスウォーターの原液」となります。)

ここで冒頭の

【原液】げんえき

薄めたり加工したりする前の、もとの液。

の言葉を思い出してください。ちゃんと原材料として抽出されたものも、水で割ったものも「原液」と呼べちゃうわけですよ。これは、原料をなにとか精製レベルをどうとかじゃなく、ちょっとした「詐◯」みたいなもんです。

ちなみに、高齢のシミをプラセンタだけで治すのはかなり時間がかかります。テレビみたいに「取れた〜〜!」と簡単にはいきません。ましてや本当の原液でなければ。

ちなみに、大手の化粧品メーカーが「原液」と商品名に入れないのは、独自の美容成分を持っているのでそれを工場から来た原液に「添加」するからです。


是非、自分に必要な成分は何かをよく知った上で、必要な成分を補給してあげてくださいね。




[PR]
# by hairhana | 2017-10-02 14:36 | メイクのお話 | Comments(0)