hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
” Happy Birt..
by みるきー at 12:55
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1242)
(1238)
(1238)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

福島の桃、サイコー!
a0037910_10422304.jpg
ミヨちゃんの実家から送られてきた桃。

「美味い」

以外の言葉が見つからない。

トシさん(ToshiYoroizuka)とこのケーキも福島の桃。

桃、サイコー!福島、サイコー!

ミヨちゃんのお父さん、お母さん、そしておばあちゃん、(ついでにキョウスケくん)、有り難くいただきま〜す♡




[PR]
# by hairhana | 2017-08-11 10:47 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
今、しとかなくちゃいけないこと。
a0037910_11202792.jpg

全国の美容師のひよっこちゃん。お元気ですか?トモです。

毎日暑いですね。

先輩たちは涼しい顔でチョキチョキやってるけど、こっちはシャンプー台で湯気と汗でビチョビチョになりながら毎日頑張ってるんだもんね〜(笑)


4月に入って早4ヶ月。どうですか?

シャンプーは仕事の中で一番体力を使います。バーベル上げる程の力は必要ないけど、手をず〜っと動かして、お客様の頭を持ち上げて、身体を起こす。

慣れないうちは大変だったでしょ?

お客様の背中を濡らさないように、お化粧を落とさないように、噴水(シャワーが上を向いてしまってもうしっちゃかめっちゃかになるのを僕たちは「噴水」と呼びます)しても、「いいのよ、いいのよ、頑張ってね」と行って励ましてくださるお客様の優しい言葉に涙して・・


まあ、そんなシャンプーも大分慣れて、お客様とお話できるくらい余裕も出来る頃だと思います。

そんな時期に、是非、気をつけてチェックしてもらいたいことがあります。

「手荒れ」

です。

シャンプーは「洗剤」です。頭皮や髪の毛についた汚れや脂を剥離して落とします。当然、シャンプーしてる僕たちの手の皮脂も落とします。

皮脂は「バリア」の役目をしてくれています。空気中の雑菌やウィルス、汚れから皮膚を守ってくれてます。

なので皮脂のない皮膚は「バリアをはらない光子力研究所」(マジンガーZを読んでね)と同じでまあ、裸で蜂の巣をつつくようなもんです。


さらに、シャワーのお湯が肌を「乾燥」させます。それが皮膚のブロック状になってる細胞を壊してまるで崩れたレンガの塀みたいになります。

「手荒れ」は単に「皮脂が無くなる」とか「乾燥する」からなるのではなく、バリアの壊れた皮膚の隙間から雑菌やウイルスが入ってきて、身体が抵抗して炎症を起こして赤くなるのです。


僕も若い頃先輩に教えてもらってやってましたが、よく、美容師さんがやってる

「ハンドクリームを塗って手袋をして寝る(-_-)zzz」

あれ、全く、意味がありません。


全くと言うと語弊があるけど、まだ手が荒れてなくキレイな状態でそれを「キープする」ならいいと思いますが、すでに肌が炎症を起こしているところやっても意味がありません。

壊れて腐ってグジュグジュになってる木の塀にサランラップを巻くようなもんです。

さらに、手袋をして蒸らすと温度と湿度で雑菌が繁殖してさらにひどいことになります。


皮膚の細胞を整えるなら「ナノセラミド」がいいでしょう。添加物や、他の余計な保湿成分が入ってるものより「原液」を使うといいと思います。

アシスタントのミサキくんも、Hanaに来る前は手荒れがひどかったんだけど、今はとてもキレイになってます。

(Before:全体的に赤く炎症を起こして小指の皮膚に亀裂が入ってます)
a0037910_11013177.jpg
(After:赤みが消え、キレイな手になりました。)
a0037910_11004119.jpg
夏が終わり、秋が来て冬を迎えると空気が乾燥してきます。手荒れはもっとひどくなります。

今はまだ大丈夫かと思うので、今のうちにケアしてあげてくださいね。

既に手荒れがひどい人は、オーナーか先輩に相談して、しばらくシャンプーを休ませてもらうか、どうしてもするならゴム手袋をしてやってください。


美容師にとって「手」はサッカー選手の「足」と同じくらい大切な「道具」です。使えなくなると美容師ができなくなってしまいます。大切にしましょうね。



[PR]
# by hairhana | 2017-08-10 11:21 | 美容師のひよこクラブ | Comments(0)
疲れをぶっ飛ばせ!
a0037910_10262091.jpg
おはよ〜ございます。トモです。

昨日はまるで蒸し風呂にいるみたいに蒸し暑くって、

今日はトースターの中にいるみたいに暑くって、もう、高校野球やら、オリンピックやら考えなおしたほうがいいんじゃない?って思うくらい暑いね。


昨日は火曜日、Hanaは定休日。

「さて、出かけよう!」

と思っても行き当たりばったりだと蒸発しそうな暑さだったので、「当たりをつけて」お出かけ。

条件は「涼しい」のみ。


結局、恵比寿ガーデンプレイスに行って映画を見ようと思ったんだけど、上映時間がビミョ〜〜に合わなくて断念。_| ̄|○ ガクッ

センター広場で「四代目徳次郎天然氷のかき氷」を食べようかな〜と思ったら、お隣に爽やかな屋台がありました。

「Lemon healthy stand」

すべてのメニューにレモンを使っていて、レモネードとレモンスカッシュは「レモンの濃さ」を選べる「ライト(ほどよい)」「スタンダード(しっかり)」「ストロング(つよめ)」と3段階の濃さを選べます。

僕?もちろんレモンスカッシュのストロングです。結果、冒頭の写真の顔に・・・

レモンのクエン酸と炭酸で疲れがぶっ飛びました。

Hanaにお立ち寄りの後にでも是非、疲れを取って帰ってくださいね。


ガーデンプレイスセンター広場に、7月5日、ドリンクスタンド「Lemon healthy stand」が期間限定オープン。



[PR]
# by hairhana | 2017-08-09 11:12 | トモ散歩 | Comments(0)
夕凪の街 桜の国
a0037910_08180294.jpg
母が子供の頃、ちょうど戦争が終わって5〜6年経ったころだと言ってたと思う。

お友達のひとりが体調を崩して休んでそれが何日もだったのでみんなでお見舞いに行こうということになったそうです。

数人で待ち合わせるのにひとりひとり迎えに行ったら、ある友達の家でそこのお母さんに

「原爆の放射能の病気は伝染るけえ行っちゃいけん。」

と言われ、まだ小学生で知識も無かった母たちは、何も言い返せず結局お見舞いには行かなかった。

その数日後、その子が亡くなったことを先生に聞いた。

お見舞いに行けなかったことをずっと後悔してると以前話してくれた。
a0037910_08180228.jpg

クラウドファンディングで映画を作りロングランの大ヒットをした映画「この世界の片隅に」の原作者こうの史代さんの作品で「夕凪の街」桜の国」という本があります。

「この世界の・・」の続きではないのだけど、広島に原爆が落ちた10年後のお話。

内容には触れませんが、是非、ご一読を。
a0037910_08180205.jpg



[PR]
# by hairhana | 2017-08-07 06:58 | hanaの本 | Comments(0)
いったい何を得たんだろう?
a0037910_10222548.jpg
その昔、「原子力」は「未来のエネルギー」として大きく期待されました。

あの、マンガ、アニメで有名なロボット「鉄腕アトム」もエネルギーは原子力です。


1945年、8月6日。

広島に原爆が落とされ、あれから72年。振り返ってみて、原子力は僕たちに何を与えてくれたんでしょうか?


元々「大量に人を殺す」ことを目的とした「武器」を維持するためにエネルギーとして利用して、それで多くの死者を出した国に売りつける。

その施設は国内に数箇所できて結果、「電源喪失」。ただそれだけで数カ所の町や村、そして多くの人が生活を奪われ家を追い出されることになり、農業や畜産業を生業とした人は仕事を奪われた。

多くの人を幸せにする夢の「家電」を作っていた大企業ーは、原発事業に手を出し、結果、頓挫して一部上場廃止になり、窮地に追い込まれる。


立地の街は補助金で潤うも、なんの生産性もなく、原発が止まりお金を打ち切られると死に体となり、再起動を願うしかなくなる。


何一つ、いいこと無いじゃないか。


原子力エネルギーで動く「鉄腕アトム」も最後はアトムが地球を救うため太陽の活動を抑止するロケットを抱え太陽に突入するという件。
a0037910_12355331.jpg
これは、多くの人が知るところだけど、実は、この後の話があります。

太陽に突っ込んで自爆したと思われたアトムは宇宙人によって助けられます。(まるでフリーザと戦った後、ナメック星が爆発して死んだと思った孫悟空がヤードラット星で生きていたみたいな。)

その後、ベトナム戦争真っ最中のベトナムにアトムは現れます。

最後のエネルギーを使ってある村を爆撃から救おうとします。

その村で女性がお産の真っ最中でアトムのおかげで無事出産することができます。

アトムはお母さんと子どもに声をかけて力尽きます。
a0037910_10222691.jpg

それから24年後の1993年。

アトムはエネルギーを入れ、たった1日だけ復活します。

そして、最後には自分で山奥に飛んで行きそのまま死んでしまいます。

a0037910_10222510.jpg
a0037910_10222576.jpg
tて
作者の手塚治虫氏がどういう意図をしてアトムの最後を描いたのかはわかりませんが、人間の力を超えるものをいたずらに作るべきではないということだと僕は思います。


原子力によって僕たちが得たものは「便利」。

そして失ったものは「命」と「未来」。


核保有国は「核を保持することに寄ってバランスが保たれている」と言います。

「やられたらやり返す!倍返しだ!」

とどこかで聞いたようなセリフはドラマの中だけにしていただきたい。


[PR]
# by hairhana | 2017-08-06 15:12 | hanaのひとりごと | Comments(2)
冷たぁ〜〜い!けど、キーン!とこない
a0037910_09162159.jpg
おはよ〜!トモです。

暑いね〜〜〜!!(ってもう何回言っただろうね)

ま、8月だからね。これで寒かったら氷河期だもんね。


今日(土曜日)もこの暑さの中、ご予約、ありがとうございます。

冷たいおしぼりとミントティーを用意して待ってるからね〜♪
a0037910_09162141.jpg
せっかく恵比寿まで来てくれたんだから、そのままバイバイ(^_^)/~じゃあちょっともったいないので、キレイになったついでに、坂を登って「恵比寿ガーデンプレイス」に足を運んでみてください。

センター広場に木造りの屋台が出ていて、そこで「四代目徳次郎天然氷のかき氷🍧」を売ってます。

日光の天然水を自然の寒さで凍らせた氷をゆっくり優しく削ることで、他のかき氷と違うなめらかな食感を感じることができる、すごぉ〜〜〜いかき氷なんだよね。

(この氷、只者ではない!)
a0037910_09261194.jpg
口に運んで入れた瞬間に「ほわっ!」と口の中に冷たさと甘さが広がったら消えるって感じ。

このかき氷のすごいところは美味しいだけじゃなくてアイスや氷独特の

「キーン!」
a0037910_09310035.jpg
ってあれが無いんだよね。

あの「キーン!」てやつは、口の中が急激に冷やされて起るものだそうで、温度差があればあるほど起きるそうなんです。

ちなみに普通のかき氷の温度がー7℃に比べてキーンとならない氷は−1〜−4℃なんだって。

決め手は「空気」で薄く削ることによって空気を多く含むそうなんです。薄く削れるのも「天然氷」だからだそうです。すごいね。

作ってくれてるお兄さんも町内会の盆踊りのかき氷と違って、一個一個丁寧にそれもただ盛るだけじゃなくて、周りを壁にして作ってくれるからよく見ててね。

「見よ!この職人技!!」
a0037910_09162195.jpg
僕はもちろん「抹茶にあんこのトッピング」。

スプーンを入れた途端、氷があんこの重さに耐えられず下にストン!それだけ柔らかいってことね。

サクサクすすんで、あっという間に完食。
a0037910_09162141.jpg
暑かったけど、一気に涼しくなったよ。

帰りに三越の中を通って帰ろうと思ったら

呪刻列車!

ってポスターが!!!

VRのお化け屋敷なんだって。これも涼しそぉ〜〜!!!(((( ;゚д゚)))アワワワワ

暑い中、せっかくHanaまで来たらちょっと足を伸ばして行ってみるといいことあるかもよ。
a0037910_09162068.jpg


[PR]
# by hairhana | 2017-08-05 10:37 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
メロンと社長
a0037910_10561971.jpg
昔、朝のワイドショーで「宮尾すすむと日本の社長」というコーナーがありました。

いまは亡き宮尾すすむさんというレポーターが全国の社長さんを訪ね成功秘話やエピソードを聞いて回るという企画。

宮尾すすむさんが尋ねると必ず出てくるのが「メロン」それもプリンスじゃなくてキングの方。

当時、僕たち庶民はメロンと言えば思い浮かべるのはキングメロンだけど、実際自分の口に入るのは安価なプリンスメロンが圧倒的に多かった。


なので「メロンは社長の食い物」的なイメージが植え付けられていたような気がします。

よしんば食べれたとしても、パフェとかなんかのデザートにちょこっとのってる「切り身」みたいなうす〜〜いものばかりで、それでも夕張メロンみたいなオレンジの果肉のメロンは見たこともなく「メロン=緑」でした。


小さいながらもお店を構えて少人数ではあるけど、スタッフと一緒にやってると時々お客様や友人から「差し入れ」をいただきます。

その中に「メロン」があって、人数が少ないおかげでパフェとかのうす〜〜い切り身でなく、スイカ並みの厚さでいただくことが出来るのも「社長」になったおかげかな〜(笑)と思ったりして。


こういったものは贈答で送ることはあっても「自分で買う」ことはなかなかありません。もちろんなんか頑張った時の「ご褒美」で買うかもしれませんが、未だ自分にご褒美できるほど頑張ったという実感が無いのでそれはまだまだ先のことかもしれません。


なので「社長のメロン」というのは「貰い物」であり、社長になるということは「貰える人になる」ということなのかなと僕は思います。

会社というものは「人のため」にあります。「自分以外の誰かを喜ばせる組織」でそれを束ねるのが社長で、喜んでくれた人が

「またよろしくね」

の意を込めてくださるのが差し入れでその中のひとつがメロンなのでしょう。


なのでそのメロンを食べるときに

「はい、わかりました。頑張ります!」

という気持ちでいただくものだと僕は思っています。

そして、そのメロンは社長「個人」が貰ってるのではなく、その会社で働いて支えてくれるスタッフに頂いてるもので、時には自分は臭いだけで我慢してスタッフに食べてもらうことがあると思います。


僕はミヨちゃんやミサキくんが

「美味しいぃ〜〜♡」

と顔をほころばせて食べる顔を見るのが大好きです。もしかしたら、これが僕のご褒美なのかもしれません。


「メロンと社長」にはこんな意味があるのかもしれませんね。

では、いただきま〜〜す!
a0037910_10562020.jpg

[PR]
# by hairhana | 2017-08-03 11:39 | hanaのひとりごと | Comments(0)
メロンと社長
a0037910_10561971.jpg
昔、朝のワイドショーで「宮尾すすむと日本の社長」というコーナーがありました。

いまは亡き宮尾すすむさんというレポーターが全国の社長さんを訪ね成功秘話やエピソードを聞いて回るという企画。

宮尾すすむさんが尋ねると必ず出てくるのが「メロン」それもプリンスじゃなくてキングの方。

当時、僕たち庶民はメロンと言えば思い浮かべるのはキングメロンだけど、実際自分の口に入るのは安価なプリンスメロンが圧倒的に多かった。


なので「メロンは社長の食い物」的なイメージが植え付けられていたような気がします。

よしんば食べれたとしても、パフェとかなんかのデザートにちょこっとのってる「切り身」みたいなうす〜〜いものばかりで、それでも夕張メロンみたいなオレンジの果肉のメロンは見たこともなく「メロン=緑」でした。


小さいながらもお店を構えて少人数ではあるけど、スタッフと一緒にやってると時々お客様や友人から「差し入れ」をいただきます。

その中に「メロン」があって、人数が少ないおかげでパフェとかのうす〜〜い切り身でなく、スイカ並みの厚さでいただくことが出来るのも「社長」になったおかげかな〜(笑)と思ったりして。


こういったものは贈答で送ることはあっても「自分で買う」ことはなかなかありません。もちろんなんか頑張った時の「ご褒美」で買うかもしれませんが、未だ自分にご褒美できるほど頑張ったという実感が無いのでそれはまだまだ先のことかもしれません。


なので「社長のメロン」というのは「貰い物」であり、社長になるということは「貰える人になる」ということなのかなと僕は思います。

会社というものは「人のため」にあります。「自分以外の誰かを喜ばせる組織」でそれを束ねるのが社長で、喜んでくれた人が

「またよろしくね」

の意を込めてくださるのが差し入れでその中のひとつがメロンなのでしょう。


なのでそのメロンを食べるときに

「はい、わかりました。頑張ります!」

という気持ちでいただくものだと僕は思っています。

そして、そのメロンは社長「個人」が貰ってるのではなく、その会社で働いて支えてくれるスタッフに頂いてるもので、時には自分は臭いだけで我慢してスタッフに食べてもらうことがあると思います。


僕はミヨちゃんやミサキくんが

「美味しいぃ〜〜♡」

と顔をほころばせて食べる顔を見るのが大好きです。もしかしたら、これが僕のご褒美なのかもしれません。


「メロンと社長」にはこんな意味があるのかもしれませんね。

では、いただきま〜〜す!
a0037910_10562020.jpg

[PR]
# by hairhana | 2017-08-03 11:39 | hanaのひとりごと | Comments(0)
好きなモノを好きだと言う
a0037910_10215830.jpg
すき焼きです。


肉はグラム2800円の高級肉っす。


豆腐は白金の「川越屋豆腐店」の木綿豆腐っす。


いやぁ〜〜、マジ、美味いっす。


お客さんが、すき焼きやろうと買ったんだけど、急遽、旅行に行くことにしたので


「トモさん、すき焼きが好きって言ってたからもし良かったら食べてもらえない?」


とくださいました。


「◯◯が好き」


と日頃言っておくもんだなあ。とつくづく思います。


これが「美味しいもの」とか「肉」とかじゃイマイチピンときません。


逆にメーカーやブランド等の「こだわり」が強すぎると、それはそれで、二の足を踏んでしまいます。(じゃないとダメ!ってんならしょうがないけどね)


逆に人にプレゼントするならこだわりのモノの方が喜ばれますね。(「この人が選ぶんだから間違いない」くらい)


何にせよ、好きなものがハッキリしてると、いいことがある・・・・かもね。


ちなみに僕の好きなのは


あんこすき焼き


です。(笑)

[PR]
# by hairhana | 2017-08-02 12:10 | hanaのひとりごと | Comments(0)
究極のミートソーススパゲッティ
a0037910_13582144.jpg
こんにちは〜トモです。


ミサキくんのバースデーパーティーに「なに食べたい?」と尋ねると


「ミートソースがいいです。」


とまさかの返答。ミヨちゃんが「ミサキくん、肉じゃないの?肉っ!」ってそれ、ミヨちゃんの食べたいもんだろぉ〜〜!ヾ(・ε・。)ォィォィ


てなわけで、日曜日のバースデーパーティーは「ミートソーススパゲッティ」となりました。


だからと言ってレトルトじゃあ手抜きだし、普通のひき肉じゃあ面白くないし、と考えて、


「お店の味にしよう!」


と決めて、作ることにしました。材料は以下のとおりです。

牛すじ肉       600g
牛すね肉(またはシチュー用の部位)400g 
トマトピューレ            200g 
玉ねぎ                400g
人参                 200g
にんにくオイル(以前作ったやつ)大さじ5
オリーブオイル         大さじ5
小麦粉(薄力粉)           40g
バター                40g
赤ワイン           300cc
水              1000cc

ざっくりですが、こ〜〜んな感じ。


先ずはお肉。牛スジと牛スネ。カッチカチです。
a0037910_13574716.jpg
このまま焼いて食べようもんなら大リーグのピッチャーみたいにずっとクチャクチャしてないといけません。


それを全て1cm角に小さく切ります。切ってるとだんだん包丁に脂がついて切れなくなります。よく時代劇で何人もバッサバッサと切り捨ててますが、


「ぜえ〜〜〜ったいあれ、無理っ!」


と実感させてくれます。


切ったお肉に1%の塩を振って30分ほど寝かせます(常温)


その間に玉ねぎと人参をみじん切りにして油で炒めます。
a0037910_13574678.jpg
火加減は「中火」で15分ほど炒めます。


炒めるときに混ぜすぎると焦げてしまいますから注意しましょう。


焦げてきたら、少し「水」と足します。焦げをほぐして全体になじませます。


はじめは玉ねぎが透明になって、15分くらいから飴色になってきます。


そして「メイラード反応」が起きて茶色になります。これは肉のところでお話します。


玉ねぎと人参を炒めたら鍋に移して今度は肉を焼きます。
a0037910_13574743.jpg
肉も中火で焼きます。


見てもらうとわかるようにかなり粗めに切ってます。


20分ほど時間をかけて炒めます。


そうすると野菜同様「焦げ目」がついてきます。これが「メイラード反応」です。
a0037910_13574781.jpg


メイラード反応は

1.食材が茶色(褐色)になる

2.香りが強くなる

3.食べ物が美味しくなる

4.「糖」がある時に起こる

5.温度が高い時に起こる


「糖」+「アミノ酸」(旨味成分)の反応で起きます。


これが「旨味」の秘密です。
a0037910_13574689.jpg
肉が焼けたら鍋に移します。(移すときに肉の脂は捨てないでそのままフライパンに残しておいてください。


さあ、あと一息です。今度は「ブラウンルー」を作ります。


小麦粉とバターを炒めて作ります。ブラウンルーは洋食のデミグラスソースを作るときに使います。
a0037910_13580784.jpg


牛脂の残ってる鍋にバターと小麦粉を入れて中火で炒めます。


最初はブクブクと泡立ちます。
a0037910_13582266.jpg
泡が治まってきて、ここに牛乳を入れると「ホワイトソース」が出来ます。簡単なので、シチューはこうやって作ったほうが美味しいし経済的ですね。


さらに炒めると茶色(ブラウン)になります。そしたら一度火から降ろして濡れふきんの上にフライパンをのせて底の熱を冷まします。(焦がさないためです)


そこに赤ワインを入れます。
a0037910_13580751.jpg
ていねいに混ぜていくとだんだんとろみがついてきます。


そしたら火を止めて鍋に移します。
a0037910_13582264.jpg

野菜と肉の入った鍋にブラウンルーを移して、その上から「トマトピューレ」を注ぎます。


それから水を分量入れます。


ホールトマトを使わずにトマトピューレを使うのはトマトピューレはトマトをすりつぶして煮込んで旨味を凝縮させたもので、トマトの風味は少ないけど、コクを出すのに最適だからです。
a0037910_13582261.jpg
全部入れたら鍋を強火にかけます。アクをとるためです。


アクが出たら一気にすくい取ります。


それから弱火にして1時間煮込みます。最初から圧力鍋にしないのは臭いを飛ばすためです。


その後、圧力鍋のフタをしてさらに1時間火にかけます。


圧力が抜けてフタを開けるとまだ水っぽいスープみたいな感じです。


それから30分火にかけ水分を飛ばします。


少しゆるい程度で火を止めて一晩寝かします。


ミートソースの出来上がりです。
a0037910_17564258.jpg
パスタを茹でてバターを絡めます。


家では全粒粉のパスタですが、生パスタ(フィットチーネ)がオススメです。
a0037910_13582147.jpg
器に盛ってパセリのっけて、チーズかけたら出来上がりです。


かな〜〜〜りっ、美味しい。


一手間どことか、何手間もかけて作った料理はやっぱり美味しいですね。


最近、ブレンダーを買ったので、スムージーを毎朝飲んでます。


小松菜とバナナと豆乳がマイブームです。


サラダと一緒に食べると超Healthy。


ミサキくん、喜んでくれるかなぁ〜??
a0037910_13582137.jpg


[PR]
# by hairhana | 2017-07-30 18:43 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(0)