hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
” Happy Birt..
by みるきー at 12:55
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1242)
(1238)
(1238)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

「マジで!?」と思いました
a0037910_10291453.jpg

予言者なのか?狂言なのか?謎はは深まるばかりです。
ただ、新聞に掲載されているということに驚きです。

(写真提供)
[PR]
# by hairhana | 2005-05-09 10:34 | hanaのひとりごと | Comments(3)
「今日から僕も・・」と思いました
a0037910_625137.jpg

 僕のサロンHanaの近くに「白金」がある。皆さんも知ってるとおり「地名」である。ここは比較的お金持ちの人が多く住んでいる。しかし、そんな街は都内にいくらでもある。「松濤」なんかは、渋谷の裏にある「すんごい高級住宅地」だし、住んでる人も大物芸能人始め、政治家、財界人の家もたくさんある。

 最近、当たり前のように聞く言葉「シロガネーゼ」。白金に住む主婦のライフスタイルを総称してこう呼んでるそうだが、
「なぜ白金?」というと、ここに住んでる「金持ち(?)」は、比較的若い世代が多く、それに伴い、奥さん連中も30代もけっこういて、その人たちの「ゴージャスかつシンプルでファッショナブルなライフスタイル」が、今、20代の女性が関心を抱いてるものなようだ。

 「由緒正しきお家柄」とかだと、いくら頑張ったって親やご先祖様まで帰ることは出来ないけど、「シロガネーゼ」であれば、ひょっとして、結婚相手がよければなれる可能性があるかも?みたいな「可能性」がそうさせてるのか。

 ただ、この「シロガネーゼ」なる人種(?)、「白金に住んでる、ちょっと金持ちで、おしゃれな若奥さん」であれば、「白金に住んでる」というのが第一条件になるはず。
その人たちが着てるであろうファッションをまねて「今日からあなたもシロガネーゼ!」というのは、サリー(インドの民族衣装)を着せて「今日からあなたもインド人!」というのと変わらないような気もするが・・・

 まだ、不動産の広告に「白金に新しい空間!ゆとりの4LDK!高級マンション分譲開始!『今日からあなたもシロガネーゼ』!」の方が納得がいく。

 ちなみに白金は「しろかね」であって「しろがね」ではない。「とうきょう」を「とうぎょう」と言ってるようなもんだ。また、近くにある「白金台」は、道を挟んだだけで、まったく違う扱いを受けている。

 先日面白いものを目にした。ファッション誌の表紙の見出しで、「アシヤレーヌ北上中!東京も認めたそのゴージャスファッション!」なるものがあった。
「アシヤレーヌ」・・・もしかして、神戸の芦屋のこと?これを見るからには、芦屋に住んでる人たちが、ぞろぞろと、東海道あたりを北上して歩いて押し寄せてきているように感じる。
それはそれで僕的にはけっこういけてるが、「東京が認めた!」というのは、都庁で石原都知事が会見して「アシヤレーヌ北上中!自衛隊はすみやかに発砲準備!」とか言ったのだろうか?それとも、「東京」という名前の人がいて、その人一個人が認めたのだろうか?

 それにしても「ネーゼ」や「レーヌ」って、どういう意味なんだ?知ってる人がいたら教えてください。(マジで)

 僕は恵比寿に住んでるから差詰め「エビスレーヌ」か?ん?なんかカタカナで書いたらなんかお洒落っぽいぞぉ!よし!決めたっ!今日から僕は「恵比寿レーヌ」だっ!って漢字じゃダメだって! 「エ・ビ・ス・レー・ヌっ!」
 「そりゃネーゼ!」・・・・・お後がよろしいようで・・・チャカチャンチャンチャンチャァ〜〜ン・・・・

【追記】
ちなみに「シロガネーゼ」は
ミラネーゼ(Milanese=ミラノっ子)を文字って作られた。
光文社の女性誌「VERY」が最初に使い始めた。
[PR]
# by hairhana | 2005-05-07 06:32 | hanaのひとりごと | Comments(0)
笑顔が一番!と思いました
a0037910_422653.jpg

「美人になりたいかぁああああ!?」「おっとこ前になりたいかぁああああ!?」
 美容室に床屋、エステにスポーツクラブ、はたまた整形手術まで美男美女になるための方法は山ほどある。いずれも時間とお金がかかる。
 そこでみなさんお立ち会い!さあさあ!もっとこっちに寄って!はい!その白い線から中に入らないでねっ!

 サロンに来るお客さんで、最近「メイクを教えてください」という人が増えてきた。「眉カット」は、わりと多いのだが、ポイントメイクやフルメイクは、結婚式とか、一部のモデルさんとかがオーディション前に来てくれたりするくらいだった。

しかし、最近は、普通のお客さんがそういった感じで言ってきてくれる。
僕が思うに、モデルや、芸能人がどんどんキレイになるのは「キレイにしてないといけないから」だと思う。
もし、みなさんの部屋が、毎日いろんな人が見に来るとしたら、キレイにするでしょ?
 お花もそうだけど「値段の高い花の方が安い花よりきれい」ってことはないよね。あの、高級クラブの開店祝いの代表の「コチョウラン」でも水をやらなかったり、毎日の手入れを欠かせば枯れてしまうのと一緒。そもそも値段なんて「珍しい」とかで値段が上がってるだけだから。

(ちなみに、前述の「コチョウラン」だが、お客さんで栽培してる人がいて、以前聞いた話だが、出荷まで、なんと5年かかるそうだ。一口に「蘭」と言ってもすんごい種類があるそうだ。栽培するときは5年後の流行の流れを想像して栽培する種類を決め、5年間みっちりつきあうそうだ。そういった意味では、花の美しさの裏に、数々の労力が隠れているという点ではあの値段も頷けるなぁ。「蘭」のお話は長くなるのでいつかするとしよう)


a0037910_435859.jpg 話を戻して・・・
 特別派手なメイクや流行の最先端とかではなく、ごくごくナチュラルに、でも、その人に合った色を選んでその人のいいところを引き立て、コンプレックスをカバーしてあげる。だから「いつもの自分なのに全然違う」自分が鏡の中に現れる。
 不思議なものでラインを一つ入れる度、色を一つのせる度に表情が変わってくる。
 そう、プロのテクニックを持ってしても出来ない「表情」というメイクを知らず知らず自分で施している。「花嫁さん」がキレイに見えるのも、「幸せな表情」が彼女のメイクを最高に仕上げてくれてるのだ。「キレイ」になるための最高のテクニックはもっとも安上がりで、もっとも効果的な「表情」だったんですね。

 僕のサロンHanaに来てくれてる人は解ると思うけど、僕はシャンプーをするのが大好きです。たぶんどこのサロンに行っても僕より上手に洗ってくれるところはないでしょう。・・・なんてねぇええ!

 でも、かなり一生懸命やってます。なんでかって言うと、パーマやカットなどの数あるサロンのメニューの中で、唯一「表情をデザインする技術」がシャンプーだからなのだぁぁぁぁああああ!
 シャンプーの終わった後の「ふぅ〜〜〜〜っ・・・」という、何とも間の抜けた・・・いや、幸せそうな表情は他の技術じゃ出せないからね。
 先日、某エアロビクスインストラクターが
「日本一SEXの上手いホストとエッチするのとトモさんのシャンプーだったら私はシャンプーをとるわっ!」
と、言ってくれた。比較するものに一抹の疑問は残るが、嬉しかった・・・かな?

a0037910_492061.jpg 試しに思いっきり「微笑んで」みよう。ここで注意しなければいけないのは、「笑う」のではない。「微笑む」のだ。なぜかというと他人に「笑われる」のはとても不愉快だからだ。別に鏡に向かってじゃなくていいから、今すぐやってみよう。意外に難しいでしょ?

 さあ!今日から女性も男性も鏡のまであれこれ塗りたくる前に「表情」を作ってみましょう。そうすれば、あなたの「美人度」や「男前度」は確実にレベルアップするはずです。そして「本当の幸せな表情」になりましょう。
[PR]
# by hairhana | 2005-05-06 02:21 | メイクのお話 | Comments(2)
「オジサンは優しいんだぞ」と思いました。
a0037910_1813273.jpg

休み明けの水曜日、「国民の休日」。
僕も国民だけど仕事。やれやれ。
午前中、お客さんが切れたのでちょっとお買い物。
帰ってきたらどでかいAUDIが停まってる。
恐る恐る店の中を見るとSamさんが遊びに来ていた。
顔に似合わず可愛いかっこうをしていた。
美人の奥さんがお勉強中で遊んでくれないのでHanaに遊びに来てくれた。

そしたら、12時の予約のお客さんが子供(男の子)を連れてきた。
お母さんの髪の毛を僕がやってる間にSamさんは男の子と遊んでくれた。
数日前その子が誕生日だったのでSamさんが車に乗せていたミニカーをプレゼントしてくれた。なんて優しい人なんだ。「見た目と大違い」だぞ!Samさん!

そしたらヒカルさんまでやってきた。
超一流コンサートエージェント、超一流CMプロデューサー、超三流偽カリスマ美容師。
すごいメンツが揃ってしまった。それも、遊んでるし。_ハ ̄|○

a0037910_18411029.jpg子供はそんな大人の肩書きなんぞ屁にも思わず、ため口で話してる。
挙げ句の果てにはヒカルさんがフットマッサージをアシスタントのヒロミに頼んでやってもらってるフットバスに足をつっこむ始末。
ま、ここ(Hana)ではどんな肩書き持ってても同じだけどね。

オヤジ三人に囲まれながら存分に楽しんで帰って行った。
写真はその子がデジカメで撮ってくれたモノ。
Samさん、なに一人だけ爽やかしてんだ!こら!

「優しいおじさんズ」は今日も行く・・
[PR]
# by hairhana | 2005-05-05 18:44 | hanaのひとりごと | Comments(4)
GD(ゴールデンデイ)だと思いました。

世の中はGW(ゴールデンウィーク)で10連休の人もいて僕は定休日の火曜日一日だけだったけど、とても充実しました。

恵比寿を出発し、金沢八景にアウトレット。横須賀行って中華街。そして山下公園。
恵比寿に着いたのはちょうどレンタカーを借りて12時間過ぎる午後10時の5分前。
半日間びっしり遊びました。
いっぱい遊んで、いっぱい歩いて、いっぱい食べたのに、まったく疲れませんでした。
こんなに楽しい一日を過ごしたのは久しぶりでした。

ここで、皆さんにドライブのコツを伝授しましょう。
以下のことを守れば、最高のドライブライフが過ごせます。

1,行く順番をずらす
アウトレットなどの買い物は観光や遊びの後に行きたいもの。すると当然午後や夕方が混んでしまいがち。だから朝一で行く。

2,行き先を変える
「○○に行こう!」と決めたからって渋滞に遭ってしまうと最悪。
現地にいられる時間より車の中にいる時間の方が遙かに長いなんて事もあります。
まして、行きが渋滞ということは帰りも渋滞ということ。
渋滞に遭いそうになったら躊躇せず行き先を変えましょう。

3,食事の時間をずらす
「お昼ご飯を12時前後に食べなければ行けない」という法律はありません。
12時〜2時のランチタイムは当然混み合います。
ちょっと我慢してみましょう。
逆に、みんなが食事をしている時間こそ、並ばなければ行けないアトラクションやイベントはスムーズになります。
また、どんな行列の出来る店でもお客さんがとぎれがちな時間帯というのがあります。
そこを狙っていけばOK牧場!

4,楽しいお話をする
せっかくの休日のドライブに仕事の悩みや、愚痴は御法度。
「楽しいお話ばかり」しましょう。
特に「作り話」は最適です。
想像力を豊かにします。くだらなすぎて笑えます。ネタとして使えます。

5,最高の友達、そして仲間と行く。
これが一番大切ですね。
一緒に行く人がよければ、渋滞に遭おうが食事で並ぼうが、関係ないくらい楽しく過ごせます。
ナイキショップに入り浸ろうが、Levi'sの試着室に消えようが、靴屋でサンダルを物色しようが、一緒に楽しむことが出来ます。
実は大好きな人たちと一緒に過ごすというだけで、実は楽しい一日は約束されたようなモンです

GWでこんな日が10日も続くと僕は社会復帰できなくなると思います。
たった1日だったけど僕にとっては最高のGD(ゴールデンデイ)でした。

ヒカルさん、マイさん、ありがとね。
[PR]
# by hairhana | 2005-05-05 08:03 | ニコニコ日記 | Comments(2)
中華街はイィ〜〜ネッ!って思いました
a0037910_10563220.jpg

「チュゥ〜〜カガイ!イン!ヨコハマ!イィ〜〜ネッ!」
お腹ペコペコです。
目指すは横浜中華街
「梅蘭」。
a0037910_10582661.jpgここの「変わり焼きそば」が大好物。。
表面がカリッと焼けていて中から熱々のあんがとろぉ〜り・・。最高です。美味いです。
平日でも行列できます。僕たちが行ったのが夕方前という中途半端な時間帯だったのでさほど並ばず入れました。
お店を出たときには表の路地にまで行列が並んでました。

たらふく食べて中華街の顔、「関帝廟」へ。
関帝廟は三国志にでてくる関羽を祀ってあります。
ここは華僑の人の心のよりどころであり、観光名所とも知られてます。
詳しくはサイトを見てもらうと解るのですが、中華街と言えば「食」のイメージがありますが、是非一度訪れてみてください。
僕が関帝廟が好きな理由として「おみくじ」がかなりの確率で当たります。
良きにつけ悪きにつけ、怖いくらい当たります。ついでにどうぞ。

a0037910_1057259.jpgこの日はGWということもあり町中に「獅子舞」が練り歩いてました。商店を一軒一軒周り、お囃子とともにパフォーマンスを繰り返していました。

ATMとトイレを探し、中華街のはずれに来たらクレイジーケンバンドの横山剣さんのオフィスを発見。
その後、フラフラ歩いていると
a0037910_105936100.jpg「パン アメリカン ホットドックコーナー」の看板を発見。
ここは剣さんが昔よく利用してた店だそうで、表に
「クレイジーケンバンドCDコーヒーブガルーの店」と書いた紙が貼ってありました。
ホッとドックは昔のままなんと¥200.コーヒーが¥350.
カウンターだけの狭い店内に藤井隆と、だいたひかるのサインが飾ってありました。



a0037910_1103525.jpg当の剣さんはあまりこないみたいで、それでも、彼がテレビで紹介したとあって全国からファンが来てくれるそうです。

a0037910_1105220.jpgマスターがファンが作ってくれたというカセットテープを流してくれました。
こもった温室が店とマッチしていてなんともいえない風情を醸し出してました。

〆は山下公園前の
「ホテルニューグランド」でヒカルさんが「ウンチをしたい」というので立ち寄り、本館2階の人気のないロビーでさも、宿泊客かのようにくつろぎました。

「つづく」
[PR]
# by hairhana | 2005-05-04 11:07 | ニコニコ日記 | Comments(0)
俺の話を聞けぇ〜!と思いました
a0037910_8184473.jpg

べーサイドマリーナを後にして一同横須賀へGO!
なんだか「クレイジーケンバンド辿る旅」になってきた。
初めて行った横須賀は驚くほど開けていた。
倒産したとは思えないほど堂々と建っているダイエー。

とりあえず今流行の「タイガー&ドラゴン」の歌詞にもある
「そのままどん突きの〜♪三笠公園へ〜♪」
に行く。
間違って米軍基地に直進するところだった。
ここは「猿島」に渡るフェリーも出ている。
時間がないのでスルー。

とりあえず海が観たいので住宅展示場の裏の波止場に行く。
休日なので釣り人も多く、日に焼けたおっちゃんたちが楽しそうに話している。
途中、公園があってバスケットボールをしたり、スケボーやマウンテンバイクを乗ることが出来る公園がある。
東京には無い贅沢な公園だった。

その後「どぶ板通り」に行った。
横浜の「元町」を小さくしたような商店街だった。
横須賀名物「スカジャン」の店が軒を連ね「操業53年」とかを売りにしていた。
ドラマ「タイガー&ドラゴン」の影響か、若い人たちが店を占拠していた。
僕たちにはダークなイメージがあったけどどの店もこぎれいでちょっとスカされた気分だった。
あ、だからヨコスカ?
ふと時計を見ると2時30分。
お腹が「なんか食わせろぉ〜!」と訴えるので一同、横浜中華街へ・・

つづく・・

〜どぶ板通り商店街〜
[PR]
# by hairhana | 2005-05-04 08:29 | ニコニコ日記 | Comments(1)
ドライブに行こうと思いました
a0037910_7302173.jpg
美容師という仕事に就いてから、「人の休んでいるときに働く」のが当たり前になっていて、土、日、みんなが遊んでいるときには、必死で働いて、「あ〜あ、また一週間始まったね〜」くらいのときに休みます。
従ってGWなど関係なく、
「どこ行くんですか?」
と質問することはあっても聞かれることはない。それでもお客さんに
「10連休あったらどうしますか?」
と尋ねられると二つ返事で
「仕事します」
と言いますね。仕事すきなもんで。

それでも今日は5月3日。「憲法記念日」で、おまけに火曜日。
そう、Hanaもお休みの日です。
祝日がお休みの日というのは珍しく、だからといって現在、彼女もいないので予定が入るわけでもなく、さて、どうしようと考えてたときにヒカルさんがやってきて、
「トモさん遊ぼうよ」
と言ってくれたので遊びに行くことにした。

10時にレンタカーを借りて出発!目指すは横浜方面。
CKB「クレイジーケンバンド」のライブDVDの影響で「横浜・横須賀」方面に向いてしまう。
車内のCDはクラプトンなのにCKBの曲を口ずさんでいる。
「レッツゴーゴー♪あっそびに行こう〜♪ハンサムな〜GTで〜♪・・」

a0037910_7314743.jpg目黒通りから第3京浜に乗り、首都高を通ってアウトレットモール「横浜ベイサイドマリーナ」へ。
渋滞に巻き込まれることもなく、近くまで来て「駐車場待ち」の車でごった返してたので近くの連休を取ってそうな工場の前に路駐。

NikeShopををはじめ、Levi’s、Lee,。「残り物」とはいえ、「掘り出し物」もけっこうあるね。「観るだけ」のつもりがけっこう買っちゃいました。
ソフトクリームをシーサイドデッキで食べました。ヒカルさんは自他共に認める「ナイキ狂」。戦利品を抱えてニコニコのくせにカメラを向けると「睨み」を効かせます。おこちゃまになってます。

次は横須賀へGO!

つづく・・・

〜横浜ベイサイドマリーナ〜
[PR]
# by hairhana | 2005-05-04 07:38 | ニコニコ日記 | Comments(0)
やっててよかったと思いました
a0037910_22243735.jpg

ある、80過ぎのお客さんがいて、足が弱くて車いすの生活を強いられている。
毎回娘さんに付き添われご主人の車で来てくれる。

いつものようにお出迎えしてメニューはヘアカラーとカットとトリートメントをする。
娘さんとご主人は一旦帰られます。

いろんな話をします。僕はその人の学生時代や元気だった頃の話を聞くのが好きです。
そんな話をしてるとき、みなさんキラキラしています。
80過ぎのおばあちゃんのことを「かわいいじゃんこいつぅ〜」くらいに思います。

身体的に不自由な人はあまり、手をかけられるのを嫌がります。自分の体の不自由さがもどかしいそうです。

「ともさん、わたし、死んでしまいたいの・・」

「え?」

「だってみんなに迷惑ばかりかけてるでしょ・・」

僕は言いました。

そんなことはない。あなたが来てくれるおかげで僕はこうして仕事が出来る。そして、ご飯を食べて、たまの休みに洋服も買える。あなたがいなくなると困る。
あなたが、何かを食べたり、洋服を着たり。
あなたが生きてるだけで、生活が出来る人たちが世の中にたくさんいるんだ。
あなたが死んでしまうことは、僕を含めそんな人たちがとても困ってしまう。
娘さんやご主人に迷惑をかけてる?
娘さんは、あなたが生んだとき苦しんだ分支払いは終わってます。今は回収、そして利息をもらってるだけ。
ご主人も同じ。
だから、あなたは優しくされる権利があるし、優しくされなくてはいけない。

「なんかやりたいことあるでしょ?お芝居とか、コンサートとか。」

「わたし、昔、歌舞伎が好きだったのよ。若い頃、よく見に行ってたわ」

「じゃあ、行こうよ。ねえ」

「でも、車いすだから・・」

ネットで調べて歌舞伎座に電話してみる。すると、「車いす用の席」があるそうだ。さらに「専用の入り口」まである。

お嬢さんに話して行くといいよ。勘三郎を観てあげなよ。勘三郎くらいだと生活かかるほどじゃないけど、お昼ご飯の松花堂弁当が松が梅になるかもよ。
あなたは、食事をしに行って残してしまうことを「悪いこと」だと思ってるでしょう?
それは間違ってるんですよ。
食べ物屋さんは「だいたいみんなこのくらい出せばいいかな?」くらいの量で出してるんですよ。
だから足りない人は「おかわり」をするでしょ?それと同じなんですよ。
食べきれない人は残してもいいんですよ。
だけど、ひとつだけ、大切なことがあって、それは「美味しかった〜」って言葉に出すことです。心に思うだけじゃダメです。出来たら作ってくれた人に言ってあげてください。
それだけで作った人は「やっててよかった」って思うよ。
だから、一分でも一秒でも長生きしてみんなを助けてあげてね。

カラーが終わり、カットも終わり、仕上げの頃にご主人と娘さんが来た。
仕上がって
「ステキになったわ。ありがとうございました」
と言われちょっとくすぐったかった。
車を見送った。

その日の夜、店が終わる頃、一本の電話が入った。
娘さんからだった。電話の向こうの声が泣いていた。僕はびっくりした。すると

「母は普段でもあんまり食べなくて、ましてや外食することなんかなかったのに、今日の帰りにいきなり、『ウナギを食べたい』って言うから、どうしたの?と聞いたら、『ウナギ屋さんのために食べてあげるの。』って言って『だけど残してもいい?』って聞くから父と二人でいいよ〜って言ったの。母に聞いたらトモさんにこんな話をしてもらったからっていうから、お礼を言いたくてこんな時間にごめんなさい。」

Hanaを出してよかったと思いました。

Hanaは真剣にバリアフリーに取り組んでいます。
この店を選んだのも表に駐車場があって、車いすの人が安全に乗り降り出来るということ。
机は下にキャスターwつけて車いすのままでカット出来る高さに。
入り口はスロープをつけて、
トイレは広めで、手すりを付けて
終わったらゆっくり待ってもらえるようにソファがありあます。
店内はフラットで段差がありません。
そしてさらに進化しています。

それ以上におばあちゃん、来てくれてありがとう

hair Hanaホームページ
[PR]
# by hairhana | 2005-05-02 23:41 | hanaのひとりごと | Comments(4)
フォークの夕べをしようと思いました
a0037910_10125542.jpg

作曲家の金さんです。
ピアノギター、ドラムと一通りこなせる、サウンドマシーンです。
彼の持っているギブソンのアコギは伊達じゃありません。
ステキな音色が出ます。

ギターの音を聴くと俗な僕は「フォークソング」を歌いたくなりました。
カラオケで最新の歌を歌うのもいいけど、ギターの生演奏で歌うのもいいね。かなり。

てなわけで、
「フォークの夕べ」
をしようと思いました。

Hanaの窓を全開にして気持ちいい風を感じながらギターの伴奏で歌を歌う。
そんなレトロな夜を過ごしませんか?
金さん曰く「楽譜があればなんでも弾ける」そうです。
この際、上手い下手は関係無しでエコーもキー調整も無し。
でも鼻歌有りのスローな夜を過ごしましょう。

日程は未定ですが興味のある方は「歌いたい曲」を添えてご一報下さい。
[PR]
# by hairhana | 2005-05-02 07:12 | ニコニコ日記 | Comments(2)