hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
” Happy Birt..
by みるきー at 12:55
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
わかりました! ご丁寧..
by みるきー at 11:05
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:22
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1199)
(1196)
(1195)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

見学に来る人たちへ・・
a0037910_7181344.jpg

「私○○と申します。見学をさせて頂きたいんですけど・・」
働く場所を求めてHanaに電話してくる。
この時期多いのは今年の3月に専門学校を卒業して未だ決まってない人が多い。

「面接」と違い「見学」なのでこちらから「聞く」ということはあまりしない。
なるべく暇な時間を選んで来てもらう。
来てもすぐに話はせず少しの間待ってもらう。
そして、
「こんにちは、トモです。よろしくお願いします。
さて、何か聞きたいことがあったらどうぞ。」

ビックリするのは、ほとんどの確率でおもむろに手帳を取り出して質問を浴びせる。
開口一番聞かれるのは

「このお店のコンセプトは?」

その後に続くのは

「お客さんの層は?」
「教育のカリキュラムを教えてもらえますか?」
「メイクは教えてもらえるんですか?」
「練習会は週に何回くらいですか?」
「どのくらいで一人前になれますか?」

と矢継ぎ早に聞かれる。

「うちのホームページは観ましたか?」
と聞くと、

「家にパソコンがないので観てません。」
とサラッと答えられる。

僕は聞いた。
「徹子の部屋」って知ってる?」
知らない場合は他のトーク番組のタイトルを聞いてみる。
黒柳さんはどんなゲストでも必ずその人の情報をあらかじめ事細かく調べているそうだ。
だからこそ、その人の内面に突っ込んだ質問が出来て聞かれた方が話そうと思ったこと以上に「引き出されてしまう」わけだ。

「それほどになれ」
とは言わないが、
「自分で何も考えずに質問する」のは止めて欲しい。
はっきり言って疲れる。
最初に少し時間を与えてるわけだから
「アジアっぽい内装ですね。なんかホッとします。リラクゼーションとかに力を入れられてるんですか?」
とか最低限そのくらい聞いて欲しい。

僕は彼女たちに聞く
「君が『彼氏募集中!』と張り紙出して男がわんさか現れて開口一番
「あんただれ?名前は?料理作れる?身の回りの世話してくれる?」
って聞いたら『帰れ!』って言うでしょ?」

これがお客さんであればコンセプトからサービスの内容まで懇切丁寧に教えるよ僕は。
誰よりもわかりやすい言葉でかみ砕いて、気持ちいいくらい説明するよ。

10人中9人はこんな感じ。
中にはまともなのもいるけどね。
そんな子が来たらなんだかホッとするね。
ちなみに電話の時点で声が暗くて名前も名乗らない人はその場でお断りしてます。

「ねえねえ、聞いてよ!それでさ、これも見てよ!ね!ね!」
ってな具合に聞いてみてよ。
なんでそこにこだわるかというと、僕たちの仕事は「お客さんの事をどれだけ理解できるか」って仕事だから、最低限それが出来ないと
「オレ、アーティストだから勝手に切っちゃうよ」
って美容師になりかねないからね。
ま、教育すればある程度出来るとは思うけどその程度の資質は持ってて欲しいね。

今日も一人入ってる・・・10分の1であって欲しいね。

「そんな気の利いた子今時いないよ〜」
って声も聞こえてきそうだけど「そんな子」が欲しいのだ。
[PR]
# by hairhana | 2005-04-06 08:09 | hanaのひとりごと | Comments(0)
はい!ジャーキー!
a0037910_14462821.jpg

写真を撮るときに「はい!チーズ!」って言います。
これは「チーズ」の「チー」のときの顔が笑顔に「似てる」からだそうです。
でも最後まで言い切ると「ズ」なので「ウ!」の口の形になり、腹に一発食らった顔になり、なんだか変です。

だから最近は「イー」で終わらせるように「ウィスキー」など言い方を変えるようですがやはりなぜか「はい、チーズ!」と行楽地では言ってしまいます。

でも、やはりしょせん作り笑顔なのでたいてい「不自然な笑顔」になってしまいます。
口元だけ笑っていて「目が笑ってない顔」は逆に不気味です。

a0037910_1521049.jpgハナは写真を撮るとき、「はい、チーズ!」と言ってもこちらを向いてくれません。チーズが好きじゃないからです。
でも、知ってる人も多いですが
「ジャーキー!」
と言うと急に表情が変わり、カメラ目線になります。
それはハナがジャーキーが大好きだからです。

a0037910_14565162.jpgこのように「好きなもの」の方が自然と笑顔になるようです。
「はい!チーズ!」と言って喜ぶのはトッポジージョくらいでしょう。
だから、写真を撮るときは撮られる人の「好きなもの」を言ってあげましょう。
もしくは自分が撮られる側なら好きなものを想像しましょう。
自然と笑みがこぼれてきます。

サービス業の社員研修などで、おバカなインストラクターが
「みなさん、お金好きでしょう?お客様が来たらお金が来た!と思ってください。自然と笑顔がでるはずです。」
などととち狂ったことを言うのですが、人は「お金と交換したもの」が嬉しいわけでお金そのものに価値があるわけではありません。
逆に「はい!お金!」と言われると「何を買おうか?」と悩んでしまい「??」な顔になってしまいます。

みなさんのチーズはなんですか?

やっぱり笑顔がいいね。
a0037910_15231717.jpg
a0037910_1522368.jpg
[PR]
# by hairhana | 2005-04-05 15:27 | hanaのひとりごと | Comments(2)
シャンプーしたよ
a0037910_1049866.jpg
暑いからシャンプーしてもらったのさ。
ついでにカットもしてもらったのさ。
私専用のハサミはあんまり切れないから途中で引っかかって痛いのさ。
普段はフサフサなんだけど実は洗うとちっちゃいんだ。
最初は嫌なんだけどだんだん気持ちよくなるのさ。
シャカシャカシャカシャカ・・・♪
パパのシャンプーは日本一、いや、世界一、いんや!宇宙一だわさ。
お湯が溜まってくると温泉気分・・・。
ババンバ♪バンバンバン♪ハァ〜ビバノンノン♪
▽ーwー▽゜zzz…a0037910_10494921.jpg
[PR]
# by hairhana | 2005-04-05 10:52 | 今日のハナ | Comments(3)
売春
a0037910_723487.jpg

菜の花 、桜 、チューリップ 、マーガレット 、タンポポ
鯛、タコ、サザエ、ホタルイカ
春キャベツ. ふき. セロリ. たけのこ. えんどうまめ. そら豆. アスパラガス
イチゴ、アボカド、夏みかん、びわ、メロン
イチゴ大福、うぐいす餅、さくら餅、ワラビ餅、
ベートーヴェンの「ヴァイオリン・ソナタ<春>」
お花見、ピクニック、キャンプ、潮干狩り
春のファッション

春を楽しもうね。
お花屋さん、八百屋さん、魚屋さん、和菓子屋さん、ケーキ屋さん、公園、山
いろんなところで「春を売って」ます。

Hanaもエントランスのドアを全開にして気持ちいい風を入れて、テラスにテーブルとイスを用意して春を感じてもらってます。

ヘアスタイルも少し軽めがいいですね。

★雨も多くなるのでくせ毛で広がりやすい人も多いはず。「ストレートパーマ」じゃあ髪の毛が痛むしペタンとなりすぎる。「トリートメント」じゃあ保ちが悪い。

★★☆☆新メニュー「ストレートトリートメント」。☆☆★★

熱に反応する特殊なトリートメントを使って髪の毛に張りを与えてトリートメントケアしながら髪の毛のボリュームを抑えてくれます。
手触りがサラサラツルツル。1月半前後保ちます。料金もストレートパーマより安くカットと一緒で¥10500。

カラーはもし、あなたがパステルカラーや蛍光カラーを着たいとしたらマットなカラーはNG。
日本人の髪の毛は色が抜けるとオレンジに近い茶褐色になります。(髪の毛の細い人は黄色)この色は発色のきれいな色(彩度の高い色)と対比するとくすんで見えてしまいます。
黄色を抑えるヴァイオレットを少し混ぜたカラーをすると、肌の色もキレイに見えます。ファンデーションもオークルからピンク系に変えてみましょう。乾燥肌の人は普段使ってるファンデーションにピンクを混ぜたりするといいですよ。

春は気分も軽く楽しくしてくれます。中も外もチェンジして「買春」しに町に出かけましょう。

ちかくの公園や野道で、みつけやすい春の花を紹介します。
おさんぽ しながら さがしてみて くださいね!
どんな においが するかな?
〜「春の花さがし」〜
[PR]
# by hairhana | 2005-04-04 08:09 | <<Hana News>> | Comments(0)
子連れオオカミ
a0037910_22503860.jpg

近所の子供がおばあちゃんといっしょにお散歩に来ました。
いつもHanaの前のテラスで遊んでいきます。
今日はポカポカ陽気で気持ちよさそうです。
オモチャのベビーカーにお人形を乗せて遊んでいたのでハナを乗せてもらってパチリ。

a0037910_22531791.jpgハナもポカポカして気持ちよかったみたいでうっとりしてました。
差詰め「子連れ狼」のダイゴロウ・・

「大五郎・・・」

「ワン!(ちゃん!)」

って感じ。
お店の外にスピーカーがあって今、お店でかけてる音楽が流れるんだけど、おばあちゃんが孫をあやしながら流れてくる「マンボ・イタリアーノ(Bette Midler)」を口ずさんでました。ハイカラです。
「マンボォ〜〜♪イッツァリィ〜〜アァ〜〜ノォ〜〜〜♪」
いい曲です。

Bette Midler Sings the Rosemary Clooney Songbook
[PR]
# by hairhana | 2005-04-03 23:04 | 今日のハナ | Comments(0)
女らしさを磨きましょう。ゴシゴシ・・・
a0037910_9203993.jpg

看護婦、保母、保健婦、嫁、婿養子、女医、サラリーマン、
これらは全て「差別用語」なんだそうだ。
求人の「女子社員募集」もダメ。
挙句の果て、税金の配偶者控除も廃止するなど政府に都合よく解釈される始末。

「ジェンダーフリー」という言葉がある。
「社会的文化的性差である(とされる)ジェンダーにとらわれず、個々人がそれぞれ自分らしく個人としての資質に基づいて果たすべき役割を自己決定出来るようにしようという考え方、運動である」ウィキペディア(Wikipedia)引用
「男女共同参画基本法」を聞こえをよくした言葉だそうだ。

平たく言えば
「女だって差別するな、男より凄い女もいるんだぞ、こら!」
ってことだ。

やれよ、勝手に。それで、幸せになるんなら。
でも、ケンカになったとき男にグーでマジ殴りされても文句言うなよ。

事の詳細はこうだ
1975年にメキシコで開催された第1回世界女性会議で世界各地の性差別撤廃宣言から20年。その間日本では婦人問題企画推進会議で日本流に差別問題を変えて1995年の第4回北京会議の前に内閣府に「男女共同参画推進本部」を設置、同審議会が「男女共同参画基本法」を制定した。
平成13年に堂本千葉県知事は男女共同参画社会について「ジェンダーフリー教育を積極的に推進」という文書を市町村の教育委員会に通達した。
結果、子供の性教育ではコンドームを使用し、生々しい授業を行い、ホモやレズを認める教育をする。

a0037910_13174152.gif例えばトイレの標識も「男性が青で女性が赤」。これを逆に色分けした実験をした結果日本人のほとんどが間違えた。しかし、外国人は間違えなかったそうだ。
日本人は色で認識し、外国人は形で認識するらしい。

大阪の府知事が「土俵に上げろ!」と息巻いてるが、
「あなたは相撲を取りたいのか?!」
「差別」は悪いことだが「区別」は必要だと思う。
以前、「女を差別するなぁ〜〜!」とテレビで声高に叫んでいた人がいたが世の女性は「ああなりたい」のか?「男のふり」してるだけではないのか。
元内閣府の中山参与は女性特有の男には気づかない配慮や細やかさで北朝鮮問題に対応されていたが、僕はあの人は「いい女だな〜」って思った。

「男女雇用機会均等法」は大賛成です。
同じ内容の仕事をして女性だから給料が安いとかは納得いかないし、仕事が出来ないのに男だという理由だけで金がもらえるのは間違っていると思う。

「男言葉」を発する女性が増えている。「美味しい」を「美味い」といい、「〜なの?」を「〜なのか?」といい。外股で歩き、「私、女扱いされないのよね〜」と自慢げに話す。
まわりから、「出来る女」、「頼れる姉御肌」の人が周りからの期待に添えるべく演じているうちに引っ込みがつかなくなり、自分のスタイルになる。
「がさつ」=「男らしさ」ではないだろうに。
僕は女の子がなよなよした男を「キモい!」と言うぐらいそういう女性は気持ち悪い。
まだ、「僕はオカマだ!」、「私はオナベよ!」となりきるならまだしもね。

だけど、その分、今、男らしさや女らしさに磨きをかければ簡単に男らしく、女らしくなられると思うから、頑張ってみよう。

「女らしさに磨きをかけたい!」
と思う人は、どうぞ、Hanaへ。僕が全身全霊をかけて磨きます。ゴシゴシ・・

〜「そこが知りたい。ジェンダーフリーってなに?」〜
[PR]
# by hairhana | 2005-04-03 14:30 | hanaのひとりごと | Comments(2)
こんな僕に誰がした・・
a0037910_8281051.jpg

「雨ニモマケズ」
雨にも負けた
風邪にも負けた
雪にも夏の暑さにも負けた
丈夫なからだを持ってるつもりで
慾はいっぱいあって
たまに怒って
いつも自分のダジャレにに笑っている
一日に豆腐三丁と
味噌と少しの野菜を食べ(ダイエット中)
あらゆることを
自分を勘定に入れて
思いこみで行動して
そしてよく忘れ物をし
恵比寿の大きなマンションの
小さな部屋にいて
東に病気の子供あれば
「そうか〜そりゃ大変だね〜」と無責任に思ってみたり
西に疲れた母あれば
「俺も疲れたよ〜」とへこんだり
南に死にそうな人あれば
オロオロし
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろと心で思いつつ、けしかけてみたり
日照りの時はクーラーをつけて
寒さの夏は「いい感じ〜」と涼しい顔をし
みんなに「おっちょこちょい」と呼ばれ
褒められもせず(原文通り)
苦にもされ
そういうものに
ぼくは
なっちゃった・・・。

(原文)
「雨ニモマケズ」

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジヨウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ陰ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボウトヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハ
ナリタイ
【宮沢賢治】

〜宮沢賢治の宇宙〜
[PR]
# by hairhana | 2005-04-02 08:34 | hanaのひとりごと | Comments(0)
ウソつきは哀しみの始まり・・・(エイプリルフール)
a0037910_12224868.jpg

「残念ながら、もって後、半年ですね」

普通なら「目の前が暗くなった。」という言い方をするのだろうが、なんか自分に言われてるような気がしなかったので、

「あ、そうですか・・」

と他人事のように答えた。
カルテやレントゲン写真を見せていろいろ説明してくれるが
「こいつ、誰に話してるんだ?オレはそんな話を聞きにきたわけじゃないぞ。」
と頭の中で違うことを考えていた。

手術をした後の母は元気がなかった。

「良質の腫瘍だから大丈夫らしいよ。昔、ほら、子宮筋腫で手術したじゃろ?あれの残りみたいなのが、どうのこうのして狭い腸の中で食べ物のカスとかと固まって大きくなって塞いでただけらしいよ。歳を取ると消化力が弱くなるから、よくあるらしいんよ。」

と、最初のウソをついた。
僕は昔何かのドラマで聞いたセリフで

「ウソは突き通せば真実になるんですよ」

しかし、そのためには「ウソの上にウソを塗り固めていかなければいけない」。
二度と会わない人ならまだしも、近しい人、特に家族にはウソを突き通すことはとても疲れる。だから、僕は「面倒くさいので」極力ウソはつかないことにしてる。

闘病に必要なのは医者でも薬でもなく本人が元気でいようとする気持ちがなによりも大切だということを思い知らされる。

誰にも話さなかった。
心の中に無理矢理押し込む。
本当は優しくしてやりたかった。
抱きしめて「ありがとう」を言いたかった。
神様にも願った。
自分以外の人のために死んでもいいと初めて思った。

でも、「悟られる」のが怖くてわざと冷たくした。
元々料理の苦手な人なので出来合えモノを食べていたので
「ちゃんと作りんさいや、またひっかかるよ!」
いつも通り、いや、もしかしたらそれ以上に突き放してたのかも知れない。
時折
「背中が痛いけん、ちょっとさすってや」
と言われ渋々のふりして背中をさする。曲がった体から突き出た骨は弱々しく、その背中に僕は負ぶさっていたことすら想像できなかった。
涙は出さない。
「敵を欺くならまず味方から」
自分にすらウソをつく。
客商売をしてるせいか多分、「作り笑顔」は上手い方なのだろう。

母の住んでる横浜から自分の住んでる東京までバイクのヘルメットの中で声を出して泣いた。
ウソは疲れる。本当に疲れる。

時が経ち、母が急に調子が悪くなり病院に行ったそのまま、入院することになった。
医者に言われた。

「もう、これが最後です。」

親戚に電話した。母の親しい友達に電話した。連絡が付く人全てに電話した。
みんなが来たとき母は昏睡状態だった。
呼吸器を当てて目は白くどこを見てるかわからなかった。時折「うぅぅううぅぅ・・」と声にならない声を出す。

みんなに言われた
「なんでこうなる前に教えてくれなかったの?」
と。
もしかりに話したとしてその内の誰かが母の前で涙したり、悟られるような事をされたら僕は一生その人を恨むだろう。「ウソをつくのは僕だけでいい。」そう思った。

母の耳には僕の声が届いていたのだろうか?
僕は最後までウソをついた。
「来週くらいには退院できるって先生が言うとったけん、そしたらなんか消化に良くて美味しいモノ食べようや。ね、ね!」
最後まで「ありがとう」は言えなかった。

あんなウソをつくのはもうイヤだ。
[PR]
# by hairhana | 2005-04-01 14:39 | hanaのひとりごと | Comments(6)
立ち止まってもいいからまっすぐ進め!ダメなオレ
a0037910_5873.gif

なにが嫌いかっていうと、「よーいドン!」で逆走するヤツ。
んでもってそうやって「自分は特別だ」って思ってるヤツ。
そんなヤツほど「オレ、本当はやればできるんだよね」って思ってたりするね。

他人と競争するのは勇気がいるね。
レース、受験、競技、コンテスト、かけっこ、恋愛、etc
順位がつくと「自分の位置」がわかるけど、これは怖いね。
思ってたよりも低い位置だと落ち込むね。
だから怖いからよーいドン!で真剣に走らず手を抜いて、負けたことを
認めたくない時ってあるよね。
僕もあります。

全てに置いて万能じゃないから余程の天才でもない限り「勝ち続ける」ってことはできないね。
でも、時には勝負しないといけないときってあると思うんだよね。
いつまでたっても職に就かないNEETも失敗を恐れて「始めることが出来ない」人たち。
この「人たち」ってのがいけないね。
「自分だけじゃない」って安心感からいつまでたってもそこにいる。走り始めた人を後ろから
「なに、そんなに頑張っちゃって」
なんて薄ら笑い浮かべながら見て、不器用にこけたり、失敗した人を指さして笑う。

そんなやつが大嫌いだぁあああああ!!!

でも、そんな自分もどこかにいるね。いいわけしてる自分もいるね。だって傷ついたりするのは怖いからね。
みんなが走る方向と違う方向に走ってそれを個性だと勘違いして悦に浸ってる。
例えばみんなが揃って制服を着てるのにひとりだけ私服を着たりして反発する。
そんな自分がイヤだから頑張って走ってみる。
今はまだビリだけど、少しずつでも前に進んでいると、また新たに走り始めた人が後ろから来るね。そいつに抜かれたりするとへこんだりするけどね。
でも、走り続けてるといつのまに上の方に来る。すると、順位なんかどうでも良くなるね。
そこからがはじめて「個性」になるのかもしれないね。

同じ服を着て同じ振り付けの踊りを踊っても光る。
そこには簡単に超えられない努力の結果があるような気がするね。
やはり、積み重ねてきた経験や努力には才能だけじゃ勝てないね。
それらは失敗ですら肥やしになってるからね。

ただ、何がイヤだって言うと、みんなが一生懸命上手いヤツも下手なヤツもやってるのに、おちゃらけたり、ごまかしたりする人はNGですね。

しょっちゅう、へこんだり、逆走しそうな僕だけど、そう思いながら日々頑張ってます。
自分が嫌いな自分にならないために・・・。

ダメとは言われたくはないが、ダメも気持ちいいかも・・
〜「ダメ人間だもの」〜
[PR]
# by hairhana | 2005-03-31 05:39 | hanaのひとりごと | Comments(4)
子供に学ぶ事もある〜23分間の奇跡〜
a0037910_657497.jpg

「オレ、子供好きなんだよね〜」
などと口が裂けても言わんぞ。どっちかと言うと嫌い、。特に最近の子供は。
なのに、子供が寄ってくる。お客さんの子供、近所の子供、ゾンビのようにからんでくる。
僕は子供に対して「大人」として接することが出来ない。ちょっとしたゲームをやっても負けるのがイヤだ。マジで勝つまでやる。
悪さをすれば、例えお客さんの子供でも怒る。
子供の無責任な「なんでぇ〜?」という自分で考えず投げ捨てジャーマンのような質問に
「え?そ・・それは・・」
と、言葉が詰まるのが許せない。
例えそれが理不尽で荒唐無稽な答えで、
「私、ついこの前まで男の人って逆立ちしておしっこするもんだって思ってたの。」
と、その子が大人になるまで間違った知識で成長しようが知ったこっちゃない。誰かに直してもらってくれ。

Hanaに4年生と5年生の女の子が来て、ひとりはカット、一人はパーマをかけた。
5年生の女の子に聞いた。

「大人になったら何になりたい?」

「え?・・・ないしょ・・。」

「ないしょ」って言う場合、たいがいビジョンがない。しかし、僕は根っからのSなのと、好奇心旺盛なのでさらに突っ込んで聞く。

「じゃあ一番したいことは?」

「のんびりしたい。」

即答で返ってきた。さらに「どういうこと?」と聞くと

「いっぱい寝たい。もっと時間が欲しい。」

彼女はスケートを習っている。それも選手クラスでかなりハードな練習をしているそうだ。
「朝練」の時は5時起床。練習が終わったら学校。そして帰ったら練習。練習がない日は塾。そして家に帰って宿題。

そして、話すことも意外としっかりしてるのだ。
「ハナちゃん兄ちゃん、(よくこう呼ばれる)彼女出来た?早く作らないと結婚できないよ!」
と10才の子供にやりこめられる。
「友達紹介しろよ!」
とはさすがに言えない。
今の子供は僕たちが思ってる以上に大人であり、しっかりしている。
「挫折」や「壁」というものに無縁なだけに、怖いモノ知らず。
情報にとらわれないので意外とするどい。

大人はいろんな悩みを経験豊富な大人に相談するけど、経験の範囲でしか判断できないけど先入観なしで感覚的に判断する子供の意見を聞くのもいいかもしれないね。

a0037910_7252615.jpg〜23分間の奇跡」〜
ジェームズ・クラベル:著 青島幸夫:訳
「みなさん、おはよう。
  わたしが、きょうからみんなの先生ですよ」
ある小学校のクラスの朝のホームルームの23分間のお話。
じっくり読んだとしても本のタイトルと同じ23分間くらいで読むことが出来る。
しかし、読み終わったときあなたは愕然とするでしょう。
そして、教育の大切さ、大人のあり方を考え直すでしょう。
23分間の間に子供たちに起こったこととは?
[PR]
# by hairhana | 2005-03-30 07:35 | hanaの本 | Comments(4)