hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
こんにちは! いよい..
by みるきー at 15:54
> みるきーさん 遅れ..
by hairhana at 07:08
あけましておめでとうござ..
by みるきー at 17:43
> みるきーさん 普通..
by hairhana at 08:42
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1128)
(1125)
(1124)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

イ〜〜ネッ!CKB(クレイジーケンバンド)プロモDVD
a0037910_1165523.jpg
あまりJ-POPには興味が無く、CDなど、ほとんど買わないのだが、クレイジーケンバンドだけは買ってしまう。別に、横浜横須賀で暮らしたという洒落た思い出など無いのだが曲調が合うのだろう。
「年代がね〜」という声も聞こえてくるのだがあえてそこには触れないでおこう。
いいもんはイィ〜〜ネッ!

簡単にこの「クレイジーケンバンド」について触れておくが、(詳しいことを知りたい人は公式ホームページへどうぞ。)リーダーの横山剣さんは元、クールスのメンバーで、当時はさほど目立った存在ではなかったが、数年前J-Phone(現ボーダフォン)のCMの「クリスマスなんて大嫌い!なんちゃって!」でブレイク。

知らない人も、見せると「欲しィ〜〜!!!」と絶賛するね。
僕が大好きなのは6曲目の「あ、やるときゃやらなきゃ、だめなのよ」なんだけど、「あの国」の律動運動をパロっているのだがどうしても覚えたくなる。(だけど、誰にも見せられない)
1曲目と2曲目はHanaのお客さんの桜木 光さんがプロデュースをしてます。これもかなり、イィ〜〜ネッ!
以前は広島の友人の「dorado Radioのdoradoさんも仕事で関わっていて、なんだか不思議な繋がりを感じます。

ま、さんざっぱらいろんなサイトでオススメしてるので僕の方は

「とりあえず買って観ろ!」

とだけ言っておきましょう。ぶっちゃけ「マツケンサンバ」をノリで買うだけの無駄金があるのなら1万倍お得ですぜ。

税込み¥3990
[PR]
# by hairhana | 2005-01-18 11:05 | 今週のお買い物 | Comments(0)
震災を知らない子供たち (阪神淡路大震災から10年)
a0037910_1212597.gif


昔、こんな歌があった。
「戦争を知らない〜♪こどぉ〜もたちぃ〜さぁ〜♪」
今でも、世界の各地で戦争は起こっている。
僕のふるさとの広島でも毎年原爆慰霊祭がある。

「あの時のことを忘れないでいよう。」

そのために、今でも活動している人はたくさんいる。
しかし、去年の8月10日。テレビで慰霊祭を取り上げたのは民法わずか1社だったような気がする。
時が経つにつれ、風化していくのは仕方のないことなのだろうか。

あの災害があって10年。
今では嘘のようにきれいな街になっている。
しかし、今でもその爪痕は人々の心に、残っている。
現にあの震災がきっかけで命を落とした兵庫に住んでいた僕の叔母は帰ってこない。

朝、テレビをつけると各社、関西と中継で、各地で行われているセレモニーの映像を流していた。
しかし、ある1社だけが女子アナ3人が満面の笑みでおちゃらけていた。
なにもその時間に「やらなければいけない」コーナーでもない気がした。でも、若手の女子アナ目当ての人たちには朝の活力になるのかもしれないね。
a0037910_12492814.jpg

戦争と違い、震災は止めることは難しいとは思うが、心がけ次第で犠牲が少なくてすむように思うね。
そのときは自分だけの事じゃなく出来るだけ助け合いたいね。
阪神・淡路大震災10周年記念事業

[PR]
# by hairhana | 2005-01-17 12:53 | Comments(0)
昭和の味がする「ムルギー卵入り」
若者の街渋谷。
109にはギャルが押し寄せ、センター街には高校生が厚化粧で歩いている。
街はメタリックな質感があちこちにあり、自然の臭いなど微塵もない。

109を横目で見ながら道玄坂をあがっていくと「渋谷百軒店」というアーケードがある。
急な坂を上ると右手にストリップ劇場。あちこちにピンク産業のお店がある。
さらに奥深く行くとラブホテル街。その間にその店はある。
カレーの店「ムルギー」である。
店の紹介はリンクを張っておくので見てくだされ。

僕が初めてムルギーに行ったのは多分26,7歳の頃だと思う。渋谷のデパートに入ってる店に勤めていて、仕事が終われば街を散策していた。そのときたまたま見かけて入ったのがこの店。
店の雰囲気はもろ「レトロ」。「レトロ調」ではない。店にかかってる音楽もラジカセから流れるFM。古いコーラやセブンアップの瓶が並んでいる。店内はやや薄暗い感じ。ソファーの背もたれも高い。
恐る恐る席に着くとカウンターの手前から腰の曲がったおじいちゃんがすり足で注文を取りに来る。

「どうしますか?」
僕はメニューに手を伸ばしてそれを広げた。おじいちゃんが「あっ・・」とい動作をした。何のことかわからずそのままメニューを眺めていると

「ムルギー卵入り・・美味しいですよ・・。」

とボソッとつぶやく。
「はっ?」
と聞き返すとまたもや、同じテンポと口調で
「ムルギー卵入り・・美味しいですよ・・。」
と来る。メニューには「ガドガドサラダ」とか、いろいろ載っている。おじいちゃんに聞いてみた
「あの〜このサラダはどんなのですか?」
すると、「あ、それですか・・・・」
と答えるので
「え?無いんですか?」と聞くと
「あるんですけど、今は・・・・・・・」
「??????」
「ムルギー卵入り・・美味しいですよ・・。」
「じゃ・・じゃあ・・そのムルギー卵入りで・・・・。」

a0037910_0175293.jpgカウンターの中には小さなおばあちゃんがカレーを作っていた。
お店の中は大して込むわけでもないが「常連風」なお客がちらほらいた。

職場が渋谷から離れて久しく行くことが無くなったある日、ふと懐かしさに誘われて足を向けてみた。相変わらずの店構えだったが変わったところがあった。
メニューが小ぎれいになり、ちゃんと「あの」ガドガドサラダもメニューとしてあった。
そしてなによりも変わっていたのがあの「ムルギー卵入り・・美味しいですよ・・。」のおじいちゃんがいなかったこと・・・・
見かけなくなって何年か経ったが、未だ、「おじいちゃんは、どうしたんですか?」と聞くことが出来ない。
悠々自適に釣りでもしてくれてればいいのだが・・・

みなさん、
「ムルギー卵入り・・美味しいですよ・・。」

〜渋谷「ムルギー」〜
[PR]
# by hairhana | 2005-01-17 00:19 | グルメのお話 | Comments(8)
今日のハナ1/16日パパは昼飯抜き
a0037910_104776.jpg

パパはカメラがいいとバシバシ撮ってしまうね。
毛がだいぶ伸びたからカットしてよ~~

(パパ談)
この日は予約がちょうどお昼時間にぽっこり1時間空いてたので
「その時間にお昼ご飯が食べられる〜!\(-o-)/」
と思っていたのが、(ましてや雨だから予約の人しか来ないだろうと思ってた)
お客さんが来るわ来るわで、気がついたら、19時。
トホホな気分で終わる。
ハナは途中、ジャーキーをおねだりしてご満悦。チクショ〜〜!
[PR]
# by hairhana | 2005-01-16 10:47 | 今日のハナ | Comments(2)
駄菓子屋に学んだ買い物の仕方
a0037910_7535434.jpg

子供の頃、よく駄菓子屋に行った。
駄菓子屋だけでなく、貸本屋、プラモデル屋、たこ焼き屋、広島なのでお好み焼き屋。
こういった「子供相手の店」があった。
店主は決まっておじいちゃんやおばあちゃんだったね。

歳がばれてしまうが当時、駄菓子屋のくじ引きが5円か10円で出来た。50円ともなれば大金で、へそくって貯めた50円を落として暗くなるまで探した記憶がある。
たかだか10円の買い物を真剣に選んだ。
たまに、大盤振る舞いでいっぱい買おうとすると、おばちゃんが
「そんなに食べれんじゃろ?これとこれだけにしときんさい。」
と商売っ気が無いので子供にとっていい「買い物の勉強」ができる。
どの店も「黙って入ってお金だけ払って帰る」なんてことはなかった。
貸本屋ではマンガの話を、プラモデル屋では作り方を、たこ焼き屋、お好み焼き屋では学校のことなど世間話を。「コミュニケーションをトリながらの買い物」をしていた。
お好み焼き屋なんか、そのまま延長して大人になったら一杯飲み屋の赤ちょうちんだな。

今じゃ駄菓子屋なんかどこにも無いし、子供の店なんかどこにも無いね。
せいぜいコンビニだが黙って入って黙って出る。店員もアルバイトだから客の顔を覚える間もない。
僕はコンビニは大きな自販機に人が入ってるようなものだと思うね。
コンビニには「温度」が無いね。

a0037910_843388.jpgお年寄りが店番してる店もあまり見なくなったね。思えばおっちゃんやおあばちゃんもお店を通して子供と接することで生き甲斐を感じてたんだろうな。
「ゆうゆう年金暮らし」などせずもっと表舞台に出てくればいいのにね。(もちろん現役バリバリで活躍してる人もいるけど)

ちなみにデパートや町中で「いかにもレトロ」でやってる駄菓子屋はダメだね。見かけは駄菓子屋だけど店の奥にはポスレジシステム、「大人相手」の店だからこれも温度が無いね。

今度、天気のいい日にでも散歩がてら探してみようかな。
ネットで買ったりしちゃダメだぞ!

「無いなら自分で作るぞ!」って言う人は
〜駄菓子屋講座 仕入れ編〜
[PR]
# by hairhana | 2005-01-15 08:54 | hanaのひとりごと | Comments(2)
ピアス入れゲット!
a0037910_21481050.jpg
渋谷の行きつけのインポートショップ「シュシュ」でカエルのピアスいれをゲットした。かわいいデショ?
手前のラインストーンが入ったカエルと後ろの冠をかぶったトノサマガエル。
Hanaに来たお客さんのピアス入れにしようと思って買いました。

このお店はヨーロッパ(主にフランス)の古着やビンテージものの洋服やアクセサリーを扱ってるんだけど、よくある「一山いくら」で買い付けてくるわけじゃなくひとつひとつセレクトして買ってくるから程度の良さとセンスの良さが売りです。

お店は渋谷の東急本店の脇を山手通りの方へ向かって歩き、Bunkamuraの横を通り過ぎそのまままっすぐ歩いていくと左手に小さな細長いビルが見えます白くてガラス張りなのですぐわかると思います。
a0037910_331767.jpg
店内はとっても明るくてキラキラ☆ミしています。
なによりもここは安い!帽子一つで3000円前後で買える。
最近は原宿や渋谷とかで帽子専門ショップがたくさん出来たけど、その「たくさん」が僕は大嫌い。
1点もののように飾ってあるけど、実はストックに山ほどあったりして、それがさらに何店舗もあると思うとゾッとするね。
特にこのようなセレクトショップは仕入れる側の「思い入れ」があるのがいいね。
確かにそれが売れなきゃ生活が成り立たないから。真剣だよね。
でも、好きでやってるからそこには遊びがある。
その真剣と遊びのシーソーバランスが僕は大好きだなあ。
メッセージを感じます。
大手になるとマーケッティングをしっかりやって、「はずさない」。
たまに「あれ?これいいのに、なんで売れないんだろ〜???」
的な臭さがいいね。

a0037910_356152.jpgオーナーの鈴木さんはとても気さくな人でいろいろ教えてくれる。
通常の店だと
「これ、新作なんですよ〜ここと、ここにポケットがついてて〜・・・」
んなもん見ればわかんじゃん!とつっこみを入れたくなるほど通り一辺倒の説明とは違うね
セレクトショップのいい点はバイヤーの声を直接聞けることだね。
その商品との出会いや思い入れ、ものによってはびっくりするようなエピソードまだあったりする。
自動販売機やコンビニなどでの「会話の無いショッピング」とは違いその商品の背景まで理解して買うと大切にするしね。a0037910_359425.jpg

東京都渋谷区神泉町1-1
Tel:03-5784-0370
OPEN12:00〜翌1:00

「Hanaで紹介されました〜」って言うといいことがあるかも?
[PR]
# by hairhana | 2005-01-13 21:48 | ニコニコ日記 | Comments(4)
久々に携帯機種変更
タイマーでも入ってるのだろうか?以前、機種変更してちょうど2年になるがなんだかバッテリーの消耗が激しい。
バッテリーだけ交換すればいいのだろうが意外にこれが高い。
機種変更することにした。
やると決まれば一日でも早く新しいのが欲しいのが僕の性格。
とはいえ、機種選びは念入りに。パンフやネットで調べ、いろんな人に聞いて回った。
一言どころか百言言えるくらいなのだが省略する。(聞きたい人は直接聞いてね。)

んでもって選びに選び抜いた結果
SH602という機種にした。
ちなみに僕はボーダフォン。15年前から変わってない。
ビデオはベータ。バイクはスズキ。パソコンはMac。と「判官贔屓」な性格なもんでいつも「主流」から離れたものを選んでしまう。

この携帯を選んだ理由は
1,202万画素、光学ズーム、オートフォーカスと、デジカメ機能が高い。

2,ミュージックプレイヤー機能。CDから音楽を録音出来る。

主にこの2点。
要するにデジカメとiPodと、携帯がひとつになった機能なので個々に持ち歩くよりは遙かに便利なのだ。
さらに好都合なことに後継機種が出たのでいきなり安くなった。(ポイントもあったので結局5250円でゲット!安いでしょ)

最後まで3G(第3世代携帯)と悩んだが操作が欧米向きになっていてキー操作が「指の腹」から「指先(爪)」で押さなければならないとか、「定額パケット」でも、ゲームもしないし(やってる暇もない)ネットもしないのでパス。「テレビ電話」も周りに持ってる人がいないので虚しくてボツ。(ちなみに推奨はされてないがドコモのFOMAと話せる。アシスタントのナナがFOMAなのだが毎日会ってるのでわざわざテレビ電話で話すこともない)
a0037910_312410.jpg
SDカードに保存が利くのでなんと!1G(1000MB)のカードを8400円でゲット!音楽も写真も詰め込める。(ボーダフォンショップで買うと64MBで2800円くらいほとんどボッタクリだね)

この機種、未だに人気があるのでどこのショップも売り切れ。(でも、新規ならあるっていうのがせこいよね)都内のショップに片っ端から問い合わせて荻窪店でたまたま見つかる。

今までがしょぼいカメラだったので余計にそうだがかなりきれいな写真が撮れる。(右の写真がそう)

これから2年間よろしくね!
ITmediaモバイル
[PR]
# by hairhana | 2005-01-13 03:07 | ニコニコ日記 | Comments(0)
Hanaピンチ!長髪禁止!
a0037910_9103689.jpg朝鮮日報によると北朝鮮の平壌では町中を歩く長髪の男性を住所や名前を明らかにして「頭が悪い!」「狂ってる!」と痛烈に批判している。
原理としては「長髪は脳の酸素を奪って頭をバカにする」といことらしい。

この男性を診た病院の女医が「あなたの病気はその長髪からくるものだ。」とテレビに向かって訴えていた。
女性アナウンサーが便秘で力みながら話してるような口調で
「このような頭の悪い人間は外を歩くな!」
と声を荒げて訴える。

「じゃあおまえらどうなんだよっ!」

と、テレビの前でつっこみを入れたくなった。
それではまるで「おじいちゃん、メガネはここですよっ!」みたいなもんだね。
社会情勢が厳しい折、統制をとるのが目的なのはわかるがあまりにも頭の悪さが前面に押し出されて閉口してしまうね。

ちなみに髪の毛は脳の酸素を吸い取ってはいません。
髪の毛は体の中の有害金属を体の外に排出してくれる役割があります。特に女性生理の際に髪の毛からも排出されます。
昔から「生理の時はパーマがかからない」と言われるのは排出された金属がパーマ液の浸透を妨げてしまうためなんです。
生理時にパーマをかけると薬が紫色に変色するのがそれです。
かかりはしますがムラになりやすいので避けた方がいいでしょう。
[PR]
# by hairhana | 2005-01-12 09:28 | hanaのひとりごと | Comments(7)
今年はパンツ!
ここ数年、デザインはトップス(上に着るシャツやジャケット)重視だったのだが、今年はボトム(パンツ)にこだわることにした。
芸能人もおしゃれな人はボトムや靴に気を遣ってるね。
ジャケットは派手だけどパンツと靴が黒って明らかに手抜きって感が否めない。
んなわけで最近はパンツをよく買う。
デニムは久々にサンドブラスト(新品のジーンズをウオッシャーの中で砂を吹き付け履き古したような雰囲気を出す)スナッグ(かぎ裂き)、プリントにスパンコールが復活。

a0037910_6261525.jpg


僕が美容師になり立ての頃「イタカジブーム」(イタリアンカジュアル)があった。それまではアイビーやトラッドなどのアメリカンカジュアルやパリなどのヨーロピアンファッションが主流だったがイタリアのファッションが入ってきた。
当然直営店はなくほとんどがインポート(輸入)ものだったので、値段は割高だった。

当時、LeeやLevi'sなどのアメリカのジーンズが6000円くらいで、「オシャレ」だったのだが、平気で1万円超えるジーンズがあった。
MFG(コーヒーギフトじゃないよ)。マリテ&フランソワ・ジルボーがその代表だった。前述のサンドブラストも彼らが走りで、有名なのはフロントジッパーのところにタグが付いているデザインで爆発的にヒットし国内のアパレルがこぞってそのデザインをパクった。そのうち、「ケミカルウォッシュ」(薬品で色落ちをさせる)など、安っぽい加工が増え(スマスマの「マー坊」が履いてるやつ)混沌の中終焉を迎える。

a0037910_6501138.jpg

しかしMFGのデザインの良さは加工ではなく機能性を重視した「立体裁断」で、動きやすく体のラインがきれいに見えるように考えてある。
フロントとバックの高さを変えて、おしりの位置が高く見えるカッティングや関節部分にタックやしわ加工するなど実際履いてみるとかなりしっくりくる。
最近ではライセンスものもあり比較的安く買うことができる。
一度ショップに足を運んで試着してみてちょんまげ。

〜ブランド紹介〜
〜公式サイト〜
[PR]
# by hairhana | 2005-01-11 06:52 | 今週のお買い物 | Comments(0)
君のいる場所
一人でいることにふと、寂しさを覚えることがある。
友達もいる。仲間もいる。家族もいる。でも、なんだか寂しい。
いつも誰かが側にいるだけど寂しい。
それは心の側に誰もいないから。

a0037910_17331819.jpg


いつもの路、いつもの場所。いつもの顔ぶれ。
同じアパートの隣同士に住む男と女。
男はアパートを出ると右に
女はアパートを出ると左に
「いつもの路」
ふたりは決して顔を合わせることがない。
雨の日、たまたま行った公園で偶然にいや、必然に二人は出会う。
電話番号を交換し部屋に戻る。
電話してみようとするとふたりとも雨でにじんで読めない。
当てずっぽうでかけてみる。知らない誰かが出る。
かけるのを諦める。
「でも、もしかしたらかかってくるかもしれない!」
電話の前から離れられない。
隣同士のふたりはもう一度会うことが出来るのでしょうか?

「地下鉄」や「Love Lettres」など、今、もっとも注目されてる絵本作家ジミーの原作。
「ターンレフト ターンライト」で金城武、ジジ・リョンの主演で映画化されてます。

ふたりはもしかしてあなた自身かも。そして出会うべく未来のあなたかも。
Hanaに置いてあるので、読んでみてください。
帰り道、ちょっと寄り道してみたくなります。
Amazon-「君のいる場所」
[PR]
# by hairhana | 2005-01-10 17:33 | オススメ | Comments(4)