hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
こんにちは! いよい..
by みるきー at 15:54
> みるきーさん 遅れ..
by hairhana at 07:08
あけましておめでとうござ..
by みるきー at 17:43
> みるきーさん 普通..
by hairhana at 08:42
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1129)
(1126)
(1125)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

だけど僕らはくじけない、泣くのはイヤだ笑っちゃお!
a0037910_12140905.jpg

毎度、「今回でもうやめよう。これで終わりにしよう」と心に決めるんだけど、始まると見てしまうんだよね~。朝の連ドラ。



今やってるのは有村架純ちゃん主演の「ひよっこ」。


時代がちょうど僕が生まれたころの話で劇中に主人公たちが口ずさむ歌や、流れてる音楽がなんとなく耳に覚えがあったりします。



ドラマが始まって早々に東京に出稼ぎに行ったお父さんが失踪するんですが、その時に、主人公が幼い妹や弟に歌ってあげるのが「ひょっこりひょうたん島」の主題歌。







「苦しいこともあるだろさ、悲しいこともあるだろさ、だけど僕らはくじけない、泣くのはイヤだ笑っちゃおう!すすめー!」



当時は子どもだけでなく大人も見ていて、みんなその歌詞を口ずさんでました。



今は



「なんとかかんとかファラウェ〜〜〜イ♪」



とか



「○◯のせいなのねっ!そうなのねっ?」



みたいな歌詞が多く、こんな歌詞を口ずさんでりゃ、そりゃあ昔の子どもは強いよな〜なんて思ったりした。



ちなみに、この「ひょっこりひょうたん島」のお話は、美人教師の「サンデーさん」が子どもたちを引率してひょうたん島に橋でわたって遠足をしていたら、突然火山が噴火して橋は壊れてひょうたん島は流されてしまい、そこに漂流してきた人や、テレビの中から出てきた人との出会いや、漂流して流れ着く先で起る奇想天外な冒険のお話。



作家の井上ひさし氏が後年インタビューで答えたのが



「ひょっこりひょうたん島は死後の世界がテーマなんだ」



ということ。これは設定として、あの小さな島であれだけの人数が食べていけるだけの食料が確保できないという問題に対する設定で、サンデー先生と子どもたちは火山の噴火で全員死んでしまったとのことでした。



おったまげー!



かなりシュールです。まるでアメリカドラマの「LOST」みたいです_| ̄|○ ガクッ





[PR]
# by hairhana | 2017-04-16 17:00 | hanaのひとりごと | Comments(0)
だけど僕らはくじけない、泣くのはイヤだ笑っちゃお!
a0037910_12140905.jpg

毎度、「今回でもうやめよう。これで終わりにしよう」と心に決めるんだけど、始まると見てしまうんだよね~。朝の連ドラ。



今やってるのは有村架純ちゃん主演の「ひよっこ」。


時代がちょうど僕が生まれたころの話で劇中に主人公たちが口ずさむ歌や、流れてる音楽がなんとなく耳に覚えがあったりします。



ドラマが始まって早々に東京に出稼ぎに行ったお父さんが失踪するんですが、その時に、主人公が幼い妹や弟に歌ってあげるのが「ひょっこりひょうたん島」の主題歌。







「苦しいこともあるだろさ、悲しいこともあるだろさ、だけど僕らはくじけない、泣くのはイヤだ笑っちゃおう!すすめー!」



当時は子どもだけでなく大人も見ていて、みんなその歌詞を口ずさんでました。



今は



「なんとかかんとかファラウェ〜〜〜イ♪」



とか



「○◯のせいなのねっ!そうなのねっ?」



みたいな歌詞が多く、こんな歌詞を口ずさんでりゃ、そりゃあ昔の子どもは強いよな〜なんて思ったりした。



ちなみに、この「ひょっこりひょうたん島」のお話は、美人教師の「サンデーさん」が子どもたちを引率してひょうたん島に橋でわたって遠足をしていたら、突然火山が噴火して橋は壊れてひょうたん島は流されてしまい、そこに漂流してきた人や、テレビの中から出てきた人との出会いや、漂流して流れ着く先で起る奇想天外な冒険のお話。



作家の井上ひさし氏が後年インタビューで答えたのが



「ひょっこりひょうたん島は死後の世界がテーマなんだ」



ということ。これは設定として、あの小さな島であれだけの人数が食べていけるだけの食料が確保できないという問題に対する設定で、サンデー先生と子どもたちは火山の噴火で全員死んでしまったとのことでした。



おったまげー!



かなりシュールです。まるでアメリカドラマの「LOST」みたいです_| ̄|○ ガクッ





[PR]
# by hairhana | 2017-04-16 17:00 | hanaのひとりごと | Comments(0)
探しものは何ですか?
a0037910_08563259.jpg
「どうすれば上手くいくんだろう?」


「どうすれば出来るようになるんだろう?」


「どうすれば幸せになれるんだろう?」


人は日々、様々な答えを探して悩んでいます。


かく言う僕も同じで、日々悩んでいます。


いろいろ考えて、いろいろやるも、上手くいかなかったり、結果がなかなか出なかったりすると、「あるもの」を探すようになります。それは


「できない理由」


です。


その代表格が


「天気が悪いから」

「タイミングが悪いから」

「時代が悪いから」

「あいつが悪いから」

「自分の生い立ちが悪いから」


とかですかねえ。「できない理由」を見つけると後は簡単です。後は


諦めるだけ。


です。


まあ、あまり追い詰めすぎるのも良くないです。時には「諦めも肝心」とも言います。


ただ、諦めを続けてると、困ったことに必ず誰もが「行き詰まり」ます。行き詰まってしまうとさらに諦めていかざるを得なくなってしまいます。


なので、なるべく「できない理由」は探さない方がいいと思います。


「天気が悪いから」など「から」で終わると行き詰まるけど、その後に「こそ」をつけると以外にも道は開けます。


「天気が悪いからこそ」


「時代が悪いからこそ」


「生い立ちがこうだからこそ」


できることもたくさんあります。そこを考えると見落としてたものがたくさん見つかります。「できない理由」を探してる時は視野も狭くなるので、余計にそうでしょう。


それが見つかると「楽しく」なります。考えてるだけでワクワクします。ワクワクすると自然に身体が動きます。体が動くと当然「行動」に移します。そして、行動に移すと必ず「結果」が出ます。


大切なのは


「できるまでやる」


ことだと僕は思います。それしかありません。多くの成功者は「成功するまでやった人」です。多分、その中には「成功するからやった人」はひとりもいないと思います。むしろ、周りからは「そんなんダメだよ〜」と言われた人の方が多いかと思います。


未来は誰も行ったことが無いのでダメかどうかなんて誰にもわからないし、言えないことです。「ダメだよ〜」と言った人にはダメでも、自分なら出来たりすることっていっぱいあるじゃないですか。ね。


とは言え僕なんか、歳を取ると「残り時間」が気になって失敗するのが怖くなってしまうこともあります。


それでも尻込みする自分のお尻を「エイヤッ!」と蹴り飛ばして、日々「出来る理由」を探し続けています。


そして、一番いいのは


「他の人に頼る」


ことです。それでもあっという間に解決することもたくさんあります。そのためには、日々、周りの人を大切にしなくちゃね。


おしまい

[PR]
# by hairhana | 2017-04-15 09:17 | hanaのひとりごと | Comments(0)
こいつぁ春から縁起がいいなぁ〜〜葉牡丹〜
a0037910_10173610.jpg
おはよう〜ございます。トモです。


早速ですが問題です。


この可愛い花瓶に活けてある花は、何の花でしょう?


え?菜の花?


正解っ!!!


と言いたいとこだけど、ざんね〜〜ん!!これは「葉牡丹(ハボタン)」の花です。


葉牡丹と言うと、お正月とかに飾ってあるあのキャベツみたいなあれです。
a0037910_10173619.jpg


あれを捨てずに春まで育てると元々葉牡丹は菜の花と同じ種類なので、こんな可愛い花が咲きます。


葉牡丹は縁起のいいお花で、花言葉は


『祝福』『利益』『慈愛』『愛を包む』『物事に動じない』


葉牡丹はキャベツに似ていたり、昔、中国で戦場で食料として使われてたことから「利益」。


キャベツの説は、葉っぱを1枚1枚むいていった中に幼い芽や花がある性質にちなんで「赤ちゃんはキャベツの中から生まれる」という言葉がつけられ、「利益」「利得」という花言葉がつけられたといわれています。


「愛を包む」や「慈愛」、「祝福」などは、中心の花(赤ちゃん)を包み込む葉っぱに由来しているといわれています。


値段も安く、お手軽なので、開業や様々なシーンでプレゼントしても喜ばれるかもしれませんね。


さらに、こうやって、時期が過ぎても花で楽しめるなんて、まさにコスパの高いお花じゃないですか。


ちょうどこの時期春を告げてくれるので季節を感じますね。


捨てちゃった人は来年、また楽しんでみてくださいね。


「ほら、こんなに育つんですよ〜♪」
a0037910_10173766.jpg



[PR]
# by hairhana | 2017-04-14 10:30 | Hanaの花 | Comments(0)
Desperadoを聞きながら
a0037910_10081300.jpg
歳を重ねるということはそれほどわるいことではない。


子供の頃、なんであんな「黒くて苦い汁」を母は毎日あんなに美味しそうに飲むんだろう?と疑問だった珈琲を僕は毎朝飲んでいる。


読む本も「成功するために」みたいな利己的なものから、どう、自分の周りを幸せにできるかみたいな利他的な本に変わってきた。


音楽もメロディラインの心地よさでなんとなく好きで口ずさんでたり、ただ、「会いたい」、「好き好き」、「愛してる」を連呼したラブソングに心惹かれてたのが、やっとその歌詞の意味に気づくことができる。


「Desperado」もその中の一つ。


元々、あの「ホテルカリフォルニア」で有名な「Eagles」の曲でタイトルを直訳すると「ならず者」という意味だがイメージでは「ワイルドな札付きの悪」みたいな感じだが、文字通り「どうにもならない者」で言うと、見かけや風貌ではなく、多くの人に当てはまるかもしれない。


例えば、家族や大切な人の言葉に耳を傾けず「我が道を行く」その姿は端から見るとカッコよく見えるけど、ふと気がついたら誰もいなくなってたりする。


歌詞の中にある

Don’t you draw the queen of diamonds boy
She’ll beat you if she’s able
You know the queen of hearts is always your best bet

ダイヤのクイーンは引いちゃダメだ 彼女は隙をついて君を裏切る 君は分かってるはずだ ハートのクイーンがいつだって一番だってことを

Now it seems to me, some fine things
Have been laid upon your table
But you only want the ones that you can’t get

素晴らしいものが君のテーブルの上には広がっているように見えるけど君は手に入れられないしか欲しがらないんだ。


この「ダイヤ」は富と名声の象徴。「ハート」は愛情。


若い時分に聞くと「いや、それでもやっぱり経済力がなくっちゃね」って思うし、欲しいもの、やりたいことがいっぱいあるから、あまり響いてこないかもね。


歳を重ねてこのうたを聞くと、なんとも物悲しく切ない気持ちになるが、それと同時にその歌詞の意味を深く噛み締めてまるで深煎りの珈琲を味わうように染みてくる。


歳を取ることも、けっこういいもんだ。

Desperado 「日本語訳付き] キャリー・アンダーウッド」


[PR]
# by hairhana | 2017-04-13 12:03 | hanaの音楽 | Comments(0)
ダメよ〜ダメダメっ!
a0037910_10150118.jpg
おはよう〜ございます。トモです。


いいお天気ですね〜〜〜💗


クソッ!


も〜、ここ最近、火曜日(定休日)がず〜〜っと天気が悪くて、冬物仕舞うのに屋上で干したりしたいのに、せっかくのこの時期、お花見の名所とかでサンドイッチでも食べたいのに、


ぜ〜〜〜んぶダメっ!


当然、移動もバイクじゃなくてバスとか電車とか。


普段あまり乗らないせいか、駅まで歩くのがめんどくさい。乗り換えるのがめんどくさい、乗る度に財布出すのがめんどくさい(一応PASMOは持ってるよ〜ん)


普段、電車通勤の人に殺されそうな発言なんだけど、それだけバイクは楽ちんちんなのよ〜。


だからと言って昨日の土砂降りの雨の中ずぶ濡れになって乗るほどのバイク好きではないので、おとなしくバスに乗っておでかけしました。


運良く座れたんだけど、次の停留所でおばあちゃんが乗ってきたので即交代。


しかし、みんな鬼のようにスマホいじってるけど、以前、バスに乗っててスマホいじってたらあまりの揺れで吐きそうになってからボクはスマホをいじれない。


やることないから外の景色を眺めたり、バスの中の吊り広告を眺めたり、電車に広告出してる企業さん、広告読んでるのはボクくらいでみんなスマホ見てますよ〜。


んでもって、眺めてたら、なんか一枚の紙がぶら下がっててそこには


「走行中、座席の移動、ダメよ〜ダメダメ」


と書いてあった。よくJRとかで「標語募集」あるけど、そこには「○◯小学校◯年○◯」とか書いてあるけど、それも無いから多分、都営バス独自で社員公募とかなんでしょうかねえ。


そうか!みんなスマホ見てるから広告が埋まらないんだ!なるほど〜


時代も変わったね〜。


吊り広告も時代に乗り遅れないようにしないとね。でも、ネタがすでに時代遅れだったりして。。。。。


バスだけに、乗せる方は得意でも乗る方は苦手なのか!


乗り遅れちゃ、ダメよ〜ダメダメっ!

[PR]
# by hairhana | 2017-04-12 12:10 | hanaのひとりごと | Comments(0)
たまごサンドの秘密〜虎ノ門ヘッケルン〜
a0037910_10160352.jpg
おはよう〜ございます。トモです。


週末と打って変わって今日(月曜日)はお天気がいいみたいですね〜。


「え〜〜〜!なんでぇ〜〜!!」


という声が聞こえそうですが、僕たちのお休みの明日、火曜日も雨みたいなんで、一緒に


「え〜〜〜!!なんでぇ〜〜!!」


と言わせてね。
a0037910_10160337.jpg
先日、ミサキくんを連れて虎ノ門の「ヘッケルン」に行って来ました。


ここは「ジャンボプリン」と「たまごサンド」が有名で、テレビとかでもチョイチョイ紹介されていますが、この店の良さは、なんと言っても「マスター」その人にあります。


この日も、夕方前の中途半端な時間にも関わらず、店内は常連のお客さんでいっぱいでした。


なんとなく、「老舗の喫茶店」というと「おじさんとタバコの巣窟」みたいなイメージですが、いえいえ、半数は若いOLさんたちで埋め尽くされてます。みんなマスターのファンです。


この日も女性の3〜4人組が2組と一人で来た女性もいて、ボクが行くときは必ずお一人様の女性客がいるので、入りやすいんでしょうねえ。

a0037910_10160326.jpg
ちょうど、カウンターに座れたので、マスターの手さばきをじっくり拝見させてもらいました。


あのフワッフワの「たまごサンド」の秘密はなんなのか?マスターの一挙手一投足を観察していると、やっているのは、話しながら卵を割ってむいて、切ってボウルの中で砂糖、塩、コショウを振って、そこにマヨネーズを入れて混ぜて、パンに塗って挟んで、耳を包丁で切り落として3つに切ってお皿に守る「だけ」でした。


あまりのシンプルさに驚いて


「マスター、今、じっくり見させてもらったんですが、マスターの作るたまごサンドってメチャメチャ美味しいんだけど、見てると、味付けは塩と砂糖とコショウとマヨネーズだけですよね?」


と聞くとマスターは笑いながら


「そうだよ。シンプルが一番いいんだよ。でもシンプルが一番むずかしい。うちのたまごサンドが美味しいのはね、ひとつひとつちゃ〜んとやってるからなんだよ。」


この場所で50年プリントたまごサンドを作り続けてきたマスターだから言える一言です。


玉子の湯で時間、塩、砂糖、コショウ、マヨネーズの加減、そして、パンの切り方、全てに答えを持ってるんでしょう。


マスターはパンを切るとき、先ず「45°」に入れるそうです。断面をキレイに切るとパンがふっくらして、口当たりがいいそうです。
a0037910_10160222.jpg
「普通、プリンにかけるカラメルなんて5分でできるけど、わたしは1時間かけるんだよ。そして、最後の1分で焦がす。その1分に命をかけてるからね。よく、同業者とか、大手の菓子会社が教えてくれってくるけど、説明したらみんな諦めるね。だって、大量に作るのにそんな手間かけてらんないからね。」


「50年も続けられるコツってあるんですか?」と聞くと


「好きにやることだよ。うちにはうちのルールがあるからね。例えばタバコの吸殻をテーブルや食器に落とす人は来なくていい。それが、お客さんのためでもあるからね。そして、よ〜くお客さんのことを観るんだよ。そして、お客さんの喜ぶことをやってあげる。例えば、あなたがとんかつを食べに行った時、キャベツがチョロっとしかないとんかつ屋より、3倍のってるとんかつ屋がいいだろ?これがキャベツが値上がりして苦しくても続けるんだよ、そしたらお客さん喜ぶだろ?そしたら、友だちに話して一緒に来てくれるだろ?それがいいんだよ。」


いろんなビジネス書とかに書いてあることは書いてる人の経験と言うより様々なビジネスの「統計」みたいなもので、話題になって一躍「時代の寵児」と言われてる人でも、いつの間にかその会社が無くなってたりして。やはり50年「続ける」というのは本当に難しく、そしてごまかしがきかないんだなあとつくづく思いました。


思いがけずいいお話が聞けました。マスターはお喋り好きなので、話しかけると喜んで話してくれます。


ボクも、ミサキくんもお腹も心も満たされて大満足なヘッケルンでした。
a0037910_14170346.jpg

ちなみに、マスターに「ヘッケルン」の名前の言われを聞いたら昔、アメリカのアニメでいたずら好きのカラスの「ヘッケルとジャッケル」のヘッケルに「ン」を足したものだそうです。


「ほら、この美味しいそうな顔(笑)」
a0037910_10160365.jpg



[PR]
# by hairhana | 2017-04-10 14:15 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
だと、思わない!
a0037910_11195787.jpg

よく、仕事や生活の中で特に共同作業の場で失敗するケースの一つとして



「だと、思った」



があります。



「◯◯さんがやってくれるのだと思った」



「ふつう、こういう場合、そっちがするもんだと思った。」



「雨だから中止だと思った。」



などなど、例を上げるときりがないくらい「だと、思った」は必ず誰しも聞いたり、言ったりしたと思います。



これは、主に自分自身の頭の中だけで処理したり、解釈したりして起るものです。



「あ、ごめんごめ~ん」



で済むものならいいのですが、中には取り返しの付かないことになる場合も少なくありません。



例えば、高校野球。トーナメントなので、負けてしまうとそれでお終いです。



9回裏、ツーアウト満塁1点差。最後のバッターが渾身の力でスイングした打球はセンターとレフトの頭上高く上がります。センター、レフトとも球を追いかけてお互いが視界に入ります。どちらも「この球を攫めば勝てる。」そう思った時、



センターは「レフトが取るんだ、と思った。」レフトは「センターが取るんだ、と思った。」でお互いが譲り合って結果サヨナラタイムリーツーベースヒット。ランナー二人帰ってゲームセット!



なんてこともよく目にします。これは「ごめん、ごめん」じゃ済まされません。周りが許しても、ミスした自分は一生それが負の思いでになったりします。



「だと、思った」の失敗を回避する方法はひとつしかありません。「報告」と「確認」ただそれだけで。




「オレがキャッチするから~!」



「よし、わかった!頼むぞ!}



これでいい。これだけで、人間関係がかなりスムーズに運べるね。


a0037910_11200544.jpg
#恵比寿 #美容室 #ヘアーハナ 

#パーマが上手 #カラーが上手 #シャンプー気持ちいい 


[PR]
# by hairhana | 2017-04-09 11:24 | 美容師のひよこクラブ | Comments(0)
ちょっと寄り道すると・・・
a0037910_09243672.jpg
おはよう〜ございます。トモです。


週末、東京は生憎のお天気で、しばらく雨が続きそうです。


せっかく満開に咲いたサクラも一気に散り落ちてしまうんでしょうか?なんかもったいないですね〜。


今週末、お花見を予定してた人も多かったんじゃないでしょうか?


ただ、お花見の「名所」と呼ばれるとことはやはり人で溢れていて、これじゃあ花を見てんだか、人を見てんだか、わかんなくなっちゃいますね。(笑)
a0037910_09243529.jpg
それでも、街を歩くと意外と「桜並木」や、通りに桜が植えてあるとことかあったりします。


Hanaのある恵比寿駅からHanaに向かう道、ちょっとだけ遠回りして「明治通り」を歩いてみると、道路の両側に桜が植えてあります。


これは渋谷からずっとで、お時間のある人が渋谷からお散歩してみるのもいいんじゃないでしょうか?


道を覆う大きな傘のように広がった桜も綺麗ですが、ボクは、樹の幹にちょっとだけ一輪挿しのように咲いてる桜がなんか頑張ってるみたいで大好きです。


多分、雨が降っても上の大きな桜が守ってくれるので最後まで咲いてるような気がします。


Hanaに来るとき、帰るときにちょっと見ていってくださいね。
a0037910_09243507.jpg
#恵比寿 #美容室 #ヘアーハナ #中西トモミチ
#パーマが上手 #カラーが上手 #シャンプー気持ちいい

[PR]
# by hairhana | 2017-04-08 11:08 | トモ散歩 | Comments(0)
路上喫煙する方へ
a0037910_09582437.jpg
おはようございます。ちょっと厚着して後悔してるトモです。


生憎の空模様でスカッとしませんね。とりあえず、美味しいコーヒーでも入れて一休み。


一休みと言えば、「ちょっとタバコを一服」する人もいると思います。


かく言うボクも20年ちょっと前まで喫煙者でした。それもヘビースモーカーの上を行くチェーンスモーカー(煙を絶やさない)でした。


なので「ちょっと一服」したい人の気持もよ〜くわかります。ご飯を食べたあと、ちょっと一休みいたいとき、気分を変えたいとき、それが今じゃあどこに行っても「禁煙」、「禁煙」と肩身の狭い思いをしなければいけません。タバコの税金で賄ってるJRですら喫煙者に厳しい昨今。


今では条例で「路上喫煙」も罰金取られてしまいます。もし、ボクが未だにタバコを吸ってたらそれがストレスになってタバコの量が増えてたかもしれません。

a0037910_09582496.jpg
Hanaの店先に道路の水が流れる穴があります。普段は乾いています。


路上喫煙する人はなぜかこれが「灰皿」に見えるんでしょうか。ポイポイ捨てていきます。


「吸いたい気持ち」はよくわかります。でも、「ポイ捨て」はいけません。


この穴の掃除をするのはHanaが入ってるマンションの管理人さんです。


管理人さんは定年過ぎてお仕事をしてらっしゃるご高齢のおじいちゃんです。とてもいい人でボクを見つけると必ず敬礼して


「おはようございます!今日はお客さん、いっぱいくるぞ!」


と言ってくれます。マンションの大量のゴミも全部出してくれて、年末とかは休みの日に出てきてやってくたりします。管理人さんは膝を痛めていて、よく足を引きずっています。ボクも時々サポーターとかをプレゼントします。


この穴を掃除するとき、管理人さんは痛めた膝を硬いアスファルトにつけ、四つん這いになって落ちてるタバコの吸い殻を拾います。見かけると変わるようにしてるんだけど、お客さんに入ってるときはお手伝いできません。


路上喫煙する方にお願いです。どうか、この側溝にタバコを捨てないでください。つか、これは灰皿ではありません。


ボクの知ってる人で喫煙してる人は必ずPocket灰皿を持ってます。そうでなければ、ポイ捨てとかしません。ちゃんとマナーを守ってる人もいるのに、こうやってポイ捨てする人がいると「まるっと一緒」にされるのは可愛そうです。
a0037910_09582576.jpg


もし、吸っちゃって、Pocket灰皿を忘れてしまったときはHanaの店先のテーブルに「カメさん灰皿」があるので、それを使ってください。


どうか、管理人さんの負担を少しでも少なくしてあげてください。(つか、ここは元々マンションの敷地じゃないんですけど、きれい好きな方なので、歩道までキレイにしてくれるんです)


その一本の処理が人助けだと思ってよろしくお願いします。m(_ _)m

a0037910_09582428.jpg

[PR]
# by hairhana | 2017-04-07 10:28 | hanaのひとりごと | Comments(0)