hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
わ!!誤字ですね^^; ..
by hairhana at 17:07
×thinkinng→〇..
by 無名 at 09:53
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1278)
(1274)
(1274)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

巧遅は拙速に如かず
a0037910_11394751.jpg
おはようございます。トモです。

関東の朝は生憎の雨です。

お店に来てみたら、折角ミサキくんと塗り替えたテラスに雨がポツポツ。速効でテントを出しました。


これは僕の「才能」と言うよりも「性分」なんでしょう。なんでも

「すぐやる」

ようにしています。「迷ったらGo!」です。

以前もお話しましたが、迷ったり悩んだりしてる時間がもったいないからです。

もちろん、何も考えずに「無策で突入!」ではなく、ある程度「熟考」した上の「決断」する時のことです。


さらにやり始めたら「スピード勝負」です。

アイデアは「如何にシンプルに作り上げるか」が大事だと思っています。


例えば、目の前に大きな河があるとします。向こう岸に渡るには「船」が必要です。そんな時、僕は「最低限の装備」(水に浮かんで、推進力(オールやエンジン)がある)で船を出します。

もちろん、船が進むに連れて、「材質は◯◯の方が良かった」、「お尻にクッションがあれば良かった」、「屋根つけりゃ良かった」、「エンジンもう少し大きいほうが良かった」等の反省点が出てきます。

それはそれで「次の河」でやればいいことで、目的は「快適な船を造る」ことではなく、「河を渡る」ことですから、少しでも早く渡った方がいいに決まっています。


こんな時に「船造りにこだわる」人がいます。

「いや、材質はこっちのほうが軽くて丈夫だし、クッションがあったほうが快適だし、雨降った時屋根がないと濡れるし、エンジン大きいほうがいいし、でも、◯◯だし、☓☓だし・・・」

と河を渡るどころか、船を出すまでにすら時間がかかる人がいます。

これが戦いだったら完璧に負けているか、戦況は不利になります。

よく、「やったもん勝ち」と言いますがその通りです。


Hanaでは「アロマヘッドスパ」をやってますがこれは、僕がまだ勤めていた頃に開発したものです。

当時はみなさんお馴染みの「シャカシャカ洗うシャンプー」がスタンダードで誰もやっていませんでした。

「今度からシャンプーはこのやり方でやります!」

都内に20店舗ある大型店で提案したので、スタッフからの反発も多くやってもないのに「前のシャンプーのほうが気持ちいい」という声もスルー。(笑)

その後、独立して、アロマを加え今の「アロマヘッドスパ」が出来ました。

その頃でもまだ「ヘッドスパ」という言葉はあまり知られていなくて、当然施術しているサロンも無くて比べるものが無いので、それでも普通の「シャカシャカシャンプー」よりもマッサージする分「気持ちいい」と言われて「アロマヘッドスパ」だけマッサージ代わりに受けに来てくれるお客さんも少なくありません。


「巧遅は拙速に如かず」

という中国の諺は孫子の兵法書にある言葉ですが「上手でも遅いより、下手でも早い方がいい」と単純な解釈ではなく、当然「上手くて早い」方がいいに決まっています。

どれだけ早く出来ても「穴が空いて沈む船」ではそもそもダメで、ヘッドスパも気持ちよくなければ、そもそもやる意味がありません。

僕は「機を逃さない」と解釈します。

どんなにいいアイデアでも、時代やタイミングを見誤ると「お呼びでない」となってしまいます。

失敗を恐れるあまり尻込みして「やらない理由」をいくつも探すことに時間を費やすより1秒でも早く行動に移したほうがいいと僕は思います。

でないと、折角ミサキくんと頑張って塗ったテラスが水浸しになるもんね〜。

おしまい


[PR]
# by hairhana | 2017-11-08 11:40 | hanaのひとりごと | Comments(0)
なみだくん

a0037910_16570865.jpg



こんにちは!ミヨです^^



最近ハナではちょっとした韓流ドラマブームがあるのですが、それもこれもともさんのアマゾンプライムでたまたま韓国版花より男子を見たのがきっかけでした。


数年前に日本でも韓流ブームがありましたが、自分もその時どっぷり韓流に浸かってましたし、追っかけてましたww


当然その時にリアルタイムで韓国版花より男子を見てたのですが、岬くんが一度も韓国のドラマや映画を見たことがないと言っていたので、私とともさんは一度見たのにもかかわらず(私に至っては数回目ww)もう一度みんなで見ることに・・・



まあ、やっぱり何度見ても面白い!!



最初は「ふ〜〜〜〜ん」くらいだった岬くんも回が進むにつれて「次めっちゃ気になりますね!!」ともうこっち側w



そうなったら次次!!と言わんばかりにともさんがあの名作「私の頭の中の消しゴム」を勧めてきてまたまたみんなで見ることに。


これも初見は岬くんのみ。


私も最初に見た時は号泣もいいとこで涙の水たまりができるくらい泣いた作品です。



まだ見てないそこのアナタ!!!!



早く観てください!!!!!




ふ〜〜〜んで終わらせずにぜひとも一回でいいので見てみてください!!!






ってことで、見てない人もいるかと思うので余りネタバレはしないようにしますが、あんなことが実際に世の中あるって思っただけでなんとも言えない気持ちになります。




日に日に実感していく自分のこと。相手を愛するがゆえのあの行動。切なくて、悲しくて、苦しくて胸がぎゅっと締め付けられる思いです。





そしてこの作品。多くはシンデレラ・ストーリーが多いような韓国ドラマや映画ですが、これは男性目線で書いてあって、でも女性目線でも書いてあって、「こんな愛し方。愛され方してみたい」が詰まってる作品なんじゃないかと思います。





私は女なのでその立場から言うと、、、


職業や年収、顔やスタイル・・・様々な条件を並べる人がいますが(もちろんそれを否定するつもりもなにもありませんし、むしろそれだって大事だなって思うこともあります)、やっぱり最大級に求めるものは、お互いをしっかりと想い合う気持ちとちょっとの強引さな気がします♡

決して「愛してる」って言葉を並べれば良いわけじゃなく、日々の生活の中でどれだけ相手に感謝してるか。そしてそれをただ黙って心の中に留めておくのではなくきちんと態度に表すこと。そして時にはグイッ!っと引っ張り合うこと。





劇中何度か出てくる言葉があります。


人を許すのはとても簡単なこと。

【心の許すってことは、心の中にある部屋をひとつ作ること。許しは、心の部屋を一つ開けること】




深い!!!




めちゃくちゃ深い!!!




ついつい怒ったりすると自分は悪くない!!とか、お前のせいだ!!とか思いがちですが、【許す】ことは自分の成長にも相手の成長にもつながるような気がします。


もちろんそれをするにはグッと堪えたり、モヤモヤが残ったままかもしれませんがそうする努力をすることがとても大事なんじゃないかと思います。






いい作品をみると明日への活力になりますね♡





私はまだ結婚もしてないし、もちろん子どももいないですがこの先この映画のような接し方が出来る関係を築けるような未来が来たら良いなと思いつつ今日もまた、いち美容師として、いち一人の女性として周りの人へ接していきたいと思います。




エイエイオーーーー(^O^)/








[PR]
# by hairhana | 2017-11-06 16:56 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(0)
オラぁワクワクすっぞ!
a0037910_07080980.jpg

今のiPhoneに求めるもの


・落としても壊れない強度


・お風呂で使える防水


・2~3日充電しなくてもいいバッテリー


・2年経ったら残量30%でも落ちたりしないバッテリー


これはもう「家電」のスタンスですね。



スティーブ・ジョブズは常に僕らを驚かせてくれた。


パソコンのストレージ(HDD)の容量を「もっと欲しい!」と思ってたら、他社はさらに大容量のストレージを提案していたところ


Cloudがありゃ、いらねえだろ?そんなもん」


と、むしろ容量を減らしてきた。


結果、それが新しいスタンダードを作ってきた。


携帯電話と言うと今は「スマホ」がイコールになっている。



iPhoneを始めApple製品に僕たちが求めていたのは「ワクワク」だったんだな。


決して「リサーチして消費者のニーズにお応えしました!」的なものではなくて、


「これいんじゃね?」


的な発想で作ったイノベーションに時には裏切られ、時には感動して、「次に期待」したんだと思う。



僕たちヘアデザイナーも、


「◯センチカットしてください。」


はい、わかりました。


「髪色を明るくしてください。」


はい、わかりました?


だけではなく、



「あなたをキレイに(可愛く)見せるには、このラインとかどうですか?」


「明るさよりも色味で軽さを出して、明るさは抑えてツヤ感を出してみてはどうですか?」


という「提案」をしなくちゃいけないんだな。


シャンプーで


「痒いとこないですか?」


じゃなくて「痒いところに手が届く」シャンプー(Hanaではアロマヘッドスパ)をしなくちゃいけない。


それが僕たち「作り手」の醍醐味であり、喜びなんだよな~。


おしまい



#恵比寿 #撮影 #ヘアーハナ #ファッション#haircut #美容室#ヘア#へああれんじ #スタイリング#おしやれ #サロンモデル #サロンワーク #東京#haircut#hairhana#love#instagood#me#tbt#follow#cute#followme#photooftheday#happy#tagsforlikes


[PR]
# by hairhana | 2017-11-06 07:10 | 美容師のひよこクラブ | Comments(0)
「力」をつける
a0037910_15033154.jpg
こんにちは!トモです。

先日、お客様がアクセサリーのわすれものをされて、帰った方角に走って追いかけて、わずか数十メートル走っただけなのに行きがゼエゼエ、心臓バクバクでした。「体力」落ちてるなぁ〜〜オレ。

人は「力」が付くものはいつでも、いくつからでも鍛えることが出来ると言います。

「脚力」、「腕力」などの身体を使ったものだけでなく、「忍耐力」、「想像力」、「発想力」、「計算力」と脳だって鍛えることができます。

もちろん、それらの「力」は使わなければ当然のことながら衰えます。

13歳までの脳が柔らかい時期に、出かけたり、遊びに行ったり、毎日様々なことを経験すると「経験力」がついて、頭のなかの引き出しの数が増えて、それが後に「発想力」に繋がると言います。

「発想力」の無い人は「言われたことしか出来ない人」になってしまいます。

社会で生きていくためには「思考力」がとても大切だと言われています。特に最近ではAI(人工知能)が発達して「言われたことをやる」的なルーティンな仕事だと当然「誰でも出来る」ので、AIに取って代わろうとされています。

僕たち美容師も「髪の毛の汚れを取る」だけなら「シャンプーマシン」で十分ですし、「髪の毛を◯センチカットする」だとカットする技術さえあれば誰にだって出来ます。

そこに、お客さんひとりひとりのライフスタイル、生活習慣、仕事、プライベート、趣味など様々な要素を取り入れながら、その人のためだけのデザインを作るには「思考力」の強化は欠かせません。

少し前から、色々勉強して、「思考力を高めるには」を勉強したので、後日、その話に触れていこうと思います。

とは言え、忘れ物を走って届けて息切れるボクの体力と脚力も鍛え直さないとなぁ〜〜

おしまい



[PR]
# by hairhana | 2017-11-05 16:17 | hanaのひとりごと | Comments(0)
〇〇家の味
a0037910_16105652.jpg



こんにちは!ミヨです^^


ハナは去年岬くんが入社してからお昼を交代で作りあっていますw

なので3日に1回当番が回ってきます。





毎回何つくろうかなーって悩んでますが、私はだいたい家庭料理系が多いです。



トモさんは創作料理~こだわりの一品系。



岬くんはひき肉や鶏肉をつかった炒めもの系。



そんな時にいつも役に立ってるのが実家にいた時のレシピ。
ちょっとした下ごしらえのやり方やソースの作り方など子どもながらに見てたもの意外と覚えてるもんだな~って思います。

よく母の味を受け継ぐって言いますが、知らず知らず受け継いでるもんですねww


ちなみに良く使うのがお肉の下ごしらえの時のすりおろしニンニク、醤油、お酒の漬け込みや、ハンバーグの時にかけるソースレシピ。


もうド!定番メニューです!!


お正月などに実家に帰ると母親に決まって「何が食べたい??」って言われるんですが、いたってシンプルな家庭料理が良いと答えます。


家族的には、洋食みたいなのを言われるのを期待??してるのか、上記のようなことを言うと、「え?それ普通じゃない。それでいいの??」って聞き返されるんですが【それが】いいんです!!



再現はできるけど、やっぱりソレではないし、何より作ってもらえることがありがたいですから^^



ちなみに好きなメニューは、母親が作るだし巻き卵、父親がつくるステーキご飯、おばあちゃんが作るから揚げとお芋の天ぷら。


小さいころに揚げるたびにつまみ食いするからよくおばあちゃんに怒られてましたwww


でもあの出来たてが本当においしいんですよね♡

ダメって分かっていながら手が出てしまう(^q^)









今年も早くてあと約2ヶ月。


そろそろお鍋もいいですよね^^







みなさんは受け継いでる味はありますか??


美味しいのあったらいつでもレクチャーお待ちしています\(^o^)/









[PR]
# by hairhana | 2017-11-05 16:09 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(0)
刹那
せつな
刹那
  1. きわめて短い時間。瞬間。

a0037910_16060048.jpg

家のテレビでドラマや映画の「いいとこ」で突然の便意に襲われ、

「まあ、部屋ん中だし。」

とテレビを取って一区切りついて立ち上がろうとすると意外とギリッギリでトイレまでの「一歩が辛い」状況で、「そんなオリンピック競技」があったら金メダル取れるんじゃね?くらい、お尻の筋肉を最大限に力を入れて、

やっとトイレにたどり着くも、そんなときに限ってトイレの蓋を2枚フタと一緒に便座まで上げちゃって、

さらに、履いてるズボンを下ろすとき、どうしても力を抜かなくてはいけなくて、かくし芸の「マチャアキ」(今は「ヒデちゃん」)の「テーブルクロス引き」みたいにサッ!と下ろして、それと同時に隕石落下とほぼ同じ速さなつもりくらいの勢いで便座に座る「瞬間」の意。


未だ失敗したことがないことだけ付け加えておこう。僕の人間としての尊厳を守るために。

a0037910_16060002.jpg



[PR]
# by hairhana | 2017-11-03 13:04 | hanaのひとりごと | Comments(0)
黒染めの危険性
a0037910_10352095.jpg

先日、大阪で地毛が茶髪の高校生が学校から「黒髪」を強要されて、府を相手取って220万円の訴訟を起こしたということがありました。

生活態度や様々な経緯があり、学校側の言い分もあるでしょうから、そのことについての言及は避けますが「茶髪」について、プロの目線で一言お話させていただこうと思います。


キッズカットを長年やってて思うのは、昔と比べて「髪の毛の明るい子どもが増えた」と思います。

お父さんやお母さんのどちらかが外国人(金髪)でハーフではなく、どちらも日本人で、さらに両親とも黒髪でも、明るい髪色の子もいます。

原因は画一的ではないのですが、食生活、生活環境、と様々な要因があるでしょうが、特に食生活が大きく関わってるであろうと言われています。

これを単に「校則違反」として捉えて「黒くしなさい」と言うのには実はとても危険な要素があります。

と言うのは、髪の毛は通常の人で月に1センチ伸びます。当然、2ヶ月で2センチ。上記の写真でもわかるように「分け目」の場合は左右合わせると2倍伸びてるように見えます。いわゆる「逆プリン状態」です。

当然、それを美容室で毎月やるとしたら経済的負担は半端ないです。なので、大抵の場合「ホームカラー」をすることになるのは容易に想像できます。

ホームカラーはとても強い薬で髪の毛に対するダメージも大きいです。

さらにやっかいなのは「染料かぶれ」の問題です。

通常のカラー剤は「ジアミン」と呼ばれる染料が使われます。大抵の人は大丈夫なんですが、ジアミンに対してアレルギー体質を持ってる人が使うと、かぶれて痒くなったり、ひどい時は炎症を起こして腫れたりします。それも塗った場所だけに限らず顔全体が腫れる場合もあります。
a0037910_10352007.jpg


僕たち美容師はその辺を考慮して頭皮に着かないように塗るテクニックを使ったり、薬剤も刺激の少ないものを使ったり、天然の染料のカラー剤に変えたりして様々な対応をとっています。

なので簡単に「黒くしなさい」と言うのは実はとても危険だったりするのです。


集団生活を送るためには「ルール」が必要になります。スポーツでも、時代に合わせてルールが変わります。

生活環境や時代が変わるように「校則」も時には見直す必要があるのかも知れません。

子どもの場合、あまり押さえつけると「反発」して、逆走してしまう場合があります。「ツッパリ」や「ヤンキーファッション」、「ギャル」、「ギャル男」など今見ると「ぷぷぷ」と笑ってしまう格好もその「反発」から生まれたファッションなのかも知れませんね。

大人があれこれ言ってこどもを型にはめようとすることに最早意味が無いのかもしれません。

だって子どもは僕たち大人が考えてる以上に無限の可能性を持ってるんですから。

おしまい


[PR]
# by hairhana | 2017-10-31 10:32 | ヘアのお話 | Comments(0)
お気軽にどうぞ^^
a0037910_17103609.jpg

こんにちは!みよです^^

美容室に行く時って全体のカットや、カラーやパーマなどしっかりとしたメニューをお願いしないとなんか行きづらいとか、申し訳ないとか、何か思われるんじゃないかとか思ってる方も少なくないんじゃないかな〜と思います。



確かにメニュー覧に書いてなかったらちょっと不安になりますよね・・・


でもそんなことは全然ないんですよ^^



とくにハナでは前髪カットやアロマヘッドスパ(シャンプー・ブロー)のみで来店するかたも多く、仕事の休憩中に来てすっきりして残り頑張る!!!なんて方もいらっしゃいます\(^o^)/



それに、よく聞かれる事で「子どもと一緒にいってもいいですか?」と言う質問ですが、もちろん大丈夫ですよ^^

ベビーカーも一緒で大丈夫ですので安心していらしてください!



一見前髪って自分で切れちゃいそうな気がしてセルフカットする方多いんですが、失敗して・・・・なんて方も沢山います。


たかが前髪されど前髪!!前髪は絵で言うとこの額縁です!!


無理をせずぜひカットしにいらしてくださいね^^♡



それではノシ




[PR]
# by hairhana | 2017-10-30 17:09 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(0)
Happy Halloween🎃!!
a0037910_11375694.jpg

おはようございます!トモです。

ホントは明日だけど、

Happy Halloween🎃!!

今年もこの季節がやって来ましたね。

数年前までは一部の外国人や街も六本木辺りで賑わってたくらいでしたが、今では、渋谷を始め、各地域や店舗で仮装や飾り付けで賑わってますね。

(恵比寿コアのオーナーの山田さんが飛び入り参加してくれました!)
a0037910_11375588.jpg

Hanaも、近所の「恵比寿新橋商栄会ハロウィンまつり🎃」に合わせて1日だけ、みんなで仮装をしました。

今年のテーマは・・・・





特になし・・_| ̄|○ ガクッ

ミサキくんは、「ゾンビウォーリー」

(メイク、上手でしょ?)
a0037910_11375677.jpg

トモはガチな1940〜50年代のヨーロッパのデッドストックの服とヴェネツィアのモノホンのマスカレードでキメました。

(どうです?少しはイケてますか?)
a0037910_11375636.jpg

そして、ミヨちゃんは・・・

メイドさん。

(こりゃ、可愛い♡)
a0037910_11375604.jpg

実は、ミヨちゃん、学生時代、「ゴスロリ(ゴシックロリータ)ファッション」にはまってて、当時、アルバイトで「メイド喫茶」でも働いたことのある「モノホン」です。

「お帰りなさいませ!ご主人様!お嬢様!」

お会計の様子だけ見てると、もう、美容室じゃなくて、「違う店」に思えてきます、(笑)

(チャージとかついたりして・・・)
a0037910_11375508.jpg


ハロウィンまつり🎃でパレードしてる近所の子供たちにお菓子のプレゼントもしました。

一時、わんさか押しかけてきて、Hanaの店先は子どもたちで埋め尽くされてました。

(雨なのに子どもたちは元気です)
a0037910_11375530.jpg

クリスマスだと、「カップル」とか「恋人」とか「プレゼント」とかなんかハードルが高いけど、ハロウィンはそれぞれが工夫して楽しめるので、今の時代に合ってるんじゃないかと思います。

明日が本番ですが、Hanaはお休みなので外の「フォトスポット」はそのままにしておくので、どうぞご自由に写真を撮ってくださいね。

あ、お菓子がたくさんあるので、暫くの間、ドリンクサービスと一緒にお菓子も出しますので楽しみにしててくださいね。

それではみなさん!

Happy! Halloween!!🎃

(商栄会のフォトスポット前で)
a0037910_11375525.jpg




[PR]
# by hairhana | 2017-10-30 11:30 | <<Hana News>> | Comments(0)
thinking
a0037910_11383949.jpg




こんにちは!みよです^^



ハナでは平日限定で子供カットと言うメニューをやっています。元々は無かったのですが、5月のこどもの日特別メニューとして数年前に始めたら意外と周りに子どもが多いことが分かって、反響も大きかったのでハナの定番メニューに加わりました。




それまではなかなか小さいお子さんに触れ合う機会が無く、こうして何人もの子どもたちと関わっていくと本当にびっくりさせられることがたくさんあります。





一番思うのは、女の子は生まれた瞬間から【女】であること。男の子はいつまでたっても【甘えん坊】だってこと。


全員がそうではないにしろ、往々にしてそうだなと感じてます。



なので鏡の前に座らせると可愛くなってく自分が分かるのか女の子の場合、赤ちゃんでもじ〜〜〜っと自分の姿をみてるのですが、男の子はたいてい泣き出しますねww




でも、話を聞いてると本当に大人の事をしっかりみてるなってことも多く、例えば両親がしてる行動や発言なんかは口に出さないだけでしっかりと真似をしています。
それは良いこともそうでないことも。





大人は経験している分、これをこうしたら今後こうなる。。。と予想ができてしまう分ついつい子ども自身が何かを発言したりこうどうしようとしてることよりも先に口を挟みたくなりがちですが、そうすると本当はそこに道はなかったのに橋を先にかけるので子どもは何も知らずして先に進んでることが多い気がします。

するとどうなるかと言うと、与えられてばかりだから自分から何かを発信するのではなくただ口をあけて待ってる人。になってきて、そうすると考えることをしないので思考力が低い人になりがちな人になってしまうんじゃないかと思います。






私は子供カットに入って意識してることがあるんですが、それは大人と同じ対応をすることです。
子どもだからといって「なんとかなんでちゅか〜??」みたいな変な赤ちゃん言葉つかったり、気をつかったりはせず、普通に大人と同じような会話をしています。


と言うのも私自身が子供の時に「なんで大人は私にこう言う話し方するんだろう?」と思っていたから余計です。




子どもは子どもなりにちゃんと自分が今いる場所に社会を築いてその中で一生懸命生きています。

それが友達との悩みだったり、学校のことだったり大人からしてみれば「そんなこと?」って言うようなことでもそれがすべてであり、それが子どもたちの社会なんだなって感じています。



なのでたどたどしくてもちゃんと言葉を待って、さらに何を言いたいのかを理解してあげると逆に勉強になることも多いです^^


そして意外とみんな本当にしっかりしていてすごいなって思ってます!








最近言われたことしか出来ない人増えてますよね・・・


でもそれでは絶対に今後つまずくことが増えると思うんです。



なので小さいうちから考えてそれをしっかりと発言できる子どもたちがもっと増えてくれたらいいなと思いつつ、これからも子供カットをしてきたいと思います!


では今回はこの辺でノシ









[PR]
# by hairhana | 2017-10-29 11:31 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(2)