hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
わ!!誤字ですね^^; ..
by hairhana at 17:07
×thinkinng→〇..
by 無名 at 09:53
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1277)
(1273)
(1273)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
4年に1度の誕生日!!本気モード!!
a0037910_20102749.jpg

a0037910_20115181.jpg



こんにちは!みよです‹‹\(´ω` )/››


今日で2月も終わりですね!


さて、そんな29日は何の日かと言うと、、、、



お恥ずかしながらも私みよの誕生日でした( ´﹀` )


a0037910_05482070.jpg
a0037910_05482003.jpg






うるう年なので!今年はあるんです!



(写真は27日にあやちゃんとともさんにお祝いしていただいた時のものです♡)



4年に1度の誕生日キタコレ(゚∀゚)👍🏻👍🏻



実は昨日ハナでは、急遽ともさんがお客さんにお声かけしてくださって、お誕生日会を開いていただきました✧ \\(°∀°)// ✧




28日空けておいてね…!


って言われてはいましたが、まさかこんな感じになるとは思ってもいなかったので、本当にビックリでした!!



予定があったりしてここに参加出来なかった方はわざわざ「おめでとうみよちゃん」と言いに来ていただいたり、メッセージをくれたり、プレゼントまで用意してくれたりと何回

「わーーーーーー」


って叫んだか分からない1日でしたwww



でも、参加された方もそうでない方も、本当に本当にこうして私の誕生日を心から祝ってくださり感謝しかありません。゚(つД`)゚。






昔、365日のバースデーベアと言ってクマのストラップが流行ったことがあり、


a0037910_20040599.jpeg

これ↑



当然365日分なので2/29のベアはありませんでした。


でも、流行ってて周りも持ってたし、どーしても欲しかった自分は仕方なく2/28のベアを買いました。



正直29日じゃなかったので思い入れ半減…………




なんでもそうで、基本365日分しかない………




4年に1回とか全然良くなーーーーい٩( `ω´ )۶



a0037910_20114832.jpg



なんて思ってましたが、大人になるにつれて4年に1回って特別で今では好きになってますo,+:。☆.*・+。


なんか4年に1度しか会えない恋人みたいですね♡
ちょっぴりおセンチだけど、何倍もhappyな日( ´﹀` )



それを感じさせていただけたここ数日でした。




本当はひとりひとりの方を紹介させていただきたいくらいなのですが、そっと自分の心の中の大切な箱に素敵な思い出としてしまっておきたいと思います(*˘︶˘*).。.:*♡



思い返せば、こんな風にたくさんの大切な方たちに一同にお祝いしていただいたのは人生初かもしれません!!


思い返せばこんなに大切な人が増えていた………

本当に幸せを感じました。




そして、そこに加わる美味しい料理!!



食べるのに夢中ですっかり写真を撮るのを忘れてました💦💦



因みにともさんが一生懸命作ってくださったお料理のテーマ、

【思わず白いご飯が食べたくなる料理】でした。

特性タレに漬け込んだ牛バラの炒めもの、黒豚の餃子と焼売。
鶏ガラで出しをとったお野菜たっぷりスープ。

それにみなさんが持ち寄って下さった美味しい数々のお料理や珍しい果物!


大満足でした!!!!!!



本当に本当にありがとうございました!!!!!







あ、因みにこれは山田さんが作ってくれた恋愛成就のお雛様寿司♡
ありがたいっす🙏


まずは出会いから!ってねw




それと、みなさんにいただいたプレゼント達は大切に使わせていただきます!
そして、美味しくいただきます!
そして、楽しくプレイします!




またここから1年成長できるように頑張っていきますね\( ˙▿˙ )/❤︎




では、またハナでお待ちしています!



みなさん本当にありがとうございました!!!!




a0037910_20152070.jpg


[PR]
by hairhana | 2016-02-29 20:00 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(5)
飾らない美しさ
a0037910_05482050.jpg

「ハーマイオニー」はギリシャ神話に出てくる「女神ヘルミネオー」の英語読みです。


小説「ハリーポッター」の登場人物でも有名ですが、古くからは船や巡洋艦の名前にも使われたりしています。


このフリルの可愛いラナンキュラスの名前も「ハーマイオニー」です。


とても希少で珍しいラナンキュラスです。可愛いでしょ?


「花束」なのは、そう。プレゼントです。


さて、誰にでしょう?・・・・・・・















a0037910_05482003.jpg

そうです。ミヨちゃんで〜〜す!


ミヨちゃんのバースデーです。


何歳かって?


そりゃあ、お客さん、野暮ってもんでさあ。へへ


え?どうしても聞きたい?じゃあ、こっそり・・・・


「8歳」です。


a0037910_06140315.jpg

ゴフッ!!


a0037910_06140268.jpg
え?ふざけんじゃねえって?


だ・・だんな・・ほ、ホントなんでさあ。


だって、ミヨちゃんはの誕生日は「2月29日」。そう「うるう年生まれ」なんでさああ。


なので、ミヨちゃんは4年に1回しか歳を取らないので、今年で8回目なのですよ。


ちょうど小学2年生ってとこですかね?


そうか!だから、ミヨちゃんは小学生(低学年)の男の子にモテるんだ!!なるほど〜〜。(本人、「20年後にもう一回来てね」だって)


昨日はHanaのメンバーで、お店が終わってから、ささやかなバースデーパーティーをやりました。


食事は地味だけど、食材はちゃんと築地で買ってきて手間ひまかけて作りましたよ(TOMO`S Kitchenが)

a0037910_05482088.jpg

いつの間にか、ミヨちゃんのお客さんも増えて、そろそろ、もう一人仲間を増やさないとね〜。


以前、ミヨちゃんと「気持ちいいシャンプー」について話したことがあって、


ミヨちゃんが、お客さんに「気持ちいい」って言ってもらおうとあれこれ工夫してたんだけど、いまいち反応が薄くて悩んで導き出した答えが


気持ちを込める


ということ。


どれだけ、いいシャンプーやトリートメントを使っても、最新式のシャンプー台で洗っても、どんなにカリスマな美容師がいても

a0037910_08544751.jpg

「気持ち」が入ってないと、それは全て「作業」になります。


気持ちが入ると、その人に合わせて


・頭の形

・肩こり、目の疲れの症状

・髪の毛のダメージ具合や状態

・呼吸

・デザイン

によって力加減やスピード、洗い方やマッサージの仕方を変えることが出来ます。


それが出来れば、ヘアデザインと合わせて、その人のための「オンリーワン」の「技術」になります。


今まで、たくさんの人の「気持ちいい」を創りだしてきたミヨちゃんは、これからも、「ステキな美容師さん」として、みなさんと一緒に成長していくでしょう。


これからも、Hanaともども、ミヨちゃんをよろしくお願いしますm(_ _)m

ピンクのラナンキュラスの花言葉

飾らない美しさ

a0037910_05482070.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
by hairhana | 2016-02-28 13:36 | 大好きな人 | Comments(2)
餅は餅屋、鳥は鳥屋、そして、髪は美容室。
a0037910_13111569.jpg

久しく行かないと原宿とかで行列が出来てた店が、行列どころか、店すら無くなってたり、


テレビで芸能人が


「うっ!・・・・うまぁ〜〜〜〜いいっ!!!」


と絶賛してた店が閑古鳥が鳴いてたり、


自分もそうだが「息が長い店」をやるのは本当に大変です。


デパート、スーパー、コンビニ、ファーストフードと「色んなモノが色々選べて楽しい店」が流行った時代もあったけど、最近は少し変わってきてるのかな?と街中を散策していてそう思います。


最近は「専門店」が見直されているみたいです。


昔、「マクドナルド」もある意味「ハンバーガー専門店」でした。


マグドナルドが日本にできた時、当時、僕はまだ広島にいました。


何かの雑誌とかで東京にハンバーガーの店があるとか、読んでたマンガの一コマに


「マグドナルドのハンバーガーは美味しいなあ♡」


というシーンが有り、


「ええのう、東京は、美味いハンバーガー屋があって〜」


と思っていて、やっと広島に出来た時は小田原にスタバができて連日行列だったのと同じで、「マグドナルドでハンバーガーを食べる」という行為が「オシャレぇ〜♪」でした。


その後、ロッテリア、森永ラブ、モスバーガーと、後発のハンバーガー屋が出来て、大手特有の「安売り合戦」が始まって、その後はみなさんも知ってのとおり、


「美味しい」からかけ離れてしまうどころか「危ない」とか言われちゃうと、もう食べ物のレベルじゃなくなってます。


せっかく、あれだけのノウハウを持ってるわけですから「美味しい」も作れるはずなのに、もったいないですね。


中央区、築地場外に「鳥藤(とりとう)」という鶏肉屋さんがあります。


文字通り、鶏の様々な部位を扱っていて、レストランや専門業者にも卸しています。


その鶏籐がやっているお店があります。


鶏のことを知り尽くした「専門家」が作る「親子丼」。


それは、それは、美味しい親子丼です。


鶏肉は柔らかいのに弾力があり、タマゴはフワフワのトロトロ。醤油ダレと塩ダレと選べます。


一緒に出される「鶏ガラスープ」がシンプルでこれまた美味い!


から揚げ(3個で200円)もサクサクでジューシーで、これだけ買ってご飯に載せて食べたい。


鶏丼は文句なく、ここで間違いないです。


やはり、餅は餅屋、鳥は鳥屋、そして、髪は美容室。


どれだけ忙しくても、どれだけお客さんを抱えていても、ひとりひとりのお客さんが、帰るときに


「来てよかった〜♡」


と思ってもらえる仕事を忘れない専門家でいたいと思います。


【店舗紹介】

鳥藤分店
住所: 〒104-0045 東京都中央区 築地4丁目8-6
※晴海通りと新大橋通りの交差点を築地本願寺を背にして歩くとそこが「もんぜき通り」で、「ラーメン井上」の手前を左に入るとすぐ左。その先の十字路を右に曲がると鶏肉の販売もしている。(鳥弁当が最高!)
電話:03-3543-6525


「ぼんじり丼」も絶品!
a0037910_13111573.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
by hairhana | 2016-02-27 16:20 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
「旬」をいただく。
a0037910_11010456.jpg

さて、問題です。


今日の「TOMO`S KITCHEN」の主役はどれでしょう?



写真の真ん中の人参とイカの和物です。



何を隠そう、これは、ミヨちゃんのお母さんが、わざわざ福島から送ってくださったもので、それをおすそ分けいただきました。



食事を作る時、メインになるものを決めて、それに合わせて他のおかずとかを作るのですが、



こういうシンプルで優しい味のお料理だと、やはり他の料理もそれみ合わせたバランスが大切で、「カレーやチャーハン」ってわけにはいかないので、



早めに起きて「鯖の味噌煮」を作ってみました。



ブリや鯖などの青背魚は、やはり寒い時期の方が脂が乗ってて美味しいですね。



昨日なんかメチャメチャ寒くて「寒の戻り?」なんて思いましたが、これからだんだん暖かくなるので、今のうちに味わってみるのもいいですね。



食材は今や1年通していつでも食べられるけど、やはり「旬のもの」を旬にいただくのが一番美味しくて、さらに経済的ですね。(ナスなんて、今、メッチャ高いもんね〜)



よくテレビなんかで「品薄」とか「希少」と言われるとやたらみんな飛びつくけど、そんなときに売ってるのは質が悪くて高いだけだったりするよね。



「旬のもの」は一番とれやすく一番美味しいんだから、絶対にお得なのにね。


ちなみに、「3月の旬の食材」は


野菜だと、かぶ、カリフラワー、キャベツ、しいたけ、春菊(春に花が咲くので食べるなら今!)、タマネギ(甘い)、ニラ、パセリ、わけぎ、わらび


果物は、デコポン、八朔(はっさく)


魚は、さより、白魚、しらす(3月中旬ごろ解禁)、にしん、鯛(5月産卵なので、今が旬)


他には意外や意外、「タマゴ」もこの時期が旬なのは、産卵の減るこの時期は母体内で熟成されて美味しくなる(もちろん国産)



ミヨちゃんのお母さんのおかげで、季節を味わえる朝ごはんができました。



「おふくろの味」ってホントいいですね~。羨ましい。



ごちそうさまでした。



#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
by hairhana | 2016-02-26 11:14 | TOMO`s Kitchen(トモズキッ | Comments(4)
「めんどくせ〜〜」なんて言わないで
a0037910_18094534.jpg

美容師という仕事をしてると、他の職業の方よりも圧倒的に大きい経験値を得ることができることがあります。それは



「女性と話す」



ことです。



Hanaは男性のお客様も多いですが、割合としては、圧倒的に女性の方が多いです。



最近よく耳にするのが、男性が女性と話をするとき



「なに話していいかわからない」


a0037910_18140822.jpg


というのを聞きます。



確かに、男性が「今年流行りのバッグ」とか「この春おすすめのワンピースの選び方」なんて興味は1ミリもないだろうし、



大好きな「車やバイク」の話しとかしてみても、ノーリアクションだろうし、



流行りのスイーツ等、食べ物の話をふるんだけどいまいち咬み合わない。



ポイントは



「共感」


a0037910_18093354.jpg

です。基本、男性の会話は「情報交換」です。様々な異なった情報を持ち寄りあーだこーだと「議論」するのが大好きです。



「朝まで生〇〇」みたいに夜通し議論するのが好きで、結局答えが出なくても、その話に載せて自分の考えを言ったり、反論したりするのが好きです。

a0037910_18094582.jpg


また、「数学的思考」が強い男性はロジカル(論理的)に物事を考えるのが好きで、「あーして、こーして、こーなって」と自分なりのロジックを持って「理論武装」をします。

a0037910_18094064.jpg

よく、女性と口論になって、一般論から、いろんなデータを引っぱり出してきて相手を「論破」する男性がいます。



たいてい、こんなとき、最後は女性の「わかった、わかった」で終わることが多いと思います。


a0037910_18093302.jpg

ちなみに、こういう場合の女性の「わかった」は


a0037910_18140841.jpg


という意味です。



「やっとオレの考えがわかったか~」



などとは間違って思わないように。



女性は「理解」を求めます。



自分の気持ちや考えを汲み取ってくれる「仲間」が好きです。



「うんうん、そうだね。ホントだね~」



と生返事しててもすぐにわかります。


a0037910_18094038.jpg

「ちゃんと話を聞く」ということは、ちゃんとそれに「自分の意見が言える」ということです。



決して「否定をしない」ことです。



異なった見方や、感じ方は誰でもあるので



「うん、それいいね、後、こんなのどう?」



と「提案」してみるのがいいでしょう。



僕は、なるべく多くのものに「興味を持つ」ようにしています。



例えば、一緒に働いてるミヨちゃんは「アニメとマンガ」が大好きです。



もちろん、僕もマンガは好きですが、子供の頃に読んでたくらいです。ましてや、「最近のアニメ」とか「声優」とか、全く知りもしないし、興味もありませんでした。



それでも、夜中のアニメは録画して、マンガも全てではないですが、立ち読みしたり、時にはコミックスを買ったりして読んでいます。

「最近のオススメ«ワールドトリガー»」
a0037910_18173040.jpg


多くの人が惹かれるものには、やっぱりそれなりの魅力があります。


見ていくうちに、僕も興味が出て、ミヨちゃんに教えてもらったりしています。


他にもお客さんが「ここいいよ」って教えてくれた店には、極力足を運ぶようにして、勧めてくれた本や小説も読むようにしています。



その方が、会話が弾みます。



そして、人と一緒にいることを「楽しい」と思うことができます。



決して無理するわけでなく、自分の出来る範囲でやります。



「南極に行ってオーロラ見てきたの~♡トモさんも行ってみて~」


a0037910_18193638.jpg

と言われても、即座に行けませんから、そんなときは「土産話」をよ~く聞きます。



今はインターネットで調べることもできます。


a0037910_18140841.jpg


なんて、身も蓋もないことを言わないでくださいね。



女性にとって、僕たち男性の話を聞くほど「めんどくせ~~」もんはないのですから。



だからこそ、多くの男性が、仕事が終わって真っ直ぐ帰らずに、銀座や六本木に「自分の話を聞いてもらう」ために高いお金を払っていく商売があるわけですから。

a0037910_18214934.jpg
長年、この仕事をしている僕でさえ、まだまだ聞き上手じゃないなあと反省するくらいですから、



「女性の話を聞く」というのは、我々男性にとっての一生のテーマなのかもしれませんね。


細かいことは、まだまだいろいろありますが、今日はこの辺で・・・


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
by hairhana | 2016-02-25 18:22 | hanaのひとりごと | Comments(0)
本当に美味しい珈琲を経験しよう
a0037910_07435966.jpg
ホントは、もっと暖かくなってから行こうと思ってた。


でも、やっぱり待ちきれなかった。


都内には雨後の筍のようにカフェが乱立して、雑味たっぷりのコーヒー(美味しいのは珈琲、不味いのはコーヒーとさせていただきます。)に砂糖とミルクをぶち込んで、歯が溶けそうな甘いスイーツと一緒に胃袋に流し込む店が意外と流行ってる。


もちろん、「美味しい珈琲」を出してる店もある。(新橋の「草枕」さんや白金台の「クロミミラパン」さんとか)


僕の好きな、これぞスタンダードな「大坊珈琲店」は閉店するし、限りなく優しい味の珈琲を飲ませてくれた恵比寿の「Cafe Duce EBISU」は沖縄に移転して「Cafe Duce Nanjyo」になるし、もう、トホホ(TOT)な状態。

a0037910_07420280.jpg
そんな中、「生命線」とも言える店が「移転」してしまった。


代官山にある「猿楽珈琲」だ。


ここの店主「猿おじさん」が淹れる珈琲はある意味「究極」だと思う。


焙煎からドリップまで全部やっている。


特筆すべきは、この店には「砂糖」が無いのだ。つか、砂糖を入れる必要がないのだ。

a0037910_07423982.jpg

珈琲の「苦っ!!」とか、「酸味が強いっ!」とかを


「大人の味」


とか言う人がいますが、それは大きく間違っています。


焦がしたパン、傷んだ食材、アク抜きしてない筍(タケノコ)が不味いのと同じで、


・焙煎で焦がした

・鮮度が落ちた酸味

・きつい苦味

のコーヒー豆をどんだけ「ハンドドリップで丁寧に淹れてます」っても美味しいはずがありません。


さらに、何杯もドリッパーを並べてすごい勢いで落として、落ちきったドリップの雑味が混じったコーヒーが苦いのは、苦いのではなく


「不味い」


のです。

それを砂糖やミルクでごまかしたり、「アメリカーノ」という「お湯で薄めただけ」のコーヒーを


「飲みやすぅ〜〜〜い♡」


というのは、そりゃあお湯ですから飲みやすいですよ。

a0037910_07420150.jpg
よく、最近のカフェで、でっかい焙煎機が置いてあって、大量の豆をグワングワン回して焼いて、時々、店員さんが、さもプロっぽい感じで豆の臭いを嗅いで「う〜ん」みたいな感じの光景をよく見ます。


焙煎は大きければ大きいほど「ムラ」が出ます。


演出として見せるのなら、スタッフさんに「ハンドピッキング」(古い豆とかを選り分ける作業)とかさせてみてはいかがでしょうか?地味ですが、とても意味のある作業だと思います。


猿おじさんは小さな「手回しロースター」で焙煎をします。かの「大坊珈琲店」の大坊さんも手回しロースターを使っていました。


深煎りの「二十三番地珈琲」は一口飲んだときは、その苦味に驚きますが、不味いコーヒーのいつまでも舌に残るしびれみたいな苦味ではなく、喉を通るときの「コク」は口の中に広がり、飲み込んだ後の鼻に抜ける香りで眠くなるほどのリラックスを与えてくれます。


そして、「ゴクン」と飲み込むと、口の中の苦味が消えてまた、もう一口飲みたくなります。

これが「猿楽珈琲の珈琲がブラック(ストレート)コーヒーがダメな人でも飲めてしまう」理由です。

a0037910_07420198.jpg

横浜市市営地下鉄「弘明寺(ぐみょうじ)駅」から徒歩1分。


緑色のテントが張ってある小さな商店街の一角で、外には看板が出ていなくて、さらに、隣が喫茶店。


「やるきあんのか?」


みたいな店構え。

ガラス戸を開けると、見慣れた看板が

a0037910_07432762.jpg

これこれ、間違いない。


中に入ると小さなカウンターと小さなテーブルが。


その奥から猿おじさんが出てきて


「おお!来てくれたんだ。」


と迎えてくれた。


「教えてくんないんだもんな〜」


いや、なんか催促するみたいで、でも、いつか来てくれると思ってましたよ。とある日、突然、家族を置いて放浪の度に出て行ったオヤジのようなあっけらかんとした笑顔で話してくれた。


狭い階段を上がった2階はちょっとだけ広くなっていて、テーブルが4つある。


今までずっと地下だったお店に太陽光が入ってるのがなんか新鮮。


珈琲は相変わらず美味い。バイクで1時間かけて来たかいがあった。


「おとも」の「チーズケーキ(300円)」は相変わらずの美味さ!・・・と思いきや、代官山時代を上回る「激ウマ!」

a0037910_07420164.jpg

猿楽珈琲のいいところは「No Smoking」なところ。


都内のいい喫茶店は「タバコOK」のところが多い。


せっかくの珈琲のいい香りがタバコと混じるとちょっといただけない。


タバコを吸いたい人は、一度、駅前のドトールとか言って2〜3本吸ってから行くといいかもね。

a0037910_07420191.jpg

1000年の歴史を持つ珈琲という文化。


珈琲は「嗜好品」と言われる。


美味しくなきゃ、楽しくなきゃいけない。


歯が溶けるくらいの、甘ぁ〜〜いケーキを胃袋に流し込んだり、砂糖やミルクを無駄にぶち込んで「〇〇ラテ」にしてしまってはもったいない。


珈琲が好きな人は是非、足を運んでみて欲しい。


珈琲が苦手な人も、多分、好きになると思う。


がんこラーメンもそうだが、人が作る「味」は「有限」なんだから。

【店舗紹介】

猿楽珈琲(さるがくこーひー)
神奈川県横浜市南区大岡2-32-4
横浜市市営地下鉄「弘明寺(ぐみょうじ)駅」から徒歩1分。
(横浜弘明寺の四軒長屋の一角にて営業中)

2月の営業案内
営業時間 13:00~20:00
定休日 毎週木曜日
26日(金)15:00~21:00

珈琲 600円

a0037910_07420146.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
by hairhana | 2016-02-24 13:13 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
もう開いた?
a0037910_07025627.jpg

バレンタインに来てくれた人に配ったヒヤシンスが花をつけました。


持って帰っていただいたみなさんのお家もそろそろかなと思います。

「最初はカッチカチ!」
a0037910_07025758.jpg
花がつくとあっという間に開きます。


花が終わったら、土に埋め(プランターでいいよ)、球根の中の栄養はお花を咲かせるのに使われてるので、


「ごくろうさま」


の気持ちを込めて、化学肥料をひとつまみあげてください。


後は、土がカラカラに乾いたらたっぷり水をあげると、来年も咲いてくれます。


高温多湿にちょっと弱いので、風通しのいいところにおいてあげるといいですよ。


この時期、お花屋さんで手に入るので、是非、買って試してみてください。


切り花もいいけど、球根は可愛いですよ。


「ニョキニョキ♪」
a0037910_07025686.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
by hairhana | 2016-02-23 08:07 | Hanaの花 | Comments(0)
いいってことはありません。
a0037910_14402635.jpg

例えばそれは、「ショートニング」。



クッキーなどのサクサク感を原材料費の高いバターや手間をかけずに出そうとすると使われます。



よく聞く名前だけどれっきとした「食品添加物」です。



有害性は動脈硬化、心臓病、ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の原因になると言われています。



これだけわかっていてもコンビニやスーパー等の菓子パンやクッキーには堂々と使われています。

a0037910_14402650.jpg


「安く作って、安く多く売って儲ける」



ためには、原料をコストカットするのが一番簡単です。



これは「美味しい、美味しくない」とはまた別です。



化学調味料の味に慣れてくると、その方が美味しいと思う人も多かったりします。



それでも、健康被害が出てきたり、テレビでは言わなくてもインターネットで



「ショートニング、マジ、やべえ!」



「ショートニング入りの菓子パン食ってたら喘息になっちゃった!」



とか言われると、さすがに誰も買わなくなるか、買う人が減ります。



「安く、たくさん売る」



のに、それはちょっと、困ります。



だからと言ってバターを使うと「原価割れ」をしてしまい儲けが無くなります。



当然、そうなると、考えつくのは「代用品」です。



ショートニングに並ぶ食品添加物は「マーガリン」です。



実際にはこのマーガリンもアメリカでは全面使用禁止の案が出るくらい危険なものと言われていますが、ここでは、まだ、それほど知られていないとしましょう。

a0037910_14402678.jpg


もしくは、別の「〇〇」という新しい添加物があってそれを使うとします。



そうすると、商品のパッケージにこう書けます。



「ショートニング不使用!」



と。これを見て、あんまり考えない人はこう思います。



「あ、これ、ショートニング使ってないから『いいお菓子』なんだ!」



と。



そう、「良くない」んですね。



ひとつの「悪いもの」が入ってないだけで、「別の悪いもの」が入ってたりしますから。



これが、僕らの業界で言う



「ノンシリコンシャンプー」



です。

a0037910_14430742.jpg


市販のシャンプーは原料が石油のものが多く、これは例えて言うと台所洗剤と同じ基材で、当然、そんなもので洗うと、髪の毛はギシギシ、頭皮はカサカサになって、その後、身体が油分を補おうとして皮脂を大量に出して、結果頭皮はベトベト。



となる。後者の「後で頭皮がベトベトになる」のは、消費者が勝手に「私、脂症かもぉ~」と勘違いしてくれるが、



洗って流した時のギシギシはさすがにシャンプーを疑ってしまう。



なので、シャンプーの中に「コーティング剤」を入れて「手触りを良くする」作戦に出る。



これが台所洗剤だと



「お皿の汚れは落ちたけど、なんだかお皿がヌルヌルしてやだぁ~~!」

a0037910_14572670.jpg


なんだけど、髪の毛だと



「洗った後の指通りが良くてしっとりぃ~~♪」



となっちゃうわけね。



当然、ダメですよ。強い洗浄力は一緒で頭皮がカサカサになったところにコーティング剤なんぞ着けちゃ、毛根からは大量の皮脂、それを上からコーティング剤でフタをする。



当然、頭皮はさらにベトベト。毛穴に皮脂やコーティング剤が詰まって、抜け毛の原因に。

a0037910_14572613.jpg


さらに残った皮脂が「酸化」して、空気中の雑菌と合わさって「悪臭」の原因に。



さらに、それが固まって毛根にこびりついて、細毛やチリチリの毛の原因に。



それが洗って流せればいいんだけど、そういうシャンプーに入ってる安価なコーティング剤はシャンプーでも取れない(つか、入ってるシャンプー使ったら上塗りなんだけどね)。



だって、パーマ液やカラー剤まで弾いちゃってかかりムラや染めムラの原因になるからね。(ホームカラーで失敗する一番の原因)


a0037910_14572602.jpg

僕達だって特殊な専用のシャンプー剤じゃないと落ちないからたちが悪い。



そのコーティング剤の代表選手が「シリコン」であって(付け足しとくと、シリコンそのものが悪者ではなく、水に流せる上質なシリコンだってあるんだよ。まあ、市販のシャンプーには使わないけどね)



他にもシャンプーで使われるコーティング剤では

・ジメチルポリシロキサン

・ポリマーグァーヒドロシキ

・プロピルトリモ二ウムクロリド

・ポリクオタニウム-7

・ポリクオタ二ウム-10

・界面活性剤クオタニウム-33

・セトリモニウムクロリド 



とか、他にも色々あります。



それらが全て「悪」かというとそうではなく、どちらかと言うと、コーティング剤よりも、先ほど話した「洗浄成分」の方が危険なんだけど、テレビとかは当然、大口のスポンサーの悪口なんか絶対に言わないし、それ言い出したら、薬局やスーパーで売ってるシャンプー全てが使えないことになっちゃうからね。



僕らがいくらそれで健康を害そうが、髪の毛が抜けようが、多分、それらの商品が無くなることはない。



手を変え、品を変え、名前を変え、時には優しく誘うように僕らの生活の中に入ってくる。


ノンシリコンシャンプーを選べばいいんですか?



と未だに聞かれる質問には



いいってことはありません。



とハッキリお答えした上で、プロとして、その人の髪質や頭皮に合ったシャンプーをオススメします。



#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
by hairhana | 2016-02-22 16:23 | メイクのお話 | Comments(0)
危ねえなぁ〜〜
a0037910_8381144.jpg


あるコンビニの店先に「美味しそうなオレンジ」を見つけました。


袋には「アメリカ産 カリフォルニアオレンジ」と書いてありその下に


「※防ばい剤TBZ,イマザリル使用」


と書いてありました。


お恥ずかしい限りですが、この手のことには僕は全く無知ですが、このオレンジを作るのに、小室ファミリーだった「イージートゥダンス」を歌って踊ってたグループと「チューチュートレイン」歌ってたグループの新ユニットが関わっているのではないということは、いくら僕でもわかります。

a0037910_1337363.png



「防ばい剤(防黴剤)」とは「防カビ剤」のことです。


「TBZ(チアベンダゾール)」は

殺菌剤や食品添加物、木材防腐剤として用いられる。
1972年6月30日に農薬登録、1978年に食品添加物としての認可を受け、甜菜の褐斑病などに適用される他、ポストハーベスト農薬として輸入バナナ・柑橘類などの防腐処理剤として使用される。
工業用防カビ殺菌剤としては、塗料や冷蔵庫のドアパッキン、衣料品の抗菌加工にも用いられる。


「イマザリル」は

一般名はエニルコナゾール(Enilconazole)。
防かび剤、農薬(殺菌剤)、あるいは動物用抗真菌薬として用いられる。
日本では農薬登録はなく、食品添加物(みかん以外の柑橘類・バナナ用防かび剤)として扱われている。

と言われているそうです。(Wikipedia調べ)

a0037910_13281184.jpg


平たく言えば「農薬』です。


当然、「飲んだり食ったりしてもいい」ものではなく、肌についても危険なものだそうです。(そりゃあ、本国で禁止するくらいだからね。)


大量のオレンジやグレープフルーツを輸入するのに、保存に適した冷蔵コンテナとか使うとコストがメチャメチャあがるので、劣悪な状態でもカビが生えないようにしとけば、とりあえず『見た目』は大丈夫ってことで、


アメリカやアフリカでは危険なので、既に使用は禁止されているのですが、アメリカの圧力で日本では農薬扱いではなく、あくまでも「防カビ剤」として登録されているそうです。


原発もそうだけど、TPPも含め「やられ放題」ですね。


じゃあ「どうすりゃいいの?」となると、答えは簡単で


「買わなきゃいい」

a0037910_1330928.jpg


なわけで、柑橘類を食べたければ、国産のみかんとか食べてりゃいいし、みかんの季節が終わったら、「他の旬の果物」を食べればいいんだけど、


経済的事情だったり、利便性で買う人は、オレンジであれば気をつけることは

・買ったら必ず水洗いする。

・防カビ剤は洗剤では落ちない

・洗ったら必ず手も洗う。


・皮ごと包丁を入れない

・中の中果皮(アルベド)も取る。

・とにかく洗う。


めんどくせ〜〜?そりゃそうだよ。農薬だもん。

a0037910_13321292.jpg


普通、商品の中に「いいもの」が入ってると「〇〇配合!」とか「△△が〇〇mg入ってる!」とか記載されますね。


たいてい「悪いもの」は裏に小さく「成分表記」として小さく書いてあるけど、こんなに大きく書くということは、余程、「注意しなくちゃいけないもの」なんでしょう。


そして、なんかあった時に


「ちゃんと表示してたもんね。それわかって買って食ったあんたの責任だよ。」


ってことでしょうねえ。


でも、僕らなんかだと、店先でスマホとか使って調べられるだろうけど、おばあちゃんとか、どうしても無理だろ?


「防ばい剤」とか言われてもピンと来ないし、下手すりゃ「カビなくていいわね〜♪」なんてなりかねない。


持って帰って普通のみかんのように手で剥いてそのままお口にポイ!とかマジでやばいから。


せめて「食べる前によく水洗いしてください」くらい書いとけよ。と思ってしまう。


企業コンプライアンスが叫ばれる中、「国が認めてんだから」と言っても、それを扱うプロがそこをちゃんとやらないというのは、ある意味「罪」なことなんじゃないのかなあ?


シャンプーとかでもやたら「ノンシリコン」をうたってる商品が多くて、知らない人は


「シリコンが入ってないから、このシャンプーはいいんだ!」


と勘違いしてる人も多いが、「良くないものを使ってない」のは「いい」のではなく「当たり前」なのだ。


さらに言うと、「シリコン」は入ってないけど、「他のコーティング剤」が入ってるものがほとんどで、


「ウソは言ってないけど、ホントのことも言ってないよ〜〜」


的なグレーゾーンのシャンプーがほとんどかもしれない。


なんかやだなあ〜。


おしまい


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2016-02-21 13:38 | hanaのひとりごと | Comments(0)
みんな持ってるよ!
a0037910_1603168.jpg


子どもの「常套句」のひとつに


「みんな持ってる」


があります。


僕も子供の頃は御多分にもれずよく使ってました。


我が家は僕が5歳の頃、両親が離婚して母子家庭だったので、当然のごとくそれほどお金がありませんでした。


それでも母は僕になるべく他のこと差がでないように頑張って僕に与えてくれていました。


だからと言って母が毎夜毎夜、湖に「銅の斧」を放り投げて、その都度女神様が出てきてくれて


「あんたが落としのたのは金の斧?銀の斧?それとも銅の斧?」


と聞いて正直に答えて金の斧を持って帰って来るような芸当はできるわけもなく、母が「必要なもの」と思ったものは買ってくれましたが、「そうでないもの」は当然「除外品」になります。


僕は


「〇〇買うてぇ〜〜!!!買うてぇ〜〜やぁ〜〜!」


そんなもん、いらんでしょ?


「いるよぉ〜〜いるんよぉ〜〜!」


無うても死なんでしょ?


「死ぬよぉ〜〜!死ぬんよぉ〜〜!」


じゃあ、死んでみんさい。


まあ、たいていそこで終わるのですが、さらに一段階上に行くと


「みんな持っとるよぉ〜!」


となります。そんなとき母は


ほうね、みんな持っとるんね?


「うん、持っとるよ。」


ほいじゃあ、持っとる子の名前言うてみんさい。はい、スタート!


「え?え?あ・・えっとぉ〜〜・・酒井くんじゃろぉ〜、藤井くんじゃろぉ〜〜・・・えっとぉ〜〜・・あ、鍵本くんじゃろぉ〜〜・・後、小西くんとぉ・・・・えっとぉ〜〜・・・・えっとぉ〜〜・・・・・・」


はい、5・4・3・2・1!ブッブゥ〜〜〜〜!しゅぅ〜〜〜りょぉ〜〜!
今、あんた、何人言うた?


「え?えっとぉ〜〜・・」


4人よね?4人だけよね?あんたのクラス何人おるん?


「え?・・45人・・・。」


「みんな」言うたら何人ね?


「え?いや、まだ持っとるよ!、ほら、竹内くんも持っとるし、山崎さんも多分、持っとると思うよ〜」


ε- (´ー`*)フッ・・二人増えただけじゃん。それでも6人じゃろ?残りの39人、「みんな」持っとらんじゃない。みんな持っとらんのじゃけえ、あんたも持っとらんでもええじゃろ?


はい、しゅぅ〜〜〜りょぉ〜〜!です。


キッズカットに来るお母さんで、子どもにゲームやスマホを与えてないお母さんに聞くと、


持ってないから仲間はずれになるとは限らず、持ってる子は持ってない子に貸してくれたり、ゲームだと、持ってない子のアカウントを作ってくれて、他の子と遊ぶときはそのアカウントで遊ばせてくれたりするそうです。


それが友達ってもんでしょ?


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2016-02-20 15:55 | hanaのひとりごと | Comments(0)