hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
” Happy Birt..
by みるきー at 12:55
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1244)
(1240)
(1240)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2015年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
全部オススメだよっ!(●`ε´●)ぷっぷくぷ~
a0037910_14425084.jpg
昨日来てくれたお客さんが

「この前、友達と雑誌に載ってるレストランに初めて行ってメニューがいろいろあって迷っちゃったから
「オススメありますか?」
と聞いたら、お店の人が憮然とした態度で
「うちのメニューは全部オススメです。オススメじゃない料理なんかメニューに載せませんっ!」って怒られちゃったの。」

と話してくれました。

まあ、よく聞く話ですね。

「全部オススメ」と言ってるお店の人の気持ちもよくわかります。

僕たちも「カットがオススメです」とか言ってしまうと「じゃあパーマは自信がないのか?」みたいになるとなんだか違うような気がして、ちゃんとお金をいただけるだけの自信があるからメニューにしてるわけですから、どれとは言いにくい気持ちはよ〜くわかります。

でも、初めて行くお店で全部のメニューを頼めればいいけど、胃袋にもお財布にも限界はあるので、水だけ飲んで帰るわけにもいかないから、とりあえず、オーダーしなきゃッて感じ。

それでも初めて行くお店には「期待」をしていきますよね。
a0037910_14532958.jpg

決して調査員でもない限りは嫌なところを探そうとすることもなく、「好き」になろうとするし、レストランであれば

「美味しかった〜♡また来ようね〜」

と言いたいのが前提なわけだ。

レストランも様々なメニューがあって「定番」と呼ばれるメニューから通好みの食材を使ったメニューとかあって、その中でも他の店よりもこだわってたり。手に入りにくい食材を使った「スペシャリテ」があったりします。

僕がお店の人であれば、そのお客さんの性別、年齢、身なりから想像できる職業、時間帯と、あらゆる情報を考慮して、その人が喜んでくれそうなメニューをサジェッション(それとなく提案)すると思います。

「全部オススメだよ!」

と言うのはいささか乱暴で、作り手の怠慢かと思います。
a0037910_14580105.jpg

Hanaに訪れるお客さんの多くは

「今日はどうしましょ?」

と聞くと

「どうしましょ?」

と返されます。

そんなお客さんには、季節や、その方の髪の毛の状態、好み、服装などを考え、気分とかをヒヤリングした上で

「この時期は着る服に厚みが出てくるので、髪の毛も少しふんわりさせてボリュームをだしてみませんか?カットだけでもある程度ふんわりできるけど、パーマを毛先とトップの根元にかけてあげると、もっと簡単にふんわり感が出ますよ。さらに、洋服の色が黒が多くなるようだったらカラーはバイオレットをベースにしてあげると肌が綺麗に見えて合わせやすくなりますよ。」

みたいな感じで提案します。

その上で、お客さん自身が時間とお財布と考慮して選んでもらうようにしています。

決して

「パーマもカラーも全部オススメだよっ!」

とは言いませんね。(笑)

だって、レストランの人も、僕たちも、オーダーされた料理をつくるだけとか、言われたままカットするだけじゃなくて、

お客さんに喜んで帰ってもらって、また来てもらうのが目指すとこですからねっ。
a0037910_14580123.jpg
#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-11-30 15:02 | hanaのひとりごと | Comments(0)
よし!来年は!
a0037910_09233999.jpg
10ヶ月ぶりに、ホーリーが主役として、Hanaの店先でみなさんをお出迎えしています。

2月にはコゲラ(ギーギー鳴く鳥)のおやつになって、ついでにウンチを置いていってくれます。_| ̄|○ ガクッ

それからはずっと葉っぱだけで、夏が終わったくらいから実をつけて、冬の足音が聞こえたくらいからその実を赤く染めます。

ホーリーの花言葉は「将来の見通し」

来年こそは!」、「来年も!

と新たに、思いを誓うこの時期にピッタリの木です。

Hanaでキレイになって、

よし!来年は!

と心新たにお出掛けください。

ホーリーと僕たちが優しく見送りますよ。

a0037910_09285526.jpg
#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-11-28 10:21 | Hanaの花 | Comments(0)
ご丁寧に・・
a0037910_11373255.jpg
朝、早めに家を出て、時々「恵比寿ガーデンプレイス」に入っている「Starbucks」に行く。

僕がいつも頼むのは「チャイラテ」。

スタバのいいとこは細かいオーダーが出来るところで、僕は「ノンファットミルクの砂糖少なめ」でお願いしている。

店員さんは嫌な顔一つせず、むしろ笑顔で作ってくれる。ご丁寧に・・

以前、僕が骨折していて、電動カートで行ったときにちゃんと席を作ってくれて、そのうえ充電までさせてくれた。ご丁寧に・・・

店員さんが女性客に「ひざ掛けお持ちしましょうか?」と聞いてる。ご丁寧に・・

僕はスタバのこういった丁寧さが好きだ♡

同じサービス業として見習う点がたくさんある。

こうして、時々、丁寧なサービスを受けて、自分もHanaに来てくれるお客様に丁寧に接していこうと、モチベーションがあがる。

今朝も、いつものようにチャイラテを注文して、ニュースを見たり、ブログを書いたりする。(スタバではフリーWi-Fiが使える。ご丁寧に・・・)

トイレに行きたくなって席を立つ。

トイレに向かってチャックを下ろし・・・下ろしてある・・。ご丁寧に・・・
a0037910_11361668.jpg
どうやら僕は「チャック全開」でこれまでのひと時を過ごしていたらしい。

さすがにスタバの店員さんが気を利かせて、ご丁寧にチャックを下ろしてくれるわけないし。

やっちまった・・_| ̄|○ ガクッ

気取ってチャイラテを注文してる時も、出来上がったチャイラテを受けとるときも、ソファーに腰掛けて外の景色を眺めながらたそがれてる時も、ああ、ずっと僕の「社会の窓」は全開になっていたんだ・・・。マジ凹む。

ん?まてよ?「社会の窓」ってなんだ?

そう言えば、昔から言ってたな。

調べてみた。

『社会の窓』とは
社会の窓とは男性が履くズボンの前部にあるファスナー(ジッパー、チャックともいう)のことである。
これは1948年(昭和23年)~1960年(昭和35年)にNHKラジオが放送した番組『社会の窓』からきている。
同番組は社会の内情を暴きだすという内容であった。これが大事なものが隠された場所という解釈になり、男性の大事な部分が隠されているズボンのファスナーを社会の窓と呼ぶようになった。
なお、トイレ以外でファスナーが閉じていない状態を「社会の窓が開いている」という。

だそうです。知らなかった〜。

と、朝のスタバでMacbookを広げながら「社会の窓」と打ち込んでるオシャレな僕がいた・・・。


#恵比寿 #美容院 #美容室 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-11-27 12:47 | hanaのひとりごと | Comments(0)
わかっちゃいるけどやめられねえ♪んだよね?
a0037910_11141909.jpg

かつてはみんな、ぶら下がってた。

僕が中学の時、友達の家に遊びに行くと、家の中に「鉄棒」みたいなものがデーン!と置いてあった。

「トモくん、これ、知っとる?これに毎日ぶら下がっとったら、背が伸びるんよ!」

と友達は教えてくれた。

クラスの中で後ろから2番めだった僕にはさほど魅力的なマシン(動かないけど)ではなかったが、たいていの家に置いてあった。

しばらくして、忘れた頃に見ると、その器具は「部屋干しの物干し台」に変わっていた。
a0037910_11164368.jpg

その代わりに、そいつのお母さんがなにやら台に乗ってベルトのようなものの中に入ってスイッチを入れて「ブルブル」させていた。

僕は「一人電車ごっこマシーン」と名づけた。
a0037910_11155177.jpg

その後、「壊れたサンチェアー」に挟まれながらバタバタやってたり、


友達は

「これでムキムキになるんじゃ!」

と棒にゴムが付いてるやつを引っ張ったり、
a0037910_11025391.jpg

「これでギャラクティカマグナム撃つんじゃ!」

と腕にオモリを巻いてボクシングの真似をしてみたり、
a0037910_11025318.png

忙しい日々を送っていたが1年後にそのマシンを使ってるのを見たことは一度もなかった。

彼は今でもいろいろ買ってるんだろうか?

そして、なによりも彼の家族はそのマシンのおかげで痩せたり、ムキムキになったり、ギャラクティカマグナムを撃てたりしてんだろうか?

今朝、家を出たらゴミ捨て場に「乗馬マシーン(性格な名前は知らない)」が捨ててあった。

「粗大ごみ」のシールが貼ってなかったから「不法投棄」なんだろう。

最近まで使っていたのだろうか?引っ越す時に思い切って捨てる決意をしたんだろうか?

買った時は「これでテレビを見ながら痩せられる♡」とでも思ったのか?

それとも、かつて恵比寿のランドマークスポットとして君臨した「ZEST」で週末やってた「ロデオドライブ」を見ながらテキーラショットガンをかまして酔っぱらいながら帰ってテレビショッピングを観て勢いで買っちまったんだろうか?

未だにテレビを見ていると、次から次へと、まあ飽きもせず新しいマシンが紹介されている。

預言者でも占い師でもないが、確実に数年後には「ゴミ」になっていると思う。

できれば不法投棄はやめてほしい。

ひとこと言わせてもらえるならば

「痩せたきゃ食うな。身体絞りたきゃ歩け。」

以上だ。


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-11-26 11:08 | hanaのひとりごと | Comments(0)
映画「グラスホッパー」観てきたよ(ネタバレなし)
a0037910_10162070.jpg
今年のお正月に便箋を買いに銀座まで行った。

地下鉄の出口を上がると、辺りが騒然としていた。

みなさんも覚えてるだろうか?

有楽町駅の側にあるゲームセンターから火が出て燃え広がり、電車の高架線まで燃えて大騒ぎになった事件を。

僕が行った頃は既に火は消えていたが、それでも数えきれないくらいの消防車が出動していて、封鎖されまだ焦げ臭い匂いが辺りに充満していた。

どうやらけが人は無かったらしいが。その辺一体は煙と炎で真っ黒になっていた。元々あの辺りは古い建物で、密集していたので燃え広がるのは早かったようだ。

僕が一番驚いたのは火事ではなく、その側を通る人のほとんどが、携帯電話やスマホで写真を撮ってることだった。

中にはご丁寧にデジカメを取り出して写真を撮ってるお年寄りまでいた。

以前、お台場に行っていたとき、たまたまワゴン車の炎上騒ぎに出くわしたことがあった。

「今、〇〇脇の道路で車が炎上中。近くを通る人は気をつけてください」とそれだけ文章でFacebookにアップした。

そしたら「写真は無いの?」とコメントが入った。

「そんな写真撮れない」と返すと

「どうして?」と言われた。

僕は自分のスマホやカメラに「他人の不幸」を保存しておくような趣味は無い。

それを人に見せびらかす趣味もない。

もちろん、それがその後の誰かを助けることになったり、現場の証拠として、被害にあった人を助けることが出来るのであれなやぶさかではない。

ただジャーナリストでもなく、戦場カメラマンでもない自分がタイミングよくそんな写真が撮れるはずはないと思っている。

たいてい事が終わって、散々多くの人が写真を撮り事は沈静化している場合のほうが多い。

もし、リアルタイムにその現場に居合わせたら、及ばずながら、救助のお手伝いができればそっちの方に参加するでしょう。

ネット社会では、一人の言った言葉が火を点けて「炎上」して、それは瞬く間に広がってその人の仕事や生活まで脅かすようになったりします。

ただ、その言葉を発したそれぞれは罪の意識もなく、「みんなやってんじゃん」的なもしかしたら暇つぶし的な感覚なのかもしれません。

a0037910_10162086.jpg

昨日、「伊坂幸太郎」さんの小説「グラスホッパー」の映画を観てきました。

人で溢れるハロゥインの夜の渋谷駅前交差点。

女優の波留ちゃんが演じる生田斗真くん扮するどこにでもいる気弱な学校の先生「鈴木」の婚約者が合成麻薬のシンジケートが起こした事故に巻き込まれた子どもを助けるために車に轢かれて死んでしまいます。

騒然とした現場では助かった多くの人がその無残な現場の写真を撮り、

「渋谷で大事故!マジ怖え!」とかSNSに上げます。

一匹なら新聞紙を丸めて「バシン!」と叩けば死んでしまうバッタ(グラスホッパー)は密集した場所で育つと「群集団」と呼ばれる凶暴なタイプになってしまい、その凶暴さゆえに、時には仲間の死骸も食べてしまうといいます。

婚約者の命を奪われた鈴木は事故現場で膝をついて悲しみに暮れていると、目の前に1枚のメモが落ちてきます。そこには「真犯人は他にいる」というような内容が書いてあり、そのシンジケートの会社に潜り込みます。

しかし、元々、虫も殺せないくらい気弱で優しい男が恋人の復讐などできるのでしょうか?

物語は、そのシンジケートに雇われた殺し屋の「鯨」と「蝉」そして鈴木を軸に息つく間もなく話が進みます。

それぞれの抱えた思いが疾走して、話はクライマックスを迎えます。

もちろん、伊坂幸太郎独特のどんでん返しが待っています。

出演者の中で一番格闘やアクションのできるであろう生田斗真くんをあえて「気弱な男」に設定したのは、一見「宝の持ち腐れ」のように見えるけど、その押し殺した演技もかなり期待できます。

あっという間に過ぎる119分間でした。

最近ドラマでも悪女ぶりがはまり役の「菜々緒ちゃん」もいい演技しています。

是非、VTRではなく、劇場で観ることをおすすめします。

ただ、渋谷とかほぼ毎週行ってるので、

「ああ、あの信号で出たら、次は青だから事故になんねえよな」

と思ってる自分がちょっと悲しい(TOT)



#恵比寿 #美容院 #美容室 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-11-25 13:33 | hanaの映画 | Comments(0)
パーマヘアの一番の似合わせポイントは・・
a0037910_10243264.jpg
パーマヘアの一番の似合わせポイントは

「いかに周りをシンプルに出来るか」


です。

ふわっと柔らかいイメージのパーマスタイル。

これからの季節にオススメですよ♡


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-11-24 10:27 | ヘアのお話 | Comments(0)
しっかり者の育て方♪
a0037910_10564229.jpg
おはようございます。トモです。

連休最後の日もなんとか空が泣かないでいてくれそうでよかったですね。

「勤労感謝の日」、10代のころから休まず働いてますけど、一度も感謝されたことがありません。

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」

というのが勤労感謝の日の意味だと言われていますが、実は、この日、戦前には『新嘗祭(にいなめさい)』と呼ばれる祭日で、非常に重要な宮中祭祀が行なわれる日だったそうです。

「新嘗祭」とは天皇が日本国民を代表し五穀豊穣(豊作であること)そして命の糧を授けて頂いたことに対する神への感謝を捧げるための祭り、つまり日本の収穫祭にあたるものだったそうです。

それが、戦後、戦勝国のアメリカが日本に入ってきて天皇や皇室に関連した行事を徹底的に潰すように無理やり「勤労感謝の日」を作ったもので、この日に勤労に関する歴史や意味は全くないそうです。

それどころか「ハロゥイン」などは、外国の収穫祭で、そこを祝っているのは、もう、どこの国だかわからんちんなんでしょうか。
a0037910_10564220.jpg
そう言いながらも、12月の足音を聞くと「クリスマス」を感じずにはいられません。

「師走」や「大晦日」と慌ただしい時を迎えるちょっと前に、家族や友人、そして恋人どうしでちょっと優しい雰囲気に身をおくのもなんだかいいかもしれません。

昔のように「ブランド品」とかではなく、気持ちを込めたちょっとしたプレゼントを「今年も1年ありがとう」の思いを込めて渡すのはなんか日本的かも知れませんね。

今年のHanaのクリスマスツリーはオーナメントもゴールドだけのシンプルなツリーにしました。

その中にある「刺繍のオーナメント」は、実は僕の母の手作りのものです。

母は生前、刺繍や編み物の先生をやっていました。

昔から縫い物や編み物が好きで、いろいろ作っていました。

僕はと言うと裁縫のセンスはLevel0で、全くできません。

逆に、母が苦手だった料理は得意です。

そう考えると、「しっかり者の親」に育てられた子どもは「ダメ子」になって、「ちょっと残念な親」に育てられた子どもは「しっかり者」になるのかも知れませんね。

って、ことは、僕の子どもは、将来、しっかり者で抜け目がなく、大金持ちになるのかも・・・。

a0037910_10564261.jpg
#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ
#シャンプー #気持ちいい

[PR]
by hairhana | 2015-11-23 13:55 | hanaのひとりごと | Comments(0)
しっかり者の育て方♪
a0037910_10564229.jpg
おはようございます。トモです。

連休最後の日もなんとか空が泣かないでいてくれそうでよかったですね。

「勤労感謝の日」、10代のころから休まず働いてますけど、一度も感謝されたことがありません。

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」

というのが勤労感謝の日の意味だと言われていますが、実は、この日、戦前には『新嘗祭(にいなめさい)』と呼ばれる祭日で、非常に重要な宮中祭祀が行なわれる日だったそうです。

「新嘗祭」とは天皇が日本国民を代表し五穀豊穣(豊作であること)そして命の糧を授けて頂いたことに対する神への感謝を捧げるための祭り、つまり日本の収穫祭にあたるものだったそうです。

それが、戦後、戦勝国のアメリカが日本に入ってきて天皇や皇室に関連した行事を徹底的に潰すように無理やり「勤労感謝の日」を作ったもので、この日に勤労に関する歴史や意味は全くないそうです。

それどころか「ハロゥイン」などは、外国の収穫祭で、そこを祝っているのは、もう、どこの国だかわからんちんなんでしょうか。
a0037910_10564220.jpg
そう言いながらも、12月の足音を聞くと「クリスマス」を感じずにはいられません。

「師走」や「大晦日」と慌ただしい時を迎えるちょっと前に、家族や友人、そして恋人どうしでちょっと優しい雰囲気に身をおくのもなんだかいいかもしれません。

昔のように「ブランド品」とかではなく、気持ちを込めたちょっとしたプレゼントを「今年も1年ありがとう」の思いを込めて渡すのはなんか日本的かも知れませんね。

今年のHanaのクリスマスツリーはオーナメントもゴールドだけのシンプルなツリーにしました。

その中にある「刺繍のオーナメント」は、実は僕の母の手作りのものです。

母は生前、刺繍や編み物の先生をやっていました。

昔から縫い物や編み物が好きで、いろいろ作っていました。

僕はと言うと裁縫のセンスはLevel0で、全くできません。

逆に、母が苦手だった料理は得意です。

そう考えると、「しっかり者の親」に育てられた子どもは「ダメ子」になって、「ちょっと残念な親」に育てられた子どもは「しっかり者」になるのかも知れませんね。

って、ことは、僕の子どもは、将来、しっかり者で抜け目がなく、大金持ちになるのかも・・・。

a0037910_10564261.jpg
#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ
#シャンプー #気持ちいい

[PR]
by hairhana | 2015-11-23 13:55 | hanaのひとりごと | Comments(0)
咲いてない時もね♡
a0037910_08564807.jpg
こんにちは!トモです。

連休中日。昨日はあんなに暖かかったのに、今日はちょっと寒いです。

お出かけの方は暖かくして出かけてくださいね。(ついでにHanaにも来てね)

==============================

Hanaの店先では小ぶりのハイビスカスが、まだ花を咲かせて頑張ってます。

その後ろには、シャコバサボテン(クリスマスカクタス)が

「私の出番よ♡」

と咲き誇っています。

花は造花でない限り、いつまでも花をつけているわけにはいきません。

必ず枯れる時が来て、冬を迎え葉は枯れ、小さくなります。

花が咲いてる時期なんて1年通してほんの少しの間だけ。

でも、花の手入れはこの花を付けていない時がとても大切で、冬枯れしないように土の上に葉を敷いて、春が来て茎が伸びてきた頃から肥料とかやり始めます。

伸びきった枝も切ってやらないと、枝にばかり栄養がいって蕾を付けてくれません。

5月くらいに、伸びた根を切って植え替えや株分けをします。

それから、水と肥料をたっぷり与えてから数ヶ月してから初めて蕾を付けてくれます。

僕たちも同じで、「いい時」ばかりじゃありません。

環境が変わって慣れないときや、スランプの時だってあります。

そんなときにノリノリなときのように振舞っていると「空回り」してしまいます。

でも、なぜかそんなときは無理して頑張っちゃうので、やっと波が来たときは無駄に疲れてて低空飛行で終わったりします。

「なんかうまくいかない時」ってもしかしたら「花が咲く時」じゃないのかもしれません。

いらない枝や根を切って「剪定」するように、腐れ縁の人間関係を観直したり、「栄養補給」のように自分に投資したり、じっと寒い冬が過ぎるのを待つように、焦らず日常のルーティンを見直したり、

花が咲いているときは忙しくて出来ないことをする時なのかもね。

さすがにハイビスカスはそろそろお休みに入るけど、8ヶ月後くらいにはまた、可愛い花をつけてみなさんをお迎えします。

その代わりに、シャコバサボテンや極楽鳥花がみなさんをお迎えして、来月くらいには、白い小さな小手毬も仲間入りします。

花が咲いてても、咲いてなくても、全てが大切な時間なんですね。

年末年始に出かけたり、新しい年を迎えるためにキレイにする時間も大切ですよ(笑)

Hanaで待ってますね〜♡


a0037910_08564825.jpg
#恵比寿 #美容院 #美容室 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-11-22 15:23 | hanaのひとりごと | Comments(0)
歌唄い♪タケウチシンゴに酔いしれる
a0037910_09013003.jpg
「CDが売れない時代」と最近言われます。

僕も最近は買ってません。一番の理由は

「買ってまで聴きたい歌が無い」

からです。

テレビを見てると、最近歌は「踊りながら歌う」ものが多く、「パフォーマンス」として見ればいいのかも知れません。実際「Perfume」とか僕も大好きですよ♡

ただ「歌」として聴くとなるとまた別物でテレビで見て聴いていても何も入ってきません。

歌って、ある意味「メッセージ」的なところがあって、その詩の一言、一言に思いがあって、耳という感覚器官を通して、それが伝わって、自分のハートに落ちてきて、体中に染みわたる、ある意味、「料理」と同じなのかもしれません。

昔から「アイドル」の歌には「振付」があって、曲に合わせて踊りながら歌って、みんなそれを真似ました。

かく言う僕も中学の時机の上でピンク・レディーの「UFO」を踊ってから、未だに多分、踊れます(踊らないからねっ!)

でもそれは「テレビを見ながら聞く歌」で、部屋のオーディオでレコードに針を落として聴く曲の中にはそういったアイドルの曲は一つもありませんでした。

最近は「パフォーマンス」が当たり前になって、料理で言うと、お皿の上で花火がバチバチバチ!と燃えて、添え物のポテトがやたら豪華で、食べようとしたら、メイドの店員さんが「一緒に魔法をかけてくださいねっ♡萌え萌えキュゥ〜〜ン!」で、やっとメインの料理にありつけるんだけど、そのころにはもう冷めてて、味もよくわかんない状態なんだけど、

「なんか面白かったよね〜!あの店員さん、イケメンだから、また来ようね〜♡」

みたいなわけのわかんないことになってるような感じ。

Mr.Children - 名もなき詩 / Cover By TAKEUCHI SHINGO / タケウチシンゴ」
「タケウチシンゴ」という歌唄いがいる。

この男は一見普通に接してると、「体操のお兄さん」のような元気な明るさを持ち、「避暑地のペンションのオーナー」のような包容力と笑顔を持つ、

もし、陽だまりのベンチに腰掛けていたら、隣に座りたくなるような優男。
a0037910_09013670.jpg

だけど、ギターを持つとそれが豹変する。

彼のギターから流れてくるイントロはまるで食前酒のように、僕たちの心を暖めてメインの歌が入ってきやすくしてくれる。

よく、「初めて聞いた曲」って、リズムも歌詞もわからなくて、なんだかノレないままに終わってしまうことが多いのだが、彼の歌は、終わり間際にはいつの間にか頭の中で一緒に口ずさんでしまい、最後のフレーズは一緒に歌えるくらいに気持ちよく聴ける。

それでいて、途中に変調させて気持ちいい裏切りが入っていたりして、まるで上質な料理の隠し味のようだ。

今年に入って彼は聞き手の間口を広げるために「カバー曲」を歌う機会が増えた。

昨今ではカバー曲ばかり歌う歌手も多く、そのほとんどがオリジナルは全く売れないことが多いけど、タケウチシンゴは、どうか、カバー曲とオリジナルを聴き比べてみて欲しい。確実にオリジナルのほうがいいことがだれにでもわかる。

そういう歌い手っているんだな。

TAKEUCHI SHINGO - Guernica 2015 / タケウチシンゴ - ゲルニカ」

「タケウチシンゴ」、是非、彼の歌声を一度「生」で聴いて欲しい。

大掛かりのセットや、激しいダンスパフォーマンスが無くても、彼の歌はあたなの身体と心に染みて、そして、いつの間にか口ずさんでいるだろう。

歌い終わると、再び、癒し系に戻るシンゴさん。

この男は、ライブが似合うね。


a0037910_09013619.jpg
#恵比寿 #美容院 #美容室 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-11-21 17:10 | 大好きな人 | Comments(0)