hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
こんにちは! いよい..
by みるきー at 15:54
> みるきーさん 遅れ..
by hairhana at 07:08
あけましておめでとうござ..
by みるきー at 17:43
> みるきーさん 普通..
by hairhana at 08:42
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1130)
(1127)
(1126)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2015年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Happy Birthday!! 〜ホントに幸せな誕生日♡〜
a0037910_16071239.jpg
若い頃は、とにかく「自分のため」に生きていた。

学生時代の勉強だって、仕事のスキルアップだって、人と出会い接することですら「自分のため」。

おかげで成長できた。自分の店も持てた、女の子にもモテ・・・たかなあ?

最近はちょっと変わってきた。

「人のため」になにかできる事がとても嬉しい。

ホントに嬉しい。

て言うか、ありがたい。

お客さんに、友達に、家族に、ミヨちゃんに、ご近所さんに、関わるすべての人に「生かされてる」ことを実感する。

僕にできることなんて、人をキレイにすることと、元気にすることくらい。

世間では、年金がどうとか、株価がどうとか、物価がどうとか、いろいろ先のことを心配する声が聞こえてくるけど、

誰かを幸せにしたり、喜んでもらえてる限り、僕は幸せに生きていけるとそう思う。理屈抜きでそう感じる。

今日、誕生日を迎えて、多くの人からメッセージを頂いたり、プレゼントを頂いた。。

僕の誕生日なんか知らなくても、訪れてくれた人にも感謝です。

今、僕はとても幸せです。

ありがとうございます。

一番乗りは、ソウルメイトのマルさんの娘「Rakuちゃん」のキレッキレのDANCEでした。


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ

>
[PR]
by hairhana | 2015-06-29 16:43 | hanaのひとりごと | Comments(0)
幸せを呼ぶゾウさんのメガネ・アクセサリー置き♡
a0037910_08411624.jpg
Hanaには「ゾウさん」がたくさんいます。

新しい仲間は、「メガネ置き」と、お客さんにタイのおみやげで頂いた「アクセサリー置き」。

可愛いでしょ?

ゾウは仏教では「神様の使い」とされています。

白い象が母親のお腹に入っていって子どもを授かるとか言われています。

また、ヒンドゥー教では「ガネーシャ」と呼ばれ、あらゆる障碍を除くことから、除災厄除・財運向上の神様と言われています。

Hanaに来たとき、メガネを外して置いておくと、帰る頃にはいいこと(キレイになる♡)があるかもよ。

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-06-28 08:49 | Hanaのヒミチュ | Comments(0)
「うっせぇ〜よ、バ〜カ!・・・・・・な〜んちゃって。(/≧◇≦\)」
a0037910_19365943.jpg
「どうしましょ?」

「変わった!ってわかるくらい変えてください。」

彼女はそう言った。

背がスラっと高くて、サラサラでキレイな長い黒髪、眉はキリッとしまっていて、一目で「美人さん」だとわかる女の子だ。

「はい、わかりました。」

と僕はカットを始めたりはしない。

「どうして変えたいと思ったの?」

そこから始まる。

「いいのよ、そんなのどうでも、あんたには関係ないでしょ?黙って髪の毛切ってりゃいいのよっ!」

というお客さんにはその場で帰っていただく。

以前も話したが、Hanaは「髪の毛を切る場所」ではない。「キレイになる」場所なんだ。

デザインをイメージするには「物語」がある。

その人が、髪の毛を切りたいと思うまでの「物語」が必ずある。もちろん、「暑かったから」というのも、最も分かりやすい物語だ。

「どうしてもマジメすぎる自分が嫌いで、変えたい」

と彼女は話してくれた。

「マジメすぎる」というのは、デザインではない、これは彼女自身の性格、いや、生き方なのかも知れない。

いろいろ冒険してみたいんだけど、結局、買って帰る服が「いつもの感じ」だったり、美容室に行っても、いつのまにか「いつもの自分」に戻ってたりする。

彼女を取り囲む人たちも彼女のことを「マジメな人」だと思うだろう。彼女の容姿に世の中一般の「マジメな人」の要素がたくさん入ってるからだ。

「じゃあ、不マジメな感じにする?」

それも違う。
a0037910_01391889.jpg
僕は常々思うのだが、女性は「色んな顔」を持っていいと思う。いや、持つべきだと思う。

「マジメ」の反対は「遊んでる風」?それだけなら、ただ、自分の向いてる方向を変えただけだよね。

元々人は感情で生きる生き物。泣いたり、笑ったり、怒ったり、落ち込んだり。

「いつもニコニコしてるイメージの人」が46時中笑ってるわけじゃない。それこそ「ウソっぽい」。

マジメだったり、フランクだったり、クールだったり、セクシーだったり、可愛かったり、キレイだったり、だらしなかったり、時には「クールでセクシー」だったり、

組み合わせたりしてると、もう無限にあるね。

それら全部ひっくるめて「自分」なんだと僕は思いう。

実際に同じように生きてきたつもりでも、昔と今では着てる服のチョイスも、髪型も違うわけだし、「同じでいる」ことの方が難しいかもしれないね。

だから、もっと気軽に「冒険」してみて欲しい。

せめて「春夏秋冬」この4つの季節分の「顔」を持って欲しい。

「2015年の夏は、可愛い路線♡」

ひとつのテーマを作って、ヘアデザイン、メイク、ワードローブを揃える。元々持ってる洋服でも、着方や、組み合わせでずいぶんイメージが変わると思うよ。

ファッションは「表現力」なので、見た目だけでなく、立ち居振る舞い、リアクション、そして、言葉も大いに大切だよね。

「え〜?〇〇さんて、いつもマジメな感じなのに、今日、どうしちゃったんですか〜?」

うっせぇ〜よ、バ〜カ!・・・・・・な〜んちゃって。
(/≧◇≦\)

どうか、いろいろ、楽しんでみてください。


Hanaはそのお手伝いをさせていただきます。

前述の女の子は、大きめのカールのパーマをかけて、ふんわり柔らかいイメージにして、眉カットで眉の形を整えブラウンのパウダーで優しくぼかして「キレイ可愛い女性♡」に仕上げました。

クリープパーマ ¥13,000
眉カット    ¥800 (共に税別)


「SMAP〜君は君だよ〜」
アコースティックだと下手さが目立つけど、それがまたいいんだよね〜。


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-06-27 01:48 | ヘアのお話 | Comments(0)
たまには帰ってきてね♡
a0037910_11445447.jpg
Hanaには現役の美容師さんがお客さんで訪れてくれることがあります。

普通なら「技術を盗んで・・・」なのでしょうが、自分の家共々、盗まれて困るようなものは何もないので、多分、純粋にHanaが好きで来てくれてるといいな〜。なんて思いながらチョキチョキさせていただいてます。

先日、訪れてくれた男の子は、僕のソウルメイトで自由が丘で「Dao」というタイフードレストランをやってる「マルさん」とこで学生時代アルバイトをしていた縁でHanaに来てくれるようになりました。

元気になりに行く店」〜モダンタイレストランDao(自由が丘)〜http://hairhana.exblog.jp/21310418
a0037910_11532700.jpg

彼は業界で言う「有名店」に合格して(競争率がメチャメチャ高いので優秀なんでしょう)、目下、スタイリスト(チョキチョキする人)を目指して日夜練習に励んでるそうです。

背が高く、甘いマスクで、性格もとても穏やかで素直な、もう100点満点なステキな美容師さんです。

「マルさんとこ、その後、挨拶に行った?」

と聞くと彼は

「いえ〜、まだ、そんなに仕事ができてないから、胸を張って報告することが無くて行ってないんですよ〜。」

と話してくれました。

大型店にありがちなのですが、技術のひとつひとつが細分化されて、それぞれを合格するまでにかなりの時間がかかります。お店によると3年過ぎてもデビュー(チョキチョキ)できない人もいたりします。

そのくせシャンプーはすぐに入れるのは、みなさん、余程シャンプーがお嫌いなんでしょうか?
僕は、すべての技術の中でシャンプーが一番好きですよ。だって「気持ちいい♡」と言ってもらえる技術はシャンプーだけですから。

彼もまだ、お客さんに入客して「任される」ところまでじゃないので、もう少しいろいろ出来たくらいで顔を出そうと思ってるそうです。

僕は言いました。

「だいじょうぶだよ。マルさんに、『今、シャンプーを合格して、ヘアカラーの練習に入ってるんです!』って言えば、必ず『おお!そうなの!頑張ってるネ〜。』って言ってもらえるから。そしてね、しばらくして、また顔を出して、同じように『今、シャンプーを合格して、ヘアカラーの練習に入ってるんです!』って言っても『おお!そうなの!頑張ってるネ〜。』って同じように喜んでくれるから。」

そうなんです。一般の人が専門家の仕事のどこがどうって言われてもよくわかんないんですよ。それよりも『大切な人』が「元気で楽しくやってること」が一番嬉しいのですよ。

僕のように

「一旗揚げて帰ってやる!」

と田舎を後にした人はたくさんいると思います。昔のように

「一角の人物になるまで、この家の敷居をまたぐな!」

と追い出されるように出てきた人なんてほとんどいないわけですし、もし、そうだったとしても、顔を出されて嫌な人はいませんから。

だから、今の仕事や学校に入る前にお世話になった人がいる人は家族も含めてたまには顔を見せに行ってあげてください。
そして一言

「けっこう大変だけど頑張ってるよ。うん、すごく楽しい♡」

と言ってあげてください。必ず喜んでくれますから。

そして、積もる話をたくさんして、ちょっとだけ泣き言でも不満でも話してください。肩をたたいて「だいじょうぶだよ」と言ってくれますから。

Hanaは「家」みたいな場所ですから、いつでもみなさんが「帰ってくる」のを待ってますよ。


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-06-25 12:19 | hanaのひとりごと | Comments(0)
いい腸してるね♡
a0037910_09433062.jpg
僕はさしたるイケメンという部類でもなく、どれだけ頑張っても最後は「3の路線」に行ってしまうタイプですが、唯一背が高かったおかげで、

・満員電車の中で息苦しくない
・人混みに紛れない
・高いところに手が届く
・長身の女性に物おじしない

という恩恵を受けることができたので、僕を産んでくれた母親に感謝しています。

そんな母親も62歳の若さで「横行結腸がん」から胃を全摘手術し、他界してしまいました。

もっと早く見つけていれば、もう少し親孝行できたかも知れません。

僕の父と母は広島で原子爆弾投下によって「被曝」していて、俗にいう「被爆者」になります。

父が65歳、母が62歳で癌による他界となると、被曝と癌の因果関係も無いとは言い切れないような気がします。(ちなみに、中西家で癌になったのは被曝した母と母と一緒に当時爆心地近くを歩いていた祖母だけです)

そんなわけで、僕は「被爆者の子ども」という認定を受けています。これは被爆者のように医療費が無料になるというものではなく、毎年の検査が無料でできるというものです。

40歳以上になると各区で「誕生日検診」が出来るようになりますが、あれに血液検査とかがプラスされたような感じです。

先日、検査を受けたら、「今年もノープロブレム」と思いきや

「検便を採った2つのうちの1つに血便がありました。多分、心配ないと思いますが。もし、心配なら内視鏡の検査をやってみますか?」

と聞かれ、やったことのある友人にも相談したら「一度くらいはやった方がいい」とのことで、やることにしました。

前日のお昼から渡されたレトルトの食事を取り、夜には下剤を飲みます。

おかげで、夜中に「ウ◯コ」で起きました。

朝9時に病院に行って「2Lの下剤」を渡されます。
a0037910_10441806.jpg

「これを1時間でゆっくり飲んでくださいね〜。」

と可愛い看護婦さんに笑顔で言われると、

「下剤、ボトルキープでおねがいします!」

と思わず言ってしまいそうになります。(言わねえよ)

1Lくらいから、お腹がゴロゴロしてきます。

下剤はスポーツドリンクみたいな味がついていて飲みやすいのですが、さすがに2Lというと、飽きてきます。

4分の3くらいで、ほぼ「水状態」で、勢いもすごくて、まるでフライボードのように飛び上がりそうです。
a0037910_10433082.jpg
出したものに固形物が無いかどうか看護婦さんに見てもらいます。

噴出して、呼び出しボタンを押すと看護婦さんが来てくれます。

「どうです?」

「うん、いいですね〜〜。」

あからさまに排泄物を他人に見せたのも、褒められたのも生まれて初めてです。でも、男の子は褒められるのが大好きですから、例外なく、僕もちょっと嬉しかったです。

それからしばらく休んで、いよいよ検査が始まります。

「女医さんでありませんように・・・若い看護師さんじゃありませんように・・・」

心のなかで祈りました。

はい、見事に女医さんと看護師さん2人のタッグでした。(チーン♪)

紐を引っ張ればお知りの部分が開くパンツを履いてベッドに横になります。

「はい、こちらにもう少し、おしりを突き出してくださ〜〜い♡」

言われるがままです。
a0037910_09433060.jpg
最初にお尻にローションをヌリヌリされて、

「はい、いきますよ〜〜」

思ったほど痛くもないし、感覚もありません。

よく、テレビで芸人さんが「うわぁ〜〜!!」みたいな顔をするのはテレビ的なリアクションなんですね。

カメラは腸の一番奥まで行ってそこから引き返しながらチェックしていきます。

もちろん、自分の腸の中を見るのは初めてで、意外とピンクでキレイでした。さすがに空っぽにしただけはあります。

わずか30分でしゅ〜〜りょぉ〜〜〜。

とくにこれといった傷もポリープも見つかりませんでした。

後は投与した薬が切れるまで1時間位ベッドに横になります。

看護師さんが

「お通じもそうでしたけど、ビックリするくらいスムーズでしたね〜。」

と褒めてくれました。普通はなかなかキレイにならず、浣腸する人がいたり、検査も入り組んでいて最後のところまで辿り着くまでに1時間かかる人もいるそうです。

「いい腸してました?」

と聞くと

「いい腸してました♡」

と看護師さんが褒めてくれました。
いい腸に産んでくれた母にまたまた感謝です。

小さなポリープであれば、内視鏡で見つけたその場で切除できるそうです。

癌は早期発見早期治療が一番です。

身体がなんらかのサインを出したら、どうぞ迷うこと無く検査してみてくださいね。


P.S
費用は病院によってまちまちで、僕は検査だけだったので¥5300ですみました。ポリープがあって切除した場合はプラス1万円くらいだそうです。ご参考まで


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-06-24 11:08 | オススメ | Comments(0)
パフェ・ラブ♡
a0037910_10285719.jpg
巷ではニューヨークで流行ってるクロワッサン生地のドーナツに前の晩からほぼ12時間雨の中を並んで食べるという、すごいことが起きていて、その都度

「アメリカから上陸!」

とまるで侵略されてるみたいで、そんなに日本人はアメリカ人の食べ物が好きなのか?と思ってしまいます。

子供の頃、母親の友達のお母さんと、そこん家の子どもと一緒に街にお出かけに連れて行ってもらったとき、始めて「不二家」に入りました。ちょうど「3時のおやつ時」です

お昼ご飯でもなく、晩御飯でもない時間、当時はまだケーキも「バターケーキ」の時代で、もちろんコンビニも無く、近所のお菓子屋ではラムネとかガムが主力商品でそれでもお菓子屋さんでお菓子を買うのは「特別なとき」で、僕なんかは、ほとんどお菓子は「駄菓子屋」がメインでした。

「何にする?」

と聞かれても、何があるのかもわからず、迷っていたら、息子のほうが

「ボク、パフェ!」

と言いました。「ぱふぇ?」なんじゃ?そりゃあ???

「トモくんもパフェでええ?」

と聞かれ、なにがなんだかわからなかったけど僕は頷いていました。

数分後、お母さんの前にはコーヒーとショートケーキ。僕と、その息子の目の前には「チョコレートパフェ」並んでいました。

長い筒状のコップに色んなモノが詰め込んであって、その上にバナナとかアイスクリームが乗っかってて、初めて見たパフェに圧倒されました。

どうやって食べるのかもわからなかったので暫く「お見合い状態」でお母さんが

「トモくん、食べんさい。」

と言われて、息子がフォークでバナナから食べ始めたのでその真似をしました。

僕にとってバナナは「手で食べるもの」でフォークで食べたの初めてでした。剥いて切ってあるだけのバナナですが、それまで食べたどのバナナよりも甘く感じたのは生クリームがついていたからかもしれません。

もちろん、生クリームも食べたのはそれが初めてでした。

「な・・・なんじゃ?こりゃぁあああ!」
a0037910_11111654.jpg

とGパン刑事のように心の中で驚きました。もう、それからは食べ終わる時までの記憶が無くなるくらい没頭して食べました。世の中で一番美味しい物を食べたような気がしました。

家に帰ってから自分の母親にそれはもう説明出来ないくらい美味しかったことを話しました。

とは言え、そんなに頻繁に食べられるようなものでもなく、中学生になって、自分でバイトをしてお金があっても、なかなか贅沢に手が届きませんでした。

僕が再びパフェを食べたのは結局大人になって上京してきて、数年経ったある日、仕事の打ち合わせで銀座の喫茶店に入ったとき、

「何頼む?」

とメニューを見たときそこに「パフェ」がありました。他のメンツはコーヒーとか頼んだのに、自分一人だけパフェを頼みました。

見かけが「こんなんなので」、みんなビックリしてました。

その時、ポケットマネーでパフェが食べられるちょっとした優越感を感じたのを覚えています。

ただ、悲しかったのは、もうその頃は子供の頃ほど「純粋な僕」では無かったので、それほど感動もなく、食べたパフェが甘すぎたのと、量が半端無かったので、途中で残してしまったことです。

a0037910_12273519.jpg
Hanaのお隣のケーキ屋さん「Toshi Yoroizuka」で「こだわりのパフェフェアー」が始まりました。

メロンやマンゴーやパッションフルーツなどの新鮮な果物をはじめ、お得意のチョコやプリンアラモードまで5種類のパフェが楽しめます。

どれも、食感があって楽しくて、美味しいパフェです。

僕はプリンアラモードと、チョコパフェを食べました。(甲乙つけがたい美味しさです)

テイクアウトもいいけど、買ってきて、カラーやパーマの待ち時間でも、キレイになって終わってロビーラウンジでも、風が気持ち良い時はテラスでも召し上がってください。

もちろん、Hanaの美味しいドリンクはサービスでお出ししますからね。

6月30日までの期間限定なのでお早めに。
a0037910_12344973.jpg
#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ


[PR]
by hairhana | 2015-06-22 12:36 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
まつエクやってません。
a0037910_12204016.jpg

美容師になるには「美容学校」に2年間通って「国家試験」を受けなくてはいけません。

お金も時間もかかります。

国家試験に合格したら「美容師免許」がもらえます。

この免許でできる事はずばり

「女性を美しくする」

ことです。

つい、最近では「男性のカットだけを美容室でしてはいけません」みたいな話題がありましたが、時代にそぐわないので解禁になるそうです。(知らなかったな〜)

最近問題になってる「まつエク(まつ毛のエクステンション)」(まつげに接着剤でつけまつ毛を増やす)施術が「美容師免許を持ってないと違法」というくくりになって、摘発される事件が相次いでありました。
a0037910_12204002.jpg

「メイクアップアーティスト」という仕事があります。

これは皆さんもご存知の通り、モデルさんや女優さんにメイクをしたりする人です。

この仕事は美容師免許がなくても出来ます。

メイクの工程の中で、まつ毛をビューラーで上げてマスカラを塗ったり、つけまつ毛を着けることがあります。

まつエクも多分、この工程の延長で、つけまつ毛を毎日外していたのを

「面倒くさいからずっと着けてたい」

という発想から出来たものだと思われます。

「じゃあ、メイクアップアーティストも美容師免許を持ってなきゃダメじゃん。」

と思うかもしれません。じゃあ、この違いは何かというと「薬剤」にあります。

メイクで使われる道具は「化粧品」という部類に入ります。まつエクに使われる強力な接着剤は「薬品」に分類されます。

専門的な話になりますが、「化粧品」は使っても肌や髪の毛に「変化」が起きないもので出来ています。「薬品」はなんらかの効果が出るものが入っています。

よく「育毛剤」のCMので「医薬品です!」と歌っているのは「それだけ効きますよ」と言ってるわけです。

ただ、効果が出るものには、いい効果と悪い効果があります。中には湿疹や痒みが出る人もいれば、炎症を起こす人もいます。

まつエクに使われる接着剤が目に入ったりすると当然目が炎症を起こします。ひどい場合は失明することも有ります。さらに、まぶたに着いて肌の弱い人は炎症を起こして腫れ上がることもあります。

なので「専門知識」が必要になります。それ故の「美容師免許」です。

「じゃあ、それだけ勉強すればいいじゃん」

と思うでしょうが、じゃあ、素人が自宅で骨折の治療の勉強をしてそれなりの機材を揃えたからといってそこで「骨折治療院」の看板を掲げて営業してたら、「医師法違反」で捕まりますよね。それと一緒です。

今までまつエクに対して厳しくなかったのは「メイクの延長」という「グレーゾーン」での施術だったのと、それをしている人が少なかったので目につかなかっただけで、やる人が増えて、それと同時にトラブルも増え、さらに、経験の少ない技術者が安易に行って失敗するケースが増えたので、しっかり線引きをしなくちゃいけない。ということで美容師法を引っ張りだして摘発したと思われます。
a0037910_12203994.jpg

さらに、美容室とまつエクサロンの大きな違いは「保険」にあります。

美容室だとトラブルが起きた場合のための保険に加入することが出来ます。万が一、そういったトラブルが起きたときには保険会社が相応の賠償金を支払ってくれます。

そのため、美容室を開業するときは必ず保健所の審査が入ります。
清潔さ、広さ、空気の綺麗さ、店内の明るさ、消毒器具の有無など、ある程度の基準を充たさないと美容室は開業できません。

まつエクサロンでは保険に加入することはできません。スペースだけ借りて、その場で看板を出して営業している店舗がほとんどです。もし、トラブルがあった場合、全て自費で賄わなければいけません。最悪の場合、店をたたんで夜逃げされたらどこにも訴えることも出来なくなる可能性もあります。

「まつエクをやる仕事をしたい」と思ってる人のほとんどが「美容師をやりたいわけじゃないから美容学校には行きたくない」人が多いようです。

最悪なのは、そこにつけこんで

「短期間でまつエクの技術を習得できて資格も取れます!」

と大きくうたってる「学校」があります。

ここで言う「資格」はその学校のオリジナルの「ディプロマ」(卒業証書)のようなもので、当然「国家資格」ではありません。なので、もし、行政機関に踏み込まれて

「ほら!資格持ってますよ!」

と見せても

「なにそれ?」

と言われるのがオチです。美容師免許は国で定められた学校を卒業しない限り絶対に取れません(今のところは)

髪の毛のエクステンションもそうですが、流行るとどうしても価格競争に陥ってしまい、値段も安くなって「質より量」になってしまいがちです。

運営する方も数をこなさなければいけないので、まだ技術や知識が未熟な技術者(技術者とは呼べないかも)を使って荒稼ぎをするので、当然トラブルも増えます。

まつエクのトラブルも多く、「まつげが抜ける」こともあり、全部抜けたら「貞子の目」になっちゃうし、元々のまつ毛が少ないとまつエクもできなくなります。
a0037910_12204065.jpg

そこに目をつけた「髪の毛が生えないシャンプー」つか売ってるメーカーとかが「まつ毛の美容液」と称してテレビで大々的にCMして、音声だけ聞くと「本当にはえる」と言ってるんだけど画面には「映える」と書いてあってギリギリの言い方をしてます。

絶対に生えません。(シャンプーも同じです)

薄毛の男性が、一度かつらや増毛をすると、もう戻れないのと同じで、一度フサフサになったまつ毛を従来の自分のまつ毛に戻すのは勇気がいることだと思います。

さらに、毎日、毎日、お化粧する時間を短縮できたり、疲れて帰ってきて、マスカラを落とすのも面倒だったりするので、まつエクの技術はとても便利だと思います。

それだけに、今までちゃんとトラブルもなくお客様に喜んでもらえてるまつエクの技術者さんは本当に可愛そうだと思います。

これから美容学校に入学して国家試験を受けて気の遠くなる時間を考えると辞めちゃいたくなるかも知れませんが、どうか、せっかく習得した技術ですから、頑張って多くの女性を美しくしてあげてください。

ちなみに無許可で営業して摘発されたとして、判例で調べてみると約30万円の罰金みたいです。(トラブルが起きた場合の費用は別途です)

もちろん、無許可のサロンに材料を卸した業者も逮捕されます。

学校は「美容師免許が取れるとはうたってない」としてギリギリセーフのようです。(一番悪どいね)

ちなみにHanaはまつエクやってません。あしからず。

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-06-21 13:23 | メイクのお話 | Comments(0)
憧れの銀座へ
a0037910_13090152.jpg
僕が上京して始めて働いた場所が銀座。

銀座5丁目の三愛の角から3つ目のビルの上にある美容室だった。

当時、故郷広島ではファストフードは「おしゃれな食べ物」だった。

初出勤の日、早めに来すぎて隣のビルに入っていた「森永ラブ」に入って「フィッシュバーガーとコーヒーのセット」を食べながら

「おお!東京の中心でおしゃれなもん食ってるオレ、すげえ!」

となんかいきなり都会のど真ん中に放り込まれた田舎もんはそう思いました。

高級デパートから路地裏のBarまで、隅から隅まで粋な街で大好きだった。

外国人相手の店と言えば有楽町のガード下の変な浴衣や着物や忍者の衣装とか売ってる店くらい。

それが、今、大通りの店はほとんどが外国人に尻尾を振ってゲスい店になってる。

生き残るため?違うだろ?賃金下がってしけた日本人よりコストコでトイレットペーパーまとめ買いしてるように高級品を爆買いしてくれる外国人の方が儲かるからだろ?

「高級」、「一流」という言葉にあぐらをかいて、敷居をどんどん上げるから誰も寄り付かなくなるのは、どこかの親子喧嘩してた家具屋を見てればよくわかる。

見てみろよ、バブルの時にパリのエルメスに行列してあの派手なスカーフを何本も巻いてパリジェンヌたちに鼻で笑われてた日本人がまだ並んでるか?

早く気付けよ。誰がこの街を大きくしたのか。

いろんな街が憧れて商店街に「〇〇銀座」ってつけたのを。

目の前の大きな饅頭は食べたらお腹いっぱいになるだろうけど、毒入りかもしれないぞ。

「一流な動物」なんていない。

「一流」って言葉がつくのは人間だけなんだ。

だから人間には尻尾がない。

一流な人間が作った銀座は尻尾を振っちゃいけないんだよ。

でも、脳みそや知恵のずっしり入った重い頭はしっかり下げないと。

あの粋を見せてくれよ。

恵比寿は頑張ってるぞ!

香港みたいになっちゃうぞ。

ロイター
:「爆買い」が背向ける香港、店舗閉鎖相次ぐhttp://goo.gl/Y86c8y

#恵比寿 #美容院 #美容室 #ヘアーハナ
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-06-20 13:50 | hanaのひとりごと | Comments(0)
汚い女にならないために
a0037910_12292724.jpg
先日、60代のお客様がスーパーでタマネギを買おうと選んでいたら、上から「タマネギの皮」がパラパラ落ちてきて選んでる自分の手に降りかかってきたそうです。

振り向いて見上げると、30代くらいの女性がちょうど、その方の肩越しにタマネギの表面の茶色い皮を剥いて落としてたそうです。

「あの、すみません。ここは売り場でゴミ箱じゃないですから、そういうことはなさらない方がいいと思いますよ。」

と注意したら

「はあ?何言ってんのかわっかんね〜よ。バッカじゃない?」

と言われ、怖いのと、気分が悪いのでタマネギも買わずにその店を出たそうです。

(タマネギの皮は高血圧の予防や花粉症にも効くお茶になるのにね〜)
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1530002958/
a0037910_12375777.jpg
また、女の子が、自転車に乗っていて、その方はちゃんと「左側通行」していたのに、右側通行で走ってくる女性の自転車と鉢合わせてしまい、ジロッと睨むので

「あの、自転車は左側通行ですよ」

と言ったら、

「うるせーよ、クソ女。頭おかしいんじゃねーの!?」


とキレられたそうです。

最近、「このての人」が増えたような気がします。

対処方法は「関わらない」ことだと思います。

「正しい」と思ってやっている人もいるかも知れません。

「タマネギの皮なんていらないんだから返してるだけよ。」

「ちょっと避けてくれりゃあいいじゃないの。」

でも、たいていは自分が逆の立場ならこういう人は怒りまくるんでしょうねえ。

注意されても決して「ありがとうございました」とは言わないでしょう。

a0037910_12461290.jpg
僕が驚いたのはキレたことより、その「言葉遣い」にです。

「うるせーよ、クソ女。頭おかしいんじゃねーの!?」

この言葉だけ聞くと、女性が言ってる台詞に聞こえません。というか、言ってる本人が頭がおかしいようにも思えます。

最近、こういった言葉遣いをする女性が増えたような気がします。

マンガや、アニメの影響だけでは無いと思います。

よく、女性芸人さんが

「角野卓造じゃね〜よっ!」

とか言ったりしてますが、あれは「笑ってもらうため」です。

もちろん、周りを笑わせたいのならいいですが、「頭おかしいんじゃねーの?」と言われて笑ってくれる人はひとりもいないと思います。
a0037910_13064122.jpg
言葉は仕草と同じで僕は「ファッション」だと思います。

キレイな言葉遣いが出来る人はキレイに見えます。

可愛い言葉遣いの人は可愛く見えます。

だから、汚い言葉遣いをする人は、当然、汚く見えるのです。

言葉遣いは洋服のようにさっと着替えることが出来ません。

どれだけ装っていても、とっさの時や不測の事態のときに出てしまいます。

シンデレラが舞踏会で踊っていたら、突然ドレスの裾を踏まれたら、ボロボロの作業着が出てきたようなものです。

汚い言葉は、人を不快にします。言われた人も汚い言葉で返して言い合ってる姿を端から見ると「汚物」にしか見えません。

タマネギの皮を落としたり、自転車で右側通行したり、それほど悪気もなく「うっかり」やっちゃうこともあると思います。

そんなときは注意される前に

「あ、ゴメンナサイ」

の一言で「汚い女」にならなくてすむから、その方が美しくいられると思うのです。

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-06-19 13:07 | hanaのひとりごと | Comments(0)
ムレムレ、ムンムン、ベトベトを吹きとばせ!
a0037910_13361327.jpg
ムシムシな暑さですね〜。

風は涼しいんだけど、歩いて立ち止まると、汗がジワワァ〜〜〜〜っと吹き出てきます。

頭皮の毛穴が最高に開いてそこから汗が首筋に流れ落ちてきます。

さらに、日差しの暑さと髪の毛で蒸らされて、頭はムレムレ、ムンムン、ベトベト。

そんなときは

ミントベルシャンプー

で頭皮をスッキリさせましょう。

市販の男性が使うミントシャンプーと違い、ミントベルは髪の毛に優し〜〜い♡シャンプーです。

カラーが抜けたり、パーマがオチたりしません。

洗いあがりのサッパリ感はもう、やみつきになりますよ。

洗って乾かして、風にあたると、頭皮がスゥ〜〜〜っとヒンヤリします。

仕事や学校帰りに、アロマミントヘッドスパ&ブロー3500円(税別)と合わせてどうですか?

気持ちいいですよ〜〜♪

あ、なんか宣伝みたいになっちゃった。ま、たまにはいいか。

だって気持ちいいんだも〜〜ん!

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-06-18 13:44 | ヘアのお話 | Comments(0)