hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
わかりました! ご丁寧..
by みるきー at 11:05
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:22
こんにちは、トモさん! ..
by みるきー at 15:45
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1176)
(1173)
(1172)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2013年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
よいお年を!
a0037910_07562415.jpg
「よいお年を!」

僕はこの言葉が大好きです。
人とお別れ(しばしの間)するとき、英語だと
「See you!」(また会おうね!)
とか中国だと
「再見」(ツァイチェン)
で、タイ語では「こんにちは」と同じ
「サワディーカー」(二度と合わない場合はラーコーン カー)

日本語だと「じゃあまたね!」なんでしょうが、挨拶の言葉では無く、せいぜい「ごきげんよう」なんだろうけど、言ってる人を見たことがありません。

「よいお年を」はその言葉通り「良いお年をお迎えください」で、相手に対する思いやりや、願いが込められています。
自分で「いい年を迎えるぞ!」ではなく、自分以外の人に願ってもらえる。とても優しくてありがたい言葉ですね。
お互いが言い合うことで、「言霊」が行き交いあって幸せになれる気がします。

自分が言った数だけ言ってもらえる。
商売してるとこの時期にはいっぱい言います。
お客様はもちろんのこと、出入りの業者さんや、宅配便のお兄さん、近所のお世話になってる八百屋さんや花屋さんやそのた多くの人。
言えば言うほど、幸せな気持ちになります。

僕たちの仕事はお客さんあっての仕事ですから、みなさんが元気で幸せでいてくれることが僕たちのライフラインです。
「次に会う時まで、どうぞお元気で」
という気持ちを込めて、いつも「ありがとうございました」を言うのですが、
年末はそれに「よいお年を」を言えるのでとても幸せです。

今年もいいこと、悪いこと、いろいろありましたが、どんな最悪な年でも、後1日で終わりです。
明日から、新しい年が始まります。
今年ハッピーだった人は、それを踏み台に、さらにハッピーに、
今年アンハッピーだった人は、リセットして来年こそはハッピーに。

今年も1年、本当にありがとうございました。
僕がこうしていられるのも、みなさんのおかでです。

どうか、どうか、良いお年をお迎えください。

ヘアーハナ 中西トモミチ

あ、まだ一日あった・・・・ _l ̄l○lll ガクッ.

[PR]
by hairhana | 2013-12-31 07:58 | hanaのひとりごと | Comments(0)
明日がラストチャンス!
a0037910_08413130.jpg
もう3つ寝るとお正月〜♪
ですね。

玄関にお正月飾りは済ませましたか?
つい何日か前までクリスマスツリーで電飾ピカピカ、モールピカピカだったのに、ホント、忙しいですよね。
Christmasの『サンタグッズ』なんて、もう来年の今頃まで使えませんから。
ホント、クリスマスってコスパ悪いですね〜。

お正月のしめ飾りは昨日が『二十八日』の『末広がり』で縁起が良く、今日は『九』がつく日で「苦しい』ので、アウト!
31日(大晦日)は『一夜飾り』と言われ縁起が悪いので、もし、飾るなら明日の30日しかありません。
元々縁起物なので、こういったジンクスは守る方です。僕は。

でも、ホントに大事なのは飾ることじゃなく、こうして無病息災、家内安全を願いながら、神様(会ったこと無いけど)をはじめ、周りにいてくれる人に感謝して、『来年もよろしくね』と迎え入れるための心の準備かもね。

なので、まだ飾ってないみなさん、明日(30日)がラストチャンスなので、お忘れなきよう。

それでは、今日も頑張ってチョキチョキしま〜す!

[PR]
by hairhana | 2013-12-29 09:00 | <<Hana News>> | Comments(0)
僕の約束
a0037910_13081519.jpg
今年も後残すところ後4日。

今年のはじめに神社で神様に願ったことや、誓った思いを覚えてますか?
大枚をお賽銭箱にツッコミ深々と頭を下げても、そうそうに願い事は叶いません。
お金で手に入るのは夢ではなく買い物です。

日々、思い続けることで叶ったり手に入れることができます。
小さな小石を積み上げるように辛抱強く『続ける』ことと、
『誰かのため』を考えて『尽くす』ことが大きく夢に近づく方法かもしれません。

子供の頃に、思い続けていた夢や希望を覚えていますか?
子供の頃に口にした夢は、大人から見れば荒唐無稽でなんの根拠もない思いですが、
その子供が大人になって、当時の大人が思いつかないくらいのモノを作り、感動させたりしています。

21年前、
一人の12歳の少女がバンクーバーの同級生3人とともに資金を集め、リオデジャネイロで開かれた「地球サミット」に出席した。その時、各国代表団を前に彼女が行ったスピーチは、人々の心に深い感銘を与え『伝説のスピーチ』と呼ばれました。
その内容は
「もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子どもだけれどそれを知っています。学校で、あなたたち大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、
・ 争いをしないこと
・ 話し合いで解決すること
・ 他人を尊重すること
・ ちらかしたら自分でかたづけること
・ ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
・ 分かちあうこと
・ 欲ばらないこと
ならばなぜ、あなたがたは、わたしたちにするなということをしているんですか。あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、私は言わせてもらいたい。もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。」

というものでした。
僕たちは大人になる過程で様々な『現実』にぶつかり、『欲望』に誘われ、いろんなものを手にし、いろんなものを失ってきました。
自分が豊かになるために、どこかで泣いている人のことは見て見ぬふりをしたりしています。
デフレが招いた『安売り』がそのいい例です。
『安さ』ばかりを求めていると、当然、提供している人は生活が出来ません。
だから、原価を下げるために、『偽装』をしたり、『ウソ』をついたりします。
僕たち消費者は「騙された!」と怒りますが、そうさせた原因は僕たちにもあるのかも知れません。

テレビや新聞で見たことを無条件に信じて、
難しいことばかり言ってる政治家に任せっきりにして
「どうせ、オレの1票なんて何が変わるわけでもないし・・」
と、いつの間にか、子供の頃に

「そんな夢みたいなことばかり言わないで、現実見ろよ」

と言っていた大人のようになってたりします。
さすがにこの国を動かす人間にはなれないけれど、この国を動かす人を応援したり、選んだりすることは出来ます。
自分が学んできたことや、得た技術を伝えることも出来ます。
そして、未来のリーダーの育成を応援することだって出来ます。

セヴァン・カリス=スズキ(Severn Cullis-Suzuki、)
彼女の言葉に堂々と胸を張って「Yes!」と言える大人でいたいと思います。

「奇跡のスピーチ』

ISAK(インターナショナル・スクール・オブ・アジア・軽井沢)

各分野で次世代をリードしてゆける子ども達の育成を目指す、少人数制の全寮制インターナショナルスクール。
この中から明日の日本、そして、未来を作る子どもたちが育ちます。
http://isak.jp/jp/
hair HanaはISAKを応援します。

[PR]
by hairhana | 2013-12-28 16:19 | hanaのひとりごと | Comments(0)
今はまだ人生を語らず・・かな?
a0037910_04451866.jpg
毎年Christmas恒例の小田和正さんの「クリスマスの約束」に吉田拓郎が出ていた。
「さん付け」をしないのは、僕にとって吉田拓郎は「たくろう」であり、「さん」を付けるのは「さかなクン」を「さかなクンさん」と呼ぶくらい気持ちが悪い。

中学2年の夏。

僕は大人になりたかった。
母子家庭という経済的理由が大きく影響していたのだろうが、当時の僕はアルバイトもしていて自分で使えるお金はそれなりに持っていて、欲しいものは自分の給料で買っていた。
小遣いはアルバイトを始めた小学4年生のころからもらっていない。

その分、周りが子供に見えてしょうがなかった。
それでも学校に通い、部活をしながら働くのには限界があった。
だから、早く大人になって思いっきり働きたかった。
朝から晩まで、寝てる時だって働きたかった。
だから、この歳になっても仕事は大好きで、嫌だと思ったことは一度もない(多分)

周りのみんなが、キャンディーズやピンクレディーなどの「歌謡曲」にはまっていて、机の上でUFOを踊ってみたり、「オレは蘭ちゃん、オレはスーちゃん!」と熱く語っていた。
もちろん、僕も今でもUFOは踊れる。

それでも、どうにかそこから飛び出したかった。
だからといってすぐに大人になることも出来ない。
卒業することだって出来ない。
タバコも吸ってみた。
酒も飲んで死ぬほど吐いた。
トマトジュースだって鼻をつまんで飲んだ。
コーヒーだって眉間にしわを寄せながらブラックで飲んだ。
そして歌謡曲を卒業して「フォークソング」を聴いた。

初めて買ったレコードが「たくろう」の「元気です」だった。
1972年の夏だった

a0037910_04451842.jpg
春だったね/せんこう花火/加川良の手紙/親切/夏休み/馬/たどり着いたらいつも雨降り/高円寺/こっちを向いてくれ/まにあうかもしれない/リンゴ/また会おう/旅の宿 (アルバムヴァージョン)/祭りのあと/ガラスの言葉

レコードプレーヤーに乗せて針を落とす。
「パラッパッパパラぱぁ〜〜〜♪」
とオーケストラのバックで始まる歌謡曲と違い、ギターのストロークから始まる。
自分の心をかきむしられる衝撃だった。

「僕をぉ〜忘れたころにぃ〜♪君を忘れぇ〜られなぁ〜いぃ〜♪・・・」

たくろうの独特の声が耳の中に飛び込んでくる。
まるで煙突掃除のワイヤーブラシを耳の中に突っ込んでゴシゴシと甘い歌謡曲がこびりついた鼓膜を掻き出されているようだった。

『浴衣の君はすすきのかんざし 熱燗徳利の首つまんで もういっぱいいかがなんて 妙に色っぽいね」(旅の宿)

中学生に想像も着くわけもない歌詞なんだけど、頭のなかに行ったこともない雪に包まれる北の国の温泉宿の景色を想像する。
たくろうの曲はタバコよりも酒よりも僕を大人の世界に誘ってくれた。

友達にすすめても
「ようわからんね〜」
と言われ、それが少し嬉しかった。

たくろうが僕を少し大人にしてくれた。
そして僕も大人になった。

たくろうも病気したり、プライベートでいろいろあるけど、僕にとって、たくろうは歌ってる時がたくろう。
こうして1年ぶりに小田和正と歌っているたくろうは少しだけど優しい顔になっていた。
それでも、歌を歌い出すとやはり、たくろうだった。

僕も「なりたかった」大人になることが出来た。
それでも『まだまだだな』と思い知らされる毎日。

今はまだ人生を語らず




[PR]
by hairhana | 2013-12-26 06:45 | hanaのひとりごと | Comments(0)
曖昧でもいいじゃないか
a0037910_10553947.jpg

まあ、昔ほど盛り上がってないのかな?クリスマス。
バブル前のレストランは予約が取れなくて、渋谷のホテル街はチェックインしそこねたカップルがゾンビのように歩きまわる。

同じプレゼントを男におねだり。
ひとつだけ残して後は翌日返品(返金)。
赤坂プリンスホテルのエレベーターで上へ下への大忙し。

食事して、プレゼントもらったら
「わたしん家、クリスチャンだから、これからミサに行かなきゃ、ごめんね〜♡」

男も女もパーティー!パーティ!
それが、大晦日までの束の間の恋だとしても・・・

お目当ての彼女に思い切って告白。
今年最後の大勝負!(有馬記念の後だからね)

「ありがとう。大切なお友達だと思ってるよ。」

あえなく撃沈。
いいじゃないか。今年もこれで終わり。
来年にかけようぜ!
どんだけ最悪でも後1週間。

「頑張った」ことが、「いい思い出」になるんだよ。
他人から見たら「バカだね〜こいつ」と笑われても、笑えるんだから。

告ってフラれた朝も、告らずに膝を抱えた朝も、同じだって。
半年も経てば「いいネタ」の出来上がり。
人の話は「失敗」が多ければ多いほど、ドラマチックで興味深いんだから。

「富士山にエレベーターで登りました!」

なんて話を聞いてくれる人なんていないんだから。
駆け込みだって、撃沈だって、そんなのど〜でもいいんだよ。

「誰かを好きになって、一緒にいたい」

そう思った気持ちがいいんだよ。
簡単だよ。
ちょこっと自分のハートを切り取って、相手に差し出すだけだから。

相手が受け取ったかどうかなんて関係ないんだよ。
それは相手のドラマだから。

さあ、もうひと踏ん張り!
あ、その前に、Hanaでキレイに(カッチョよく)なって、行かなきゃね♡

曖昧でもいいじゃないか
クレイジーケンバンド / ガールフレンド 」
[PR]
by hairhana | 2013-12-25 11:20 | hanaのひとりごと | Comments(2)
不幸を「チャラにする」方法
a0037910_08003521.jpg
今年もいろんなことがありましたね。

悪いことだったり、
サプライズや
悲しい出来事、
悔しかったこと、
取り返しがつかない失敗、

それらを「チャラにする」方法がひとつだけあります。

そう、
後で「幸せになる」ことです。

幸せな出来事があると、そんな嫌なこと全てが

「ああ、このためだったんだな♡」

と思えます。
むしろ、その出来事に感謝さえします。
中には失わないと得られない幸せだってあります。
学校を卒業しないと、社会で出会う幸せには永遠に出会えません。
ご都合主義かもしれませんが、それでいいんです。

だって、僕たちは、いつも幸せに向かって生きてるわけですから。

Hanaに関わる、みなさん。
そして、みなさんに関わる多くの人に、幸せが訪れますように・・

Merry Christmas!!

今年もありがとうございました。
Tomo,
Miyo
Ayako
愛してます♡

[PR]
by hairhana | 2013-12-24 08:12 | <<Hana News>> | Comments(0)
打ち出の小槌のヒ・ミ・ツはね・・・
a0037910_05465745.jpg


いいお話を聞きました。
僕のお花のお師匠様の「とも子さん」が先日Hanaに来てくれた時、クリスマスの「シュトーレン」というお菓子を持ってきてくださいました。

「いつもお気遣いありがとうございます。でも、ホントに手ぶらで来てくださいよ。それでなくても埼玉からわざわざ交通費もかかるんだから。」

とお話したら、

「私の人生はなんでこんなに実入りが少なくていつも誰かにしてあげてばかりなんだろう?ってずっと思ってたの。そしたらね、ある人に進められて長野の「善光寺」さんにお参りに行った時、おみくじを引いたのね。そしたら、そこに書いてある言葉を見て、ぜ〜んぶ解っちゃったの。私の人生、これでいいんだって。それから、そのお守りは肌身離さず持ち歩いてるのよ。」

とお財布から出して見せてくれたのがこれ

a0037910_05465773.jpg
よく、「金の小槌」というと「財をなす」という意味でお守りとして持ち歩いている人も多く、歌舞伎座とかでは「開運小槌」と言って、七福神を入れた小槌が根付として売ってたりします。
しかし、このおみくじに書いてある言葉に

「振れば財宝が出てくるまた願いがかなうといわれる小槌で人々の諸難を払い財宝を授けます。」

と書いてあります。

「そう、私の人生は人に授けて回る人生なんだって解ったのよ。だから、惜しまず自分ができることをすればいいんだって思ったら、な〜んか気持ちが楽になってね〜。」

心を打たれました。
これだけキャリアのある人だからこそ言える言葉かもしれません。
未熟者の僕なんか、まだ、その小槌の下で口を開けて待ってていたい方ですから。

と言いつつも、僕も善光寺さんに行っておみくじ引くとこの小槌が出そうな気がするので、もうしばらくは行かずにおこうと思います。(笑)

恵比寿 美容室 ヘアーハナ

[PR]
by hairhana | 2013-12-22 06:03 | 大好きな人 | Comments(0)
BEST
a0037910_2373221.jpg


こんにちは!みよです。

12月もいよいよ後半。東京の寒さも厳しくなってきました。
そろそろ意地張ってないでコタツをだしちゃおうか・・・・いやいやまだ負けない!!とコタツとの訳の分からない意地の張り合いをしている今日この頃ですwww


今年も約あと2週間。
世の中色々なイベントが多いのでこの時期は特にざわざわしてますよね。

特に年賀状なんかは25日?までに出さないと1日につかないのできっといまごろ出されるかたは慌ててるはず。
私は年賀状は出さないので、特定の方に手紙を書いたりします。

そんな作業も先日終わったのですが、今年はどんな1年だった?ってぜったいに聞きます。

因みに今年の私は「縁」な年だったな〜と思いました。


もう会う機会がないのかなぁ・・・・・・・・とか思ってた学生時代の友人がお店に来てくれたりして10年ぶりな再会をしてみたり、そのおかげでどんどん旧友に会うことができたり、普段は東京に来ない地元の友達がわざわざ会いにきてくれたり・・・

あとは、この歳になって大切と思える友人がたくさんできたこと。


その中の一人が「私は大人になってから親友と呼べる人をつくるのはとても難しい。」と言ってました。

それは私も同じように思うことで、人は大人になるにつれて守るものが多すぎてどうしても保守的になりがちなんじゃないかと思っています。

表面上では良いこと言ってても実際はそこまでじゃなかったり。。。
なかなか気を許せる人っていないな〜って思ってました。

けど、そんなことはなかった!!!!!!!


真面目な話も楽しい話も悩みも真剣に向き合って行く友人達ができました。

もちろん今までもそういった友達はいましたが、ひとあじ違う感じがしています。


でもそれもこれもきっかけは些細なことでした。


もし、あの時あのようにしてなかったら・・・・

と思うとやはり世の中すべて「縁」なのかなとか思ってしまいました。


あたりまえだけど1分先、1秒先何があるか分かりません。


2014年もまたどんな「縁」があるのか。。。
考えるととってもわくわくどきどきしますね♡


ちなみにその友達は「そんな風に思っていたけど、今こうしてみんなと知り合えて出会ってまだ数ヶ月なのにこんなに大切って思えた友達は今までにいなかった!」と私を含め周りのみんなとの出会いをとても感謝してるそうです♡


さて、これを読んでいただいてるみなさんはどんな1年でしたか?
良かった!って人も、来年こそは!って人も今年ラスト2週間!!みんなにハッピーがくるといいな♡って思います(^o^)


では今回はこの辺で!!
BeyBey☆
[PR]
by hairhana | 2013-12-20 23:31 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(0)
転んだ人を見て・・・
a0037910_05352468.jpg
転んだ人を見て笑ったり、哀れんではいけない
その人は前に進もうとしているんだから
立ち止まったり、立ち尽くすより
何倍も大変なんだから

僕だってそう

[PR]
by hairhana | 2013-12-19 05:39 | hanaのひとりごと | Comments(0)
趣味ができました!さて、なんでしょう?
a0037910_14295132.jpg

こんにちは、12月に入って、目が回るほど忙しすぎて、

「も〜〜やんなっちゃう!」

と悲鳴を上げそうだけど、嬉しくって嬉しくってしょうがない「ワーカーホリック」のトモです。

よく、
「トモさんの趣味ってなんですか?」
と聞かれますが、月並みですが

「仕事です!キッパリ」

なので、「正月休み」に、何していいか、全くわかりません。
遠出すれば、いつもより高いし、サービス悪いし(もちろんいいところもあるんだけど、正月早々そんな散財できませんよ)
なので、「近場をウロウロコース」がスタンダードなんですが、
大晦日までビッシリ働いて、気が抜けるのか

風邪を引いて寝込んでしまうコース

になってしまう時もあります。
なので、正月こそ「なにをしよう!」と目的を決めなければいけません。

まあ、たいてい、今まで買って呼んでなかった「積ん読」の本の制覇。
なのですが、いい「趣味」が出来ました。

冒頭の写真は、僕の心のオアシス「猿楽珈琲」(さるがくコー匕ー)のサルおじさんが愛用しているポットです。
「口」の部分にご注目ください。
見事な「エッヂ」が効いてますね〜。

珈琲を煎れるとき、「始めポタポタ、中ポタポタ、赤ご泣いたらごめんなさい」
てぐらい「ポタポタ」が必要です。
どれだけいい豆、ステキに焙煎してあっても、電気ポットのお湯や、注ぎ口が大きなポットで「ジャァァアアア!」とやってしまった時点で、ハイ、サヨウナラ(^_^)/~です。

なので、注ぎ口をこのようにメッチャ細ぉ〜〜〜くしてあげると、あら、不思議。「ポタポタ」できちゃうぢゃあ〜りませんか!
さらに、「表面張力」も考えて、注ぎ口の「長さ」も作らないと「ポタポタポタ・・・・ドブァアアアア!!」と苦労も水の泡となってしまう恐れがあります。

トンカチと、金ヤスリと、ペンチを使ってトンテンカンテンやります。
微調整も含め1周間で出来ればいいな〜と思ってます。

サルおじさん、曰く、銀座の「カフェ・ド・ランブル」のが野田琺瑯に作らせた「ランブルポット」もいいんだけど、ポットがでかいので重くて使い辛いとのこと。
確かに、この大きさでお湯を入れて煎れるのは女性だとちょっと重いかも。
手首に自身のある方はオススメです。

a0037910_15000515.jpg
http://www.nodahoro.com/products/3/pp/11.html

早速、ホームセンターで道具を揃えて・・・と思ったら、家にある道具で出来そうなので、後は時間だけ。
お正月休みが楽しみになりました。

猿楽珈琲
渋谷区猿楽町23-3鳥居ビルB1
(代官山郵便局の下)
表(1F)には看板とかありません。地下に降りると、手前に罠のように喫茶店があります。そこに入りそうになるのをグッとこらえて、奥の怪しい扉を開けると奥で気難しい顔を装って珈琲を煎れているのがサルおじさんです。

・4人以上で行くと断られます。
・お子様も大人になってから連れて行ってあげてください。
・もちろん、タバコも吸えません。
・写真もバシャバシャ撮るとコーヒーカップが飛んできそうですが、貴重なカップなので、飛んできませんが、サルおじさんの眉間にシワが2本よります。
・可愛い女の子は大歓迎です。
・サルおじさんの「オヤジギャグ」が聞ければ常連です。
・本当はとても優しいおじさんです。

上記はルールみたいですが、みんなが美味しく珈琲を楽しむ「マナー」みたいなもんです。

うまくできるかな〜〜?
http://www2.ocn.ne.jp/~sarugaku/

[PR]
by hairhana | 2013-12-18 15:11 | オススメ | Comments(0)