hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
” Happy Birt..
by みるきー at 12:55
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1218)
(1214)
(1214)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2013年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
大きいことはいいことだ〜〜♪
a0037910_10113867.jpg


明け方早めに起きてラップトップを開き、メールチェック及び、ブログの文章を打ち込みます。
ついでにネットサーフィン。
世の中本当にいろんな情報で溢れてるね。

ちょっと濃いめの珈琲を煎れて、頭の芯にキックを入れる。
だんだん脳が覚醒してくる。
PCメガネ、買ったけど、どうにもしっくり来ないので結局裸眼で観てる。ダメだな、オレ。

まだ、部屋が片付いてないので、寝室に使うはずの部屋が物置状態。
結局、和室の広い部屋でテーブルと座椅子でリビング(仮)。そして、その脇に布団を敷いて寝室と兼用。

この部屋のいいところは照明が「ライティングレール」になってること。
リビング側と寝床側でライトのON&OFFが使い分けられて、おまけにスポットの角度を変えれば寝てるところにいっさい光が届かない。
う〜〜ん・・ナイス!
なので、僕がネットしてるすぐ脇に嫁がグースカ♪寝息を立てて寝ているって図。

二人でいるのに一人の世界。
この時間がたまらなく好き♡

ちょうどこの日はいろんな音楽ネタを集めてた時。
大好きなJAZZやLoungeを聴きながら、まだ日が昇らないステキな時間を、珈琲片手に過ごす。
なんて、至福な時間・・。

すると、突然、嫁のアヤコが

「あぶ!!危ないっ!ヒャハッツ!!はうっ!避けてっ!!!」

と大声で叫ぶ。
当然、慌てた。
人間、そんなとき、固まるか、すぐ行動に出るかの2種類だと思う。
僕は後者だった。
すぐさま跳ね上がり、

「ど・・・どしたっ!!?」

と嫁に聞く。
嫁は布団から起き上がり、キョロキョロして、

「ん?ん?・・・・・ん・・・・。」

とそのまま布団にイン。
どうやら寝ぼけてたらしい。

「・・・な・・なんだ・・・・。」

ホッと胸をなで下ろす。
さあ、つづき、つづきっと・・・・・・・

「ギョギョギョォ〜〜〜!!!!(゜ロ゜屮)屮」

ラップトップの上に茶色の液体がぁ〜〜〜!!!!
思いっきし、珈琲をぶちまけました。
ありゃりゃ〜〜〜!
急いで拭きます。手元にタオルが無かったので、ティッシュを山盛り使いました。

「シュン・・・」

いきなり画面が消えました。
やばい臭いがしてきました。
落ち着け、落ち着け、オレ。
嫁はスースー♪

ドライヤーを持って来て
「ブォォ〜〜〜!!」
砂糖入れてなくてよかった〜〜。と心の中でつぶやく

しばらく放置。
そして、電源オン!
画面中央にリンゴマークが浮かび上がる。

「やったぁ〜〜!!やったぞおれぇ〜〜!!\(^O^)/」

なんか持ってなやっぱり。
う〜〜ん。マンダム。(なんのこっちゃ)

ラップトップが「カリカリカリ・・♪」とデータを読み込む。ふふん♡

「ピュン!・・・・」

ん?あれ?画面が・・・真っ暗?
え?オレ、目つぶってる?いや、見てるよ。うん。

テレビの手術で心臓が止まった人を
「離れて!」
って電気ショックで生き返らせるあれがあったら確実使ってたな。

「ご臨終です・・・・。(ー人ー)ナムー」

iPhoneで調べると、「キーボード付近にかかるとその下のロジックボードが濡れてしまうともうダメ。」と書いてある。
修理するも、新しいの1台買えるくらい金額がかかるって。

(ToT)・・・・・・

嫁を責めるわけにもいかず。
ちょうど休みで運良く(?)新宿に、それもソフマップに行く用事があったので、ついでに新しい(中古だけど)のを買いました。

同じのを買うと、なんだか悔しさが残るので今まで13インチだったので思い切って15インチを買いました。
う〜ん。イイネ。
大きいことはいいことだ〜〜♪
今ではこの大きさに慣れていい感じ。

ついでにHDDも160GBだったのを1TBに増やしてメモリも増やして最強にしました。
壊れたラップトップもHDDはセーフだったので、データと環境はそのまま移行できて、何事もなかったように馴染んでます。

嫁にその話しをすると、

「もう、トモさんはおっちょこちょいですね〜」

と笑われた。
僕はちょっとだけ殺意を覚えた・・・。
[PR]
by hairhana | 2013-02-28 11:41 | 今週のお買い物 | Comments(0)
どうか、お願いです。▽;w;▽
a0037910_10573891.jpg


一人暮らしの人が引っ越すときに
「今度の家、ペット飼えないから。」
という理由で保健所に持って行く人がいます。
本人は「預ける」感覚です。
やってることは「ゴミを捨てる」ことと同じです。

子どもにせがまれて犬を飼う人がいます。
子どもに
「ちゃんと散歩とか自分で行くのよ!」
子どもは言います。
「絶対行く!」
よく観て下さい。毎年子どもが泣きながらせがんでいたオモチャが今どうなってるかを。

忙しい人が大型犬を飼います。
テレビや映画で砂浜を犬と駆け回るシーンに憧れて。
大型犬は最低一日2時間散歩が必要です。
雨の日も、風の日もです。
忙しい人にそんな時間があるのでしょうか?

近所の野良猫にエサをやる人がいます。
ネコはエサを貰うところでは排泄をしません。
決まって近くの「よその家」でします。
ネコが寄ってくるのを「愛されてる」と勘違いしています。
ネコにエサをやっているのを「愛してる」と思い込んでいたりします。
ネコは増え「害獣」になります。

躾が出来ない人が動物を飼います。
大金を払って「学校」に入れます。
「先生の言うことならちゃんと聞くのにね〜」
自分の子供を見て下さい。ちゃんと言うこと聞いてますか?

ペットは家族です。
でも、法律上では「モノ」です。
車ではねた人を法律で罰することはできません。
「廃棄処分」もできます。
だけど、決して「モノ」ではありません。間違いなく「命」があります。
オモチャでもアクセサリーでもありません。

僕たち人間より遥かに短い命を持って、僕たちに「愛情」を教えてくれます。
子どもには「命の尊さ」を「死」という行為で教えてくれます。
「可愛い」だけならぬいぐるみやオモチャで十分です。

犬は大型犬なら10年。小型犬なら15年
ネコは長生きする子は20年近く生きます。
それを「幸せな時間」とするか、「苦痛な時間」とするかは飼い主の気持ち次第です。
人間は「できちゃった」はありますが、ペットは飼うか、飼わないかを選ぶことができます。
「買っちゃった」はどうかやめてください。

どうか、無駄にペットを飼わないで下さい。
お願いします。

a0037910_11173334.jpg

[PR]
by hairhana | 2013-02-27 11:21 | hanaのひとりごと | Comments(0)
もの作りの楽しさ♡
a0037910_8262917.jpg


フジテレビの「dinner」というドラマを観ています。
風間杜夫さん演じる老舗のイタリアレストランのオーナーシェフが病気で倒れて、娘であり、レストランの支配人を演じる倉科かなさんが倒れた父親の代わりに読んだ助っ人の天才料理人を演じる江口洋介さんをシェフに迎え、そのレストランで起こるヒューマンドラマを描いた作品です。

「救命病棟の医者が料理人になっただけじゃん!(`_`)ノ」

と言われたりもしますが、僕自身"食べる"ということが好きなのと、お客様の中にも料理人の方が多数いらっしゃるのも合わせて、とても身近に感じながら観ています。

もちろん、ドラマですから大げさな脚色やリアクションはあるのですが、その中にある"もの作り"の大切さが僕は好きです。
一皿の料理に込める情熱やこだわり。
その一皿の料理が食べた人の人生に関わっていく。

僕たちは日常でも美味しい料理に出逢ったときは"感動"します。
"食べる"という生きていく上で欠かせない行為を"楽しむ"ということが出来るのは本当に幸せだと思います。

日常でも僕にとって火曜日のお休みの日のランチとディナーはとても重要です。
普段はお店からなかなか離れられないのと、時間もないので、選択肢が限られていますが、火曜日は自分で選んで「わざわざな店」にも行くことができます。
なので、火曜日はどれだけ安くても不味いものを食べるなら空腹のままでいいとも思います。

僕たち美容師もお客様のヘアデザインを通じて「もの作り」をしています。
それも同じものが何一つ無い、その人のための、その人だけの、オートクチュールです。
流行の芸能人のヘアスタイルやお決まりのパターンを量産するなんて、頼まれても出来ません。(厳密に言うと、出来るけどやりたくありません)
お客様の気分、ライフスタイル、手入れ方法、これからどうしていきたいか等、細かくヒアリングして、最高のデザインとカラーを作りたいといつも思っています。

そして、最後
「どうですか?」
と聞いて、喜んでくださったお客様の笑顔を観るのがなによりも幸せを感じます。

レストランとヘアサロンと畑は違えど、もの作りにかける情熱は同じように思います。
結局は"誰かのため"に作るものですから。

このドラマを観ながら、改めて
「ああ、この仕事をしてて良かったな〜♡」
と思う今日この頃です。

ドラマチックサンデー
「dinner」
毎週日曜日、夜9時〜
フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/dinner/index.html

a0037910_8262839.jpg

[PR]
by hairhana | 2013-02-26 08:48 | オススメ | Comments(0)
あなたに贈るラブソング♡
a0037910_1043868.jpg


街を捜し歩いた空しい数時間
昼間の雨は私の鼓動を刻んだわ
カフェからバーへと足を運びながら
あなたの居場所を知ってたらと悔やむ私
あなたが私の心を曇らせてしまったのよ
今の私は何もかも調子っぱずれ


The Style Council - The Paris Match (Tracey Thorn Version)


それほど彼を愛してるわけじゃない。
だけど、求めずにはいられない・・・・
そして今夜も
「ここにいれば彼に会えるかも・・」
と雨に煙る夜の街を彷徨い歩く美しい女性の姿を想像してしまう。

昨日のエントリーで紹介した「 Paris Match」 のユニット名の元になったイギリスの「The Style Council」の名曲「The Paris Match」。
本来、このグループは天才ボーカリストのポール・ウエラーが歌うのだが、この曲は女性シンガーの「Tracey Thorn」 が歌っている。

歌詞の内容と、この曲の持つ世界観はやはり女性の方がマッチする。
ちょっと投げやりで、でも、かすかな愛に期待するはかない女性の想いがこの曲に詰まっている。

多分、こんな恋は周りからは反対され、
「やめときなよ〜」
と、友達は言ってくれる。
「僕ならもっと君を幸せにできるよ」
と優しく言ってくれる男だっている。
バカなのはわかってる。でも・・・。

とかく人の心は教科書通りにはいかないものです。

私が悲しいのはいつものこと
時にはそれを楽しんでいることもあるわ
あなたがくれた欲望という名の贈り物
もうマッチに火が点いてしまったのよ

何もすることのない夜の連続
想いはすべてあなたにつながってしまう
不安と退屈がまじりあい
たまらずまた外出してしまう
こんな息苦しい思いはイヤ
とっても時間を無駄にしてるみたい

[PR]
by hairhana | 2013-02-25 10:26 | hanaの音楽 | Comments(0)
「もっと素直になれたらいいのに・・・」
a0037910_15243397.jpg


男と女のケンカほど不毛なモノは無い。
基本、男はロジカル(論理的)に考える。女はエモーショナル(情緒的)に考える。

男のロジックは、一見理屈が通ってるように見えるけど、それは自分に都合のいい論理で、紐解いていくとなんら説得力が無かったりする。
それでも男は自分の都合良く頭の中で理屈をつけるから、「自分は正しい!」とまるで脱出不可能なアルカトラズの牢獄に入ってるようにその殻から出てこない。

女は女で、気がつくと、自分が何で怒ってるのかわからないくらいどうでもいいことでケンカしてるのに、元の問題よりも、その後の相手の取った態度や行動が許せずいつの間にか怒りが増長してたりする。

ホントはどちらかが最初に「ゴメンネ」のひと言を言えば済むことなのに、なかなかそれが言えない。
楽しいはずの週末もなぜか一人で過ごしたり、片っ端から友達に電話してなんとか夕食を共にする。

「もっと素直になれたらいいのに・・・」

24時を回って、観たいテレビもなく、それでもなんとなく寝付けずにいる。
あいつ、今頃どうしてんだろう・・
意外と向こうも同じ事思ってたりして。

paris match(パリス・マッチ)

最近、お気に入りのアーティストです。
ボーカルのミズノマリのウエットな優しい声に包まれていると、
いつのまにかメールの窓に

ゴメンネ(o_ _)o愛してる♡

って打ち込んでるかも。
そんな夜に、是非、聞いてみて下さい。
今よりちょっと素直になれますよ。

名前の由来は僕の大好きなThe Style Council(スタイルカウンシル)のアルバム『Café Bleu』の収録曲「The Paris Match」から取ったそうです。
韓国、タイ、そしてフランスでも人気があります。

【paris match - Wednesday Art Stage [4/5] - Strawberry Waltz 】

[PR]
by hairhana | 2013-02-24 16:09 | hanaの音楽 | Comments(0)
頑張れ!ミスター赤ヘル!
a0037910_922714.jpg


僕は、広島生まれの広島育ちじゃけえ、よくお客さんに
「トモさんはカープファンなの?」
とよう聞かれるんじゃけど、元々、野球自体にあんまし興味がなかったんよ。
ほいじゃけえ、プロ野球もほとんど見んかったけえ、「どこが好き?」言われてもあんましピンとこんのよ。

そんな僕でもWBC(ワールドベースボールクラッシック)の試合は感動したね。
特に最初の王さんが監督したやつは、ちょうど決勝の時新宿におったんじゃけど、パチンコ屋の前で興奮して見とったね。
優勝した瞬間はそこらじゅうで声が上がっとったよ。

2回目は監督は原さんじゃったけえ、正直あんまし見んかったね。
ほんでもって、もう参加せんのじゃろう思うとったら、「3連覇狙う!」とか言い出して、
おまけに監督が「山本浩二」じゃ言うけえ、ビックリこいたよ。

ほんまは「現役監督」が選ばれる予定じゃったけえ、一度、山本浩二監督は消えたんじゃけど、
今回はメジャーリーガーが誰も出んそうで、「もしかしたら3連覇難しい?」みたいなとこがあって、多分、誰も毛寝期間得が引き受けんかったんじゃろうねえ。
前回の星野監督の「オリンピック惨敗」もあってみんな尻込みしたんじゃろうね。
ほしたら、もう一回、山本浩二におはちが回ってきて、王さんから「やってくれん?」言われたんじゃね。

「あ〜あ、可哀想に〜」

と正直思うてテレビとか見よったんじゃけど、今朝のテレビの阿川佐和子さん司会の「さわこの朝」で山本浩二監督がゲストで出とっちゃったんじゃけど、
そのトーク聞いたら、もう、頭の中が一変したね。

監督が決まって、選手ひとりひとりに電話して、年賀状も全員に直筆でひと言添えて出した言うて話しよっちゃったよ。
阿川さんが
「そこまで気を遣うんですか?」
と聞かれて、監督は

「そこからでしょ。」

とさもそれが当たり前のように話しよっちゃったんよ。
ほいでね、その後にね

「選手は、自分が何をすべきかちゃんとわかってますよ。僕は、選手がいつもどおりのプレーが出来るようにするのが仕事です。」

それ聞いたときはなんか涙が出そうになったんよ。
さすが、ミスター赤ヘル。
努力の人は違うんじゃねえ。

今回は、メジャーリーガーがひとりも出とらん。
韓国もそうなんじゃって。
なんかアメリカの「黒い意思」がちらほらしとる思うんは僕だけかねえ?

でも、今、国内で頑張っとる選手は「メジャーに行けない選手」じゃのうて、「日本でプレーすることを選んだ選手」なんじゃけえ、「メジャーがおらんけ負けた」言われんよう、頑張って欲しいのう。
でも、ダルビッシュだけでも出てくれんかの〜。

ほいじゃけえ、僕は観るよ。応援するよ。
「山本ジャパン」を。
強い選手がおりゃあ勝てるんじゃのうて、「ええ監督とええ選手」がおって勝てる。
今回のWBCは見所満載じゃあ!

頑張れニッポン!
頑張れ!山本浩二!!

a0037910_9221510.jpg

[PR]
by hairhana | 2013-02-23 18:24 | 大好きな人 | Comments(0)
スタートって大切ですね。
a0037910_10125552.jpg


なんにでも「始まり」というのがあって、
最初は一人の頭の中に

「!これ?どう?面白くない?」

的なひらめきがスタートで、
頭の中と机の上で試行錯誤を繰り返しながら、あーでもない、こーでもないと悩み、
一度途中で投げ出したりして、
そしたら、いきなり、デパートのトイレでふんばってる時に

「!!」

そうだ!ってなことになって、ズボン上げるのも忘れてメモったりして。

そして、ある程度形にして、その名の通り「世に問う」感じで、
本人、会心の出来でも、意外と無反応だったり、
逆に、あれよあれよと言う間に売れて、そのうちグッズとか出来たり、いろんなとことコラボしたり、
いつの間にか「ニセモノ」まで現れたりして。
いつしか作者の手を離れて誰のもんだかわかんなくなったりして。
それでも、みんなに愛されて、なんかいい感じ。

今は「プロジェクト」とか組んで、「売れるモノ」を意図的に作り出したりして、
アンケートとか取って作ってみたり、心理的に「はまる」ものにしたり、
歌謡曲なんていい例だね。
ボウズ頭にそり込み入れて、ワイルドなかっこうして「君を愛してる〜〜♪」とか、「一生愛すのはおまえひとりなんだ〜〜♪」とか「この世界に〜〜♪」、「日は昇る〜〜♪」とか、教科書に載りそうな気持ち悪い歌詞だったりして、もう、「アーティスト(芸術家)」じゃなくてただの「芸能人」。
「メガヒット!」とか狙って、「売る」ことだけを考えるとそうならざるを得ないのかもね。

Hanaでやってる「アロマヘッドSPA」だって、元々、僕の20年前に、勤めていたサロンで

「シャンプーのやり方変えてみようよ!」

のひと言から始まって、当初は「洗った気がしない」とか文句の嵐。(美容師さんから)
それでもお客さんには喜ばれて、やっと最近「ヘッドSPA」って名前が普通に使われています。
ちなみに僕が「ヘッドSPA」って付けたのはもう10年以上前で、お客さんに

「あ〜なんかマッサージして貰いながら頭洗って貰ってるとなんだか温泉に入ってるみたい〜〜〜♡」

と言われて付けました。
新規のお客さんが

「他の店でヘッドSPAやってもらったけど、全然気持ち良くないし、別料金取られるのに、ここ(Hana)はこんなに丁寧にやってもらって、それでマッサージまでしてもらってカット料金についてる(仕上げ込みで¥5250)なんてビックリ!」

と言われますが、流行に乗って「儲けアイテム」のひとつでやってるヘッドSPAとはスタートが違います。
特にシャンプーは直接お客様に触れてヘアサロンで唯一「気持ちいい技術」ですから。
「気持ちいい」と思ってもらうための絶対不可欠なスキルは「気持ち良くなってもらいたい」という「思い」です。
それがお湯の温度からシャワーや指圧の強さ、そして心遣いまで変えていきます。

「儲かる商品(技術)」はマーケッティングに始まり、宣伝広告であっという間に広がり売れていきます。
その都度、アンケートを取って「売れる」ように変わっていきます。
でも、あっという間に忘れられて過去の遺物になってしまいます。
多分、それはお客さんの心まで届いてないからかもしれません。

ドラえもんが始まる前、
「すごーく、おもしろいんだ、すごーく、ゆかいなんだ」
と、作者は自信を持ってオススメしてます。

Hanaが「アロマヘッドSPA」を作ったのも、マッサージをプロのカイロプラティックの先生にマッサージを指導して頂き、
「アロマ加えたらどうだろう?あ、選べた方がいいかな?じゃあついでにシャンプーも選んでもらおう!」
と時間を掛けて試行錯誤を繰り返しながら今の形になりました。
そして僕たちは聞きます。

「どう?気持ちいいでしょ?」

スタートって大切ですね。
[PR]
by hairhana | 2013-02-22 13:18 | hanaのひとりごと | Comments(0)
やっぱりシャツが好き♡
a0037910_17203319.jpg


「ねえ、あのシャツどこだっけ?」

引っ越ししてもうすぐ2ヶ月。そろそろ部屋が全部片付いてもいいはずなのに、未だにダンボールが積んである我が家。やばいね。

寒かったせいもあってセーターとかカットソーとかが多かった最近。
やはりオシャレしたくて、

「うん、シャツを着よう!」

と思ったわけ。
嫁のアヤコが

「そこのタンスに入ってますよ・・」

おお、そうか。ちゃんと入れておいてくれたんだね。ダンボールから出して。
じゃあ、今日は白の「ターキーシャツ」(襟が立ってるヤツ)でも・・・・

「!!!!!・・・・・」

そこにはシャツが、いや、「シャツ達」が、洗濯して取り込んで、そのままの形で折り重なって「詰め込んで」あった。

「これって、去年、前の家で取り込んでロッキングチェアーに山のように積んであったままだよね・・・?」

「はい。そうです。」

「いや、はいって、このまま?」

「トモさん、シャツいっぱいあるじゃないですか。つか、セーターにしましょうよ。暖かいし、アイロンかけなくていいし。」

そうだね、うん。・・・っておい!(`_`)ノ

夜中、アヤコのいびきと、寝言と、フレンチJAZZのラジオをBGMに25枚のシャツにアイロンを掛けた。

ごめんね、シャツ。クシャクシャのままで。
でも、大切に一枚一枚アイロンを掛けていると、なんだかシャツに命を吹き込んでるようで、嬉しい。

最後の一枚をかけ終わったとき、達成感よりも同じ姿勢で掛けていたため、腰に「ビキッ!」と鈍い痛みの方が強かった。

いいシャツを着るとなんだか「高揚感」があるね。
気持ちが締まるって言うか。
多分、数日後、また僕がアイロンを掛けるんだろうけど、まあ、いいか。
やっぱりシャツが好きなんだな〜。

a0037910_1720576.jpg

[PR]
by hairhana | 2013-02-21 17:21 | hanaのひとりごと | Comments(0)
そこにはちゃ〜〜んと、「感動」がありました
a0037910_17542426.jpg


最近、日本のメーカーが米のアップルに叶わない理由がなんとなくわかりました。
S・ジョブスは「誰も考えもしなかったモノ」、「自分が欲しかったモノ」を作って

「どう?これ、いいでしょ〜?」

とやってました。
どんどん増えていくストレージに頼らず「クラウドでいいじゃん」とHDDに依存する習慣からPCを抜き出しました。
みんな戸惑いながらも、ブツブツ文句言いながらも使ってみる。

「面白いじゃん!」

そこには「感動」がある。
バグがあったり、不具合があったり、いろいろあるけど、「新しいものに触れる感動」の前には吹き飛んでしまう。
そりゃあ、安くなくったって買いますよ。

今の日本は「売れるものを作る」。
一見当たり前のようなことなんだけど、それじゃあ「感動」が無い。
新しいものに触れる「ワクワク感」こそ、みんなが求めてるものなんじゃないのかなあ?

a0037910_17541182.jpg


久しぶりに代官山の「猿楽珈琲」に行った。
最近では夜の7時に閉店になったので、確実に仕事帰りには行けない。
久々に行くと、お店の入口(猿楽珈琲は地下にある)の看板が・・・無い・・・。

恐る恐る、降りていくと、お店はやってる。
オーナーのsaruojiさんに
「あけましておめでとうございます。」
と今年初めの挨拶をされる。お久しぶりです。

看板のことを聞くと
「通りすがりの人は今んとこはいいや〜って感じなんですよ」
と、話してくれた。

深煎りの「二十三番地珈琲」を注文。
saruojiさんはネルで煎れる。
特製のポットの先から、繊細な雫が落ちていく。
豆も粗めに挽いてあるから相当量使っている。
最初はポタポタと落として豆を蒸らす。
その後ゆっくり、ゆ〜〜〜〜っくりお湯を注ぐ。

煎れ終わるまでにかなりの時間がかかります。
その後、もう一度、珈琲を温めて出来上がり。

香りもさることながら、飲み口がいい。
口の中に広がる珈琲の香りと、鼻に抜ける匂いがもうなんともリラックス。

「ふぁぁ〜〜〜〜〜〜〜・・・・」

と思わず遠い目をしてしまいます。
飲み終わってもついついもう一口飲んでしまう。
気づいたら「おかわり」してました。

規模は全く違いますがsaruojiさんが煎れてくれる珈琲も、
「ねえねえ、これ飲んでよ。マジ、美味いっしょ?」
的な仕事です。

そこにはちゃ〜〜んと、「感動」がありましたよ。

a0037910_17542087.jpg

[PR]
by hairhana | 2013-02-20 20:04 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
そうぢゃな〜〜い!
a0037910_14365195.jpg


お客さんと話していると、以外と間違ってるのが多いのが"シャンプーの仕方"です。

例えば、「髪の毛が傷んで絡まるので、先にトリートメントしてその後シャンプーをしました」ってやつ。
シャンプーは洗剤、トリートメントはコーティング剤なので、トリートメントは先にやっちゃダメ。

★「シャンプーの前に髪の毛を濡らす」
これも、一見「なんで?いいじゃん」と思いそうですが、正解は「髪の毛と頭皮をお湯で洗う」です。
濡らす程度では髪の毛と頭皮に着いた汚れは落ちません。
シャンプーの泡も立ちにくいので、結果、余分にシャンプーを使ったり、2度洗いしなくちゃいけなくなります。
2〜3分、少し時間をかけて汚れをお湯で落としてみて下さい。驚くほど泡立ちがよくなります。

★「頭のてっぺんからシャンプーする」
これもありがちですがシャンプーは同時に頭皮のマッサージにもなります。
血行を良くするために、心臓に近い方から洗います。
なので、シャンプーは「襟足から頭頂部に向かって洗う」が基本です。

★「トリートメントを髪の毛の根元から付ける」
トリートメントは基本「傷んだ髪の毛の補修」ですから、根本近くの髪は傷んでませんから付ける必要はありません。むしろ、髪の毛がぺったんこになってしまう原因になります。
ロングの人でも中間部から毛先まででいいです。

★「トリートメントを残すように流す」
傷んだ髪の毛の人はついつい、全部流すと残らないような気がしてついつい軽めに流してしまいがちですが、トリートメントは髪の毛に吸収され、付着してますので、しっかり流しましょう。
流し残しがあると、髪の毛がベトベトしたり、フケやかゆみの原因になります。

シャンプーの目的は「汚れを落とす」ことです。
一番大切なのはシャンプー剤やトリートメント剤を「つける」ことではなく「洗い落とす」ことです。
ちなみに、市販のコーティングタイプのシャンプーやトリートメント剤はちゃんと流すのに「風呂桶2杯分」のお湯が必要と言われてます。
なので、「シャンプー選び」も大切なポイントですね。

くれぐれも「使い方」を間違えないように。
[PR]
by hairhana | 2013-02-18 16:15 | ヘアのお話 | Comments(0)