hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
わかりました! ご丁寧..
by みるきー at 11:05
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:22
こんにちは、トモさん! ..
by みるきー at 15:45
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1176)
(1173)
(1172)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2012年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧
今夜はBlue Moon♡


蒸し暑い日が続くけど、日が落ちて、吹く風がちょっと涼しいときもありますね。
日が暮れて、静かな夜空を見上げながら、こんな曲を聴いてみて下さい。

Diane Shaw - 'Blue Moon' ♪

月の満ち欠けの周期はおよそ29,5日だそうです。
暦だと1ヶ月30〜31日あって、時々、月の初めに満月だと、同じ月にもう一度満月が見られる月が3年に1回くらいあるそうです。
それを「ブルームーン」と呼んでいます。
特に「青く見える」訳ではないのですが、「珍しい」という意味も含めそんな名前になったみたいです。

実際には、火山の噴火のチリや、隕石落下で発生したガスとかで赤い光線が遮られるため、奇跡的に青く見えることがあるそうですが。ちょっと怖くていただけませんね。

言い伝えによると、「ブルームーンを見たら幸せになれる」という言い伝えもあるそうですよ。

Diane ShawはJAZZではなく、Seoulシンガーですが、緩やかに流れる時間の中で彼女の歌声を聞きながら、美しく光るブルームーンを見るのも、それだけで、幸せを感じることができるかも知れませんね。

a0037910_15194034.jpg

[PR]
by hairhana | 2012-08-31 15:20 | オススメ | Comments(0)
どなたでしょうか?
朝、Hanaに出勤したら、
入り口のドアの取っ手にビニール袋がかかってました。

コンビニのものではなく、だからといってNTTのタウンページとかでもないみたいです。
近くに寄って見て見ると、袋の側面にマンタだのジンベイザメだのニモだのと、様々な海洋生物が描かれています。
どう見ても、
「とっても、とっても、とっても、とっても♪ライオンだぁ〜〜♪」
の富士サファリパークの袋じゃないのは頭の悪い僕でも解りました。

袋には
沖縄美ら海水族館

と書いてありました。
とりあえず、辺りを見渡して、
電柱の影から僕のことを観ていて、手を入れたとたん、頭の上から白い粉が
「ブワァ〜〜!!」

て感じでもなさそうなので、とりあえず、Hanaの中に持って入りました。
袋の上から触ってみると・・・・

「柔らかい・・・」

どうやらぬいぐるみみたいです。
袋を開けて中を覗いてみると。

a0037910_1064772.jpg


こんな可愛いカメさんのぬいぐるみが出てきました。
お腹に耳を当てても

「チッ♪チッ♪チッ♪チッ♪チッ♪」

と時限爆弾は入ってないみたいです。
むしろ、オシリの部分にザラザラしたオモリみたいなつぶつぶが入っていて、
ちょうど「座りがいい」ように出来ていて、

「す・・すげえな・・」

と思っちゃった。
ただ、ひとつ、心配なのが

「もらっちゃっていいの?」

ってことで、
1、心優しき誰かが沖縄土産で買ってきてくれた。
2,「トモさん、長生きしろよ」とカメ
3,店の前に落ちてたのをとりあえず拾ってかけておいてくれた。
4,本当は南半球に持って行くはずだったサンタクロースが熱中症で頭がクラクラして「え〜い!めんどくせえ!ここでいいや!」と手を抜いた
5,昔、広島で、子どもの時、「かさじぞう」の話しを読んで、近所のお地蔵さんに、マフラーをかけてあげた。(その後回収)今頃、そのお礼に
6,熱烈な僕のファンで、本当は僕がカメ好きだって知ってる人。
7,ミヨちゃんに惚れた、近所の中学生。

とどれも想像の域を出ない。
出来ればお礼が言いたい。
つか、頂いちゃっていいんですかね?

てなわけで、とりあえず、先に

「ありがとうございます。」

可愛い♡です。
出来れば、どなたか教えていただけますか?

(すでに馴染んでますけど・・・)
a0037910_10274776.jpg

[PR]
by hairhana | 2012-08-31 10:28 | ニコニコ日記 | Comments(0)
前世は中世の「ウ○コ」?
a0037910_1534655.jpg


湾岸戦争の後、イラクのバグダッドでジョージ・ブッシュ大統領がイラク人のジャーナリストに履いていた靴を投げつけられたニュースは記憶に新しいと思います。
「靴」は「文化」と繋がりがものすごく強いもののひとつなんですね。

我々日本人は家の中では靴を脱ぎます。
僕たちにとってスタンダードでも、意外と家で靴を脱ぐ習慣は世界でも希で、「畳」もそんな文化から生まれたものなんでしょうね。

なので、たいていの日本家屋には「土間」があり、そこで靴を脱ぐ習慣があります。
なので、家の中に土足のまま上がることを、とても失礼なこととします。
なので、人間関係において、家を自分の心に例え、人の気持ちを考えず、ずうずうしく、ものを言う人に
「人の心に土足で上がり込む」
という表現をしたりします。

逆に、靴を脱がずに家に上がる習慣のある国だと、いたずらに靴を脱ぐことは「衣服を脱ぐ」ことと同じようにみなされ、「乱れた服装」とされる場合もあるそうです。
僕たちも旅先の宿やホテルで、ホッと一息いれたくて、靴を脱いでしまうけど、気をつけなくてはいけませんね。

ちなみに、靴を脱いで上がる文化圏の玄関ドアは「外開き」で、脱がずに上がる文化圏の扉は「内開き」だそうで、
ホテルなど、西洋式の形式の扉は全て内開きになってるそうです。

前述の「靴を投げつける」というのも、アラブ社会では靴で踏みつけたり、投げつけたり、叩いたりすることは、最大の侮辱・屈辱行為とされるので、湾岸戦争を始めたブッシュ大統領に靴を投げつけるだけ怒り心頭だったんでしょうね。

その他にも
「足元を見る」
「おしゃれは足下から」
「安い靴でエレガントになろうとするのは到底不可能」
など、「靴」と文化はかなり密接な関係にあるのでしょう。

現存する最古の靴は2008年にアルメニアの洞窟で発見された紀元前3500年頃の革の紐靴とされています。

靴が好きな人はホントに好きで、一人暮らしでも、玄関を見ると
「ここ、何人家族なの?」
と思うくらい靴が天井まで積み上げられてたりする人も少なくありません。

「WWD JAPAN」の秋号の特集は

LoveShoes

ファッショニスタ100人が愛した靴が紹介されてます。
「歩きを追求した靴」
「美しさを追求した靴」
「足を美しく見せるための靴」
最近ではスタッズの付いたパンプスや靴が人気で、そんなのにキックされたら!

・・・・・・クセになりそう・・・

僕はベタですが、無条件に「赤い靴」に惹かれます。
白く伸びた足の先に真っ赤な靴。
ある意味フェチですかねえ。
デザインでは56PのSergio Rossiのブーツなんて、もう!すがりたい・・・♡

ちょっとおかしな方向に進んでしまいましたが、
どうぞ、Hanaでゆっくりお茶でも飲みながら、そして、僕とミヨちゃんにキレイにしてもらいながら、ご鑑賞ください。

ちなみに、中世、欧州に水洗便所が無かった時代、
道路は糞尿にまみれていて、これを踏みつけないようにするために発明されたのが「ハイヒール」だそうです。
当時は男性も履いていたんだそうです。

「ハイヒールに踏まれたい♡」

って人は、前世は中世の「ウ○コ」だったのかも知れませんね。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2012-08-30 15:05 | hanaの本 | Comments(0)
全ての父子にフォースの導きがありますように・・・
最近「イクメン」という言葉が流行り、定着しつつあると聞きました。
「育児をするメンズ」の略称だそうです。
僕の場合は「家事をするメンズ」ですかた「カジメン」ってとこでしょうか。(笑)

女性が出産後も仕事を続ける人が多いのも、イクメンが増える要因のひとつなのかも知れませんね。
有業の女性は「主に仕事を辞めたり休んだりすることなどにより子育て時間を作る」と言ってるのに対し、
夫(男性)及び専業主婦は「主に余暇の時間を減らすことにより子育ての時間を作る」と答えているそうです。

このことから、男性は「労働時間が増え、余暇が減る」のであまり育児に関わりたがらない傾向があって、
夫(男性)の3割が、「育児は妻の仕事」と決めて、自分の生活はできるだけ変えない変えたくないと言ってるそうです。

とは言え、「おっぱいも出ない」、「母性もない」、「自分の腹も痛めてない」のナイナイづくしの男性が育児をするのはけっこう大変で、
Hanaに赤ちゃんと一緒に来てくれるお母さんの髪の毛をやらせてもらってる間、お相手をさせていただくわけだけど、ホント、大変。
いい勉強させてもらってます。

ここにひとりの「イクメン」がいます。
本来はシスの暗黒卿として銀河帝国軍を率いて「反乱同盟軍」と戦わなければいけない、とても忙しい見ながら、まだジェダイの騎士だった若かりし頃、惚れた女に生ませた子供、「ルーク」の育児をしなければいけません・・・・

a0037910_1272310.jpg


こどもは「やんちゃ」です。
僕もそうでしたが、いつも怪我をしています。
遊びに夢中なので、いつどこで怪我をしたか覚えてません。

家に帰って
「どしたの!?その傷!?」
と言われ、初めて気づいたりするものです。
それだけ子どもの集中力は高いんでしょうね。

a0037910_1272348.jpg


得てして親は子どもに自分の出来なかったことをやらせようとします。
そのハードルが高ければ、高いほど子どもにとってはプレッシャーで、たいてい横道に逸れてしまいます。

親からしてみればそれがとても価値のあることでも、子どもにとってはお駄賃で買える100円のチョコとかポケモンシールの方が嬉しかったりするもんです。
多分、自分も子供の頃そうだったのに忘れてしまっているんでしょうねえ。

a0037910_127229.jpg


こどものおねだりは終わりがありません。
特に「なんで?攻撃」はエンドレスに続きます。
これが大人だったら

「ググれカス!」

のひと言で終わるのですが、相手は子どもですから。
「考えさせる」のも大人の仕事かもしれません。

そして、どれだけ愛していようが四六時中一緒ってわけにはいきません。
時には「ひとりでいたい」時だってあります。

「ね〜遊ぼうよ〜〜」

a0037910_1272253.jpg


子育ての費用が1300万円と言われています。
塾に行かせたり、全て私立だと、その倍以上かかるそうです。

本人のためと、心を鬼にして

「べんきょうしなさい!」

「ご飯食べなさい!」

と言っても

「うるさいな〜〜!!」

「て・・・・てめえのために言ってんだろぉぉがぁああ!このやろぉぉおおお!!」


って思いは心の奥の引き出しにしまいつつ、

ママがいぃ〜〜〜!!(>o<)

の言葉にズタズタに引き裂かれながらも、
それでも愛してしまう。

そんなダースベイダーが僕は大好きです。

昨日買った本
「ダースベーダーとルーク(4才)」
全ての父子にフォースの導きがありますように・・・

a0037910_1272272.jpg

[PR]
by hairhana | 2012-08-29 23:00 | hanaの本 | Comments(0)
ガリガリさん?
a0037910_10212048.jpg


もう、こうなったら「ガリガリ君」じゃねえな。

ガリガリさん

って、なんだか「さなかクン」みたいだな。
「ショコラプレミアム」。
うん、美味しい♡
[PR]
by hairhana | 2012-08-29 10:23 | 今週のお買い物 | Comments(0)
愛されてるね♡ミヨちゃん。
a0037910_1743964.jpg


ミヨちゃんの「ギックリ背中」は今日も続きます。
お客さんに

「ミヨちゃん、なんか歩き方が「能楽師」みたいだよ。」

と言われるくらい、ソロソロ歩いてます。
跳んだり跳ねたりは出来ませんが、仕事はなんとか出来るみたいです。
ただ、しゃがんだり、背伸びしたりの上下の運動が出来ないので、トモが代わりに落ちたものを拾ったりしてます。(ほほアシスタント状態)

今朝も、ミヨちゃんの住んでる街の駅までバイクでお迎え。
スタッフの送迎付きのサロンは全国ひろしと言えど、Hanaだけかも?

今朝は毎週日曜日の「太極拳教室」の日だったので、参加者のみなさんが集まって9時から10時まで太極拳と護身術を練習しました。
もちろん、ミヨちゃんは見学。

ミヨちゃんは、今、背中を曲げることが出来ないので、靴下と靴が履けません。
なので、サンダルで出勤、そして、仕事です。
でも、サンダルで一日働いていると足がものすごく疲れるみたいです。
普段、MBT(身体にいい靴)を履いているのでその差たるや、歴然です。

そこで、太極拳の参加者のみなさんがミヨちゃんに靴下とスニーカーを履かせてくれました。
もう、まるで「お姫様状態」。

「苦しゅうない、近こう寄れ!」

的な?(笑)

ミヨちゃんはホント、愛されてますね。
多分、それは、普段から、ミヨちゃんが、お客さんをはじめ、みんなのことを大切にしてるからでしょうね。
僕も、長年美容師をやってますが、「お客さんに靴を履かせてもらう美容師」は初めて見ました。

とても幸せな光景だったので、みなさんにご紹介させていただきました。
ミヨちゃん、早く良くなるとイイネ。
つか、ちゃんと自己管理しろよ。

おしまい

(お姫様でしょ?)
a0037910_1743932.jpg

[PR]
by hairhana | 2012-08-26 18:04 | ニコニコ日記 | Comments(0)
ミヨちゃんと「背中ギックリ!!」
a0037910_1717356.jpg


朝、ミヨちゃんが出勤してきた。
いつもと様子がおかしい。

最近暑いので顔が能面を被ったように無表情で、店に入ってくるなり、トイレでに入り

「シャァ〜〜〜〜ッ!!」

と制汗スプレーの音がする
その後、スッキリした顔をして出てきて

「トモさん!チョォ〜〜〜〜!やばかったですよ〜〜!」

が「いつものパターン」なのだが、
今日は、「歩きも能」のようだった。

そろそろ・・・
と歩きドアを開けるとき

「う゛っ!!(>_<)」


と顔が歪む。

「どうした?ミヨちゃん?」

と聞くと

「ぎ・・・・ギックリ背中です・・・。」

「ぎっくり腰」と同じように「ギックリ背中」というのがあるのは初めて知った。
病名は同じ「筋筋膜痛症候群」と言うらしい。
奧さんはケロンパ。

調べると、けっこうやってる人、多いみたいです。
多くの場合が背筋と腹筋が弱くて、背中の筋膜というシート状の筋肉が損傷を起こしたりするそうです。
それだけでなく、「冷え」や「身体の疲れ」からくる「緊張」も原因の一つだと言われてるそうです。

ミヨちゃんの場合、夜、寝て、朝起きた時になってたから、後者の方ですね。
だけど、元々筋肉も無いから、なるべくしてなった系か。

夏はどうしてもシャワーで済ませることが多くて、「のんびりお風呂」ってわけにはいきません。
花火や音楽フェスやら、いろんなイベントが目白押し。
楽しんでるから、「緊張」とはまったく無縁のように思えても、いっぱい汗を掻いて、その後、クーラーのガンガン効いてる部屋で身体を冷やして、そのままベッドにダウンしちゃうと、「背中ギックリ」の一丁上がり!
てなわけで、ミヨちゃんには早々とご帰宅いただいて、明日のために、休んで貰うことにしました。

とはいえ、こんなに暑いと誰でもなる可能性大なので、みなさんも気をつけて下さいね。
もし、そうなったら、先ずは慌てないこと。

焦って、
「温めなきゃ!」
ってお風呂入ったり、
「マッサージしなきゃ!」
と揉んでみたりしたら、もう地獄へ一直線!

炎症を起こしてるので、先ずは「冷やす」こと。
そして、「固定」すること。
「骨盤ベルト」か「さらし」でいいから、おっぱいの下で巻いてギュッ!と固定しましょう。
すると大分楽になります。
骨盤ベルトのすき間に「保冷剤」を差し込むのもGood!

あまりに痛い時は迷わず病院へGo!!
後、強い「痛み止め」で痛みを誤魔化してると、痛み止めは治してるわけじゃないから、痛みが消えて普通にしてると、「ドカ〜〜ン!!」とまとめてくるから、それもNG。

痛みが治まって、よくなったら、ちゃんと腹筋、背筋つけなきゃね。
でも、学生のときみたいに「マッスル!マッスル!」てガンガンやると、今度は首や腰を痛めちゃうから、
ちゃんと「インナーマッスル」の腹筋つけた方がいいよ。

なんで、「太極拳」オススメです。
【Hanaで太極拳】→★★★
Hana太極拳教室
場所:ヘアー ハナ
毎週日曜日 朝9:00~1時間くらい。
参加費:無料
持ってくるもの:動きやすい服装(着てきてもOK。)おやつは200円まで(バナナは含みません)

・太極拳は道具も場所も必要なく、いつでもどこでも練習できます。
・身体が硬い人、車イスの人でもできます。
・鍛えにくいインナーマッスルを鍛えることができるので、柔らかくしなやかなからだになります。
・特に鍛えにくい下半身の強化ができ、ヒップアップやお腹の引き締めだけでなく、腰痛や肩こりも軽減します。
・毎回参加しなくても来られる時だけ気軽に参加して下さい。
・「じゃあついでに髪の毛切ってけよ」とか「シャンプー買ってけよ」などの勧誘は一切ありません。
・お客さんからの頂き物を「まあ、食ってけよ。」というのはときどきあります。
・手ぶらで来て下さい。無料だからって気にしないで下さい。これとは関係無く、トモは甘い物が好きです。特にあんこが大好きです。あ、これはまったく太極拳とは関係有りません。

ふるってご参加くださいね。


ミヨちゃん、早く元気になれよ!!
[PR]
by hairhana | 2012-08-24 19:15 | hanaのひとりごと | Comments(2)
フワフワ〜〜ん♡
a0037910_9534796.jpg


暑い!」

いや、「暑い」ぢゃなくて

熱い!

なんだ?「残暑」って?
残り物だろ?言うなればBBQやった後の「残りカス」みたいなもんだろ?
それにしちゃあ、熱すぎるじゃないか。

ミヨちゃんなんて、毎朝、Hanaに入って来たとき、顔がヤバイ感じになってるぞ。
夜なんて、暑くて目が覚めたりする。

こんな時は、迷わず冷たいものっ!

なわけで、夏と言えばやっぱこれでしょ。

a0037910_9534854.jpg


恵比寿ガーデンプレイスの三越の地下食料品売り場で
「日光天然水のかき氷」
ふわふわで、頭にキーン!とこない。

ちょっとお高めなプライスだけど、「越えてる食感」は、やはり納得。
Facebookで、先日紹介したとき
「28日まで!」
と言ったけど、あまりの人気で
「26日(日曜日)」までになったそうです。
それも限定、1日120杯。
こりゃ、行くしかねえ!

僕はあっさり「和三盆糖」が好き。
他にも黒蜜や抹茶、いろんな味があります。
さらに嬉しいことに、「あずき」もトッピング可能。

お店横のカウンターで食べるもいいけど、
せっかくだから、ガーデンプレイスの中庭で涼しい風を感じながら食べるのもGood!かも。

是非、Hanaの帰りに髪の毛度と頭をサッパリしてこのフワフワのかき氷を楽しんで下さいね。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2012-08-23 10:08 | グルメのお話 | Comments(0)
節電と節約?
a0037910_15122574.jpg


世の中、「節電」、「節電」となんだか流行語大賞が「節電」になりそうな勢いだけど、
去年に震災から始まり、「節電ビジネス」も加熱して未だ続いているね。

本当に電力が足りてるかどうかは、とりあえず置いといて、
そもそも
「なんのために節電してるんだろう?」
ってことを「自分なりに」考えてみる。

電気の使用量が供給量を上回る→ブラックアウト(停電)になる→病院とか、電子機器のなんかを付けてる病人に人が死んじゃうかも知れない。後、お父さんが働いてる工場とかで電気がないと仕事が出来ないからお給料が下がってお小遣いが少なくなっちゃう!→なので、節電しなくっちゃ!

と、まあこんな感じなのかなあ?
日本人はマジメで「弱者のため」って言葉に弱いから

「そりゃ大変、どげんかせんといかん!」

と頑張っていろいろ考える。
扇風機買ったり、発電機買ったり、冷たいタオル買ったり、買ったり、買ったり・・・
なんか、ちょっと前に「インフルエンザ特需」に似てない?
マスクなんて「作りゃあ売れる」って、そんでもって、テレビで「パンデミック」のドラマとかやって恐怖心煽りまくりで、みんな山のようにマスク買い漁って、
あのマスクだって、ほとんどインフルエンザウィルスなんか通りまくりで、どちらかと言うと、「自分がかかって人に移しにくくする程度」のものなのに。
そんでもって山のように在庫抱えちゃったりして。

お客さんがお母さんが入っている老人ホームに面会に行ったら、利用者のお年寄りがみんなぐったりしていたそうだ。
お母さんもベッドでグッタリしてて

「大丈夫?」

と尋ねると

「あ・・暑い・・・」

確かに暑い。窓が閉めてあるので蒸し風呂状態。
事務所に行って

「なんでエアコン点けないんですか?」

と聞くと

「節電してるんです。」

と答えが返ってきたそうです。
結局、お母さんはあまりに調子が悪いので車で病院に連れて行ってそのまま1週間入院。


僕たちは、こういう人達に使って貰うために「節電」してたんじゃないんでしょうか?
お年寄り世代はマジメです。
国が「節電してくれ」と言われると我慢します。
自分たちよりもっと弱者のために我慢します。
昨年、節電して部屋でクーラーも点けず我慢して熱中症で亡くなったお年寄りもたくさんいました。
こういう施設がやってるのは「節電」ではなく、経費の「節約」なんじゃないでしょうか?

この秋から電気料金が上がるそうです。
当然、使えば使うほど、電気料金は上がっていきます。
その分、家系は圧迫されるので、生活も苦しくなります。
なので、いろんなところで「節約」が必要になります。

老人ホームにも入れず、少ない年金で暮らしてるお年寄りもたくさんいます。
当然、電気料金が上がると生活を圧迫されます。
そうなると「我慢」するしかなくなってしまいます。

巷では
「原発止めてもやってられんじゃねえか!つか電気足りてんじゃんか!」
という声があちこちで聞こえて来ます。

結局、僕たちが1年以上かけてやってきた「節電」は様々な「節電グッズ」やキャンペーンをしてる人達のエサだったんでしょうか?

東電さん、政治家の皆さん、
「もう、電気代なんて払わねえ!」
なんて言いません。
ちゃんと払います。
だから、せめて、お年寄りの施設や、お年寄りのいる世帯の電気代だけでも安くしてあげて貰えませんか?
僕たちはまだ、我慢出来るし、しっかり働けますから。
お願いします。


a0037910_15122517.jpg

[PR]
by hairhana | 2012-08-23 08:27 | hanaのひとりごと | Comments(0)
扉が閉まる日・・・・(ToT)
a0037910_139146.jpg


広島から上京してきて、人生の半分以上を過ごしてる。
食べるのが好きなのとバイクに乗るのでいろんな街に行った。
今は亡き「地井武雄」さんに負けないくらい、裏路地とかも歩いた。
それでもまだ“行ってない街”はたくさんある。

“茗荷谷”

この街ももしかしたら一生足を踏み入れない街だったかも知れない。
一枚の“扉”を開けるまでは・・・

a0037910_1391030.jpg


代官山の“猿楽珈琲”のマスター“猿おじさん”に

「茗荷谷に美味しコーヒーを出すお店があるんですよ。」

と教えて貰った。
猿おじさん自身がこだわりのコーヒーを自家焙煎して出している。そんな人が言うのだから間違いないのだろう。

その店は丸ノ内線の茗荷谷駅から歩いて3分ほどの静かな場所にある。
一見、和食屋さんのような店構え。
でも、その店頭にある“焙煎機”から香ってくる、ロースとされたコーヒー豆の香りが
この店の名刺代わりに僕を誘う。

扉を開けると、品のいい店内。
カウンターと奥にテーブル席。

カウンターの向こうにいるマスター“扉さん”は寡黙で、一見取っつきにくそうだが、映画と珈琲をこよなく愛する
いいオヤジである。
ひとりで店を切り盛りして、どこにそんな時間があるのかわからないが、たいていの話題のロードショームービーには足を運んでいるので、映画で外したくない人は扉さんに聞いてから行くといいだろう。

a0037910_139440.jpg


このブログでも何度か紹介したんだけど、
この喫茶“扉”が8月23日(木)を持って閉店することになった。
理由は介護しているお母さんの事情によるもの。

泣いても笑ってもあと2日。
コーヒーの美味しさの“基準”とも言える扉さんのコーヒー。
是非、一度、足を運んでください。

酸味が利いた“パナマ” ¥500
苦みの利いた“グァテマラ”  ¥480

【店舗情報】
扉(とびら)
★住所:東京都文京区小日向1-26-5

紹介記事
「味の扉を開けましょう」
http://hairhana.exblog.jp/13384267/

「扉さん、早く再開してね。」

a0037910_13912100.jpg




おしまい
[PR]
by hairhana | 2012-08-21 15:44 | 大好きな人 | Comments(2)