hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
わ!!誤字ですね^^; ..
by hairhana at 17:07
×thinkinng→〇..
by 無名 at 09:53
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1277)
(1273)
(1273)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2012年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
年齢詐称の女!!
a0037910_1263116.jpg


最近、女性のみなさんはお化粧もファッションも上手で、いつまで経っても変わらず若くていらっしゃる。
食べるものやライフスタイルもそうなのかも知れませんね。
30,40の女性が、まるで子供のような明るくカワイイ笑顔でいると、もう、可愛くって、可愛くって

「高い、高ぁ〜〜い!」

とか、してあげたくなっちゃいます。
逆に元気も覇気もなく、後ろから「ドン!」と突いたら剥がれそうなくらいの厚塗りのお化粧をして、
どんより流されて生きている10代、20代の方がやたら老けて見えたりします。

なので、「若さ」と言うのは単に歳を取った「数字」ではなくて、
その人が「今」、どう生きてるかで醸し出される「表現力」のひとつなのかも知れませんね。

なので、歳を聞くとビックリ!してしまう人がいっぱいいます。
その中でも「究極」の人が、実は僕のすぐ側にいました。
それは・・・・・

「ミヨちゃんです!」

a0037910_1263198.jpg



ミヨちゃんは、Hanaに来て、もう3年が過ぎました。
あっという間ですね。
最近は指名のお客さんも付いてきて、売れっ子街道まっしぐらです。

4年目に入るミヨちゃんですが、年齢、いくつに見えますか?
「え????」
実は、ミヨちゃん、今年でなんと!




「7歳!なんです!!!」

(゜ロ゜屮)屮ヒェェ〜〜〜!!ビックリシタナァ〜モォ〜〜!

て、ことは、
学年で言うと小学2年生?
犬で言うと42歳?(犬は約6倍だそうです)
セミで言うと・・・・(-人-)ナームー

つか、Hanaに来たときはじゃあ、4歳?
て、ことは、
学年で言うと・・・・・・(`_`)ノ

嘘じゃないです、。
今日はミヨちゃんの「7回目」の誕生日!!
ミヨちゃんは「2月29日」生まれなんですね。
なので、いつもの28日はダミー。
Hanaで迎える本当の誕生日です。

Hanaに入ったばかりの頃は「ただのオネエチャン」でしたが、今は「いい女」になりました。
それまでは、友だちや年下の彼氏や後輩に囲まれ、「横の繋がり」の中にいましたが、
Hanaに来て年上のお客様やHanaを取り囲む「大人」の中で、「思いやり」や「気遣い」や「優しさ」を受けて、それを感じて「返す」、そして自ら「投げかかる」こと自然に覚えました。
今では、誰よりも気遣いの出来る「レディ」になったと思います。

こうやってミヨちゃんが成長できたのも、本当にみなさんのおかげです。
いつも、いつも、暖かく、Hanaとミヨちゃんを見守ってくれて、ありがとうございます。

そんな7歳になったばかりのステキなミヨちゃんをこれからも、よろしくお願いします。


後は、「ステキな恋人」が現れるだけだね〜〜。

a0037910_1263117.jpg

[PR]
by hairhana | 2012-02-29 12:07 | ニコニコ日記 | Comments(6)
ミヨちゃんのエネルギーチャージ!!!
a0037910_1652077.jpg


おっ!こりゃまた大きな肉まん!

ミヨちゃんの顔とどっちが大きいでしょうねえ?

恵比寿は誘惑の多い町です。
ちょっとその辺をぶらついただけで、様々な誘惑が待ってます。

夕方、ちょうどお客さんが引けてお店が空いたとと同時に、僕たちのお腹も空きました。
なので、チョロッと恵比寿三越まで行って、食品売り場にある「五十番」の肉まんを買ってきました。
お昼から、全種類1個だけオール315円!

ね、お得でしょ?

ミヨちゃんはエネルギー(食べ物)が切れると、急にテンションが下がるのでよくわかります。
そして補給(食べる)と蘇ります。

わかりやすくて、可愛いですね。

さあ、明日はお休み。今日の残りのパワーを出し切って頑張るぞ!!
[PR]
by hairhana | 2012-02-27 16:11 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
ググってみてね♡(googleMap)
a0037910_17435855.jpg


けっこ〜〜前に「googleの人」が写真を撮りに来た。

「店内を全方向で見られるように」

と写真を撮っていった。
その後、待てど暮らせどそのうような写真は上がらず、

「え?もしかして騙された?」

と思いつつも、いつのまにかそれがあったことすら忘れていて・・・・
カフェデュースEBISUの千夏さんに教えてもらってビックラこいた。
なんと!「google Map」が進化してるじゃあ〜りませんか!

それも前述の写真がアップしてあって、道路から店内に入れるようになってるし〜〜!!(ToT)
すげえ!
なんかいい!
もちろん、僕らは写ってないですけどね。
なかなかキレイに撮れてます。
是非、チェックしてやってくださいな。

googleMap http://maps.google.co.jp/から、
検索で「ヘアーハナ」で検索してみてください。(栃木の方にもあるみたいですが、もちろん、東京の方で)
左の検索結果に青字で「A,ヘアーハナ」とあるので、そこをクリックするとHanaのページになります。
おや?在りし日の「naopanさん」がいますね〜。やはり、美しい♡
そして、右側の地図のしたの店内写真をクリックすると!あ〜〜ら、不思議!

あ、ここで、みなさんにお願いがあります。
ついでと言っちゃあなんですが、その更に左下に「口コミを書く」ってのがありますから、そこになんか書いておいてもらえませんかね?
ええ、ちょっとでいいんですよ。例えば、

「イケメンオーナがステキ♡」
とか、
「トモさん♡結婚して〜〜!」
とか、
なるべく褒め称えてやってください。
ええ、こんなこと、お願いできるのは、このブログを飽きずに読んでくれてる、あなたにしか、お願いできないんですよ。
(まあ、上の2つはジョークとして、Hanaの好きなところがあったら書いてやって下さい。)
出来れば「あの飲食店口コミサイト」みたいな「操作」はしたくないんで。
よろしくお願いします。
[PR]
by hairhana | 2012-02-26 18:44 | <<Hana News>> | Comments(0)
「お風呂DE美人」になりましょう。
a0037910_11291849.jpg


あれだけ降らなかった雨がちょいちょい降ってます。
雨って嫌だけど、この時期の雨は一雨ごとに暖かくなるから、ちょっと好きかも。

それと同時に、そろそろ花粉症の症状が出てる人もけっこういるのでは?
トモも、なんだか鼻がムズムズしてしまいます。
花粉が飛んでるときの雨はまさに恵みの雨ですね。
ちょっと助かります。

とは言え、まだまだ室内ではエアコンも点けてるし、雨じゃない日は空気が乾燥していて肌が突っ張ります。
朝、髭を剃って顔を洗ってそのまま放置してると、すぐに顔がヒリヒリして突っ張ります。

先日もテレビで「お風呂上がりのケア」の特集をやっていて、
「お風呂上がりはすぐに保湿をしましょう♡」と言ってました。

でも、なぜ、お風呂に入ると肌がカサカサになるんでしょうねえ?
それはいくつかの要因があります。

ひとつは、「お風呂の水」。
「水なんだから水分補給でいいじゃない?」と思いがちですが、身体の水分と水道のお水はまったく別物です。
肌についた水が蒸発するとき、一緒に身体の水分まで一緒に蒸発させてしまいます。
よく、水を噴霧器で顔にかける人がいますが、しっとりするのは、かけたその時だけ。後はどんどん乾いていきます。

二つ目は、「シャワー」。
水道水は殺菌をする為「塩素」を含んでいます。
塩素は身体の「腎機能」を壊します。
その「塩素」の体内への侵入経路は意外と口からではなく皮膚の方が吸収率が高いそうです。
ちなみにプールや銭湯は法律で水道水の20〜40倍の塩素を使用します。
ずっとプールで泳ぎ続けていると確実に腎機能を侵されてしまうそうです。
(たまに行くくらいならいいけどね)
僕もずっと水泳選手だったので、そう思うと怖い〜〜〜。

お風呂は最初にゆっくり入った人がほとんど塩素を吸収してくれるので、2番目からの人は「安心♪」
(実際に2つのコップの水に指を浸けて、しばらくした後「トリジン塩酸塩溶液」塩素を2〜3滴たらすと指を浸けてた方のコップは無反応で浸けてない方は黄色く反応します)
なので、シャワーは毎回「新鮮な(?)」塩素を浴び続けるので一番良くないってことになります。
だから、お父さんや彼氏さんに

「キレイな一番風呂、入って来て♡」

と言って「メンズファースト」で先に入って貰いましょう。
その後、安心して塩素の無いお風呂に入ってください。
もちろん、塩素は髪の毛にも悪いので、シャンプーは出来ればお風呂のお湯で洗った方がいいでしょう。

三つ目は、「タオル」です。
お風呂に入ると「タオルでゴシゴシ」してる人、けっこう多いです。
ではなぜ、タオルでゴシゴシするんでしょう?
よく聞くのは

「ゴシゴシしないと洗った気がしない。」

が一番多い答えです。
もう一つは

「洗ってると痒くなるのでゴシゴシしちゃう。」

ですね。
では質問です。

「身体の中で一日過ごして一番汚れてるのはどこですか?」

それは「首から上」です。
他の部分は洋服で覆ってます。
手は、トイレに言ったり、外から帰ってきたりしたときなど、頻繁に洗っています。
首から上は特に女性は一日外気にさらしっぱなしです。
では、ここで、もうひとつ質問です。

「じゃあなんで、一番汚れてる顔をタオルでゴシゴシ洗わないんですか?」

ね?おかしいでしょ?
多分返ってくる答えは

「タオルでゴシゴシしたら肌が荒れるから。」

でも、顔以外の肌も同じ肌なんですよ。
トラのパンツ(よくわかりませんが)一枚の原始人とは違い、僕たちは洋服を着ています。
日常的には「どろんこ遊び」も「油の中で泳いだり」もしません。
なので、身体が汚れるということはほとんど無いんですね。
「汗をかく」とかありますが。汗は水で流れます。
「皮脂」も顔や頭ほど出ませんから。

だから「タオルでゴシゴシ」する必要は全く無いですね。
「痒くなる」のは「擦るから」です。なのでタオルでゴシゴシは悪循環です。
じゃあ、どうする?ってことになるけど。答えは簡単。

「手で優しくなでる」

です。
顔と同じで擦らずに「なでる」。これが一番です。
ちなみに、トモはもう何十年もこれでやってます。
今度着たとき触ってみて下さい。二の腕とかツルッツルですよ。

ちなみに「人の身体で一番スベスベなのはどこでしょうか?」

それは「背中」です。
一番「洗えてない」からです。

最後は「石鹸」です。
石鹸に限らず、洗剤のメカニズムは
「表面に付着した汚れを界面活性剤で水と油に分離させ、泡でくるんで水で流す。」
です。
その洗浄力が強いと身体に必要な皮膚や皮脂まで取り除いてしまいます。
身体の皮脂は肌を潤すだけでなく、外部からのばい菌を殺菌する効果もあります。
なので、皮脂を身体から奪ってしまうととても危険です。
後から保湿クリームとか塗ってもそれに殺菌作用がないと「ただしっとりするだけ」です。

そして「タオルゴシゴシ」とダブルでやると・・・
想像するだけで恐ろしいことになります。
ちなみに「顔」で試してみて下さい。
ね、怖いでしょ?
なので、石鹸を使うのは本当に「汚れてる部分」と、皮脂の分泌の激しい脇の下くらいにしましょう。
(それも手で優しくね)


お風呂DE美人


という商品があります。
ネーミングからして「いまいち感」漂う商品ですが、これ、めちゃめちゃいいです。
「SB菌」というバイオ酵素の働きで、肌から分泌される皮脂などの「汚濁有害物質」の分解浄化をしてくれます。
簡単に言うと、「死んだ皮膚や角質」を分解し「生きてる皮膚」には無反応。という優れものです。
「垢すり」などは、まだ「必要な皮膚」まで擦って落とすので、洗った後はツルツルでも、後でガサガサになっていまいます。
なので「赤ちゃんやお年寄り」がつかっても「安心」ってことです。

試しに洗面器の中にお湯を張って「お風呂DE美人」を数滴垂らして、かき混ぜて腕を入れてしばらくチャポチャポして乾かすと、あら、不思議!
肌がツルッツル!になるじゃないですか。

さらに、すごいのが浴槽内の皮脂や皮膚に影響する汚濁物質を分解浄化するので、「お風呂のヌルヌル」もなlくなります。
さらにっ!「排水口」の嫌な臭いやお湯の臭い臭いも分解消臭します。
なので、「残り湯」を台所に流すと消臭してくれます。

さらに、さらにっ!!!
洗濯で使うと汚れ落ちしやすくなります。

使い方は簡単。
ボトルのキャップを外してメモリの10ccまで出してお風呂に入れるだけ。ただそれだけ。
もちろん、アロマや入浴剤との併用も問題ない。
いいでしょ〜〜。

トモは溶かしたお湯でざっと洗って、お風呂の中でかる〜く「なでなで」するだけです。
もちろん、タオルも石鹸も使いません。
ある意味経済的です。
それで、お肌がツルッツルで、身体も臭くな〜い!
ねっ、いいでしょ?

お風呂DE美人
300ml 2625円(税込)
Hanaで好評発売中!
[PR]
by hairhana | 2012-02-25 11:15 | <<Hana News>> | Comments(4)
春を迎えるその前に・・・
a0037910_1956055.jpg


今年の冬は寒かったですね〜。
トモの家は純日本家屋の一軒家なので、廊下やトイレはまるで外!!
バイク通勤の時はもう着込みすぎてダルマ状態。

でも、ようやく、一雨ごとに春が近づいてる感じがわかります。
今日なんて日中15度くらいあって、日当たりのいいHanaのテラスはポッカポカでした。

そう言えば、去年も3月初旬、急に暖かくなって桜も咲いて、卒業式シーズンの頃には桜も散ってたような気がします。
もう春なんですね〜。

そう思うと、なんとなくダウンや冬物の重いコート着るのがちょっと考えたりしますね。
早い人は、今年の流行のパステルカラーの春物のコートやブルゾンに袖を通して、ちょっと冷たい風も我慢してオシャレしてたりするんでしょうねえ。
トモも、この春のテーマカラーは「パステルピンクとパステルブルー」と決めたので、ちょっと先取りしてオシャレさせてもらってます。

でも、冬物は冬物で大好きなんですよね〜。
重ね着はセンスを問われるし、ちょっとクラシカルなビンテージのジャケットやベストを着て、ウールのパンツとか履いてるとやっぱり楽しい♪

ウール素材の柔らかくて暖かい感じや、ツイードのちょっと重厚感があってトラディショナルな感じも好き♡
多分、この数週間であっという間に暖かくなるんでしょうねえ。
なら、冬物を押し入れにしまう前にもう一働きしてもらいましょうかねえ。

この週末は天気も崩れて来週はまた寒さが戻ってくると、天気予報で言ってたので、
来週は「ウインターファッション着納め週間」にでもしようかな〜。

みなさんのこの冬のお気に入りアイテムはなんですか?
トモは、痩せたおかげでまた復活できたウールのチェックのパンツがお気に入りです♡

春物にチェンジする前にコーディネートするのも楽しいんじゃないかなあ。
でも、ヘアは春のかおりのするカラーやふんわりパーマにしましょうね。

「今年の4月に同じ小学校で1年生になる僕の小さなお友達と一緒に。」
a0037910_1956090.jpg

[PR]
by hairhana | 2012-02-24 20:11 | hanaのひとりごと | Comments(2)
コサックなバカ野郎!
a0037910_20105569.jpg


近所の自転車屋さんに修理に行った。
パンクを直したがチューブがうまく収まらない。

そこの自転車屋さんは間口一件の小さな自転車屋さんだが、ロードレーサーなどの本格的な自転車を扱っていて、オーナーさんもとても詳しいプロフェッショナルな人で僕は尊敬している。

僕がたどり着くと先客が一組。
20代中頃くらいのミヨちゃんの言葉を借りていわせてもらうと「雰囲気イケメン」が二人。
安物のママチャリを直しに持ってきていた。

どうやら自転車のスポーク(タイヤの内側の骨組みみたいなあれね)がなんかの拍子に折れたみたいだった。
オーナーさんは

「このまま乗ってたら、確実に全部折れちゃいますけど、どうしますか?」

と説明していた。
そして、次の瞬間、僕は目を疑うような光景を目の当たりにしてしまった。

二人とも寒いせいか、腕を組んで立っていた。
ひとりの方が腕を組んだまま足を伸ばし、

「ここ、直したらいくらですか?」

と言い出した。

はあ?

こいつは、何者なんだ?
客とは言え、年上の自転車屋さんをそれも、オーナーさんはしゃがんで自転車を見ているのに。
立ったまま上から「足」で、指さし、もとい、足の指さし、「ここ・・」とはなんだ?

自分が次の番で、自転車屋さんと親しくなかったらぶち切れてるところだった。
さらに、そのバカが続ける。

「でも、これ〜(足差し)、なしじゃダメですか〜?」

『おまえら、コサックダンスやってるロシア人か?それともカポエラ使いか?足で指すな、足でっ!』

自分の自転車の修理を頼み、30分くらい経って自転車屋さんに行った。
バカ二人は帰っていた。
先ほどのことを話したら、

「今の若い人はみんなそうなんでしょうかねえ?人にものを頼むとき、ちゃんとしゃべれないのばっかりですよ〜親の躾ですかね〜?もう、どっちでもいいから早く帰ってくれって感じでしたよ。」

職場でそうとう先輩や上司に横柄な態度をとられているのか?
親と出かけるとき、親が店員に横柄な態度をとっているの?
はたまた、ただのバカ野郎か?

たぶん、一番最後だと思う。
やれやれ
[PR]
by hairhana | 2012-02-22 20:36 | hanaのひとりごと | Comments(0)
その後の、怪しい名刺にご用心!
先のエントリー、「怪しい名刺にご用心」http://hairhana.exblog.jp/14694729/の話しをSoftBank関係のお客さんに話したところ、

wi-fiルーターを設置するだけで5000円もらえるという仕事があるそうだ。
新しく設置しても、交換しても、自分が設置する契約を取るだけで「インセンティブとして「5000円
」が手に入るということ。
なので、詐欺とかではないのだろうが、

先日、勧められたルーターは一世代前のもので、Hanaにあるのは最新のものなので、帰る必要はないとのこと。
むしろ、『古くなる』。
しかし、その彼にとっては『替える』のが目的なので、wi-fiは新しいものに、wi-fiは古いものにというのが手口なようだ。

現在、ものすごい勢いでスマートフォンが普及している。
docomoやauでも連日、サーバーがダウンしたりしている。
SoftBankもすごい勢いでサーバーを増やしている状況らしい。

そういった中での小さなインセンティブを得る為にこういったおかしい事が起こってしまう。
誰かが設置し、誰かが交換し、また誰かが交換するという、まるで負のスパイラルのような状態が起きてしまう。
そんな中に巻き込まれるのはごめんだ。

やはり、みなさん、気をつけた方がいいかも知れません。
「怪しい!」と思ったら、先ず、
・名刺の提示を求める。
・その場で確認をする。

一番いいのは
「必要有りませんので」
と断ることかな。
[PR]
by hairhana | 2012-02-18 18:04 | hanaのひとりごと | Comments(0)
本命が1個でいい・・・
a0037910_20352176.jpg


小学5年生の男の子がカットしに来ました。
彼はとてもイケメンくんで、多分、学年でも「モテる」 方だと思います。
どちらかというと科目で冷静沈着な「ヒーロー戦隊」でいうと「ブルー」のタイプ。

「バレンタインチョコもらった〜?」

と尋ねると

「6個・・・。」

と返ってきた。

「いいな〜モテて。」

そう言うと彼は

「よくないよ〜。全部"友チョコ"だもん。」

そうか〜今は"義理チョコ"って言わないんだね。ふんふん、そうか、そうか。

「なに、で、本命の子からは貰えなかったの?」

「いや、いないから。」

「え?好きな子いないの?もったいない。クラスの中で誰かいるでしょ?」

「え?いない。だって顔も性格もブスだし・・・」

「え〜?だってひとりくらいいるっしょ?」

「だって"自分のことしか考えてない"から。」

するどい観察眼。こんなセリフ、子供の僕には言えなかったな〜。

「手作りのチョコとかもらったんだけど、なんか食べたら○○○悪くなっちゃって〜、男友達に分けてあげたら、僕の家で「○○ちゃって〜」もう、さんざんな目にあって、でも、そのケーキくれた子に

『ちゃんとあげたんだから"ゴディバ返してね〜"』

と言われたそうだ。
"ちゃんとあげた"の"ちゃんと"は何が"ちゃんと"なんんだろう?
「ゴディバ返してね〜」の"返す"って、彼女が渡したチョコはゴディバ、もしくはそれ相応のチョコだったのか?

う〜ん・・・子供の世界も奥が深いっ!

最後にその子が返る真際、
「友チョコなくてもいいから、本命チョコがいい・・・・」
とつぶやいてた。
[PR]
by hairhana | 2012-02-17 21:46 | hanaのひとりごと | Comments(0)
本命が1個でいい・・・
a0037910_20352176.jpg


小学5年生の男の子がカットしに来ました。
彼はとてもイケメンくんで、多分、学年でも「モテる」 方だと思います。
どちらかというと科目で冷静沈着な「ヒーロー戦隊」でいうと「ブルー」のタイプ。

「バレンタインチョコもらった〜?」

と尋ねると

「6個・・・。」

と返ってきた。

「いいな〜モテて。」

そう言うと彼は

「よくないよ〜。全部"友チョコ"だもん。」

そうか〜今は"義理チョコ"って言わないんだね。ふんふん、そうか、そうか。

「なに、で、本命の子からは貰えなかったの?」

「いや、いないから。」

「え?好きな子いないの?もったいない。クラスの中で誰かいるでしょ?」

「え?いない。だって顔も性格もブスだし・・・」

「え〜?だってひとりくらいいるっしょ?」

「だって"自分のことしか考えてない"から。」

するどい観察眼。こんなセリフ、子供の僕には言えなかったな〜。

「手作りのチョコとかもらったんだけど、なんか食べたら○○○悪くなっちゃって〜、男友達に分けてあげたら、僕の家で「○○ちゃって〜」もう、さんざんな目にあって、でも、そのケーキくれた子に

『ちゃんとあげたんだから"ゴディバ返してね〜"』

と言われたそうだ。
"ちゃんとあげた"の"ちゃんと"は何が"ちゃんと"なんんだろう?
「ゴディバ返してね〜」の"返す"って、彼女が渡したチョコはゴディバ、もしくはそれ相応のチョコだったのか?

う〜ん・・・子供の世界も奥が深いっ!

最後にその子が返る真際、
「友チョコなくてもいいから、本命チョコがいい・・・・」
とつぶやいてた。

 小学生でも愛だな、愛♡
[PR]
by hairhana | 2012-02-17 21:46 | hanaのひとりごと | Comments(0)
ガンバレ!独眼竜!
a0037910_9425354.jpg


僕にとって日本の総理大臣が交代するよりショッキングなニュースが耳にいや、目に飛び込んできた。
もちろん、黒木メイサが赤西仁と結婚するよりつか、比べものにならないくらいビックリした。

Hanaに来てくれてるみなさんなら当たり前のようにご存じの通り、
Hanaのお隣には「ToshiYoroizuka」というケーキ屋さんがあります。

パーマやカラーの待ち時間、
終わって一息つきたいとき、
もちろん、Hanaに遊びに来て、お茶して帰る人も、
この小さなお隣のケーキ屋さんのケーキを食べることが出来ます。(もちろん自腹でね)

そのToshiYoroizukaのパテシエの鎧塚敏彦さん(トシさん)は
今では女優さんと結婚して、テレビにも出て、東京ミッドタウンに出店し、八幡山にアトリエを開き、小田原市と共同で「一夜城」という有機野菜と料理とデザートのコラボを実現し、遙か彼方のエクアドルに9000坪のカカオ農園まで作っちゃった人です。

今や、その存在をねたむ人もいるくらい有名になったトシさんですが、
Hanaの隣にオープンした当初は現在70人以上いるスタッフもわずか6人。
毎晩遅くまでケーキを作ってらっしゃいました。
当時は忙しい時間を塗って一緒に食事に行ったり、カラオケに行ったりしてくれました。

友人達と恵比寿にあったカラオケ屋にお誘いしたところ、気軽に
「いかせていただきます!」
と答え、仕事途中にコックコートを上下黒のレザーのパンツとシャツ、そしてサングラスの出で立ちで登場!

「すいません!まだ、終わらなくて、すぐ、戻らなくちゃいけないんですよぉ〜〜(ToT)」

とひと言わびを入れ「ファンキーモンキーベイビー」を1曲熱唱して、またお店に帰っていきました。
なんと、律儀でスタイリッシュな人なんだろう。
歌い終わって一礼して出て行った後、そこにいたみんなが伝説をy見たような気がした。

他にも、僕も忙しくて遅くなって夜の12時過ぎにHanaを出たとき、
当時トシさんはまだ独身でお店の裏のマンションに住んでらっしゃって、徒歩で言うとわずか数秒。
Hanaを出てトシさんの店が気になって覗いてみると、ロールカーテンは降りているも、店内は電気が煌々と点いている。

「まだ作ってんだ〜。頑張るな〜」

と思い、ふと厨房の方を見ると、足の裏が見えて、どう見ても立って仕事をしている角度ではなく、不自然な見え方をしていた。
とっさに、「倒れてるのか!?」と思い、ドアを開け中に入ると、
そこにはコックコートを着たまま床に敷いた段ボールの上で寝ているトシさんがいた。

当時、僕もお店の隣のマンションに住んでいて、それこそドアトゥドアで20秒くらいなのに、疲れてお店のソファー(あれ、気持ちいいんですよね)で何度も寝落ちしたので、その気持ち、よく解ります。
風邪を引いたらいけないのでHanaに戻ってブランケットを持ってきてかけてあげたのを昨日のように覚えています。

プライベートでも、トシさんのバースデーパーティーをHanaでやったり、
Hanaの店先でやったBBQパーティーに来て貰ったり、
もちろん、僕の結婚式のケーキはトシさんにお願いして、シェアはトシさん自らやってくれました。

彼の成功にはこうしたマネできない努力と苦労がちゃんと下積みになっているんですね。
なので、「運がいい」とか「女優と結婚したから」とか「テレビに出てるから」は結果であり、原因ではないと僕は思ってます。

奥様も素敵な方で、一見イメージが「ワガママお嬢様」のように見られがちですが、あれは「スタイル」で、実際に何度かお会いしたり、結婚式の時にお話しさせて頂きましたが、
トシさん同様、とても律儀で誰彼とも無く分け隔て無く大切にされる方で、どこか「男らしい」女性です。
もちろん、あの美しさは言葉ではいい表せない程です。
本人に聞いたわけではないですが、多分、トシさんは「奧さん」として彼女を選んだのではなく、人生の「パートナー」として彼女と生きていくことを選んだのではないでしょうか。

最近は家も引っ越し、拠点がミッドタウンになったせいもあってなかなかお会いする機会も少なくなりましたが、
時折、恵比寿に来たときに挨拶して、忙しく歩き回られているのをお見かけします。
僕が中々リアルタイムにテレビを観ることが無いので、出演されている番組を見ることがないので、
時折、新作のケーキを頂きながら、トシさんのスピリッツを感じていました。

(恵比寿にいたころのトシさん。プーさんをこよなく愛する男)
a0037910_11363584.jpg


そんなトシさんが、最近、どうやら「眼帯」をかけているという話しを聞きました。
ケーキは「飾る」という技術があるからとても手先の細かい作業でデザートを仕上げるときに集中力が必要なはずです。
ミッドタウンのカウンターはそのラグジュアリーな雰囲気から少し暗めになっています。
お世辞にも「目にいい環境」とは言えないでしょう。
それに加えてあのハードワークですから、常人以上に視力も使うのではないでしょうか。

そう思っていると、トシさんのホームページにショッキングな内容が書いてありました。
それは、トシさん自身がお客様を始め多くの彼を支えてくれてる人達へのメッセージでもありました。

タイトルは「御心配頂きありがとうございます!
とありました。
そこにはまるで海賊のようなかっこいい眼帯をしてタオルを頭に巻き、農作業姿で笑っているトシさんがいました。
その文章の中には、ToshiYoroizukaは清潔感をモットーにしているため、従業員にはアクセサリーや香水はもちろんのこと、髪型やお化粧にいたるまで細かく決めているのに、そんな自分が眼帯をするのをどうか許して欲しい。とのこと。

その眼帯はファッションではなく、原因不明の目の病気にかかり、(もちろん感染はしません)目が充血してしまうとのこと。
そして、去年3度手術をするも未だ視力が回復しないとのこと。

不謹慎かとは思いながら、僕は今朝、朝食を作る時、片目をつぶってやってみました。
自分が想像する以上に大変で、遠近感だけかと思いきや、視野も狭くなるので、いつも以上に身体を動かさないと調味料を探すのも一苦労でした。
片目だけで焦点を合わせることがこんなにストレスだとは思いませんでした。
出来た料理を食べるときも、とても不自由に感じました。

生活の中でこれですから、仕事となるとさらに大変なことでしょう。
もし、僕がそうだったとしたら、ちゃんとカットとかできるのかなあ?

トシさんの報告にもありましたが、一度は「引退」も考えたが、献身的に支えてくれる奥様を始め、スタッフや、周りの方のおかげで続ける決心をされたそうです。
ちなみにもう片方の目は視力は1.5あるそうです。

トシさんはこうも書いていました。
「片目になって視野が狭くなったかも知れませんがその分、心の視野は広がったような気が致します。一時はお菓子のデコレーションも細かい所が上手くいかず引退も考えましたがそれを救ってくれたのはスタッフのみんなです。私を信じて懸命に働いてくれているスタッフを置き去りにして引退なんて出来ません。」

僕はトシさんに限らず、一途に技術と向き合う職人は何物にも代え難い「宝」だと思います。
今は、インターネットやデジタル化のおかげで「すごい!」ことがクリックひとつで出来て巨万の富を生んで行きますが、ひとつ、ひとつ手間と愛情をかけて、今の世の中では非効率のように思われてしまいそうな職人の仕事ですが、「コピー&ペースト」では作ることの出来ない感動が生まれると信じています。

僕の中のトシさんは今でもあの厨房の中で寝ていたあの時のままの人です。
真面目で律儀で前向きなケーキ屋のおっさんです。
トシさんは「失明」という言葉を使っていません。
それは周りを支えてくれる人達がまだ治ると信じている限りそう続くのだと思います。
僕も同じように、そう信じています。

トシさんのメッセージの最後にとても力強く逆に僕たちが元気になるような言葉がありました。

「多くのToshi Yoroizukaのお客様、ご安心下さい。味覚はますます健在であります。独眼竜パティシエは益々、より良き菓子作りに向かって邁進したします! 」

トシさん!がんばれ!

Chef`s Story
御心配頂きありがとうございます!
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/story/story02/42.html

a0037910_11333837.jpg

[PR]
by hairhana | 2012-02-16 11:40 | hanaのひとりごと | Comments(0)