hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
わ!!誤字ですね^^; ..
by hairhana at 17:07
×thinkinng→〇..
by 無名 at 09:53
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1287)
(1283)
(1283)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2009年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
フケ♪いやいやぁ〜〜ん♪
a0037910_12574786.jpg


寒くなりましたね。
空気も乾燥していて吹く風が痛いくらい冷たい。
ああ・・懐も寒い・・・。なんちって。

デフレや不景気にも頭を悩まされるけど、この時期、頭を悩ませるのは「フケ」。
特に黒を多く着るこの時期、フケは目立ちます。
フケの多くの原因は「真菌」や「カビ「」です。

本来頭皮には「皮脂」と呼ばれる殺菌作用のある分泌物が出ます。
それが頭皮を弱酸性に保っていてくれていて、真菌やカビなどの雑菌の繁殖を抑えてくれます。
その皮脂がシャンプーに入ってる界面活性剤が中和をしてしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
ちなみに、頭皮の臭い匂いはその雑菌が死んで酸化したことによって出るものです。

俗に言う「フケ症」の人はフケを洗い流したいがためにより洗浄力の強いシャンプーを頻繁にしてしまうとさらに逆効果でフケを増やしてしまいます。

フケは大きく分けて「2種類」あります。

「乾性フケ」
特にこの時期に多く、皮脂を取ってしまい、頭皮が乾燥して表皮が剥がれてフケになるものです。

「脂性フケ」
「シャンプーの洗い残し」「睡眠不足」「食事バランス」「ホルモンバランス」「ストレス」などで頭皮にトラブルが起こり、逆に皮脂が出すぎてしまって角質層が剥がれ落ちてしまう。
結果、それがフケになってしまいます。
そして、それを無理矢理取ろうとして洗いすぎると乾性フケになってしまいます。

【対処方法】

多くの人が市販の「フケ取りシャンプー」(以後「市販品」)を使う場合が多いが正直あまりおすすめできません。
市販品は先ず、強い洗浄力でフケを洗い落として「ジンクピリチオン」などの「フケを抑えることが出来る薬」で文字通り「フケを抑え」ます。
ですから、使用を止めると抑えていたフケが一気に出てきます。
当然、フケをはぎ取るくらいですから髪の毛にもいいわけがありません。

「乾燥フケの場合」
頭皮の乾燥が一番の原因なので、
1,シャンプーを優しいものに変える
  これがいちばん大切だと思います。
2,シャンプーを2日に1回にする(1日はお湯ですすぐだけ)
 冬場は特に汚れにくいのでそうして上げることで皮脂が出るのを待ちます。
3,スキャルプトリートメント(シャンプーで落ちない頭皮の汚れを取り除いて頭皮に栄養を与える)をする。
 マイクロスコープで観ると頭皮や毛穴の汚れがキレイに落ちているのが解ります。
4,頭皮にミネラルを補給する。
 ミネラル不足は抜け毛や細毛の原因になります。でも、食事やサプリメントではなかなか採れないので直接頭皮に補給するといい。
5,馬油を使う。
 馬油は人間の皮脂と同じように殺菌作用があります。
 また、口に入っても平気なくらい、安全です。

「脂性のフケ」
1,低刺激のシャンプーに変える。
 洗浄力が強いとかえってベタつく。毎日洗うので刺激があるとかえってフケの原因になる。
2,睡眠をしっかり取る。
3,規則正しい生活を送る。
4,スキャルプトリートメントをする。
 余分な皮脂の分泌で詰まった毛穴をキレイにする。
5,シャンプーのすすぎをしっかりする。

悩む前にすぐ行動!
もうすぐ12月。
コートの肩にフケのホワイトクリスマスなんていただけないね。


a0037910_15464169.jpg


【Hanaの頭皮改善ラインナップ!!】
(右から)

1,馬油 (2100円)
・殺菌作用、抗菌作用。
・保湿、血行促進
★頭皮にすり込むと殺菌と血行促進効果があります。

2,エッセンスV (4200円)
・ミネラル分補給
・頭皮に潤い補給
・毛髪にハリとコシとツヤを与えます。
・抜け毛予防。
★朝晩頭皮に吹き付けて軽くマッサージを続けると髪の毛が変わります。

3,イオニートエッセンスVシャンプーモイスト(大¥4830小2940)
・クリームのようなきめ細かい泡立ちで頭皮を優しく洗います。
・20種類以上のミネラル分が毛母細胞を活性化し頭皮を正常に戻します。
・洗いながらトリートメントします。
★毎日使っても安全なシャンプーです。泡立てたら3分間そのままにするとトリートメント効果がさらに増します。

4,ALGスーパーマッドシャンプー(¥2100)
・複合アミノ酸系弱酸性シャンプー:ミネラルいっぱいの泥成分が毛穴の 汚れを吸着・除去し、健やかな地肌と美しい髪を育む、スキャルプ&ヘ アケアのシャンプーです
・髪の毛にハリコシが出ます。
[PR]
by hairhana | 2009-11-30 15:47 | ヘアのお話 | Comments(0)
したたかな男、その名はスーさん 〜今度はラーメン屋〜
a0037910_10174269.jpg


巧妙だ、実に巧妙だ。
昨日のエントリーでは「ヤマニ食品」(スーさんの名字はヤマキ)。
棒線ひとつで姿を変えている。

今回はテントの「ラーメン」の横棒を切り取ることによってなんの店かはぐらかしている。
多分、まわりに

「すーさん、ラーメン屋やってる?」

と問いただされてもしらを切るつもりなんだろう。
でも、スーさん、下ののれんにばっちり「ラーメン」と書いてあるよ。
そんなおおざっぱなところ、さすがO型。

これは、築地で働くお客さんのもえちゃんが

「ともさん!すごいの見つけた!スーさんたら・・・・」

と送ってくれたモノ。
スーさんの副業はまだまだ氷山の一角なのかも知れない。
いつも、コンビニ弁当を美味しそうに食べるスーさん。
もしかしたら、これもカモフラージュの演技なのかも!

みなさん、街で「スーさんビジネス」を見かけたらご一報下さいね。

【店舗情報】
ラーメンすーさん
TEL:0288-77-0502
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1395
http://r.tabelog.com/tochigi/A0903/A090303/9003655/dtlmap/

鬼怒川温泉のライン下りの乗船場の前。
田舎なのにちゃんとビジネススポットを計算に入れてる。さすが!スーさん。

a0037910_1072613.jpg

[PR]
by hairhana | 2009-11-28 10:08 | オススメ | Comments(2)
発覚!スーさんの副業!!
a0037910_362235.jpg


スーさんがHanaに来てくれて早、3年目。
カットレッスンもいよいよ佳境。
富士山で言うと8合目。
元々、デザインセンスがいいのと器用なのでモデルさんもみんな喜んで帰って行きます。

営業では子供のカットはスーさんに全部お任せ。
スーパーヤングのハート♡をガッチリキャッチ!

優しくて、物腰が柔らかくて誠実なスーさん。
一見、草食系男子と見せかけときながら隙間から覗く肉食獣の牙!キラァ〜〜ン!♪

しかし、みんなが知ってるスーさんの顔はほんの一部でしかない。
スーさんには僕たちが知らない「裏の顔」があるんだよ。
そう、「ビジネス王」としての裏の顔が・・・

以前、「スーさんの独立」でも紹介したが、スーさんはいろんなところでビジネスを展開している。
どうやら飲食関係が好きみたいだ。
前回、発覚したのは居酒屋。
今回は食品製造業。

発覚のきっかけは、毎週日曜日の太極拳教室にも来てくれる「Cafe Douce Ebis(カフェ・デュース・エビス)」の鹿内さんが、手土産を持ってきてくれたことで発覚した。

手渡された袋の中には「スーさんキムチ」と書いてあった。
会社も巧妙にカモフラージュされている。
スーさんの名字は「八巻(ヤマキ)」。
会社は「ヤマニ食品」。「\」が無いだけ。
スーさんの実家は埼玉県の朝霞。
製造元は同じく埼玉。

まさか、こんな身近な人が手にするとはスーさんにとって大誤算だっただろう。
動かぬ証拠を突きつけられて動揺するスーさん。
開き直ってみんなでいただきま〜〜す!

モグモグモグ♪

けっこう美味しい。
休日に「地元に帰ってました!」って言ってたとき、実は、キムチを漬け込みにいってたんだね。スーさん。
不景気なご時世。財布はたくさん持ってなきゃね。
今度おごれよ、スーさん。

もし、スーパーや食料品店で見かけたら、是非、ご試食下さいね。

a0037910_363172.jpg

[PR]
by hairhana | 2009-11-27 03:31 | オススメ | Comments(7)
Hanaのクリスマス
a0037910_11214259.jpg


クリスマスまでもう1ヶ月を切ったね。

子供の頃は本気でサンタクロースの存在を信じてたよ。
大っきなオモチャが欲しくてベッドサイドに吊しておいた靴下をこれでもかくらいに伸ばした思い出がある。

a0037910_11215068.jpg


「今年こそはサンタの顔をみてやろう!」

そう思って夜、寝たふりをして起きてたことがある。
電気を消して目を閉じると3カウントで落ちてしまうのはこの歳になった今でも変わらない。

a0037910_1122112.jpg


でも、朝起きたら枕元にプレゼントがある。
大きくなって親に聞いたら、明け方置いたらしい。
親の作戦勝ち。

a0037910_1122826.jpg


以前、つき合っていた女性に

「クリスマスプレゼントはヴィトンの小銭入れがいい!」

とねだられ、ふたつ返事で断って険悪になったことがある。

「その代わり、私はトモさんにグッチのキーケースを買ってあげる」

と言われ、未だにグッチが似合わない自分なりにコンセンサスを取るつもりで代替え案に

「じゃあ、小銭入れとキーケースの差額を僕が払うからそれで残りを自分で出して小銭入れを買いなよ、それでいいだろ?」

と自分ではかなりの名案で「被害」を最小限に抑えたつもりが、さらなる怒りを買って焦土と化した。
僕はその時、プレゼントの「もらう喜び」と「あげる喜び」のことを真剣に考えた。

a0037910_11221698.jpg


「これが欲しい!」

と言って買ってもらうプレゼントならそれを手に入れるお金がある人なら恋人じゃなくても誰でも買うことが出来る。
でも、いつも側にいて相手の好み、状況、ライフスタイルを観ているからこそ買えるものもある。

つい最近、「財布が壊れそう」とつぶやいていた言葉を忘れず覚えていたり、
本当は使ってみたいんだけど、もったいないからと、スーパーで買っていたシャンプーをHanaで使ってるラカスタプロフェッショナルのアロマシャンプーをプレゼントにしたり、
「あ〜・・ゆっくりお風呂に入りたぁ〜〜い・・」
って言葉を覚えておいて、週末、仕事が終わった後待ち合わせして西伊豆の温泉旅行のプレゼントだったり。

「自分だけにしかできないサプライズ」ってステキじゃないか?
驚いて喜んでくれる顔を見る喜び。
プレゼントする側の喜びもある方がHappyじゃない?

「これ欲しい」
って買ってくるのはプレゼントじゃなくて「お使い」だもんね。

a0037910_11222229.jpg


「今、なにがしたい?」

って聞かれてパッと答えられる?

先日大学生の子と話したんだけど、「やりたいことが見つからない」って言ってたよ。
意外とそういう人は多いみたいだ。
「やりたいことのない人生」なんて消化試合みたいだ。
それならせめて「欲しい物」も手に入れるために頑張ってみたらどうだろうか。

日々の我慢も、退屈な仕事も、「欲しい物」を手に入れるためと思えば笑顔になれるでしょ。
それが生きるためのモチベーションになると思うんだよ。

そして、それを手に入れたときの達成感と感動はお金を払うだけじゃ味わえないよ。
それを
「クリスマスだから買って!」
のひと言で終わらせるのはなんとももったいないと思わない?

だから「自分が欲しい物は自分で買おうよ。」

a0037910_11223076.jpg


「クリスマスにひとりなんて寂しい!」

だからって「とりあえず」恋人を作ったからと言って幸せになれるのかなあ?
そもそも「恋」してんの?

銀座の和光の前で7時に待ち合わせて、
あらかじめ予約しておいたレストランに入って、
あらかじめ作ってあった料理を食べて、
あらかじめ頼んでおいたプレゼントをもらって、

「ここ、半年前以上に予約入れないと予約取れない店なんだよ〜。」

「へぇ〜!すごぉ〜〜い!○○くん!♡」

と11月からつきあい始めた彼女が言う。
とりあえず、3月14日の「バレンタイン回収デー」まで頑張るか。

a0037910_11223931.jpg


Hanaの中にある「小さなクリスマス」。
あなたは何個見つけられますか?
[PR]
by hairhana | 2009-11-26 14:04 | <<Hana News>> | Comments(2)
さあ!いよいよ、これからだ!♪〜This is it〜
a0037910_355468.jpg


遅ればせながらマイケル・ジャクソンの「This is it」を観てきた。
場所は新宿ピカデリー。

いやぁ〜すごいね。今の映画館は。
昔、高校生だった頃、授業をサボって通ってた映画館は席も狭くて床からこぼしたジュースの臭いがしてた。
それがシートは広くてフカフカ♪
ドリンクホルダーとかもあって超快適。さらにサラウンド。
やっぱ、映画は映画館で観るべきだね。

エンドロールを最期まで観た映画はこれが初めてだった。
それほど「余韻を楽しみたい映画」でした。

僕がマイケル本人に会ったのは1988年、東京ドームだった。
当時、ドームに知り合いがいてアリーナの前から6列目という恐ろしくいい席で観ることが出来た。
周りには関係者も多く、すぐ隣の席でサザンオールスターズの桑田佳祐がマイケルの曲に合わせてシャウトしていたが、普通だと桑田さんを観て「おお!」となるところが、誰しも目がマイケルに釘付けになってしまっていた。
すごいね、マイケル。

映像の中のマイケルはアーティストというよりプロフェッショナルだった。
「自分がこう演じたい」というよりは「観客の目を通してこう映るんだ」という視点を常に忘れていなかった。
自分の気分で引っ込んだり、アンコールを中止したりするアーティスト気取りのミュージシャンとはステージが違うね。

監督・振り付けのケニー・オルテガが途中、映像からステージへの切り替わりのキューを出すところで、マイケルが歌い出さなかった時に
「僕は映像が切り替わったときにキューだと言ったはずだけど・・」
と言ったシーンでマイケルは
「キューは僕が出すよ。」
そしてオルテガが
「でも、君は背を向けていて映像が見えないだろ?」
と聞くと
「僕にはわかるんだよ」
と言い切れる彼の言葉はある一線を越えた人にしか言えない台詞だね。

映像はコンサートのシーンをリハーサルからメイキングまで上手に組み合わせてまるでライブをそのまま観ているようだった。
世界から一流のアーティスト、一流のダンサーを集めて作られた舞台はまるで宝石箱みたい。

これはマイケルのプライベートフィルムでもし存命なら決して目にすることの出来ない映像だった。
悲しきかな彼が天国に行ったおかげでこうして観ることができる。

映画の中のマイケルは紳士で彼の音楽やステージが素晴らしい「意味」が凝縮されていた。
それはまるで一流の料理人が作った料理のようで、
「肉は神戸牛、マグロは大間、黒豆は丹波、旬のキノコは・・・」
と、実はこんなすごいもんだったんだね。とその素晴らしさを裏付けるものだった。
これだけの材料が揃ってるんだから楽しくないはずがないよね。

そしてなによりもマイケル本人が一流ダンサーの中で見劣りしないどころか存在感溢れるパフォーマンスを披露する。
あるホテル関係者から聞いた話だが、以前、彼が公演で来日したとき、
ホテルの部屋のクリーニングを頼まれて行ってみると広い部屋一面にトレーニングによる彼の汗が飛び散っていたという。

「キング オブ ポップ」

これが彼に付けられた称号だが、
後方で大きな台座にふんぞり返っているキングではなく、誰よりも先に矢面に立って戦うまさに頂点に立つべくして立てるキングなんだと改めて感じました。

この映画を観た人はそれぞれの思いを抱いて家路についたと思うけど
僕を含め誰もがこの映画を観て「よし!これから頑張ろう!」って希望を胸に抱いたと思う。

かく言う僕も、もし自分の人生がこうして映像になっても、恥じることなく胸を張っていられるような生き方をしたいと思った。
そして、いつも来てくれるお客さん、そしてスタッフのことを考え最高の技術をそしてサービスをパフォーマンスしたいと思いました。

マイケル、ありがとう、そして、安らかに眠って下さい。

僕はこの歌が好きだな〜


[PR]
by hairhana | 2009-11-25 04:04 | hanaの映画 | Comments(2)
甘え上手になろうじゃないか
a0037910_10543651.jpg


「甘え上手」というからには「甘える」という行為はテクニックなのかもしれない。

例えば晩ご飯の用意をしていて手が離せない状況。
「あ、調味料が足りない!でも、買いに行けない!」
使えるカードは唯一、目の前でビール片手にテレビを観ている旦那(彼氏)のみ。

「ねえ、私、今手が離せないから、テレビ観てる暇があるならちょっとコンビニ行って調味料買ってきてよ〜」

はい、撃沈です。帰ってくる言葉は
「え〜〜・・疲れてんだよ〜、だったら、他のでいいよ〜〜・・。」
に限りなく近い言葉か、よしんば行ってくれたとしても心の中でそうつぶやいています。

ケンカなんて、そんな些細なところから始まります。
原因はそう「調味料が足りない」ただそれだけ。
日頃、そんな不満が溜まっていた場合は別れにまで発展するケースも少なくありません。
たかだか調味料にそれまで築き上げてきた関係とこれからの未来を壊されないためにも、ここはひとつ「甘え上手」になってみようじゃありませんか。

以前のエントリー「男性の行動原理〜簡単なもんです、男って〜」でも紹介したように「マズローの五段階欲求」の中に「社会的欲求(帰属欲求)」と「自我欲求」というのがあります。
要するに「誰かに必要とされてそれでいて誉められたい!」ってやつです。
(詳しくは以前のエントリーを参考にして下さい)

だから正解はこうです。
「ごめんね〜テレビ観てるとこ、調味料切らしちゃって〜、すぐそこのコンビニに買いに行ってきたいんだけど、火を止めちゃうと美味しくなくなっちゃうのぉ〜。あ、でも、外寒いから風邪引いちゃいけないから、やっぱり私行ってくるね!」

そう言われようものなら男だったら地球の果てまで行ってきますよ。
ノルウェーで鮭でも買ってきましょうか?

まあ、そこでテレビから目を離さずに
「行ってらっしゃい」
というような男だったら鍋をそのままにして家を出る支度をしましょう。

え?そこまでやらなきゃいけないのは面倒だって?
「テクニック」とは面倒なもんなんですよ。

Hanaではいろんなサービスをします。
例えばお客さんが「カット」、そう「髪の毛を切る」のが目的で来てくれます。
お店に入って来たとき、雨なら先ずタオルをお渡ししてその間に預かったバッグを拭きます。

季節に合わせてお茶を出します。温かいお茶も最初飲みやすいように少し冷めたお茶を出しています。
足が楽なようにスリッパを用意し、疲れないようにフットレストも用意します。
シャンプーも丁寧にマッサージしながらアロマのシャンプーで洗い、最期ホカホカのホットタオルを首に当ててアロマオイルで香りを楽しんでもらってます。

さらに、首、肩、背中、腰のマッサージを念入りにします。
ドリンクも温冷合わせて5種類以上用意しています。
さらに、お隣のカリスマパテシエトシヨロイヅカのケーキが食べられたり、テラスが利用できたり、上げるともっともっとあります。

僕たちはそれらを「面倒だ」なんて一度も思ったことはありません。
むしろそれらで喜んでくれることに喜びを感じます。
それは仕事であり、お金が貰えるからじゃなくてそうすることで僕たちの「社会的欲求(帰属欲求)」と「自我欲求」を満たしているのかもしれません。

でも、その「面倒」をするからこそ、Hanaを訪れてくれるみなさんは駅から遠い道のりを歩いてきてくれたりしてくれます。
だから、面倒だけど言い方を変えるだけで「寒空の中観てるテレビを消してまでわざわざコンビニに調味料を買いに行く」という「面倒」な行為をしてくれるんじゃないでしょうか?それも喜んで、自分から。

「最近の女性は強い」と言われどちらかというと甘え上手なのは男の方なのかもしれません。
でも、僕はもっともっと女性は大切にされるべきだと思います。
だって疲れた顔をして歯を食いしばって生きているよりは笑顔でいる女性の顔を見る方が楽しいもんね。
だって「リポビタンD」のCMを女の子がやって「ファイト!一発ぅ〜〜〜!」なんてやったら笑っちゃうでしょ?

だから世の女性にはもっともっと「甘え上手」になって笑顔を振りまいて世の中を明るくして欲しいのです。

おしまい

これじゃあ、飛んで逃げちゃうね。

a0037910_10512749.jpg

[PR]
by hairhana | 2009-11-23 10:52 | hanaのひとりごと | Comments(2)
光と陰
a0037910_1027574.jpg


「明けない夜はない」

夜が去れば朝が来る、
深い夜ほど朝の日差しは強く僕たちを照らしてくれる。

幸せばかりじゃない。
成功ばかりじゃない。

だけど、
悲しいだけじゃない、
辛いだけじゃない、

人は本当はどんな傷みや苦しみにも耐えられるという。
だけど、唯一耐えられないこと、それは「退屈」。

喜びもなく、哀しみもない、
成功もなく、失敗もない。

そんな世界にいたら生きる意味すら忘れてしまいそうになる。

登ったり降りたり、
雨が降ったり晴れたり、

雨(不幸)が降ってないのに雨の心配をして不安な顔をするなら
雨が降ってるときにその後に来る晴れ(幸せ)を思って笑顔で居よう。
だって明日はたぶん、いい天気だから。

強い光が作り出す陰、
人生にもデザインにもコントラストは大切です。
[PR]
by hairhana | 2009-11-21 10:39 | hanaのひとりごと | Comments(2)
人生と恋と経済と・・・


「トモさん、人は一生で3回『モテ期』ってのがあるのよ。」

と誰かに言われたことがある。
そのモテ期がいわゆる「バブル」なんだね。
とにかくモテちゃう。
別れても次から次へとモテちゃう。

でも、バブルが弾けるように急にモテなくなっちゃうこともある。
かつて言い寄ってきてくれた人に連絡すると、

「あ、お久しぶり〜元気ぃ?どうしてる?あ、オレ?ああ、あれから彼女できちゃって、来春結婚すんだ〜、そっちはどう?」

なんて言われちゃったりする。
恋も人生や経済のようにアップダウンがあるんだね。
トヨタやJALがそうであるように大企業だってダメなときもある。
どんなに美人やステキな人だってダメなときもある。

逆に、それまで細々とやってきた会社がたまたま時代のニーズに合致して「東証一部上場!」なんてのと同じようにいきなりモテちゃったりもする。
先日のニュースでやってた「合コンしたい職業」の1位の「医者」に次ぐ第2位が「お笑い芸人」であるように。

時代に合わせて変化するのもひとつの生き残る方法かも知れないけど、
「自分のスタイル」を崩さず磨きをかけていけば、いつか必ず波が来たときは「付け焼き刃」じゃなく、本物のオリジナルだから強かったりするね。
そう、Hanaの「アロマヘッドSPA」のように。

だからふられたって、さよならしたって大丈夫。
必ず次が回ってくるから。
大切なのは成長すること。
失敗を反省すること。
決して誰かのせいにしないこと。

人生も恋も最後まで終わりはないんだから。
[PR]
by hairhana | 2009-11-19 10:15 | hanaのひとりごと | Comments(4)
恋をしなきゃね(^_-)-☆


合コン、お見合いパーティー、出会い系サイト、etc・・・
Hanaのお隣のお料理機洋室「Sorriso(ソリッソ)」の目玉イベント「お料理合コン」は2ヶ月待ちの大盛況。
世の中出会いに枯渇してるんだね。

朝起きて、いつもの電車に乗って、会社(学校)に着いて、いつもの人たちと顔を合わせ、いつもの時間に終わって、とりあえず、いつもの帰り道の駅で降りて買い物したり、お茶してみたり、
最近じゃあラーメン屋さんにもひとりで入れるようになって

「なんかわたし、成長した?」

なんてひとりで思ってみたり、

「あ〜あ・・・いったいどこにいるんだろ〜?私の王子様は・・・・」

そんなとき、夜な夜なインターネットをしてるとふと、無意識にブラウザの検索バーに

「医者 出会える」

なんて入れてポチッ!とエンター。

「お医者さまや高年収所得者を紹介してくれるVIPコースのうれしいサービス!」
「東京銀座でセレブな出会いを!!」

うじゃうじゃ出てくる。

「ちょっと高いけど、未来が変えるなら安いもんよ!えいっ!」

合コン当日、先週新調したばかりのバーバリーブルーレーベルのチェックのスカート、

「もっとシフォンのようなひらひらした方がうけるかなぁ??」

期待と不安を抱きつついざ!出陣!

『・・・・どれかなぁ〜?私の王子様は〜〜〜・・・・・っと・・・
内科、ふぅ〜ん・・・えっ?お父様は開業医っ?もうすでに大崎にタワーマンション購入済み・・・(._.) φ メモメモ・・・
こちらは歯医者さん、乗ってる車は?ベンツのガブリエルぅ?よくわかんないけど、ベンツよね、ベンツ・・
でも、スーツの趣味はちょっとねぇ〜
頭の上、ちょっとお淋しいんじゃなくって?
まあ、みんないつかはそうなる運命だから先払いってとこか〜
あっ!あの子も彼狙ってるぅ?
ちょっとぉ〜待ちなさいよぉ〜最初に話したのわたしよ、わ・た・しっ!』

戦いが終わってメール交換。

「何度かやりとりして、その後、食事したりもしてみたけど、なんだか今イチパッとしないんだな〜
なんか自分のことばかり話して、私の話も聞いてよね〜。
あ〜あ・・やっぱ今回は不作!
よぉ〜し!次回にかけるかっ!!」

なんか忘れてませんか?
恋をしましょうよ。恋を。

「こんなあやふやな世の中に完璧を求めたって・・・」

結婚と恋愛、意外と別でもないかもよ・・・


[PR]
by hairhana | 2009-11-18 07:22 | hanaのひとりごと | Comments(2)
初めての経験ン〜〜ン♡
a0037910_18585616.jpg


みなさまこんにちは★ミヨです!!
久しぶりの登場ですノシ

なんでブログかって言うと、ともさんブログでも何度も紹介されている通り、先月初めてタイに行ってきました。
そして初アジアでした!!

皆さんのタイのイメージってどんな感じですか??
私は正直に言うと、インドみたいに密集していて雑踏という感じでした;;
すみません> <;

でも実際に行ってみたら、真逆でビックリしました!!

高層ビル、モノレールに地下鉄、高級デパート、高級ホテル、一人一台の携帯電話、ファッションだって日本人と変わらないし・・・

「タイってこんなに栄えてたんだ~~!!」

みたいな。

でもね、女性には必ず一度は行って欲しい国だと思いました。
エステにマッサージに北京ダックに買い物に・・・
って、毎日しても3万もかからなかったんですから!!

そこのお姉さん!奥様!必見です!!笑  って・・通販の宣伝文句みたい笑;;


a0037910_195963.jpg


見るものすべてが初めてで、ちょっとしたカルチャーショック。

それを一番に感じたのは、高層マンションやビルのすぐ隣にはトタンで作ったような簡易的に作られた建物(家)がひしめくように建っていたこと。

きっと日本人だったら、日本にココと同じ風景があったならきっとお互いの層の人達は触れ合わないし、きっと富裕層の方たちが偉いみたいな感じになると思います。
だけど、タイでは富裕層でも貧困層でもちゃ~んとお金が周ってくるようになっているんです。そりゃまぁ額は違うとおもいますが・・・
富裕層の人達が屋台で生活をしている人達の屋台で普通に食事をいてたり、屋台の人達も夜中まで親の隣で子供が笑顔で働いてたり、、、

確かにお金って生きていくためには必要不可欠ですが、すごくステキなことだとおもいませんか!?
そんな状況でも笑顔が出せるってそうそう簡単にマネできないと思います。


今回タイに行って感じたこと、見たものがHanaでの仕事にすごく生かされています。

ご存知の方も多いとは思いますが、Hanaの雑貨や家具、etc・・・はほとんどがタイのもので揃っています。
今まではタイで揃っていてかわいい物って感じてただけで、お客様に質問されても曖昧にしか答えられませんでした。すみません;;
それが、今ではちゃんと応えられるようになりました。愛着もすごく沸いて視点が明らかに180゜変わりました。

マッサージとかも、強弱や気持ちいと感じるとこ、逆にここは・・・ってとこ。
今まで以上に気をつけられることができています。


3泊5日の旅で感じたことは楽しいってことだけじゃなくプラスになることの方が多かった気がします。
それはきっと私だけじゃなくHanaスタッフ全員がそう感じたことだと思います。

是非一皮むけたHanaへ遊びに来てみてください(´∀`*)ノシ


あ!!そういえばタイといえばもう一つ。。。

そう、ニューハーフの方たち。
ショーパブみたいなところには行かなかったけど、街中にふっつーに、色んなところにいらっしゃいましたが、、、トモさんが言っていたことがっちょっとわかりました。。。


毛がね・・・ヒゲがね・・・


でも彼女らはそれでもきっと一生懸命でした。




タイってお国Good job(@´Д`)b!!

a0037910_19551361.jpg

[PR]
by hairhana | 2009-11-16 08:00 | ミヨちゃんのひとりごと | Comments(0)