hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
” Happy Birt..
by みるきー at 12:55
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
わかりました! ご丁寧..
by みるきー at 11:05
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:22
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1198)
(1195)
(1194)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2009年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
それでも小西真奈美がよかった・・「高井戸天然温泉 美しの湯」
a0037910_671583.jpg


仕事は大好きだけど、週に1度のお休みも大好きさ。
遠足に行く前の日の子供みたいに、わくわく、ドキドキ、ムズムズ・・・・
あ〜眠れねえ〜!
んでもって朝目が覚めたら

「眠みぃ〜〜〜・・・・・・(-_-)゜zzz…」

てな事にならないためにも月曜の夜は早めにおやちゅみ。
昔は月曜の夜からオールで遊んで、次の日も・・・
だったのに、今、そんなことしたら水曜日のお客さんがみんな丸坊主になぅっちゃうよ。

さて、昨日の火曜日はと言うと、
ランチから始まりましたよ。
そのことについては明日のエントリーでご紹介します。
タイトルは「究極のアジフライあ〜んど、至極のケーキ!!」
へへ、楽しみでしょ?
楽しみじゃない?ええ〜〜〜〜〜〜!!!ま、いっか・・・

お休みの日はなるべく刺激よりもリラクゼーションを求めて行動するようにしてますよ。
サービスもなるべくいいところに行ってね。
決して贅沢したいわけじゃないんだよ。
こうやって自分を大切にしたり、大切にしてもらうと、仕事にフィードバックできるからね。

んなわけで、
夕方から「お風呂屋さん」に行くことにしました。
近所の銭湯もいいんだけど、ちょっと足を伸ばして杉並の高井戸にある「美しの湯」に行ってきました。

ここは、露天風呂あり、アトラクション風呂あり、サウナあり、プールありのもう、無いのは文句の付け所だけ。
それでいて料金がなんと!¥800(土、日¥1200)てすごくない?
普通の銭湯でサウナ(ちっちゃいやつ)利用すると銭湯料金¥450に¥700プラスで軽く¥1000オーバーなのに、さらにこれだけの施設でこの値段はなかなかないでしょ。

ここはスイミングクラブと併設してあるのでプールも利用できちゃう。
もちろん、水着着用でね。
お風呂の延長でフリチンで行くと軽く子供に笑われてお母さん方にモテるか、叫ばれるかはあなた次第。

露天風呂で星空を眺めながら
「ふぃぃ〜〜〜っ・・・・」
てやると、もう、最高!

サウナのテレビで「沢尻エリカさんが解雇」のニュースをやっていても
「あ〜そうなんですか、ガンバレ〜〜・・・」
とゆる〜〜い言葉が頭の中をふわふわ浮いている。

あ〜お風呂さいこう!

a0037910_672248.jpg


ここの施設のさらにいいところは「リラクゼーションルーム」ってのがあること。
長いすが置いてあってみんなグースカ寝てるね。(-_-)゜zzz…

そんでもってその隣に併設されているのが「マッサージルーム」。
これだよ、これこれ。
トモは40分の全身コースを選んだよ。

「今日はご指名とかありますか?」

そう聞いたのは受付にいた女の子。
年の頃は20代。
顔は女優の小西真奈美さんソックリ!!

「あああああ、あなたでお願いします!!」

と言えないのが子供の頃から本当に欲しいものは言えなかったトモの残念なところ。
見渡す限りマッサージしてるのは松村邦洋ばりの「ガッチリあんちゃん」ばかり。
それも、客は力強く押されて「うっ!ううううう・・・・」と唸っている。
すかさず頭の中でプロレスラーにキャメルクラッチされてる江頭2:50を自分を重ねて想像する

「あ〜いやだ、イヤイヤ!オレ帰る!帰るもんね〜〜」

でも、もうすでにチケットは購入済み。
すると小西真奈美が

「女性でも大丈夫ですか?」

と聞く。
地獄に天使とはこのこと。
たくさんの巨漢の鬼たちに針の山に追い立てられていたトモに一筋のクモの糸。
へへん!神様はちゃ〜〜んと見てくれてんだよっ!
おまえら(あんちゃん)あばよ!おれだけ天国に行ってくらあ!

「ええ!だ、だいじょうびですよ!うん!大丈夫!」

もう極上ササミを目の前にしたワンコのような気分。

「では、担当者を呼んできますのでそのままお待ちください。」

と小西真奈美は裏に消えていった。

「え?担当者?え?君じゃないの?いや、そんなことないよね。あ、そうか。もしかして着替えてくんのかな?水着とかね。いや、それじゃあまいっちゃうよ。あ?別料金?いや、払いますよ。いくらですか?お財布と相談・・・なんかしないよ、有り金全部もってけよ〜〜(残金¥3500)!」

a0037910_6474959.jpg


と思っていると、奥から出てきたのは往年女優さんの吉行和子がしぼんで3割減してちっちゃくなったようなおばちゃんだった。
期待が大きかっただけに僕の気持ちも8割減。
小西真奈美は受付専門だったのか。

気を取り直して吉行和子にマッサージしてもらう。
しかし驚いたのは、こんなに小さな体のどこにこんな力があるのか?というくらい
「効くぅ〜〜!!」
ってのはさすがベテラン!
そうだよな、そうそう。
風俗店に来てんじゃないんだから小西真奈美じゃなくったっていいじゃないか。
大切なのは腕だよ、腕!

途中でうとうと寝ちゃったよ。
さすが、うまいね。
お風呂上がりだからなおさらいいね。
ふと気がつくと、おばちゃんが背中の上にまたがってツボを押してくれていた。
やっぱ、小西真奈美だったら・・・・・・・
ダメだなオレは・・・(-_-)゜zzz…

一夜明けて今日(水曜日)の朝はあいにくの雨だが体は絶好調!!
やはりいいね、温泉は。

【施設情報】
高井戸天然温泉 美しの湯
■所在地 〒168-0071 東京都杉並区高井戸西2-3-45 TEL 03-3334-0008
■公式サイトURI http://www.nafsport.com/utsukushi/
■泉質 ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性弱アルカリ性)
■営業時間 10:00〜24:00 ビジター利用は5時間まで(超過料金30分ごと100円)
■定休日 年中無休
■入場料 
 ・平日 大人800円、子供600円
 ・土日祝日(温水プール使用料込み) 大人1,200円、子供1,000円
■設備等 男女別内湯、男女別露天風呂、25m温水プール(土日祝日のみ また小学生以上)、リラクゼーションルーム、軽食コーナー

■備考 土日祝日は温水プールが使用できるが、小学生未満はプールに入れないので幼児連れは注意 

[PR]
by hairhana | 2009-09-30 10:07 | ニコニコ日記 | Comments(0)
太極拳は財産です
a0037910_1529324.jpg

太極拳教室
毎週日曜日 朝9:00〜1時間くらい。
参加費:無料
持ってくるもの:動きやすい服装(着てきてもOK。)


こんにちは、じわじわ体重を落としているトモです。
みなさん、運動はしてますか?
なに?「そんな時間ない」?
そうですよね〜学生だったころは強制的にあったもんね〜

でも、僕も含め、みんな薄々解ってんだよね〜
「このままじゃやばい」って。

運動をしないと当然、筋肉が落ちます。
すると「基礎代謝」(なにもしなくてもカロリーを燃焼してくれる)がどんどん落ちてきて、
「食べたら食べた分」太ってしまいます。
逆に言うと、筋肉が有れば「寝てても」太りません。(常識の範囲内でね)

じゃあ、明日っからスポーツジムに通ってバーベルバンバン持ち上げて
ベルトコンベアーの上をひたすら走って
休みの日にはトラックと綱引きしたりしよっと!・・・・・
ああ、君はブルーザ・ブロディになりたいのか・・・

大人になってから、特に30過ぎてから筋肉に負荷のかかるトレーニングをしていると関節を痛めたり、ケガをしやすくなる原因になってしまいます。

大きく分けて筋肉には「表層筋」と言われる赤い筋肉と「深層筋」(インナーマッスル)と言われる白い筋肉があります。
よくジムで鍛えるのは胸、お尻、太ももの比較的大きな表層筋を鍛えて基礎代謝を上げるというもの。
だけど、この表層筋は重い。
だから体脂肪は落ちても体重は落ちないんだね。
さらに、付いたいいが、放っておくとすぐに脂肪に変わってしまうから怖ろしいね。

深層筋は軽くて柔軟性があり、落ちにくいんだよ。
だから「大人向け」の筋肉だね。

そして、その深層筋を鍛えるトレーニングとして、太極拳はうってつけなんですよ。

a0037910_15291614.jpg


「太極拳」と言うと
なんだか「中国のお年寄りが広場でやってるラジオ体操のようなもの」って思う人がほとんどだと思う。
それも間違ってない。
よく、日本でも公園とかで年配の人たちがやってるのはそれに近いもの。

でも、太極拳は元々、空手とかと少林寺拳法と同じ「武術」なのですよ。
それもかなり歴史の深い。
そのむかし、毛沢東主席が「国民に運動させろ!」と号令かけて、太極拳の一部を簡単にして始めたのがいわゆる「ラジオ体操みたいな太極拳」の始まり。

そして多くの武術家たちが「文化大革命」の時に台湾に移住し逃れてきたので、
日本に渡ってきたのも台湾から。

だからちゃ〜んと護身術にもなるし、もちろん、深層筋も付く。
さらに太極拳は筋肉だけでなく、「内蔵」にも効果があります。
それは何故かというと「気」を使うから。

「気」はいわゆるエネルギーで誰しも持っているもの、
普段使わなかったり鍛えてないとまったく出ません。
しかし、鍛えていけばたいていの人が会得できるものです。

だいたい、太極拳を1ヶ月やれば、気を感じることが出来て、3ヶ月たつと気を出せるようになる。
もちろんドラゴンボールの「かめはめ波!」も夢じゃない・・・・(ウソ)

a0037910_15292791.jpg


Hanaでは「誰でも出来る太極拳」をやっています。
初めての方も途中からでも、車いすの人でもできます。
ダンスとは違うのでタイミングが合わなくても大丈夫。
途中、「ティータイム」も入れつつのんびりやります。

「オラ、かめはめ波撃ちてぇ〜〜〜〜!”!”」

って人は、もっと本格的なところに行ってください。

でも、やってると、だんだん気持ちよくなります。
先日、スーさんが二日酔いで始めて、最初は吐きそうだったけど、途中から二日酔いもなくなったそうです。

終わった後は身体も軽くなり、快適な一日が過ごせます。
日曜日の朝、二度寝したり、ダラダラするもの気持ちいいけど、
そうしてると、あっと言う間にお昼になって気がつけば2時3時。
最近は日が落ちるのも早いからあっと言う間に1日が終わってしまいます。
体と心に火を点す感覚でやってみませんか?

毎週やってるけど、もちろん、毎週来なくても大丈夫。
お家でも簡単にできるメソッドも紹介してます。

もう始めて2ヶ月近くなるけど、ここで、初めてやった人が先日
「手が温かくてピリピリした感じがする〜」
って言ってました。
ね、簡単でしょ?

僕が太極拳を始めた時に、僕のお師匠さんが

「力を使うスポーツや拳法は33歳がピークです。それからは力が落ちていきます。
でも、気は鍛えれば鍛えるほど高まります。それはいくつになってもです。
太極拳は財産です。今からやることが全て自分に貯蓄されていきます。」

と教えてくださいました。
みなさんもいかがですか?
かめはめ波は撃てないけどね

では、日曜日の朝、待ってるね。
[PR]
by hairhana | 2009-09-28 16:43 | <<Hana News>> | Comments(4)
インド人にビックリ!!
a0037910_114598.jpg


ある日の午後、
ちょうどお客さんの並みが途切れて、掃除がてらみんなで一息ついていたところ、

なにやら店の前に怪しい男が一人、ウロウロしている。
首から下は、上質のスーツを身にまとって、ある意味紳士な感じ。
でも・・・
頭には白いターバンをグルグル巻にして
肌は「旨チョコミルク」色。
ギョロッとした白目がさらに浮き立つ。
口周りにはひげがビッシリ。
どこから見てもインド人。

男は僕と目が合うとまっすぐこっちに向かってくる。

「落とし穴仕掛けときゃよかったぁ〜〜〜」

と思ったのも後の祭り。気がついたときには店の中に入ってきていた。

「△◎□※@・・・・・・・」

なに言ってるかまったくわからん。
男は流ちょうな英語でまくし立てる
「ナマステ」くらいなら知ってるぞ。

どうやら表にあるテーブルとかイストかを売ってくれないか。ということらしい。
Hanaを家具屋と勘違いしている。

手旗信号のような身振り手振りで美容室だということを伝える。

「オ〜!OK、OK〜〜!」

そのまま帰って行くと思ったら、
男はふと、ロビーラウンジのテーブルの上の「お客様用のお菓子」をめざとく見つけて
おもむろにつかみ取る。

「No!No! It is for the customer!」

と言うと、

「OK〜OK〜!」

と今度の日曜日に髪の毛を染めてくれと言い出した。
そしてメモに「ミミズがのたうち回ったような字」で自分の名前を書いたが全くもって読めん。
さらにお菓子をつかみ取りポケットに押し込んだ。

「バァ〜〜イ!(^=^)ノ""""」

と言って出て行った。

男が出て行った後はまるで嵐の後のような静けさだった。

インドは今、経済的にも今もっとも飛躍しているんじゃねえのか?
カースト制度が未だ深く根付いているから多分、貧困層の人じゃないとは思うんだな。
軽く犯罪じゃねえかよ。

次の日曜日、「旨チョコミルク」は来なかった・・・・
[PR]
by hairhana | 2009-09-27 07:03 | ニコニコ日記 | Comments(8)
僕たちにできること
a0037910_6135952.jpg


平日のみの限定で子供カット(小学生以下)を¥1000(税別)でやってます。(シャンプー、ブローは含まれません)

そもそもこのサービスを始めたのも、お客様や僕の周りの人にいろいろ話を聞いてみると
家計を圧迫する要素の一つとして「高齢者の介護」と「子育て」だということがわかった。

今までもこれからも、多くのお客さんにお世話になってます。
特に女性に。
「ただそこにある美容室」が社会に還元し関わるにはどうすればいいか?
いずれ近い将来に高齢者対策をするつもりだが、「すぐに始められること」として子供カットを始めた。

病院は健康上命に関わるので「行かないわけにはいかない」ので国保などの国の助成もあるのですが、美容室の場合そういうわけにはいかない。
だからと言って髪の毛を切らずにそのままにしておいても命に関わることはないけど、さすがに精神衛生上よろしくないね。

「子供カットなんて、かぁ〜んたぁ〜ん!(簡単)」

なんて思ってる人。
甘い!あなたは子供の髪の毛を切ったことないでしょ?

子供の髪の毛って大人と違ってサラサラ&ツンツン。
適当にザックリ切っちゃうとそのまんま虎刈り状態になってしまうんだよ。
だから大人以上に細かい仕事が必要とされるんだね。
さらに、小さい子だったら、まだよく解ってないから動いたり、泣いたりするからもう大変。

だから、Hanaには子供用の絵本やアンパンマンのDVDがあったりするんだ。
それらで気を引いてなだめすかしながら、その隙にチョキチョキするんだね。

「子供料金」という名のカテゴリーが存在するが、
これが飲食店なら「食べる量が少ない」分、割引があったり、
乗り物とかで「お母さんの膝の上なら」ってんで安くなったり、
それはとても解りやすく合理的だと思うが、

こと、僕らの仕事においては、
頭の大きさなんてさして変わらないし、
さっき言ったように技術的な条件としては大人より大変なわけで、
美容室における子供料金はあくまでもお店側のサービスなんですよ。

ここまで書くとなんだか
「恩着せがましいなあ」
なんて思われるかもしれないけど、
今、子供カットはスーさんがメインでやってくれてるんだけど、
少しだけでもいいから、その大変さを解ってもらえたらなあ、なんて思って書きました。

「はい、おわりぃ〜〜♪」

可愛くなった自分を鏡で見て
ちょっとだけ、恥ずかしそうに、そして口元が嬉しそうに上がってる子供の笑顔が1000円より、なにより、僕らの報酬だね。
[PR]
by hairhana | 2009-09-26 06:28 | hanaのひとりごと | Comments(2)
カードで!!
a0037910_124527100.jpg


行きつけのレストランで聞いた話なのだが、
ある土曜日、派手な女性を連れた30過ぎの男性が訪れ食事をしたそうだ。

その店は元々リーズナブルな店なので飲んで食べても二人で1万円もいかないくらいの良心的なレストラン。
帰り際、レジで男性がクレジットカードを出し差し出した。
手続きを終えてカードを渡すと男性が

「領収書ちょうだい。」

と言うのでレジで領収書のボタンを押して領収書を出したそうだ。
すると、

「あ、オレ、先週も来たでしょ。土曜日。あんときの領収書も欲しいんだけど。、カードで払ってるからわかると思うよ。」

と言うので遡って調べていたら

「あ、今日のと一緒に出してくれる?それと日付を平日にしておいて、適当でいいから。」

と言うので

「すいません。それはちょっと出来ないんですよ。その日で精算してあるので出すとしたらいらっしゃった日付で別々になるんですよ。」

すると男性が急に態度を変えて。

「それじゃ会社で経費で落ちないでしょ。土曜日じゃ。だから平日にしてくれって言ってんの。あ、宛名も書かなくていいから。」

「いや、お客さん、すいませんけど、うちの店はそういうわけにはいかないんですよ。」

ほぼ切れ気味にその男性は

「え?!なにそれ?今時そんなのどこでもやってるよ。気の利かない店だなあ。お客さんいなくなっちゃうよ〜」

結局、捨て台詞を残した帰って行ったそうだ。
従業員のデート代まで経費で落とせるなんてこの不況の中、いい会社もあるもんだ。
先日のエントリーの「男」(さいふ)じゃないが、彼女もその会社に感謝しなくちゃね。

まあ、自営業や自分で会社やってんならわかるが、おねえちゃんと遊ぶ金くらい自分で出せよ。
( ・o・)ハッ!・・・・もしかして、浮気相手?
それじゃあ大変かもね。
奥さんに言い訳すんのに必要だもんね。

でも、あんまりかっこよくないぞ。
[PR]
by hairhana | 2009-09-24 13:09 | hanaのひとりごと | Comments(8)
「男」と書いて…
a0037910_17195730.jpg


昨日、インポートショップshushuのjoくんと話していて
ディスプレイされている小さなハンドバッグに目がとまった。
それは本当に小さくてお財布すら入らないんじゃないかというくらい長細いバッグだった。

「これ、クラブに遊びに行く女の子が買っていくんですよ。」

とjoくん。

「でもこれって、財布も入んないよね〜」

と聞くと

「クラブに行く女の子は財布持って行かないんですよ。お金は全部男の子に出させるんですって。だから、僕、クラブには行かないんですよ〜。」

彼女たちの辞書には「男」という文字は「さいふ」と読むらしい。
怖ろしい・・・
[PR]
by hairhana | 2009-09-22 17:19 | ニコニコ日記 | Comments(4)
高い!
a0037910_18105072.jpg


仕事をしていたら、一人の女性が飛び込みで入ってた。
スーさんが近くにいたので、応対に出てくれた。
その人は、スーさんに

「セット、いくら?」

と聞いたみたいだった。
スーさんは

「消費税入れて4200円です。」

と答えた。
するとその女性は

「・・・・・・・・高い!・・・。」

と一言言ってきびすを返してどこへともなく立ち去った。



久しぶりに、唖然とする場面に遭遇した。
一応、表の看板にもプライスが書いてある。
セットの値段は常識的な値段にしているつもりだ。

彼女が思ってる値頃感と大きく離れていたのか?
それにしてもびっくりした。

もし、それが、お客様として受け付けて、実際にセットして、
仮に「さっ!」と束ねるだけのポニーテールにして
「はい、終わりぃ〜〜!」
だった時言われるのならまだわかる。

僕たちの仕事は時間にして1時間かからないくらいのものなのだが、
そこに至るまでは果てしない時間と、数々のモデルさんやお客様の経験を経てその技術にたどり着く。
スーさんもミヨちゃんも毎日、朝、お店が始まる前とか、
また、終わってから、夜の12時近くまで練習することだってある。
同世代の人がカラオケやディナー、そしてクラブとかで遊んでる時間も練習したりする。
セットの数十分がその積み重ねの集大成なのです。

以前、なにかの本で読んだんだが、
画家のパブロ・ピカソがあるお客に

「100万円払うからなんか描いてくれ」

と頼まれて、彼は真っ白なキャンパスに黒の絵の具で真横に一本線を引いたそうだ。
お客は

「それだけか?」

と訪ねるとピカソは

「この一本の線を描くのに俺は何十年もの月日を費やしたんだ」

と言ったそうだ。
そう、僕たちArtisanはそのわずかな数十分のために長い時間を費やす。
もし、例えそれが見た目簡単そうなポニーテールであっても、
それは絶対プロにしか出来ないクォリティ。
それがプロとアマの「越えられない一線」。
それを僕たちは「プライド」と呼んでいる。

これは僕たちだけじゃなく、このエントリーを読んでくれてるみんなにも有ると思う。
それぞれの仕事、
家庭を守ってる人は奥さんとして、
子供のいる人はお母さんとして、
毎日、毎日、自分の時間を費やしていることがある。

せめて、言うなら、気に入らなかったりした時にして欲しい。
よしんば、お金が足らなかったのなら

「ちゃっと財布の中身と相談してからまた来ますね〜(^.^)/``」

とでも言ってくれよ。
悲しいじゃないか。
[PR]
by hairhana | 2009-09-19 10:40 | hanaのひとりごと | Comments(6)
これからもHanaに幸せが訪れますよ〜に
a0037910_115310.jpg


仕事が終わってから、みんなで近所の氷川神社のお祭りに行ってきました。
渋谷東にある氷川神社は渋谷区の中では一番古い神社だそうです。

Hanaからはバイクで5分くらい。
前日が大雨で御神輿とか中止だっただけに今日は昼間から御神輿とか賑やかでした。

「境内で参道のお店をバックにハイ!パチリ!♪」
a0037910_1151877.jpg


先ずはミヨちゃんとアヤコが「リラックマスピードくじ」に挑戦!!
当たるか!?「デカリラックマ」!

・・・・・・当たりました!
絵はがき・・・。

a0037910_1154238.jpg


続いては、定番、「カタヌキ」!
子供に交じって、ふたり、かなぁ〜〜り、粘ってました。
昔と違うのは賞金が安いってこと。
せこいぜ!オヤジ!
それで1枚100円てなんだよっ!

a0037910_1171547.jpg


スーさんは得意のダーツで勝負!
Wiiゲットだ!!

・・・・惨敗。
残念賞はプラスチックのおもちゃの吹き矢。
お兄さんが一言

「殴った方が早いけどねっ!」

a0037910_1155565.jpg


アヤコはお祭りの定番、「ジャガバター」を100円引きでゲット
ジャガイモも今は高いからね〜
ホクホクでした。

トモは「チョコバナナ」を買って、おねえさんとジャンケンして勝ったらもう一本。
こんなときのトモは強いです。
ジャンケン負けません。
見事2本ゲット!
a0037910_1161741.jpg


最後はちゃ〜んと、みんなでお参り。
その後のおみくじで4人中3人が大吉。ひとりが吉。

これからも、Hanaに幸せが訪れますよ〜に。

「みよちゃんは何、お願いしてたんだろ〜な〜」
a0037910_1162721.jpg

[PR]
by hairhana | 2009-09-17 11:27 | ニコニコ日記 | Comments(4)
shushuのjoくん
a0037910_19415736.jpg


お!!??
誰だ?このイケメンは?

日本人離れしたこの顔立ち。
スラッと細い手足。

彼はいきつけの渋谷のインポートショップ「shushu」の店員「Joくん」。

a0037910_1942896.jpg


最近のshushuのディスプレイはJoくん担当。
とてもステキなバランスとスタイリングで可愛くウィンドウを飾ってくれます。
アヤコもJoくんお気に入りでいつも買いに行ってはアドバイスしてもらってます。

Joくんに会いたい人は夕方8時くらいまで。
その後深夜まではオーナーのスーさん(鈴木さん)がいます。

※JoくんJo報!!
1,現在、彼女はいません。
2,古いバイクを改造して乗ってます。
3,夜中のツーリングが好き(暴走族じゃないよ)
4,以外と甘いものに弱い。

そんな Joくんにレッツ!トライ!

***お店情報***
Shu Shu
東京都渋谷区神泉町1-1
「地図」
03-5784-0370

a0037910_19421990.jpg

[PR]
by hairhana | 2009-09-16 20:03 | 大好きな人 | Comments(4)
さあ、飛び立とう!
a0037910_15223955.jpg

先日仕事とあなた、どっちが大事?」「のエントリーに「ぼささん」が
「大学に行ってから専門に行った自分は気弱になると
「外れちゃったかな~」と(好きで選んだはずの道なのに)思うことがよくあります。
「常識」のレールに乗っていると自分も周りの人もある意味安心なんだろうなって。」
とコメントを入れてくれました。
今日はそんなことについて書いてみます。

生まれた瞬間、人は「何にでもなれる」可能性を持っています
もちろん、鳥とか魚とか、別の生き物にはなれないけど、今では性別さえなんとか頑張れば変えることが出来たりしますね。

この国の多くの人がだいたい中学くらいまで同じように育っていきます。
もちろん、私立やアメリカンスクールなどの選択肢もあります。
義務教育の終わった中学を卒業した辺りから少しずつ進路が変わっていきます。

「もう、これ以上、学校なんざ行きたかねぇ〜〜〜!!!」

と社会に出たり、家に引きこもったり、遊んで暮らす道を選んだりします。
さらに高校を卒業すると同じように進路が開けます。
僕たち美容師を目指す人はたいていここから専門学校に進みます。

さらに大学に進み、卒業すると、多くの人が社会に出ます。
中には、もっと勉強するために大学院に残る人もいます。
最近では卒業するタイミングで就職難だと大した就職先がないので、「とりあえず」大学院に進む人もいると聞きます。

大学にはいろんな学部があります。
大学のことをあまり知らない僕でも医学部とか法学部とか教育学部とかは、なんとなく
「お医者さんになるんだね」とか「弁護士さんとかになるのかな?先生になりたいのかな?」なんて理解できます。
その学部で学んだ知識や資格を利用する職業につくためにその勉強が必要なら、やはり大学は必要ですね。
僕たちもいくら頑張って東大を出ても美容学校を卒業してないと美容師なれません。

やはり「なりたいものになる」ために必要な資格や経験を積むために学校っていうものがあるのかもしれません。
でも、以外に多く聞くのが

「特になりたいものなんてな〜いもぉ〜ん!」

って台詞です。
先日話した大学生の男の子は

「なんでもいいから社長になりたい。そんで、お金儲けしたい。」

って言ってました。
まあ多分、無理でしょう。
よしんばなったとしてもその先に幸せが待ってるとは僕には思えません。

昔誰かが、
「学校は大きなサナギみたいなものだ」
と言ってました。
「モラトリアムコンプレックス」という言葉も今では当たり前のように使われています。

でも、いつかは誰でも学校という名のサナギから出て大きな羽を広げて羽ばたかなくてはいけません。
今まで世の中が自分にしてくれた優しさを返していかなければいけません。

その方法が何なのかは自分で決めることです。
子供の頃からずっと追い続けていた夢だったり、親が敷いてくれたレールの上だったり、でもしかだったり、とりあえずだったり、

サナギから出るのを怖がる人もいます。
「何か」を決めてサナギから出た後、それが自分が思ってるほどいい結果が出なかったり、職場の人間関係で悩んだり、もっと他のことがしたくなったりしたときに、サナギの中に戻ることができません。
前述の「とりあえず大学院」の人などもその中の人かも知れません。

でも、僕はそれでもサナギから出ることをオススメします。
犯罪や自分を傷つける事以外、身にならない経験はないからです。
仮に失敗したとしても、「その道を進むと失敗する」事を学ぶことが出来ます。
そうすると、二度とその道で迷うことはありませんから。
もっと歳を取って失敗する方が余程ダメージが大きいと思います。

もしかしたらサナギの中にいる人が飛び立つ人に向かって

「おい、やめとけよ、まだ外は嵐なんだから。嵐が止むまで中で待ってなよ。無謀だって、絶対それ失敗するよ。」

なんて言うかも知れません。
でも、その先は行った人にしか解りません。
嵐を超えなければたどり着けない場所だってあります。
そして、嵐の中を飛び続ける力がつくと思います。

大切なのは自分を信じること。
いつだって、いつからだって飛び立つことができます。

外れたんじゃないんですよ、
あなたは飛び立っただけなんですよ。
ぼささん。
[PR]
by hairhana | 2009-09-14 15:12 | hanaのひとりごと | Comments(6)