hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
わ!!誤字ですね^^; ..
by hairhana at 17:07
×thinkinng→〇..
by 無名 at 09:53
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1287)
(1283)
(1283)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2008年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
幸せを噛みしめて・・
a0037910_12214311.jpg

[お知らせ!]7月5、6,7,8日は夏休みを頂きます、9日(水曜日から平常通りです)

「トモさん、今年の抱負は何ですか?」

とか、聞かれたりします。
まあ、けっこう頑張ってきましたよ。
こう見えても意外と素直な人間なんでね。

どっかの偉い人が
「人の2倍、早く出世したけりゃ、単純に2倍働けばいいんですよ。」

「家が貧乏だ、親がいない、学歴がない、金がないと言い訳する時間があればお金持ちで両親がいて学歴がある人の数倍頑張れば同じスタートラインには立てますよ。」

とか言ってたのを10代の頃に聞いて、その言葉を信じて頑張りましたよ。
仕事が終わって、みんな帰って一人だけ残って遅くまで練習しましたよ。
カットモデルをみんな週に2人入れればいいだけだったけど、4人入れましたよ。
おかげで仕事が終わったら毎晩渋谷とかでモデルハントしてましたよ。
友達がパンと牛乳を買ってきてくれて、まるで刑事の張り込みみたいでした。

年中無休の店で夏休みも有給を使っての交代制だったから、結局夏休みは取ったことがありません。
唯一、長く休める正月休みは、仕事の緊張から解放されていつも風邪を引いて熱を出して寝込んでましたよ。

もちろん、無遅刻、無欠勤でしたよ。
僕は弱い人間なので、熱が38度出て休んでしまうと、また38度出たら休むクセがついてしまうので、熱はシカトして仕事しましたよ。
だから今でも我が家には体温計が無いんですよ。

でも、不思議なもんでね。
店に出て、仕事に入るとなぜか元気になっちゃうんですよ。
逆にテンションが上がっちゃったりしてね。
だから、誰も心配してくれませんよ。

大変でしたよ。
これから「もう一度やれ」って言われたら二つ返事でお断りします。
行き当たりばったりだから良かったんですかね。
「目の前に壁があるから登る」
「目の前に河があるから渡る」
みたいな、まるで本能でやってきましたよ。

なんか苦労話みたいで、面白くないからこのへんでやめます。
でも、まあ、全て自分で選んでやったことなので、他人に強いられたことは何一つ無いので自分ではまったく苦労だと思ったことはないんですよ。

ただ、せっかく種を植えて、水をやって、育てて、収穫して、すぐさま種を植えて・・。
とせっかく収穫したものを食さずすぐに次に移るというなんとも貧乏性な生き方をしてきました。
僕だけじゃなく、そんな人、けっこう多いと思いますがどうですか?
a0037910_12454748.jpg

でも、最近、ちょっと解ったんですよ。
「収穫した実を食べても、ちゃんと種だけ残せば食べちゃってもいい。」ってことを。
実まで植える必要はないんですよね。
美味しい実はそのとき食べないと腐ってしまうか、他の誰かに食べられちゃうんですね。

遺伝なんでしょうか、僕の母も他人のことばっかり気をやっていつも自分は貧乏くじを自分で選んで引いてました。
でも、僕はそんな母が大好きで誇りに思っています。

母は亡くなる2日前まで自分で自転車に乗って友達の家に遊びに行ってました。
病院にも自分の足で行って、その2日後に他界しました。
62才だったのであれだけ払い続けた年金もちょっとしかもらってません。
あの無駄遣いと言われる社会保険庁にも迷惑かけませんでした。
息子である僕にすら負担をかけずにこの世を去りました。

6月29日。
昨日、誕生日を迎えた僕の今年の抱負は

「幸せを噛みしめる」です。

美容師というサービス業に就き、人の何倍も頑張らなければと生きてきた自分に、本当は周りの人はとっても優しくしてくれて、幸せのボールをいつも投げてくれているのに、一生懸命になってたあまり、気づかなかった。
でも、
こんな僕の周りにはいつもたくさんの幸せがあって、その優しさの中にいたからこそ、僕は頑張れたんですね。

これからも、もっと、もっと、頑張るために、今年は幸せを噛みしめます。
Hanaのスタッフ、友達、そして、大切なお客さん。
みなさん、本当にありがとうございます。

僕は幸せです。

【写真はお隣のToshiYoroizukaのトシさんがプレゼントしてくれるケーキです。もう一枚はミニパーティーをしたときに集まってくれた仲間達です。】

a0037910_1222619.jpg

[PR]
by hairhana | 2008-06-30 12:24 | ニコニコ日記 | Comments(8)
美味しく育ってね♡
a0037910_14433827.jpg

[お知らせ!]7月5、6,7,8日は夏休みを頂きます、9日(水曜日から平常通りです)

もう少し寝ると・・海・・・♡
あ、日曜日の波乗りは朝の5時出発で10時には仕事してますから。
お休みじゃないのであしからず。
海にはいるとなぜかパワーがみなぎって、一日中元気なんですよね。なぜか。

さて、今日のお花は「ナスの花」
Hanaの店先にも実はナスを植えています。

ナスそのものには栄養価はあまりないけど、紫の色素は「ナスニン」と呼ばれ、動脈硬化の予防や活性酸素の除去などの役割があると言われます。

油と相性が良く、炒め物から和え物、味噌汁の具、漬け物、そのまま焼いても美味しいですね。
僕はナスの天ぷらとナス味噌炒めが大好きです。

ナスの花は「親の小言となすの花は、千に一つの無駄なし」と言われています。
そんな小言の言える親になりたいもんです。

高級料理じゃないけど、食べると嬉しい。
大好きな人に調理してもらったら、
花言葉のように「慎ましい幸せ」を噛みしめながら「真実」の愛を感じるんでしょうね。
[PR]
by hairhana | 2008-06-26 15:17 | Hanaの花 | Comments(0)
戻ってきた波乗り小僧
a0037910_1251729.jpg


「冬はじゃぶいからお休みなの・・・」

と、へたれサーファー・トモのボードはお店の奥でホコリを被ってました。
そう言えば、サーフィンを始めたのがちょうど去年の今頃。
あれからもう1年かぁ〜・・・

ちょうど横浜の倉庫に冬物をしまい、夏物をもってくるのに車を出したついでに行ってきました。鴨川。

「さて、今日の波は・・・」

穏やかな海でしたヽ(´・`)ノ フッ…(笑)
それでもわずかな波のうねりに身を任せ3本ほど乗れました。
後は、遭難して板切れにつかまってる漂流者のように波間にプカプカ浮いてました。

今週末はHanaの「へっぽこサーフィン部」のメンバーと久々にライドオン!する予定です。
お楽しみは帰り道に買う新鮮な野菜や卵だったりして・・。

今年こそターンを覚えるぞ!
つか、誰か教えてチョンマゲ。
[PR]
by hairhana | 2008-06-25 12:14 | 波乗り小僧 | Comments(4)
大人のタマゴたちへ・・
a0037910_1057468.jpg

[お知らせ!]7月5、6,7,8日は夏休みを頂きます、9日(水曜日から平常通りです)

毎年、美容学校を卒業する生徒さんが何人も見学に来てくれます。
駅から離れ、広告も出してないこんな小さな美容室に興味を持ってくれて本当にありがとう。
数えきらないくらいある美容室の中からHanaのドアを叩いてくれたのも何かの縁でしょう。
そんな美容師のタマゴのみなさんにちょっとだけ先にタマゴからかえった僕から数回に分けてアドバイス。


お金儲けをしたかったら、銀行や、ファンド系などのお金に関わる仕事をしましょう。
料理が好きだったら、コックやパテシエなどの食に関わる仕事をしましょう。
鉄道が好きなら、JRや私鉄などの電車に関わる仕事をしましょう。
旅行が好きなら、旅行代理店や航空会社などの旅に関わる仕事をしましょう。
いつもキレイでいたかったら、モデルなどのキレイでいる仕事をしましょう。
スポーツが好きなら、サッカーや野球などのプロスポーツ選手になりましょう。
歌うのが好きなら、歌手になりましょう。
お花が好きなら、お花屋さん、フラワーアレンジメント教室などのお花に関わる仕事しましょう。
洋服を作るのが好きなら、アパレルなどのファッションに関わる仕事をしましょう。
子供が好きなら、保育園、幼稚園などの子供に関わる仕事をしましょう。

僕たちは子供の頃は大人が守ってくれます。
多くの子供が働かずに暮らしています。
極々一部の人は大人になっても大人に守ってもらいます。
でも、多くの人が大人になったら自分で自分を守らなければいけません。
さらに大人になると、次の世代の子供を守らなければいけません。
そのためには働かなくてはいけません。

子供の時間より遙かに長い時間、仕事をしていかなくてはいけません。
出来れば「好きなこと」をしながら過ごしたいと思います。
それが「やりがい」です。

やりがいがあると毎日楽しく過ごせます。
どんなに辛いことがあっても「好きなこと」をしているわけですから幸せです。
自分のしていることを胸を張って人に話せます。
そういう仕事は一生懸命続けていると成長します。
始めた頃よりも比べものにならないくらいすごい人になります。

やりがいが無いと毎日つまらない日々を過ごさなければいけません。
ちょっと辛いことがあったら辞めたくなります。
友達に「なにやってんの?」と聞かれても
「ま、いいじゃない。」と答えます。
そういう仕事はいつまでも芽が出ません。
始めた頃と変わったのは年老いただけです。
唯一、幸せを感じるのは対価として受け取るお金を使っている時だけです。

多くの人が週のうち5日以上働きます。
やりがいがある人は人生の7分の5以上、幸せに過ごせます。
やりがいの無い人は人生の7分の2以下、幸せに過ごせるかも知れません。
出来れば少しでも多くの時間、幸せでいたいと誰もが思います。

世の中には数え切れないくらい仕事があります。
その中にたくさんのやりがいがあります。
流行や他人の価値観に惑わされず、自分と向き合って仕事を決めましょう。

とはいえ、自分がやりたい仕事に就くのはけっこう難しかったりします。だけど
今、やりがいの無い仕事でも、「好きになる」ことでやりがいが生まれます。
7分の2以下の幸せが7分の5、もしかして7分の7幸せに過ごせる可能性は誰にでもあると思います。

人をキレイにして、幸せにしたかったら美容師になりましょう。
美容師はそんな仕事です。
[PR]
by hairhana | 2008-06-23 10:57 | hanaのひとりごと | Comments(0)
とんがれ!
a0037910_15354527.jpg

[お知らせ!]7月5、6,7,8日は夏休みを頂きます、9日(水曜日から平常通りです)
他人と同じが嫌だった。
「やれ」と言われるのが嫌だった。
規則やルールが嫌だった。
なんだか嫌だった。

大人になってから反抗期に入ると大変だね。
反発した力が全て自分に返ってくるからね。
そんでもって全部自分で責任取んなきゃいけないからね。
いい加減疲れてくるんだけど、それでもなんだか反発しちゃったりするね。

とんがって、とんがって、その鋭利な矛先はもしかしたらいつも自分の方に向いてたのかも知れないね。
だけど、僕たちはそこでファッションを学び、「自分から動く」ということを覚え、ルールの大切さや矛盾を知り、
そこから何かを得たのかも知れないね。

そして先が削られて「丸くなったね〜」なんて他人に言われたりする。

「ジョォ〜ダンじゃありませんよっ!」

もっともっと学んで、覚えて、知るために
個性を磨き、お客さんが望む前に考え、テレビやメディアのウソに惑わされず、
見かけは丸くなってるけど、ちゃぁ〜んと、とんがってますよ。
未だ反抗期。
この「ベッチーズブルー」のようにね。

今週の花【ベッチーズブルー】(瑠璃玉アザミ)
花言葉:敏感、疑い
[PR]
by hairhana | 2008-06-21 11:04 | Hanaの花 | Comments(2)
Yak!焼く!焼き肉ぅ=====!
a0037910_10461380.jpg


アヤコに
「何食べたい?」
と聞くと即答で
「にくぅ====!!!」
と答えます。
若いっていいですね。

そんなわけで、お客様でもあり、このブログのよきコメンテーターでもありますyakさんの経営する焼き肉や「力(ちから)」のお邪魔することになりました。

恵比寿からバイク2台で山手通りを直進、その後川越街道を下って環七を過ぎたあたりの「ときわ台」という場所にyakさんのお店はあります。
道も空いていたので30分かからない時間で着きました。

yakさんが店先まで迎えの出てきてくれました。
(写真中央のフランス人がyakさんです。身長なんと!3m!鼻はピノキオ並みに高くて口が耳まで裂けてます。時折口から火を噴いて・・・)
yakさんごめんなさい。

ぶっちゃけたことを言います。
美味しい焼き肉をお腹いっぱい食べたかったら「JoJo苑」なんかで食べずにここまで来てください。
値段は4分の1くらいで済みます。

さらに!新鮮で美味しいお肉を食べたかったら「ト○○」など行かずにここまで来てください。
かるぅ〜く炙っただけで食べられる新鮮で安全なお肉です。

店主のyakさんはとても気さくで優しい人です。
肉の部位がわからなくても
「こんな感じで〜」
とか言うと予想を上回るお肉を用意してくれます。
それも本当は値段が高い方を出せばいいのに
「こっちの方が安くて美味しいから」
とビジネスマンにはあるまじきひと言をあっさり言います。

4人とも大満足でお店を後にしました。
次に行くのが楽しみです。

【店舗情報】
炭火焼肉力 [ 焼肉、ホルモン ]
電話 03-5995-8090
東京都板橋区南常盤台2丁目2-3
Yahooグルメ
http://gourmet.yahoo.co.jp/0007514346/0011128494/

【オーナーのyakさんの心のこもったブログ】
http://blog.goo.ne.jp/yakiniku-chikara
[PR]
by hairhana | 2008-06-19 11:46 | さすらいの食いしん坊 | Comments(5)
Show wa Jump!!
a0037910_12543517.jpg


平成生まれの子たちがこれからどんどん社会に出てくる。

バックれ世代とか言われて、大人達は
「う〜ん・・まったく解らん。理解不能だ・・」
と頭を抱えるけど、
俺たちだって、そうだったじゃん。

仕事が終わって先輩達に誘われて、ちょうど友達と約束してたから
「今日は、ちょっとすいません・・。」
とか言って帰ったらなぜか次の日怒られて「???」な気持ちになったじゃないか。

体制に逆らうことがかっこいいと思って代替え案もないくせに
「それ、違うと思いますよ。」
とか言ったり、肉食動物のような狭い視野で
「絶対これ、いいですよ!」
などと費用対効果も考えず偉そうに意見してたじゃないか。

そんな煙たい俺たちを我慢して育ててくれた先輩がいたから、オレみたいなすっとこどっこいでもなんとかこうして仕事をやっていられるんだな。
「理解できない」ってことが解っただけでもいいじゃないか。
少なくとも理解しようともがく無駄な時間はなくなったわけだから。

いいやつもいっぱいいるよ。
制服のズボンを腰履きで履いてトランクスが見えてる高校生。
見かけは「げっ・・・」と思うけど、電車の中でお年寄りに席を譲ってるのを何度か見たことがある。
決まって無関心に目をつむっているのは大人だったりもするね。

ジャニーズではHey! Say! JUMPっていう平成生まれのグループが頑張ってるけど、俺たちも負けずにジャンプしようぜ!(・・・ってどこに?)

とりあえず、あいちゃんに「髪の毛切って」と頼んで、途中、「昭和チック」にしてもらって、はい、パチリ!

60年代のCM。それほど古くはないね。
http://jp.youtube.com/watch?v=VqzH6ppTO8E&feature=related
[PR]
by hairhana | 2008-06-18 13:30 | ニコニコ日記 | Comments(6)
Change!!
a0037910_172233.jpg


自分からあまり話さないスーさんが最近、すごく楽しそうにお客さんと話すようになった。
元々、聞き上手なスーさんだから、お客さんもスーさんと話すのが楽しそう。

スーさんが変わった・・。

原宿の美容室から始まり、渋谷の美容室は経て、Hanaに来てくれたあいちゃん。
都会にありながらまるで田舎の美容室のようにアットホームなHanaに最初はとまどってたけど、今では一番頼りになる人になったあいちゃん。

あいちゃんが変わった・・・。

1年前はお茶しか出せなかったのに、今ではHanaの中で一番マッサージが上手になったアヤコ。
今、テラピストの先生の所に通って更に気持ちいい本格的なマッサージを勉強している。

アヤコが変わった・・・。

短期間でみんな変わった。
そう、成長してるんだね。

オレも変わらなきゃ。
どうしよう・・。
なにしよう・・・。


とりあえず、また・・刈るか・・・。

あれからもう9ヶ月も経つんだね。そりゃ伸びるわけだ
「髪を切るということ」
http://hairhana.exblog.jp/6229703/
[PR]
by hairhana | 2008-06-17 17:17 | hanaのひとりごと | Comments(0)
食べるの基本はね
a0037910_20125630.jpg


梅雨は終わってしまったのか?
と思いつつ、ちょっと嬉しいトモです。

Hananのある恵比寿という街はとてもいいところです。
どこに行くのも便利でこと食べ物屋さんには事欠きません。
4年前から居を移し僕自身、この恵比寿に住んで居るんだけど、ひとつだけ困ったことがあります。
それはスーパーが近くにないということです。

皆さんもご存じの通り、僕自身が食べ歩くのも好きなんだけど、料理を作るのも結構好きで、ある意味ストレス解消に作ったりもしてます。
なのでコンビニには申し訳ないけど、弁当とかおにぎりの類は一切手を着けません。

んなわけで、自炊をするんだけど、「生鮮食料品」を売ってるところが少ないんですね。
近所にあるのは、八百屋、鶏肉屋、そんなもんです。
こと、お魚とお肉はバイクで駅の向こうに行くか、あのハナマサに行くしかありません。
結局同じバイクにまたがるならと通り越して築地まで行ってしまいます。

当然のことながら築地にはお魚が「売るほど」あります。
今では場内でも一般客が買い物が出来るようになったので、是非、みなさんもご利用下さいね。
ただ、やはり「マグロ」は本当に高くなりましたね。

築地には「場外市場」っていうのがあって、ここは小売りのお店が建ち並ぶゾーンです。
お魚はもちろんのこと、乾物やお肉、はたまたお茶から料理道具まで食に関するものがたくさん売ってます。

先日ずっと使っていた箸の先が欠けてしまったので、ついでにお箸を買うことにしました。
立ち寄ったのは大正創業12年創業の小見山商店さん。
元々お箸を専門に売っていたのが今はいろんな調理器具やお弁当箱まで売ってます。

そこで購入したのがこの「赤杉」で出来た箸。
これは別名「利休箸」と呼ばれています。
あの茶人、千利休がお客様を招く際に毎朝吉野から取り寄せた杉の木の芯の部分を自分で心を込めて削って作ったもので、元々数寄屋箸を改良したものだと言われています。

杉の箸でもこの赤杉の箸は奈良吉野の50年以上の杉でしか作ることは出来ないそうです。
中国産は後から色づけしたもので、全く違います。
今では高級料亭や宮中のお箸に使われたりするそうです。

袋から出すとその何とも言えぬ杉のいい香りがします。
手で持つとビックリ!
とにかく、軽い!
持った感触が強く握ると凹んでしまうんじゃないかと思うくらい柔らかい。

店先にいたおじいちゃん。
実はこの人が小見山商店の会長の小見山順一郎さん。
「料理を食べるとき、最初に唇に当たるのは箸なんですよ。赤杉の箸はね、柔らかいから繊細な日本料理の食感を損なわないんだよね。」
と教えてくれました。

小見山さんは続けて
「最近の若い人は食べ物を放り込むように食べるから、なんだか悲しいね〜。いい箸を使うと食べ方も変わるのにね」
と話してくれました。

こんな素敵な箸がなんと!6膳セットで¥500!!
安いでしょ?
お客様用よりも自分で使うと食事が幸せな気分になります。

行ったらかならず小見山のおじいちゃんとお話ししてくださいね。
「写真、撮ってもいいですか?」
と聞くとおじいちゃんは
「え?写真?お、ちょっと待ってね」
と裏に引っ込んではっぴを着てきてくれます。可愛いでしょ?

【店舗データ】
小見山商店
創業:大正12年
住所:〒104-0045 東京都中央区築地4-10-3
TEL 03-3542-6666 
http://www.tsukijinet.com/tsukiji/jyogai/komiyama/index.html
[PR]
by hairhana | 2008-06-16 20:20 | オススメ | Comments(4)
ほうよ〜りょく
a0037910_1542116.jpg


「どんなタイプの男性がいい?」

「ん〜とね、包容力のある人!」

女性が男性に求める「条件」は時代によってコロコロ変わるね。
年上が流行ったら今度は年下。
昔は一も二もなく「優しい人!」とかよく聞いた。
この前、テレビを点けたら
「20代女性が40代男にメロメロ!」
ってやってて

「やっとオレの時代が来たな、ムフフのフ」

なんて持ってたが、いつまでたっても、そんな奇特な20代の女の子は現れない。
休みの日に渋谷あたりをブラついてもいっこうに襲いかかってくる気配すらない。

そこでお客さんはじめ、いろんな女の子に聞いてみると
最近のブームはもっぱら「包容力のある人」らしい。

さて、ここまで読んで
「そうそう、そうなのよね!包容力!ほぉ〜よぉ〜りょくっ!」
と高速で頷いた人、質問です。
10秒以内に答えてください。

「包容力のある人って具体的にどんな人ですか?」

意外と即答出来る人は少ないんだよね。これが。
狙いはちゃんと具体的に定めないと絶対に当たりません。

辞書で調べると
【包容力】
「相手のことを寛大に受け入れられる心の大きさ」
とあるね。
ま、「何でも許してネ!」ってとこだろうね。

「あなたが一生懸命働いて稼いだお金でバッチリ洋服も、バッグも買うから許してネ」

「炊事、洗濯も出来ないけど許してネ」

「あ、そうそう、たまには他の男の子と飲みに行くけどそれも許してネ」

「そう、だってあなたは包容力のある人だもん!」

俺たち男も大変です
何かを求めるとき、必ず「対価」が必要になります。
男性の包容力という力に対して何を払うのでしょうか?

つか、そもそも包容力というものは男性よりも女性に求められるべきものではないのでしょうか?
ちょっとHな思考ですが、身体の構造上、「包み込む」のは男ではなく女性であり、
狩り(仕事)に出て疲れて帰ってきた男を包み込む家はまさに女性。

ということは本気で包容力を求める女性はある意味「オス化」しているのかもしれないね。

しかし、前述の通り、多くの女性が「包容力とは?」と聞かれて即答できないのは、完全にオス化しているわけでなく、男性と同じ、いや、それ以上に狩り(仕事)をしていてだからこそ、「包み込む愛情」が欲しいのかも知れないね。


だからこそ、今こそ僕は女の子に「包容力」を養って欲しいって思うんだよね。
そのおかげで男は頑張ってヘトヘトになるまで安心して働けます。

どんなに偉くったって、
会社で威張ってたって
キャバクラではしゃいだって
最後は包み込んでくれる女性の元へ帰ってくる。
男っていうのはそんな生き物なのかも知れないね。



【Maria Mena - Just Hold Me】
http://jp.youtube.com/watch?v=yV3YYV1kpkI
[PR]
by hairhana | 2008-06-15 18:39 | hanaのひとりごと | Comments(4)