hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
わ!!誤字ですね^^; ..
by hairhana at 17:07
×thinkinng→〇..
by 無名 at 09:53
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1277)
(1273)
(1273)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2008年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
あなたを見守る
a0037910_1992915.jpg


トモです。
今年もデュランタの花が咲きました。
お店のテラスの横に置いてある鉢にちょこんと植えてあります。

実はこのデュランタは買ったわけでなく、6年前に他界した母が育てていたものなんです。
母が住んでいた横浜の家は庭こそなかったのですが、1階の縁側から出たところに自分で植え込みを作り、たくさんお花を植えて育てていました。
母が他界して、それでなくても多くの遺品があってそれを倉庫を借りて保管したりしていて、ついでに、それらも処分しなければいけなくなり、もうてんやわんやで、ほとんどのお花を抜いて近所の人にお裾分けをしました。
梅や薔薇やアジサイ、いろんな花があったけど、ほとんど処分しました。

しかし、なぜかこのデュランタだけ、僕の手元に残っていました。
どうやって持ってきたかも覚えてないくらい存在感がありませんでした。
バタバタしていて花が咲くのもわからなくて、気がついたら「なんだかわからない緑」が植えてある鉢が目の前にありました。

僕には兄弟がいません。
母が育てていたこのデュランタはもしかしたら僕の兄弟なのかも知れません。
Hanaを始めるのに「南国系」の花や観葉植物を購入したり頂いたりして、この「なんだかわからない緑」ははっきりいって邪魔な存在でした。

何度、捨てようかと思ったのですが、「母の形見」というのもあり、捨てられずにいました。
母が他界して2年の月日が過ぎ、その年の春にようやくデュランタは花を咲かせました。
紫色の小さくてきれいなお花です。

「ほら、トモ、捨てなくてよかっただろ・・・?」

とでもささやくように小さなその花は僕に語りかけます。
母がいなくなって6年、ずっと僕の側で僕が毎日働いてる姿を見守ってくれています。

僕はこのデュランタの花言葉知ったとき、ちょっとだけ涙が出ました。
いろんなことがあったけど、僕は一人じゃなかったんだね。

デュランタの花言葉は「あなたを見守る」。

ありがとね・・・。母さん。
[PR]
by hairhana | 2008-05-31 19:30 | Hanaの花 | Comments(2)
私を忘れないで
a0037910_2431188.jpg


今週の花は「ゴテチア」。
前回のシャクヤクとは違い、派手さはないけれど可愛くて柔らかいイメージのお花です。
花弁が開ききるとまるでひとつの大きな花のようにゴージャスになります。
和名は「色待宵草(イロマツヨイグサ)」でマツヨイグサの仲間です。

花言葉は
「変わらぬ愛」 「静かな喜び」

もうすぐジューンブライドの季節。
6月のちょっと暖かくなった雨を二人で眺めながら変わらぬ愛を約束してもいいかもね。

バースデーやクリスマスにブランドもののバッグやアクセサリーをど〜ん!と渡すのもいいけどね、
何気ない日常のデートにこんな可愛いお花を一輪手渡すのもステキですね。
カフェで待ち合わせて男の子からサッと手渡して、しばらくその花のことを話して、女の子がバックと一緒に持って歩いてる姿は誰が見ても
「大切にされてるんだね」
と微笑ましく人の目に映るんですね。

男の子は是非、試してみてください。
女の子はブランドショップのショーケースの前でおねだりするより、簡単でポイントアップできますよ。

Hanaの近所の「いしのフローリスト」で1本150円の幸せです。
[PR]
by hairhana | 2008-05-30 15:45 | Hanaの花 | Comments(2)
ええ漢字
a0037910_634359.jpg


Hanaに訪れてくれる人は、ホント、いろんな人がいます。
先日、最近恵比寿に引っ越して来てHanaの雰囲気が気になって来てくれたお客様。

「国重友美(くにしげ ともみ)」さん。
この人は「書家」で、英語と漢字を組み合わせた「英漢字(ええかんじ)」を作りだし、一躍有名になられた人です。
山口県の出身で、見た目はアイドルのような華やかで可愛らしい方なのですが、とてもおおらかでで優しい人です。

その友美さんが昨日(5月28日)からしばらくの間新宿伊勢丹で個展を開いています。
昨日、「ちょっとヤボ用」でスタッフのみんなと出かけて観に行きました。
「書」は僕たちみんな子供の頃から慣れ親しんだものなのにあまりにも身近すぎて鑑賞としてはどちらかというと絵画の方が頻繁に触れることができる感じですよね。

シャンプーをさせていただいた時、シャンプー台に飾ってある「眠たくなったら寝てください」の絵の文字を見て僕の性格や人柄を話してくれました。
それがあまりにも当たっているのでビックリしたら
「字は無意識のうちにその人の性格が出るんですよ」
というお話から書のお話になりました。

友美さんの作品はとても力強くてそれでいてキュートです。
そして言葉の持つ意味が見ている僕たちの心の中に気持ちよく入り込んできます。
日曜日にはトークショーもあるみたいなので、デートに、お散歩にちょっと立ち寄ってみるといいですよ。

★ 【御祝 国重友美英漢字作品集】
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31525356
[PR]
by hairhana | 2008-05-29 06:56 | ニコニコ日記 | Comments(0)
Hanaのヒミチュ
a0037910_11303354.jpg


みなさん、いつもこのブログを、そしてhair Hanaをご利用いただき、ありがとうございます。
早いものでHanaが生まれてかれこれ6年という年月が過ぎようとしています。
お母さんに手を引かれて子供用のイスで髪の毛を切った小学1年生が中学生に。
そう思うと、すごいね。
Hanaもそれくらい成長したのかなぁ?

6年前、Hanaをオープンするためにいろんなことを考えました。
きれい事じゃなく、本当にHanaはお客さんの方向を見ながら考えたお店です。
オーナーである僕のこだわりや趣味趣向は一切捨てて考えました。
サロンのデザインから技術、そしてサービスに至るまで。
だから、床一つ取っても“意味”があります。

こだわりがあるとすればそう言った細かいところかも知れません。
ただ、それを話し出すと多分、1日かかってしまうので、小出しに聞いてもらえたらなぁ〜と思い、新しいコーナー「Hanaのヒミチュ!」を作りました。

不定期に更新しますから、暇つぶしにでも見てやって下さい。
そして、出来ればその“意味”に触れてもっとHanaを楽しんで下さい。
Hanaはあなたの笑顔を作る場所です・・・。



「トモさん、なんでHanaをここに出したの?」

とよく聞かれるのでお答えします。
実は、知ってる人も多いと思うんだけど、Hanaの前身は隣町の目黒に「nigi nigi(ニギニギ)」という小さな美容室です。
変な名前でしょ?
ちなみにnigi nigiはフィリピンのボラカイ島の言葉で“女の子”という意味です。
そこは小さなビルの3階にあって、そのビルはエレベーターがついていませんでした。
だからみなさん、階段をえっちらおっちら登って来てくれてました。

あるお客さんが
「トモさんの店、気持ちいいからうちの母も連れてきたいんだけど、母は足が悪くて車椅子だから、ここ、エレベーターがないから難しいのよね〜」
と言われました。
ショックでした。

「来たいと行ってくれる人を拒む店」なんて嫌だ!
と思い、手作りでインターホンを作り、お店の下に来たときに押してもらって下まで迎えに行って僕が抱えて上がろうと思いました。

そこでわかったのは
「そこまでして欲しくない」
ってこと。
だからせっかく着けたインターホンは一度も鳴ることがありませんでした。

「コレじゃダメだ!」

と思い、お店の移転を考えたのは当時、高齢にさしかかろうとする母がいて、母もいずれ車椅子のお世話になるんだろうなあと思い、そのような人たちが気軽に来てくれるお店にしようと心に誓い物件探しをしました。

結局、今のHanaに出会うまで2年かかりました。
決めた条件は1回の路面店で、店の前に駐車スペースがあり、安全に、そして安心して車から乗り降りできるということ。
駅からちょっと遠かったんだけど、歩ける人には元気に歩いてもらおう。
「わざわざ」来てくれる人には「わざわざ」なおもてなしをしようと思い、ここに決めました。

そして、もうひとつは、お客さんの層が働いている女性(主婦もね)の割合が高く、みなさん忙しい日々を過ごしてこられているので、「ひとときの休息」を提供できたらなぁ〜と思い、リゾート風のサロンにしたかったという思いもありました。

そこがHanaのスタートです。

青山や表参道にあるカリスマ美容師のいる最先端の美容室ではありませんが、それらのどのお店よりもお客さんの方を見ているお店だと自信を持って言うことが出来ます。

これから少しずつ、Hanaをみなさんに知っていただくために、思いを書きしたためようと思います。
これからもHanaをよろしくお願いします。m(__)mペコリ
[PR]
by hairhana | 2008-05-26 11:33 | Hanaのヒミチュ | Comments(2)
Hanaの花
a0037910_9531968.jpg


「立てば芍薬(シャクヤク)、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

昔から美人のことをそう言うのだが、シャクヤクの花を見ているとその華やかさに目を奪われてしまいます。

Hanaではロビーラウンジのテーブルの上にタイのベンジャロン焼きの一輪挿しにみなさんをお出迎えするお花を生けています。
切り花なので早い物で5日、とても短命ですが、その花の命の中で一番ステキに輝いている時をみなさんと共有してもらってます。
その季節に合ったお花を飾ってあるので気候と共に季節を感じてもらえると嬉しいなあ。

シャクヤクの花言葉は
「慎ましやか」「はにかみ」「恥じらい」「内気」「清浄」。
まるで僕のような花です。
まだまだ季節だからみなさんもお部屋に一輪いかがですか?
[PR]
by hairhana | 2008-05-24 10:06 | Hanaの花 | Comments(2)
恋の貯金箱
a0037910_6572810.jpg


「なんでだよっ?」

君の好きなものはなんでも買ってあげ“た”じゃないか。
君が困ってるときだって助けてあげ“た”じゃないか。
あんなにも君のこと大切にし“た”じゃないか。

なのに、なんで?なんでなんだよぉおぉおおおおっ!!!????

と、まあ、今までし“た”ことを並べ上げてもあまり意味をなしません。特に女性には。
「一宿一飯の恩義」
とはついぞ昔の話で、飯食わしてもらって一晩泊めてもらったからと言って命を投げ出すのは時代劇の中に住む男気のあるお侍さんだけかも知れません。

ことさら「恋の貯金箱」はありません。
一生懸命相手に尽くし定期預金をしたつもりでも利息はおろか、元金さえ返却されることはありません。
冷たい話ですがそれが現実です。
もし、あなたが逆の立場で過去の恩義を並べ立てられて

「これだけ君に尽くし“た”んだから、もっと僕を愛してくれよ〜」

と言われたら困りますよね。
今、あなたが大切な人が大好きなのは。過去のしてくれ“た”ことじゃなく、今の今の彼(彼女)が大好きだからですよね。

過去にあぐらをかいてないで、さあ、今日も大好きな人を愛しましょ。


永遠の名曲だね
【minnie ripperton lovin' you loving】
http://jp.youtube.com/watch?v=lX3K35jvY9A&feature=related

マイケル・・・君は今、どうしているんだい?
【Michael Jackson - I Just Can't Stop Loving You】
http://jp.youtube.com/watch?v=qqmfxdHQMIM
[PR]
by hairhana | 2008-05-23 07:00 | hanaのひとりごと | Comments(6)
暑いときは鰻だネ
キレイにして笑顔を作る、それが美容師の仕事
美味しいものを作る、それが料理人の仕事

a0037910_13205520.jpg


昨日の雨はすごかったね。
「けっ、せっかくの休みだっつ〜のに・・・」
でも、お昼には上がって気持ちいい青空が顔を出したので
久しぶりに築地の「丸静」に行ってきた。

ここんとこ激しい天気の移り変わりと1週間頑張って仕事したおかげでちょっとバテ気味。
一週間ぶりの休みに栄養補給をと頭に浮かんだのが「鰻」。
頭に浮かべるとその瞬間バイクのキーを持っていた。
場所は銀座から晴海通りを築地方面に進み、勝どき橋の2つ手前の信号の左にある牛丼の吉野屋の路地を左に入った路地裏にポツンとある。

のれんをくぐると福耳の大将がだみ声で
「へい、らっしゃい!」
と威勢のいい声が聞こえる。

壁のメニュー表に目をやるとそこには???な暗号のような文字が書いてある
「造・直・連・臣・尊・王」
・・・ってこりゃなんだ?
と思うけど、単に鰻の量の違い。
一番小さい造で¥1900。女の子ならこれで十分。
ガッツリ食べたい男の子は¥2700の臣がオススメ。(ちなみに写真は臣です)
臣だと重のフタが閉まらないのでそのまま出てきます。

ホカホカのご飯にしっかり脂ののった鰻。
タレはサラッとした甘辛のタレで主張しすぎないので鰻の味がよく解る。
肝心の鰻は下ごしらえがちゃんとしてるんだろうね。全く臭みがない。
皮の部分は例えていうなら餃子の皮ほどではないがパリッというかプチッというか、絶妙な歯ごたえを残してそれを歯で噛むと「ジュワッ!」と鰻の脂とうま味が一気に口の中に広がる。
すると同時にフワフワの身が口の中に突入してくる。

「ハフハフ!う・・・うみゃいっ!・・ハフハフ・・・」

ご飯の甘みとタレの辛み、ご飯の軟らかさと鰻の柔らかさ、そして皮の食感。
前頭葉に「うりゃ!うりゃっ!」とキックを入れられながら食べてるとあっという間に完食。
一緒に付いてくるお新香と肝吸いもGoo!

「ごちそうさまでした・・・・(-人-)。」

大将が
「都内でこの値段でこの味を出すところは先ず無いよ。」
と言われたが、それほど鰻を食べ歩いているわけではないが、少なくても今まで「鰻だと思って」食べていたそれとは明らかに一線を画している。

以前も話を聞いたがここはガスで焼いている。
素人の僕は「炭火焼き」の方が焼き物は美味しい。と勘違いしていたが大将曰く

「天然物の鰻なら堅いからじっくり炭火で焼かないといけないけど、今は養殖だから炭火で焼いたらスカスカになっちゃうから養殖はガスでパッと焼くのが一番美味いんだよね」

だそうだ。
お店の看板やのれんに「炭火焼き!」と大きく出している店があるが、炭火焼きはあくまでも「手段」であってそれそのものは料理ではないということ。
職人が技術ばかりにこだわるとそれは「鰻屋」ではなく「炭火焼き屋」になってしまう。

この店は先代がうなぎ問屋を営んでいてかなりの年数鰻と向き合ってきている。
そんな老舗でも時代の流れの中で技法を変えていく。それはこの店が
「美味しい鰻をなるべく安くお客さんに食べてもらう」
というのが本質で売っているのが「炭火焼き」の技術ではなく「美味しい鰻」だからだろうね。

鰻屋さんに限らず様々な職業が時代の流れでニーズや技法が変わっていく。
中にはせっかく長い時間をかけて習得した技術や知識が全く通用しなくなる場合もある。
だけど、技術や手法にこだわらずお客さんの顔を見て仕事をしていれば新しい技術や知識を手に入れる苦労はむしろ喜びなんだと思う。

そして、決してその知識やノウハウは無駄にはならないよね。いつかまたその技術が必要な時代が来るかも知れないし、例えば鰻屋がガスが使えなくなったりしたときにその経験があるといとも簡単に墨で焼けるとかっちょいいね。
引き出しは多ければ多いほどいいじゃないか。

そう思うと僕たち美容師ももっともっと勉強しなきゃ。
新しいデザイン、新しいテクニック。
「炭火焼き屋のような美容室」にならないように頑張んなきゃ。

それでもHanaは「気持ちいい」はずっと変わらずいたいと思います。

[Shop Data]  
住所:中央区築地6-12-10    
電話:03-3541-0072  
営業時間:11:30-15:00 17:30-20:00  
休み:日祝 
a0037910_13253324.jpg

[PR]
by hairhana | 2008-05-22 13:25 | さすらいの食いしん坊 | Comments(0)
Tomorrow
泣いても笑っても時は誰にも平等に過ぎていくね
それならせめて笑っていたい・・

a0037910_2305787.jpg


一瞬のうちに四川省の地震は多くの命を奪い去った。
僕たちはテレビや報道を通じてしかその状況を知ることが出来ないが、
昨日やっていたテレビでがれきの下に埋もれた男性にインタビューして
その人が遠く離れたところにいる奥さんに衛星放送を通じてメッセージを言う

「僕は大丈夫だから。(中略)僕はあなたが側にいてくれればそれだけでいい・・」

その後、4時間かけて救出されたときに彼は力尽きてしまい救助隊員の呼びかけに応じる言葉がなかったシーンが流されたがいたたまれない気持ちになった。

遠く離れた我が国日本では硫化水素による自殺が流行っている。
言葉も無い。
看護師さんのお客さんに聞いたけど、硫化水素は少し吸ったくらいなら気持ち悪いですむけど、ある程度の量を吸ってしまうと死ななくても脳に傷害が現れたりそうなると一生治らないそうだ。

自殺を決めた本人はその気で吸ってるから死ぬことは出来るのだろうが発見した家族や知らずに救出しようとした第一発見者、側の部屋にいた人まで巻き込んでしまうとんでもない方法だそうだ。

死にたくなるほど辛い事があったのかもしれない。
理由や動機は他人には計り知れない。
ただ、他人を巻き込むエゴは許し難い。
せめて代用がきくなら天寿を全うできずこういった災害や事故で亡くなっていく人にその命を分けてあげて欲しいものだ。

まだなんの恩返しや親孝行もしていないまま母親を失い、15年、文句も言わず(言えず)側にいてくれた愛犬を失った身としてはそんな報道を目にする度にいたたまれない気持ちになってしまいます。

どんな辛いことや悲しいことがあっても「明日」は誰にでも平等に必ずやってくる。
吹き抜けるような青い空も、優しい雨も、爽やかな風も勝ち組だろうが負け組だろうが男でも女でも誰にでも感じることが出来る。

「自分より不幸な人は世の中沢山いるからまだ幸せな方なんだよ」

なんてことは更々思わないが僕は母を送り出した翌朝の空気と日差しが気持ちいいと思ったときに
「絶対幸せになってやる。なにがなんでも幸せになってやる」
と心に誓いました。
だから全てを失い路上生活者になったとしても
「お、今日はマキシムのミルフィーユが入ってやがる。なんてオレはついてんだ」
と思いながら生きていると思います。
明日がある限りね。


「明日も私のことを愛してくれますか?」
いろんな人がカバーしてる名曲だけど、ぼくはキャロル・キングが好きです。
【Carole King - Will You Still Love Me Tom】
http://jp.youtube.com/watch?v=rzPUfZ32GLw&feature=related

【岡本真夜ーTOMORROW 】
http://jp.youtube.com/watch?v=YLsNz-9EYRs

こっちの方が好きなんだけどね
【Alon】
http://jp.youtube.com/watch?v=FXJQ_-qu-Ls&feature=related
[PR]
by hairhana | 2008-05-20 03:25 | hanaのひとりごと | Comments(0)
タケコプターありマス
空を自由に飛びたいなぁ〜♪

a0037910_64957100.jpg


「HEROS」っていうドラマに今更ながらはまってる。
時間を止めたり、不死身だったり、未来が描けたり、空を飛んだり・・

「どれでもいいから超能力欲しいぃ〜!」

って思うオレは根っからの怠け者なのかも。
「タケコプター」が欲しい。
でも『頭にプロペラ載っけて飛ぶくらい回ったら頭皮がねじ切れる』ってなんかの本に書いてあったな〜
つか、飛んでるとき、クビ吊ってるようになんだろうな〜方向転換なんてやったら首の骨折れちゃったりして・・・だめだこりゃ。

「瞬間移動」だってさ『どこまで』移動すんだ?現れた瞬間素っ裸だったらやばいな。
服も一緒なら靴も一緒で底に触れてる地面まで瞬間移動か?
んならジャンプしなきゃ。
やっぱ裸か。
そんなら移動するところに前もって着替えを置いときゃいいじゃん。
つか、チョォ〜不便。

地道に生きよう。
飛びたきゃ働いて飛行機に乗ろう
移動も電車でいいや。

さて、今日も頑張って働こう。
[PR]
by hairhana | 2008-05-18 07:21 | hanaのひとりごと | Comments(0)
カレー曜日
毎日食べたい
いつでも食べたい

a0037910_3102452.jpg


もう、何も言うまい、何も食うまい。
おまえが好きだ。
おまえが好きなんだぁああああっ!

食べちゃいたいくらい・・・。

モンタンベールの『ハヤシカレー』。
通常のハヤシライスは少し甘ったるく重い感じだが、カレーをミックスすることで味に「キレ」が出る。
だから、スプーンが止まらない。
何が入ってどうのこうのとは言わない。

ただ単に、美味い・・・。

休むことなく一気に完食。
久々にHanaのスタッフ一同で出かける。
あいちゃんは大好物のカツカレー。
トモ、とスーさん、アヤコはハヤシカレー(スーさんは大盛り)

オムレツカレーのオムレツを特別にトッピングしてもらったが、ハヤシカレーはストレートに食べる方が美味しかった。
シンプルイズベストってとこかな。

カレーもいいけどハヤシもね

a0037910_3104159.jpg
あ、ランチはコーヒー(チャイ、アイスコーヒー)とデザート付きで+150円
これ、まじやばいっす。

【モンタンベール】
渋谷区恵比寿4-9-5 1F
TEL 03-3441-7
ランチ 11:30~15:00
ディナー 17:30~23:00(ルーが無くなると終わり)
定休日日曜と月曜の祭日

コレを見たら食べるしかないよね

[PR]
by hairhana | 2008-05-17 06:02 | さすらいの食いしん坊 | Comments(2)