hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
こんにちは! いよい..
by みるきー at 15:54
> みるきーさん 遅れ..
by hairhana at 07:08
あけましておめでとうござ..
by みるきー at 17:43
> みるきーさん 普通..
by hairhana at 08:42
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1130)
(1127)
(1126)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2007年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧
怒るのはやめましょう
a0037910_1311100.gif

ダイエットをして変わったことで一番大きいのは
「甘い物が食べられなくなった」
ってことです。
一口もってほどではないのですが、以前のように「大好きぃ〜〜!」ってほど食べなくなりました。

あの新宿で売ってる「貴重なドーナツ」も、半分食べるのが精一杯。
チョコレートケーキは一口でギブアップ。
コンビニのお菓子に至っては食べる気すら起こりません。

それと共に「気長」になりました。
それほど切れやすい人間ではないのですが、以前は買い物とかしていて失礼な店員とかに
「なんじゃこりゃぁ〜〜!」
と思ってみたり、理不尽な営業の電話に怒ってみたりと少しだけ怒りっぽかったのが、最近は全く怒りません。

アメリカの博士の研究で
「甘党の人ほど人間関係で喧嘩が絶えない」
というデータがあるそうです。
研究によると、甘味は男女の関係を破壊する物質としかいえないそうです。
結婚生活が破綻する50〜70%は甘味の取りすぎだそうです。

甘いケーキを何個も食べる人は怒りっぽいそうです。
そして、心に不満がある人ほど甘い物を欲してしまう。
主な原因はアドレナリンで欲求不満や緊張を強いられるとアドレナリンの分泌が多くなり、そのアドレナリンは血液の当分をエネルギーにするので自然と糖分が欲しくなる。

だから心に不満があると甘い物が欲しくなるけど、それを我慢するようにするとアドレナリンの分泌が抑えられるので気持ちが穏やかになるわけです。
僕も日常でイラッとすることは多々あって、そう言えば昔はコンビニの「エクレア」をよく食べてました。
最近はジュースすら飲まなくなり、とても穏やかな気持ちで毎日を過ごしてます。

甘味はケーキなどのお菓子だけでなく、料理にも多量に使われることがありますから、やはり、食材の味を生かしたシンプルな和食は理想的な食事なのでしょうね。

とは言え、あんこは好きなんだなぁ〜
[PR]
by hairhana | 2007-07-30 13:46 | ダイエットGo!Go! | Comments(2)
やっとなぁ〜♪
a0037910_22575392.jpg


仕事が終わって隅田川花火大会を観に行きました。
バイクを蔵前通りに置いて、歩いて行ったんだけど、とにかく、人、人、人、人ぴっちゃん。
「花火を見る」というよりも「人を見る」って感じでした。
肝心の花火はビルの合間に4分の1くらい覗いているのを見て
「うぉ〜〜〜!」
とか言ってました。
なにがうぉ〜だか解らないけど、集団心理とはこういうことを言うのだろうと改めて思いました。

30分も人を見てると僕的に限界が来て、
「あ、魔法が解けちゃう!」
とシンデレラのように急いでその場を後にしました。
橋の上が一番見えるとのことでしたが、一方通行の上、すごい混雑ぶりで、もし、途中でウ○コしたくなったらと思うと怖くて行けませんでした。

早めにその場を後にしてバイクを走らせていると、ちょうど神楽坂の前を通ったときに
、なにやらお祭りをしていたので、バイクを止め観に行きました。
ホント、バイクって便利ですね。

神楽坂では「阿波踊り大会」をやってました。
阿波踊りは高円寺が有名ですが、ここ神楽坂も盛んです。
普通の阿波踊りと違い、急な坂道をあの中腰姿勢で登るので相当体力が必要になります。

「やっとなぁ〜〜!♪」

「やっとやっとぉ〜〜!♪」

のかけ声に始まりお囃子が続き
腰を低く落とした「男踊り」。
それに続き編み笠を深く被り涼しい色の浴衣を着て艶やかに踊る「女踊り」。
そしてお囃子が続きます。
笛、三味線、締太鼓、大太鼓、鼓、鉦
と、日本独特の音色で、特に笛の音が妖艶な音を奏で、他にない「色っぽさ」を演出しています。

阿波踊りには「連」と言っていわゆる連合会みたいな物があり、企業、大学、商店街、町内会と様々な連が存在します。
大人だけの連もあり、子供も含む連もあります。
子供の踊りも可愛くて目を引きます。

観ているとどんどん引き込まれ、手拍子はもちろんのこと、かけ声もかけてしまうくらい見ている人も盛り上がります。
なんだか日本人に生まれてきてよかったなぁ〜と改めて思わせてくれるひとときでした。

本場の徳島に行ってみたいけど行けない人は8月25日、26日の土、日曜日の18時〜21時に高円寺であるので是非、一度観に行ってみてください。
もしかしたら僕が踊っていても声をかけないでね。(恥ずかちぃから)

今年はせっかくだから浴衣でも着てみようかな。
どなたか一緒に浴衣デートしてください。

高円寺阿波踊り
http://www.koenji-awaodori.com/

[PR]
by hairhana | 2007-07-28 22:57 | ニコニコ日記 | Comments(2)
欲しいもの
a0037910_1044194.jpg

子供の頃、欲しい物がたくさんありました。
「ウィンカー付き自転車」なんか、毎日、学校帰りに自転車屋の前で飾ってあるのを眺めてました。
自転車屋のおじさんが
「見てみんさい」
ってウィンカーを点けてくれます。それだけでドキドキしました。

持ってる友達はみんな親に買って貰ってたんだけど、我が家はお金が無かったので、
5年生の時、親に頼み込んで新聞配達のバイトをさせてもらい、一番最初に買いました。
毎朝、毎朝、雨の日も風の日も眠たい頭にキックを入れて配ります。
途中、配達先が同じの牛乳配達のお兄さんとナイショで新聞と牛乳を取っ替えっこします。
おかげで我が家は新聞と牛乳は買いませんでした。

アルバイトの経験を通して学ぶことはたくさんありました。
学校という守られた空間の中、お小遣いというなんら労働もせず与えられるお金と違い、働いて得るということは何物にも代え難い経験だと思います。

欲しい物を得るとき、人は努力します。
本当は手にした物よりも、その間頑張ってきた課程に意味があるのかも知れないと大人になって気づきました。
オモチャ屋の前で座り込んで泣き叫ぶ。
不満をぶつけて買って貰う。
「みんな持ってるんだから」
座り込むのもある意味努力なのかもしれませんが、いい経験とは言えないでしょうね。

人生を振り返ってみると、僕の人生、かなりのデコボコでした。
物事がスムーズに行く方がかえって気持ち悪いくらいです。
その都度落ち込んで、凹んで、投げ出したくなりますが、グッとこらえて前を向いて歩きます。
それが出来るのも子供の頃の頑張った経験があるからかも知れません。

僕はとりあえず、なんでもチャレンジします。
芽の出ない植物でも鉢を変え、土を変え、芽が出るまで育てます。
環境や時代や他人のせいにしたりはしません。

こうして僕は毎日、幸せに向かって生きています。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2007-07-28 11:02 | hanaのひとりごと | Comments(3)
マジ、美味いっす!2(がんこラーメン総本家)
a0037910_12151530.jpg

ダイエットが終わったので、食ってます。食らってます。
それでもリバウンドしません。
いいでしょ〜。

ダイエットのおかげで食生活も代わり、好みも変わりました。
コンビニで売ってる物は食べたいとも思わなくなりました。
すると当然夜中にたべるという事が無くなります。
それでも「食べたい!」と思う物は数多くあります。
その中でもラーメンは以前に比べ全く食べたいとすら思わなくなったのですが、ここのラーメンだけは別格です。

元は都電の早稲田の終点にお店があったのですが、ここの店主の一条さんは気まぐれで、行列が出来てたのにある日突然、店じまいをして、またそれもへんぴな場所に看板も出さずにオープンします。
それもスープのできの悪い日は突然休みます。
以前も、店を抜け出して行ったら
「ごめん。今日休みね。なんなら美味しいラーメン屋紹介しようか?」
と言われ紹介して貰ったのが「栄屋」でした。

化学調味料は一切使わず、素材の味で勝負。
化学調味料が入ってると美味しいけどベトっとした感じが舌に残り、口の中が重くなります。
ここのラーメンは「切れ」ます。
だからスープがどんどん無くなります。

今回は担々麺を頼みました。
ベースは「油そば」なので、汁気はありません。
松の実とか青唐辛子が入っていて独特の辛さと濃厚な味が食欲をそそります。
オマケに付けダレが出てくるのでこれに付けて食べるとまた違う味が楽しめます。

ここのラーメンに関してはあれが入って、麺がどうで、スープがどうでなどと評論家みたいなことは言いたくありません。
ただ一言、食べ終わった後に

「ふぅ〜!美味かったぁ〜〜!」

で十分語れると思います。
今、ラーメン界は「ダブルテイスト」とか、冷鮮の変わり種のラーメンが多いみたいですが、ここのは「中華ソバ」です。これが美味しいんです。
みなさんも一度、足を運んでみてください。ね

a0037910_12153268.jpg店舗情報:
元祖一条流がんこラーメン総本家
【所在地】東京都豊島区東池袋1-13-12 
【電話】なし
【定休日】無休(当面)
【営業時間】
○11:30-22:00(客のいない合間に中休み、30分〜1時間程度有り)
【イベント】
□がんこスペシャルの日:第2日曜日 12:00-22:00
□悪魔の日:第4日曜日 12:00-22:00
【最寄り駅】JR山手線・埼京線・西武池袋線・東京メトロ丸の内線・有楽町線 池袋駅 徒歩6分
http://www.geocities.jp/ramenjiyuku/m.toshima.ganko.ramen.html
[PR]
by hairhana | 2007-07-27 13:02 | グルメのお話 | Comments(0)
マジ、美味いっす!(天ぷら 天すけ)
a0037910_2142723.jpg


この写真を30秒間ジッと見つめてください。

・・・・・お腹が空いてきたでしょ?
高円寺にあるカウンターの天ぷら屋さん「天すけ」のタマゴの天ぷらに天つゆをかけた丼です。
通常の「天ぷら定食」とさらに「タマゴ」を頼むとタマゴを油に入れてそこに衣を絡ませながら揚げていきます。
ある程度形になったらすくい上げホカホカののご飯の上にのせ、天つゆをかけます。
箸でタマゴを割ると中から濃厚な黄身がジュワッ!としみ出てきます。

そして、目の前には魚を始め、様々な天ぷらが揚げたてで並びます。
口に入れると熱々で、噛みしめると
「サクッ!サクサクッ!」
と弾けるような音と食感がアドレナリンを分泌させハイな気分になります。
そしてそこに先ほどのタマゴとご飯をかき込むと・・・

「サクッ!サクサクッ!ジュワァ〜〜〜ン!サクッ!サク・・・」

と食べるという名の快楽を満喫できます。
お店はカウンターで10人くらい入れます。
店主は中村勘三郎さんに似たいい男で、常連さん一人一人の飲み物の好みまで細かく指示します。
それでいて1300円くらいというリーズナブルさ。
a0037910_21573979.jpg


帰りにお願いして天かすを頂きます。
家に持って帰って蕎麦をゆでてたぬきソバにすると、これがもう、最高です。

みなさんも一度は行ってみてくださいね。

《店舗情報》
天すけ (てんすけ) 
杉並区高円寺北3−22−7 プラザ高円寺 1F
03-3223-8505 
定休日:月曜日 
12:00〜22:00 
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13010553/
[PR]
by hairhana | 2007-07-26 21:58 | グルメのお話 | Comments(0)
レディファーストし過ぎてる?
a0037910_9143481.jpg

プラチナ通りにあるラ・ボエムに深夜行きました。
遅い時間でもけっこうお客さんが入っていて店内は賑わってました。

なんとなく入ってくる人たちを観ているとあることに気がつきました。
カップルで入ってくるほとんどが女性が先に入ってきて先に席に着きます。
「レディファースト」と言われればそうなんでしょうが、どう見ても「優先されてる」と言うより、「男を連れて入ってきた」って感じです。
食事も女性が選んでるみたいです。

いつからこんな風になってしまったんでしょう?
「レディファースト」とはいえ、あまり先に行きすぎては「大切にされてる」感が無いように見えます。
確かに女の子の方がいろんなお店を知っていて美味しいものもたくさん知ってます。
男に任せるととんでもないダサイ店に連れて行かれるのが怖いのかも知れません。
でも、そうしているといつまで経っても男性は女性をエスコート出来なくなります。

僕がまだ東京に出てきて2〜3年の頃、当時の彼女の誕生日をステキな日にしたくて六本木のキャンティに行くことにしました。
当時の僕の収入ではちょっと背伸びしたお店だったのですが頑張りました。
でも、突然行っても戸惑ってしまうので事前に一人で行きました。
その時、マネージャーの人に後日のことを話して大まかな予算を伝えました。
当日、ガキんちょの僕をとても大切に迎えてくれて、奥の一番いい席に通され最後にお店からとケーキまで頂きました。

毎回とはいかないけど、男はそうやって頑張るんですよ。健気でしょ?
親の世代はイスを引いたり、エスコートしたりする習慣なんてなかったわけだから手探りで自分で学ぶしかないんだよね。
だから、大きな気持ちとながぁ〜〜い目でスタコラ先に行かずに見守ってやってくださいよ。

ちなみに「レディファースト」の語源って知ってる?
そもそも戦時中に欧米で使う"レディ" という言葉の意味は、「閉経になった女性」を指すそうです。
つまり子どもを生めいない女性の意味で、この"レディ"という
言葉が使われているようです。

したがって、そういう女性は、戦時中、もう用済みとして 扱われて、例えばドアを開ける場合、ドアの向こうには 誰がいるかわからない。
ひょっとするとドアをあけたとたんにピストルの弾が 飛んでくるかもしれない。

その弾よけのためにこうした女性を最初に差し出すということが
本当のレディファーストのようです。
つまり、レディーファーストの本当の意味は
"弾除け"的な
意味があるようです。

皮肉なもんですね。
だから自分で男の先に立ち、スタコラドアを開けて入っていく女性は知らず知らず男の弾よけになっていたんだね。
だから今度から「ジェントルマンファースト」して男を弾よけに使いましょうね。
[PR]
by hairhana | 2007-07-26 09:15 | hanaのひとりごと | Comments(2)
昨日の報告書
a0037910_1321713.jpg

今日は、昨日の僕の予定を知ってる「一部の人」のための報告になります。

結局、あれほど騒いでいたプールには行きませんでした。セーフ。
午前中は部屋の掃除。
午後からは横浜の倉庫に遅ればせながら冬服を仕舞って夏服を出してきました。
まあ、僕の作った「てるてる坊主」はホント、効果満点。
吊してわずか30分も経たないうちに雨が止みましたから。

夕方から赤坂のニューオータニに向かい。
プールサイドのカフェでしばし読書を楽しみました。
俳優の成宮寛貴くんがお友達と泳いでました。ヒョウ柄の海パンに度肝を抜かれつつも移動して合流。
招待してくださった人がお誕生日だったので
インターナショナル料理トレーダーヴィックスでご飯を食べました。
あれだけ美味しそうな物が出てもダイエットのせいか、ほんの味見程度でギブアップ。

その後、抜けて南麻布の友人のやってる飲めない僕が唯一通う店、Bar Frascoに行って、久々に夜更かしをしてしまいました。

総評: よくできました。
ってとこですかね。
[PR]
by hairhana | 2007-07-25 12:58 | ニコニコ日記 | Comments(4)
地下鉄に乗って
a0037910_1127037.jpg

子供の頃の記憶は曖昧なもので、トラウマのように残っている出来事ですら、実は自分自身の想像や思いこみで膨らんでいたりします。

親の言った何気ない一言に傷ついたり、言い返せない自分に腹が八つ当たりしてみたり、
「死ね!くそババア!」
などと暴力的な言葉を吐いたり。
今思うと親も相当傷ついていたに違いない。
もし自分に子供がいて
「パパ、大嫌い!」
と言われただけで僕だったら一日ご飯が喉を通らないような気がする。

恨むほど怒って傷ついた出来事も親の立場からするとしょうがなかったり、もしかして、誰よりも傷ついていたのは親なのかも知れない。
それほど子供の頃の記憶は曖昧なのである。

「地下鉄(メトロ)に乗って」という映画を遅ればせながら観ました。
堤真一さん扮する主人公が地下鉄に乗ったときタイムスリップをして過去の父親や交通事故で死んだ兄に再会します。
そこで見たものはおよそ自分の記憶の中の傲慢で恐ろしい父親ではなく・・・

主人公が現在と過去を行き来するたびに「真実の過去」に触れ少しずつ変わっていくノスタルジックで優しい映画です。
岡本綾さんが演じる主人公の恋人が常盤貴子さんとの会話で

「ひとつだけ聞いていいですか?お母さんを秤にかけていいですか?
私を生んでくれたお母さんの幸せと、私の愛した人の幸せのどちらかを選べって言われたら・・・」

の問いに
「まあ、ずいぶんと難しいことだわねえ。
あのね、お嬢さん。親っていうのは自分の幸せを子供に求めたりしないものよ。
好きな人を幸せにしてやりな。」

その台詞が心に残りました。
日々の生活に追われ過去を振り返る時間もない僕ですが、今度広島に帰ったとき父に逢って僕が生まれる前の母のことや、僕が生まれたときのことを聞いてみようと思います。

みなさんも機会があれば、いや、機会を作ってお母さんやお父さんに昔の話を聞いてみてください。
もしかしたら、心の中に引っかかっていたものがスッと取れたり、今、こうしていられることを感謝する気持ちになれるかも知れませんよ。

「地下鉄(メトロ)に乗って」
http://www.metro-movie.jp/

[PR]
by hairhana | 2007-07-23 12:13 | hanaのひとりごと | Comments(6)
若干名募集!!
a0037910_6113990.jpg

僕の後輩タケちゃんは先日印刷会社を辞めたばかり。
とりあえず生活しなければいけないので目下職探し中。

「贅沢言わない」

と言ってるがなかなか決まらない。
「トモさ〜ん。トモさんとこ手伝いましょうか?」

間に合ってます。

そんなタケちゃんがお店に顔を出してくれてちょうどお客さんが切れたので立ち話。

「トモさぁ〜ん。オレ、幾つに見えます?」

タケちゃんは28歳だが見てくれは20代前半に見える。

「まあ、二十四、五ってとこじゃん。」

「そうですよね。いや、なんか変なんすよ。おととい出たばかりの本に載ってた求人があって、かなりの人数を募集してるから、急いで行ったんすよ。
そしたら、『もう決まった』って言われて、ウソォ〜〜〜!!って感じだったんですよ。
募集に『若いの千人!』って書いてあんのに、そんな二日で決まると思います?トモさん!ねぇ〜!むかつきますよね〜。ねぇ〜トモさん。」

僕はそんなタケちゃんが大好きです。
[PR]
by hairhana | 2007-07-20 06:13 | ニコニコ日記 | Comments(0)
サンスベリアの花が咲いたよ
a0037910_92855100.jpg

5年前のオープンより前から育てているサンスベリアです。
サンスベリアは少し前に「マイナスイオンが出る」という噂が広まりオフィスに家庭に買って置いてる人が増えました。
冬場はほとんど水をやらなくていいのですが、夏などの時期はしっかり水をやることで大きく育ちます。
また、初夏に大きな鉢に植え替えると増えたりします。
ただ、「水をやらなくていい」と思った人が枯らしたり、逆にやりすぎて根腐れしてしまうケースもあります。

植物も人も育てるのは大変ですね。
でも、ちゃんと育ってくれるとなんだか嬉しくなっちゃいます。
そして時折プレゼントをしてくれます。
そう。サンスベリアに花が咲きました。
僕も初めて見たのですが、何年かに一度咲くことがあるそうです。

a0037910_929745.jpgムーミンに出てくる「ニョロニョロ」みたいにカワイイつぼみがたくさん出てきます。
最初、なんか違う種類の植物が根付いたのかと思ったのですが、サンスベリアの間から出たので毎日見守ってました。
すると、ある日、突然花が咲きました。
彼岸花のような花で白い花火のようでした。
咲き誇ったのはたった一晩でしたがなんだかサンスベリアが「ありがとう」って言ってくれてるみたいでした。

みなさんのお家にもし、サンスベリアがあったら花を咲かせてみてくださいね。
[PR]
by hairhana | 2007-07-19 09:39 | ニコニコ日記 | Comments(0)