hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
” Happy Birt..
by みるきー at 12:55
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1257)
(1253)
(1253)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2007年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧
頼む!寝かせてくれぃ!
a0037910_7393811.jpg

元々早起きです。
寝起きはいい方です。
目覚ましもかけません。

自然と目が覚めると気持ちのいい朝を迎えることが出来ます。
逆に「起こされる」とかなり辛いです。
一時期多かったそれも、設定で最近、鳴りを潜めていたのですが、ここ2〜3日、僕を不快にさせてくれています。
それも決まって明け方の4時とか。

さすがに早起きでもその時間は夢の中で砂浜をかけ、波打ち際で水のかけ合いっこをしながら
「つかまえてごらん!ハハハ・・・ハハハ・・ハハハ・・・はぁ〜ぁ・・・。」
とかやってる時間です。
おきまりのパターンで砂浜に倒れ込んで熱いキス・・・・
の前に、起こされます。

「寂しい。
こんな日は、
あなたのことをずっと考えます。

男性の胸の中がイチバンの幸せ、
誰でもいいわけなし、あなただから。。」    千鶴

夜中にこんなメッセージで起こされます。
好きな人に面と向かって言われれば、そりゃまあ悪い気はしませんが、会ったことも記憶の中にも無い人にこんなこと言われても・・・。

実は、僕は携帯電話をいじるのが超苦手でなんです。今の設定もお店に行ってやってもらいました。
誰か千鶴さんの暴走を止めてください。
[PR]
by hairhana | 2007-03-30 07:53 | hanaのひとりごと | Comments(0)
あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。
a0037910_532373.jpg

暖かくなりましたね。温暖化のせいでしょうか、今年の冬は短くて海も暖かかったようで
先日、築地でアジを買ったのですが例年より値段が上がっていました。
冬の魚は脂がのっていて美味しいですね。

僕は「もの作り」が好きなので下手の横好きで料理もします。
いい包丁を持つとステキな車でドライブするのと同じくらい料理も楽しくできます。
先日、ある会話で

「え〜!トモさん、お魚おろせるの?すご〜い!私、絶対できなぁ〜い」

意外とそう言う人は多いみたいです。
でも、「やったことあるの?」と聞くとたいがい「やったことないけど、出来ない」と答えが返ってきます。

「出来ない」はやってみて初めて言える言葉ではないでしょうか。
「トモさん、教えて」
と言われても、そう言う人には
「やってみろ」
しか言えません。やってみて上手に切れなければ切り方を教えられるし、まな板が汚れるのが嫌なら「新聞紙敷けば」とアドバイスも出来ます。

僕は世の中のたいていのことは誰でも出来ると思っています。
もちろん、「世界一」とか「神業」まで到達するには余程の努力と才能が必要ですが、「出来る」程度には誰でもなれるとおもいます。(まれに例外もありますが)

僕も含め、「出来ない」と思ってることでも、まだ「やってない」ことが沢山あるかも知れません。
もしかしたら眠ってる才能が「使ってくれよ!」とあなたに呼びかけてるかも知れません。
先ずは「やってみる」ことですね。

《クレイジーケンバンド:あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。》試聴アリ
http://www.ongen.net/search_detail_album/album_id/al0000014760/
[PR]
by hairhana | 2007-03-28 06:05 | hanaのひとりごと | Comments(4)
魚かな?〜好きこそものの上手なれ〜
a0037910_5165991.jpg

料理を作るのが結構好きです。
でも、お菓子だけは作れません。トラウマがあるからです。

中学生の時、当時の彼女のバレンタインでチョコを(不二家のトンカチ付きハート型チョコ)もらった僕は「恩は倍返し」の性格なのでホワイトデーは「手作りクッキー」でお返しすることに決めました。
当然プラモデルは作ったことあるけど、お菓子づくりなど、小さな子供が、
「ねえ、おかあさん。赤ちゃんはどうしてできるの?」
レベルで全く未知の世界だったので、確か、近所の本屋で立ち読みして、メモると怒られそうなので暗記してうろ覚えのままスタート。

当然配合も目分量。何を入れたのかすら覚えてません。
そして出来上がったのが・・・・

炭・・・・・・・。

ちょっと目を離した隙の出来事。
オーブントースターから立ちこめる煙。
嫌な予感。的中・・・。

直径約3cmの炭の固まりが出来上がりました。
それでもめげずにナイフで削ったのを思い出しました。
いくつか、「そばぼうろ」のサイズまでいくとなんとなく「茶色の固まり」になったので、試食。
何を食べてるのかわかりませんでした。

そんな事が合ってから「お菓子は作るモノではなく、買うもの」という僕の中辞書の1ページに新たな格言が追加されました。
もちろん、それ以来チャレンジしてません。

そんな僕とは逆に子供の頃からお菓子作りが好きでバレンタインには、彼女のお返しが欲しくてチョコをくれる女の子が殺到し、
お菓子の学校を出てしばらく修行し、小さくて可愛い自分の店を開く傍ら、お菓子教室もしてしまう。という女性がいます。

彼女はYukiさんと言います。
食べることが大好きで、いろんなところにケーキを食べに行くそうです。
最近ではお菓子教室の生徒さんとお茶するために紅茶の勉強を習いに自由が丘まで通ってるそうです。
Hanaに来てくれたのもお隣がToshiさんの店があったからだそうです。
お店は木・金・土の三日間で早いときは1時間で完売してしまうそうです。
時々、弟さんと都内で「一日限定Cafe」とかやったりするそうです。

子供の頃からの好きなことを続け、それを仕事にするというのは言葉で言うのは簡単でしょうが「お金をいただく」にはそれなりの腕と努力が必要です。
でも、その大変さも「好きだから」という気持ちが力を与えてくれるのかも知れませんね。
皆さんの心の中にも「好きだから」の力が使ってくれるのを待っているかも・・・・。

僕は美容師という仕事が大好きです。

《きまぐれケーキ 魚かな》
http://www016.upp.so-net.ne.jp/sakanakana/
「魚かな」って面白い名前でしょ?
チーズケーキが大人気だそうです。
[PR]
by hairhana | 2007-03-27 05:44 | オススメ | Comments(2)
ミッドタウン デビュー!
a0037910_14305213.jpg

お隣のケーキ屋ToshiYoroizukaのシェフのトシさんに招待され「東京ミッドタウン」に行ってきました。

a0037910_15442179.jpg小雨が降りしきる中、少し早めに行くと入れてもらえて真っ直ぐトシさんのお店に行きました。
既に2〜3組オープンを待ってましたが11時になるとすぐに店内に入り、16席あるカウンターテーブルに案内されました。
頼んだのは「ブルーベリーのスフレ」と「イチゴのミルフィーユ」。
オーダーを入れてから作り始めるのでしばし時間がかかりますがかなりの丁寧さ。
「デザートに1000円てどうよ?」
と最初は正直思いましたが、あの手間とボリュームを考えたら1000円でも安いような気がしました。

a0037910_15472259.jpg結局、小一時間ほどおじゃましてお店を出ました。
関係者だけのプレオープンなのでそれほどかなぁ〜と思っていたのですが、外に出ると行列がはるか遠くまで。すごいねトシさん。

その後、GALLERIA(アーケード)のあるウエストサイドに行き、とりあえず地下から4階まで見て回りました。
内覧会なので、女性用のエステとか普段、入れないところまで見学できたのはラッキーでした。
六本木ヒルズと違うところは建物がスッキリしていてなにがどこにあるか解りやすいというところですね。
あと、入ってるテナントも67.700,000円の時計が飾ってあるHARRY WINSTONから無印良品やセブンイレブンまで幅広く、ショッピングも気楽に楽しめる感じでした。
レストランの数も多く、デートコースにはことかかない感じでした。
時間がなかったので早足で歩いて見て回っただけでしたが今度、時間があるときにのんびり歩き回ってみたいと思いました。

a0037910_1545093.jpg3/30(金)がグランドオープンだそうです。
多分、相当混み合うとは思うけど、一度、足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。
と、言いつつ、人ごみが苦手な僕は次に行くのは半年か一年先かもしれません。

東京ミッドタウン
http://www.tokyo-midtown.com/
ToshiYoroizuka
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/
[PR]
by hairhana | 2007-03-25 20:05 | ニコニコ日記 | Comments(3)
若さで駈けろ!!
a0037910_715456.jpg

「自分の能力が発揮できて、週休二日、残業無し、海外研修があって、キレイな職場」
昨日、真夜中のラジオで「就職できない理由」とかいうタイトルで今年卒業の大学生で未だ、就職が決まってない生徒に本音インタビューをして集めた「理想の職場像」だそうです。

いいことですね。妥協しないというのは。
就職も、恋愛も、結婚も、仕事も妥協はダメです。
後で必ず後悔します。

とはいえ、折り合いという言葉もありますね。
就職は最終地点ではなくスタート地点ですから、仕事を通じてスキルアップし、人間力を高めていけば、いつかは理想の職場にたどり着けるかも知れません。いや、自分で作ればいいのかも知れません。
ただ、最初のうちは大変かも知れません。だって「なんにもできない」んですから。
本業とはまったく違う、掃除とか片付け、お茶くみばかりさせられるかも知れません。そのうち

「こんなことするために就職したんじゃねぇ〜!バカヤロウ!」

と手にした雑巾をテーブルにたたきつけて、さっそうと会社を後にする時があるかもしれません。
でも、しょうがないんですよ。お金が発生しますから。
誰も昨日まで素人だった人に金を払いたくありませんから。
もしかしたら、「こんなこと」と言ってる掃除や片付け、そしてお茶くみすら満足に出来ないかもしれません。
いや、多分、お茶くみなんかしたことないから、ただ適当にお茶入れて配って、はいおしまい。かも知れません。
掃除だって、お母さんが見かねて部屋の掃除をしてくれてたりすると掃除の手順すらわからないまま一日中フキフキしなくちゃいけないかも知れませんね。

「やってらんねぇ〜よ!バカヤロウ!オレはこんなちまちました仕事するために大学行ったんじゃねえ!、もっとビッグになるんだよ!ビッグに!」

いいですね〜。その調子で世界征服しちゃいましょう。
そして戦闘員(社員)に理不尽な説教とかしちゃいましょう。
こうなりたくないですもんね。

「戦闘員受難」
http://www.youtube.com/watch?v=HVODz_nkVT4&NR

なんて恐ろしい組織作りなんだ・・・「トランプカッタぁ〜!」
[PR]
by hairhana | 2007-03-24 07:27 | hanaのひとりごと | Comments(0)
大衆の反逆
a0037910_8132912.jpg

みなさんは美容室に行ってヘアスタイルをオーダーするときにどうしてますか?
特に初めて行く美容室だと、まるっきり自分の好みやライフスタイルを知らないわけですから伝えるのに苦労しますね。
雑誌の切り抜きやネットで見かけたモデルの写真をプリントアウトしたり。

よく書店にある「ヘアスタイル1000」みたいなスタイルブックを見たことがありますか?
美容室にも必ず置いてありますが、あれを見てるとあることに気づきます。

「なんか、みんな同じ感じがするぅ〜・・・。」

そう、モデルさんや服装が違うのだけど「なんと同じ感じがする」んですね。
まあ、流行とはそういうものかもしれませんが、どうにも没個性過ぎて僕はあまり好きになれません。
「エビちゃん」が流行れば女子大のキャンパスに「エビちゃんもどき」がうようよいたりします。

そういうデザインを「大衆的」とでもいうのでしょうか。
やってる本人は「最先端」だと思っているのでしょうが最先端なのは「真似される人」ただ一人で、真似してる人は三角形の一番底辺の最も幅広い層に属しているのだと僕は思います。
車で言えばカローラ。家で言えば新築の建て売りのようなものでしょうね。

それが悪いとは思いません。
車も家も価格というものがありますから、収入や経済状況で決めていかなくてはいけませんから。
しかし、ヘアスタイルだけは「自分だけのデザイン」が楽しめるチャンスです。
あなたが知ってるようにあなたは世界中探してもあなたしかいないわけですから、それだけで個性的だと僕は思います。
そうであれば「大衆的」な思考に乗っかるのではなく、周りの人に「あなたのようになりたい」と言わせてみたらどうですか?

「大衆」とは「自らを評価しようとせず、みなと同じだと感ずることに安心する人々」と規定される。
と言ったのはホセ・オルテガ・イ・ガセトというスペインの哲学者の言葉。
テレビや雑誌、大衆向けの情報番組に頼らず自分の足と価値観で美味しいモノやステキなファッションを探すようにヘアスタイルやメイクも「脱大衆」でいきませんか?

僕はそのお手伝いをします。


「オレでもできんじゃねえか?」
と素人やタレントが立候補する今の政治もヨーロッパ並みの危機を迎えるのかも知れません。
《大衆の反逆》 オルテガ・イ・ガセー
http://www.amazon.co.jp/大衆の反逆-オルテガ/dp/412160024X
[PR]
by hairhana | 2007-03-23 08:18 | hanaのひとりごと | Comments(0)
木曜大工
a0037910_1717227.jpg

「リゾートホテルのようなサロンを・・」
とサービスやデザインでいろいろ工夫してきました。
ただ、場所柄、外の景色は「降り注ぐ太陽とエメラルドグリーンの海」というわけにはいかず、行き交う車の波と有名パテシエのケーキ屋の行列。

少しでも気持ちいい景色を・・・と思い、
サロンに42インチの大型プラズマテレビを購入しました。
「byd:sign(バイ・デザイン)という元DELLの社長さんが若手を集めて作った会社のものです。

店内が主に木や竹を使ってデザインされているのでいきなり真っ黒なボディは、かなり、でかいです。存在感アリアリです。
と、いうわけでテレビを木製にしました。
実はカッティングシールなのですがこれがまたいい感じに貼れました。
馴染んでるでしょ?

主にハワイやモルジブ、プーケットなどのリゾートの映像を流しています。
ハードがPS3なので、ブルーレイディスクの鮮やかな映像を観ることができるので、是非、遊びに来てください。
(つか、僕の苦心作を見て欲しいだけなんですが)

お待ちしてまっす。

元はこんな感じです。
a0037910_17432294.jpg

[PR]
by hairhana | 2007-03-22 17:43 | Comments(0)
カモメが飛んだ日
a0037910_22365284.jpg

休日、あまりにもいい天気だったのでバイクでお出かけしました。

最初に築地に行きました。
僕の住んでる恵比寿にはいいお肉屋さんや魚屋さんがありません。
んなもんで、築地に行きます。

僕の家から築地までバイクで15分くらいで着きます。早いでしょ?
お昼までに五反田に行かなければ行けなかったので早く出てしまい、朝ご飯がまだだったので食べることにする。
「そうだ!」
天気がいいのでおにぎりと松露の卵焼きを買って晴海通りをバイクで突き進み、新しくできた道を通り、お台場へ。
浜辺に降りると風が強かったからだろう。風紋が出来ていました。
まるで大きな魚の鱗の上にいるみたいでした。自然の力ってすごいですね。

買ってきたおにぎりを食べ始めるとカモメが集まってきました。
何かくれるのだろうと、ジッとこっちを見ています。まるで、広島の平和公園の鳩みたいでした。
おかずをちょっとつまんで空に投げるとあっという間に空中でキャッチします。
器用なもんですね。
つか、こんなに近くでカモメを見たのは久しぶりです。

しばらくして、僕が砂浜に寝っ転がっているとカモメたちはいつの間にかいなくなってました。
日差しが暖かく、とても気持ちが良くて、思わず寝てしまうところでした。
こんな日はラッキーデー。
なんかいいことがあるような気がしませんか?
[PR]
by hairhana | 2007-03-21 22:39 | ニコニコ日記 | Comments(2)
レインボー・イッパツ!
a0037910_12552375.gif

「トモさん、あれと、あれってどっちだっけ?」

隣のケーキ屋の女の子に聞かれた。
「うん。あれは、あれでね・・・」
と主語のない質問に答えられるはずもなく
「あれとあれってなんだよ?」
と聞くと

「レインボーブリッジと、あれってどっちだっけ?」

と帰ってきたので
「ああ、あれの方があっちで・・・」
と返せないので
「だからっ!レインボーブリッジと何がどうなんだよっ!」
と半ば切れ気味で返すと、

「レインボーブリッジと横浜にあるやつ、どっちがこっちだっけ?」

要するに「レインボーブリッジとベイブリッジで東京にある方はどっちなのか?」という質問らしい。
「東京にはるのがレインボーブリッジだよ。」
と答えると

「なんか似てるから紛らわしいねぇ〜」

と返された。l
似てるのは“ブリッジ”だけだろ。
そんな彼女が

「トモさん、「レインボー・イッパツ」って知ってる?

え?「レインボー一発?」
もしかしたら夜、5分間くらいやってるニュースじゃねえか?と、聞いてみるとどうやらそうらしい。
友達でもそう思っている人が多いそうだ。

確かにHPを見たら
「番組名の読み方は、“レインボーいっぱつ”ではなく、“レインボーはつ”なので、お間違いのないように・・・」
と書いてある。
ちょっとツボに入ってしまいました。

おしまい

【ニュース・天気、レインボー発】
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/rainbow/
[PR]
by hairhana | 2007-03-21 13:30 | オススメ | Comments(0)
僕の相棒です。
a0037910_17285446.jpg

僕の使ってるハサミです。
かれこれ20年くらいのつき合いになります。
最初は7インチ(約18cm)あったのに今では16cmになっています。
ハサミも歳を取ると小さく・・・なりません。

研ぎに出してるうちに短くなりました。
ハサミの切れ味はデザインに大きく影響します。
切れないハサミだとカットした断面がバサバサになり、髪の毛が傷んでしまったり、仕上がりが落ち着きません。
料理の時の包丁と同じです。

切れ味の目安はテッシュを一枚にして霧吹きで濡らして挟みます。
切れ味がいいハサミだと音も立てずに二つに分かれます。
切れ味が悪いとハサミに紙がついていきます。
見てみたい人は言ってくださいね。

それだけに大切なモノで、昔は同期の友達が先輩のハサミを誤って床に落としてしまい、蹴りを入れられていました。
僕は蹴ったりしませんが、その気持ちを十分解ります。

このハサミと共に僕も成長しました。
多分最初の頃は、
「おいおい、手が震えてんじゃん。大丈夫かよ?おい、そこ切っていいのか?あ〜あ、だから言ってんじゃんか、おいおい!自分の指切ってどうすんだよ!あぁ〜〜あ(×_×)」
とハサミに思われていたのかもしれません。

いい道具はいい仕事に答えてくれます。
今では僕の手の一部のように動いてくれます。
文字通り真剣勝負です。
これからも僕を支え、たくさんの女性をキレイにしてくれます。
よろしくな。
[PR]
by hairhana | 2007-03-19 18:32 | hanaのひとりごと | Comments(6)