hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
” Happy Birt..
by みるきー at 12:55
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1257)
(1253)
(1253)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
逃げるが勝ち
a0037910_14242080.jpg

最近テレビでは、いじめによる自殺の事件の報道が後を絶ちません。
ある番組では視聴者から寄せられたFAXや電話の件数が4000件になりました!と声高に叫んでいました。
遺族やメディアの怒りの矛先は学校に向いていますね。
体裁のため事実を隠蔽することは良くないことですが、だからといって学校を責めていじめが無くなるのでしょうか?

僕はそうは思いません。
いじめは昔も今もあります。今まで仲良かったグループでもちょっとしたことがきっかけでいじめになることがあります。
そこに先生が出てきて
「いじめはするなっ!」
と怒鳴ったところでいじめが無くなるとは思えないんですね。
それどころか、もっと深くて暗い部分でいじめが行われるような気がします。

「いじめを世の中から無くそう!」ということ自体がそもそもおかしな話しだと思います、
今、世の中がそこに時間やお金や体力を使うことにやっきになってますが、それよりも大切なことがあると思います。
僕は、いじめは「対処」だと思います。
いじめは事前に防ぐことは出来ません。いじめている側の人間は「よし!明日からいじめをしよう!」と思ってやっていないからです。
ちょっとした些細なケンカや行き違い、そんなことが積もり積もって始まることが圧倒的だからです。

じゃあ、「どう対処すればいいんだよっ!?」ってことになるのですが、それこそ、マスコミやメディアが取り上げなければ行けないことだと思います。
「私もいじめられました!」
「私も死にたい!」
という声を何千件、何万件集めていじめられてる人に
「ほら、こんなにいじめられてる人がいるよ」
と言ったところで何の勇気も湧きません。
それより、いじめから立ち直ったり、回避できたケーススタディを集めることで「対処」が出来ると思いませんか?
「僕はこうしていじめから抜け出せた!」とか、
「死ななくて良かった!」とか、
「いじめられてる子供のサインの見分け方」
そんな報道がまるっきり無く、ただ、被害者の声ばかり集めて「今日も死にました」なんてやってるから、「自殺」という対処方法をしてしまうような気がします。

昔から日本にはいい諺があるじゃないですか
「逃げるが勝ち」
という。死にたくなるほど辛ければ転校とか、不登校とかして逃げればいいと思います。
死ぬよりいいじゃないですか。
大人は、
「そこで逃げたらなんら解決しないから立ち向かわなければいけないんだ!」
「こっちが悪いことをしてるわけじゃないんだから、出て行くのはいじめてる方だ!」
といいますが、僕みたいに「右の頬をぶたれたら顔面をぶん殴り返せ!」の人間ならまだしも、それが出来ないから我慢するしか結局方法が無くて、辛すぎて
「生きていてもしょうがないよなぁ〜これからずぅ〜っとこんな毎日だったら、もういいや」
になってしまうのではないでしょうか。

人は人生の中で逃げずに立ち向かう時と、逃げ出す時があります。
あの鬼神と呼ばれた織田信長ですら上杉謙信との戦いに敗戦し、撤退しました。彼がその時に逃げなければ天下統一も出来ず、今の世の中も無かったのかも知れません。
今、逃げてもその後、逆転すればいいわけで、生きると言うことから逃げてしまうと逆転は無いですからね。

僕はいっぱい逃げてきましたが、今、とっても幸せです。
おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-10-30 14:24 | hanaのひとりごと | Comments(0)
抱いて!
a0037910_11144599.jpg

先日、小学6年生の女の子が行方不明になり、誘拐事件として公開捜査で、写真と名前をテレビで放送した結果、4日間にわたり出会い系サイトで知り合った31歳の男性と過ごしていたことが判明。男性は誘拐犯として逮捕。というお粗末な事件がありました。

様々な憶測が飛び交い、なかには援助交際だったのでは、などと言われる声もありました。
真実はどうあれ、少女が「自分の意志で」男性とコンタクトを取り、会いに行き、一緒に過ごしたのは間違いないようです。
事件に関してコメントするつもりはないのですが、「いまどきの」小学六年生はこうなんだと、改めて驚かされます。

自分の過去を振り返ってみると中学1年生の頃、与えられた辞書に掲載されている「Hな言葉」に赤ペンでマークして
「SEX・・・せ・・セックス・・性交・・まぐあい・・・ま、まぐあいかぁ〜すごいのぉ〜〜!よっしゃ!次!『性交』[名](スル)性的まじわり。肉体のまじわり。交合。交接ふむふむ・・まじわりぃいいい!なんだかわからんがキャッ!」
などと、バカなことをやっていたが女の子は想像するにもっと凄いことを知っていたのだろう。
僕たち男は何をどう交わるのか皆目見当が付かなかった。

a0037910_11125378.jpg先日、小学校の先生が言っていた。
ある、男の子の生徒が来て、
「先生、女の子からラブレターもらったんだけど、なんて返事していいかわからないんだよ〜」
先生は
「○○くんはその女の子のこと、好きなの?」
『ぅ〜ん。・・・嫌いじゃないよ。』
「ほんと〜、じゃあよかったじゃない。」
『でもね、なんて返事していいかわかんないんだ。』
「え?どして?○○くんが好きだったら、好きって言えばいいんだよ。」
『だって、好きって書いてないもん。』
「え?」
と差し出されたラブレターに
『抱いて』
と書いてあったそうだ。

多分、僕がその男の子ならとりあえず、辞書を引いてみると思う。
[PR]
by hairhana | 2006-10-29 11:13 | hanaのひとりごと | Comments(0)
自分への「ご褒美」じゃなく「投資」
a0037910_12164788.jpg

ファッション通販サイト「efasio(エファシオ)」のヘアメイクをしてきました。
今回で2回目です。
前回は真夏に冬服の撮影だったのと炎天下の中のロケで命がけの撮影でした。
今回は季候も良く、「日本晴れだぁ〜〜!」とわくわくしてたら、ロケ無しの、スタジオのみの撮影だったのでちょっとがっかり。orz・・・

それでも気持ちのいい朝にバイクで八王子のスタジオまで高速道路を飛ばして走るのはなんとも快適。「いっそこのまま名古屋まで行ったろかい!」というやばい気持ちを抑えつつ八王子第2インターで降りました。

今回のモデルさんは上川かおりさん。
北海道出身でモデルや女優業の他、イベントなどの衣装デザインと作成までする見た目の可愛らしさを越えた才女です。

a0037910_12165991.jpg今回のテーマは「クール&エレガントなデニムスタイル」子供っぽくならないようにカジュアルにデニムを履きこなすというものでした。
今回のデニムが「スキニーデニム」といって「素肌のようなデニム」ということと、モデルのかおりちゃんの可愛らしい素材感を引き出すため、メイクは透明感を出すようになるべくカラーを抑えめに施してみました。
ただ、子供っぽくなってはいけないので、アイホールにゴールドのクリームアイシャドーでグラデーションをつけ、アイラインをしっかり引くことでセクシーさを表現しました。




【ワンポイントメイクアドバイス】
この冬も相変わらずグロスをつかったプルルンリップが流行りますが、唇に何も付けずにそのままグロスをつけても唇の色が悪いとかえって不健康に見えます。
唇の色が暗い人はファンデーションかコンシーラで肌に合わせてマット系(アースカラー)ならオレンジ、ビビット、パステル系ならピンクベースのリップを薄くオンしてその上からグロスを使いましょう。
もちろんぼやけすぎないようにリップライナーでやや厚めにラインを引くのをお忘れなく。

このエファシオというサイトのいいところは、
・都内でもなかなか手に入らないブランドが買える。
・セレクトショップだと品数もサイズも少ないが豊富にある。
・返品が可能。
・通販での不安がいっさい無い。
というとこでしょう。
あいにく男性モノは無いので残念なのですが、「人と同じは嫌っ!」という女性には一押しです。
また、小物も充実していて、ベルトも、その辺ではお目にかかれないようなオシャレなものもあるので、トータルで見てみてください。
もちろんメイクやヘアーもね。

スタイリスト兼店長のヒロミちゃんの直感によるコーディネートやしきりは最高です。
彼女がやってるブログも読んでみてください。

今まで頑張ってきた「ご褒美」ではなく、楽しく明日を生きるための「投資」と思ってオシャレに磨きをかけましょう!
ボヤボヤしてると、あっという間にクリスマスですよっ!

おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-10-26 13:54 | メイクのお話 | Comments(0)
レッドカード
a0037910_13333760.jpg

久々のエントリーです。
公私ともに忙しく、元々乾いたタオルを絞るように書いているブログなので、ごめんなさい。

以前「だらしない人とずるい人」でも書きましたが「ずるい人」はいけません。
「うっかり」とか「つい」やってしまうことは許せます。
その人が生きてきた中で負ってしまった深い傷が原因で「そうなってしまう」こともあります。
よく、子供の頃の親の暴力を受けた人が自分が親になって子供に暴力をふるうとよく言いますが、暴力をふるうことが自分の怒りの表現方法のひとつだとインプットされているからかも知れません。

それでは、子供の頃、親に傷つけられた人は自分の子供を傷つけ、さらにその子供はそのまた子供を傷つけるという永遠のスパイラルに陥ってしまうのでしょうか?
僕はそうは思いません。
人は意識付けで変わることが出来ると信じています。
最初は振り下ろしてしまって気づき、謝ることから始まるでしょう。
そして振り上げた手を振り下ろす前に気づき、しまい込むことは出来るはず。
時折顔を覗かせるも、必ずやめることが出来るはずです。
なによりも大切な人を傷つけることは誰も望まないからです。

しかし、嘘をつく人は治りません。それは自分すら騙してるからでしょう。
嘘をつく人はある意味一番心の弱い人かも知れません。
現実を受け止めきれず逃避してしまいます。
もちろん人を傷つけたことすら理解できません。
子供ならばいざ知らず、大人になってもそうであれば年を重ねるごとに人は離れ孤独になっていきます。

嘘は「ずるさ」です。一発退場のレッドカードです。
僕は甘い人間なのでそれでもイエローカードを渡します。
僕は人の未来に期待します。
それでも、ずるいとレッドカードを出します。

自分の不幸を人のせいにする人がいますがそれでは幸せになれないように思います。
「幸せなことがあったときは人に感謝し、嫌なことがあったときは自分を戒める」
言葉で言うと簡単ですがなかなか実践できません。
自分を傷つけた人にですら、時間が過ぎたとき「ありがとう」を言える人になりたいなあ。

おしまい。
[PR]
by hairhana | 2006-10-25 14:52 | hanaのひとりごと | Comments(0)
奇跡の出会い。
a0037910_18141154.jpg

僕は広島のMAZDAの前身の東洋工業の病院で生まれました。
中学3年の時引っ越しと転校をしました。
高校は、よくあるパターンで
「早く働いてお金を稼いで母親を楽にさせちゃるけんね!」
の勢いで商業高校に入学するも、学歴社会の厳しさを目の当たりにし、
「よ〜し!学歴関係無しで実力勝負の仕事に就こう!」
と決めて美容師になりました。

たいていの人が遊びを覚える20歳前後の時に寝食を忘れて練習してましたので、今でも酒も飲めず、遊びも下手です。
美容師という仕事は見た目は派手ですが結局職人ですからね。

広島で5年間美容師をやって、仕事にはまり、上京することにした。
都内の今では新卒者でもなかなか入れない有名サロンに入り、年下に呼び捨てにされ一人ずつ〆ながら実力も付け、2年で抜かす。

その後、都内に20店舗ある美容室に入り、アーティスティックチームをつくり、ショーや撮影や技術講習をする。
その後、目黒の美容室を借り受けて3年ちょっと一人で頑張る。
その間にたくさんの財産となるお客さんや友達に恵まれ、Hanaを出店する。

この中で、もし、どこかで方向が違うと全く違う人生を歩んでいたかも知れません。
このエントリーを読んでくれてるみなさんにもたくさんの道や出会いを経験していることだと思います。
今、美容室の数は全国で180万軒以上あると言われています。喫茶店の約倍以上です。
そんな中からHanaを選んで僕にヘアデザインを任せてもらえる確率はもしかしたら奇跡に近いのかもしれません。

僕たちは、ともすればすれ違ってしまう細い糸のような出会いをサービスや技術で少しずつ太い糸にして紡いでいます。この糸は常に新鮮で新しい糸でないと、もろくて弱い糸です。
友達や家族のような甘えは通用しないと思っています。
それは大切なお金を頂いているからです。
お金はその人の人生の一部と引き替えに得られるモノ。なので、いつも笑顔の内側で真剣勝負してます。

僕たちはこれからも毎日糸を紡ぎます。
そして、この奇跡の確率で出会えたお客様、友達、仲間に感謝します。
ありがとうございます。これからもよろしく・・・ね。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-10-19 18:05 | hanaのひとりごと | Comments(0)
NHKに出ます。
a0037910_1136082.jpg

先日の「不安定を求めて」でも、話しましたが、今、求められているキーワードは「バランス力を高める」ということみたいです。

安定に埋もれていると人は体どころか精神すら自分で安定させられないみたいです。
極端な話ですが寝たきりになってしまうと筋肉が衰えてしまい、バランスをとるどころか立ち上がることさえ出来なくなりますよね。

「平和ボケ」という言葉がありますが、平和に埋没しているといざ、我が身に災難が降りかかったときに、「え?まさか?いや、大丈夫・・な・・はず・・・。」と目の前の問題から逃避してしまい、気がついたら取り返しの付かないことになりかねません。
村上龍氏の小説『半島を出よ』でも書かれてあるように何度かんでも鼻が痛くならないほどの柔らかいティッシュを使っている日本人は外敵に襲われても襲われてることすら自覚できない。
それをボケと呼ばずしてなんであろう。

心にも体にもそのバランスを取る『筋肉』が必要なことを感度のいい人は理解しているのだろう。
NHKの夕方6:10から「首都圏ネットワーク」という番組がある。
その中に「文化流行最前線」と言われるコーナーがある。
そのコーナーで取り上げたテーマで「バランス力を高める」という企画で僕が履いていて紹介した「MBT]という靴を取材に来られました。
そこで、短い時間ですがバランスについてお話しさせてもらってます。

放送は10月19日(木曜日)の夕方6:10からです。
もし、暇な人は見てやってください。
[PR]
by hairhana | 2006-10-18 13:23 | <<Hana News>> | Comments(6)
不安定を求めて。
a0037910_8373040.jpg

テレビは連日、北朝鮮の核開発の話題に事欠かない。
第二次世界大戦後、日本は「平和」という言葉の元に生きてきた。
わずか50年前、日本中の全ての人が死という現実と隣り合わせに生活をしていました。
通り魔や些細なことのトラブルで殺人が行われ、そのニュースに驚くが、僕たちの周りにいる多くのお年寄りが戦地であたりまえのように誰かを殺し、命をかけてきた。

戦争を経験している人から見れば僕たち戦後の人間の持つ悩みなど取るに足らないことかもしれない。
「命がけ」と言うがそれほどの思いで今、自分がすべきことに向かっている人がいったいどれだけいるのだろうか。

「癒し」という言葉がキーワードになるようになって久しいが、目まぐるしく情報というノイズが行き交い、時間が早く動く日常で癒しを求めるのは当然の流れなのでしょうね。

しかし、今、少しだけ流れが変わってきているようです。
100円均一が台頭したデフレの経済から「少し高くてもいい物が欲しい」という意識が少し変わってきて、今まで「安いモノをより多く作る」ことに追われていた人たちがさほど忙しくなくなり、「仕事が忙しい」とか、「慌ただしい」から少し解放され少し余裕が出来てきたのかも知れません。

以前、「浮気をした」でも紹介したMBT(マサイ・ベア・フット)という靴はわざと不安定にしてバランスを取ることにより普段使わない筋肉に刺激を与えるというもの。
また、ある会社ではオフィスのイスを全てバランスボールに替えることで緊張感を持続させることで居眠りを予防し、能率を上げることにより20〜30%仕事効率が上がったそうです。
検索エンジンで有名なgoogleの社内でもわざと不安定なバランスボールに座って会議をするそうです。

これからのキーワードとして「不安定」という言葉が顔を出して来たのかも知れません。
これはいい意味での不安定で「刺激」なのかもしれません。
確かに「癒し」はストレスや緊張感を緩めるためのいわば「ご褒美」であり、癒しに埋もれてしまうと脳も働かなくなり、筋肉も緩んでしまいます。

究極の不安定「戦争」はごめんですが、人は常に何かと戦ったり、頑張ったりすることが必要なのかも知れませんね。
あ、でもHanaはそんな頑張った人に「癒し」を提供し続けていきますので安心してくださいね。
おしまい。
[PR]
by hairhana | 2006-10-15 09:13 | hanaのひとりごと | Comments(0)
「アイ・ラブ・ユ〜」と言わないで
a0037910_16214582.jpg

昔、「里見八犬伝」というお話しがありました。
NHKでは人形劇で、角川映画では薬師丸ひろ子さんと真田広之さんが主演でした。
城を乗っ取られ殺された玉梓の呪いに打ち勝つために選ばれた八人の勇者がそれぞれの持つ玉の力に引き寄せられ伏姫の元に集まり魔物を討ち果たすというお話しです。

その時に手にした玉の中に書いてある言葉
「仁義礼智忠信孝怫」
これは中国の儒教から伝わった言葉だそうです。
それぞれに意味があり、こういった内容だそうです。

仁 (誰某と隔たりなく慈しむ心。)
義 (義理人情を尽くす心)
礼 (礼儀を重んじ感謝する心)
智 (善悪を見分ける心)
忠 (まごころで仕える心)
信 (信じる心)
孝 (先祖を大切にする心)
梯 (仲良くする心)

胆 (動じない心)
勇 (やり遂げんとする心)

今朝のNHK教育の「にほんごであそぼ」というタイトルの番組(小錦さんが出てました)で紹介されていました。
先日、小学校5年生以上の英語教育の必修化について、伊吹文部科学大臣が
「英語の必修化より、日本語教育の方が必要・・・」
と言ったことにより波紋が広がってます。
中には
「そうかもしれないが、影響力のある大臣が勝手に言うことではない!」
と憤慨されてる人も多いようですが、個人のコメントや価値観を政治家が言うと必ずそう言い返す人がいます。
だから、いつまで経ってもあいまいな答弁しか出来ない政治家ばかり増えるのだと思います。
そうして官僚主体の政治になっていくのだと悲しさすら感じます。

英語教育の是非は僕には解りませんが「日本語の教育が必要・・」というのは僕も思います。
こんな素敵な言葉や教えがあるのに知らないのはもったいな様な気がします。
尊敬という言葉を流行った歌の歌詞の「リスペクト」に置き換え多用したり、まるで「外国かぶれ」のようで、「尊敬する」ということ自体が軽いことのように思います。

僕はお店の家具や照明とかを買い付けるためにタイ語を猛勉強して多少なりとも現地で困らない程度の会話力はあるのですが、時々、詐欺まがいのタクシーの運転手がわざと道を間違えたふりをして遠回りしたりするとき、タイ語で
「ね〜ね〜、道が違うんじゃないですか?」
などとやっていると早口のタイ語でまくし立てられてしまうので、そんな時は日本語で
「てめぇ!こらぁ!ふっざけんじゃねえっ!誰乗せて走ってんだか、わかってんのかぁ?ごらぁ!」
と、背もたれを蹴りながら丁寧に話すと、たいがいビックリしますがわかってくれます。
やはり、いざというときは母国語に限ります。

a0037910_22153838.jpg特に感情を表現するときは日本語の方がいいですね。
恥ずかしいけど
「アイ ラブ ユ〜!」
と言われるより、
「愛してます」
と言われた方が嬉しいですからね。

最近、大人になって「言霊」の力を信じられるようになりました。
「夢は言葉にした方が叶う」
というのはまんざらウソでもない気がします。
その時にキレイに日本語が使えないと叶う願いも叶わないような気がします。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-10-12 22:19 | hanaのひとりごと | Comments(3)
だらしない人とずるい人
a0037910_15584947.jpg

昔のように「頑張れば幸せになれる!」という価値観が崩壊し始めて「勝ち組、負け組」とか「二極化」という言葉が耳に慣れてきて、最近「ずるい人」が増えてきました。
よくテレビとかで報じられている「オレオレ詐欺」とかもこのずるい人の部類ですが身近にもまた、自分の中にも「ずるい人」が潜んでいます。

「だらしない人」はそこら中にいます。もちろん皆さんの中にも、僕の中にもいます。
朝起きられない、靴が揃えられない、寝癖が付いたまま出かけてしまう。そんな細かいことから、
電車の列に割り込んでしまう、燃えるゴミに燃えないゴミを入れてしまう、パートナー以外の人に見とれてしまう。などの他人に迷惑をかけてしまうことまで。

僕は、だらしない人は嫌いじゃありません。許せるからです。
もちろん、それによって迷惑がかかって嫌な思いをする人もいます。
でも、僕はこう思うんです。だらしない人は誰よりも自分のだらしなさが許せないんじゃないのかなって。
時間にだらしない人は、そのせいで乗り物に乗り遅れたり、そのせいで大切な人に迷惑をかけてしまう。それでも少しずつ頑張ってる人は許せます。
もちろん、ダメなときはちゃんと叱ってあげましょう。

「ずるい人」は言い訳をします。自分のだらしなさにいろんな理由を付けて正当化します。
どんなにだらしない人でも頭の回転がよくてボキャブラリーが豊富なら全てを正当化することが出来ます。そう、アメリカのイラク侵攻や税金の無駄遣いのように。
時には他人のせいにし、時には季節、天気、世の中のせいにします。
よしんば、自分のせいにしても開き直った態度やただ謝るだけです。
でも、僕は思うんですが、ずるさの先には幸せは無いような気がします。
ずるい人は本当は一番、自分に対して言い訳をしているのかもしれませんね。

僕も、この年になっても直せないたくさんのだらしなさ持ってますが、しっかり向き合って行こうと思います。
皆さん、ながぁ〜〜い目で見てやってくださいね。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-10-10 15:57 | hanaのひとりごと | Comments(2)
僕は美容師です。
a0037910_10442126.jpg

↑「無職のドナルド」

先日、大学生の男の子に
「卒業したらなにするの?」
と聞いたら
「ニートになりたい」
と言われた。

「NEET」とは直訳すると
「就業、就学、職業訓練のいずれもしていない人」。英国で名づけられたそうだ。
日本の内閣府によるニートの定義は「若年無業者」を「学校に通学せず、独身で、収入を伴う仕事をしていない15〜34歳の個人」としている。
一般的には「ひきこもり」や「就労意欲を喪失した若者」と否定的に分類されることが多いみたいです。

僕は学者ではないので、なんでそういう人が増えたかという事は解りません。また、解ろうとも思いません。
「働く」ということはシンプルに「他人を喜ばせる」という事だと思います。
うちのスタッフにもよく言うのですが

「人にお金を払うときは3つしかない。
一つは自分がやりたくないことをやってもらうとき。
一つは自分より上手にやってくれるとき。
もう一つは自分も出来るのだが手が足りなくて代わりにやってもらうとき。
この3点以外でお金を払うことは無い。」

だから「楽しいことや自分がやりたいことをやって人からお金をもらう」というのはよほど非凡な才能を持っていなければ出来ないと思ってます。
例えばディズニーランドで働いてる人がお客さんから入場料を取って自分たちがスペースマウンテンとかに乗って遊んでいたら当然お客に殺されます。
もちろん、中には嫌々やってる人もいるでしょうが彼らが笑顔で働いているのは
・自分のやってることに自信と責任を持っている
・人が喜んでくれるのが好き
ではないでしょうか。

「仕事なにしてんの?」
「え?オレ?フリーター。」

「仕事を楽しんでる人」のほとんどがそうであるような気がします。
ただ、「昨日の今日」で、そうなるということは絶対と言っていいほどないでしょう。
あのイチローですら子供の頃から野球をやっていて人がうらやむくらいの才能を持ってしても未だスランプとかがあると言っています。
凡人の僕なんかは彼の数十倍努力しても彼の足下に追いつけるかどうか・・。

僕は申し訳ないですがフリーターは仕事だと思っていません。いくらアンケートの「職業欄」に載ったからと言っても、フリーターが自分の仕事に自信と責任を持てるとは思えません。
もちろん、次の仕事のステップのためとかであれば話は違いますが。

このまま行くと20年後とかは40代、50代のコンビニ店員が圧倒的に増え子供はアルバイトによっての社会経験やステップがないままニートになるんでしょうかねえ。
え?僕ですか?
僕は美容師です。
[PR]
by hairhana | 2006-10-09 10:51 | hanaのひとりごと | Comments(0)