hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
こんにちは! いよい..
by みるきー at 15:54
> みるきーさん 遅れ..
by hairhana at 07:08
あけましておめでとうござ..
by みるきー at 17:43
> みるきーさん 普通..
by hairhana at 08:42
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1130)
(1127)
(1126)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
見とれてしまう
a0037910_10144653.jpg

街中でキレイな人を見かけたらついつい目で追ってしまいます。
これは誰に出もあることだと思います。
ただ、女性が恋人やご主人にこれをやられると不快に思うかも知れません。

「なに、他の女に見とれてんのよっ!」

と髪の毛をわしづかみにしたいところですがでも、それはしょうがないことです。
それは浮気とかではなくただ、キレイだから見とれるだけです。
これは女性だけとは限りません。車や建物、ポスターにオブジェ。
「魅力のある」ものは人の目を惹きつけます。
もちろん、あなたが見とれられてる場合もあるはずです。魅力的なら。

視覚的に惹きつけられるわけですからいくつかの要素や条件があります。
しかし、それらは意外とシンプルです。
・ デザイン
・ バランス
・ 色
この3点です。
もちろん匂いや声などの音もあるかも知れませんが、ほとんどが視覚に依存すると思います。

それらは時代や、季節、個人の趣味にもよりますが、僕が思うに一番大切なのは「バランス」だと思います。
もちろん「アンバランス」も目を惹きつける方法だとは思いますが、一瞬、目が止まるかもしれませんが「見とれる」ことはありません。
「色のバランス」、「デザインのバランス」。
それらが調和しているとお互いが引き立て合い相乗効果で魅力をパワーアップさせます。

人はどうしても身の回りを「好きなモノで揃える」傾向があります。
もちろん、「自分を解っていて」揃えていればいいのですがたいていが「自分にないモノ」を選びます。
例を挙げると、「子供っぽく見られがち」な人が大人っぽい服を着て背伸びをするけど、自分が服の大人っぽさを引き立ててさらに子供っぽく見えてしまったり、
「歳より老けてみられる」人が可愛い服やパステルカラーのモヘアのニットとか着て自分が服の可愛らしさを引き立ててより、老けて見えるどころかオカマっぽく見られたりしてしまうことがあります。

対処法は別の機会にお話ししますが、もう一度、「何でも言える自分の親友」になったつもりで、出かける前に鏡の前に立ってみてください。
そうすると、今までとは違った感覚でバランスコーディネートが出来ると思います。

そしたら僕は振り向いて見とれてしまうかも知れません。
あ、仕事中は勘弁してくださいね。
おしまい。
[PR]
by hairhana | 2006-09-29 10:14 | hanaのひとりごと | Comments(2)
おじいちゃん、メガネはここですよ!
a0037910_618498.jpg

ガチャッ!
「あ、オレ、何しに来たんだっけ?」

ドアを開けしばらく考え、ビデオを巻き戻すように後進しながら思い出す。
「ま、いいか・・・。」
思い出せないくらいのことだからさほど、大したことではないと諦める。

聞いたことをすぐ忘れてしまう」「相手の話すことが理解できない」——。このような深刻なもの忘れの症状に悩む、20〜30歳代の人が増えているといいます。
こうした人を「若年性健忘症」と名付けている。最近は、脳神経外科を専門とする築山氏の外来を訪れる患者のうち、約2割を若年性健忘症の患者が占めるまでに至っているそうです。

文末のリストをチェックしてチェックの付いた項目が
合計5個以内なら大丈夫、
6〜9個だったらやや注意が必要、
10個以上だったら一度、病院を受診した方がいいそうだ。脳の活動状態を調べる特別な「脳機能検査」を行えば、異常が見つかるかもしれない。

 今は、手帳を見なくても携帯電話にカレンダーや住所録の機能が付いている。
計算は電卓が、漢字はパソコンの変換ソフトがやってくれる。
人と話さなくても、コンビニやファーストフードさえあれば生活できてしまう。
若年性健忘症は、便利な生活の裏に潜む病気とも言えるそうです。
対処法は「毎日の生活に変化をつける」のがいいそうです。

「おじいちゃん、メガネはここですよ。」
と言われないためにも、心がけましょう。
おしまい。

【チェックリスト】
・筋道を立てて考えるのが苦手になっている
・電車やバスの優先席に気にせず座る
・ 一つのことに集中しがちで、仕事が偏ってしまう。
・ 予定や計画を立てることが面倒くさい。
・ 地図を見ても道に迷うことがある。
・ 情報を勘違いすることが多い。
・ 問題解決はマニュアル通りしかできない。
・ 世の中の出来事や流行に関心がない。
・ 「あれ」「それ」などの代名詞を使うことが多い。
・ マンガと週刊誌以外の本はほとんど読まない。
・ 同僚や友人と会話が続かない。
・ テレビやラジオに解らない言葉がたくさん出ている。
・ 待ち合わせの時間に遅れることが多い。
・ 電話の内容を正確に聞き取れないことがある。
・ 人の意見を聞かない。
・ 言いたい言葉が出てこない。他人と一緒にいると疲れる。
・ 状況判断が苦手だ。
・ 大きな声が出ない。
・ アイデアが浮かばない。
[PR]
by hairhana | 2006-09-28 08:18 | オススメ | Comments(2)
当たって砕けろ!
a0037910_15144478.jpg

最近の若い子に(と言ってる自体ヤバいんだけど)
「恋人は欲しいんだけど好きな人がいない」
という人が多い。
これは、テレビやマンガで恋愛というモノは疑似体験しているがいざ、本番となると踏み込めない。という感じみたいです。

理由は頭の中で妄想と理想が膨らみすぎてストライクゾーンが極度に狭くなっている。ということと、妄想は自分独りで出来るが、恋愛は実践しようとすると相手あってのことなので、断られたり、振られたりと傷つく可能性がある。ということ。

僕はと言うと子供の頃から恋愛体質でしたね。
でも、「モテてた」わけではありません。断られたり、振られたりした数も半端じゃありません。
ま、「恋のサンドバッグ」とでもいいましょうか、ちっとやそっとの失恋でへこんだりしてません。
僕の場合、「告られた」思い出はほとんどありません。
それどころか、思い切って告白しても
「うそぉ〜。みんなにそう、言ってんでしょ?」
と返され奈落の底に・・・
これは意外と断られるより痛いです。

女の子の方もちゃんと相手の気持ちを受け止める覚悟がないんでしょうね。
ダメならダメでバッサリと切り捨ててあげるのが惚れられた方の義務ってもんでしょ。
もちろん、好きな人ばかりに告白されればいいのでしょうが、世の中、そう甘くはありません。むしろ、「思ってもない人」から言い寄られることが多いもんですよ。いい女ってのは。

そんなぬるま湯のような自己完結の恋愛をしてるから大人になって苦労するんでしょうね。
パートナーがいる人とがそこらじゅう口説いてたらまずいけど、シングルだったらOKでしょ。
大人になると出会いが極端に少なくなります。
男性も風俗ばかり行く人とか多いみたいです。

a0037910_1515778.jpg恋はパワーがあります。例え片思いでも、好きな人や大切な人がいると自分を大切にします。
自分一人だと諦めたり、どうでもいいことが「その人のために」頑張ろうと思います。
どんなに辛くてもその人の笑顔を思い出すとなぜか笑顔になってしまいます。

「好きな人がいない」

なんて言ってる場合じゃないでしょ。
当たって砕けろ!ですよ。
僕はいつでもこっぱミジンコです。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-09-27 15:15 | hanaのひとりごと | Comments(0)
指輪の跡のヒミチュ!
a0037910_16282027.jpg

先日、店の裏のイタリアレストラン「CANORI(カノーリ)」に行きました。
ここは最近の僕のオススメNo.1です。
・美味しい
・リーズナブル
・ボリューム満点
の三拍子揃ったナイスなお店です。
最近では口コミで広がりオープンが6時で、最初の一回転は予約無しではなかなか食べることが出来ません。

ただ、ここはラストオーダーが12時なので僕のような仕事の遅い人間にはありがたいお店です。
夜、10時に行ってオーダー開始。
ここの売りは「白金豚ステーキ」。じっくり時間をかけてオーブンで焼いた豚肉はまるで液体のように口の中で溶けて胃袋に流れていきます。
パスタは全て手打ち。好みの形状でいろいろアレンジしてくれます。
素材を活かしたシンプルでしかも飽きの来ない味付けがファンを増やしているんでしょうね。

食事をしていて、ふと、隣のテーブルに目を向けると20代後半、もしくは30代のlキレイな女性と「ちょい悪オヤジ」の出来損ないのような50代男性。
席が近いのと二人の声がお酒のせいか大きいのと重なって会話が聞こえてきた。
どうやら女性はライターもしくは作家。男性は出版社の編集長らしい。

仕事の話をしつつも男性が女性にいろいろ「アドバイスもどき」な話しをしている。
「ま、僕に任せれば安心だから。この業界はね・・」
と得意げに話してました。
よくあるお話ですね。

そこでふと、目に入ったのが男性の手元。
左手の薬指の付け根になにやら赤い跡がある。
どうやら「指輪の跡」のようだ。
いったい彼は彼女に何を期待しているのだろう?

僕は思うのだが指輪を着けていてもモテる男はモテるし、指輪が無くてもモテない男はモテないんじゃない?と。
とか、思いながら女性を見るとバッグからタバコを取り出して火を点ける。タバコの先が赤く光り彼女の口から煙が漏れ、スッと鼻の穴に消えていく様は
「や・・やるな、こいつ・・」
って感じでした。

そんな大人なレストランにHanaに来たついでに行ってみてはどうでしょうか。

****イタリアンレストラン CANORI********
東京都 渋谷区 恵比寿1-33-8 MHビル1F
tel. 03・3443・3780
18時〜24時LO。 日曜休。

白金豚のステーキ↓

a0037910_16574728.jpg

[PR]
by hairhana | 2006-09-23 17:04 | グルメのお話 | Comments(0)
秋の新作スイーツ登場。その名もJAPONE!
a0037910_2291676.jpg

お隣のケーキ屋、ToshiYoroizukaの新作ケーキが出ました。
名前は「JAPONE(ジャポネ)」。
上質の和栗とサツマイモ、そしてほうじ茶。
和の食材たっぷりのタルトです。
食感は「ふわっ、しゃり、サクサク・・」って感じです。
モンブランよりも歯ごたえがあり、おイモ好きにはたまらん一品です。

もちろん、ご存じの通り、Hanaでオーダーして、食べることも出来ます。
1個 450円。
[PR]
by hairhana | 2006-09-22 05:06 | グルメのお話 | Comments(5)
「現品処分」の種明かし。
a0037910_6405299.jpg

季節はすっかり秋ですね〜
「読書の秋」と言うように、部屋で本を読む為に電気スタンドを買おうと思い、渋谷に出かけました。
先ずは大型量販店に行ったんだけど、電気スタンドって意外と売れていないのか数が少なく、「選べる」ほどではありませんでした。
値段は5000円〜8000円。ハンズやロフトに行けばもっとオシャレなのがあるのだろうが電気スタンドに1万円以上出すほどのこだわりもないのでスルー。

安売りの「ド○キホーテ」に行く。
ここでも案の定電化製品売り場の隅っこに電気スタンドのコーナーがあった。それもホコリだらけ。
ま、買うときは箱に入ったのをもらうので関係ないや。
と思いながらスタンドを物色。

さすが、安売り王。量販店よりも安く3000円前後で売っている。
ぞの中に
「現品処分!」
と黄色い札に書いてあるモノがあった。値札には「2980円税込み!!」と書いてある。
見ればアーム式でけっこうしっかりしている。
「ふ〜ん・・・展示品でホコリだらけだから安いのか。何割引なんだろう?」
などと思いながら、考えていたが、その「現品処分」のスタンドはスイッチのところが多分みんなが触ったせいか曲がっていたりホコリのかぶり加減が半端じゃなかったので結局、隣の3650円の方を買うことにした。

店員に告げると「在庫から持ってきます」と言われ10分待たされ、戻ってきて
「すいません、これも在庫切れで現品だけになります。」
と言うので、
「あ、そう、じゃあ、展示品だから安くなるんだよね?いくら?」
と聞いたら、チョット待ってくださいと裏に行って戻って来るなり
「このままの値段です。」
??????。
「いや、これ、めっちゃホコリまみれだろ。こっちのには「現品処分」って書いてあるじゃんか。なんでこれがならないんだよ?」
と聞くと、
「すいません。このままなんですよ〜」
と言われたのでまあ、どっちみちホコリまみれのスタンドが多少安くなったところで買う気もないのでやめて、それでも欲しかったので新宿のド○キホーテに行くことにした。

家電売り場に行くとやはりここも小さなスペースだったが驚いたのが渋谷店で「現品処分」だった2980円税込みのスタンドが「新品」でその値段で売っていた。
つまり、ド○キホーテの「現品処分」は安いわけでなく言葉通りの現品処分でなんら割引もないということ。
人間心理で「サンプル品や展示品は安くなる」という思いこみで買ってしまうととんでもない新古品つかまされるということ。

僕は「新品」のスタンドを手に入れて帰途についた。
くわばらくわばら。
[PR]
by hairhana | 2006-09-20 09:39 | 今週のお買い物 | Comments(2)
働き蜂になりました。
a0037910_5531226.jpg

░ฺ☂ฺ░ が降って急に寒くなりました。
夏の終わりを感じる間もなく、いきなりシャッター顔降りて「夏閉店」。
「おいおい、味気ないんじゃないのぉ〜?」
とぼやきながら心地よい秋の風を楽しんだりしています。

a0037910_5532485.jpgこの季節の青い風に吹かれるとちょっと淋しい気持ちになります。
その分だけ恋人や友達や家族の暖かさがとても嬉しく感じます。

あの、うだるような暑さの夏の中では童話のキリギリスのように楽しようって思考に走ってしまいがちで、暇を見つけては涼を求めバイクであちこち暑さから逃げ回ってました。
でも、秋の気配を感じると、性格がアリなんでしょうか、「仕事頑張んなきゃ!」って暇なときでもやる気十分です。
働き蜂のようにブンブンお客さんの間を飛び回りながらせっせと働きます。
ついでにハナも蜂にしてみました。
ヒョコヒョコ歩くと羽が動きます。

外を歩いていた外人さんが
「Ohoou!  Bee!?」
と近寄ってきて羽をさわろうとすると・・・
「ウギャッ!」
とやられてしまいます。
この蜂を捕獲するコツは有無を言わさず、背中から抱えると楽々捕まえることが出来ます。
後はひっくり返して抱きかかえてお好きなように可愛がってやってください。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-09-17 06:08 | 今日のハナ | Comments(3)
通学路には冒険がいっぱい
a0037910_5542067.jpg

僕の生まれ育った町は広島市の隣の安芸郡府中町という所です。
MAZDAの本社とキリンビールの工場があって僕の父と母もMAZDAの社員でした。
小学校には毎日20分かけて通いました。いや、もっとだったかも。
通学路には冒険がいっぱい詰まってました。

大人にとってはただの道でも子供にとってはいろんな冒険や出会いがあります。
公民館の前の坂道を飛び跳ねながら何歩で下ることができるかとか、
大人ならひとまたぎの溝を命がけでジャンプ!
山の方に寄り道して秘密基地作り。
坂の下の小さな駄菓子屋が憩いの場だったりして。
そこには「子供の世界」がありました。

a0037910_5544246.jpgそこで僕たちは自分たちでルールを作りコミュニケーションを覚え、遊びをクリエイトすることを学びました。

今は危ないからと言って大人と一緒に登下校。車で送り迎え。
友達の家に遊びに行ってみんなでゲーム。
TUTAYAでビデオを借りてクーラーの効いた部屋でビデオ鑑賞。
まるで大人ですね。

不審者による子供への性的暴行とかが新聞やテレビで報道されるたびに「子供の世界」が小さくなっていく気がします。
町に住む大人が普段から挨拶をし、声を掛け合ってみんなで町作りをして大人同士がコミュニケーションをとっていれば町ももっと暮らしやすくなるのかも知れませんね。

子供の頃にしかできない遊びや失敗、子供だから許される行為。
それらを子供の頃に経験せずに大人になってからやってしまうと、かる〜く、犯罪になってしまうのでしょうね。
子供体験の消化不良を起こすといつまでも抜けきれないような気がします。
小学生が好きな女の子の家の前でウロウロして必死で書いたラブレターを渡しても「かわいい」ですみますが、大人がやったら即、ストーカーですからね。

しかし、子供の世界を体験していない子供がそのまま大人になってしまうと今以上に不安定な町になってしまうのかなあ〜

おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-09-16 06:02 | hanaのひとりごと | Comments(2)
当たる占い

誰もが一度は占いをしたことがあると思います。
毎朝テレビでやってるカウントダウン占い、雑誌の最後に書いてある占い、町の易者、高名な占い師。
人は迷ったとき、自分で結論が出せないとき、誰かに背中を押してもらいたいとき、占いという手段をとるときがあります。

基本的に僕は占いよりも側にいる人の「忠告」を信じます。
だって身近な人は僕のバックグランドや人となりを知った上で僕よりも客観的な立場で意見してくれます。占いは統計学で、「当たるも八卦当たらぬも八卦」ですから。

そんな僕でも認めざるを得ない体験をした事があります。
その人は弱視の人で50代くらいの男性。
その人に見てもらうためには電話で予約を入れます。
例えば、友達と一緒に行く場合予約で代表者の「どちらか一人の」名前を伝えます。

a0037910_19182265.gif「さて、当日は何を質問しようか?」
と考え、例えば
・引っ越し
・転職
・結婚
の事を聞いてみよう。と思っていたとします。

当日、とあるマンションの一室に入り、その人の座る丸テーブルの前に座ります。
席に着くと、僕の方に向かって、まだ何も喋らないうちに

「今、引っ越しても職場が変わるので引っ越す必要はないでしょう。今の仕事を変わるより、今までやってきたことをまとめる作業をするといいでしょう。今、結婚しても仕事が停滞するので生活が苦しくなるので今は見送った方がいいでしょう。」

と、聞きたいことを片っ端からズバズバ言われます。それも、過去のことを「当てる」ということはしません。「これからのこと」を話してくれます。
聞きたいことを全て言われたので次の言葉が出ずにいると、次は同行者の話に移ります。
同じように聞きたいことをズバズバ言われ、二人ともまったく言葉が出ません。
それでも振り絞って細かいことを聞いてもすぐに答えが返ってきます。

以前、言われた内容で
「バイクは両足が着くものがいいでしょう。○○(メーカー)は乗らない方がいいでしょう。」
等と、事細かく説明してくれます。
質問も無くなり、席を立ってお礼を言って帰ろうとしたそのとき、その人の手元にある二枚のメモ用紙を見ると、「中西:○○・・・・・・。」そして「××(同行者):○○・・・。」と走り書きで話した内容が書いてありました。
そう、予約の時に「どちらか一人」の名前しか言ってなかったにもかかわらず、そこには同行者の名前と内容まで書いてあったのです。
もちろん、話しながら書いていたわけではなく、そのメモを指さしながら話してただけです。

僕は、恐る恐る、
「先生は、何を見て言っているんですか?」
と質問をしました。先生はサラッと、
「その人の後ろにいるのを引っ張り出して聞いているんです。」
と言った。
「それって守護霊ですか?」
と聞くと、
「守護霊がいる人はそうそういません。むしろいないほうがいいんですよ。たいていいる人はその霊の影響で例えば、その霊が戦うのが好きなら自分の意志とは関係なく戦ってしまうからです。」
と言われた。それ以上は怖くて聞けなかった。

僕の美容師の友人がその人に見てもらい、
「バイクは絶対に乗らないでください。」
と言われたにもかかわらず、乗って事故に遭ってしまい生死をさまよい、一命は取り留めるも、1年間入院してしまい、そのせいで、いままで付いてきてくれてたお客さんを失い、退院後、復帰するも他の店舗に移動になってしまった。

しかし、彼はその後、その時の慰謝料とか保証のお金で自分のお店を持つことが出来た。また、その事故で献身的に介護してくれた彼女とめでたく結婚して子供も授かった。
彼が言うには事故後、意識を取り戻して車いすで初めて病室を出て途中で差し込んだ太陽の光の眩しさと、暖かさで涙が止まらなくなるほど感動して、生きていることの有り難みを感じたそうだ。

そう、占いは当たり、彼に不幸が訪れた。
しかし、そのおかげで彼は尊いものと、未来と、家族を手に入れた。

僕は、何となく、思うんだけど、人生、幸も不幸もトントンなのかな〜と。
経済的に成功しても家庭や人間関係で不幸せな人もいるし、もちろん、両方手に入れている人もいます。
今日の雨を
「あ〜また雨か〜いやだな〜」
と思う人もいれば
「涼しくなってホッとした」
と思う人もいて、結局、幸か不幸はその人の感じ方なんだろうと思います。

事故をした彼も、そのお金を遊びや車に使っているといつかは無くなったけど、ちゃんと未来の種を買って、そして人を大切にしたから幸せの一部を手に入れることが出来たんだと思います。

そう思うと、いくら占いで言われても、転んでも、失っても、幸せに向かって歩いていればいつか必ず幸せと向き合えるときがくるんでしょうねえ。

おしまい(長くてごめんなさい)
[PR]
by hairhana | 2006-09-14 19:18 | hanaのひとりごと | Comments(7)
あなたはどれが好きですか?
a0037910_9191854.jpg

先日の撮影でヘアメイクをした「ファッション通販サイトefasio(エファシオ)」の写真がアップされました。
テーマは「グラマラスなブリティッシュスタイル」ということで、先日も話したようにメイクはナチュラルというよりもライン重視でリップも目を引くディオールのボルドーを使いました。

a0037910_9193679.jpgコーディネートに合わせてヘアアレンジをしてみました。
先日もお話ししたとおり、この日は真夏日。ダウンジャケットなんか着たら、もう、我慢大会。
ある意味、体育会系ですね。夏の撮影は。

みなさんはどのスタイルが好きですか?


「efasio」TOP
→ http://www.efasio.jp/
特集ページ
 http://www.efasio.jp/special/split/index.html
Blog
→ http://blog.livedoor.jp/efasio/
[PR]
by hairhana | 2006-09-13 09:31 | メイクのお話 | Comments(2)