hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
わかりました! ご丁寧..
by みるきー at 11:05
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:22
こんにちは、トモさん! ..
by みるきー at 15:45
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1176)
(1173)
(1172)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
いつまでたっても・・
a0037910_19232327.jpg

日曜日は7時に終わります。
ちょっと得した気分です。
いろんな事を考えるんだけど、結局家に帰ってのんびり過ごすことが多いね。

普段、キチキチのスケジュールで動いているので「無意味な時間」を過ごしてるとちょっと贅沢な気持ちになるね。
べらぼうに高いステーキや料理も、チャーター機で行く旅行も贅沢だけど頑張って稼げば得ることが出来ます。
しかし、時間だけはどこに行っても売ってません。
死ぬ間際に、後、1時間あればこれとこれとこれを言って・・・などと往生際の悪いことを言ったりするかも知れません。
「無意味な時間を過ごす」ということはもしかしたら、究極の贅沢なのかもしれない・・・。

等と言いながら何気に点けたテレビにKAT-TUN(カトゥーン)というジャニーズの新しいグループが出ていた。「新しい」と言ってる時点でオヤジ街道まっしぐら。
そんな僕でも亀梨君と赤西君はわかった。
タイのオカマみたいにキレイな顔をしていたね。

そのまま流して見ていたら「エロカワいい」の子供ダンス選手権というのを始めて、ちびっ子の踊りを目を細めて見ていたら、電話が鳴る。

a0037910_21284860.jpg「はい、もしもし。」

「あ、トモさん、どこにいんの?」

近所の友人の声。

「遊ぼうよ〜。」

「いいよぉ〜。」

と二つ返事。ガキか?オレは。
降りていってHanaへ。
梅雨明けの風の気持ちいい夜だったのでテラスにソファーを出してPCで音楽を流す。
しばらくタイの話をしていたがコンビニで花火を買ってきて「ミニ花火大会」。
40前後のオッサンが花火に興じる姿はなんとも・・・どうなんだろ?
それでも線香花火は似合わなすぎた。

でも、楽しかった。
硝煙の臭いにハードボイルドを感じた僕がいつ大人になれるのだろう?

おしまい。
[PR]
by hairhana | 2006-07-31 21:30 | ニコニコ日記 | Comments(2)
act4 タイ旅行記 「病んでしまいそうだ!」
a0037910_7235212.jpg

どこの国に行っても必ずいるねこいつは。
もう、何年も食べてないけど、「子供のハートをがっちりキャッチ!」なんだろうな。
ここは子供たちに「美味しい!」よりも「楽しい!」を植え付けようとしてるね。
なんかの本で読んだんだけど、「幼少期に好きになった食べ物は生涯を通じて好きになる。」みたいなことを書いてあった。
だから、ここのターゲットは僕たちではなく「未来のジャンキーな大人」なのかもしれないね。

CMでしきりに言ってる
「I'm loven' it」
も「I'm loving it.」のようだけど、LoveとかLikeのような動詞はingを付けずに
「I love it」と表現するのだけど
これだと「とても好きだ」になるのでingをつけて「とても好きになりそう」、「好きになるに違いない」(この味は大好き!やみつきになりそうだ!)という言葉を含んでいるんだろうね。
ちょっと洗脳ぽくていやぁ〜な気がするね。

バンコクのここはどこに行ってもこの人形が置いてある。
ちなみにこの手を合わせるポーズを「ワーイ」と言います。
元々神様にお祈り(挨拶)するときに使うのですが商売の時に「いらっしゃいませ」、「ありがとうございます」なんかの時にもつかいます。
いわゆる「おじぎ」みたいなものです。

「サワディー カー(男性はクラップ)」

これはタイの代表的な挨拶です。この一言でおはよう、こんちには、こんばんは、さようなら、ようこそと全ての意味を含みます。簡単でしょ?
この時によく見る写真で「ワーイ」をやっています。だからといってあちこちで連発していると「なんだ?こいつは?」と思われます。
日本でもお客さんがお店にはいるときにおじぎして入らないでしょ?
それでも相手に敬意を払ったり、丁寧に「ありがとう」を言うときには使います。冷静になると日本と同じなんですね。

ちなみに帰国してたまたまこの店に入ってベーグルを食べたが半分いかずギブアップ
I don`t loven' it
「この味は大嫌い!病んでしまいそうだ!」

つづく
(下の写真は横浜のここです)
a0037910_7491915.jpg

[PR]
by hairhana | 2006-07-30 07:49 | 旅日記 | Comments(0)
act3 タイ旅行記 子供はどこでも
a0037910_5461539.jpg

別にマイケルジャクソンやゴダイゴのように子供が大好き!というわけではないが、どこに行っても子供と犬猫になつかれてしまう。
慕われるというより「仲間」だと思うのかもしれない。
おいおい、子供と犬猫と同等かよ・・ちっ・・まあいいや。

ウィークエンドマーケットから大通り一つ隔てて立ち並ぶ店の裏手に家具とかをリサイクルしてるお店がある。
お店と言ってもマーケットと同じく値札も付いてない。いらっしゃいませもない、ましてや英語も通じない。でも、そんなところに掘り出し物はある。Hanaの店先にある灯籠もその一つ。
シャンデリアも日本で買うと15〜6万円くらいするけどそこで買ったらなんと、6千円だからね。
とはいえ、買ったからと言って持って帰るのが一苦労なんだけどね。

その店じゃないような店に行くまでのがれきの道で子供たちが遊んでいた。しばらく見ていたが鬼ごっこでもないようだが、「自分たちで決めたルール」がそこにはあるらしい。
捕まえたり、追っかけたり、楽しそうに遊んでいる。
多分、これが日本なら「集まってゲーム」なのかもしれないね。
ふと、この子たちに日本のゲームを与えたらどうなるんだろう?と思った。
「いらない!こんなもの。いこ!いこ!」
と走っていってくれたら、ちょっとだけホッとするような気がした。
しかし、ゲームは面白くなるように作られてるからやはりダメかもね。

a0037910_6433197.jpgバンコクでは至る所に子供がいる。
屋台の店先で宿題したり遊んだり。
日本でも両親が働いているところの子供はどうしても就寝時間が遅くなってしまうと聞いた。
そうすると学校で居眠りしたり集中力がなかったりするのが問題だと言ったのは小学校の先生。
でも、明らかに違うのは日本の子供は家に帰ってテレビを見たりゲームの画面を見ている。バンコクの子供たちは「働く親の姿」を見ている。

「クン(あなた) イープン(日本) カオジャイマイ?(知ってる?)」

子供たちは首を横に振った。

「タイループ(写真) ドゥワイ(一緒に) ダイマイ?(いいか?)」

とカメラを向けたら写真が好きなのかポーズを取ってくれた。
日本でこれやってたら速攻、不審者扱いで通報なんだろうな。
子供を守るのもいいが、箱詰めして外気にさらさないと中で腐っちゃうね。いつか大人になって箱から出されたとき強くたくましく生きていられるのだろうか?
すくなくともピースしてる男の子は親分になるだろうな。

つづく
[PR]
by hairhana | 2006-07-29 06:44 | 旅日記 | Comments(0)
act2 タイ旅行記 ウィークエンドマーケット編
a0037910_13343464.jpg

バンコクでは毎週末ヂャトチャック公園の側で「ウィークエンドマーケット」が開かれます。
ここにはありとあらゆるモノのお店が出ます。
洋服、雑貨、家具、仏具、ペット、食べ物、etc・・・
全て廻るには2〜3日かかっても無理かも知れないほど広いマーケットです。
ここは普通にタイの人たちが来る場所なので観光コースには入ってないので行きたいときは自分で行くしかありません。

【BTS(スカイトレイン)の乗り方】
a0037910_14212647.jpg
a0037910_14211117.jpgBTSが出来るまでは殆どの交通手段はタクシーでした。しかしact1でも話したようにタクシーの場合は少し危険が伴います。その点BTSは料金が安いし便利です。
券売機でチケットを買うのですが、小銭しか使えないので小銭がないときは両替所で両替してもらいましょう。
券売機で行き先の番号を押すと金額が表示されるのでその分を投入します。
するとチケットが出てくるのでそれを改札に入れて通り、目的地に着いたら改札を抜けておしまい。
ちなみに最近出来た地下鉄はトークン(黒い磁気のコイン)を使います。

a0037910_143497.jpgBTSでMoTito(モーチット)という駅で降りたらそのすぐ側がヂャトチャック公園でその隣りにウィークエンドマーケットがあります。
デパートと違い基本的にクーラーが効いてないので、なるべく午前中に行くようにしましょう。
中は意外と暑いので水分補給をこまめにしましょう。
僕は「テングモーパン(スイカのシェイク)」が大好きなのでいつもそれを飲みます。これにアイスをのっければ「新作スイーツ」で紹介した「グラニテ」になります。グラニテは500円テングモーパンは20B(60円)です。

【飲み物の頼み方】
飲み物は全て名前の最初に「ナム」を付けます。例えば
ナム パオ(透明) →水
ナム ソム(オレンジ) →オレンジジュース
ナム マンモォー(マンゴー)→マンゴージュース
ナム ケーン(固い)→氷
ナム ターム(目) →涙
とこんな感じです。「パン」(砕く)はクラッシュアイスとミックスしてシェイクにします。
だから「スイカシェイク」は
「ナム(水状)テングモー(スイカ)パン(シェイク)」になるわけです。
それに「アオ(買う)」を付けて
「アオ ナムテングモォー(スイカ) パン カー(男はクラップ)」になるわけです。

食べ物はなるべく火の通ったモノを選びましょう。
ここはとにかく安いので女の子にとってはまさに天国。
可愛いワンピースが200B(600円)くらいで買うことが出来ます。
日本と違い「金に糸目はつけねえぜっ!」くらいの勢いで買っても全然お金が無くなりません。
僕はと言うと自分のモノは何一つ買ってません。
お店でお客さんに出すベンジャロン焼きのティーポットとか友達の頼まれモノなどでした。

1時には次のスケジュールがあるので切り上げてマーケットを後にしました。
「賢い買い物の仕方」は他のactでご紹介しますね。お楽しみにっ!

つづく
[PR]
by hairhana | 2006-07-28 14:52 | 旅日記 | Comments(0)
act1 微笑みの国からこんにちは 空港編
a0037910_16293.jpg

ただいま帰りました!
トモです。

お正月を除いた年に一度の連休を頂きました。
お休み中に予約の電話を下さった方、わざわざお店まで来て下さった方。
ごめんなさい&ありがとうございます。

さて!今回の夏休みは・・・・・・「いつも」のようにタイに行ってきました。
今回はいろいろ調べて某旅行会社が企画した
「スイートルームに4連泊!タイ航空で行く!バンコク6日間の旅!」
エアーチケット、ホテル代、さらに観光、ディナーショー、食事付きでなんと!¥64800!!
この時期、タイ航空はエアーだけで7万円を超します。
いつも泊まるホテルではないが、これは即決!

夕方5時発のタイ航空はキレイでサービスもよく、以前乗った「アメリカ系航空会社」の飛行機の100倍快適だった。
ドン・ ムアン空港に着いたときは時計の針は22時を告げようとしていました。
タイと日本との時差は2時間。日本のマイナス2時間です。だから行きはちょっと得した気分です。
所要時間は約6時間。ハワイと同じくらい。ただ、ハワイの場合は「横に飛ぶ」ので時差と、さらに日付変更線を越えるので体力的にタイの方が楽かも知れませんね。

a0037910_4365722.jpg空港では「SAWADEE(サワディー)」(こんにちは)の大きな看板が迎えてくれる。
空港を出ると旅行会社のスタッフが迎えに来てくれている。ホテルまでの送迎付き。本来ならここでタクシーに乗る。

【タイのタクシーの乗り方 その1】

空港にはタクシーの乗り合い所があります。
施設内で「タクシー!タクシー!」とか言ってる人に頼むと100%ボラれます。
乗り合い所に行き、受付に目的地を伝えます。タイ語で言う場合は
「パッ(行く)スクンビット(スクンビット地区)ローングレム(ホテル)ウィンザシット(ウンザースイーツ)」
とこのように言います。行きたい地区名を言うのがコツです。
タイのタクシーは今殆どがメーターを付けています。しかし、客が外国人だとメーターを押さずに着いてから倍の料金を請求する運転手もいるのでもし乗り込んで動き始めたときにメーター(運転席中央の下の方にたいていあって赤い数字が点灯します)を押さなければ
「ピー!(お兄さん!)ゴット(押す)メーター ナ!」
と言いましょう。
この時早口でなにやら矢継ぎ早に説明しますが何を言っても
「マイダ〜イ!(ダメだよ!)ゴット メーター!」
と怒り口調で押すまで言いましょう。
ちなみに「マイダイ」は様々な断ったりするときに使うのに便利です。
高速道路を利用した方がスムーズに行けます。
「ピー(お兄さん)ハイウェイ ルーイ(高速道路使って) カー(男はクラップ)」
高速道路の料金所で40B(120円)を手渡し、降りるときに20Bを渡すのを忘れないように。
料金は市内のホテルでだいたい150B(450円)前後。さらに空港で待機するときに50Bかかっているので料金に50Bプラスして払いましょう。また、端数はチップとして渡すのをお忘れ無く。

a0037910_4335327.jpg今回は送迎バスなので楽々でした。
現地のタイ人のガイドさんが事細かに明日からのプランを説明します。
その言葉を右の耳から長い仕込み左の耳からナイアガラの滝のように聞き流します。
なぜかというと僕は彼らと行動するのはホテルまでで明日からは「自分のツアー」に行く予定だからです。

ホテルに到着しフロント前で部屋のカードキーを受け取ります。
ツアーなのであまりいい部屋ではないようです。みんな「504」とか下層階の部屋みたいでした。僕の名前をガイドさんが呼んで「2022・・・?」ガイドさんも「え?」て顔をして渡してくれます。実は日本にいるときにメールで部屋のグレードアップのリクエストをかけておいたからです。
そしてガイドさんが
「アシタハ7ジハンニ ロビーニシュウゴウデス!」
と言って解散した後、明日から勝手に回るからツアーに同行しない旨を伝えます。
ガイドさんの持ってる紙に「ツアーを全てキャンセルして帰りも一人で帰ります」と一筆書いて僕のツアーはスタートしました。

この日は大人しくホテルの向かいのラーメン屋台でラーメン30B(90円)を食べておしまい。
さて、明日からどんな旅が僕を待っていてくれるのやら・・・・

つづく
[PR]
by hairhana | 2006-07-28 04:38 | 旅日記 | Comments(0)
Happy!! Summer Holiday!
a0037910_15145210.jpg

ちょっと早めですが夏休みを頂きます。

7月21日(金)〜7月25日(火)

7月26日(水)から一生懸命、年末まで働きますから(多分)。
楽しみに待っててくださいね。

クリフ・リチャード「サマー・ホリデー」

みなさんがステキな夏の思い出を作れますように・・・
[PR]
by hairhana | 2006-07-20 15:27 | <<Hana News>> | Comments(4)
ウソをつくと鼻の穴が開きます。
[夏休みのお知らせ!]7月21日(水)〜25日(火)まで、Hanaは夏休みを頂きます。ヨロシクね(^_-)-☆
a0037910_154715100.jpg

騙すつもりはないのだが、隠しておこうと思うことですら僕は見抜かれてしまうようです。
隠す僕が下手なのか、見抜いた人が鋭いのか、
多分、僕が下手なんだろう。

昔からウソをつくのがが下手だった。
母親に
「あんたはウソをつくと鼻の穴が開くけえ、すぐわかるんよ。」
と言われ
「そ・・・そんなことないわい!」
と鼻の穴を開きながら答えた。

a0037910_15513615.jpg嬉しいことがあると笑いを堪えられない。
悲しいことがあるとどんよりオーラが出る。
腹立たしいことがあると頭から湯気が出る。

ある意味わかりやすくて扱いやすい。
ある意味騙しやすい。
ある意味単細胞。

母が末期ガンで入院してたときも母親に悟らせないために一世一代のウソをついた。
そのころ自分では大人になったのでウソも上手になってると思いこんでいた。
他の誰にも言わなかった。
もし、その人が母の前でウソをつけず涙の一粒でもこぼしたら母にばれると思ったから。
もし、その人の鼻の穴が開いたら母にばれると思ったから。

母に会うたびにウソをついた。
本当は抱きしめて泣きたかった。
「ありがとう」と言いたかった。
でも、僕の口から出た言葉は
「手術も成功して後は体力付けるだけじゃけえ、早よ働きんさいや。」
などと突き放したことを言ってしまう。

最後の最後までそうだった。
様態が悪化して多分ほとんど意識も無く、僕の言った言葉なんか届いて無いのかも知れないときも
「早よ、退院して美味しい物食べに行こうや。」
「寝とったらディズニーランド連れていけんじゃろ。」
多分、僕の鼻の穴はこれ以上なく開いていたんだろう。

僕はウソをつくのが下手です。
もし僕が鼻の穴を開いてあなたに見え見えのウソをついても心の中で笑ってだまされてやってください。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-07-19 15:54 | hanaのひとりごと | Comments(0)
いつもより多く巻いてまぁ〜〜す!
a0037910_16151484.jpg

歌舞伎にオペラにミュージカル。
素敵な舞台は僕たちに感動を与えしばし夢の世界に誘って現実を忘れさせてくれます。
台詞の一言一言、動作の一挙手一投足全てが完成されています。
そんな素敵な舞台に必要なのは「舞台裏」。
本番の何倍、何十倍も練習をします。

僕たち美容師の仕事もそうです。
一見、エアコンの効いたお洒落な店でお客様とおしゃべりしながら、ハサミ以上の重い物は持たず楽しそぉ〜に見えるでしょ?

楽しいですよ。マジで。

でもね、楽しいと思うためにはやはり、「舞台裏」があります。
仕事が始まる前、お客さんが帰ってから。
僕たちはほとんど毎日練習しています。

 Hanaの技術のチェックの基準はけっこう高いです。ブローでもアシスタントレベルでも他店のスタイリストクラスも出来ないくらいのクォリティに仕上げます。
練習に熱が入ると夜中の12時を廻ることもしばしば。

何千回も何万回も巻いたり切ったりを繰り返し練習するからこそ本番(仕事)が楽しいんでしょうね。
細かくこつこつ積み上げてきたものはちっとやそっとでは崩れませんから。

「自分にあった仕事が見つからない」、「失敗するのが怖い」と言ってる人も多いけど舞台裏が勝負です。よく言うじゃないですか
「千里の道も一歩から」ってね。

*********
今日、夏美がワインディング(パーマのロッド巻き)のチェックに合格しました!
彼女は同レベルくらいのアシスタントの3倍くらいの早さで成長してます。
と、いうことは3倍練習してるってことですね。
おめでとうございます。(^^)//""""""パチパチ
[PR]
by hairhana | 2006-07-17 16:15 | hanaのひとりごと | Comments(2)
おねだり上手な人
a0037910_321579.jpg

[夏休みのお知らせ!]7月21日(水)〜25日(火)まで、Hanaは夏休みを頂きます。ヨロシクね(^_-)-☆

世の中、甘え上手な人と甘え下手な人がいます。
単純に下手より上手い方がいいのですがなかなかどうして簡単にはいかないようです。
ただ、これは「血と汗と涙の結晶」と鍛錬のたまもの、というわけではなく、もともと子供の頃はみんな出来ていたことですから、「甘えられない」のではなく、「甘えられなくなった」というのが正しい言い方かも知れません。

甘え上手な人と下手な人の違いはまた別な機会にお話しするとして、「甘えるテクニック」とでも言いましょうか、甘えるときに必要不可欠な事を今日はお話しします。

あなたが言われて「一番嬉しい言葉」は何ですか?
「愛してる」、「大好き」、「ありがとう」とか?
僕もそれらの言葉を言われると嬉しくなっちゃいます。
でも、それらの言葉は疑うことが出来ます。

「ほんとにぃ?」「うそばっかり」「いやいや、たいしたことじゃないから」

でも、ひとつだけ言われて嬉しくて疑う余地のない言葉があります。
さて、なんでしょう?




・ ・・・・・・・・・?





教えて欲しい?




教えなぁ〜〜〜いっ。(^。^)
うそポン。

それは、「名前」です。
名前を呼ばれて嫌な人はいないし、
「トモさん!」
って呼んでくれた人に
「うそばっかり」なんて
言えませんから。

だからお願いをするときに相手の名前をたくさん呼びましょう。
「ねえ」とか、「ちょっと」はいただけませんね。
「ねえ、荷物持って」と言われるよりも
「トモさん、荷物持って」と言われた方が素直に体が動きます。

さあ!今日からあなたもおねだり上手!
ましてや男は単純ですから・・・・・・。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2006-07-16 05:54 | hanaのひとりごと | Comments(3)
その時僕は・・・
a0037910_525986.jpg

今日も忙しかった。
お客さんのカットをしながら
「夏休みはどっか行きますか?」
「ええ、家族で箱根に・・・。」
なんてありきたりの会話をする。

カットが終わって
「はい、じゃあシャンプー入ります。コチラへどう・・」
店の外に一瞬閃光が走った。左目がフラッシュを浴びたように白く見えた。
次の瞬間、「ドォーーーン!」とけたたましい音と共に窓ガラスが割れて爆風が飛び込んできた。一瞬の出来事で僕は背を向けたが後ろから突き飛ばされるように押し出された。
僕の目に映ったのはすごい勢いで迫り来る店の奥の壁だった。今思うと壁が迫っていたのではなく僕が飛んでいたんだった。

その後、気を失い、気づいたときは周りは真っ暗で今、自分がどこにいるのかすら解らなかった。
かろうじて呼吸は出来るが体が動かない。腰から下の感覚が無いのだ。
「そうか、プーさんが窓につっかえたのってこんな感じなんだ。」
などと、悠長なことを言ってる場合ではないようだ。
自分を取り囲むがれきの中に僕がタイで買ってきたオブジェの一部が見える。
「ああ・・ここは自分の店だった。」

もし、北朝鮮のミサイルが飛んできて近くに落ちたらこんなのかなあ?
普段、テレビもラジオも付けてないからそんな情報知る術がない。よしんば友達の誰かが知ったにせよわざわざ僕に電話してくれるほどの余裕は向こうにもないはずだ。

このタイミングに合わせたかのように今までさんざっぱら失敗し続けてきたアメリカのミサイル迎撃システムが完成したというニュースが入る。もしや、アメリカが撃たせたのか?

現在、しきりにこの手の話題にテレビは事欠かないが最初のミサイルが着弾したすぐ後の朝方のニュースと、明らかに情報操作が行われてから現在に至るまでの間に着弾地点はどんどん日本から遠ざかり、今日のニュースでは発射が失敗して飛ばずにすぐ落ちたと軍事アナリストが説明していた。

何故、そうせざるを得なかったかというと本当に落ちた稚内沖110kmがちょうど発射台からの距離が東京間と同じ距離ということ。すなわち、角度を変えて撃てば東京も直撃できるんだということを意味している。

バラエティならまだしも、情報番組やニュースまで情報操作をしていると
もう、テレビは信用できるメディアじゃないね。

また飛んでくるときも仕事してるか寝てるかのどっちかだろうなあ。
出来れば一人でいないときにヨロシク
北○鮮が僕の行動を監視衛星で見ていてくれて
「よし、今ならトモさん、一人じゃないぞ!発射!」
ってやってくんないかなぁ〜

おしまい
a0037910_54810.jpg

[PR]
by hairhana | 2006-07-14 05:05 | ニコニコ日記 | Comments(0)