hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
わかりました! ご丁寧..
by みるきー at 11:05
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:22
こんにちは、トモさん! ..
by みるきー at 15:45
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1168)
(1165)
(1164)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
最後の雨に濡れないように・・
a0037910_2027239.jpg

突然Hanaに、はなちゃんが来た。忙しい合間を縫って。
先日カットに来てくれた「中西保志さん」のNewAlbumを持ってきてくれた。
13年前、「最後の雨」(今、倖田來未がカバーしてる)で大ヒットを飛ばす。
Hanaでは優しそぉ〜な「おっちゃん」だったけど、アルバムジャケットの中の彼は「かなりイケてる」にいちゃんだった。

アルバムタイトルは「PROCEED」。彼にぴったりのタイトルだね。
ライブで歌ってる曲と書き下ろしの曲合わせて4曲。
そしてピアノとヴァイオリンの「最後の雨」のアコースティックバージョン。
あえて僕のコメントは載せません。先入観無しに聴いていただきたい。そして好きになってもらいたい。

a0037910_20273646.jpg〜彼からのメッセージ〜

一人ぼっちでいいなら「歌わ」なくてもいい、「叫ぶ」だけで十分だ。
自分以外の誰かに、聴いて、受け止めて欲しいから言葉があり、メロディがあり、演奏があるのだ。
「歌うもの」と「聞くもの」がひとつになるのが「歌」である。と僕は思う。

ずいぶん久しぶりにボールを投げてみた。
どんな返球があるか、今とても楽しみにしている。

                       中西保志

11月1日、¥1800(税込)でリリース。

クレジットにちっちゃく僕の名前も入ってるのでチェキラ!
[PR]
by hairhana | 2005-10-31 20:28 | hanaの音楽 | Comments(0)
ハロウィンなんて大嫌い!なんちゃって!
a0037910_1352497.jpg

今、巷で盛り上がってるのに水を差すようで申し訳ないが、
「日本人にはハロウィンは似合わない」と思いました。
せいぜい、子供止まりでよろしくお願いします。

夜、バイクを走らせていると狭い路だったので車が渋滞してました。
工事でもしてるのかと思いきや、飲み屋の前で仮装した男女が騒いでいて、そのための渋滞でした。

「イベント」が楽しいのは解ります。
バレンタイン、ハロウィン、クリスマス、etc・・
愛の告白だったり、収穫祭だったり、神様に感謝する日だったり、
企業が便乗して「商戦」になると、経済活性化に繋がるからある意味必要なのは解ります。

でも、なんか、ダサかったです。
クリスマスなんて、海外だと「本気」です。
家族で過ごして神様にお祈りしてます。

例えば、僕たち日本人が海外旅行先の町で
「BON-DANCE PARTY!!」
と書いてあって
店内の至る所にナスに気の棒が刺さって牛の形になってるんだけど、なんか変なペイントがしてあって、
金髪が着物着ていて、それもジーンズの上からだったり、帯がマジックテープだったり、髪の毛がアフロだったり。
曲も、「炭坑節」のハウスバージョンで大盛り上がり。

どうでしょ?変でしょ?
賛否両論あるけど、僕はなんか変な感じがしました。
と、いいつつ、仮装してたりして・・。

あ、決して「するな」って言ってる訳じゃないですから。
まあ、交通の妨げになったり、酔いつぶれてその辺でゲロ吐かないようにしてくださいね。

おしマイケル
[PR]
by hairhana | 2005-10-29 13:05 | hanaのひとりごと | Comments(0)
BIKEでブンブン!
a0037910_18574493.jpg

ハナはどこでも付いてきます。
僕の移動手段はバイクです。
ハナも乗ります。

風をもろに受けるのでゴーグルが必要なので購入しました。
それまでは無かったので大人しかったのが急に視界が開けて運転中、キョロキョロしています。

信号待ちでは最初、ぬいぐるみに間違われるのですが動いているのを見ると指さされて
「きゃぁ〜!かわいい!」
と女の子達はいいます。
自分を指しているのではない解ってはいるけどこっぱずかしいです。

ハナは足が悪いので昔ほど走れません。
だけど、バイクに乗ってるときは元気なときより景色が早く流れます。
風のように走るバイクに乗って何を考えているのでしょうか。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2005-10-27 19:28 | 今日のハナ | Comments(2)
オバケが大嫌いです
a0037910_1214031.jpg

(つづき)
「平成幽霊女学館」は無人のセンサー式のお化け屋敷。
ブロックごとに仕掛けがあって、センサーに触れると音が鳴ったり、仕掛けが動いたりして、客を驚かせるシステム。

「女学館」という響きに負けて入った僕は、今さら
「やめるは、オレ。んじゃ、後、よろしく」
というわけにもいかず、怖がる女の子に

「大丈夫、大丈夫。機械だよ、機械。怖がるなよぉ〜」

と、言いながら完全に腰が引けてました。
当然、先に進む勇気など、ひとかけらも持ち合わせていませんでした。
散々悩んだ挙げ句とった行動は、怖がる女の子の肩を支えながら、部屋に入る手前で
「大丈夫。大丈夫。」
といいつつ前に押して先にセンサーに触れさせて
「ぎゃぁ〜〜っ!」
と驚いてるときは僕は、少し、後ろを歩いていて、悲鳴と共に、さっと隣に移動。という、世にも汚い手を使ってしまいました。

「ぎゃぁ〜〜っ!」

「大丈夫、大丈夫。」

「ぎゃぁ〜〜っ!」

「大丈夫、大丈夫。怖がりだなぁ〜(笑)」

「ともさん、怖くないのぉ?」

「怖いわけないじゃん。作り物だよ、作り物。」

内心、それでも、早く出たくてしょうがない。
理科室、教員室、体育館と色んな部屋を回っていく。
それでも、なんとかやり過ごしていたんだけど、最後の部屋が難関だった。
最後の部屋は「トイレ」で、3つ扉があって、どれかひとつが外に繋がっていて、後2つは・・・
という部屋だった。

「私、だめ!絶対!ダメッ!ともさん、開いて!」

と言われても開けるわけがない。
悩んだ挙げ句僕のとった行動は、女の子の横に並び、ドアノブに手をかけ思いっきり開くのだが、自分は開いたドアの影に隠れて、女の子の真っ正面に仕掛けが現れる。
この世で、最も醜い行動に出た。

「ぎゃぁ〜〜っ!」
バタン!違う、違う・・

「ぎゃぁ〜〜っ!」
バタン!違う、違う・・

ふたつ、違えば、後のひとつは出口に繋がってる。
そこで初めて
「怖がりだなぁ〜まったく。付いて来な!もう。」
とドアを開けてスタスタ進む。

「ともさんて、スゴイねぇ〜。怖いモノなしだねぇ〜」

「お化け屋敷くらいでビビんなよぉ〜」

そして、しばらく経って、その話しを仲間内でご飯を食べに行ったときに、その話しを
「実は・・」
って話したら、その女の子にひとこと、

「さ・・さいてぇ〜・・・」

と吐き捨てるように言われた。

お化けは大嫌いです。
Qちゃんにしてください。
ちなみにQちゃんは卵から生まれました。

おしマイケル。
つか、嫌いにならないでください。
[PR]
by hairhana | 2005-10-27 12:01 | hanaのひとりごと | Comments(1)
オバケは大嫌いです(その2)
a0037910_1592886.jpg

僕には霊感がありません。
金縛りにもあったことがありません。
「見える」と言われてる場所でも「見た」ことはありません。

それでも、なぜか苦手です。
怖い話は得意です。でも、頭の中でイメージして離すのでリアルに自分で見てるみたいで、話してる自分が一番怖いので最後まで話せません。

20代の頃、女の子と「後楽園ゆうえんち」に行きました。
ジェットコースターのようなスピード系の絶叫マシンは全く怖くありません。
自分の運転するバイクの方がよっぽどスリリングですから。

「オバケ屋敷」には絶対入りません。
以前、「人が脅かすタイプ」のオバケ屋敷で後ろから抱きつかれて、当時少林寺拳法を習っていた僕は条件反射で体を反転させて水月(みぞおち)に思いっきり食らわせて
「うっ!おぐっ!ぐぐぐぐ・・・」とうずくまる「オバケ」を横目に走って逃げた記憶があります。

その日は多分、上機嫌だったのでしょう。過ちを犯してしまいました。
「ちいさなオバケ屋敷」がありました。
人がいなくてセンサー式で動くタイプのやつです。
「コンテナみたいな部屋で区切ってあって、入り口の足下あたりにセンサーがついていてそこを通過すると仕掛けが動いて客を驚かせる。」
というやつです。

当然僕は入る気“0”ですがそのオバケ屋敷の名前が悪かった。
「入ってみる?」
と聞くと女の子はびっくりした後喜びました。
かくしてあり得ない行動、「自分からオバケ屋敷に入る」という行動に出たのです。
その名も「平成幽霊女学館」。
正直に言います。「女学館」に惹かれました。

そして、僕にとっては最悪の、女の子にとっては最低なホラートリップが始まりました。

【以下次号】
[PR]
by hairhana | 2005-10-26 15:10 | hanaのひとりごと | Comments(1)
オバケは嫌いです
a0037910_11165839.jpg

携帯ウイルス:日本風の"幽霊"が表示される新種


フィンランドのエフ・セキュアは24日(現地時間)、携帯電話を狙うウイルスで、日本人風の女性画像が幽霊のように表示される新種に警戒を呼びかけた。
 感染すると、「Spooky !!!」(怖い!)と表示され、髪の長い青白い女性の顔がじわりと現れる。

僕は霊感“0”です。
金縛りにあったこともありません。
感じたことすらありません。
だけど、オバケは嫌いです。
Qちゃんなら好きです。

僕に送らないでください。ね
エフ・セキュア
[PR]
by hairhana | 2005-10-26 11:20 | hanaのひとりごと | Comments(0)
ネンネンコロリよおこロリよぉ〜♪
a0037910_11162373.jpg

ねんねぇ〜んコロォ〜リよぉ〜♪

ハナはよく寝ます。
ホント、よく寝ます。
食ってるか寝てるかのどっちかです。

時折目を覚まして辺りの様子を伺ってまた寝ます。
営業のお兄さんが入ってくると吠えます。

「ウニャニャニャニャァ〜ッ!」

犬の声じゃありません。
犬語を忘れているのでしょうか。

昔みたいに駆け回って一緒に遊んだりはあんまりしません。
起きてる時間は短いのですが、その分、長生きしてくれればいいのになぁ〜って思います。

「オレは!太く短く生きるんだぁ!」

とどっかの大将のようなことは言わなくてもいいから、細くても長ぁ〜く生きていて欲しいです。
13年間、片時も離れず僕の人生を観てきた大切なパートナーですから。
[PR]
by hairhana | 2005-10-23 11:15 | 今日のハナ | Comments(5)
別れはある朝当然に・・・
a0037910_1421065.jpg

お店の向かいに一軒の家がある。
58歳のおじさんの一人暮らし。奥さんも子供もいない。
いつもシャッターが閉まってるけど、時折出てきては車に荷物を積み卸ししている。
仕事はお風呂屋さんに消耗品を卸しているそうだ。

恵比寿のど真ん中の一等地。立て替えてマンションにするでもなく、敷地40坪に独りで住んでいる。
はじめは変な人かと思ったけど、毎朝挨拶してると、とてもいい人だということが解った。

仲良くなって、
「じゃあ、後はともさんに任せたから、この土地、好きなように使ってよ。・・・ガクッ・・」
なんて事をまったく考えなかった訳じゃない。

今朝、近所のおばちゃんに、彼が亡くなったことを聞いた。
朝、散歩に出かけて急に倒れて救急車が来たときは事切れていたらしい。
つい、3,4日前の朝、「おはようございます」と元気に挨拶を交わした。多分、その後の事なのだろう。

「いってらっしゃい!」

「じゃあ、また明日!」

家族や恋人、友達や同僚。
しばしの別れをすることがある。
一緒に暮らしていても

「おやすみなさい」

と次の日の「おはよう」を言うまでの別れが必ずあるね。
時折ケンカしたり、意見が食い違ったり、勘違いしたりして
「ふん!」
なんて背中を向けて分かれることがあるけど、大切な人との別れは笑顔でいたいと思いました。

最後に見た顔が怒った顔や悲しい顔だと一生後悔するからね。
そんな思いをするくらいなら、勇気を出して「ごめんね」って言った方がどんなに幸せだろうね。

「ありがとうございました。」
と笑顔で見送ることのできる仕事をしている僕はなんて幸せなんだろう。

別れはある意味出会いより大切なのかもしれないね。
[PR]
by hairhana | 2005-10-20 14:02 | hanaのひとりごと | Comments(6)
プリンに溺れる
a0037910_17421488.jpg

目の前にプリンのプールがある。
水深(プリン深)5m。
表面にはカラメルがかかっている。
見た目、黒。

僕は泳ぎにはちょいと自信があります。
高校のころ、国体で3位になりました。


手をズボッ!と入れてみる。
すくい上げると卵色のプルプルのプリン。
ちょっと冷たい。

一口舐めてみる。
うぅ〜〜ん!最高ぉ〜〜!

ゴーグルをして、口をあんぐり開けて飛び込む!
プリンなのでしぶきは上がらない。

「ズボッ!」

鈍い音がする。
口中に広がる甘いカスタードの香り。
容赦なく口中に広がる。

美味い!美味すぎる!
一気にプールの底まで到達。
脚を付いて底面を蹴る!

しかし、プリンは半固形なので、浮力がない。
光すら通さない。目の前は真っ暗。
慌ててもがいて砕くも大量のプリンが僕を包み込む。

「や・・やめときゃよかった・・・_ハ ̄|○」



やめました。
僕には空想癖があります。
ボ〜っとしていると、あり得ないことを平気で考えます。
だからよく夢も見ます。

いつからか「プリンの海で泳ぎたい・・・」等と、願望を抱くようになりました。
しかし、現実的には海はかなり無理があるので
「いつか、大金持ちになったら・・・」と

「プリンのプールで泳ぎたい・・・。」

になりました。
僕の空想は空想で終わらせないのが特徴です。
なんとか現実にできないのかと頭をフル回転させます。

僕はどんな願いも強く思い続けることで、いつかは現実になると思っています。
でも、プリンのプールは危険なのでやめました。

おしまい
[PR]
by hairhana | 2005-10-15 17:41 | hanaのひとりごと | Comments(2)
有名人が誉めれば美味いのか?
a0037910_11474653.jpg

また築地に行った。いまや僕にとって「近所の魚屋」と化している。
今回は「生いくら」、「マグロ」、「海苔」、「粕漬け」を買った。
先日買った材料で作った「ウニ、イクラ、マグロの三色丼」はこの世のものとは思えないくらいデリシャスだった。

今回は前回のイクラが「味付き」だったので、今回は自分で味を付けようと思い「生イクラ」にした。
さらに「おいしい海苔」も購入。

築地場内で買い物を終えた後、場外にある「豆腐屋」に行く。
ここは先日テレビで紹介されたという「話題の店」なのだ。

豆乳がまるで「豆腐を飲んでる」くらい濃厚で、豆腐も味がしっかりしていておいしい。
店の人に
「テレビで紹介されたんですって?」
と聞くと

「王様の○○で大泉 洋さんが紹介してくれたんですよ」

「大泉?」
テレビを見ない僕にはまったくわからない。

「救命病棟なんちゃらで北海道出身で・・ど〜のこ〜の・・」

で、その大泉なんちゃらが豆腐のオーソリティかなんかなのか?
そいつが美味いと言えば美味いのか?
と思いつつ話を聞いていると

「今度NHKの「ビジネスなんちゃら」という番組でうちの会社が取り上げられるんですよ。見てください。」

と言われた。
別に脱サラで豆腐屋を始めようとしてるわけでもなく、ただ豆腐を買いに来ただけなのに。
豆腐の話は一切なしかよ!

「うちの豆腐は材料が他と違っていて製法もあ〜でこ〜で・・」
と豆腐の講釈をたれるならまだしもテレビがど〜とか言われてもな〜。

多分企画から始まって「差別化」を図って「売れる豆腐」を作ったのだろうね。
嫌なにおいがプンプンする。

本当に豆腐を作るのが好きで、たまたま取り上げられたが、うちは変わらず豆腐屋ですよ。という姿勢は微塵もない。
げんなりした。

美味しいものは、シンプルでそれでいて圧倒的な感動を与えるものなのだろうと僕は思う。
あれこれ奇をてらって「変り種」で差別化を図るのはそうそう長生きできないような気がする。

いい勉強になったね。
[PR]
by hairhana | 2005-10-12 11:48 | hanaのひとりごと | Comments(0)