hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
わ!!誤字ですね^^; ..
by hairhana at 17:07
×thinkinng→〇..
by 無名 at 09:53
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1277)
(1273)
(1273)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
★ステキな誕生日
a0037910_4573450.jpg

誕生日だっつ〜のに風邪。やれやれ。

数年前から
「誕生日というのはお袋が僕のために一番頑張ってくれた日」
だと思うようになった。

その日のために十月十日つわりで苦しみ、大きなお腹でしんどい思いをし、遊びに行かず、仕事も休み、そして、出産の痛みに耐える。
とうてい、他人に対して出来る行為ではないだろう。

生まれた後も、夜泣きをし、寝不足にさせられ、時折見せる無邪気な笑顔に心和ませられながらもそれも3才くらいまで。

日に日にワガママを言うようになり、
オモチャ屋の前で座り込み
「こぉ〜てぇ〜やぁ〜。こぉ〜てぇ〜やぁ〜」(買ってよ)

金がないのに「ステレオが欲しい!」
と言っては困らせ
学校で上級生6人まとめてボコにして呼び出され一軒一軒謝りに行ったり

あまりに部屋が汚いのでしょうがなしに掃除をしてベッドの下のエロ本を見つけ、それに気づかないふりをしてみたり、

ヘアカラーの練習台になって地肌まで真っ青に染められたり、

いつまでたっても結婚しないので「もしかしてあんた・・」と心配させたり、

病に伏せたときにウソをついたり
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=12854624&owner_id=25539

それもこれも42年前の今日がスタートだったね。
よかったのかな、こんなオレで

おかげで、幼稚園のお遊戯で主役のピノキオ出来たし(写真参照)水泳でjr,オリンピックも出られたし、ケンカも強くなれたし、女の子にもそこそこモテたし、バイクも乗れたし、一生の仕事を見つけられたし、お店も持てたし、。すてきな仲間や友達も出来たし、ハナも元気でいるし

思い返したら「ごめんね」としか言えないバカ息子だったけど、
今日は言わしてもらうよ

ありがとう。生んでくれて。
a0037910_4583280.jpg

[PR]
by hairhana | 2005-06-29 04:59 | hanaのひとりごと | Comments(10)
ボヤボヤしてしまいます
a0037910_1022424.jpg

自分のタイプ(好み)の人を見かけると目で追ってしまうクセがある。
それどかろか、追っかけて確認するときもある。(もちろんさりげなく)

美容の仕事をしていてきれいな人は嫌と言うほど見てきた。
モデルやタレントさんのメイクをしたり、お店にはクラッと来るくらいの人も来る。
そういう意味では「見る目」があると思っている。

周りの人にはよくこう言われる
「トモさん、きれいな人ばかり見てるからいつまでたっても結婚出来ないのよ。理想が高すぎるのよ!」

しかし、「好み」となるとそれは別。さらに「フェチ感」も加わるとかなりコアな選択肢になる。
また、年齢や時代によっても微妙に違うね。

今、
「私の彼、キムタクにそっくりなのぉ〜」
と言えば
「かっこいぃ〜」
となるのだろうが、はたして10年後もそうなのだろうか?

「私の彼、トシちゃんそっくりなのぉ〜」
と言ってもあまり羨ましがる人はいない。

一般的にはその時代に合ったファッションを取り入れ、「自分のモノにする」というのがいいみたい。
単純に「服に着られる」のではなくあくまでも「着こなす」のだ。
それは「馬に乗られる」のと「馬を乗りこなす」ほど違いは大きい。

話しは戻るが僕の見るポイントは
1,「姿勢」
上からつり上げられてるような凛とした歩き方。これは遠くからでも惹きつけられます。

2,「目」
タレ目
ただの好みです

3,「その他色々」
実は上記よりこだわってる所ですがこれはヒミツです。

好みのタイプの人を見たときは幸せな気分になります。
決して朝の「占いカウントダウン」で12位のビリでも
「今日はついてる!」
とまで思います。

それでも最近の女性はキレイになりましたね〜
まあ、ちょっと画一的な感じはしますがそれでも
「おっ!?」
と目で追うことがあります。

ただ、誰にもひとつ、いや、ふたつ以上はキレイやカワイイのポイントがあります。
たいていの人は、その画一的なファッションやヘアデザイン、そしてメイクをしてしまうために、そこに気づかずに通り過ぎてしまいます。

僕にはそれを見つけ出す天性があるんだと思います。
だから、なるべくその人のポイントを引き出すように作ります。
すると、できあがって帰るときには

「いい女だなぁ〜」

なんて見惚れたりもします。
もしかして、僕は自分の好みの女性を作るためにこの仕事をしてるのかもしれません。
「職権乱用だ!」
との声も聞こえるような気がしますがそれでも僕は作り続けます。
Hanaを出た人がたくさんの目を惹き愛されるといいなぁ〜なんて思いつつ・・

次回は
「なんでキレイにならないんだろう?」
サブタイトル
「メガネをはずした委員長はやっぱりブスだった・・」
[PR]
by hairhana | 2005-06-25 10:56 | hanaのひとりごと | Comments(1)
天国があるとしたらココ
a0037910_12214883.jpg

またもや行ってきました!
「アロママッサージ」

今回はOhiaさんのご主人、ダニエル・マードンさんが来日されていて、二人で同時にやってくれる「フォーハンド(4Hand)」というのをお願いした。
先ずは感想から。

「溶けた」

まるで自分の体が液体になったように柔らかくなった。
人の体は自分の体は気づかないうちにずれていて、それが「普通」だと脳が認識してしまうそうだ。

「右足が2cm短いですね」

と言われ、ギョギョギョッ!
後、細かい足首のねじれまで直してもらう。
つか、治るってすごい!

a0037910_12231158.jpgダニエルさんが上半身をマッサージしている間にOhiaさんが足と足裏。
「天国」というものがあるならこのことだろう。
マッサージと同時に薫るアロマの香りがまたもや僕を眠りに誘う。

グー…(__).。oO

( ・o・)ハッと気が付くと滝のようなよだれが・・・(ごめんなさい)
今まで受けてきたマッサージや治療とはまったく違う気持ちよさ。
Ohiaさん曰く、「強くやると、体がどんどん硬くなる」そうです。
だから時間をかけて丁寧に体の奥から緩めていくそうだ。

ダニエルさんは独自の知識と経験でオリジナルレシピでアロマオイルを作っている。
Hanaでもオイルをわけて頂いて使っているがマッサージした後、決まってみんな目がトロォ〜ンとしてしまう。
また、アトピーでひどいshinoの肌が見事!キレイになった。これには驚いた!

お二人はハワイとパリと日本を行ったり来たりで、さらに国内でもテラピストの養成と指導、そして執筆活動で多忙なのだが紹介の人のみサロンでやってくれるそう。

時間は60分から90分。その前後に念入りなカウンセリングとアドバイスがあるから時間にゆとりを持って行くといいだろう。

a0037910_12232726.jpg戻ってお客さんに
「トモさん、背が伸びた?」
と言われた。姿勢が良くなったということなのだろう。

元が取れるどころかお金に換えられない自分の体の変化に驚かせられる。
行ってみたい!と言う人は
「Hanaのトモさんに紹介されて・・」と言えばOKです。

【問い合わせ】
アロマプレッシャー
ダニエル・マードン&高橋結子
070-5570-0820
東京都渋谷区広尾5-21-5-705

http://www.aromapressure.jp
[PR]
by hairhana | 2005-06-24 12:25 | オススメ | Comments(0)
わがまま言ってもいいですか?
a0037910_849673.jpg

 以前、「泣いてもいいんだよ」みたいなことを書いた。

泣くと言うことは笑うや怒ると同じ「生理現象」であり、もちろん「制御」することはできるが生理現象を抑えるということは「おならやおしっこを我慢する」事と同じで「体に良くない」。だからかまわず「出しましょう!体のために!」。って

 しかし、僕たちは子供の頃から大人に「泣くな!」とか「いつまでもくよくよするな!」とかまるで悪いことのように言い聞かされてきた。
だから泣けばすっきりして健康でいられるのに、必死になってこらえてきた。
いつのまにか一人でいるときですら我慢するようになってきた。

「わがまま」だってそうだね。

「わがまま言うな!」とか
「わがままばかり言って!まったく!!(`へ´)フンッ。」
などと、言われて、逆に
「あの子は全然、わがまま一つ言わない『いい子』なのよぉ〜(^o^)」とわがままを言わないと「誉めて」もらえた。

しかし、本当に「いい子」なのだろうか?そもそも「いい子」の「いい」って「何が」、「何に」、「いい」んだろう・・・???。 

 確かに、後述の検索から「他人のことを考えず、自分の都合だけを考えて行動する」や「身勝手、自分勝手」と言われりゃそりゃ「うぅ〜ん・・いかんな、それは・・・。」と思ってしまうね。

けどね、けどね、けどねっ!最近「やりたいことが見つからない。」とか「自分が何がすきだか解らない」とか、「自分で決められない」とかいう人多いよね。

 目的や目標、そして希望があると「明日が待ち遠しい」よね。
だって「楽しいことが待ってる」からだよね。
だけど、それがないと、ほとんどの人が学校や仕事や家事の「義務」を背負って生きているわけだから「やらなきゃいけないこと」ばかりだと、明日なんて待ち遠しくないよね。
それはまるで、何も買ってないのにローンを払い続けてるみたいなもの。

 子供の頃、眠い日も寒い日も毎朝、毎朝、新聞配達のアルバイトをして、それでも配達途中の自転車屋のショーウィンドウに飾ってある
「電子フラッシャー付き、五段変速自転車」
を見ると寒さも眠気も吹っ飛んでしまう。

そしてお給料のもらえる一月後がとても待ち遠しくてついついペダルをこぐ足に力が入る。思えばあれは「給料日に向かって」こいでたのかもしれない。

 「一人で出来ること」ならわがままなんて言わなくても自分一人でがんばればいいね。
だけど、「一人で出来ないこと」はどうしても「ひとに助けてもらわなくっちゃ」できないよね。
例えば、自分のアルバイトのお金では買えないモノ、や大人数でやることなど。そんなときに他人の力を借りなくてはいけないね。

 特に子供の頃など、当然「自分の力だけで出来ること」などたかがしれている。
ほとんどのことを「親の力を借りなければ」出来ない。
 そこで、

「ボクね・・・○○がしたいんだけど・・・。」と言ったとき、
「ダメっ!」

 と言われ、特に子供の欲しいモノややりたいことなど、大人にとっては「なぁ〜〜にがいいんだか、そんなもん。ちょっとしたらすぐ飽きて見向きもしないんだから〜。」的なモノが多い。
けれども子供にとってはあこがれの宝物のように価値があるモノだったりする。だから当然、

「ほぉ〜〜しぃ〜〜〜いぃ〜〜っ!!」

とだだをこねる(ってこの「だだ」ってなんだろう?知ってる人がいたら教えて欲しい)。すると
「わがまま言いなさんなっ!(by広島弁)」
と言われ前述の運びとなり、「聞き分けのないわがままっ子」のレッテルを貼られてしまう。

 子供であるがため、言い返すボキャブラリーも知識もない。ただ漠然と「わがまま=親を怒らせる(困らせる)=良くないこと=言っちゃいけないこと」の図式が出来る。
すると、「わがままを言わない=親が喜ぶ=良いこと」と結びつき、結果「自分がやりたいことを言わないこと=良いこと」となり、結果「良いこと=自分がやりたいことを考えない」になってしまうのだろうか?

 とは言え僕のように「わがまま言いなさんな!」と叱責されても言い続けてきた人間もいるしかしさすがに母親が泣きながら「買ってあげたいけど、お金がないのよ。」と言われたときはさすがにへこんだ。(それからアルバイトをすることになったんだけどね)

 でもね、でもね、でもねっ!一人じゃ出来ないこと。例えば僕が「野球チームを作りたいっ!」という願望を持ってたとするよね。そこであなたのところに行って

「僕、野球チームを作りたいんだ!!今、人数集めてるところなんだ!」
と言ったとする。あなたは僕の言葉を聞いてどう思う?
「なに、わがまま言ってんの!」

とは言わないはずでしょ?それを

「野球チーム作るから入ってよ!」

これでも、まだ「わがまま」とは言わないでしょ?さらに、

「入ってくんなきゃ、ここでおしっこもらしてやるっ!(そんなことはしないけど)」
と言われて初めて
「わがまま言うんじゃない!!」
と来ると思うんだ。

だから、「相手に選択肢がある限り『わがまま』とは言わない。」ってことだよね。
それを「いい子」を気取って自分の思ってることを言わずにいたらいつまでも野球チームなんか作れる分けないよね。
だけど、ダメ元で言ってみて

「いやぁ〜〜実は僕も野球チームを作りたかったんだぁ〜〜!」
って人が9人集まれば願望は達成するし、
「ごめんね〜私、野球できないのぉ〜。」
と言ってた人が他の人と話したとき、
「そう言えば、私の友達が野球チームを作りたいって言ってたの!紹介するわ!」
って人が9人集まればこれまた願望達成!となるわけだ。

 また、お金がないとき、「自転車欲しいんだよねぇ〜〜」と行く先々で言って回ればもしかしたら誰かが使わなくなった自転車をくれるかもしれないね。
くれる人にとっては使わなくなった自転車をあげて「喜んでもらえる」(もしかしたらちょっとしたお小遣いになる)わけだから一石二鳥。

 すなわち、「やりたいことなど、自分の願望を表現する=いいこと」なのだ。少なくとも僕はこうして生きてきた。
だから、僕がこうしていられるのも「みんなのおかげ」なのだ。逆に「みんながいないと」今の僕は無い。

 だけど、時には「断られたけど、その人じゃなきゃ!」って時もあるよね。
特に「大好き」になった彼氏や彼女に対して、その人に他の人を紹介されても嬉しくないし。
そんな時は「相手の選択肢を残しながら」わがままを言おう。
要するに「説得」すればいいんだね。
相手を「その気にさせる」ように説得すればいいんだ。
いかにそれがその人にとって楽しくてそして価値のあることなのか説明してさらに「あなたじゃなければダメなんだ!」って言ってみようね。
でも「引き際」も肝心だね。

 てなわけで、これからも僕はみなさんのお世話になります。これからもちょっとだけわがまま言ってもいいですか?


*****わがまま 【我が儘】*****

(名・形動)[文]ナリ
(1)他人のことを考えず、自分の都合だけを考えて行動する・こと(さま)。身勝手。自分勝手。「—をいう」「—な性格」
(2)思うとおりに贅沢をする・こと(さま)。「金拵への大脇差、—に見ゆる所/浮世草子・織留 4」(連語)自分の意のままであること。「天下を—にまつりごちておはします/大鏡(道長)」
「大辞林第二版から」a0037910_8495813.jpg
[PR]
by hairhana | 2005-06-22 08:50 | hanaのひとりごと | Comments(0)
あなたの想いが知りたい・・
a0037910_6575958.gif

暴れん坊だったくせに映画と絵画が好きで、学校をさぼってよく見に行きました。
元来、群れる体質じゃないので一人でのんびり見るのが好きでした。

そんな僕の好きな絵画に「ヴァニタス画」がある。
「ヴァニタス画」とは、人生のはかなさをテーマに、時計や果物、楽器など、描く対象に、隠された意味を託した手法の絵画。
17世紀から18世紀に流行した。

ちょっと前に流行った「ダ・ビンチコード」に見られるように
美術品に込められたメッセージなどが暗号として解釈され、それが秘密結社などのダークな部分に迫って行くミステリアスな物語の世界

僕たちも日常生活の中で言葉や態度、そして行動でいろんな気持ちや思いを表現しています。
その中には自分でも気づかないくらい無意識に表現してるものもあるでしょう。

例えは恋する気持ちはなかなかストレートに表現しにくいモノです。
相手との関係が微妙だったり、叶わぬ恋だったり、怖かったりと。
時には想いとはまったく逆の行動を取る場合だってあります。

表現する側ですらなかなかコントロール出来ていないのを受け取る側が理解するのはもっともっと困難でしょう。
しかし、どこかに本当の想いは表現されているはずです。
それが表情なのか、仕草なのか、声のトーンなのか、はたまた目に浮かべた涙なのか・・

振り返ると僕なんか失敗続きです。
本当に好きな女の子に面と向かって「好きだ」なんて言えませんでしたよ。昔は。
逆に冷たくして泣かしたこともありました。こっちが泣きたいくらいでした。
素直になるにも訓練が必要みたいです。(その話しは後日)

件のヴァニタス画も一見ただの静物画で、テクニックを競うために描かれたように思えるけど、そこにはちゃんと細かいメッセージが隠されています。
こういう絵に触れることで読解力を養えやしないかななんて思ってみたりもしました。

「この想いとどけ!」・・・・って誰にだ?

* ****【解説】*****
写真はヴァニタス画でも有名な
リュバン・ボージャン作:「チェス盤のある静物」(ルーブル所蔵 )

ワインやフルーツは食欲をそそるイメージつまり味覚ですね
楽器は聴覚、花は嗅覚、ローソクやランプの光は視覚をイメージします

楽器が見えます。聴覚です
しかもこれはマンドラと言って女性が演奏する楽器で「女」も意味します。
そのそばに「贅沢」を意味する真珠があるこれは「高級娼婦」を意味していると言われています。

トランプの絵柄がJACKそう「男」のことです。
男を意味するJACKと女を意味するマンドラの間にはバックがあります。お金を意味しています。
つまり男女間の金の結びつきを意味しているんですね。
そこに向けられた鏡には何も写っていない

さらに構図について
これらの享楽を意味する物は前方に配置されています
しかも下方に傾けられているこれは終末への暗示を意味します
ところがパン、ワイン、花は画面の上方にしかもほのかに光を当てられています

キリスト教ではパンとワインはキリストの血と肉
カーネーションは純愛を意味します

束の間の生の快楽をむさぼるよりも
神の愛に生き、精神の高みを目指し
崇高に生きよ

この絵のテーマはそんな所でしょうか

有名なモノではフェルメールの「手紙を書く女(A Lady writing a Letter)」がありあます。
他にも沢山ありますよGoogleのimage検索で「Vanitas」で探してみてください。
なんかゲームみたいで面白いですよ。
[PR]
by hairhana | 2005-06-18 06:57 | オススメ
いやぁ〜〜な梅雨
a0037910_2025981.jpg

梅雨・・・
嫌な季節になりました。
6月とは思えない寒さ、降り続く雨。
憂鬱指数120%。

僕はくせ毛なので雨が降ると頭が爆発します。
どれだけブローしてもわずか5分でふにゃふにゃします。
雨に当たらなくても部屋の中にいてもそうです。
下手に帽子を被ると「お茶の水博士」状態。

せっかくお客さんの髪の毛をキレイにしても雨で崩れるのが許せない。
店を出るときにお客さんが雨に当たると
「あああああっあ〜〜!」
となるのでちゃんと傘を差してから出てくださいよ。お願いだから。

それでも雨の中わざわざ来てくれるのは、とても嬉しい。
だから
「なんかしてあげなきゃ」
と思ってしまう。

今のところ雨の日対策として
・ 靴が濡れたとき用にスリッパを用意する
・ バッグやジャケットを拭いてあげる
そんなところなんだけど
他にいいアイデアある?

募集中です。
(今現在靴乾燥機とかどうかな?と)

【写真】
ハナと紫陽花(紫陽花の方がでかい・・)

**************
Hanaでやってる梅雨対策は
【髪質改善系】
・ 縮毛矯正
強力なストレートパーマに専用のストレートアイロンでビシッ!と伸ばす。
手入れ簡単、2〜3ヶ月保つ。
¥21000〜(アロママッサージSPA、カット、ブロー込み)
(前髪だけ:¥3150(単品)

・ ストレートパーマ
広がりを抑え薬の力で伸ばす。
縮毛矯正よりも安価
¥12600(アロママッサージSPA、カット、ブロー込み)

・ ストレートトリートメント
髪の毛に負担をかけず熱に反応するタイプのトリートメントで専用のアイロンを使いケアをする。
ストレートパーマに比べてくせの伸びは無いが、ボリュームダウンさせブロー後の手触りはサラサラになる
カラーと一緒に出来る。
¥5000(単品)

【スタイリング&トリートメント系】
・ スーパートリートメント
3種類のトリートメントを髪の毛に補給。
ホームケア用のトリートメント付きで約1ヶ月間持続
¥3000(単品)

・ 水分補給&PPT
くせ毛の不安定な水分バランスを整え、タンパク質を補給して髪の毛にハリを出す。
¥2500
[PR]
by hairhana | 2005-06-17 20:25 | <<Hana News>> | Comments(0)
うぎゃぁあああああ!!
a0037910_10152362.jpg

最近、仕事が忙しい。
営業時間内に終わった試しがない。
今日も7時閉店のところ平日と同じ9時閉店。

前の晩、遅かったので今日は早めに解散。
shinoを駅までバイクで送り、
Hanaに戻り、帰り支度(隣なんだけどね)

お腹いっぱいなのと、慰労感でちょいとソファーに腰を下ろしたのがいけなかった。
そのまま、(-_-)゜zzz…

( ・o・)ハッ
と目が覚めた。
時計は1時を回っていた

う〜んまぶたが重い・・
ちゃんと帰って寝なければ・・
う〜んまぶたが重い・・
いつまで経ってもまぶたが重い・・

ん?
鏡の前に立つ。
そこには右目だけ12ラウンド戦ったインファイトボクサーがいた。
ふと、左腕の内側にかゆみを覚える。そこにはプックラとふくれ赤く腫れ上がってる。

「蚊かよ・・・」

どうやら右目のまぶたの上と左腕を蚊に刺されたらしい。

「うぎゃぁあああああ!!」

こ・・こんな顔では、明日、仕事ができないっ!
すぐさま救急箱から「ムヒ」を取り出して塗ってみる。
ヌリヌリ・・
ヒンヤリ・・・
液体がスゥー・・・って・・・

「うぎゃぁあああああ!!」

目に入った。
すぐに洗い流す。
まだ、ヒリヒリ。
余計に腫れた気がする。

「どうしよう・・」
とりあえず、爪で「十文字」してみる・・・って・・

「うぎゃぁあああああ!!」

痛すぎる・・ってオレはバカか。
というわけで、夜中にドンキホーテまでバイクを走らせた。
薬売り場でいろいろ探す。
軟膏タイプの「ムヒアルファ」をGET!ついでにチョコラBBもGET!


帰ってヌリヌリする。
腫れが引きますように・・
ふと、携帯を見ると、留守電が入っていて、聞いてみると友達からのお誘いの電話。
とりあえず、かけてみる。

「トモさん!ドンキホーテ行こうよ!」

今、そこから帰ってきたばかり・・・
行った。
んでもって結局、帰ってきたのが4時30分。
そして現在、書き込み中。
まぶた、まだ腫れ中。

今日はどうなることやら・・

誰かまぶたの腫れを引く方法を教えてくれい!

〜「キンカンもムヒもないのに蚊に刺された・・どうする?」〜
[PR]
by hairhana | 2005-06-12 10:21 | ニコニコ日記 | Comments(0)
「可愛いね」って言われてください
a0037910_12421517.jpg

でもキレイになりたい?
可愛いねと言われたい?
じゃあ答えを教えましょう。それは・・・

自分で自分をコーディネートすることです。
あなたの大好きな友達がいます。
見てくれは悪いけどあなたはこう思います
「もうちょっとお化粧直してオシャレすれば絶対可愛いのに」

人は他人に対してはけっこうシビアです。
特に女の子同士はチェックが厳しいです。
男から観ると
「いいじゃん、自分じゃないんだから」
と言われても気になります。

ちなみに僕は
「カップルに厳しいトモさん」
と言われます。(余談)

みんな優しいので他人のことは一生懸命で、自分のことを後回しにします。

「私はいいからっ!みんな逃げてっ!早く行くのよっ!」

と、自己犠牲の精神ははととても尊く涙を誘います。
そして結果が寿貧乏。

そこで提案です。
「みんな」の中に「自分」も入れましょう。
優しいあなたは今まで通り、「見送る側」でいいので、「もう一人の自分」をその中に入れてあげましょう。
つまりこういうことです。

あなたはもう一人の友達を持ちます。
彼女(彼)は誰よりも自分のことを理解してくれていて、いつも自分と一緒にいてくれます。
嬉しいときも、悲しいときも、トイレも寝るときも、恋人といるときも、いつも一緒にいてくれます。
そして、決して自分を裏切りません。
どんなに嫌っても付いてきてくれます。

そんな大親友がなかなか恋人が出来なかったり、寂しい思いをしてると放っておけますか?
ダメでしょ?あなたは「自分以外に」とても優しい人だから。

じゃあその「大親友」を周りに「可愛い」と言わせるためにアドバイスをしてあげましょう。

彼女の悩みは「男っぽく見られて女として扱ってもらえない」
あなたは言うでしょ
「そんなこと、ないない。絶対可愛いのに〜。でも、背が高くて確かに男性ぽいイメージがあるからフリフリのブラウスよりシンプルなカットソーの方が女らしい感じがするわよね。
口紅もピンク系よりもオレンジ系の方が元気な感じがしていいかも。あ、そうそう、グロス使ってみる?」

そしてただの友達じゃなく「大親友」ですから思いっきり奮発して洋服や靴やアクセサリーも買ってあげましょう。

それは「あなたが好きなデザイン」じゃなく「彼女が可愛く見られて周りから優しくされる」ようなデザインを選ぶはずです。
自分が好きなデザインは「見送る側」の自分に買ってあげましょう。

そして、首から上は元、スーパーウルトラカリスマヘアデザイナーの店“Hana”を紹介してあげましょう。

これで「見送られる側のあなた」に完成です。
意外と簡単でしょ?

それでも解らないときは元スーパーウルトラカリスマデンジャラスへデザイナーに聞いてください。
気持ちよくお手伝いしますから。
[PR]
by hairhana | 2005-06-09 12:46 | hanaのひとりごと | Comments(2)
「可愛いね」って言われたい?
a0037910_10395634.jpg

整形、ヘアカット、メイク、ファッション様々な方法で人は美しくなろうとします。
これは男女の違いなく同じ事です。
そこで大切なことです。覚えておいてください。

「見返りを期待しない」

「元を取ろうとしない」

これはとても大切なことです。

「自分を可愛いと思ってる人」は例えると「お花」。
生き生きとしていられるように水をやります。
それがヘアカットでありメイクです。
決して「素材感」を忘れません、
周りからも愛されます。

「自分を可愛いと思ってない人」は例えると「造花」。
好き勝手にデコレーションして、色を塗りたくります
それが整形であり過度なファッションです。
「素材」どころか元がなんだったか解りません。
でも、キレイになれば周りから愛されます。

しかし、前者はそれ以上でもそれ以下でもありません。
それに反して後者は「元を取ろう」とします。
頑張ってキレイになった分「見返り」を期待します。
だから、金がかかります。気を遣わなければ行けません。

そんな人と時を過ごすこと自体が苦痛です。
そして飽きられます。

「なにかしてあげたくなる人」

「なにかしなければいけない人」との違いですかね

「ブスは3日で慣れて美人は1週間で飽きる」

まさにその通りです。
この場合の美人とブスもあくまでも「主観」だから、結局好みの問題ですからね。


でもキレイになりたい?
可愛いねと言われたい?
じゃあ答えを教えましょう。それは・・・
[PR]
by hairhana | 2005-06-07 10:40 | hanaのひとりごと | Comments(2)
噂の真相
a0037910_8381051.jpg

ってことだったんですか・・・

でも本当は
こう
だったりして・・・
[PR]
by hairhana | 2005-06-06 08:39 | hanaのひとりごと | Comments(0)