hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
わかりました! ご丁寧..
by みるきー at 11:05
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:22
こんにちは、トモさん! ..
by みるきー at 15:45
> みるきーさん ただ..
by hairhana at 07:15
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1176)
(1173)
(1172)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

<   2005年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧
立ち止まってもいいからまっすぐ進め!ダメなオレ
a0037910_5873.gif

なにが嫌いかっていうと、「よーいドン!」で逆走するヤツ。
んでもってそうやって「自分は特別だ」って思ってるヤツ。
そんなヤツほど「オレ、本当はやればできるんだよね」って思ってたりするね。

他人と競争するのは勇気がいるね。
レース、受験、競技、コンテスト、かけっこ、恋愛、etc
順位がつくと「自分の位置」がわかるけど、これは怖いね。
思ってたよりも低い位置だと落ち込むね。
だから怖いからよーいドン!で真剣に走らず手を抜いて、負けたことを
認めたくない時ってあるよね。
僕もあります。

全てに置いて万能じゃないから余程の天才でもない限り「勝ち続ける」ってことはできないね。
でも、時には勝負しないといけないときってあると思うんだよね。
いつまでたっても職に就かないNEETも失敗を恐れて「始めることが出来ない」人たち。
この「人たち」ってのがいけないね。
「自分だけじゃない」って安心感からいつまでたってもそこにいる。走り始めた人を後ろから
「なに、そんなに頑張っちゃって」
なんて薄ら笑い浮かべながら見て、不器用にこけたり、失敗した人を指さして笑う。

そんなやつが大嫌いだぁあああああ!!!

でも、そんな自分もどこかにいるね。いいわけしてる自分もいるね。だって傷ついたりするのは怖いからね。
みんなが走る方向と違う方向に走ってそれを個性だと勘違いして悦に浸ってる。
例えばみんなが揃って制服を着てるのにひとりだけ私服を着たりして反発する。
そんな自分がイヤだから頑張って走ってみる。
今はまだビリだけど、少しずつでも前に進んでいると、また新たに走り始めた人が後ろから来るね。そいつに抜かれたりするとへこんだりするけどね。
でも、走り続けてるといつのまに上の方に来る。すると、順位なんかどうでも良くなるね。
そこからがはじめて「個性」になるのかもしれないね。

同じ服を着て同じ振り付けの踊りを踊っても光る。
そこには簡単に超えられない努力の結果があるような気がするね。
やはり、積み重ねてきた経験や努力には才能だけじゃ勝てないね。
それらは失敗ですら肥やしになってるからね。

ただ、何がイヤだって言うと、みんなが一生懸命上手いヤツも下手なヤツもやってるのに、おちゃらけたり、ごまかしたりする人はNGですね。

しょっちゅう、へこんだり、逆走しそうな僕だけど、そう思いながら日々頑張ってます。
自分が嫌いな自分にならないために・・・。

ダメとは言われたくはないが、ダメも気持ちいいかも・・
〜「ダメ人間だもの」〜
[PR]
by hairhana | 2005-03-31 05:39 | hanaのひとりごと | Comments(4)
子供に学ぶ事もある〜23分間の奇跡〜
a0037910_657497.jpg

「オレ、子供好きなんだよね〜」
などと口が裂けても言わんぞ。どっちかと言うと嫌い、。特に最近の子供は。
なのに、子供が寄ってくる。お客さんの子供、近所の子供、ゾンビのようにからんでくる。
僕は子供に対して「大人」として接することが出来ない。ちょっとしたゲームをやっても負けるのがイヤだ。マジで勝つまでやる。
悪さをすれば、例えお客さんの子供でも怒る。
子供の無責任な「なんでぇ〜?」という自分で考えず投げ捨てジャーマンのような質問に
「え?そ・・それは・・」
と、言葉が詰まるのが許せない。
例えそれが理不尽で荒唐無稽な答えで、
「私、ついこの前まで男の人って逆立ちしておしっこするもんだって思ってたの。」
と、その子が大人になるまで間違った知識で成長しようが知ったこっちゃない。誰かに直してもらってくれ。

Hanaに4年生と5年生の女の子が来て、ひとりはカット、一人はパーマをかけた。
5年生の女の子に聞いた。

「大人になったら何になりたい?」

「え?・・・ないしょ・・。」

「ないしょ」って言う場合、たいがいビジョンがない。しかし、僕は根っからのSなのと、好奇心旺盛なのでさらに突っ込んで聞く。

「じゃあ一番したいことは?」

「のんびりしたい。」

即答で返ってきた。さらに「どういうこと?」と聞くと

「いっぱい寝たい。もっと時間が欲しい。」

彼女はスケートを習っている。それも選手クラスでかなりハードな練習をしているそうだ。
「朝練」の時は5時起床。練習が終わったら学校。そして帰ったら練習。練習がない日は塾。そして家に帰って宿題。

そして、話すことも意外としっかりしてるのだ。
「ハナちゃん兄ちゃん、(よくこう呼ばれる)彼女出来た?早く作らないと結婚できないよ!」
と10才の子供にやりこめられる。
「友達紹介しろよ!」
とはさすがに言えない。
今の子供は僕たちが思ってる以上に大人であり、しっかりしている。
「挫折」や「壁」というものに無縁なだけに、怖いモノ知らず。
情報にとらわれないので意外とするどい。

大人はいろんな悩みを経験豊富な大人に相談するけど、経験の範囲でしか判断できないけど先入観なしで感覚的に判断する子供の意見を聞くのもいいかもしれないね。

a0037910_7252615.jpg〜23分間の奇跡」〜
ジェームズ・クラベル:著 青島幸夫:訳
「みなさん、おはよう。
  わたしが、きょうからみんなの先生ですよ」
ある小学校のクラスの朝のホームルームの23分間のお話。
じっくり読んだとしても本のタイトルと同じ23分間くらいで読むことが出来る。
しかし、読み終わったときあなたは愕然とするでしょう。
そして、教育の大切さ、大人のあり方を考え直すでしょう。
23分間の間に子供たちに起こったこととは?
[PR]
by hairhana | 2005-03-30 07:35 | hanaの本 | Comments(4)
EdithPiaf(エディット・ピアフ)を知ってるかい?
a0037910_2142885.jpg

朝、僕は突然、涙が出るほどの感動を覚えた。
明け方、まだ、外が明るくなる前くらいにテレビを点けた。
美輪明宏さんが出ていた。

EdithPiaf(エディット・ピアフ)というシャンソン歌手をご存じか?
1950年(昭和25年)ごろから日本でも聞かれることになり、代表作には「ラビアンローズ」や「ジョニー、あんたは天使じゃない」そして、あの「愛の賛歌」と言えばわかってもらえると思う。
いみじくも彼女が亡くなった1963年10月9日。この年に僕は産まれた。

「シャンソン」と言えば日本では音楽ジャンルのひとつに区分けされるが本来フランスでは「歌」という意味で、いうなればポップスなのだが、彼女のスタイルはオールドスタイルとして分類されるそうだ。
彼女のについての詳細は以下のURLを参考にして欲しい。
「エディット・ピアフ その生涯」
「エディット・ピアフ」

今回みなさんにお話ししたいのは、彼女の代表作、「愛の賛歌」
この曲は日本でもカバーされていて越路吹雪さんが特に有名ですね。

あなたの燃える手で あたしを抱きしめて    
ただふたりだけで 生きていたいの    
ただいのちのかぎり あたしは愛したい    
いのちのかぎりに あなたを愛したい

よく、結婚式とかでも歌われるあれです。
僕はよく
「あなた〜〜の〜♪燃ぉ〜える屁でぇ〜〜♪ぷぅ〜!くっさぁ〜〜!」
などとひとりでボケつっこみをしてました。ごめんなさい。
「たいそうな歌だなあ」というのが昔の僕の感想でした。
レコードを買って聞くこともなく、カラオケで歌うこともなく、たまに結婚式で誰かが歌ってるのを小耳に挟むくらいでした。

この詩を書いたエデット・ピアフはプロ・ボクシングの世界チャンピオンだったマルセル・セルダンと愛を育み、彼への思いの丈をつづった詩で発表してなかったのだが、NYで講演している彼女に会いにマルセルが乗った飛行機が落ち、最愛の人を失った彼女は妻子持ちのマルセルとの恋に決着を付けるために発表したモノだそうです。

a0037910_3133634.jpg美輪さんがステージで愛の賛歌を歌うとき、必ずピアフのこの詩を語って、その後フランス語で歌うそうです。
その詩の朗読を聞いたとき、寝ぼけた僕の頭にキックが入り、思わず聞き入り、そして涙が出そうになった。
美輪さんはこう言った。

「愛は相手中心。」
「恋は自分中心。」と・・・・

4月のHanaはエディット・ピアフを中心に「恋の始まり」をテーマに音楽を流します。
キレイになる間に心地よいサウンドをお楽しみ下さい。

【EdithPiaf作詞、美輪明宏訳:愛の賛歌】

高く青い空が 頭の上に落ちてきたって
この大地が割れて ひっくり返ったって
世界中のどんな出来事だって
どうってこたぁ ありゃあしない
あなたの この愛の前には
朝目が覚めたとき あなたの温かい掌の下で
あたしの体が愛にふるえている
毎朝が愛に満たされている
あたしにはそれだけで充分

もしあんたが望むんだったら
この金髪だって染めるわ
もしあんたが望むんだったら
世界の涯だってついて行くわ
もしあんたが望むんだったら
どんな宝物だって
お月様だって盗みに行くわ
もしあんたが望むんだったら
愛する祖国も友達もみんな裏切ってみせるわ
もしあんたが望むんだったら
人々に笑われたってあたしは平気
どんな恥ずかしいことだってやってのけるわ

そしてやがて時が流れて 死があたしから
あんたを引き裂いたとしても それも平気よ
だってあたしも必ず死ぬんですもの
そして死んだ後でも二人は手に手をとって
あのどこまでも広がる真っ青な空の
青の中に座って永遠の愛を誓い合うのよ
何の問題もない あの広々としたあの空の中で
そして神様も そういうあたし達を
永遠に祝福して下さるでしょう
[PR]
by hairhana | 2005-03-29 03:35 | hanaの音楽 | Comments(4)
ダイエットGoGo!vol.8 ラストスパート!
a0037910_4185945.jpg
一週間の美味しい食事、どうでしたか?
夢遊病者になるくらいの「禁欲食生活」から一転して「なにを食べてもいい」となって、我慢してるときは「肉、食いてぇ〜〜〜!!」と思ってたけど、見事食べられないでしょ?
前回話した「ご飯を食べると汗が出る」これが体験できたと思います。
こういった体験は普通に暮らしてるとまず、一生味わえない体験だと思います。
食べ物→カロリー→燃焼。
この仕組みが実感できる瞬間です。これを忘れないようにしましょうね。

さて、1週間過ぎたところで最後の試練です。本当にこれで最後です。
これから「さらに2週間」やります。
「えぇ〜〜〜もうかんべんしてよ〜〜!(T.T)」
って声が聞こえてきそうだけど、これをやることによって「もう一段階シェイプできる」ということと、「リバウンドを防ぐ」ということが出来ます。
せっかくココまで出来たんだから後もう一息!ガンバレ!

しかし、この2週間、意外と簡単。最初ほど辛くないはず。
これを最初の3週間が終わった後の3週間以内にスタートすることが大切です。それ以上過ぎると、また始めからやり直さなければいけません。
もちろん「運動も続ける」ということも忘れずやってくださいね。

これが全過程です。次回「まとめ」でも話すけど、このプログラムによってあなたの体はわずかこの1ヶ月で変化をとげるはずです。
「でも、誘われて食べないわけにも行かないし、酒は断れないよ〜」
と言う人。仕事によってなかなか出来ないこともありますよね?でも、いつかやってみてください。
「リセット」かけることはいいことですよ。

さあ!残りあと2週間!ゴールは目の前です!
ダイエットGO!GO!

注:このプログラム中に体調を崩したり調子が悪くなった場合は直ちに止めていつもの食生活に戻すか医療機関に相談してください。全ての人に有効なわけではないですから。
[PR]
by hairhana | 2005-03-28 04:52 | ダイエットGo!Go! | Comments(0)
あなたは食べられますか?
a0037910_7524122.jpg

タコって誰が最初に食ったんだろうね。一説では名古屋人だという噂も。
もし、僕たちが今までの記憶にセットをかけられて「食べる」という事柄だけ、記憶がな食った場合、「どこまで素直にたべられんだろう?」などとバカな事を考えてみた。
それも、ある日突然である。
時間が経つに連れ空腹感が襲ってくる。本能で多分口から摂取する事はあるとして、問題は「なにを口にするか」だろう。
やたらめったらその辺にあるモノにかじりつくのかなあ?
よしんば自分がスーパーの食料品売り場にいたとしてどれに手を付けられるのか?

僕自身好き嫌いがないので「何でも食べられる」という自信がある。もちろん好みはあるけどね。
それでも、クモやサソリは食べられないけど、でも、そう言う状況であれば食べるのかなあ?

世の中にはまだまだ、僕たちが知らない生物がいて、それ以上に食べたことのないものがあって食料の自給率の低い日本ではこの先かなりやばいことになるらしい。
今の内に「なんでも美味しく食べられる」ようになっておかなくちゃ

 インドネシアやオーストラリアでタコが2本足でトコトコ歩いているのが発見された。
 一つはインドネシア一帯に住む胴長約8cmの「メジロダコ」、もう一つは西大西洋に住む胴長約6cmの「藻ダコ」。カリフォルニア大バークレー校のチームが撮影に成功、サイエンス誌で発表したもの。
 どちらも擬態の一種らしく、メジロダコはココナッツの実のように体を丸くし、2本の足でニョロニョロ小走りに移動している。一方の藻ダコは6本の足を藻のようになびかせながらのこりの2本でゆらゆらと移動する様子が撮影された(毎日新聞)

タコも走る走る!

〜「二本足で走るタコ」(動画)〜
[PR]
by hairhana | 2005-03-27 08:06 | グルメのお話 | Comments(0)
今こそ立ち上がれ!ルネサンス!
a0037910_1143462.jpg

「あっあ〜・・なんかいい感じぃ〜♪」
って曲があるよね。
あれ、「いい曲」だと思う人、手を挙げて!

テレビを付けると下手くそな歌と面白くもないコントが何分かおきに流れる。
前述の曲。間違いなく「いい曲」ではない。

「音楽なんて好みじゃん!実際売れてるし、あんたがどうこう言うモンじゃないでしょ!」

と言われるかも知れないが、簡単に例えると料理がいいだろう。
回転寿司と築地の大和寿司
「どっちが美味いか?」いわずもがなである。
だが、回転寿司にも人は群がる。でも、「いい寿司」ではない。それと同じ事。
ファッションで言えば立体裁断のデザイナーの服とユニクロの服。

「売れてる」=「いい」と思わないこと。
雑誌やメディアに取り上げられ、CMやドラマに出ている。行列が出来てる。「だからいい」とはこのブログを読んでる人には思わないで欲しい。

前述の「あっあ〜♪」のグループも「沖縄出身」、「そこそこルックスがいい」というだけで「売り出してる」だけで、「売れてる」わけじゃない。ソニーが「金をかけて」「売り出してる」だけ。

「いい曲」というのはどういうことか?
作曲家の友達が教えてくれた。

「いい曲はコードから出ている。そこに感動が生まれるんだよ。そうでない曲はコードの中で収まっている。それはまるで『お母さんといっしょ』の歌のお兄さんの歌。歌いやすくて覚えやすい。だけど、心に残らない。」
今の若手の人たちの歌は業界としては行き詰まりなんだそうだ。

インスタント食品を食べ、ユニクロを着て、1000円で髪の毛を切り、オ○ンジレンジを聴く。
そこに文化は無いと思うんだけどね。
このままではメディアが右向け右!と言えばそちらに向いてしまうようなアホな国になるね絶対。つまらない国になるどころか政治家とかに飼い慣らされるかも

今こそルネサンスが必要なのかも知れないね
それも、それぞれのジャンルがバラバラに立ち上がるのではなく世の中全てに置いて「質の追求」をしていかなければならないような気がするんだけどみなさんどう思いますか?
[PR]
by hairhana | 2005-03-26 20:20 | hanaのひとりごと | Comments(2)
男は苦労しろ!女は甘えろ!でも買ってまですんな!
a0037910_291573.jpg

「男は苦労しろ!女は甘えろ!」
これは僕の教示のひとつなんです。

「最近頼りない男多いよね〜」

と言う女の子が増えてます。
当たり前じゃん。あんたらが頼らないからだよ。
自分じゃ持ちきれない荷物を
「うん!わたし頑張る!ほら!持てるでしょ?」
と言われたら
「お〜すごいすごい。じゃあオレ行くわ。バイバイ。」
更に
「え?オレの荷物も持ってくれんの?んじゃはい。ヨロシク。〜♪」
こうなるのは当たり前じゃん。

苦労したくなくても苦労は向こうから押し寄せてくる。
男はそれに孤独で立ち向かうからこそ強くなれる。
それでも、毎回立ち向かってるヤツはバカだね。
ひとつ乗り越えた苦労は二度としなくていい。学習すれば同じ失敗は繰り返さないはずだ。新たな苦労のために体力を取っとけ。
(と、僕は何度も学習した)

女はとにかく周りに愛されろ。
苦労が押し寄せてきたら男を頼れ。頼らないから頼りないんだ。
その代わり、自分で点けた火は自分で消そうね。

「苦労は買ってでもしろ」
これは有名な言葉だけど誰が作ったか知らないが長い年月を経て「真実」みたいになってるけど、みんなこの言葉に踊らされてはダメだ。
法律で決まってるわけじゃない。
「苦労は買ってでもしろ・・・じゃないとタイホするかんね」
などという法律はない。ましてや
「苦労は買ってでもしろ・・そしたら幸せになるよ」
なんてだれも言ってない。
何となく「苦労する」→「報われる」とい概念が人の頭の中を支配してるような気がするね。

例えば、目の前に二つの道があるとする。
ひとつはなだらかな道(楽な道)、もう一つは険しい道(苦労する道)。
「買ってでもする・・。」という人は必ず後者を選択する。
そして茨の道を歩き続け、また、分岐点にさしかかる。すると、また同じように
「買ってでもする」根性で後者を選択する。
つまり、エンドレスで「苦労」を選んでしまうのだ。
「これだけ苦労してるんだから苦労してない人よりも幸せになれるはず!」
と信じている。実際そうはならないのだ。なぜなら、エンドレスに苦労しようとするから。
だから正解はこうだ
「苦労は勝手にしてろ!」

a0037910_522413.gif振り返ってみると解る。
「要領のいいヤツ」とか「甘え上手なやつ」っていたでしょ?
そいつらを見て、
「ふん!苦労知らずが・・いつか、痛い目に遭うんだから・・こっちはこれだけ苦労してるんだからいつかギャフンと言わせてやるわよ」
と思うことあるでしょ?そいつらに対して「むかつく」というのは「自分もそうしたい」からなんだね。そうじゃなければ「かわいそうに・・」と同情することがあってもむかつく事はないでしょ?
でもね、そいつらは、いつまで経っても要領よく生きている。大変になると誰かを頼る。周りのヤツも「しょうがねえな〜どれどれ」などと薄ら笑いながら助けてやる。

頑張ってる女の子が振られるセリフで多いのは
「おまえは、強いからひとりでも大丈夫だけど、あの子はオレがいないと・・ダメなんだよ・・・。」
言われた方は「?????」
と狐につままれたような顔になる。

「あたしだって弱いのよ!でも、あんたに迷惑かけたくなかったから、一生懸命頑張ってきたのよ!あたしだってあんたがいないとダメなのよぉ〜〜〜〜!!」

と思っていてもその言葉を飲み込んでしまう。よしんば言ったとしても今まで頼ってない(必要としてない)わけだから今更言われても・・って事になってしまう。時既に遅し・・残念!_ハ ̄|○

今からでも遅くない。
女は「甘え上手」になれ!
男は単純だから
「そ〜か、オレがいないとダメだろ?な?な?」
と喜び勇んで馬車馬のように背負ってくれるはず。
男は軽々と鼻歌交じりに女の苦労をひょいと背負えるようになるために力を付けなきゃダメ。

そして女は「出産」という、男には逆立ちしても耐えられない「苦労」をするんだからそれでチャラでいいじゃないか。
そして、男の背中の後ろで
「よしよし、今日も頑張ってるね。いい男になったね〜」
とほくそ笑んで、男が振り向いたら
「ありがとぉ〜〜ん!愛してるわぁ〜〜ん!あなたのおかげよぉ〜〜ん!」
と言ってやれば、さらに奮起するんだよ。

だから、Hanaに来てるときは「女の子」でいて欲しいね。
なんもかんも任せてリラックスしてニコニコしててね。
オレ、馬車馬のように頑張るから!

ああ・・男ってつらいなあ・・・

この人はそれが幸せだったんだろうね
〜「ヘレン・ケラー物語」〜

実はつらいんだよ〜〜(T.T)
〜「男はつらいよ」〜
[PR]
by hairhana | 2005-03-25 05:07 | hanaのひとりごと | Comments(0)
トシ・ヨロイヅカ新作!その名も“SAKURA”!
a0037910_11573996.jpg

お隣のケーキ屋さんToshiYoroizukaの新作ケーキが出ました。
その名も

SAKURA   ¥440

さくらのリキュールのフワフワムースの中にイチゴのソースとグリオットチェリーが入っています。
春限定で今だけしか食べれません。

a0037910_1264059.jpg早速一番で食べました。
このフワフワ感は絶妙!舌の上に載せただけで粉雪のように溶けていきます。
そして中からトロリと出てくるイチゴソースは甘すぎず酸っぱすぎず、口の中にキックを入れてくれます。
洋酒の効いたグリオットチェリーが大人を感じさせてくれる。
一言で言うと
「美味い。」
それだけ。
テイクアウトにすると崩れてしまいそうなデリケートなケーキだから、買ってその足でHanaに来て食べて帰って下さいな。

ああ〜朝からこんなもん食べちゃった。
[PR]
by hairhana | 2005-03-24 12:08 | グルメのお話 | Comments(2)
盗んだバイクでパクられたぁ〜♪
a0037910_2294257.jpg

仕送りや小遣いもらってるうちは「ひとり住み」。
自分の力で生活して初めて「ひとり暮らし」。

のっけから金がない。
低い賃金、高い家賃、それでも休みの日は様々な技術の講習会に自腹で行く。
アルバイトしようにも仕事が終わってから練習をするとあっという間に時計の針は直立して重なり合う。

移動手段は「盗んだチャリ(自転車)」。たいていの鍵は3分ではずすことが出来た。
3台くらいパクってそれぞれハンドル、ボディ、サドル、ペダルなどのパーツを組み合わせいわゆる車で言う「3コ1」を作る。登録証は廃棄自転車から頂く。

バイクは中古でスクーターを購入。
ガソリンは「醤油チュルチュル(ドクター中松考案)」で夜中に軽トラや他のバイクから少しずつ「分けてもらう」。

米は同じ店で親が田舎から米を送ってくるやつから頂く。
それでも月末になるとおかずを買う金がない。
だから夜中にバイクでちょっとばかり離れた町に行き、全身黒で身を覆い、「土地転がし」で野菜を植えてる畑でキャベツや大根などの野菜を引っこ抜き、「マジソンスクエアガーデンのバック」に詰め込んで帰る。
図書館で調べて「食べられる山菜」を採って煮込んで食べる。最初はあく抜きなんか知らないのでエグイまんま食べて死にそうになる。

朝、5時前に起きて、当時コンビニが無くもちろん24時間営業の店もなく、パン屋の前にパン工場からトラックがパンを運んでくる。
パン屋のシャッターの前にパンの入った箱を平積みにする。
パン屋のオヤジが出てくる数分のタイムラグを狙って1〜2個「借りる」。
同じパン屋では2度としない。

「盗む」ということを「悪いこと」だと思ってなかった。
食わないわけにもいかなかった。
店の先生の家にしょっちゅう行って飯を食べさせてもらった。

電話、電気、ガス、水道。全て止められた。
電話を止められるとなんだか淋しかった。風とかひいて「このまま誰にも知られずに死んでいくのかも知れない」と思ったこともあった。
電気を止められるとテレビも音楽も聴けず、夜マンガも読めなかった。
ガスを止められると風呂に入れなかった。
水道は最後の最後に止められた。これですべてのライフラインが寸断された。
僕の部屋だけ「陸の孤島」になった。

電話は慣れるとそれほど無くても大丈夫なことが解った。

ガスはお湯が沸かなかったので冬はなんとか払っていたけど夏は水シャワーで我慢した。慣れるとなんだか水も温かく感じるから人の感覚というモノは面白い。

水道は「全部止められたらどうなるんだろう?」と思ってわざと払わなかったが代用も我慢も出来なかったので支払った。それでも開けてもらうまでは一階の大家さんのガレージの横の水道から少し拝借した。

電気は僕が住んでいたアパートの隣に「か○ん」というファミレスがあって、そこの真っ赤な看板が僕の部屋のベランダの隣にあって夜中まで煌々と灯っていたので最初は「眠れんぞ〜〜!」と思っていたがその明かりでマンガを読んでいてふとあることに気がついた。
ベランダの端に行き、身を乗り出すとそのどでかい看板の下から電気コードが伸びていて「屋外用のコンセント」に差し込んであった。さらにコンセントの差し込み口は「2つ」あった。
次の日から僕の部屋のテレビもステレオもコタツも復活した。
ああ、電気っていいね〜〜。

それでも笑顔だけは忘れず、さほど「辛い」と思わなかったのは鈍感なのかそれとも純粋に生きるということを楽しんでいたのか、今では思い出すこともない。

よく「昔に返りたい」という人がいるが、やはりそのころには戻りたくない。
「中学をもう一度やり直したい」と人はよく言うが、その後に、この生活が待っているならやはり戻りたくない。

a0037910_2321383.jpgでも、そのおかげでこの仕事に誰よりも向き合うことが出来た。
ヒカルさんが言ってたが
「自分の仕事が天職だと言えるのは朝も夜も寝てるときも仕事のことを考えていても苦じゃない」
という言葉。本当にそうだと思う。

今の若い世代の人たちが言う
「自分に合った仕事を探す」
なんて余裕は僕にはなかった。だから巡り会ったこの仕事に対してまっすぐ向き合うしかなかった。不器用に。
僕の仕事の善し悪しを決めるのはあくまでもお客さんであり、どれだけ努力してもお客さんが喜んでくれなければ僕の仕事は成り立たない。

「トモさん、この仕事、好き?」
と聞かれると僕は素直に
「うん」
と頷くだろう。
「好きなことが仕事で羨ましいなあ〜」
ってよく言われるけど、僕は好きなことを仕事にしたわけじゃなく
「やらなければいけないことを好きになった」
ただそれだけなのである。

今、こうして自分の店が持てるのも僕一人の力じゃなくて今まで出会った先生、先輩、同僚、友達。それから僕にヘアデザインを任せてくれてるお客さんのおかげです。
そして僕を生み、育ててくれたお袋。あなたに一番見せたかった。

今、僕は幸せですよ。
[PR]
by hairhana | 2005-03-23 23:23 | hanaのひとりごと | Comments(0)
だけど問題なのは〜〜♪金がないということだ〜♪(CKB)
a0037910_929211.jpg

僕が18の時母が再婚した。
母が幸せならと特に反対もしなかった。
再婚は相手建築士で「華の東京」で仕事があるので「東京に行かないか?」ということになった。
僕は美容室の仕事があったので「広島に残る」ことにした。

家賃4万7千円。6畳の1K。バス、トイレ付き。
初任給7万8千円の給料ではとうていやっていけない。
最初の内は東京から家賃と光熱費を仕送り出てもらっていた。
1年が過ぎた頃、急に仕送りが止まった。
母に電話するとなんだか言いづらそうに、それでいて「ちゃんとご飯食べよるんね?」と気遣ってくれる。
なんとなく電話の向こうの状況が解った。
思い切って言ってみた。
「オレも給料上がったけえもう仕送りはええ言おう思うとったところなんよ。心配しんさんな。大丈夫じゃけえ。そっちこそなんかあったら言いんさいね。」
実際、「なんかあって」も何も出来ないのに。

かくして手取りちょっと上がって10万円満たない貧乏生活が始まった。
金がないということはどういうことか、それでも僕は生きてる。
【以下次号】
[PR]
by hairhana | 2005-03-23 09:33 | hanaのひとりごと | Comments(0)