hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
MY STANDARD
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> えりこ@京都さん ..
by hairhana at 10:01
トモさん、ご無沙汰してお..
by えりこ@京都 at 20:00
> みるきーさん お久..
by hairhana at 10:27
” Happy Birt..
by みるきー at 12:55
> みるきーさん レッ..
by hairhana at 16:49
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(1258)
(1254)
(1254)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

カテゴリ:hanaの映画( 47 )
笑撃サスペンス!〜疾風ロンド〜
a0037910_10243676.jpg
笑ろた。


声を出して笑った。


今季の映画で一番笑った。😂


リズムもいい。話もいい。キャストもちょうどいい。(つか、贅沢な使い方してる。)


ドラマで石原さとみの「校閲ガール」を見てるせいか、ちゃんと小説の原作があるので、つじつまが合っている。


「変電所を爆破した娘の言葉を信じて村人を避難させる」

「以前、半日かかって行った場所を数時間で往復する」


いいんだよ。恋愛ものなんだからっ!そこに愛があれば!的な不条理感が全くない。(エンドロールで流れるシーンはオマケでね)


考えさせられたり、考察したりの難しいことは一切ない。まさに109分、ノンストップのエンターテイメント。


「そうだったっけ?」的な伏線もちゃんと脳裏に焼き付いて、そのおかげで「クスッ(笑)」と笑える。


つか、息子役の「濱田龍臣くん」がいい感じで成長している。ちなみに関ジャニ∞の大倉くんはスキーが全く出来ないそうです。


「スキーなんて何十年ぶりだ」と言った阿部寛のスキーウェアも見応えあります(笑)

年末のバタバタやイライラをスカッと吹き飛ばしてくれる栄養ドリンクみたいな映画です。


いやぁ〜映画って、ホントにいいなぁ〜♡


#恵比寿 #美容室 #美容院

#ヘアーハナ #シャンプー

#気持ちいい #中西トモミチ



[PR]
by hairhana | 2016-12-07 11:13 | hanaの映画 | Comments(0)
ファンタスティックビーストの見どころ
a0037910_11424074.jpg

おはようございます。昨日の休みに充電バッチリで元気が余ってるトモです。(早く最初のお客さんこないかな~♪)


最近、休みの日はなんか映画にどっぷりです。


昨日は悩みに悩んだ挙句に「FANTASTIC BEASTS」を見に行ってきました。


せっかくなんでMX4D☓3Dのてんこ盛りで観ました。
a0037910_11554027.jpg

あのイスがグワングワンゆれて、風が吹くわ、水しぶきを浴びるは、いい香りがしてくるわ、背中がボコボコするわで映画の中にいるようでした。


途中、トランクを開けると美味しそうなパンが出るシーンがあって、そこでパンの香りがするんだけど、「明太マヨネーズ味のポップコーンを食いながら見る」というチョンボをやってしまい、香りが全てポップコーンになってしまいました。_| ̄|○ ガクッ
a0037910_11554051.jpg
ファンタスティックビーストは全5部作だそうです。


時間軸ではハリーポッターの前の時代のお話で、主人公のニュートは魔法動物学者で彼の執筆した本が後にハリーたちの教科書になるって感じ。


物語の内容に触れると、これから行く人に殺されちゃうので、僕のおすすめどころは、ズバリ、「ファッション」です。
a0037910_11424181.jpg

1920年代のアメリカは「狂騒の時代」と呼ばれた時期で貧困や差別、豊かな場所はメチャメチャ華やかで、ひとつ路地裏に入ると寂れていて、街のコントラスト、街を走るクラッシックカー、そして、道行く人のファッション。



ひとりひとりの来ている洋服がメチャメチャオシャレで、部屋を飾るインテリアも含め、よくぞこれだけ集められたと感心します。


禁酒法の中、こっそり営業している酒場では、華やかなドレス姿。


労働階級の工場労働者の力強い生地。


画面のどこを切り取ってもワクワクします。
a0037910_11424150.jpg

男性のスーツやコート、そしてタイ。細部に至るまでこだわったスタイリングはホントに見事!


ヘアデザインもステキで、今、これをやってもオシャレで、でも、今の美容師さんに出来ない技術だったりして、こっそり練習しようと思いました。


ヒロインの妹クイニー役のアリソン・スドルは映画初出演ながらとても魅力的で、「ラブ・アクチュアリー」のキーラ・ナイトレイの時もそうだったんだけど、つくづく自分がこの系統の顔が好きなんだなあと思い知らされました。
a0037910_11424156.jpg

一つだけ、見るときの注意点は、僕も見落としてたんだけど、主人公が「指名手配」されるんだけど、そこにある「指名手配犯」の写真に「ある人」が写ってるんじゃないかってとこだけ注意して観てください。「ある人」はかな~~り、有名な俳優さんです。


またひとつ、もう一度観たい映画ができたな~。
a0037910_11424097.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2016-11-30 12:51 | hanaの映画 | Comments(0)
良かったよ〜〜〜♪
a0037910_19371791.jpg
良かったよ。


人生の中で久々に泣いたよ(TOT)


エンドロールが終ってしばらく劇場が暗転してて、周りから鼻水をすする音が聞こえたよ


ハンカチ持っててよかったよ。


普通、終わったら、みんなガヤガヤ話しながら席を立ち映画の感想を言いながら出るんだけど、ものの見事に誰も話してなかったよ。なんでかって?


僕も劇場を出た後、残る余韻を感じてしまうとまた涙がこみ上げるから、泣かないようにするために他のことを考えてたよ。


だからと言って「火垂るの墓」みたいに救われない内容ではなくて、むしろ、心温まる映画。


誰が声当てて、観客動員数が何人で、興行収入がウンタラカンタラ・・じゃなくて、いいもんは、いい!って映画。


人が入れ替わったり、隕石が落ちたりはしないけど、確実に涙はこぼれ落ちる。


文句なしに「いい映画」だと思う。


見に行く人は、必ずエンドロールまで見てね。じゃないともったいないよ。


あ、後。ハンカチとティッシュも忘れずにね〜。


見終わった後の夕日がキレイだったのは、映画のおかげ?

a0037910_19470319.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
by hairhana | 2016-11-20 19:49 | hanaの映画 | Comments(0)
「ある日、突然に・・・」
a0037910_10080043.jpg
こんにちは!トモです。


自分が人に思ったことは伝えるか表現しないと気がすまない性格です。


さすがに大人になったのでTPOに合わせて使い分けるようにはなったけどね。


若い頃は、「好き♡」と思ったら、相手がどうであれ(同姓はパスね)「好き♡」と伝えないと日々、悶々としているのが耐えられませんでした。


「映画」や「小説」というのは主人公や登場人物に自分を置き換えて「共感」することで感動したり、喜んだりするもので、当然、その人の生き方や考え方で見方が変わります。


作品の「いい」、「悪い」ではなく「好き」か「嫌い」か「なんとも思わない」かで作品の評価は変わっていきます。


多くの人が


「泣けた(TOT)」

「感動した!」


と評価しているこの作品、昨日、朝一(9:45)に渋谷に見に行きました。


映画館としては珍しく当日券に行列ができていました。並んでいる人は概ね学生さんが多く、「学割」で見るためには当日並んでチケットを買わないといけないようです。僕も学生ではないのですが、朝一と高をくくって行って並ぶハメになりました。


入ってみるとそれほど混んではいなくて本来ならチケット売り場に人を増やすとかすれば早く入れられるのに、「もしや、これが映画館の作戦?」と思ってしまうのは大人の悪いクセですね。


映画は、ネタバレするといけないので、予告編やテレビとかでの紹介レベルでお話させてもらうと、遠く離れた場所で生活している男子高生と女子高生がいて、「ある日突然」寝て起きると身体が入れ替わって、お互い、相手の身体で自分の人格のまま生活をするというもので、


自分に戻って起きると、前の日に、別人格が自分の代わりに友達と接して学校に行き、アルバイトもして、それによって廻りの対応や見る目が変わってというやつで、まあ、ありがちな話だけど、そこにはある「意味」があって、物語の後半でそれがわかるというお話。


ジャンルとしては「若い男女の純愛ラブストーリー」ってとこでしょう。


ただ、僕は汚れているのでしょうか、涙は一粒も出ませんでしたし、感動もしませんでした。話し自体は面白かったので「金返せ!」とは思いませんでしたし、みなさんが言うように「映像がキレイ」というのもよ〜くわかりました。


登場人物が「受け身」なのがどうにもシンクロできなくて、主人公がバイト先の先輩の女性を好きなんだけど、何も言えず、女の子が主人格になったときに仲良くなってくれてデートをするも結局うまくいかず・・


「人に背中を押してもらいたい」時って僕にもあります。「自身が持てない」ときなんかそうですが、こと、恋愛に関して言うとどれだけ恋をしても新しい恋はみんな初心者だから、自信なんてだ〜れもありません。


「知り合い」から「恋人」になるには「えいやっ!」と勢いが必要です。種を蒔いて水をやって育てるなんてことしてたら知らない誰かに引っこ抜かれます。映画や小説のように「ある日突然」なんてことはありませんから。


劇中で主人公が成長して最後は変わるなんて話も多いですが、きっかけはやはり「ある日突然」ですから、結局、そこが無けりゃ今までどおりの「受け身」の人生が続くわけです。


昨今、「恋愛経験のない若い男女が多い」と聞きますが、みなさん「シンデレラ・コンプレックス」(いつか白馬の王子さまが(王女さまが)目の前に現れてくれる・・♡)なんでしょうか?


だからと言って変に肉食になって仲間と変なサークル作っておかしなことをやれとは言いませんが、恋愛で失敗しても僕の経験上、「死にたくなる」ことはあっても死にはしませんし、その後もいくらでもドキドキやワクワクは待ってますから。

特に恋愛で言うと、誰かにお膳立てされるなんてまっぴらごめんで、「◯◯合コン」なんて、他人に金払って世話してもらうなんて楽でしょうが「放っといてくれい!」


ここで、僕から「告白しても傷つかない」裏技を伝授しましょう。


「付き合ってください!」

「今付き合ってる人と別れて私(僕)を選んでください!」


と言われると、相手によっては


「ゴメンナサイ」


と言われる場合があります。そしたら、その後気まずくなって顔を合わせるのも辛くなって同じクラスや職場だとも〜大変で、


「言わなきゃ良かったよ〜〜!!!(TOT)」


となるんだけど、


「私(僕)、○◯さんのことが好きです!それだけです。以上!」


であればその人を好きかどうかは自分の勝手でその場合「ゴメンナサイ」でもないのですよ。


たいていは


「そうなんだ。ありがとう♡」


ですね。「好き」と言われて嫌な人はいませんから。


でもまれに「困ります!」と言われる場合は、相手との関係が告白レベルではなくて「空気読めよ」的な立ち位置である場合が多いと思われます。自分に置き換えると好みでもなく、興味もなにもない相手にある日突然「好きです♡」と言われたら困るでしょ?それと一緒です。


映画は時間がないので「ある日突然」なんです。


愛も恋も「育む時間」が必要なのです。


まずは相手を「知る」ことから始めましょう。とりあえず、


「君の名は?」
a0037910_10080153.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ  


[PR]
by hairhana | 2016-09-21 18:01 | hanaの映画 | Comments(0)
観た!観た!観たよぉ〜〜!!
a0037910_18540536.jpg
はい、行ってきました。


シン・ゴジラ」。


どうせ見るならと
a0037910_18540515.jpg
MX4D!


イスが動いたり、エアーがプシュ〜〜!!ってきたり、お水がププッ!と振りかかったり、背中がドドン!と突かれたり(マッサージ機能とか着いてたら寝るね)のあれです。


最初の他の映画の予告編らでもう酔いそうだったけど、本編始まるとこれがなかなかで、面白い!


「シン・ゴジラ」、いい意味で裏切ってくれます。「よくある怪獣映画」じゃありません。


あの「恐竜公園」とか「アメリカ版ゴジラ」みたいな「肉にソースかけてかぶりつけ!」みたいな大味なジャンクフードのような映画ではありません。


リアルです。


もし、東京にゴジラ来たら、ああなんだな。って感じ。自分が東京に住んでるせいか、


「あ、あそこ、品川の「くら寿司」んとこ。あ、くら寿司逝ったな。どうしよ?寿司食いたいとき。」


とか、


「あ、あのルートなら恵比寿大丈夫かな?」


とかね。さらに、CGじゃなくて「特撮」でカメラワークがいいもんで、マジもんでゴジラが眼前に見えるみたいな感じ。


いや〜、メッチャ楽しかった♪


あんまり話すとネタバレになるんで、まあ、この辺で。


でもね、ラストのほ〜〜んと、ラスト。


気を抜かずによ〜〜く見てね。


「えっ?えっ!?」


って思ってる間にエンドロールが流れます。なので、最後まで気を抜かないでね。


そして、出演者が豪華!


さすが庵野監督。こだわりの世界観。これは映画館じゃなくてどこで観るの?って感じ。


ゴジラにパワーもらって、明日から1週間。ガンバロ〜〜!!


ガオぉ〜〜〜〜〜〜!!
a0037910_18540548.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ 


[PR]
by hairhana | 2016-08-09 19:26 | hanaの映画 | Comments(0)
観たい!観たい!観たい!!
a0037910_10284431.jpg
観たい!観たい!観たい!!


よし、明日、観に行こう。


決めた!

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ 


[PR]
by hairhana | 2016-08-08 10:47 | hanaの映画 | Comments(0)
ハンカチ持った?
a0037910_09595445.jpg

「ハンカチを買った」記憶が無い。



大抵、何かのお礼だったり、引き出物だったり、おまけだったり、誰かにもらうものな感じがする。



じゃあ、そのハンカチを「活用」してるかというと「???」で、正直、あまり持ち歩くこともなく、外でトイレに入っても必ずペーパータオルやハンドドライが設置してあってそれで乾かしたり、



最悪、(それほど思ってないけどね)手をプルンプルン!と振って水を切り、ジーンズでチャチャッと・・・・(え?引かないでね、けっこうしてるよね?男子は。え?え?)

a0037910_09595502.jpg


先日、ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイの映画「マイ・インターン」を観た。



洋服のネット通販の会社を起ちあげて成功させて日夜忙しく働いて、旦那さんに「主夫」をしてもらっている女社長にアン・ハサウェイ。そこにシニア・インターンで入ってくる男性役にロバート・デ・ニーロ。



最初は煙たがっていた彼女も経験豊かな彼のアドバイスや優しさを求めるようになり、心を通わせるそんなとき、彼女は人生最大の難問にぶち当たる・・・というお話。



その中で、ロバート・デ・ニーロがハンカチを自分の手を拭くためでなく、「貸すために持ち歩く」ことをしています。




泣いている女の子にそっとハンカチを差し出す・・まあ、そんな映画のようなシチュエーションは人生で何度訪れるかわかりませんが、もし、目の前で女の子が涙した時に



「オレのジーンズでよかったら拭けよ。」



なんて言えるでしょうか?確実、ビンタものですね。(笑)



他にも、うっかりドリンクをこぼしたり、雨の日にバッグが濡れて閉まった時とかに、



そんな時に、ハンカチをそっと差し出してもらって嫌な顔をする女性はいないと思います。(差し出したのがポケットティッシュで、サラ金やアダルトサイトの広告がついてたらアウトかも)



よくよく考えると、ハンカチを差し出すシーンはけっこうあるかも。



特に、まだ恋人になってない関係で男のなら



「どうぞ、持ってて。いつでもいいから」



女の子なら



「ありがとう、洗って返すね。」



って言えば、次のデートの約束ができるもんね。



まあ、僕とかだと出会いを求めて・・じゃあないけど、男子としてはやはり持ってなきゃね。



さて、今度の休みは、人生初、ハンカチを買いに行こうかな~♪



劇中の太極拳のシーンは笑っちゃったけど。



「映画マイ・インターンに学ぶ3つのモテるコツ」

http://www.cinemawith-alc.com/2015/10/My-Intern-mote.html

a0037910_09595518.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ

 


[PR]
by hairhana | 2016-04-09 10:03 | hanaの映画 | Comments(2)
笑顔を届ける(^^ゞ笑顔を作る(^o^)
a0037910_09263985.jpg


家に帰ったらテレビで映画「魔女の宅急便」をやっていたので観た。


よく考えると初めて観た。


見てると不思議に笑顔になってる自分がいた。


主人公のキキが荷物を運んで、笑顔になったり、落ち込んだり、いろんな人と関わっていく彼女の視点を通して自分も疑似体験してる感じになるのかなあ。


おばあちゃんが作ったニシンのパイを運んだら女の子が


「わたし、これ、嫌いなのよね。」

a0037910_09263909.jpg

と言った言葉にキキが傷つくけど、もしかしたら、自分も同じことやってるかも知れないなあ。気をつけようっと。


彼女が大人になって、子どもの魔女を雇って、宅配会社を作って、営業に廻って事務所でお金を数えて、夜はパーティー、休みはゴルフとかして悠々自適な生活がエンディングだとがっかりだな。

a0037910_09263984.jpg

多分、自分は「人と関わる」ことに幸せを感じる側なんだろう。


パーティーが出来なくても、ゴルフが出来なくてもいいけど、日々、店でいろんなお客さんと出会い、いろんな話をしたり、笑ったりすることを失うのはとて嫌だなあ。


そう思うと、僕は日々、幸せの中にいるんだなあ。


キキは今日も笑顔を届け、僕は今日も笑顔を作る。


さて、今日は寒くてお天気悪そうだけど、来てくれた人には


「寒くてどうしようと思ったけど、来てよかった♡」


って思ってもらえるように頑張ろう。


僕も「来てくれてよかった♡」って思うよ。


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2016-01-23 09:30 | hanaの映画 | Comments(0)
あれこれ話そうじゃないか。
よくもまあ連日、飽きもせず、毎日、毎日、TVをつけると、必ずどこのチャンネルでも

スターウォーズ、スターウォーズ

ってそんなに見て欲しいのかよっヾ(・ε・。)ォィォィ

たかが映画じゃねえかよ。それもむか〜〜しからやってる。

じゃあ、日本も頑張って「男はつらいよ」の最新版やりゃいいじゃん。

満男(寅さんの甥っ子:吉岡秀隆)のさらに子どもの話しとかね。そんでもって、CGで寅さんが「さくらぁ〜〜!」とかやっちゃったりしてね〜。

そんなに、「行け、行け!」言うなら・・・・

a0037910_11363578.jpg

行ったよ・・・。

土日、忙しすぎて、昼飯どころか水すらのめず、おかげでトイレも行かなくてすんだんだけど、ミヨちゃん共々ヘ〜〜ロヘロ。

まあ、ご褒美も兼ねて、六本木ヒルズのTOHOのサイト見たら19時の回が奇跡的に空いていて、即予約。

いやいや、こんなに人が多い映画館、久しぶりに見たよ。

それも、外国人多っ!

さすがに初日じゃないからコスプレの人とかいないけどね。

ミヨちゃんのお父さんが大のスターウォーズ好きとあって、そのDNAを引き継いでるミヨちゃんもスターウォーズ好き。

行く前から、新キャラクターの「カイロ・レン」にご執心。ダークサイドに落ちるなよ。
a0037910_11363508.jpg

映画の内容については、ネタバレしたくないので、この場ではシークレットで。

感想はと言うと・・・

「ヤバイ」

この3文字で十分伝わると思う。

「スターウォーズを見たこと無い人も楽しめます」

とか言ってるけど、やはり、「予習」はしていったほうが絶対楽しめると思う。

「旧キャラクター」も要所、要所で登場するんだけど、この使い方がまたいいね。

思わず拍手したくなる。
a0037910_11363637.jpg

若い人も多かったが、彼ら、彼女らは「Episode4」とかをスクリーンで見たことがないはず。

いくら、テレビが大画面になってサラウンドになったとしてもスクリーンの迫力と臨場感にはかなわない。なによりも多くの作品を愛する人たちの笑い声や驚きが伝わってくる「空気」は劇場でしか感じられない。

スクリーンに釘付けになってる僕の視界の端の方に、隣りに座ってるミヨちゃんがハン・ソロとチューバッカが出れば、しびれて、C3POやR2-D2が出ればしびれている姿が映り込む。

そんな「空気」が味わえるのはやはり「劇場」だからだろう。

2時間ちょっとが、あっという間に過ぎて、劇場を出ると六本木に吹く風は寒く冷たかったけど、スターウォーズを見たひとたちの顔はみんな笑顔で、口々に感想を言い合っていた。

テレビのように「行け」とは言わないが、行っても損はしない映画だということは保証できる。

どうか、観に行って、僕とあれこれ話そうじゃないか。

a0037910_11363595.jpg
#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ 

[PR]
by hairhana | 2015-12-21 11:41 | hanaの映画 | Comments(0)
映画「グラスホッパー」観てきたよ(ネタバレなし)
a0037910_10162070.jpg
今年のお正月に便箋を買いに銀座まで行った。

地下鉄の出口を上がると、辺りが騒然としていた。

みなさんも覚えてるだろうか?

有楽町駅の側にあるゲームセンターから火が出て燃え広がり、電車の高架線まで燃えて大騒ぎになった事件を。

僕が行った頃は既に火は消えていたが、それでも数えきれないくらいの消防車が出動していて、封鎖されまだ焦げ臭い匂いが辺りに充満していた。

どうやらけが人は無かったらしいが。その辺一体は煙と炎で真っ黒になっていた。元々あの辺りは古い建物で、密集していたので燃え広がるのは早かったようだ。

僕が一番驚いたのは火事ではなく、その側を通る人のほとんどが、携帯電話やスマホで写真を撮ってることだった。

中にはご丁寧にデジカメを取り出して写真を撮ってるお年寄りまでいた。

以前、お台場に行っていたとき、たまたまワゴン車の炎上騒ぎに出くわしたことがあった。

「今、〇〇脇の道路で車が炎上中。近くを通る人は気をつけてください」とそれだけ文章でFacebookにアップした。

そしたら「写真は無いの?」とコメントが入った。

「そんな写真撮れない」と返すと

「どうして?」と言われた。

僕は自分のスマホやカメラに「他人の不幸」を保存しておくような趣味は無い。

それを人に見せびらかす趣味もない。

もちろん、それがその後の誰かを助けることになったり、現場の証拠として、被害にあった人を助けることが出来るのであれなやぶさかではない。

ただジャーナリストでもなく、戦場カメラマンでもない自分がタイミングよくそんな写真が撮れるはずはないと思っている。

たいてい事が終わって、散々多くの人が写真を撮り事は沈静化している場合のほうが多い。

もし、リアルタイムにその現場に居合わせたら、及ばずながら、救助のお手伝いができればそっちの方に参加するでしょう。

ネット社会では、一人の言った言葉が火を点けて「炎上」して、それは瞬く間に広がってその人の仕事や生活まで脅かすようになったりします。

ただ、その言葉を発したそれぞれは罪の意識もなく、「みんなやってんじゃん」的なもしかしたら暇つぶし的な感覚なのかもしれません。

a0037910_10162086.jpg

昨日、「伊坂幸太郎」さんの小説「グラスホッパー」の映画を観てきました。

人で溢れるハロゥインの夜の渋谷駅前交差点。

女優の波留ちゃんが演じる生田斗真くん扮するどこにでもいる気弱な学校の先生「鈴木」の婚約者が合成麻薬のシンジケートが起こした事故に巻き込まれた子どもを助けるために車に轢かれて死んでしまいます。

騒然とした現場では助かった多くの人がその無残な現場の写真を撮り、

「渋谷で大事故!マジ怖え!」とかSNSに上げます。

一匹なら新聞紙を丸めて「バシン!」と叩けば死んでしまうバッタ(グラスホッパー)は密集した場所で育つと「群集団」と呼ばれる凶暴なタイプになってしまい、その凶暴さゆえに、時には仲間の死骸も食べてしまうといいます。

婚約者の命を奪われた鈴木は事故現場で膝をついて悲しみに暮れていると、目の前に1枚のメモが落ちてきます。そこには「真犯人は他にいる」というような内容が書いてあり、そのシンジケートの会社に潜り込みます。

しかし、元々、虫も殺せないくらい気弱で優しい男が恋人の復讐などできるのでしょうか?

物語は、そのシンジケートに雇われた殺し屋の「鯨」と「蝉」そして鈴木を軸に息つく間もなく話が進みます。

それぞれの抱えた思いが疾走して、話はクライマックスを迎えます。

もちろん、伊坂幸太郎独特のどんでん返しが待っています。

出演者の中で一番格闘やアクションのできるであろう生田斗真くんをあえて「気弱な男」に設定したのは、一見「宝の持ち腐れ」のように見えるけど、その押し殺した演技もかなり期待できます。

あっという間に過ぎる119分間でした。

最近ドラマでも悪女ぶりがはまり役の「菜々緒ちゃん」もいい演技しています。

是非、VTRではなく、劇場で観ることをおすすめします。

ただ、渋谷とかほぼ毎週行ってるので、

「ああ、あの信号で出たら、次は青だから事故になんねえよな」

と思ってる自分がちょっと悲しい(TOT)



#恵比寿 #美容院 #美容室 #ヘアーハナ
#シャンプー #気持ちいい
#中西トモミチ

[PR]
by hairhana | 2015-11-25 13:33 | hanaの映画 | Comments(0)