hairハナは、渋谷区恵比寿にある「隠れ家的」リゾートスタイル美容室です
by hairhana
カテゴリ
全体
Hanaホームページ
Hanaへアクセス
<<Hana News>>
今日のハナ
hanaのひとりごと
アヤコのひとりごと
ミヨちゃんのひとりごと
ミサキのひとりごと
メイクのお話
ヘアのお話
さすらいの食いしん坊
TOMO`s Kitchen(トモズキッ
Hanaのヒミチュ
hanaの映画
hanaの音楽
hanaの本
美容師のひよこクラブ
今日のひとこと
オススメ
今日のおしゃべり
Hanaのツボ
Hanaのお仕事
Hanaの花
ダイエットGo!Go!
ニコニコ日記
波乗り小僧
旅日記
今週のお買い物
引っ越し奮戦記!!
大好きな人
トモ散歩
今日の黒板
PDF
オススメ Link
最新のコメント
> みるきーさん しば..
by hairhana at 08:50
秋ですね〜〜! 見てる..
by みるきー at 15:50
> みるきーさん 「一..
by hairhana at 07:56
有名になるって、そういう..
by みるきー at 18:58
> みるきーさん おお..
by hairhana at 15:07
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
検索
Skypeボタン
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
タグ
(931)
(930)
(927)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

記事カテゴリ

その他のカテゴリは、サイドバーからお入りください

ミヨちゃんとミサキくんの優しさ♡
a0037910_10050462.jpg
営業が始まる前にみんなで掃除をします。


人数が少ないので、誰がどこ、って分担制でなく、自然と誰かが初めて違う場所を掃除したり準備したりします。


昔はトイレ掃除はもっぱら僕(トモ)がやってたんだけど、最近はミヨちゃんやミサキくんに「奪われて」います。


なぜ「奪われて」かというと、「トイレの神様」じゃないけど、「トイレをキレイにすると幸せになれる」という誰が言ったかわからない迷信を未だ信じて疑わない自分がいるからです。


それを知ってか知らないでか、最近は二人に奪われることが多い毎日です。まあ、二人にも幸せになって欲しいから譲るとしよう。


先日、ミサキくんがトイレ掃除をしてくれてる時、ストックのトイレットペーパーをケースに入れるだけでなく、一度解いて取りやすいようにしてから入れてました。
a0037910_10050400.jpg
「へ〜、ミサキくん、これ考えたの?」


と聞くと


「ミヨさんが教えてくれて、一流のホテルだとこうしてあるんだそうです。」


と答えてくれた。


なんかいいなあ〜♡と思った。


お客さんに対する優しさと、サービス業としてのプライドが感じられます。


こうやって若い世代もどんどん成長していくんだなあ。


経験にあぐらをかいてちゃいけないなあ。


嬉しも身が引き締まる朝でした。


今日も一日晴れたらいいね♪

a0037910_10050495.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
# by hairhana | 2016-09-26 10:16 | hanaのひとりごと | Comments(0)
「教える」を教える。
a0037910_08411631.jpg
ミサキくんは日に日に成長しています。


先日も初めてHanaに来てくれたお客さんに


「今まで洗ってもらったシャンプーの中で一番気持ちよかった〜♡」


とアロマヘッドスパを褒められてました。「シャンプーを制すものは美容を制す」と言っても過言じゃない。ミサキくん、良かったね。


昨日は今度から「ブロー」のレッスンに入るので、練習に使うウィッグ(人形)の髪の毛をワンレングスに切るカットを勉強しました。先生は、ミヨちゃんです。
a0037910_08411624.jpg
たいていのサロンは先輩がやり方を「教えてくれて」、それを覚えて黙々と練習します。


Hanaのレッスンは他のサロンとちょっと違ってて、最初はひと通り、ミヨちゃんが手順を含め注意点を教えながら「お手本」を示します。


その後、質問タイムがあって、その後ミサキくんが技術に入ります。


その時に、立場を逆転させて、「ミサキくんがミヨちゃんに教えながら」カットやブローをやります。


不明な点があったらミヨちゃんが容赦なく質問します。答えられなくて、もし、教えてもらっていなかったことでも「質問タイム」があったわけで、そこで質問しなかった自分のせいになります。


a0037910_08411618.jpg
Hanaでは「人に教えることが出来て初めて理解できている」としています。教わったことをそのままやるだけでは、多くのパターンに対応できませんから。


「理」がわかっていて初めて様々なお客さんのニーズに対応することが出来て満足してもらえる技術ができるのだと思っています。


そして、ミサキくんに教えることでミヨちゃん自身も技術の理解を深め、さらにレベルアップしていきます。


そして、僕は


とっても楽をさせてもらっています〜♡

a0037910_08411612.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
# by hairhana | 2016-09-25 11:22 | 美容師のひよこクラブ | Comments(0)
お話しましょ
a0037910_06184819.jpg

When i talk to you my day gets a whole lot better.


「私はあなたと話すと、いい一日を過ごせる。」


今日、昨日あったこと、面白かった本やテレビの話し、ちょっとした気付き、楽しかったこと、悲しかったこと、辛かったこと、天気が良かった、悪かった、


一日「何もない」人はいなくて、自分の頭の中に記憶としてインプットされます。


インプットした記憶は食べ物と違って「消化」されません。子供の頃の記憶があるのもそのせいです。


悲しいこと、辛いことなどの「自分を傷つける記憶」はインプットしたままでいるとさらに他の辛い記憶と混ざり合って自分を傷つけます。


例えば恋人にふられた記憶が頭の中でグルグル回っていると、たまたま降った雨にも


「お天気まで僕を見放すんだ」


なんて、まったく関係ない事柄ですら巻き込んでしまって、さらに不幸の塊が大きくなって自分を傷つけます。


その記憶もアウトプットすることで「一区切り」つきます。つい、さっきふられたばかりでも人に話すと


「・・・・・だったんだ。」


と最後は過去形で終わります。


幸せな出来事もアウトプットして人に聞いてもらうことで「良かったね〜(笑)」、「イイね〜♡」と返してもらえるとその幸せが「確信」に変わります。


そして、その幸せな話が聞いてくれる相手にとっても幸せな気持ちにさせてくれるものならもっと幸せな気持ちになります。


例えばFacebookに「こんなの食べた〜♡美味しかった〜♡」って写真あげて、誰かが「私も食べた〜♡美味しかった〜♡ありがと〜〜♡」と書き込んでくれたら自分の「美味しかった♡」に書き込んでくれた人の「美味しかった♡」分がプラスされてもっと幸せな気持ちになれます。


Hanaで今日もいっぱい話しましょ♡

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
# by hairhana | 2016-09-24 07:01 | hanaのひとりごと | Comments(0)
お山の大将にならない
a0037910_13213081.jpg
小さいながらも「経営者」でいるってことはけっこう大変で、起こりうる全てのことの責任が自分にかかってきます。


そして、アルバイトであろうが、誰かと一緒にやると「BOSS」になるわけです。


最近ではアウトソーシング(外注)という手段もあるけど、そうでない限り、教育したり育てたりしなくちゃいけません。


僕が一番気をつけていることは「お山の大将にならない」ってことです。


当然、スタッフの中の誰よりもキャリアがあって、知識も経験も豊富で、最終的な判断をするのは自分なのですが、それでも「周りの意見や考えを聞く」ということはとても大切で、自分と違う性別、年齢、環境で生きている人の「感覚」を取り入れることはとても勉強になります。


「トモさんの店だから、トモさんがしたいようにすればいいんじゃないですか」


なんて言われたら最低だと思っています。(あ、でも、説明できない自分の直感は大切にしています)


昔なら有無を言わせない「ワンマン経営」も良かったり、そういうタイプの経営者を「頼もしい」と言われた時代もあったかもしれません。


よく、経営や政治家のひとたちが自分たちを戦国武将に例えたりすることがありますが、確かに見習う点はあるとは思いますが、今やこれからのリーダーシップの取り方としては少しずれてる気がします。


よく「ライバル店に負けるな!」と競争を煽ることがありますが、僕はHanaを作ってから一度も他の美容室を意識したことはありません。


「あそこはカラーを平日半額にしてるから、うちも負けじと割引しよう!」とか、「今、これが売れてるからうちも乗り遅れないようにしなければ!」などと思ったことは一度もありません。


マーケッティングやコンサルタントの類のお世話になったこともありません。


大切なことは全てお客さんとスタッフが教えてくれます。


お客さんの話をよく聞いていると、何を必要としてるかわかります。


スタッフの話をよく聞いていると、経営者としての課題がよくわかります。


「経営者」と言えるほど立派な業績も記録も残してはいませんが、ミヨちゃん、ミサキくん、アヤコ、そしてお客さんにいろいろ教わりながら僕も成長させてもらっています。


どうぞ、これからも色々教えてやってくださいね。


そして、いつか、僕の「リサイタル」で、恩返しができるよう、頑張ります!(笑)
a0037910_13213099.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
# by hairhana | 2016-09-23 14:42 | hanaのひとりごと | Comments(0)
さよならククイ
a0037910_10072117.jpg
出会いは、彼女が近所のコインランドリーに洗濯に行った帰り路。


僕はHanaの店先でテラスの掃除をしていた。


通り過ぎる彼女のランドリーバッグから洗濯物が落ちた。


僕はそれを拾って


「落としましたよ(笑)」


と彼女の背中に声をかけた。慌てて振り向いた彼女は


「あ、すいません!」


と申し訳無さそうに手を出す。僕はその洗濯物を彼女に手渡す。


「あ!あ!す・・すいません!」


こっちが謝ってしまった。(多分、そんな感じだろう)そして、お互い、大笑い。


その時の彼女の笑顔はとても輝いていて、洗ったばかりの洗濯物よりキレイで愛おしかった。
a0037910_10072102.jpg
Hanaから歩いて4〜5分のところに恵比寿三丁目の交差点があって、その角に一見の白い壁の家がある。


そこに「ククイ」というBARがあった。


その店は初めて来た人でも入った瞬間に「常連」になれるという不思議な店だった。


そこは「行く」とか「来る」とかじゃなくて不思議と人が「集まる」店で、遠方からもわざわざその店に行くために足を運ぶ人もいる。


彼女はその店の店主で「マヨちゃん」という。


みんな彼女に会いに来る。


お酒が飲めない僕でも美味しいカフェオレを作ってくれた。


ククイに集まる人同士も仲良くて、自然と友だちになり、その中で結ばれた人達もいる。


ククイにはいろんなドラマがあった。喜びや楽しみを持ってくる人もいる。悲しみや怒りを持ってくる人もいる。


出会いがあって別れがあって、涙があって笑いがある。そんなお店がマヨちゃんの「ククイ」だった。


恵比寿駅東口に移転し、その後マヨちゃんは熱海へ。


可愛い二人の子どもたちと暮らしながら笑顔を絶やさず、いつも誰かの笑顔のために生きている。


今度、この建物が壊されるので最後にひと目見ようと来たついでにHanaに来てくれた。


会うのはもう何年ぶりだけど、昨日「じゃあね〜」と言ったくらい時間を感じなかった。そして、なにより嬉しかったのは、その笑顔のパワーが以前と変わらず、いや、それ以上に輝いてたことだった。


もし、熱海に行くことがあったら、是非、彼女の店を訪ねて欲しい。


そこがあなたにとって見知らぬ街でも、その店は「おかえりなさい」と言ってくれるから。


エンとマル - en+maru
住所:Shizuoka Atami 銀座町7-8
電話番号: 0902522099
営業時間 月曜〜金曜日 11:30〜17:00 土・日曜日 14:00〜00:00

a0037910_10072140.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ  


[PR]
# by hairhana | 2016-09-22 11:31 | 大好きな人 | Comments(0)
「ある日、突然に・・・」
a0037910_10080043.jpg
こんにちは!トモです。


自分が人に思ったことは伝えるか表現しないと気がすまない性格です。


さすがに大人になったのでTPOに合わせて使い分けるようにはなったけどね。


若い頃は、「好き♡」と思ったら、相手がどうであれ(同姓はパスね)「好き♡」と伝えないと日々、悶々としているのが耐えられませんでした。


「映画」や「小説」というのは主人公や登場人物に自分を置き換えて「共感」することで感動したり、喜んだりするもので、当然、その人の生き方や考え方で見方が変わります。


作品の「いい」、「悪い」ではなく「好き」か「嫌い」か「なんとも思わない」かで作品の評価は変わっていきます。


多くの人が


「泣けた(TOT)」

「感動した!」


と評価しているこの作品、昨日、朝一(9:45)に渋谷に見に行きました。


映画館としては珍しく当日券に行列ができていました。並んでいる人は概ね学生さんが多く、「学割」で見るためには当日並んでチケットを買わないといけないようです。僕も学生ではないのですが、朝一と高をくくって行って並ぶハメになりました。


入ってみるとそれほど混んではいなくて本来ならチケット売り場に人を増やすとかすれば早く入れられるのに、「もしや、これが映画館の作戦?」と思ってしまうのは大人の悪いクセですね。


映画は、ネタバレするといけないので、予告編やテレビとかでの紹介レベルでお話させてもらうと、遠く離れた場所で生活している男子高生と女子高生がいて、「ある日突然」寝て起きると身体が入れ替わって、お互い、相手の身体で自分の人格のまま生活をするというもので、


自分に戻って起きると、前の日に、別人格が自分の代わりに友達と接して学校に行き、アルバイトもして、それによって廻りの対応や見る目が変わってというやつで、まあ、ありがちな話だけど、そこにはある「意味」があって、物語の後半でそれがわかるというお話。


ジャンルとしては「若い男女の純愛ラブストーリー」ってとこでしょう。


ただ、僕は汚れているのでしょうか、涙は一粒も出ませんでしたし、感動もしませんでした。話し自体は面白かったので「金返せ!」とは思いませんでしたし、みなさんが言うように「映像がキレイ」というのもよ〜くわかりました。


登場人物が「受け身」なのがどうにもシンクロできなくて、主人公がバイト先の先輩の女性を好きなんだけど、何も言えず、女の子が主人格になったときに仲良くなってくれてデートをするも結局うまくいかず・・


「人に背中を押してもらいたい」時って僕にもあります。「自身が持てない」ときなんかそうですが、こと、恋愛に関して言うとどれだけ恋をしても新しい恋はみんな初心者だから、自信なんてだ〜れもありません。


「知り合い」から「恋人」になるには「えいやっ!」と勢いが必要です。種を蒔いて水をやって育てるなんてことしてたら知らない誰かに引っこ抜かれます。映画や小説のように「ある日突然」なんてことはありませんから。


劇中で主人公が成長して最後は変わるなんて話も多いですが、きっかけはやはり「ある日突然」ですから、結局、そこが無けりゃ今までどおりの「受け身」の人生が続くわけです。


昨今、「恋愛経験のない若い男女が多い」と聞きますが、みなさん「シンデレラ・コンプレックス」(いつか白馬の王子さまが(王女さまが)目の前に現れてくれる・・♡)なんでしょうか?


だからと言って変に肉食になって仲間と変なサークル作っておかしなことをやれとは言いませんが、恋愛で失敗しても僕の経験上、「死にたくなる」ことはあっても死にはしませんし、その後もいくらでもドキドキやワクワクは待ってますから。

特に恋愛で言うと、誰かにお膳立てされるなんてまっぴらごめんで、「◯◯合コン」なんて、他人に金払って世話してもらうなんて楽でしょうが「放っといてくれい!」


ここで、僕から「告白しても傷つかない」裏技を伝授しましょう。


「付き合ってください!」

「今付き合ってる人と別れて私(僕)を選んでください!」


と言われると、相手によっては


「ゴメンナサイ」


と言われる場合があります。そしたら、その後気まずくなって顔を合わせるのも辛くなって同じクラスや職場だとも〜大変で、


「言わなきゃ良かったよ〜〜!!!(TOT)」


となるんだけど、


「私(僕)、○◯さんのことが好きです!それだけです。以上!」


であればその人を好きかどうかは自分の勝手でその場合「ゴメンナサイ」でもないのですよ。


たいていは


「そうなんだ。ありがとう♡」


ですね。「好き」と言われて嫌な人はいませんから。


でもまれに「困ります!」と言われる場合は、相手との関係が告白レベルではなくて「空気読めよ」的な立ち位置である場合が多いと思われます。自分に置き換えると好みでもなく、興味もなにもない相手にある日突然「好きです♡」と言われたら困るでしょ?それと一緒です。


映画は時間がないので「ある日突然」なんです。


愛も恋も「育む時間」が必要なのです。


まずは相手を「知る」ことから始めましょう。とりあえず、


「君の名は?」
a0037910_10080153.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ  


[PR]
# by hairhana | 2016-09-21 18:01 | hanaの映画 | Comments(0)
「好き!♡」がイイね
a0037910_08092327.jpg
後日、ミヨちゃんから詳しいレポがあると思いますが、本日、参戦してきます。


数年前、「ベビメタいい!♡」と言うと「え〜?トモさん、アイドル路線?」、「ロリコン?」と言われてましたが「ギミチョコ」で一気に形勢逆転。



ビルボードランクイン!世界で認められてる!バックバンドがメチャメチャ一流!とかいろいろ理屈付けはいいんです。


「可愛い!♡楽しい!♡好き!♡」


でいいんです。たいていの趣味趣向は「好き!♡」があればいいんですから。


廻りがどうこう言おうと自分の「好き!♡」を信じて楽しむ。これがいいんです。


今日はドームでツアーファイナル。


生憎の雨だけど、雨なんて蒸発させるくらい熱く楽しんできます。


おっと、その前に映画「君の名は」観てきます。
a0037910_08092331.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ  


[PR]
# by hairhana | 2016-09-20 08:25 | 大好きな人 | Comments(0)
南極で氷を売る
a0037910_06331784.jpg
駅前を歩いていると、タブレットや化粧品のサンプルを女性が配ってる光景をよく見かける。


着ているタイトな衣装とかのおかげもあるだろうが、決まってスタイルが良くてキレイな人が多い。


それらの人は「コンパニオン事務所」に所属していると聞いたことがある。


真夏の炎天下に通気性の悪い素材で、真冬の寒風吹きすさぶ中ミニスカートでそれらを配る姿は一種、「修行」を連想させるほどに過酷に映る。


配る対象が男性だと、当然のことながらたいてい受け取ってもらえるのだが、逆に女性だと受け取らないどころか「ガン無視」されたりする。


ガン無視する女性の中には彼女たちとは対照的なスタイルにファッションにあまり興味のなさそうな女性もいたりする。


なんかそこに僕は「もったいない感」を感じてしまうのです。


確かに、モデルさんやコンパニオンさんという職業には「キレイでスタイルがいい」のは「必須条件」なんでしょう。でも、逆に言うとそれが「当たり前」でともすれば、その中では普通であったり、足りなかったりする場合もあるんじゃないかと思う。


彼女たちのやってることは「南極で氷、赤道直下でカイロを売ってる」ようなものではないのかと思ってしまう。


つまり、せっかく「キレイでスタイルがいい」というアドバンテージ(武器)が全く生かされていない。


失礼な話だが政治家なら「女」というだけで「マドンナ」と言われれ、「そこそこキレイ」であれば「美しすぎる・・」と言われる。


スポーツやビジネスのシーンでは「努力」次第で上に行くことが出来る。


キレイになることに努力がいらないとは言わないが、「キレイにする側」の立場から言わせてもらうと、競ったり、妬んだり、必死に努力するんじゃなくて、キレイになることを「楽しんで」欲しいと思う。


何故かと言うと、そこにはキレイに見える一番の近道の「笑顔」があるからだ。


おしまい。


(写真と本文はもちろん、全く関係ありません)


#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
# by hairhana | 2016-09-19 08:00 | hanaのひとりごと | Comments(0)
押したいぃ〜〜〜!!!
a0037910_08510843.jpg
押したい・・・

押したい・・・

ああ・・・押したいぃ〜〜〜!!!


昔から「ボタン」、「スイッチ」の類を見ると「押したい衝動」に駆られる。


子供の頃、バスに乗ると決まってボタンを押していた。


他の子どもがいると、そいつらと「早押しクイズ」みたいに押しまくっていた。


自分の降りるバス停が次の時は当然のこと、他の人が降りそうな気配を見せたらマッハの早さで押していた。


一番、「押したくても押せなかったボタンNo,1」は学校の「非常ベル」のボタンだろう。あのプラスチックでカバーされた奥にあるボタンを
a0037910_10413425.jpg


「どのくらいの力で押せばいいんだろう?・・・その時、プラスチックは割れるんだろうか?いや、そのままカバーごと押すんだろうか?もし、間違って押したら止められるんだろうか?そして、いつまで鳴り続けるんだろうか?・・・」


未だに答えを知らない。


人間には「操作欲求」と言う欲求があるそうです。


自分が目の前の対象を操作して何が怒るか知りたいという欲求です。


これは、「本能」で赤ちゃんの時からあるそうです。


ボタンを押すと「ドーパミン」と呼ばれる脳内ホルモンが分泌されます。ドーパミンは「快感や多幸感を得る」、「意欲を作ったり感じたりする」ホルモンで、ボタンを押してどうなるかまでの結果が出るまで出続けるホルモンで不安やストレスを感じると出るコルチゾールを抑制してくれる効果があります。


「プチプチ」はドーパミン分泌の連続なんですかねえ(笑)

(こ・これは、押したい!!)
a0037910_10374272.jpg
さらにボタンにはもうひとつの「罠」がしかけてある。


「見るな!」と言われると見たくなるアレと同じで「押すな!」と言われると押したくなるそれを「カリギュラ効果」と言われて、広告などでよく使われてる手法なんだそうだ。


なんで「カリギュラ」かと言うとローマ帝国の皇帝カリグラをモデルにしたアメリカ映画『カリギュラ』(1980)が語源で、過激な内容のため、ボストンなどの一部地域で公開禁止になったことで、かえって世間の話題を惹いたことで、日本でもボカシを入れて放映されたけど、わざわざ海外良好に行って「ノーカット版」を見に行く人が多かったそうです。


ちなに僕が初めて行ったグアム旅行のオプションのナイトツアーに「カリギュラツアー」(団体で映画館に行ってカリギュラを観に行くツアー)があって、行ったかどうかは・・・ナ・イ・ショ。


そういった本能と仕掛けに屈せず未だボタンを押せずにいる僕は意外とマジメかもね。(笑)


いつか、年をとったとき、ボケたフリして押してやろう。先に謝っとく、ゴメンm(_ _)m
a0037910_10521968.jpg
a0037910_10521334.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
# by hairhana | 2016-09-18 11:01 | hanaのひとりごと | Comments(0)
秋を感じて
a0037910_08582194.jpg

泉岳寺の「松島屋』さんの「栗蒸し羊羹」です。


Hanaからだと、歩いて1分の「恵比寿四丁目」のバス停から「田町行き」のバスに乗って「魚籃坂下(ぎょらんざかした)」で降りて坂を登って一つ目の信号を右に曲がったところにあります。(けっこう近いので、Hanaの帰りに行く人もいます)


僕の食べた栗蒸し羊羹の中では間違いなくトップクラス。つか、ダントツです。


栗の蒸し加減が絶妙で、ホクホクした食感を残しながらも繊細なこしあんの食感を邪魔しないくらいに口の中でほどけます。


栗の甘さがまたこしあんの甘さを引き立てる甘さで、さらにちゃんと栗の味と香りがします。もう、後は食べてもらうしかありません。


栗蒸し羊羹はこの時期だけの限定で、半月から1ヶ月待ちで予約できます。

(見よ!この栗の贅沢感!)
a0037910_08582102.jpg
この味と食感は絶対に機械では出せないと僕は思っています。


先日、お隣の「Toshi Yoroizuka」のトシさんと話してて、どの業界も万年人手不足に悩まされてるそうです。


こういった「味」は「レシピ」で出来るものではなくて、四季を通じて深く関わりその時時のイレギュラーバウンドに対応してこそ確立できる味だと僕は思っています。


「コンビニスイーツが美味しくなった!」


とはいえ、この味は比べなくても口の中に入った瞬間に「あっ♡」と誰もがわかる格別な味です。


松島屋の栗蒸し羊羹を食べると


「秋だなぁ〜🍁」


と感じます。


是非、Hanaに来たついでに秋を感じてみてください。(あ、Hanaがついでか・・)


あ、もちろん、定番の「豆大福・キビ大福・草大福」の名物も買えますよ〜♪


【松島屋】

a0037910_08582195.jpg

#恵比寿 #美容室 #美容院 #ヘアーハナ

#シャンプー #気持ちいい

#中西トモミチ


[PR]
# by hairhana | 2016-09-17 09:23 | さすらいの食いしん坊 | Comments(2)